江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2003年08月31日(日) 末続選手の銅メダルよりもすごいこと        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

フランスで行われた陸上の第9回世界選手権第7日、男子200メートル決勝で末続慎吾が20秒38で銅メダルを獲得した。男子短距離種目での世界陸上メダルは、日本はもちろん、アジア選手でも史上初である。しかし、今から約70年前に、100メートル走に10秒3という当時の世界タイ記録を3度も出し、暁の超特急と呼ばれて世界の頂点に立った吉岡隆徳というスプリンターがいたことを知っているだろうか。

 ロケットスタートと呼ばれた驚異的なスタートダッシュを得意とした彼は、1932年のロサンゼルスオリンピック決勝では50mまでトップを走った。(結果は6位入賞)もしもオリンピックに50メートル走という種目があれば間違いなく金メダルと言われたのである。

 6位に終わったことを悔しく思った吉岡はさらに100メートルの練習に打ち込む。彼は自分の生活活動の全て、食事・排便・睡眠・呼吸・日常歩行までを訓練の道具にした。筋力をつけるため蛋白質がいいというとそればかり食べ、マムシの血がいいと聞けば週に一度新宿に飲みに行ったという。そして1935年10月17日に甲子園競技場で、関東・近畿・フィリッピン対抗戦100メートル決勝。吉岡はついに10秒3の世界タイ記録をマークしたのである。

 この記録には伝説がある。手動計時の複数の係員のストップウオッチは10秒2を指していたのだが、「日本人の世界新が信用されるわけがない」と協議の末、タイにとどめたというものだ。西欧の諸国に対して卑屈な態度をとらざるを得なかった当時の世相を思えば考えられる話である。吉岡隆徳は「暁の超特急」と呼ばれその国民的人気は頂点に達した。

 しかし、1936年ベルリンオリンピックに血染めのハチマキで試合に臨んだ吉岡は、「神国・日本」を体現する英雄にまつりあげられながらもプレッシャーに負けて予選落ちしてしまったのであった。

 今と違ってスパイクシューズも粗悪で、筋力を増強する科学的なトレーニング方法の裏付けがあったわけでもない時代の10秒3がどれほど偉大な記録であったことか。ベルリンオリンピックで黒い特急と呼ばれたジェシー・オーエンスが10秒2を出すまでは、まぎれもなく日本人スプリンター吉岡隆徳が世界の頂点にいたのである。

2003年08月30日(土) 悲話、屍姦するカブトムシの話        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 お盆に帰省したときに野生のカブトムシをもらったのである。持ち帰って、虫かごの中に入れられたカブトムシは翌日も元気に動き回っていた。せっかく野山を自由に飛び回っていたのに、子供に捕獲されるという不運のためにこのような狭い虫かごの中に閉じこめられてしまったことがオレはなんだかかわいそうで、飼育環境を整えてやることにした。

 さっそく近所のペットショップに出かけて、大きめの飼育ケース、中に入れる飼育マットになるクヌギチップや腐葉土、丸い穴が二つある木、よじのぼるための朽ち木、一個ずつカップに入ったゼリー状のエサ(これは丸い穴にすっぽりと納まる)、土を湿らせるための霧吹きなどを買いそろえて、それから一匹250円のメスも買った。できるだけ元気そうなのを選んだつもりであった。それから数日、昼間はクヌギチップの中に潜ってるが、夜になると野生のオスは元気にエサを喰っていて、ゼリーはかなり減っていた。メスは潜ってばかりいた。もしかしてもう産卵しているのかとオレは思ったほどである。

 さて、三日間旅行出ることになったので、その前夜に生きてるかどうか確認するために掘り返した。すると、メスは動かなくなっていた。少し茶色がかっていた色も黒っぽくなっている。「死んだのか・・・」朝になってから片づけようと思って、とりあえずえさ台の上にそのメスをのせてその夜は寝た。翌日、飼育ケースをのぞくと、なんとオスは死んだメスに後ろからのしかかって押さえつけていたのである。オスの腹部からは交尾器が付きだしてメスのおしりのあたりにくっついていた。そのオスは死んで動かなくなっているメスとせっせと交尾に励んでいたわけである。屍姦であった。オレはかわいそうで涙が出てきた。しかし、その日は旅行に出発する朝である。とりあえずエサを十分に補充して、霧吹きで飼育マットを湿らせて旅立ったのである。

 二日後の夕方、帰宅してすぐにケースをのぞいたら、オスは土に潜ってはいたがちゃんと生きていた。あわててオレは新たなメスを求めて近所のペットショップやホームセンターを回ったのだが、もう夏は終わっていたのである。もはやカブトムシなどどこにも売られてなかった。前に買った店では同じ場所に今度は鈴虫が置かれていた。かわいそうなカブトムシを一日でも長生きさせてやろうと、オレは心に誓ったのだった。

2003年08月29日(金) 男なのか女なのかはっきりしろ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

戸籍上は男だが性同一性障害で自分を女と感じている人が、大阪市の女性職員として勤務を認められていることがわかった。公務員が性同一性障害を理由に戸籍とは別の性で働くことが公表されたケースは初めてだという。

 さて、この男性は障害に起因するうつ病で休職後、復職のための条件整備として、女性職員の制服貸与や男性とは別の更衣室利用など実質的に女性として扱うことにしたという。オレはその「別の更衣室」というところがどうも気になった。

この性同一性障害を認めれば、性別というのは全部で4つ存在することになる。

男性
女性
男性だが自分を女と感じている人
女性だが自分を男だと感じている人


 そして、このそれぞれに更衣室を用意するとしたら全部で4つの更衣室が必要になるのである。それはいくらなんでもむちゃだろう。いくら戸籍上は男であっても、心は完全に女なんだからそのまま女として扱えばいいのである。女性更衣室に入り、女子トイレを利用し、銭湯では女湯に入ればいいのである。だって女なのだろう。

 更衣室くらいならまだいい。銭湯を4つの性別に区分するなんてことになればいったいどれだけの経費がかかるのか。性同一性障害の人専用の銭湯をわざわざ建設すればいいのか。全くオレにはわからないのである。

 さて、今回の動きを支援してきた「セクシュアル・マイノリティー(性的少数者)の人権について考える会」(FOREST関西)では、性同一性障害の人たちが生きやすい社会の実現のためにさまざまな活動をしており、9月1日には住民票などの公文書から性別記載を削除するよう大阪府などに求めるキャラバンを計画しているという。性別記載を削除するということは、男か女かがわからなくなるということか?そこまで行くとちょっと行き過ぎだろう。その稀なケースのために、社会のシステムをそこまで大きくいじらないといけないのか。

 実際の所、女でもアジャコングみたいに屈強なお方もいれば、男でも美しきニューハーフとなって夜の盛り場で働く人もいるのである。すでに男も女もないのである。そんな時代にわざわざこんな仕組みを作り悩まなくても、社会は十分に性同一性障害を起こしているのである。女でも「てめえ」「バカヤロー」「このクソガキ!」と怒鳴る時代なのである。

2003年08月28日(木) ぐわっ! オレのラブレターを燃やしたのは誰だ?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 池袋には郵便ポストの中味に放火する外道がいるのだ。24日夜、JR池袋駅東口でポストの中にタバコの吸い殻が投げ込まれて約700通の郵便物が燃えてしまって配達できなくなった。警視庁池袋暑は放火事件として捜査しているとか。しかしオレが驚いたのは、東京都内で四月以降、郵便ポストの中味への放火が19件も発生しているということなんだ。ポストに花火を投げ込んだヤツもいたという。なんということだ。

 もしもその手紙が、結婚を申し込むプロポーズの手紙だったらどうするんだ。伝わるべき大切な告白が伝わらないために、相手があきらめて他の人と結婚したりすると取り返しの付かないことになるじゃないか。借金を申し込む手紙が届かなかったら、断られたと思って首を吊るヤツが出るかも知れないぞ。

 まだ郵便制度がはじまったばかりのころ、この郵便という語の意味がわからず、その文字を垂便(たれべん)と誤解して、ポストの口に尻を押しつけて中に大便をした馬鹿もいたそうである。大便くらいなら別に汚いだけの問題で我慢すれば手紙は読めるが、燃やされたらどうしようもないのである。いくら携帯電話やメールの時代になったといっても、まだまだ手紙の文字に味わいを大切にする人もいるからである。

 恋人からの手紙、肉親からの手紙などは場合によってはカネには換算できないほどの価値があるだろう。昔つき合った恋人からの手紙を捨てられずに全部持っているオレのような男もきっと多いはずだ。本人は軽いイタズラのつもりでも、やっていることの重さはただの器物損壊ではすまないぞ。このような事件は何が何でも犯人を検挙して、その情けないバカの名前と顔をさらし者にして、ついでに池袋の駅のトイレの便器の中にでも顔写真を貼り付けてやれよ。10年くらいの実刑は当然だ。愉快犯は特に罰が重いということをはっきりと世間にアピールすべきなんだ。それにしても、ポストと灰皿の区別もつかないようなバカに思い知らせるには、そいつの部屋を灰皿にしてやればいい。窓からみんなポンポン吸い殻を投げ入れてやれよ。いや、いっそそいつの口や鼻の穴で火のついたタバコを消してやれ。

2003年08月27日(水) ベッドに押しつぶされた男        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

実はオレは昨年の春に手術を受けている。麻酔から醒めてしばらくは手術をした下腹部の感覚がなくて身体が動かせなかったのだが、それでもいきなり昼食がはこばれてきてびっくりしたのである。手術が終わったばかりでそれどころじゃないだろうと思ったが、美味しかったので結局はきれいに食べてしまったのである。その時に大いに役立ったのが、リモコンスイッチの操作でベッドを起こしたりできるパラマウントベッドであった。世の中にはこんなに便利なものがあったのかと、そのときはつくづく思ったのである。

 身動きできない状態だったオレが、スイッチ一つでベッドの頭の部分を持ち上げることによって身体を起こして、座った姿勢でメシを食い、テレビを見ることができたのである。ただ、この便利なパラマウントベッドの電動スイッチが勝手に動いたらそりゃ怖い。やはり自分の希望する時に動かしたいものである。ついでにいうなら、腰のあたりが上下に振動してマッサージしてくれる機能もぜひ搭載して欲しいと思ってる。世の中にはその振動をよからぬことに用いる連中もきっといると思うが。

 さて、この勝手にベッドが動くということで事故が起きていたのである。スイッチに不具合があって、繰り返し押すと手の分泌物などがボタン内部に浸透することで誤作動が起きるという。パラマウントベッド社は2000年8月にこの誤作動の原因を特定していたが、負傷者が出るまで回収せずに放置し、今回事故が起きたということであわてて自主回収を始めたそうである。負傷者は腰やひざの骨を折る重傷だとか。どのような動きで骨折したのか想像しにくいのだが、骨折というのはよほどのことだったのだろう。

 ベッドが動くということでオレのような人間が想像するのはやはりラブホテルの回転ベッドである。もっともオレは一度も実際にそいつを目撃したことも使用したこともない。映画探偵物語で松田優作が薬師丸ひろ子と一緒に入ったラブホテルの部屋に回転ベッドがあったシーンでしか知らないのである。そんなものがどこかにまだ存在するのだろうか。消滅してしまった理由は、誤作動で突然回り出したりして事故を引き起こしていたせいかも知れない。そんな場所でケガするのはやっぱり恥ずかしいぜ。

2003年08月26日(火) おまえら焼却炉に突き落とすぞ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ゴミ焼却炉はもうかるのである。従来の古い小型の焼却炉ではダイオキシンの発生を抑えられないとどこかの御用学者が発表したおかげで、突如あってきたダイオキシン特需。不況にあえいでいた重厚長大産業はここぞとばかりに息を吹き返したのである。

 大型焼却炉のようなものを作れる企業は限られている。神戸製鋼、日立造船、三菱重工・・・。自衛隊に納入する武器の値段と同じく、売り込む相手はどうせお役所だからふっかけてやればいい。適当に賄賂を与えておけば相手側の情報も筒抜けだし。かくして大阪市平野区に300億近くかけて完成した焼却場をめぐる汚職で4200万の賄賂を受け取った大阪市の幹部職員は逮捕されたのである。市長でもない一職員にこの金額は突出しているが、300億のビジネスを成功させるためにはなんでもない金額だ。

 広島県安芸地区の衛生施設管理組合は一日の処理能力130トンの焼却炉建設を4社に見積もらせた後、86億円という数字を出した神戸製鋼と価格交渉して67億で契約した。しかし、8ヶ月後、宮城県石巻地区で行われた入札では、処理能力が安芸地区の1.8倍(1日230トン)ある焼却炉を神戸製鋼は56億円で落札していたのである。ひどい話である。まあ、倍以上高い買い物をさせられた方が馬鹿といえばそれまでだが。三菱重工は鹿児島市の焼却施設の競争入札を予定価格の53%である111億で落札した。市長が驚くほどの価格破壊だったわけだが、こんなもの、まだまだコストダウンは可能なのだろう。最初は企業が談合して価格をつり上げていたものが、貧乏自治体の値引き攻勢にあって、あわてて適正価格との間をとろうとした結果がこうなっているだけだろう。

 それにしても一時はあれほど騒いだダイオキシンの話を最近ほとんど聞かないがどうなってるのかね。オレは通勤の途中に怪しい産業廃棄物焼却場の横を通過するんだが、いつもモクモクと黒煙が煙突から吐き出されてるんだ。見るからに有害物質だらけという感じだぜ。ホームセンターからは家庭用のミニ焼却炉が姿を消したのだが、紙くずだけを燃やすなら別に環境には問題なかったはずなのになあ。価格をつり上げてボロ儲けしていた連中、それに結託していた官僚や公務員、まとめてその新型焼却炉で骨まで灰にしてくれ。

2003年08月25日(月) ジェットコースターなんかで死にたくないぞ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 運転のへたくそな人の助手席に座ることをジェットコースターにたとえる人がいる。これはジェットコースターに失礼な発言で、いつ事故で死ぬかわからないヘタクソの運転なんかを、日々の安全点検で事故の確率を限りなくゼロに近づけているジェットコースターと比較することはむちゃだとオレは思っていた。それにコースターの車輪は「落下させることは物理的に不可能」なんだとオレは思っていたのである。

 ずいぶん昔に浅草の「花やしき」で、コースターの進路を妨害する突起物がコース内にあって、乗客の頭部が接触した事故があったような気がするが、オレの記憶にある事故はその一件くらいで、そんなことは通常では決して起こりえないことだと思っていたのだ。

 わりと絶叫系マシンの好きなオレは、いろいろ過激なジェットコースターを楽しみながら心の中で「でも、絶対に安全」と思い続けてきたのである。まだ乗ったことのないナガシマスパーランドのスチールドラゴン2000にもいずれ乗ってみたいと思っていたのだ。

 ところが今回、そのスチールドラゴンの車輪が走行中に脱落して急停止、2人が重傷を負うという事故が発生した。停止現場の約200メートル手前でコースターが脱線し、車輪84個のうち44個が脱落していたことが桑名署の実況見分で分かったという。なんとも恐ろしい話である。オレが乗っている瞬間でなくてよかったのである。

 オレは絶叫マシンの大嫌いな人を一人知っている。彼女は言う、「わざわざお金を払ってどうして怖い目にあうのか」しかし、世の中の娯楽はたいていそういうものである。パチンコのように時間とお金を同時に無駄にするものもあるし、HIVが猛威をふるう土地への買春ツアーのように金を払って命を落としに行く馬鹿もいる。

 そこまでひどくはないが、やはり馬鹿の一人として、数多くの絶叫マシンに嬉々として乗り込んできたオレは、今回の事故で改めて自分のしてきた行為が「必ずしも絶対安全とは言えなかった」と知ったのである。さて、これからも趣味を貫徹するべきか迷っていたオレに向かって無礼にもこのように言った人がいたのである。

「おまえの運転する車はスチールドラゴン並に危険じゃボケ!」

2003年08月24日(日) 明石海峡大橋を渡って考えたこと        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

実は8月21日〜23日と二泊三日で四国に旅行していたのである。日頃無駄な公共事業を批判しまくるオレが、そこで高松道、高知道、徳島道などという高速道路のお世話にもなったのである。走ってみた印象は一言、「トンネルと防音壁ばかりで景色が楽しめないぞ」だが、景色に見とれて事故を起こしてもこまるのでそれは許そう。

 ただ、馬鹿高い高速道路料金、中でも明石海峡大橋、鳴門海峡大橋の料金の高さにはぶったまげたのである。四国に渡る際に淡路島経由の場合、次の3つの区間を走ることになる。それぞれの距離と料金を比較しよう。

A:明石海峡大橋区間(垂水IC〜淡路IC)    11.3辧2300円
B:淡路島区間(淡路IC〜淡路島南IC)     54.5辧1700円
C:鳴門海峡大橋区間(淡路島南IC〜鳴門北IC)7.1辧1150円


 もちろん実際はこれを通しで走ったので72.9劼烹涯茣屬旅膩彝5150円よりも150円安い5000円という計算になるのだが、料金を距離で割って1劼△燭蠅領繕發魑瓩瓩疹豺隋¬誓亞ざ大橋はなんと203円にもなるのである。これは名神・東名高速を使って西宮から東京まで走った場合の536辧11150円(1劼△燭20.8円)のほぼ10倍なのである。これはものすごいぼったくりなのである。あまりにも理不尽なのである。

 しかもオレが腹が立つのは、垂水ICに行くには第二神明道路の料金200円を取られてしまうことである。払わないとそこまで行けないのである。これは吉野家で牛丼を喰う前に吉野家への入場料を取られるようなものである。なんと卑怯で姑息なやり方だろうか。

 神戸に住むカップルがちょっと淡路島にドライブしようと思っても、往復だけで最低でも5000円は掛かってしまうのである。貧乏なカップルはその5000円を使ってしまうことでその日のラブホテル代を節約しなければならなくなり、健全なデートしかできなくなってしまうのである。それなら他の場所に行った方がマシなのである。オレがあの橋の通行料金に払っていい金額は奮発してもせいぜい500円玉一枚だ。その程度しか価値がないものに5倍の値段を付けやがったのはいったいどこの馬鹿だ。どうせ自分で高速代を払うこともないお抱え運転手付きのオッサンどもだろう。気分悪いぜ。

2003年08月23日(土) 「火垂るの墓」は上映禁止作品にすべきである        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

毎年夏になると必ず一度はどこかのテレビ局が映画「火垂るの墓」を再放送する。この作品が第二次大戦の悲劇を伝えるきわめてすぐれた作品であることにオレは何の異存もない。一人でも多くの人に見てもらいたい作品だと思うし、できればアメリカ人にこそ見てほしいと思っている。市民を無差別に空襲し、虐殺したことを「戦争を早く終わらせるために必要だった」と信じているすべてのアメリカ人に「火垂るの墓」を見せて、「このような悲劇もやはり必要だったのか」と問いかけたいのである。

だが、オレ自身はもうこの映画を繰り返し見たくはないのである。見るたびに涙が溢れてしまうこの作品を見るのは生涯一度でいい。誰だって、自分の肉親を失うその痛みの瞬間を繰り返して味わいたいとは思わないだろう。オレにとって「火垂るの墓」を見ることは、見れば必ず生じる痛みと向き合うことであり、できればその痛みの記憶は思い出したくないのだ。あのような悲劇が実際に起きていたということにオレは耐えられなくなるのだ。そして、多くの人がおそらく自分と同じ思いを共有しているだろうことを信じる。

「あんな悲しい映画は(二度と)見たくない」と思ってしまった人が、その映像から思わずチャンネルを切り替えてしまったとしても、それは反戦意識の欠如でも平和を愛していないことでもない。痛みの重さに耐えられないからであると言いたいのである。

飢えることなど一度も体験したことがなく、明日も明後日も自分が生きていることは当たり前である飽食の時代を生きる子供たちにとって、「火垂るの墓」という作品はどのように受け止められるのであろうか。そのような愚かな戦争を起こした為政者への怒りなのか。悲劇に押しつぶされる弱い存在への哀れみや同情でしかないのか。全く別世界の非現実なのか。

ほんの数十年前に、たまたまその時代に生まれてきたというだけで、人間らしく生きる権利も夢も奪われて死んでいかなければならなかった多くの魂があったという事実をせめて知っていて欲しいとオレは切に願うのである。そういう観点に立てば「火垂るの墓」はテレビで流す映画には全くふさわしくない。学校教育の中にでも組み込んで一度だけ真剣に見ればいい。

 毎年夏休みに同じ映画をやるんなら、「となりのトトロ」でもやってくれ。だったら何度でも見るぜ。

2003年08月22日(金) この世で一番恐ろしい駐車場の話        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

オレは最寄り駅の駅ビルにある駐車場をよく利用する。そこは1時間以内なら無料である。駅周辺には銀行も郵便局も本屋もマクドもあるのでたいへん重宝している、唯一の欠点はその駐車場がわりと混雑することと、一台あたりのスペースに余裕がなく、場所によっては入れにくいということである。

その日もオレはいつものように左右に高級車が停まっているところを選んで自分のクルマを入れた。こすられたくなかったら、高級車の隣に置け!これは駐車場利用の鉄則である。さて、駅ビルへの連絡通路に向かおうとしたオレは、ガガッという不吉な音に立ち止まった。クルマが壁をこする音であった。通路の突き当たりの壁際に、よりによって頭から突っ込んで停めているカローラがあった。そのカローラが出ようとしているのである。左を壁に接したそのカローラを運転するそのご婦人は、ハンドルを右に切ってバックすればクルマの左側は外に膨らんでいくという初歩的なことをご存じなかったようで、大きな音をたてて壁を削り取って急停車したのである。オレは気になって遠くからしばらく見ていた。

クルマを元の位置に戻したそのご婦人は、今度は何を思ったのかハンドルを逆に切ってから出ようとしたのである。グシュ今度は右隣のクルマが接触して揺れた。ああ、最悪の事態である。もしもクルマを動かす前なら、お節介なオレはクルマを代わりに運転して安全な所まで移動させることをいとも簡単に行っただろう。だが、もう完全に手遅れだ。今更どうなるものでもない。

しかし、一度傷物になると人間というのは気が大きくなるのだろうか。そのご婦人は、左側の壁と右側のクルマの価値を心の中で比較したのか、クルマをもう一度元の位置に戻し、もう一度派手にガガガガガッと壁をこすりながら颯爽とクルマを出したのである。そして、自分がぶつけた右側のクルマには目もくれずそのまま走り去ったのである。おそらく当て逃げするだろうとオレは思っていたので、オレは逃げていくご婦人のカローラのナンバーをその場で記憶し、カバンの中からメモ用紙を出してそこに書き付け、被害に遭われたクルマのワイパーのところにそのメモを挟んだ。「当て逃げしたクルマのナンバーです」そのあとどうなったか、オレは知らない。

2003年08月21日(木) フジテレビは懺悔すべきである!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 王貞治と言えば国民的英雄なのである。そんな立派な方に対して日本人は無礼の限りを尽くしてきたのである。日本国籍を持たないという理由で国体に出られないというひどい仕打ちもあったのである。年間55本塁打、通算814本塁打という日本球界不滅の記録でさえも、後楽園は狭いからとけなしてきたのである。それがどれだけ偉大な記録であるかを正しく理解し、誰もが敬意を払うべきなのである。日本に出稼ぎに来ているだけの連中がその記録をおびやかすことは許されないのである。それは日本プロ野球に対する冒涜なのである。

 54本塁打を放った阪神のバースが、最終戦の対巨人戦で全打席敬遠されても仕方がないのである。それが日本球界のお約束だからである。当時巨人軍の監督だった王さんが、その敬遠戦術を指示したなどとゲスの勘ぐりをする連中がいるが、あの立派な方がそんな卑怯なことをするわけがないのである。近鉄のローズが55本塁打を放って日本タイ記録となり、ダイエー戦で新記録に挑戦したときに全打席敬遠されてしまったが、そんなことは当たり前なのである。いやしくも王監督の御前でその記録を破らせる行為の方が言語道断なのである。そのような無礼なことなどしてはならないのである。それが日本プロ野球のお約束なのである。王貞治というお方は日本球界の神様のような尊いお方なのである。絶対不可侵の存在なのである。侮辱するのは許されないのである。

 それをフジテレビの連中は、よりによって便器の中に入れてしまったのである。王シュレットにしてしまったのである。その罪は万死に値する。戦前に天皇陛下に対する不敬行為が死刑に相当したように、フジテレビのこの行為はスポーツ中継から追放されても文句は言えないのである。まだ優勝も決まっていないダイエー球団が、フジテレビから日本シリーズの放映権を剥奪したくなるのも当然である。まともに中継する能力のない日本テレビと合わせて放映権を剥奪することにオレは全面的に賛成だ。フジテレビは視聴者である国民に懺悔の気持ちを表明するためにしばらくCMなしで放送を行うべきである。アナウンサーも男はみんな丸坊主、女はビキニ姿で・・・おっとそんなことを書いたらセクハラと言われそうだ。

2003年08月20日(水) こら警察、本気でヤクザを取り締まれよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

オウム真理教は日本の嫌われモノである。教団施設を移転しようとしても住民票さえ受理してもらえず、日本国民の権利など全く踏みにじられている。もっとも連中が起こした事件のことを思えばそのくらいの反応は当然だが。

ところが暴力団というのは不思議だ。そこに組事務所が存在するとわかっていても、追い出すこともできず、警察も放置してるのである。警察官僚上がりの亀井静香などはヤミ金から政治献金をもらっていたくらいである。真相はどうだかわからないが、兵庫県警などは山口組のお友達になって福原の風俗店をお目こぼししているというウワサである。

 北九州市では市民ぐるみで暴力団追放運動を行っている。ところが工藤会系中島組という指定暴力団がその目障りな市民へ執拗ないやがらせを続けていて、商店にクルマを突っ込ませたり、ゴルフ場の支配人を刺したりしているとか。今回の手りゅう弾投げ込み事件も、暴力団追放に熱心な店だと言うことで狙われたらしい。それにしても警察は何をしているのだろうか。このような無法者に対して、立ち向かうには市民の暴力を無条件に認めてしまうしかないのである。暴力団が市民に対してテロを行い、それを警察が阻止できないのなら、逆に市民のテロや報復権を無制限に認めればいい。飲食店に対していやがらせをする組員に対しては、睡眠薬を盛って眠らせ、素っ裸にして警察署の前にさらし者にすればいいのである。組員に人権など不要だ。組事務所を見せしめに爆破することも裁判所が許可すればいいのである。

今から爆破するので命の惜しい人は出てきて逮捕されてください。

 考えてもみろ。暴力団のシノギなんて正業は一つもないのである。覚せい剤の販売や管理売春、みかじめ料という名の商店への恐喝、ヤミ金融、この中で法に触れないものなどない。つまり、暴力団員と言うだけで何らかの法に触れているのである。だったら全部逮捕してしまえば日本から暴力団を一掃できるのである。なぜそのようにしないのか、全く不思議なのである。北朝鮮の工作船が覚せい剤を売り渡した日本の暴力団はどの組なのか、携帯電話の交信記録もあるのになぜか逮捕していないのである。警察がわざと見逃してるとしか思えないのである。こんなことでは日本の治安は悪くなる一方である。自分の身は自分で守るしかないのか?

2003年08月19日(火) JR関東、ハイウェイバスは飲酒でGO!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 新幹線の運転士が居眠りする時代である。大勢の乗客の命を預かってるという意識などもはやどこにもないのである。8月18日、午前7時10分に東京を出て東名高速を西に向かったハイウェイバスの乗務員に飲酒しているヤツがいてももうあまり驚かないのである。そいつが蛇行運転を繰り返し事故一歩手前であったとしてもさほどのショックはないのである。「またか」としか思わないのである。

 バスが蛇行しているという他のドライバーからの110番通報でパトカーがバスを追跡。東京から約200キロ離れた浜名湖サービスエリアで停まったところを検査したところ呼気からアルコールが検知されたという。運転席近くからは酎ハイの空き缶2本が入ったバッグも、つまみの空き袋も押収された。要するに飲酒しながら高速バスを走らせていたということである。言語道断とはこのことである。

 帰省ラッシュによる混雑でJR関東では運転手が足りなかったことは容易に予想できる。ネコの手も借りたいほどの忙しさだったのだろう。だが、ネコにバスを運転させることはできない。それでやむなく2001年2月に酒気帯び運転で摘発されたことがあるという不良運転手を乗務させたのである。ネコよりはましだということである。まさに窮余の一策だったわけだ。

 飲酒運転手が乗務するという問題よりも、ダイヤ通りにバスを運行させるということを優先させたのである。それが今回のJR関東の判断だったわけだ。無事に大阪までその飲酒運転がバレなかったらめでたしめでたしだったのである。もしもオレが乗客だったら、その酔っ払った馬鹿を引きずり降ろして、代わりに運転していたかも知れないぜ。

  高速道路上には危険なドライバーが数多く走っている。この春にオレは漫画を読みながら蛇行運転している大手運送会社のトラックを中国道で目撃した。そんなのに追突されたら乗用車はひとたまりもないので速度を落として先に行かせた。どうせぶつかるのならオレ以外のクルマを犠牲にしてくれ。高いゼニを払って高速道路を走ってるのにこんな危険と同居しなければならないとはつくづく腹が立つぜ。ハンドルが呼気のアルコールを検知したらエンジンがかからないシステムをクルマに搭載してくれよ。そんなものなら簡単に作れるだろう。

2003年08月18日(月) 失われた風景〜帰省して思ったこと        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

お盆なのでとりあえず老いた父をクルマに乗っけて里帰りしたのである。クルマで1時間もかからずに行ける距離だから、帰省などと言う大それたものでもない。そこは私の伯父夫婦の暮らす家があり、父が幼い頃を過ごした土地でもある。我が家の本家筋にあたる家である。現在の事実上の当主は私の従兄弟になるわけだ。滅多にやってこない客だということで、オレの父はいちおうちょっとした果物などを持参したのだが、寿司をとってくれたりといろいろと歓待を受けたのである。

 数年前、山懐に抱かれたその家を建て直したとき、オレはあまりの時代錯誤な豪壮な建築に失笑した。「今の時代にこんなモノを建てるなんて」しかし、ゆっくりと家のまわりを散歩していてあちこちの方向から眺めてみて、樹齢150年を過ぎると推定される庭の柿の木や、あたりにうっそうと茂る樹木、そして周囲の家との調和を考えたとき、決してその屋敷が時代錯誤ではないことにはじめて気が付いたのである。逆に現代風に旭化成ヘーベルハウスやミサワホームの蔵のある家なんかをこんな場所に建てる方がはるかにミスマッチである。

 小学生くらいの頃、オレは夏休みを長くその土地で過ごした。まだ健在だった祖母の隣に寝ていたので、祖母に合わせて早起きしては虫取りに出かけ、カブトムシやクワガタを採った。裏山からは延々と尾根が伸びていて、どこまでも広がる無限の遊び場だったのである。今、その尾根筋は幹線道路が建設されて断ち切られ、集落の南側の山を削って造成したゴルフ場はすでに倒産している。そこに至る途中の道筋ではあちこちで山が無惨に削られ、ニュータウンとして造成されたものの、買い手が付かずに広大な土地が更地のままで放置されていて、かつてのミカン畑が広がっていた頃の面影はない。土地を売ってあぶく銭を得た成金どもが集ったパチンコ屋もすでに廃業して廃墟となっている。

 和泉山脈の山懐に抱かれたこの地にとって20年の変化とはいったい何をもたらしたのだろう。豊かな自然に包まれた山里は既に亡く、そこに残るのは開発という名の暴力が吹き荒れた後の中途半端な無惨さのみである。そしてこのようなことは、今日本中で確実に起きていることなのである。一度壊したモノはもう後には戻れないのである。

2003年08月17日(日) 猛暑のためフランスで死者3000人        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

人は寒さと暑さ、どちらに対して耐えることができるのだろうか。少なくとも寒さの方が人を死に至らしめる可能性は高いとオレは断言する。冬の夜に真っ裸で戸外に放り出されれば、それが東京や大阪であっても十分に凍死の可能性はあるのだ。ところが夏の暑さにはある程度耐えることが可能だ。たとえクーラーがなくても、ハダカになって扇風機の風を受ければそれなりに涼しさは手に入るモノである。

今でこそ公立学校にもクーラーが設置されるようになったが、教室のほとんどは夏になると耐え難い暑さで、ノートは汗でびしょびしょに濡れて字が書けず、勉強どころではないというのが一昔前の状況だった。暑い京都で学生生活を送ったオレが、生活にもっとも必要な電化製品だと思ったのはクーラーである。ボロアパートの窓にエアコンを取り付けたオレは、そこから吹き出す冷気に極楽浄土の気分を味わったモノである。しかし、たいていの貧乏学生はクーラーなどとは無縁の生活で、扇風機で夏の暑さに耐えているというのが普通だった。あの京都の暑さの中で多くの学生は苦しんでいただが、もちろん死者続出なんてことはなかったのだ。

 オレは大学3回生の夏に北海道に旅行した。その夏の北海道は異常高温ということで、北見市では38度を記録したくらいである。サロマ湖ユースホステルのベッドルームには網戸もなく、直射日光でまるで温室のようになっていた。喫茶店に入っても扇風機しかなく、レンタカーを借りてもエアコンなど付いていないのが北海道の常識だった。だがそこでも人間やヒグマの死者続出というニュースは聞かなかった。

 さて、フランスを襲った猛暑のために、老人を中心として3000人の死者が出たと15日付けのフランス紙ルモンドは報じている。14日付けのパリジャン紙はパリ首都圏だけで少なくとも2000人が死亡したとの推計を伝えた。亡くなられた方には本当にお気の毒に思うが、暑さだけでどうしてこれほどの死者が・・・と素朴な疑問を感じる。フランス人の肉体というのはそれほど暑さに対して脆弱なものなのだろうか。それともこれが人類として普通であり、暑さの中でもたいした被害が出ない日本民族の肉体はきわめて暑さ寒さに対して鈍感ということなのだろうか。面の皮が厚い日本人の一人として、大いに恥ずかしいのである。

2003年08月16日(土) 日本テレビはいますぐプロ野球中継から撤退しろ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

優勝に向かって突き進む阪神タイガースの勇姿を楽しみに、オレは午後7時からのプロ野球中継を楽しみにしていたのである。東京ドームでの試合なのでその中継が日本テレビの製作であっても、テレビの音を消して音声はラジオから聴けばいいと、きっかり7時にはテレビの前に座っていたのである。

 7時になった。まずCMから始まるのはプロ野球中継のお約束であるから許す。しかしそのCMがやたら長い。試合が始まったらCMもなかなか入れられないからここでしっかり入れておくのだろう。やっとCMが終わってアナウンサーが大写しになる。音声を切ってるので何をしゃべってるのかわからない。もしも巨乳の女子アナが胸の谷間が強調されるような服で出てるのなら多少は興味も湧くが、おっさんアナウンサーには全く興味はない。早く消え失せろと思いながら待つ。

 やっと話が終わったみたいで画面が切り替わる。またCMが始まった。いったいいつになったら野球中継がはじまるんだ。CMが終わってやっとグラウンドが写るかと思ったら、ドームの外を写している。いいかげんにしろ!オレは東京ドームの中で行われてる野球を見たいのであって、ドームを外から写した映像には全く何の興味もないのである。待ちくたびれてオレがやっと野球を見ることができたのは、実に放送開始時刻から15分近く経過してからだった。

 きちっとストップウォッチで計ったわけではないが、放送時間に占めるそれぞれの比率はこんなものだろう。

全体を100として、

CM30
巨人の攻撃30
阪神の攻撃15
クイズやゲストのくだらない話20
スタンドの観客を写してる時間5


 これを果たして野球中継と呼んでもいいのか。野球そのものはちゃんと見せてくれない代わりに、5回終了時に女の子がグランドで飛び跳ねてるアトラクションはしっかり写していたりするのである。これではまるでバラエティー番組の合間にときどき野球を流しているようなものである。いいかげんにしろ!

 こんなに野球を冒涜している日本テレビにはプロ野球の放映権を与えてはならないのである。いったいどれだけの放映権料が読売巨人軍に入ってくるのかわからないが、こんなひどい中継に対しては阪神ファンだけではなく、巨人ファンも怒るべきである。

2003年08月15日(金) いますぐ景気を回復させる方法2        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

戦後の高度成長は、土地の価格が右肩上がりに上昇することを前提としていた。値上がりする土地を担保にして銀行から金を借り、それで買った土地がまた値上がりして・・・という好循環が起きていたのである。それを思えば、土地が値下がりを続ける今の景気がよくなるわけがないのである。その原因を放置したまま、無駄な公共事業をせっせと行ってカネを土建屋にばらまいても効果はほとんどゼロである。

 本気で景気をよくしたいのなら、土地が値上がりするような政策を実行すべきである。モノの価格は需要と供給の関係で決まる。手に入りにくい阪神戦のチケットがネットで高値で転売されているのはその証拠である。新たな土地が供給されないようにすればいいのである。そのためには、現在の土地利用の変更を一切認めないようにすることだ。農地は農地、宅地は宅地、工業地は工業地、今原っぱになってるところは原っぱ、森林は森林と。いつか田畑を高値で売り飛ばそうとたくらんでいた人も、その夢は吹っ飛ぶのである。税金を投じて馬鹿みたいにいたるところに造成した工業団地用の土地や埋め立て地は山林に戻すのである。今、使われずに余ってると言うことは不要な土地だからである。

 この政策を実行するだけで土地価格の下落にはストップが掛かり、逆に上昇に転じるだろう。何しろ新たな供給がなくなるのである。すでに存在するものを有効に利用するしかないのである。山林や田畑の固定資産税はタダにしてしまう代わりに宅地への課税は強化する。税金を払わないヤツの家はつぶして農地にする。そうしないと不公平だからだ。

 土地なんてもともと国家のものだろう。もしも日本がロシアや北朝鮮に占領されたら「ここはオレの土地だ!」なんて誰が主張できるんだ。それを私有という形で個人的に使わせてもらってるんだから使用料を国に納めるのは当たり前だろう。ただ、田畑や山林には生産や環境保全の機能があるから非課税にするというだけのことだ。人口がこれから減少するのに山を削ってニュータウンを造成したり高層マンションをおっ建てたり、そんなことをするから余計に景気が悪くなるんだ。供給が過剰になれば値下がりするのは当然だろう。野放図に開発を許可して国民の資産価値を下げやがって馬鹿野郎。でも、ある意味で私有財産制を否定したこの政策、実行は不可能だろうな。

2003年08月14日(木) パソコン店でハンバーガーを買うのだ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

友人のパソコン(自作機)が壊れた。電源が入らないのである。3年前に私が組み立てたマシンで、

Pentium/850Mhz
60GB/HDD
メモリー128MB
DVD/ROM
SCSI、LANボード搭載

という性能だから当時としてはそれほど悪くないスペックだ。OSはWINDOWS/98を入れていた。修理を頼まれた私は本体を預かってHDDを取り外し、他のパソコンに入れてみたところちゃんと起動する。どうやら故障箇所はマザーボードか電源と思われた。

 電源を交換したらいいのかと近所のヤマダ電機に出かけたのだが、150Wの小さい電源なんて店に置いてないのだ。結局復旧をあきらめて、その自作機本体をばらしてHDD以外の使える部品を売り飛ばし、新しくデスクトップ機を購入するという方針に決めた。性能も大幅UPさせられる。とりあえず売却するために大阪/日本橋のソフマップ5号店に向かった。思ったよりも高く売れて感激する。

 Pentium掘850Mhzがなんと5500円で引き取ってもらえたのである。1.7Gのセレロンが7000円で買えるのになんとも不可解な価格である。まだまだPentium靴鮖箸い燭ぅ泪縫▲奪なヤツが存在することの証拠である。残りのパーツと合わせて合計11500円にもなった。現金でなくソフマップカードにポイントの形で貯めるとさらに10%増しになった。

 さて、購入が必要なのは本体のみである。友人は、もはや旧時代の遺物としか思えない巨大な17インチのCRTを「まだ使い続ける」と悲しく語った。(本当は液晶に買い換えたいのだが、売り飛ばすためにはその巨大な物体をマンションの部屋から移動させないといけないからである)さて、大量に並ぶ中古品や、激安のソーテック、自作用の安いベアボーンなどをチェックした。小さなCUBE型の本体(11万)に友人が吸い寄せられる。うーん、オレも欲しい。小さいのになんて高性能なんだ。しかし、使用状況を考えた場合、明らかにオーバースペックである。

 「これで十分だな」オレがそう告げて指さしたところには牛丼パソコン、バーガーパソコンと名付けられた激安品がそこには並んでいた。54800円のバーガーパソコンは、HDDの容量こそ40GBと小さいがセレロン/2GHZ、256MB、CDRWにUSB2.0を搭載していた。OSもXpがついている。友人は結局ソフマップでバーガーパソコンを差額の41250円だけで買えたのである。

2003年08月13日(水) 税金でこんなもの造りやがって、馬鹿        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 北海道の日高地方を流れる沙流川の流域はアイヌ民族の聖地である。アイヌ民族の血を引く多くの人々が暮らしている。伝統行事であるチプサンケ(舟おろしの儀式)を行っていた渡船場もあった。そこに建設されることになった二風谷ダムのために土地を奪われることとなった二人のアイヌの地権者、貝沢正さんと萱野茂さんは自分たちの土地を売ることを拒んだが、その土地は強制収用されてしまう。二人は札幌地裁に収用の裁決取り消しを求める訴訟を起こした。

 1997年札幌地裁はアイヌ民族の先住民としての権利を認め、ダム建設の強行は違憲であるという判決を下す。しかし、その判決はすでに完成していたダムを撤去すると言う強制力を持たず、アイヌの聖地は水没してしまったのである。

 このダムの建設の主目的は苫小牧東部大規模工業基地(苫東)への工業用水の供給とされていたが、開発計画の頓挫で工業用水は不要になった。ところがダムは目的を変更し、治水・潅漑・発電などの不要不急の目的に変えられて、広大な空き地と化した苫東を横目に無意味なダムエ事だけが進められたのである。要するに「ダムを造ること」がダムを造る目的だったのである。まさに利権にたかる土建行政の象徴みたいなものである。

 また、水没地の多くが実は「北海道旧土人保護法」に基づくアイヌ給与地だった。いったんアイヌに提供した土地を、開発の名のもとに日本政府は一方的に取り上げたのである。

 この夏、台風10号がもたらした豪雨はこの二風谷ダムも襲った。ダムの水位はどんどん上昇した。北海道開発局はダムの決壊を防ぐために緊急放水を行い、下流の住民6500人は緊急避難した。ダムの放水と豪雨による増水で堤防は決壊寸前だった。もしもダムがなければ、流域の住民はわざわざ避難する必要もなかったはずである。そもそも1000億近い税金を浪費してこのダムを建設しなければならなかった理由はいったい何なのかと理解に苦しむのである。土地収用前に水没地の一部を某商社が買い占めてるあたり、官僚や土建屋共とつるんだせこい連中のいかにもやりそうなことである。もっとでかい台風が来たら二風谷ダムは間違いなく決壊し、殺人装置として機能していたはずである。なんとも恐ろしい施設である。

2003年08月12日(火) 大阪は日本一暑いのじゃ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

せっかく今年は冷夏だと思って喜んでいたのに、8月に入ったら急激に暑くなったのじゃ。8月の初めに千葉(幕張)に出張していたが、そこは潮風が強くてわりと涼しかったのじゃ。だから日本列島を猛暑が襲っているという事実に気がついていなかったのじゃ。大阪に帰っていきなりの暑さに「なんじゃこりゃ〜」と驚いたのだが、とにかく自分の身を守らないといけないのでエアコンはフル回転、日頃地球環境の保護を訴えている自分が、言葉とは裏腹に大量の電力を消費して快適な生活を手に入れてるのである。全く人間とは勝手なモノである。

 大阪の夏の平均気温は那覇よりも高いそうだ。それはすなわち日本一暑いということである。その日本一の酷暑の街、大阪では喫茶店のエアコンは「寒いくらいに冷えている」のが普通である。エアコンの効いていない店は「ケチ」と言われて客を失うのである。冷やすことがもてなしの一つなのである。そんな寒い喫茶店でうっかりかき氷なんかを注文したら最後、食べ終える頃には身体が芯まで冷え切って凍死寸前なのである。うっかり大阪駅前第四ビルの喫茶コロンビアでジャンボかき氷なんて注文してはいけないのである。洗面器のような皿に食いきれないほどの量で出てくるのである。

 そんなに暑いのに、今日のユニバーサルスタジオ・ジャパンは大変な混雑だったのである。よせばいいのに「何度でも入れるチケットがある」という理由で出かけたオレの姪っ子たちは疲れ切って帰ってきたのである。人気のバック・トゥ・ザ・フューチャーは3時間待ちだったのであきらめたとか。暑い中で3時間も待てる忍耐強い人間が多いということである。自分のような軟弱きわまりない人間には想像もつかない話である。

 ODAや整備新幹線に無駄なカネを使うよりも、この大阪の暑さをなんとかして欲しいのである。いっそのことバブルの後遺症で虫食い上に空き地になってるところは全部市が買い上げて緑地にしてしまって、少しでも人間の住める環境にして欲しいのである。とにかく大阪は暑くてたまらないのである。そんな大阪にオレは住んでいるのである。今日もエアコンをガンガン効かせているのである。だからますます暑くなるのである。

注:この名物ジャンボかき氷とびっくりパフェは残念ながら今は楽しめない。すでに店は消滅してしまったのである。

2003年08月11日(月) やっぱり阪神は優勝できないのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

快調に首位街道を突っ走り、マジックを減らしていた阪神が、恒例の死のロードに入ったとたんに主力選手が次々と故障で欠場、今期初の4連敗ということになってしまった。好調を維持していたはずの打線は全くつながらず、チャンスに併殺や凡退を繰り返す有様で、打順の大幅な組み替えも全く功を奏していない。いくら今年が優勝確実であるとはいえ、これまでのことを思えば不安が少しずつ大きくなっていくのである。もしかしたら、残り試合、全部負けるのじゃないだろうか・・・と。

 広島に連敗したこの2連戦、ずっとスカイパーフェクTVで観戦しながら阪神ファンのオレは一抹の不安を感じてしまっていたのである。最下位を続けていたシーズンであってもオレは常に

「でも、残り試合に全部勝ったら優勝できる!」

という望みをぎりぎりまで持ち続けた。大差でリードされた試合であっても、TVのチャンネルを替えてしまうということをしなかった。たとえ9回2アウトになっても、「ここから奇跡の逆転が始まる!」と願いつつ観ていたのだ。そのような悲しい月日が1985年の優勝以来16年間続いたのだ。(優勝争いした1992年を除く)

 その怨念にも似た願望がついに叶った今年の快進撃、例年の定位置とは違った指定席に落ち着かない日々を送り、巨人ファンの同僚たちから「今年は(例年と違って)強いですなあ」とやっかみの言葉をもらい、優勝の決まるその日を指折り待ち続け、おそらく優勝が決まるだろうその夜には何があっても仕事は入れないぞと楽しみにしていたのに、ここで不安が頭をもたげてくるのである。持ち慣れない大金を持ったためについつい挙動不審になってしまう小心者のような、そしてその大金を盗まれたらどうしようと不安におののいて夜も眠れないような。そんな情けない気分になってしまうのである。

 大丈夫だ。多少阪神は足踏みはするかも知れないが、他の球団の中に絶対的な決め手を持つ球団もない。他球団が星をつぶしあっている限り安心だ。「残り全部負ける」なんてただの杞憂だ。そんなことは起こりえないことだ。今年はきっとやってくれるはずだ。後は阪神の選手たちを信じて応援するだけだ。頼む、もう負けないでくれ・・・

2003年08月10日(日) 代理母だっていいじゃないか!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

不妊治療法の一つで、夫婦の受精卵を第三者の女性に妊娠・出産してもらういわゆる借り腹について、厚生労働省は「禁止」の方向を打ち出してるわけだが、一般市民の4割以上は容認していることがアンケートの結果わかった。認めてよい理由として「病気の人でも子供を持てる」、認められない理由として「妊娠は自然であるべきだ」などが多かったとか。

 これでは本音がまるで見えてこないのである。いったいどういうアンケートの作り方をしてるのだろうか。不十分な質問項目で役に立たない調査をしても事実は見えてこないのである。それに選ばれた5840人をいったいどういうところで抽出したのか。少なくともオレはその5840人には入っていないのである。

 アンケートは作り方次第で全く違った結果になるものである。借り腹を容認する理由の中にちゃんと子供を産むのが面倒だからというのを入れてあったのか。今のように自分勝手なヤツが増えている時代、そういう情けない理由が実は多いかも知れないのだ。

 ただ、オレの考えは全く別の所にある。将来の日本にとって最も大きな問題は「少子高齢化」である。子供が増えることにつながるのなら何でもなりふり構わずやるべきなのである。そこでこの「借り腹」=「代理母」なんだが認めてしまえば、働く女性にとって「お金を払って他の人に妊娠を代わってもらえる」という利点があり、またもう一方で「代理母という職業が生まれる」という経済効果ももたらすのである。

 一回の出産につき200万円くらいの報酬を用意すれば、パートや内職よりもはるかに高収入である。出産経験のある女性に限るという条件で代理母を病院が募集し、定期的な健康診断を実施して危険のないようにすればいい。夫は外で働き、妻は代理母で家計を支えるというのがあってもいいじゃないか。

 しかし、代理母を認めない理由の中に「人を生殖の手段に使う」というのがあって笑った。救いようのない馬鹿め。だったらサルやカバに代理母をさせられるのかね。実際の所、日本では年間に100万人近い胎児が堕胎されて命を絶たれ、子供が欲しくてもできない夫婦も数百万組いるんだぜ。

2003年08月09日(土) たたたた、台風10号の襲来じゃ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

台風が恐ろしいなどというと、今では信じてもらえないかも知れないが、オレがまだ幼い子供の頃は本当に恐ろしかった。少し激しい雨があるとオンボロ長屋は激しく雨漏りしていた。まだ赤ん坊だったオレには記憶がないのだが、第二室戸台風の時には屋根瓦がすべて吹き飛ばされてしまい室内から空が見えたという。何歳の頃かはわからないのだが、激しい風雨の音を聞きながらふとんに潜ってそのまま眠った記憶もある。もしかしたら家屋が倒壊するかも知れないという恐怖は、中学生になって一戸建ての家に引っ越すまで続いたのだった。

 新しく広い家で一番嬉しかったことは、その家が台風くらいではびくともしないように見えたことである。確かにその後不安はなくなった。

しかし、大学に進学して貧乏学生になったオレは、再び台風の脅威にさらされる。安い家賃に惹かれてあるボロアパートに住みついたからだ。床が少し傾いていて、部屋の真ん中にテニスボールを置くと自然に窓の方に向かって転がっていく、そんな情けない部屋だった。強い風が吹くと建物全体が震えているようだった。オレは大学の四年間をその悲惨な部屋で過ごしたのである。

 台風が接近するとオレは必ず部屋から逃亡した。もしかしてアパートが倒壊したら死ぬかも知れないと不安だったからだ。土産の食糧や酒を持参して、鉄筋コンクリートの建物に住む友人のところに避難していたのである。昭和34年に襲った
伊勢湾台風の死者・行方不明者は五千人を越え、被害額は当時の金額で五千億円を超えたという。大量の流木が名古屋市南部を埋め尽くし、なかなか水が引かなかったのである。台風や地震の持つ破壊力に対して、力業で押さえ込もうとしてもそれは無理だとオレは思っている。日本中の河川を百年に一度の大水害や超大型台風に耐えられるように改造しようと思えば、そのコストは1000兆円を超えるだろう。

 被災地に新品のスニーカーをはいてやってきた野次馬政治家が、復興需要をただの利権獲得の手段としか考えずに大盤振る舞いの発言をすると石をぶつけたくなるぜ。必要なのは気象情報の共有と迅速な避難、とにかく安全なところまで逃げきることだ。無理な開発で斜面を削って建てられたボロ家にしがみついて命を落とすなんてつくづくばかげてるぜ。

2003年08月08日(金) いますぐ景気を回復させる方法        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

果たして今の日本を救うことの出来る政治家はいるだろうか。残念ながらノーだ。小泉にしても菅にしても、彼らの思考レベルではオレのような斬新な発想など生まれてこない。人間の器が違うからだ。今の政策はどれもこれも、瀕死の病人に点滴で栄養を与えて延命治療を施しているだけで根本的な解決にはほど遠い。今やオレだけがこの日本を救えると言っても過言ではない。その秘策をここに公開しよう。

 まず、日本政府は一切の国税の徴収を停止する。所得税、法人税、ガソリン税、相続税、消費税・・・そうした税金を10年間止めてしまうのだよ。そのかわり、政府の必要なお金はすべて日銀が印刷する。年間の歳出は80兆円くらいだ。その80兆円を日銀が発行する、必要ならもっと増やしてもいい。政府が必要な金は必要なだけ日銀が刷るということにすればいい。

 すると何が発生するか、通貨の市中流通量が毎年膨らんでいくわけだから自然にインフレが発生する。1000兆円の通貨が市中に流通しているとして、そこに年間80兆円加われば理論上は8%のインフレが発生するということになる。年間8%のインフレが予測されれば、安いうちに家や土地を買おうとして需要が発生するだろう。そんな馬鹿げた政策を実施すれば、円は信用を失って急落するだろう。1ドル=300円くらいになるかも知れない。そうなると輸出企業は一気に息を吹き返すだろうし、中国での生産もメリットが減るから国内産業の空洞化にブレーキがかかるだろう。国際競争力を身につけた日本企業の逆襲が始まるのである。また、原油のコストが上昇すればガソリン代に影響するところだが、ガソリン税を廃止しているからそこは大丈夫である。

 思い出してみろ。高度成長=激しいインフレだったのである。昭和40年頃と言えば10円で5個のタコヤキが買えた。それが4個になり2個になり、今や100円出しても4個あるかどうか。なぜ10円で5個喰えたときにもっと買わなかったのかとオレは激しく後悔しているのである。値上がりするのはタコヤキだけではない。安いうちにモノを買おうとして空前の需要が発生し、それが日本経済を一気に回復させることは間違いない。

2003年08月07日(木) 8月6日(原爆投下の日)に思うこと        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

絶対に安全な場所から殺戮を実行する者にとって、個々の生命の消失は非現実な別世界のことでしかない。アメリカで「原爆展」をやらせてもらえないのは、加害者としての自分たちの現実に向き合うことをあの国の愛国者どもが拒否するからである。インディアンの迫害、奴隷貿易、そしてヒロシマナガサキの原爆、彼らにとって有色人種はおよそ対等につきあう生命体とは認められなかったのだろう。あの8月6日朝の一瞬に、閃光の中で瞬間的に多くの生命が失われた。その事実を我々は永久に忘れてはならない。その破壊力を生身の人間に対して行使することの恐ろしさに彼らがためらわなかったこともまた忘れるべきではない。

 同時多発テロが与えた恐怖は、それがアメリカ建国以来はじめて受けた直接攻撃であったからではないだろうか。(一方的に征服して属州にしていたハワイを日本軍に攻撃されたこととはわけがちがう)それは彼らの歴史の中で唯一の「戦争」と呼べるものであるからだ。

 イラク戦争や湾岸戦争を戦争とは呼びたくない。そこに赴く兵士たちには自分たちが戦場で生命の危険にさらされることなど思いもしないであろうし、そもそも相手だけが一方的に死ぬようなものを「戦争」とは呼べない。それはただの殺戮と破壊である。

 今回のイラク攻撃でも多くの誤爆があり、市民に多数の犠牲者が出たが、もちろん米軍はその補償を一切行わない。彼らにとって巻き添えになった市民が死ぬことなどはひとつの手続きに過ぎないからだ。

 第二次大戦の戦争犯罪とは何かと問われれば、私は迷わずユダヤ人虐殺と原爆投下だと答える。非戦闘員である市民への無差別攻撃は、当時の国際法でも違法だったはずであり、また毒ガスなどの残虐兵器の使用を禁じたジュネーブ条約違反でもあったはずだ。原爆投下の直後に、日本がスイス政府を通じてその行為を提訴したことはほとんど知られていない。

 戦後の歴史は、同程度に愚劣な行為の一方を戦争犯罪として断罪し、もう一方を無法国家への懲罰と認識させることでスタートした。終戦前日の8月14日、大阪には最後の大空襲があり、日本最大の軍需工場であった陸軍砲兵工廠は徹底的に破壊された。作家の小田実はその炎を京橋ガード下で眺め、私の父は

「残った爆弾全部落としていきやがった」

と唇を噛んだ。

2003年08月06日(水) シーマに自爆装置を搭載しろ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうしてクルマはこんなにも便利になってしまったのだろうか。オレには納得のいかないことばかりである。免許をとってからずっとMT車を運転している旧時代の遺物のようなオレにとっては、AT車の存在さえもまるで「ヘタクソを正当化する道具」に思えて気分悪かったのだが、5月にホンダ・インスパイアに搭載された追突防止装置にはつくづくあきれた。そんな情けない装備を搭載していてはドライバーの恥だと思っていたが、なんとトヨタもそのマネをすることになり、この夏にマイナーチェンジする日産シーマにも搭載されることになったそうだ。

 日産のそいつは「プリクラッシュセーフティシステム」という名前である。これは衝突の可能性を事前に検知しドライバーに知らせるとともに、万一衝突が避けられない場合でも必要な装備を衝突に備えて作動させることで、乗員の被害を軽減する先進安全技術であると説明される。レーダーセンサーにより追従中の先行車両との距離を測定し、ほぼ真後ろから先行車に追突する恐れのあるときは警報を鳴らし、ドライバーの操作により追突が避けられないと判断した場合はブレーキをかけて減速し追突時の被害を軽減するという。また運転者のブレーキ操作から衝突の可能性を検知し、シートベルトを巻き取ることで乗員を迅速に拘束するとか。これなら安心して居眠り運転できるというものである。

 シーマにはこれまでも世界初の「レーンキープサポートシステム」や「車間自動制御システム」など、先進の走行支援システムが採用されているという。おそらくオレにとってこのシーマというクルマを所有することは死ぬまでありえないと思われるが、このような安全システムはどちらかというと巨大なトレーラーや大型トラックにこそ搭載して欲しいぜ。泥酔状態で暴走して幼子の命を奪ったあの高知ナスのトラックにこそ必要だったんだ。高級車には乗員の安全を守るための装備が必要だということなのだろうが、真に守るべき対象は居眠りして突っ込む馬鹿に命を奪われる方じゃないのか。どちらかというとブレーキじゃなくて自爆装置でも積んでくれよ。他のドライバーの命を奪うような惨事になる前に粉々になって吹っ飛ぶような仕組みを作ってくれ。

2003年08月05日(火) JR、ぼったくりのからくり        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

10月から新幹線の品川駅開業に伴って大幅なダイヤ改正があるそうだが、その目玉はのぞみの増発である。現在、一時間あたりの本数が

のぞみ2、ひかり6、こだま2

という組み合わせになってるのを、

のぞみ7、ひかり2、こだま2

にしようとしているらしい。貧乏人のオレは、東京出張の時は金券屋でばら売りの回数券を利用するのだが、ひかりなら12300円程度で買えるのに、のぞみ号回数券は14500円もするのである。わずか30分の短縮で2000円ということは実に時間給にして4000円、だったら30分グーグー眠って2000円浮かした方がマシなのである。睡眠時間も手に入ってかえって健康にいいのである。「時は金なり」というが、まさにその通りで自分の時間を提供したら無駄な金を使わなくても済むのである。このことわざはオレにとっては逆の意味を持つのである。

 ところが今回ののぞみ大増発(ひかり大減便)で、選択肢がのぞみばかりになってしまうのだ。安いひかりに乗ろうと思っても、本数が少なければやたら待たされることになり、時間を急ぐビジネスマンは仕方なく余分なゼニを払ってのぞみに乗らされることとなるのである。これは巧妙に仕組まれた運賃値上げである。東京大阪間の輸送で、飛行機に客を奪われることはあっても新幹線が大幅な乗客増になることは望めない。同じ客数で利益を増やすには客単価を上げるしかないというのは商売の常識である。そういうわけで、JRは今回このぼったくり戦術を仕掛けてきたのである。そんなに儲けたいのならエアコンの温度を上げて車内販売の抹茶アイス260円の売り上げを増やせよ。

 ケチな性格のオレは断じてこのぼったくり戦術に屈するわけにはいかない。あえて不便を承知の上で時間を調整してひかりを選んで乗ろうと思ってるのである。その陰で存在そのものが忘れられた感のあるこだまだが、オレは東京大阪間4時間でもOKだ。いっそのこと料金を半額程度に値下げするとかしてくれよ。貧乏人はこだまに乗れという逆キャンペーンでも仕掛けてくれれば、変なところで優越感を感じたいバカどもが喜んでのぞみを選んでくれるんじゃないのか。JRだって本音のところは夏休み中大人気の夜行鈍行だって廃止したいのだろうなぁ。速さよりも安さを求める客なんてJRにとって百害あって一利なしだ。

2003年08月04日(月) ああ幕プリ、エレベーター難民        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

8月1日〜8月4日、出張で幕張プリンスホテルに滞在した。さて、マリンスタジアムの傍らにそびえ立つ、地上180mもあるこのやたら縦に細長い三角柱のホテルには大きな問題点がある。それはエレベーターの輸送能力である。客室用のエレベータは6基あって低層階用(4〜25)と高層階用(25〜45)3基ずつに分かれているのだが、朝食の時間やチェックアウトの客が集中する時間になると、待てども待てども乗れないという悲劇が発生するのである。1000室を越える客室数に対してたった6基というのは妥当な数なのだろうか。

 今朝もやはりその悲劇が起きていた。オレが宿泊したのは10階だったが、朝7時頃にまず朝食のために47階のレストランに上ろうと思っても、エレベーターが停まってくれないのである。来るエレベータがどれも満員で次々と通過してしまうのだ。10分くらい待っても乗ることができないのであきらめて、今度は下りのエレベータを捕まえていったん3階に降りてから、客室階に停まらない展望エレベーターに乗り換えて一気に47階へ上昇してかろうじてレストランにたどり着くことができた。

 マリンスタジアムを見下ろしながらの朝食だったが、実は前日には1Fのブッフェレストランで朝食を摂っていたので、今度は気分を変えて別の店で喰おうと思って47階に行ってみたのだ。ただ朝飯を食うというだけで一苦労だったぜ。

 食べ終わって10階の部屋に戻り、8時過ぎに外出の用意をしてから再び部屋を出ると、エレベーターの前に十数名のサッカー少年たちが荷物を投げ出して座り込んでいた。いつまでも来ないエレベーターを待ちくたびれているようだった。こんなことでは予定の時間に遅れてしまう。オレは迷わず非常階段で下りることにした。

 非常階段の入り口の扉には「非常時以外の通行はご遠慮ください」の表示がある。このままではいつまでたってもエレベータに乗れないというのは明らかに非常時である。迷わず10階から3階まで階段で一気に駆け下りたのである。考えたら昨年も同じ経験をしたのである。もしもあなたが混雑する時期に幕張プリンスホテルに停まるのなら、エレベーター難民となることは十分覚悟した方がいい。でも、どうしてみんな同じ時間にエレベーターに殺到するんだろう。団体が泊まるときは一般客の迷惑も考えて時間をずらしてほしいぜ。

2003年08月03日(日) いっそ第二東名はアウトバーンにしたら!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

出張するために新大阪から東京まで新幹線に乗った。静岡県内を通過していて気になったのは、あちこちで建設中の第二東名の橋桁だった。第二東名は静岡県内がもっとも工事が進んでいるらしい。東名の渋滞緩和という大義名分はあるにせよ、二束三文の茶畑が大金に化けてくれるので、地権者たちは大喜びだろうな。ただ、道路公団に売り渡す段階で二重三重に業者の転売を経ているはずだから、最初にその土地を持っていた人間はさほど利益を得ていないかも知れないなあ。本当に儲けたのは情報をもらった議員の身内などだろう。

 田舎の山林や田畑が突如札束に化けるという「イナカモンドリーム」を実現してやるために、オレたち都会の住民は高い高速道路料金を払わされるんだぜ。全く気分悪いよ。それにしてもこの真ん中部分だけの無駄な高速道路、なんとかならないか。このままならせっかく造っても利用する人は増えるはずがない。

 オレなら第二東名を無駄にしないアイデアがあるんだ。同じ高速道路が並行して二本あっても意味がない。一方をもう一方と大きく差別化することしか両立させられる方法はないんだ。この際第二東名は速度無制限の暴走天国にするというのはどうだ。せっかくフェラーリやポルシェに乗っていても日本では時速100キロでしか走れないから楽しめない。スピードを出せないのなら高い金を払って購入した意味がない。そう思ってる命知らずの馬鹿のための道路としてこの第二東名を活用するのだ。

 もちろん料金も通常の高速道路よりも高くする。いっそのこと、時間制の料金にしたらどうだ。30分で走りきったら3000円だが、60分かかれば6000円とか。みんな争ってスピードを競うぞ。ついでに事故を起こしてもその道路内では保険が適用されないことにすればいい。日本にいきなりアウトバーンのような高速道路を造ってしまったら、最初はヘタクソが起こす事故が頻発するに決まっているから損害保険会社も大変だ。保険適用外にしておけばとりあえず保険会社は破綻する心配がないだろう。

 それを道路と思うから採算性が問題になるんだ。高速道路の形をしたテーマパークにすればいい。暴走族が全国からそこに集結すれば、一般道路の迷惑も減少してかえっていいかも知れないぞ。しかし、騒音がすごいだろうな。そんなもんは静岡県民の自己責任だけど。

2003年08月02日(土) おまえみたいなボケ、雇うわけないやろ。        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 広島市中区の平和記念公園で8月1日朝、折り鶴約14万羽が燃やされた事件で、広島中央署は同日午後、器物損壊の疑いで関西学院大4年山本淳哉容疑者(22歳)を逮捕した。このボケが折り鶴に火をつけた理由は、「就職が決まらず、むしゃくしゃして」だったとか。

今が就職難のご時世であることは誰もが理解している。関西学院大といえばいちおう関西では難関校とされ、比較的偏差値の高い学生が入学してきているはずである。少なくとも偏差値ランキング表のはるか下位にある大学よりは有利なはずである。しかし、関西学院にもこうして変なヤツはいるのである。あまりのことに先輩の大江千里も泣いてるかも知れないのである。ただ、オレがここできちっと評価したいのは、このボケを間違って採用しなかった企業の人事担当者の人を見る目の確かさである。もしも採用していたらどうなるだろうか。気に入らないことがあれば会社に火をつけるかも知れないのである。そんな危険なヤツを採用したら大変なことである。彼を落とした人事担当者は会社から感謝されるべきだ。

 それにしても、「折り鶴に火をつける悪戯」なんてあまりにも幼児的すぎるぜ。このボケナスの行為は「器物損壊」という罪状になるのだが、さて、裁判官はいったいどのような量刑を科すのだろうか。どうせ行為の悪質さも考慮できずにせいぜい罰金5万くらいだろう。もしもオレが裁判官なら「現状復帰」という罰を与えるよ。つまり、彼が燃やしてしまった数の折り鶴を、その場所でずっと折らせるのだ。14万羽折ることが終了するまで解放されることはないとする。もっともそんなボケに折ってもらうのはかえって原爆の犠牲者に対する冒涜のような気もするがなぁ。

 この放火野郎は観光のため大学の友人2人と兵庫県を車で出発し、夜通し走って午前6時ごろ広島市に到着。広島城に寄ってから公園に来たという。監視カメラに写っていた映像からこの三人組が割り出され、宮島に渡るフェリー乗り場近くで逮捕されたとか。もしかしたらこいつは広島城や厳島神社に放火していたかも知れないのだ。事件に関して「何でこんなことをするのか分からない。本当に悲しいです」と語った少女がいたが、オレにもボケナス野郎のやることはわからんよ。こんなヤツが自分と同じくこの地上に存在すること自体が気分悪いぜ。

2003年08月01日(金) ウダイ、きみは最高だ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 本当の金持ちとはどんな人間のことだろう。オレみたいに100円ショップのダイソーで日用雑貨を買い、服はたいていユニクロやダイエーで済ませる貧民(?)からは金持ちがふだんどのような生活を送っているのか想像もつかないのだが、フセインの息子ウダイの生活ぶりが明らかになったことで、ほんの少し金持ちを理解することができて感謝している。将来金持ちになる予定の人は、ウダイの生き方からあれこれと学んでおこう。

 ルーマニアのチャウシェスクの息子も体操金メダリストの美女コマネチを愛人にしていたりとなかなかのものだったが、ウダイの方が何枚も上手だ。偽名パスポートで東京ディズニーランドを楽しんでいた金正男なんかあまりにも貧相で名前を出すのがかわいそうだぜ。

 ウダイはロールスロイスなど外車400台以上を所有し、ロシアから売春婦とみられる女性を集団で呼び寄せる一方、酒を好み、側近たちと一晩中飲み明かすのが常だったとか。タバコはキューバ製の高級葉巻を吸い、専属の調理人を抱え、フランス料理など世界各地の料理を堪能していたという。インターネットも大好きで、車に関するウェブサイトを常にチェック。様式や値段を調べて、側近に買わせていた。イタリアの高級スポーツカーやドイツの小型車など一風変わった車を好み、専用ガレージには400台以上の車がひしめき、専属の整備工に管理させていたという。

その専用ガレージは今いったいどうなってるんだ。もしかして爆撃で破壊されたのか?

インターネットで女性アイドルを見るのも好きだったとか。
もしかして、バーチャルネットアイドルちゆ12歳とか見ていないだろうな?

その費用を捻出するために五輪選手の強化費用は制限され、設備も悪く遠征もできない中で、ウダイ一人がぜいたくをしていたのだ。なんと豪快な楽しみ方だろうか。これにくらべれば日本の政治家なんてやることが小さすぎるよ。あの田中角栄でさえも100万円の鯉を飼っていたくらいで、日本のような豊かな国にろくな金持ちがいないことがかえって恥ずかしくなるぜ。ウダイ、きみは最高だ。真の金持ちとはきみのような存在を言うんだ。米軍に虐殺されて壮絶な最後を遂げたきみを、オレたちは決して忘れないよ。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン