江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2003年05月31日(土) 合コンするなら警視庁!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 結婚相手に対して一番望むことは何か? 高収入や高学歴でも最近は変なヤツが多い。銀行員でもいきなりボーナスがカットされるとか、商社マンでもある日突然痴漢の濡れ衣を着せられて懲戒解雇とか一寸先は闇である。その点、やはり公務員は手堅い。その中でもオレが迷わず勧めたいのが警官である。

 それも田舎の交番勤務なんかじゃだめだ。大都市でも兵庫県警や大阪府警はだめだ。やっぱりお江戸の警察官でないといけない。東京で高級マンションに入れば目の玉の飛び出そうな家賃だが、官舎に入れるからその心配はない。それを給与に換算したら日本の警察官の中では一番の高給取りということになる。

 しかし、そんなことよりももっと大切なことがある。結婚する男女にとって一番大切なこと、それは相手が性感染症に感染しているか否かである。もしも相手がHIV感染していることがわかればたいていの人は結婚をあきらめるだろう。しかし、そんなことどうやって知るんだ。いちいち「あなたはHIV感染していますか?」などと確認してから交際を始めるわけじゃないだろう。そういうことはつきあってからわかるのである。あるいはわからないままにつき合って、わからないままに別れて、別れてから血液検査したら自分が感染していたことに気が付くのである。

 最近は無防備に不特定多数の相手と性体験を積む高校生が多いので、首都圏の十代の感染率はたぶん10%に迫るだろう。そのハイリスク集団の中で100%安全な相手を捜すのは至難の技である。しかし、警視庁なら全くその心配はない。ここでは勝手に血液検査されてHIV感染していたら一方的に辞めさせられるのである。つまり、警視庁の職員は全員がHIV陰性なのである。これは合コンの相手に最適である。飲んで騒いで、そのまま成り行きで一夜を共にするなんてことになってしまっても、絶対に危険がないのだ。

つき合うなら警視庁、

行きずりの快楽を求めるなら警視庁、

結婚するならもちろん警視庁

2003年05月30日(金) 放火魔のオッサンに天誅を!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 今年4月以降、大阪市南部では毎晩のように火事が発生していた。その連続100件以上の連続不審火の容疑者として、無職・田端正夫容疑者40歳が逮捕されたのだが、それにしてもこの放火魔のオッサン、いろいろと笑える存在である。

 まず、オッサンはいかにも放火魔御用達という雰囲気の真っ赤なマウンテンバイクを愛用していて、火事の現場では走り去るそのマウンテンバイクがいつも目撃されていたというのが逮捕の決め手になっていた。いくら赤い色が好きだからといって、火を付けて回るのはやりすぎだろう。また、逮捕されたときに所持品にライターが3つもあり、その中には強い火炎が出るターボライターと呼ばれるものも含まれていた。警察官の追及に対して開き直って、

「なんで持って悪いんや」

などと答えたとか。

 さて、このような情けない事件が起きるたびにいつも思うのだが、犯人はたいてい無職である。そういえば新潟で小学生の少女を誘拐して監禁していたあの佐藤宣行も無職のオッサンだった。40にもなったいい年をしたオッサンなら、それなりにいろいろと金も使うだろうと思うのだが、いったいその金はどこから手に入れていたのだ。まさかその年齢まで相変わらず親のスネをかじっていたのか? 

 働いていない人間を差別するわけではないし、リストラや勤務先の企業が倒産したなどのやむをえない事情で失業した人ももちろんいる。しかし、この放火魔のオッサンのようなただ迷惑なだけの無職を見ると、佐渡金山で強制労働させるとかカンボジアに地雷の除去作業に行かせるとかして、なんでもいいから無理に仕事をさせろと思うわけである。

 地域を恐慌に陥れる連続放火魔に対する刑罰はかなり重く、出動手当欲しさに放火して回った高槻市の消防署員は一審で懲役14年の判決を受けている。しかし、そんな罰ではオレは納得できない。この外道には衣服に火を付けられてのたうち回り、全身火だるまになって大やけどを負うという罰を与えることはできないのか。加害者の人権ばかり守られるおかしな風潮の中で、ふとオレは残虐な刑罰の復活を望んでしまうのである。これというのも最近あまりにも外道が増えすぎたせいである。

2003年05月29日(木) 地震よりもパチンコが気になる副知事殿        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 新幹線の橋梁さえ破壊するほどの大きな被害をもたらした三陸南地震(宮城県沖地震が正しいのか?)では秋田県内は最大震度が震度5弱で、6人の重軽傷者が出た。その激しい揺れのさなかも平然とパチンコを続け、公用車に秘書を待たせていたという肝っ玉の据わったお方が居た。秋田県の千葉隆副知事である。税金で雇われている副知事の秘書の職務内容には、副知事のパチンコ中にはクルマで待つということも含まれるらしい。

県総合防災訓練の最高責任者でもある千葉副知事は、「この地震はたいしたことない」とパチンコをしながらでも即座にわかるほどの有能な方でいらっしゃったようだ。まさに秋田県民の宝である。今回の地震では大きな揺れに慌てて逃げようとし、けがをしてしまうケースが目立ったという。「いきなり飛び出したりせず、その場で冷静に行動することが一番」と、各県の防災担当者は口をそろえる。その意味では、千葉副知事はまさにうってつけの防災責任者だった。関東大震災を控えた東京都にこそ必要な貴重な人材である。

 千葉氏ご本人はくだらない副知事職よりも趣味のパチンコに専念してパチプロを目指したいとの希望が強いようだが、これほど有能な方を県庁から去らせてしまうことは県民にとっても大いなる損失であり、さすがにそれだけはと知事は激しく慰留に努めているらしい。

 有能な政治家の条件とはやはりなにごとにも動じないことである。思い出すがいい。宇和島水産高校の実習船愛媛丸がアメリカ軍潜水艦に粉砕され、日本中の人々が怒りの声をあげた腹立たしい事件の時でさえも、森喜朗首相は平然と賭けゴルフに打ち興じていたじゃないか。普通の人間なら仰天してホワイトハウスにすぐに電話を入れてしまうところだが、落ち着いてホールアウトまでプレーを続けたところはやはり森喜朗がただ者ではないことの証拠だった。

 千葉副知事はこれまでも時間つぶしのため4、5回公用車を待たせてパチンコをしたことがあったという。そんなにヒマな仕事なら副知事など廃止してしまえば無駄な俸給も支払わずに済むと思うのだが。

 少なくともオレにはパチンコ屋のような不健康な場所で時間つぶしをするようなヒマはない。全く副知事という仕事がうらやましい限りである。

2003年05月28日(水) 東北新幹線を造りなおせ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 東北地方で震度6の地震があった。その地震に関して小泉純一郎が「自信を失うな」などとダジャレ発言したというウワサもあるが、あの馬鹿総理のことなどどうでもいい。本気で日本の政治を立て直したいのなら三顧の礼でこのオレを迎えるべきだろうが、自分の無能さにも気づかないで小泉は居座り続けるのだろう。

オレが今回驚いたのは、無惨にコンクリートが剥がれて鉄筋がむき出しになった新幹線の橋脚である。新聞にはその写真が何枚も掲載されていた。この程度の地震で壊れるような手抜き工事をしたゼネコンはいったいどこなんだ? どうせ工事を早めるために大量の水をぶち込んで、安物のタコヤキの溶き汁のようなしゃぶしゃぶのコンクリートを流し込んだのだろう。いますぐにその工事をしたゼネコンに全責任を負わせて、今の新幹線に並行してもう一本の新幹線を造らせろ!

 鉄筋むき出しになった橋脚は、樹脂を注入したり上から鉄板でカバーしたりして補強工事をするらしい。その上を時速300キロ近い高速で大量の乗客を乗せた重量物が疾走するのである。そんなごまかしの工事でいいのか?その場しのぎでは危なくて危なくて仕方がないのである。スペースシャトルの剥がれた耐熱タイルを飯粒で貼り付けてるようなものである。オレは絶対にそんな東北新幹線には乗りたくないのである。あんな脆い橋脚、いつ壊れるかわからないじゃないか。

 似たような理由で、トンネルの内壁のひび割れたコンクリが崩落して走行中の新幹線の屋根をぶち抜くかもわからない山陽新幹線にも乗りたくないのである。自殺者が出るたびに一時間以上臨時停止する神戸線や京都線のJR新快速にも乗りたくないのである。とにかく安心して乗れるのは自分が運転するクルマだけなのである。他の狂ったドライバーが接近してきても、上手にかわせばいいからである。

 ただ高速道路は別だ。地震が起きて橋脚が倒れたら逃げ場がない。だからオレはいつも一般道路を走ってるのである。高速代を払えない貧乏人だからじゃないのである。落下物で押しつぶされるのが怖いので、高速道路の高架下さえも走りたくはないのである。崩れるのが怖いから高層ビルにも上れないのである。どんな地震にも耐えられるしっかりした建物にしか住みたくないのである。それは首相官邸くらいしかないのである。

2003年05月27日(火) 中島らもに実刑を!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 大麻取締法違反の罪に問われた作家の中島らも(51)に対して大阪地裁は26日、懲役10月、執行猶予3年(求刑懲役10月)の有罪判決を言い渡した。西田真基裁判官は「発達段階の少年少女から支持されており、読者に与える影響は軽視できない」と述べたという。読者に与える影響が大きいのならなぜ実刑にしなかったのか?

 少なくとも彼は薬物に関して常習者である。また彼は反省するどころか、大麻を合法化したいという意図を持っており開き直ってるのである。そういう男を実刑にしなかった裁判官は少なくとも大麻はポールマッカートニーもやってるからOK!程度の価値観でこの裁判に臨んだのだろう。こんな遵法意識の欠けた裁判官は罷免してくれ。こいつなら宅間守だって心神耗弱で無罪にしかねないぞ。

 「執筆活動でギザギザになった精神を癒やすために大麻に依存するようになった」動機が許されるのなら、作家はみんな大麻OKなのか?全く人を舐めた判決である。別に中島らもという作家がいなくなったって、他に面白い文章を書ける人間などいくらでもいるのだ。どんどん切り捨ててもらわないと困るのである。もしも書き手が不足するのならオレを雇ってくれたらいいのである。この程度の暴言ならいくらでも書いてやるぜ。

 朝日新聞では同じ日の夕刊で、覚せい剤取締法違反で服役していた男が出所してすぐに起こした事件で心神耗弱状態にあったという理由で懲役1年から10月に減刑したという記事があった。覚せい剤の後遺症でフラッシュバックの状態にあり、幻覚幻聴が認められたという理由だ。オレはその無責任な裁判官にもつくづく腹が立った。なぜそんな危険な人間を出所させたんだ。もしも幻覚状態で刃物を振り回して暴れられたらどうするんだ! フラッシュバックが出る可能性がなくなるまで何十年でも刑務所から出さないでくれ。たった10ヶ月じゃ早すぎるぞ。

 それにしても日本の裁判官はどうしてこんなに犯罪者に甘いのか。あの宅間守でさえただの死刑だ。どうして二回死刑とか三回死刑という罰にしなかったのか。あの宅間が、「それだけは勘弁してくれ!」と泣きながら訴えるようなそんな刑罰を誰も思いつくことはできなかったのか。

2003年05月26日(月) 消費税値上げじゃなく、競馬を財源にしろ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 塩ジイは2007年度から消費税を値上げしようと思ってるらしい。なんということだ。ただでさえ景気が悪いのにそんなことをしたらもっと物が売れなくなるじゃないか。どうやったら税収を増やせるか、何が財源になるかということがあの老人にはちっともわかっていないようである。オレなら税収を増やすためにはギャンブルに目を付けるぜ。

 たまたま昨日はオークスの日だったが、東京ドームや甲子園の何倍もの観衆が東京競馬場に押し寄せたはずである。これだけ人気のある競馬をなぜもっと活用しないのか。馬券を日本中の郵便局やコンビニで購入できるようにすれば売り上げは今の100倍くらいになるぜ。そうすれば一日に1兆円の売り上げも可能だ。中央競馬をやっていない平日は地方の公営競馬の馬券が買えるようにして毎日遊べるようにしたらいい。少なく見積もって年間に50兆円の売り上げがあるとすれば、控除率25%で12兆5000億円のテラ銭が胴元である国に転がり込むんだ。おいしい話じゃないか。経費を差し引いても相当の儲けが出るぞ。

 考えてもみろ。朝早くからパチンコ屋の前には仕事をしていない若者が列を作って開店時間を待っているじゃないか。こういう連中がギャンブルに浪費した金はほとんど脱税され国には還流してこないのだ。パチンコは50兆円産業と言われる。オレは日本中のパチンコ屋がつぶれたって別にかまわないと思っている。タバコの煙の充満する不健康な空間で、我が子を炎熱地獄の車内に置き去りにして遊ぶような連中の遊び場なんかなくなっても全然困らないぞ。パチンコ屋が滅亡しても、ギャンブルをやりたいという人間の本能はなくならない。そこで日本中どこでもお手軽に馬券が購入できるようにして、その欲求を満たしてやればいいのだ。

 この制度にはもう一つ利点がある。それは「払いたい者だけが払う」という合理的なシステムであるということだ。馬券を買わなければ税を負担しないで済むのである。「払いたいヤツだけが払う」とは夢のような仕組みだ。高額所得者に対するまるで懲罰のような税金を少しでも負けてもらいたいオレは、この競馬による国家財政建て直し案をぜひとも塩ジイに提案したい。中国や韓国でも馬券を発売すれば外貨の獲得にもつながるぜ。どうだ、名案だろ。

2003年05月25日(日) 客を舐めた企業、それはNEC!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 ことし3月、東京航空交通管制部の管制システムがダウンし、全国の空港で航空機が出発できなくなったトラブルを覚えているだろうか? その原因はこのシステムをつくったNECのプログラムミスだった。NECがミスに気付きながら国交省に通報しなかったことを重く見た国土交通省は、同社を2カ月間の指名停止処分とした。

NECのこのお役所的な体質は相変わらずである。かつて9821・Nr12というノートパソコンの時は、故障で修理に出したユーザーにだけ修正用のFDを配っていた。本来なら購入者全員を対象にリコールに応じるべきであったのにトラブルを公表せずにごまかしたのである。

 そうしたNECという企業の無責任な体質を理解していれば二度と買わないという対処が望ましかったわけであるが、なぜかオレのモバイル機はNECなのである。出張の多いオレは、近所のアウトレット店でたった10万で売られていたLX60というモバイル機を買ってしまったのである。購入後わずか3ヶ月で突如液晶のバックライトが消えて真っ暗になるというトラブルもあったが、それは保証期間内だったので無償修理してくれた。1年半の使用の後、当然のことながらバッテリがご臨終となった。新しいバッテリを買うために日本橋に出かけたオレは愕然とした。ソフマップも上新電機もニノミヤも、どの店にもバッテリの在庫がないのだ。

「お取り寄せになります」

バッテリがなかったらモバイル機の意味がない。一日でも早く入手したい。

「一ヶ月かかります」

ふ、ふざけるな!オレは間違ってNECを買ってしまったことをそのときになって激しく後悔したのだった。

 かつて、NECのパソコンはカタログ定価と市場価格の落差で有名だった。市場価格1万2000円くらいのメモリーがカタログでは12万円だった。2万円で買えるHDDは20万円だった。そんな定価で買う個人ユーザーは居なかったが、お役所にはその定価で納入され、差額がリベートに化けていたとすれば日本中の公務員がその恩恵にあずかったはずである。

オレは一度NECの社員に「純正品は高すぎる」と文句を言ったが、「その分信頼できます」という答えだった。トラブルをひた隠しにし、ユーザーを舐めきった企業に信頼もクソもあったものではない。

2003年05月24日(土) 国会内でSARS大発生!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 中国訪問から帰国した与党三党の幹事長、山崎拓、冬柴鉄三、二階俊博の三氏はそろってマスク姿で衆院本会議に現れた。たった二日間自宅に待機していただけではSARSの潜伏期間と比べて短すぎるので本当に感染していないかどうかはわかるはずがない。その意味では限りなく疑わしいのだが、もしも彼らがSARSに感染していてウイルスを持ち帰り、衆議院・参議院の本会議場にばらまいてくれるならそれもまた一興、これが本当の院内感染ということになるからだ。

国会は即日封鎖、議員はそのまま軟禁状態に置かれて一歩も外に出ることができなくなり、勝手に逃げ出すヤツが出ないように周囲を自衛隊が監視する。命令を聞かないで逃げようとする馬鹿議員は射殺。宇宙服のような防護衣を着用した医師だけが入ることを許され、食糧は空中からヘリコプターで投下するとか。国民の健康を守るためには当然だろう。

ただ、オレの個人的な気分で言わせてもらうなら、自分の利益と次の選挙でいかにして勝つかくらいしか考えていない外道議員どもは全滅してもかまわんぞ!山崎拓が持ち帰ったウイルスからSARS大発生なんてことになれば、一般大衆は喝采を叫ぶんじゃないか。「ざまあみろ!」政治という本来の職務をおろそかにしながら変態行為にいそしむ者もいるから同情の余地もない。

冬柴鉄三氏は「北京滞在中に宿舎から出たのは湖錦濤国家主席との会談の際など二回だけ」だったと安全ぶりをアピールしたが、医者でもないのにそんなことを発言する資格はないだろう。会談には通訳も当然同席したと思うが、では彼らも100%安全なのか?その中にSARS感染者と道で一度もすれ違ったことがないという人がいるのか。感染者が全員額にSARSシールを貼って街を歩いてくれているなら別だがそんなことはありえない。少なくとも危険地域に行ったということを自覚するなら、せめて一週間どっかに軟禁されてから顔を出すべきじゃなかったのか。

オレは別に国会の中の連中の健康なんかどうでもいいと思っている。自分たちの利権しか考えない外道どもや、ヤクザからゼニをもらいながら「ネバーギブアップ」などとほざいて居座る議員はさっさとくたばってくれ。おまえらは日本の再建にはただの邪魔者だ。

2003年05月23日(金) 無償の愛に包まれて〜韓国映画『おばあちゃんの家』        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 ゲームばかりしていて、自分の思い通りにならないと文句ばかり垂れてまわりに当たり散らすといういまどきのクソガキ、そんな7歳の少年が突然何もない山の中の村にあるおばあちゃんの家に預けられて一夏を過ごす。これが映画『おばあちゃんの家』の設定である。2002年春に公開されたこの映画には韓国の400万の人が胸を打たれる大ヒットとなったという。

文字が読めず、口も利けないおばあちゃんに向かって7歳のサンウは悪態をつき、靴を隠したり壺を蹴って割ったりと意地悪をする。そんなサンウを叱ることもせず、おばあちゃんは黙々とわがままな孫の望むことをできるだけかなえてあげようと奮闘する。いつしか、わがままなサンウはおばあちゃんの無償の優しさに気づき、心を開くようになっていく。母が迎えに来て、ソウルに帰ることになったサンウは初めて気が付くのだ。おばあちゃんがまた一人ぼっちになることに。文字が書けないおばあちゃんのためにサンウは自分宛のメッセージカードを残す。そこには「会いたい」を意味するハングルが記される。「会いたくなったらいつでも送ってね。ちゃんと会いに来るから。」その場面になるともはやスクリーンを見つめることすら困難になるほど涙がこみあげている。

いまどきの子供というのは残酷だ。祖父や祖母から無償の愛情を与えられているのに、「くそばばあ」などの暴言を吐き、汚いもののように接する。親や教師に対してさえ従おうとしないのだからそうした行動も当然なのかも知れないが。そんないまどきの子供が変わるためには何が必要なのかをこの87分の小品は教えてくれる。

今朝のオレは「テアトル梅田」の開演時間ぎりぎりに入ったために前から二番目という最悪の席しか空いていなくて、画面右側の字幕を見るためにはいちいち首を曲げないといけなかったのだが、途中でわざわざ字幕を追う必要がないことがわかった。おばあちゃんが口が利けなくても村人たちとちゃんと交流し合っているように、登場人物の心を感じ取ることができたならもはやセリフは不要だった。何度も胸を円形に手でさする動作が出てくる。それが何を意味しているのか、映画館のスクリーンの前で観ているあなたは感じ取ることができるだろうか?



2003年05月22日(木) カイワレに罪をなすりつけた外道        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 1996年、大阪府堺市でO(オー)157による集団食中毒騒ぎが起きたとき、もっとも疑いが強かったのは牛肉だった。O157というのは牛の腸内細菌の一つらしい。それが人間の腸内では猛毒になるのだ。

 騒ぎを収集するためには原因食材の特定が必要であった。しかし、下手に牛肉犯人説を発表すれば、食肉業界は大打撃を受けることになる。(もっとも、馬鹿で無責任な厚生省や農林水産省の役人のせいで引き起こされた狂牛病騒ぎで業界が受けた損害2600億に比べたら知れてるが) 

 なぜこの騒ぎの頃に、鈴木宗男氏に対して阪南畜産グループから国産高級乗用車(値段から考えてセルシオか?)の贈与があったのか、オレはついつい得意のゲスの勘ぐりというのを繰り出してしまうのだけど、食肉業界よりもはるかに規模の小さいカイワレ業界をスケープゴートにして事態を収拾しようという悪巧みが彼らにあったのかなかったのか、オレにはわからない。単なる憶測にすぎないし、そんなことがあったにしてもムネオは死んでも口を割らないだろうし、すべては藪の中である。

 結果だけを言えば、カイワレは濡れ衣を着せられ、羽曳野市の南野農場というカイワレ生産農家は「O157の発生元となった施設」と発表されてしまう。その施設からはO157は検出されなかったのだが、一度広がった風評はもはや止められなかったのである。これは厚生省が食肉業者と組んで起こした犯罪であったとオレは思っている。

 週刊現代に連載された「食肉の王」では、狂牛病騒ぎの時にこの阪南畜産グループが大量の肉を国に買い上げさせて焼却したことが描かれる。たまたま雪印食品や日本ハムはバレて見つかっただけである。焼却された肉が本当に国産だったのかどうか、確かめるすべはない。ちなみにその週刊現代、地元である南大阪地域のコンビニでは買い占められて姿を消していたのも事実である。

 オレはカイワレが好きだ。フォルクスのサラダバーにあるカイワレはいつも一人で全部食べて空っぽにしてしまう。O(オー)157騒ぎでカイワレが犯人扱いされたときもオレは平気で大量に喰っていた。消えたカイワレを探し求めて何軒ものスーパーを回ったんだぜ。カイワレに罪をかぶせた悪党どもよ、賠償金は国でなくおまえらが払いやがれ!

2003年05月21日(水) ソーテック、安売りパソコンの悲劇        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 安売りパソコンで市場を席巻したあのソーテックが危機に立たされている。他社が同じ程度の性能のマシンを20万で出しているときに、ソーテックは平気で12万で出してくれたのである。「自分で組み立てれば安い」という常識をぶちこわし、「自分で組み立ててもこんな値段は無理だ!」というパソコンでオレたちを驚かせてくれたのである。

 そのソーテックが今、未曾有の危機に立たされている。2002年3月期決算において、売上高で前年比48.2%減の436億6,100万円、営業損益でマイナス51億4,100万円、経常損益でマイナス43億4,700万円、当期純損益でマイナス47億2,000万円という最悪の決算内容に落ち込んでいるのである。主力のデスクトップパソコンは、254,500台(前年比47.8%減)、309億4,200万円(同52.3%減)と大幅な落ち込みを見せた。ノートパソコンをあわせた合計でも、348,800台(同44.2%減)、430億2,900万円(同48.9%減)となっている。売上高が半減して果たして生き残れるのか?オレには信じられないのである。NECやSONYも確かに売り上げは減少しているが、ここまでひどくはない。

パソコンの普及が飽和状態を迎えた時に、一番売れなくなるのはどんなパソコンか?ソーテックの経営陣はそうした読みが甘かったのだとオレは判断している。「安売り」=「劣った商品」であるという固定観念から一般大衆はなかなか抜けられない。パソコンの中味のパーツなんてみんな同じで、違うのは入れ物のデザインくらいだという事実がわかっていないのだ。安いパソコンは故障が多いと信じている保守的な方が多いのだ。そんなことは断じてない。故障というのはどんなパソコンの上にも平等に降り注ぐものであって、高価だから逃れられるというものでもないのだ。

昨日まで動いていたパソコンがある日突然起動しなくなったり、ハードディスクが突如クラッシュしてデータが全滅したりという神の悪ふざけでどれほど多くの人が日夜泣いていることだろう。高性能なパソコンが一台よりも、普通の性能が二台ある方が仕事には役立つ。ソーテックはその事実をこそアピールするべきだったのだよ。「一台買うともう一台おまけについてきます!」と。

2003年05月20日(火) SARSに負けるな!都ホテル        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 台湾はいまSARS騒ぎで大変だというのに、のうのうと逃げ出して日本で観光旅行を楽しんでいた迷惑な医師団が持ちこんだかも知れないSARSウイルスのせいで、大阪は今大混乱である。ドラッグストアからはマスクが完全に消えてしまい、宿泊先だった都ホテル大阪はキャンセルが相次いですでに二千万円を超える損害だという。この損害は台湾政府に賠償してもらうしかない。

いちおうマスコミ各社に公表された宿泊当夜の行動はオレには到底真実とは思えない。一説には道頓堀界隈にラーメンを喰いにいったというウワサもある。それくらいならまだいい。もしも風俗店に立ち寄っていたらどうするんだ。いま大切なことは、その迷惑な野郎の顔写真を公表しろ。そうすればそのオッサンに思い当たる人が医療機関に駆け込めるじゃないか。

この大損害を受けた都ホテルだが、オレはけっこう気に入っているのだ。隣には近鉄百貨店があって、その地下二階では明石焼きや大阪名物イカ焼きが喰えるし、ホテルの地下には「鶴喜そば」というおいしい蕎麦屋もあれば、お好み焼きの「千房」もある。また宿泊料金自体も安い。朝食付きシングルで税込み12600円などという低料金で利用できるシティホテルはなかなかないぞ。ビジネスホテルと違って部屋も広いし、駐車場も確保されているから大阪観光にはお勧めだ。これだけキャンセルが相次いでるということは、今行けば空いているし丁重なもてなしを受けられることは確実だ。部屋がきちっと消毒されている分、他のホテルよりもはるかに安心かも知れないぜ。

台湾で思い出したが、オレの愛用しているA4サイズのノートパソコンは実は台湾製なんだ。どうしてSONYや東芝ではなくてそんなマニアックなものを買ったのかと笑われそうだが、理由はただ安かったからというただそれだけだ。その保証書には、もしも故障したら船便で台湾まで運んで修理するので3ヶ月かかると記載されている。そんな事実を買う前に知っていたら絶対に買わなかったぜ。ちゃんと修理完了で帰ってくるのは嬉しいが、お土産にSARSウイルスを添付されるのだけはごめんだぜ!

2003年05月19日(月) 国保料踏み倒しの街、それは大阪        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 国民健康保険(国保)会計の累積赤字全国ワースト1、それは大阪市である。2002年度の国保加入者は約59万2500世帯、100万人なのだが、このうち17万8000世帯が滞納しているという。なんと30%の人が滞納しているのである。3%の間違いではないのである。国保会計には国からの交付金が入ってくるのだが、収納率が低い場合はこの交付金は減額される。このままだと大阪市は交付金が9%カットになるので制裁額は26億円程度になるようだ。

2001年度で大阪市の国保会計の累積赤字は285億円にのぼるのだが、滞納額は210億円である。ということは、加入者がちゃんと国保料のゼニを払いさえすれば累積赤字は大幅に解消するわけである。しかし、オレはどうもこの仕組みがわからない。滞納しているヤツになぜ保険証が交付されるのか? そんなもん、先払いにしたら済むことじゃないか。一年間有効の保険証が欲しかったら、一年分を先払いするという仕組みにしたら一発で解決だろう。ゼニのないヤツは一ヶ月分とか、半年分有効の保険証をもらえばいいだろう。

 私立大学ではどこでも授業料を先払いさせている。講義が面白くないからゼニを払わないという訳にはいかないのだ。それと同じことである。サービスを受ける前にゼニを払いたくない、つまり「一度も病気にならなかったのにゼニを払うのはもったいない」という大阪人気質に対抗するには、「安心料は先に払いやがれ」というシステムに変更するしかないのだ。

 ただ、この驚くべき収納率の低さだが、国の交付金が欲しいのなら滞納者を全員切り捨ててしまえばいつでも100%が達成できるはずである。大阪市の職員にオレは聞きたい。どうして払っていない連中を切り捨てないのか。もしかして加入することは市民の義務なのか? 国民年金も同じだ。面倒を見てくれる子供もないくせに払わない連中は老人になってから野垂れ死にさせたらいいのに、今度は生活保護とかで手厚く救うから踏み倒されるんだ。大阪市民の7割しか国保料をきちっと払っていないという事実がこのように公表されたとき、まじめに払ってる市民はどれほど腹が立つことか。オレなら払っていない連中を絶対に許さないぞ。

2003年05月18日(日) ふざけるな朝日新聞!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 朝日新聞が曽我ひとみさんの家族の住所を断りもなく(だから盗み見というのだが)メモして、報道していた事実が明らかとなった。新聞記者には取材上知り得たことの中で、記事にしてもよいことと悪いことを判断するだけの良識が求められる。ただ、馬鹿記者も中には混じるので、それをデスクでチェックしてから記事にするわけだが、アサヒコムではその事情をこのように記している。

 ”本社ではプライバシー保護のため、住所を記事にする場合は基本的に細かい地番まで記していない。しかし、外国の住所だったこともあり、プライバシーに思いが至らず、詳細な住所がそのまま紙面化されてしまった。東京のデスクらには、この住所にかかわる部分が本紙記者による独自取材の結果という意識はなく、発表された情報をそのまま書いたと思いこんだ。”

 彼らの言い訳はこういうことだ。「外国の住所だからプライバシーに思い至らなかった」「発表された情報だと思った」馬鹿!、外人の住所なら発表してもいいのか、それこそ朝日新聞の好きな差別じゃないか。そして「発表された情報だと思った」にはあきれる。そんな卑怯なことをする人間が他の新聞社にも居たと思ってるのか?川崎の万引き中学生が電車に轢かれた事件で「万引きはみんなやってる」と言った馬鹿主婦と同じレベルの発言を、新聞社の責任ある地位の方がしてもいいのか。お前らマスコミ人としての自覚がなさすぎるぞ。

 オレは事件に関する朝日新聞社のコメントを読みながら、重大なことが欠落していることに気が付いた。それは、「盗み見して勝手に記事にする」という恥ずかしい取材を行った記者の名前がないことである。そのような外道記者は即座に名前を公表すると共に懲戒解雇して、以後そのような取材方法は絶対にしないという姿勢を世間に示すべきだ。いくら謝罪の言葉を尽くしてもダメなのである。実質的な行動が伴わないといけないのである。毎日新聞の五味記者の場合は「過失」だが、こちらの「盗み見」は過失でもなんでもなく故意犯である。記者個人に責任をとらせたくないのなら、しかるべき地位にある人が代わりに辞表を出してお詫びをするべきである。朝日新聞の不祥事としては、サンゴ落書きでっちあげ事件以来の衝撃だったぜ。

2003年05月17日(土) オレがパナウェーブ教祖だったら        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 ワイドショーで大人気の白装束集団パナウェーブ研究所だが、1977年に登場した千乃正法会の教祖千乃裕子サマはこれまでの26年間いったいどんな活動をしていたのだろうか。とうてい世間からは受け入れられないカルト教団としての生きる道を考えたとき、それだけの長い時間があれば自分たちのパラダイスを日本のどこかに実現できていたはずである。

オレは宗教団体の教祖になる気持ちなど毛頭ないが、もしもオレが教祖様だったとしたら、自分たちの集団を存続させるためにどんな方法を用いればよいのかと考えてみた。自由に活動できる拠点を確保するためにはどうすればいいのか。どこかの村や町を乗っ取ってしまえばいいのである。そのための条件はこの3つだ。

1、自治体の人口規模が小さいこと。

2、大都市からそれほど離れていないこと。

3、住宅を建設するだけの土地が確保できること。 

乗っ取る村を決めたら、時間を掛けて少しずつ信者をその土地に潜り込ませるのである。大規模なニュータウン建設などがあれば新住民を全員自分たちの教団でかためてしまえばいい。そして10年以上掛けてじわじわと村のさまざまなシステムに食い込んでいく。村役場に勤めるとか、村の郵便局の職員になるとか、村の小学校に勤務するとかいうふうに。すべては秘密裏に進行させるのである。

 信者が村の人口の過半数を占めた時点で一気に村会議員選挙に打って出て、同時に教祖を村長に選んでしまうのだ。さて、こうして合法的に乗っ取った村には当然のことながら国から交付金が下賜されるのである。活動の拠点を確保できるだけではなく、活動資金まで手に入るのである。もうそうなればなんでもやり放題である。もちろん信者以外の住民は反発するだろうが、議会も村長も信者でかためられたらもはや手出しできないのである。信者でない住民が逃げ出せばますます信者の比率が高まってしまうのである。議会だけではなく、村にある学校も病院も郵便局もすべてを乗っ取ってしまえばもはやその村は自分たち教団にとってのパラダイスである。このくらいの深謀遠慮を持って千乃裕子教祖が活動してくれば、今のように流浪することもなかったわけだ。

 教祖様を電磁波から守るといいながら平気で携帯電話を使う矛盾したあの白装束集団は、これからいったいどこへ行くのだろうか。

2003年05月16日(金) 仰天!枚方ぼったくり病院        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 ぼったくりと言えば風俗店の専売特許だと思っていたが、最近では別の業種にもどんどん広がってるようだ。ぼったくりカラオケ、ぼったくり美容院、ぼったくりエステなどどんどん新手のぼったくりが出現する。しかし、病院のぼったくりには正直このオレもびっくりである。以下、毎日新聞の記事にあったできごとである。

 5月3日の夜、急患として枚方市民病院に運ばれた三歳の男の子が足の指に刺さった長さ1.5センチのトゲを抜く数分間の処置を受けた。請求額が17700円だったことに仰天した母親が伝票を確認したところ手術料が28400円と記載されていた。あまりの高さに母親が苦情を伝えると、30分後に職員が「お安くなりました」と請求額を7710円に下げてきたのであきらめて支払ったという。

 もしかしたら高級な寿司屋と同じで、「時価」だったのかも知れない。

 この病院では医療過誤や看護記録の改ざんといった不祥事が相次いだために、4月からカルテの全面開示をスタートさせるなどして全国的な注目を集めていたという。今回の事件でぼったくり病院として、世間の認知度はさらに増したわけだ。

 しかし、客に対して料金を明示している病院があるだろうか?そこに今回のぼったくりの罠が潜んでいたわけである。オレに言わせれば努力がなさすぎる。いっそのこと「明朗会計」「ポッキリ料金」を売り物にした病院を登場させてみればどうだ。電飾式の看板で「風邪1000円!」「堕胎10万円」などと入り口に表示したらお客は安心だぜ。

 実際のところ医者の技術や経験には差があるわけだから、高いけど名医だとか安いけどヤブ医者だとか、選択肢をいっぱい用意してくれる方がありがたい。ただの風邪だからヤブ医者でもいいとか、ガンかも知れないからちょっと奮発して名医に診てもらおうとか。もちろん名医だけど安い先生とか、ぼったくるけどヤブ医者とかがいたっていい。いずれ自然淘汰が進むだろうし、客がバタバタ死ぬヤブ医者はすぐに商売にならなくなるだろう。しかし、税金で運営されている市民病院がぼったくりとは、枚方市民はかわいそうである。自分の住んでいる街でなくて本当によかったぜ。

2003年05月15日(木) 日本一迷惑な犬        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 大型犬は存在そのものが迷惑である。その迷惑なものを飼ってる飼い主は、その迷惑を世間様に絶対に及ぼすことのないよう、細心の注意が必要であるし、それができないような無責任なヤツは、あきらめてチワワを飼えばいいというのはオレの持論である。

 ただ、オレの想像していた迷惑とは、人間を追いかけ回したりかみついてケガをさせたりという類だったが、まさかこういう迷惑な犬が出現するとは夢にも思わなかったぜ。事実はオレの想像力をはるかに超えていた。

 5月14日午前6時15分ごろ、大阪市北区の地下鉄南森町駅で、大型犬が改札口を通ってホームに突入した。ゲートの下をくぐっていったのだろう。駅員3人が捕らえようとしたが、犬はそのまま南の北浜駅方面に向かって軌道上を逃走した。北浜駅でも捕まえることができず、次の堺筋本町駅を過ぎて100m過ぎた地点でやっと6人の駅員に取り押さえられて警察に引き渡されたという。30分の大捕物の末のことである。犬の種類はアフガンハウンド(体高1m、体長1・3m)で首輪はついていたそうだから野良犬ではない。

こんなでかい犬を放した馬鹿は誰だ? 

 犬が前を走ってるために直後を走る電車は徐行、結局上下六本の運行が取りやめとなり、地下鉄堺筋線に相互乗り入れしている阪急京都線の電車も9本が一部区間を運休、160本に遅れが出て、15万人の足に影響が出た。その損害を金銭に換算したらいったいどれだけになるんだ。

 やい、地下鉄の運転士よ、その迷惑なクソ犬をどうして轢かなかったんだ?そんなところに入ってくる犬の方が間違ってるんだろう。おまえが「犬がかわいそうだ」という間違った判断をしたために、どれだけ多くの人が迷惑したと思ってるんだ。もしも犬に知恵があれば線路の間に身体を伏せてやり過ごそうとするだろうし、単なる馬鹿犬なら轢かれて死ぬというただそれだけのことである。そんな馬鹿犬の飼い主は恥ずかしくて名乗り出てこないだろうし、賠償を請求をされるのがわかっていて名乗り出ることもないだろう。それにしても本当に迷惑な犬である。迷わず、「日本一迷惑な犬」と呼ばせてもらうぜ。

2003年05月14日(水) 酒鬼薔薇、オレの隣には引っ越してくるなよ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件の犯人であるA少年(当時14歳)が、今年の九月にも関東医療少年院を仮退院する可能性が高いという。東邦大の高橋紳吾助教授(犯罪心理学)は、社会復帰と本人保護のために「改名や整形手術を受けるべき」と主張している。「ふざけるな!」と言いたい。逆に20歳になったのを機に、実名と顔写真を広く公表すべきだろう。

高橋助教授はおまけにこんな馬鹿げたことも語っている。

「英国では犯罪少年の矯正などに一人あたり年間2400万円というコストをかけている。改名して別人格になることは本人のためにもいい」

本気で言ってるとしたら救いようのないお目出度い人である。そこまで犯罪少年のことを思うのなら彼を自宅に引き取って面倒をみればいいだろう。あるいはその2400万円分、あんたの私財をなげうって援助してやれよ。少なくとも税金で面倒を見るなんてまっぴらごめんだぜ。高額納税者の一人として、自分の支払ったゼニがそういう外道のために使われることは断固拒否したい。

「面白半分での殺人」という大罪を犯した人間が、ただ少年というだけで死刑や終身刑になることもなく、大手を振って自由を満喫できることがいかに理不尽なことか。殺人なんかやったらその時点で人生はおしまいということをより多くの人に理解させるためにも、たった6年の少年院生活で酒鬼薔薇青年を簡単に社会復帰させてしまうことには反対だ。少なくとも自分の隣には引っ越してきて欲しくない。

どうしても娑婆に出すんだったら、隣に引っ越してきた若造がこの酒鬼薔薇なのかどうかを知るための最低限の情報は公開してくれ。顔がわかっていれば対策のたてようもある。不意打ちが一番怖いのである。それにしても酒鬼薔薇の両親は今どうしてるのだろう。殺された土師淳くんの親から損害賠償の民事訴訟を起こされて1億円払うことになった時に、月1万円にして欲しいと値切ったのだったっけ。少なくとも反省している人間の態度と言えないことは確かだ。他にもいるぜ。佐賀県のバスジャック少年のネオ麦茶とか、愛知県の「一度人を殺してみたかった」少年とか、知らないうちに隣人になっていたりして。

2003年05月13日(火) ゼニのないヤツはクルマに乗るな        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 自動車税の納税通知書が届いた。6月2日までに我が家で所有する二台のクルマそれぞれの税金、39500×2=79000円を納付しないといけないのである。このあいだ任意保険の掛け金も払ったところなのにまたまた出費だ。我が国ではクルマに乗ってるというだけでこのような懲罰的重税を課せられるシステムになっているのである。つまり、金持ちしかクルマを所有してはならないということなのだ。しかし、この道理がわかってない貧乏人が多すぎる。そういう貧乏人に限って飲酒ひき逃げなどの重大事故を起こすから始末が悪い。クルマの価格を今の10倍くらいに引き上げるとか、自動車ローンを禁止してキャッシュで払える人間だけが買えるようにして、貧乏人のクルマ所有を規制してもらいたいものである。

 貧しい人間が無理してクルマを買うとどういうことになるか、任意保険に入る余裕もなく、ガソリンを入れる金もなく、毎年納めるべき自動車重量税も払えないということになるのである。100万のクルマなら月2万の自動車ローンで買えると計算し、それだけ払えば自分もクルマを所有できると錯覚しているのである。まさに救いようのない馬鹿である。

 大阪府だけで自動車税の未納件数は18万件、金額にして69億円にもなるとか。大阪府のクルマの登録台数を約500万台とすると、そのうちの18万台ということは実に3.6%のクルマが税金を払っていないことになる。なんと、すれ違うクルマの30台に一台は脱税野郎だったのである。全く許せない話である。事故が多いのも当然だ。そういう貧乏人にまともなマナーや運転技術を期待する方がむちゃである。満足に教習を受けるゼニもなく、ガソリン代が払えないので運転経験も未熟なまま、そんな迷惑な害虫ドライバーは断固撲滅してくれ。そうすれば混雑も少しは緩和されるだろう。

 おまえら警察にはちゃんと秘密兵器があるじゃないか。道路に勝手に設置しておいて、通過するクルマの情報を集めているあのうさんくさい機械だ。なんのためのNシステムなのだ。ナンバーを読みとることができるのなら、30台に一台の割合で存在する脱税野郎のクルマを片っ端から摘発して税金をぼったくれ。払わなかったらその場で車両を没収するか身ぐるみ剥いでしまえ。ついでに没収した高級外車はオレに安く払い下げてくれ

2003年05月12日(月) もうコピー機なんかいらない        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 家で使っていたコピー機の調子が悪くなった。必ず同じところに黒いスジが入ってしまうのである。修理に出したら元通りにはなると思うが、そろそろトナーカートリッジも交換時期である。買い換えようと思って近所のヤマダ電機に出かけた。CANONのファミリーコピアという製品が2万円台で売られていて家庭用にはちょうどいい雰囲気だった。しかし、交換用のトナーカートリッジが1万もするじゃないか。ケチなオレにとってそのカートリッジの値段は高すぎた。

 何気なくパソコン用のプリンターが並んでる棚を見ていると、スキャナとプリンタの複合機、いわゆるスキャプリが目に付いた。値段も手頃である。EPSONの廉価版モデルであるCC570Lは24800円にポイント20%還元ということで実質2万以下という価格だった。インクジェットプリンタだから速度は全く期待せず、ただ「安いから」というだけの理由でそいつを購入することに決めた。

 帰宅してさっそく箱を開け、電源を入れてインクカートリッジをセットした。パソコンにはすでに接続したプリンタがあるので、とりあえずこのスキャプリは単なるコピー機として使用することに決め、性能を試すために新聞のコピーをしてみた。用紙をセットして、コピーというボタンを押すと、しばらくスキャンしてから、ウイーンとかすかな音がして紙が吐き出された。文字はつぶれずにくっきりと鮮明に出ており、思っていたよりかなり速かった。前に使っていたコピー機に全く遜色ない。

 マニュアルを読むと、縮小拡大コピーも自在にできるようである。写真のコピーも試してみた。モノクロよりはずいぶん時間がかかったが、それでも1分程度だったので許せる範囲である。こんなに簡単にカラーコピーができてしまうことを思えば、お札や保険証を偽造する馬鹿が出現してしまうのもうなずける。そして悲しいことは、このスキャプリを買ったため我が家に存在したプリンタ・スキャナー・コピー機の3つが同時に不要になってしまったことである。よく異音を発して停止するプリンタ、時代遅れのSCSI接続スキャナー、黒いスジが入ってしまうコピー機、このガラクタを高値で引き取ってくれる親切な方はどこかにいないものか。

2003年05月11日(日) パンダとやった女        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 パソコンでときどき暇つぶしにゲームをやることが好きなあなたは、パンダとやったことがあるだろうか。

 富士通やシャープのパソコンを購入すると「GAMEPACK 2000」というものがインストールされている。(今は2002や2003になってるのかも知れない)そこに入ってるゲームも五目並べとか大富豪とかばばぬきという子供だましのものばかりである。大人が熱中するようなものではない。しかし、ときどきオレが真剣に挑んでしまうのがエアホッケーというゲームだ。

 その昔、エアホッケーといえばゲームセンターの片隅によくおかれていた巨大な忘れ去られた物体であった。しかし、恋人と二人でこの遊びに熱中して汗を流すという行為は、そのあとのもっと気持ちのよい遊びの導入部分の楽しみとしてなかなか有効だったものである。浴衣姿のチラリズムを楽しむ温泉旅館の卓球みたいなものである。

 このエアホッケーというゲームには練習モードと勝ち抜きモードの二つが存在する。勝ち抜きモードの対戦相手としてまずが出現する。動きがのろくて弱すぎて話にならない。そいつに圧勝すると今度はネズミが登場する。このネズミは果敢に前進して攻めてくるが、ゴール前の防御が弱い。そのスキをついて簡単に倒せる。次にウサギが出てくる。適度に強いが倒せないほどではない。ウサギを倒せば、今度はが出てくる。熊に見えるのはオレの勘違いでもしかしたら犬なのかも知れない。とにかく熊はなかなか強いのだが、困難の末に倒したとき、最強の敵キャラであるパンダが登場する。とにかく強い。動きも速く、正確にこちらのゴールを狙ったシュートを炸裂させてくる。

 まだオレはパンダには一度も勝ったことがない。この日記を読んでいる方の中で、パンダとやったことがある方はおられるだろうか? もしもパンダとやったことがあって、しかも勝ったという人がいるのなら教えて欲しい。もっと強い敵キャラは果たして存在するのか。

 少なくともオレが実際に知ってる方やメール交換したことのある方の中にはまだパンダとやった女は一人もいない。オレはパンダとやった女をさがしている。

2003年05月10日(土) 激安!CDRが一枚5円        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレはクルマの中で音楽を聴くとき、パソコンで作成したCDから聴くことにしている。休日などにまとめて大量にレンタルしてきた音楽CDから取り込んだデータを家のパソコンのHDDにMP3形式で保存しておき、そこから適当に編集して「通勤用音楽CD」を作成するのである。

 ところが最近はCCCD(コピーガードCD)が増えてきて、気に入った曲を店で借りようと思っても、そこには無情にも「コピーガード」の文字があることが多い。そういう時はあきらめて借りるのをやめる。どうせ3ヶ月もすれば中古CDとして一枚100円くらいで売られていたりするからである。記録メディアは安ければ安いほどいい。しかし、保管したり移動したりすることを思えば、「一枚ずつケース入り」のCDRが望ましのである。いくら安くても、ケースなしで紙封筒入りのCDRメディアはなんだか記録面を傷つけてしまいそうで抵抗がある。

 中には「TDKじゃないとダメだ」とか「太陽誘電しか買わない」とこだわりのある方も居られるようだが、オレは「安ければどれでもいい」という姿勢である。しかし、最近のCDRメディアははっきり言って安すぎないか?安いことはいいことなんだが、一枚50円くらいなら別に払ってもいいとオレは思ってるのである。その一枚には80分もの音楽が詰め込めるのである。ある程度のコストを支払うのが利用者の示せる誠意というものだろう。

 仕事の帰りについフラフラと日本橋に立ち寄ったオレは、いつものように怪しい商品群を物色した。480円のスクロールマウス(玉式)、680円のどう考えても偽物としか思えないマイクロソフトマウス、980円の光学式マウス、390円のUSB接続携帯電話充電ケーブルなどがあった。その中でオレは、一箱10枚入り298円(しかも一枚ずつケース付き)のACER製のCDRを見つけた。基準価格をはるか下回る値段だったので迷わず購入した。CDR一枚あたり約30円だ。しかし、この薄型CDケースは、ダイソー100円ショップでは4枚入り100円(つまり一枚25円)で売られているのである。ケース付きCDRが一枚30円、ケースが一枚25円ということは、CDRメディアだけの価格は一枚5円ということなのか!デフレのあまりの深刻さに、オレは恐怖にも似た感情を味わったのであった。

2003年05月09日(金) 三浦和義を差別するな!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 たかが880円の雑誌を盗むという犯罪が、全国的に報道されワイドショーで取り上げられ、主要な新聞すべてで報道されるような事件だろうか。もちろんオレは万引きという犯罪を肯定するわけではないし、万引き犯人を擁護する気持ちも全くない。

 たまたま犯人があのロス疑惑の三浦和義であったというだけで、この過熱した報道ぶりはいったいどういうことだ。そして、万引きと殺人は全く異質の犯罪であるのにも関わらず「やっぱり殺人もやっているはずだ」などと自信満々で語る人までいる始末だ。どうしてそこまで憶測で語れるんだ。少なくともオレの考えは逆だ。

「万引きをするようなヤツは人殺しだってする」

というのはどう考えてもむちゃだ。

「人殺しをするヤツにとっては万引きなんて罪のうちに入らない」

と言うのならオレも賛成するが。

 三浦和義氏が本当に殺したかどうかは別として、実際のところ世の中にはさらし者にしてやらないといけない外道がたくさんいる。そいつらを放置して、一人の万引き犯をしつこく報道し続けるマスコミの姿勢こそどうかしているぜ。

 たった880円の雑誌を盗んだと一日に何度もニュースで大写しにされるかわいそうな人間がいる一方で、婦女暴行殺人などという大罪を犯したド外道でありながら未成年というだけで名前も出されずもちろん顔も写されず、たった十数年の刑で許される不公平さえ存在するのだ。

 外務省という悪の巣窟で、税金を私物化して蓄財し放題だった奴等の中でいったい何人がさらし者になったんだ? 競走馬に愛人の名前をつけていた馬鹿を見せしめにすることで他のチンケな連中は免罪されたも同様だったじゃないか。

 そんな差別的な扱いに関して三浦和義氏は正当に抗議する権利がある。過熱報道している連中を訴えて慰謝料をたんまりと分捕ってやれよ。「起訴猶予」になる程度の微罪が、新聞で大きな紙面を割いて報道されるに値する事件ではないと堂々と主張してくれよ。それにしても逮捕されたら財布の中身までバラされてしまうんだな。25万円も入っていたのか。三浦さん、あんたはやっぱり金持ちだよ。オレの財布なんかふだんはせいぜい2万円くらいしか入ってないぜ。

2003年05月08日(木) 誰がタマチャンの釣り針を抜くのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 埼玉県の荒川に現れたアゴヒゲアザラシのタマちゃんの右目近くに目尻に釣り針が刺さっている。マナーの悪い釣り人がそこら中に使用済みの釣り針を遺棄するものだからこんなことになってしまうわけだが、一匹の野生動物がどうなろうとオレはどうでもいいのである。オレの興味はそのアザラシがもたらす経済効果が社会にどのような影響を与えるかだけである。

 人間サマにものすごい不都合が生じていてもなかなか改正してくれないくせに、たかだか一匹のアザラシのせいで改正された先月16日施行の改正鳥獣保護法でアザラシは保護野生生物に指定されている。そういうわけで環境省と東京、埼玉、神奈川、千葉の1都3県は先月30日、鳥獣保護担当者による「アザラシ保護広域担当者会議」を設置。アザラシがけがをした場合などに保護のため捕獲すべきかどうか、専門家の意見を踏まえて判断することを申し合わせていたという。全く馬鹿馬鹿しい話である。

たかがアザラシ一匹に何を大騒ぎしてるんだと言いたいところだが、タマちゃんに「西タマオ」という名前があり、横浜市西区民としての住民票が発行されているとあれば話は別だ。西区はタマちゃんに国民健康保険証を交付しなければならないし、医療費がかかればそれを負担する義務も生じるわけである。もちろん無収入のタマちゃんには保険料を納付する義務はない。

 今のところ、捕獲して釣り針を抜くことの困難さが報道されているが、警戒を解くためにアザラシ型のぬいぐるみに人間が入って泳いで近づくとか、溺れないように陸に上がったところを狙って吹き矢で麻酔針を撃つとか工夫すればいいのだ。当然それらにかかった経費も横浜市西区の負担となる。そのかわりタマちゃんを使ったCMなどが撮影されれば、西区はその収入から保険料を徴収すればいいだろう。

 統一地方選挙のことも気になる。アザラシの年齢など不明だが、もしもタマちゃんの年齢が20歳以上なら選挙権も生じるわけだ。25歳以上なら被選挙権も与えないといけない。「川をきれいに」などという公約を掲げて市議選に立候補してもよかったのだ。外国人登録証を与えるべきところ、なんの根拠もなく住民票を与えてしまったわけだから、担当者は最後まで責任を持てよアホ。

2003年05月07日(水) 安全なお金儲けの方法教えます。        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 低金利時代の今は銀行に預けても全然増えないどころか引き出すたびに手数料にぼったくられて減ってしまう。それくらいならいっそのこと株でも買った方がいい。どこの株を買えばいいのだろうか。今、日本でもっとも勢いのある企業はどこか。絶好調なのは首位を独走する阪神タイガースの親会社、阪神電鉄以外に考えられない。その株を買うのである。

阪神電鉄の株価は安値の時は290円〜300円くらいである。ところが野村監督就任一年目に阪神が首位を走っていた頃、株価は50%も上昇して470円台を突破していたのである。1992年に最後までヤクルトと優勝争いをしたときの株価は600円台、実に100%の値上がりだったのである。そして1985年の優勝時は株価は1000円、3倍以上も値上がりしたらしい。ところが現在の株価はまだ330円台、安値の水準からまだ10%しか値上がりしていないのだ。これはまだまだ十分に上昇が見込めるのである。今から投資しても絶対に遅くはないのだ。

なぜ野球の成績と株価が連動するのか、それは次のように説明できる。甲子園球場にやってくる5万の観衆はほとんどが阪神電鉄を利用する。往復で500円の切符を買うとして、2500万円の売り上げだ。入場料が平均2500円と仮定して、五万人で1億2500万円になる。また試合を見ながら客はビールを飲みおつまみを買い、弁当を喰い、ジェット風船を飛ばす。一人あたり千円は使うとすれば、五千万円の売り上げだ。一試合当たり2億、主催試合70試合としてなんと140億円もの売り上げがあるのである。

連休の間、阪神百貨店のタイガースショップは平均千二百万円の売り上げがあったという。関連企業も収益を上げて景気がよくなって、ますます阪神電鉄の乗客も増えるのである。

この説明を聞くとたちまち阪神電鉄の株が買いたくなっただろう。ただ、単位株は千株だから株主になるには最低でも33万余の資金が必要だ。もちろん一千万でも一億でもつぎ込んでもらってけっこう。他のギャンブルとの大きな違いは、負けても全額失うことはないというリスクの低さである。失ってもせいぜい一割、勝てば倍増以上という安全なギャンブルなのだ。さあ、みんなで一緒に儲けようじゃないか。もしも予想通りにならなかったらその時は許してくれよ。株に「絶対」の文字はないんだから。

2003年05月06日(火) 巨乳をブームにしたヤツは誰だ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレはやっぱり「薄幸の美少女」タイプが好きだ。ほっそりした肢体にほとんど膨らみのない平らな胸、そういう女性になぜか心惹かれてしまうのである。しかし、今の日本は巨乳ブーム真っ盛りなのである。テレビでも雑誌のグラビアでも人間なのか乳牛なのか紛らわしいホルスタイン女どもが我が世の春を謳歌しているのである。その上、周囲の脂肪を詰め込んで胸の隆起を大きく見せるブラなどが100%近く普及しているせいで、街で貧乳の女性を見ることなどもうほとんどないのである。

 そうしたなんとも悲しい状況の中で、オレは今日借りてきたビデオでなつかしの貧乳に出会えて思わず安堵したのである。ビデオの題名は
「至福のとき」、「初恋の来た道」で有名になったチャンイーモウ監督の作品だ。作品を簡単に解説したい。

 近代化が進む中国・大連。中年の労働者チャンは太った女性とお見合いするが、彼は工場をリストラされて失業中なのに社長だとホラを吹く。お見合いをした彼女の家には甘やかされた息子のほかに、前夫の連れ子である盲目の少女が住んでいた。厄介払いをしたい彼女はその少女をチャンに押しつける。少女の境遇に同情したチャンは、彼女を会社の寮と偽って自分のアパートに連れて行った。按摩が得意だという少女に仕事を世話してあげようと工員仲間の協力で工場にニセの按摩室を作り、チャンから心づけ用の5元紙幣を受け取った仲間たちが、客に扮して順番にここを訪れた。少女は一生懸命働いた。お客さんたちが気持ちよさそうに眠りこけると、自分まで癒されたようで嬉しくなった。もっともっと働いてお金が貯まったら、蒸発した父親を探し出し、目を治したい。そして、最初に見たいのは、父親とチャン社長の顔。そう聞いてチャンは涙ぐんだ・・・・・

もう説明は不要だろう。このヒロインがオレ好みの貧乳の美少女なのである。シャワーを浴びた後の彼女が下着姿で出てくる場面でオレは「おおっ!」と思わず感動の声を上げそうになったくらいである。いや、そんなところに喜ぶ楽しみ方は邪道だ!この作品はちゃんと内容に感情移入して、見終わったらお約束通りに泣かなければならないのだ。もちろんオレもビデオを見ながらそっと涙をぬぐった。

2003年05月05日(月) 日本外道博物館の建設を        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オウム松本智津男の国選弁護料が4億円を超えたという。国家の宝ともいうべき正義感あふれる坂本弁護士を殺害し、二度のサリン事件を起こし、すでに国家に多大な損害を与えたド外道がさらに国費を無駄に使っているのである。

 その一方でオレのように社会によい貢献をしているまっとうな市民に国費を使ってガソリン代や通信費を援助してくれるということは絶対にありえないのである。逆にまるで懲罰としか思えない高額の税金がぼったくられるのである。こんな不公平なことがオレは我慢できない。「善人からまきあげた税金を悪人のために使う」ことは断じて許せないのだ。

 このような税金の無駄遣いを防ぐためにまず考えられる方法は、死刑以外の判決が考えられない重大犯罪の裁判をスピードアップさせ、一週間くらいで判決がでるようにしてすぐに死刑を執行してしまうことだ。池田小学校に無差別テロを行った宅間守に死刑以外の判決が下ることなどありえないように、犯人がはっきりしていて社会的に許し難い大罪の場合は「即決死刑」制度を導入するのだ。

 ただ「死刑」ではもう人々は満足しない。あんな重罪なのにふつうの死刑なんて軽すぎるじゃないかと不満をぶちまける人も多い。しかも、事件によって失われた損害は少しも回復できていないのである。そこでもう一つの提案である。歴史に残るような大罪を犯した連中を収容して見せ物にする「日本外道館」を造るのだ。

 冷房も暖房もない独房で、死ぬまでただ無為の時を過ごす外道たちの姿を、来館者はモニター画面を通じて眺めることができるのである。案内パネルには彼らがどのような犯罪を起こしたかを解説し、ボタンを押すと外道たちの肉声が流れる。入場料はすべて犯罪被害者救済にあてればいい。松本智津男、宅間守、林真須美など誰もが認める外道たちは外道館の収益に大いに貢献するだろう。また、この制度なら死刑廃止を叫ぶ人たちもきっと賛同してくれるだろう。

 入館者は別に終身刑に限らずともよい。税金を私物化しててめえの利権のために使う国賊政治家や汚職官僚は「外道館短期収容」という罰を与えればいい。連中にもしも「恥」という概念がカケラでも残ってるなら、政治腐敗の解消にも少しは役立つだろう。

2003年05月04日(日) 「売春」という産業にも課税せよ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オーストラリアでは売春産業は合法である。その最大手である「デイリープラネット」という巨大売春チェーンが株式上場されて話題になっている。「公序良俗」というものにやけにうるさい日本では考えられないことだが(その一方で政治家が愛人との変態行為で週刊誌の特集になっているのも笑える。)暴力団のヒモが介在し女性から搾取している日本の状況のほうがより問題であるとオレは思っている。中国や東南アジアから人身売買同然に売られてきた女性が死ぬまで働かされる国(浅田次郎の小説「ラブレター」にそういう話があったぜ)にまっとうな公序良俗などあるわけがないだろう。

 たとえば女性が一回の売春行為で3万円という収入があるとする。このうち2万円がヒモに搾取されるとすると、一日に10万円稼ぐためには10人の客を相手にしなければならないということになる。そうなると疲れるしサービスも低下するだろう。そのような劣悪な労働環境を改善するために国家が管理すればどうだろうか。つまり、3万円のうち1万円は国に税金として支払われ、残り2万円が女性の手元に残るというシステムにするのである。いっそのこと、売春宿を公営にして売春婦をすべて公務員にしてしまうのである。もちろんお役所に短期アルバイトがいるように、大学生や主婦の短期アルバイトも可能にするのだ。バイトの賃金は正社員よりも安いのは当然だから、3万円のうちバイトの取り分は1万、国が2万にするとか。

 公営の売春宿では性感染症を防ぐために定期的な検診を義務付け、ぼったくりも存在しない世界一安全な店であることを強調する。その一方で歌舞伎町や吉原の「非合法店」を撲滅してしまうのだ。そうなると公営店以外の選択肢がなくなるので風俗産業すべての売上が公営店に集中することになり、莫大な税収が転がり込むだろう。またそこで働く女性にとってのメリットもある。公務員という安定した身分と収入の保証は、偏見や差別の解消に役立つ。もしかしたら「床上手」ということでお見合いのときに高く評価されるかも知れないぜ。

 ただ、一点だけオレが恐れることがある。それは安定した身分を手放さずに女性がいつまでも辞めないことである。公立の幼稚園や小学校を見ればわかるだろう。売春婦がみんなババアばかりになってしまったとき、それは世の男性にとって大いなる絶望をもたらすであろう。

2003年05月03日(土) 洪水になったら流されろ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 住民投票の結果、圧倒的多数の反対でもはや消え去ったはずの吉野川第十堰の可動堰化工事は実はまだしぶとく生き延びていたようだ。利権に群がる土建議員どもの陰謀で不信任されてしまった大田正知事が再出馬した出直しの知事選挙で、自民党は県民環境部長の飯泉嘉門氏を推薦して、150年に一度の洪水に備えるという、いわばゼニをドブに捨てる工事の復活を企んでいる。

 議会の不信任→知事選挙という流れは長野県と同じだが、果たして徳島県民が「社会正義」にちゃんと目覚めているのか、あるいは公共事業でばらまかれるゼニに目がくらんで投票する馬鹿ばかりなのか、その行方が注目されるのだが、別にオレの住む街ではないからどうでもいい。

 ただ、オレが支払った税金がそんな馬鹿工事に使われるのは気分悪いから、どうしても作りたいのなら国からゼニを引っ張らずに徳島県民が自前で事業費の三千億円を負担してくれと言いたい。九百億円かかるという徳島空港の改修も同様だ。国からのお恵みをあてにし続ける田舎者どもにはつくづくあきれるぜ。しかし、こんな不況の世の中で土建議員が絶滅しないのは、やはり国土交通省というクソ役所のせいなのだろう。

 こいつらが執着している「スーパー堤防」ってみんな知ってるか? 五十年に一度、百年に一度という洪水の防止のために日本中でやりまくった治水工事もほとんどやりつくして造るものがなくなったので、今度は堤防の幅を50〜100mくらいに広げてその上に宅地造成をしたり、誰も利用しないハコものをおっ建てるという極めつけの馬鹿工事だ。いったいどれだけゼニを喰うのか想像も付かないのだが、淀川の枚方大橋付近や大和川でこの馬鹿工事はすでに開始されているんだぜ。

 オレに言わせれば、川の近くに住むということは初めからリスクを背負ってるということなんだ。万一洪水になったらあきらめろ!それがいやだったら絶対に水害に遭わないように富士山頂にでも住んだらいいだろう。自分やご先祖サマが地価の安い川の近くにわざわざ家を手に入れたことは自己責任であって、国民の税金を使って守ってやる必要などちっともないのである。それにしても国土交通省というクソ役所は存在そのものがガン細胞みたいなもんだな。亭主の下半身暴走も制御できない白塗り大臣扇千景もなんとかならんのか。

2003年05月02日(金) 税金を払わないヤツは差別しろ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 サラ金や闇金融の取り立ては過酷だが、税金の取り立てほど手ぬるいものはないらしい。大阪府の美原町で、約20年間にわたって税金と国民健康保険料の支払いを拒否している自営業の男性(60)に対し、町は徴収を行わないなどの特別扱いをしていたことが5月2日、分かった。滞納総額は住民税など税金が約750万円、家族を含めた保険料が約600万円。税金については今も督促状を送っているが、説得を試みたのは95年ごろが最後。不動産の差し押さえなどは行っていないという。また国民健康保険料の滞納者は役所に呼び出して保険証を手渡しているが、男性には完納者と同様に1年間有効の保険証を送り続けていたという。

なぜそんな失態を隠し通さなかったんだ?それを知れば他の町民も皆払わなくなるじゃないか(笑)。

 オレのような源泉徴収でぼったくられる高額納税者から見ると、こんなゴネ得の脱税野郎だけは絶対に許せないぜ。国民は大きく三つに分類しろ。

1、ある程度の収入があって税負担に耐えられる者。
2、収入がないか、あっても一定金額以下のために税負担を免除される者。
3、税負担に耐えられるのに故意に払わない非国民。

 ここで3に分類される非国民からは一切の国民の権利を剥奪してもらいたい。警察も救急車も公立学校も、すべて税金で運営されてるサービスは一切受けられないようにしてくれ。空き巣に入られても捜査しなくていいぞ。パスポートも発行するな。なにしろ「非国民」だから国民としての庇護を受けようという方が間違ってるんだぜ。公道を通行する権利も与えるな。家庭のゴミも収集するな。火事になっても燃え尽きるまで消火するな(いちおう類焼だけは防げ。)家の玄関には「ここは税金を払わない非国民の家です」というプレートを取り付けろ。国民じゃないのだから戸籍も廃止しろ。それくらい差別してやってはじめて連中もの意識が芽生えるだろう。

 税さえちゃんと払えばいつでも「国民」に復帰させる。当然のことだが、在住する外国人も日本国に納税すれば国民と等しい権利を付与すべきだ。ついでに1の国民には投票の時に一人で2票分とか、交通違反をしても年3回までならお咎めなしなどの特権を与えてくれ。

2003年05月01日(木) ヘボ審判は即刻辞めさせろ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 プロ野球のおもしろさを台無しにするヘボ審判は即刻クビにするべきである。そもそも一年間の半分しか仕事をしていないのに基本給として約800万円が保証され、出場手当を加えると年収3000万近い人もいるという一般人から見れば破格の高給取りである彼らにはその待遇に見合った仕事の中味が求められるはずだ。しかし、最近の審判のひどさは目に余る。

 4月30日のヤクルト−横浜5回戦のこと。8回先頭打者ラミレスの大飛球はバックスクリーン手前のフェンスの最上部付近に当たって跳ね返った。しかし、二塁塁審の小林毅二は、バックスクリーンに当たった本塁打と判断し腕を回した。ラミレスはそれを見て速度を落としてゆっくりと走っていたが、センター金城からの返球で三塁でタッチされた。それでも塁審が本塁打と判断したため、ラミレスはいちおう本塁ベースを踏んでからベンチに戻ったのである。

 しかし、審判団の協議の結果、本塁打の判定が覆った。ヤクルトの若松監督が抗議したが、小林塁審は場内アナウンスで「私は本塁打と判定しましたが、他の3人がフェンスの上部に当たって跳ね返ったというので打者走者はアウトとして再開します」と説明したのである。なんでアウトなんだ?。本塁打と判定した時点でボールデッドである。誤審を認めて再開するなら走者二塁で再開するのがスジだろう。なんとも納得のいかない判定であった。

 伝統芸能である大相撲でさえもビデオという文明の利器に頼っているのである。はるかに歴史の浅い野球が相変わらず「審判の目」という不確かなものだけを唯一の拠り所にしているのは納得いかない。

 この際、補助的にビデオ導入なんて中途半端なことではなく、完全に機械化してしまえばどうだ。ホームベースにセンサーを埋め込んでボールがその真上を通過したかどうかをチェックできれば、主審はボールの高低だけを判定すればいいわけだ。アウト・セーフの判定も数方向から撮影したビデオ映像から機械に瞬時に判定させる。セーフの時はベースに青ランプが点灯し、アウトの場合は赤ランプを点灯させるとか。そうすれば誤審を繰り返すヘボ審判はすぐに明らかになる。選手は一瞬のプレーに生活が掛かってるのである。誤審率の高い審判はシーズン終了時にクビにすればいいのだ。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン