サッカー観戦日記

2016年04月30日(土) 関西学生リーグ第4節 桃山大−立命大 阪南大−びわこ大

関西学生リーグ第4節
桃山大−立命大
4月30日 西京極 11時30分 ピッチ良 晴


桃山大          立命大
−−−−岡−−中井−−− −−−木藤◆欹玩牒−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
田中F憶爿−石黒−松枝 中野9眸−−清水T∧
岩崎山添−石津∪床−芝9盡境◆歟咯勝歛臈
−−−−−石原−−−−− −−−−−白坂◆檗檗檗



桃山大 監督:松本直也
GK 31 石原祐樹  181/74 94/06/28 4年 神戸U−18
DF  4 岩崎尚将  177/78 96/03/11 3年 九州国際大付属
    2 石津優介  182/74 96/11/13 2年 広島Y
   38 山添健太  180/73 95/04/26 3年 神戸U−18
   45 西岡潤            3年 大分トリニータU−18
MF 22 石黒優哉  181/70 94/06/24 4年 C大阪U−18
    7 堂園和馬  175/65 95/09/10 3年 神戸U−18
   16 松枝功起  175/64 95/01/30 4年 広島皆実
   13 田中雅人  166/56 96/03/12 3年 ルーテル学院
FW 10 中井涼太  168/60 95/01/16 4年 大阪体育大学浪商
    9 岡佳樹   184/73 94/04/26 4年 東山
リザーブ
GK 41 中村正識  186/75 94/07/16 4年 滝川第二
DF 17 永田来樹  184/77 95/08/27 3年 セレッソ大阪U−18
   27 香川一喜  175/70 96/03/01 3年 前橋育英
MF 55 徳永晃太郎          2年 立正大淞南
   11 岩井健人  167/62 96/03/18 3年 滝川第二
FW 19 中林一樹  175/70 94/06/02 4年 香川西
   24 小松光樹           2年 立正大淞南

立命大
GK  1 白坂楓馬  180/80 96/12/05 2年 桐光学園
DF 24 芝丈寛   169/60 95/11/03 3年 瀬戸内
   18 高原昴兵  182/72 96/09/01 2年 滝川第二
   22 池松大騎  188/80 95/03/12 4年 京都サンガF.C.U−18
    4 大田隼輔  177/69 94/05/02 4年・主将 桐光学園
MF 13 中野匠   168/60 95/10/14 3年 サンフレッチェ広島ユース
    6 清水航輔  175/66 95/04/18 3年 京都サンガF.C.U−18
    7 高畑智也  163/58 94/12/02 4年 滝川第二
   10 國分伸太郎 172/62 94/08/31 4年 大分トリニータU−18
FW  9 木藤舜介  180/81 96/12/04 2年 東福岡
   25 佐當慧   159/52 96/03/25 3年 清風
リザーブ
GK 21 宮脇貴史  168/68 95/01/14 4年 立命館高
DF  3 宮田寛也  179/69 94/11/25 4年 洛北
   17 浅田裕貴  171/65 94/04/29 4年 京都サンガF.C.U−18
MF 11 蒲生幹   172/65 95/07/31 3年 コンサドーレ札幌U−18
   33 竹本雄飛           1年 サンフレッチェ広島ユース
    5 藤本心   167/61 94/04/14 4年 市立船橋
FW 32 築山隼            1年 久御山



桃山大は今期観戦3回目なのでだいぶ特徴が分かってきている。3トップは中井が技巧派でセットプレーも任されるキック精度がある。岡は力強く、足元も確かで、点を狙う感覚もある。田中は攻守に奮闘。㉒石黒と堂園は力強くポジショニングが正確で特に守備面で効いている。と言うか、中盤の守備意識が全体的に高い。これをつまらないサッカーという人はいるだろうが、関西学生リーグの中には、がっちり守るカウンターサッカーのチームもあった方が魅力的なリーグになると思いますよ。対する立命大はЧ眸が左足でプレーメーカーになり、大きく展開したり、確実に繋いだり、自ら運んで決定的なパスを出したりと大黒柱。㉒池松は圧倒的な高さが魅力。岡も潰せている。木藤はパワフルだが、桃山大が人数をかけて守るので孤立気味。それでも構わず当ててしまえばいいのに、とは思うが、
立命大は木藤をあまり使わず、サイドを使う。ただし桃山大がサイドも蓋をしていてクロスが上がらない。4分、立命大、國分が右を破りクロスに大外で中野ヘッドはセーブ。7分、立命大中野シュートは正面。立命大ペース。桃山大も狙い通りの守備的サッカーだが、シュートを撃たれてはいけない。10分、立命大㉒池松から桃山大中井がカット、右フリーの岡が難なく決める。1−0。池松は絶対にやってはいけないミス。逆に中井はしつこいいい守備。12分、桃山大木藤ポストプレーから中井シュートは外れる。14分、立命大、右CKでЧ眸の正確な左足。逸機。20分、立命大、清水の横パスを桃山大岡カット、立命大温盡仰戮后7萃蟲 ノーファウル。正しい判定。26分、桃山大、左FKご篋蠅寮騎里丙限、逸機。30分、立命大中野の左クロス、カットで左CK。國分が右足で担当。31分、立命大㉕佐當に警告。レイトタックル。34分、立命大中野から一気に國分へ、流れる。いい展開。37分、立命大中野裏へ、木藤がいい動き出しからシュートに行くがコース防がれる。38分、桃山大中井が裏へ鮎昌泙貌呂す。今度は鮎昌泙らいいタイミングで上がった㊺西岡へ、しかし惜しくもオフサイド。45分、木藤ポストプレー、國分シュートは上に外れる。結局前半は1−0.

前半シュート数5(2)対5(4)、CK数1対5、GK数1対3、オフサイド数1対0、クロス数3対3、ファウル数7対8、FK数1対1。まあタフな守り合いだったのではないでしょうか?両者CFが流れから消されていた。

後半開始。46分、立命大ぢ臈弔留Εロスに木藤高いヘッド、1−1。50分、立命大Ч眸ミドルは正面。53分、立命大左CK、國分の右足は逸機。57分、立命大清水ロングは上に外れる。桃山大㊺西岡が守備的サイドバックとして奮闘。59分、立命大スルーパスに中野が中に入れ國分ボレーは上に外れる。61分、桃山大鮎昌泛岩井。そのまま右ハーフに。立命大㉕佐當ミドル、なかなかいいシュート。65分、桃山大田中から堂園ミドルは上に外れる。67分、立命大中野→蒲生。中野はだんだん突破できなくなっていた。ダッシュを繰り返す走力はなかなかだった。㉔芝がタメて蒲生へ左クロスにファーで詰めるがオフェンスファウル。76分、立命大木藤→㉜築山。木藤は走れなくなっていた。もともと走るタイプではないが。築山は昨年強かった久御山高校のCFだが、1年生でベンチ入りするとは。パワーはないが動き出しが抜群でゲームを決められる選手。いわゆるリアルストライカー。78分、桃山大中井→鈎耄咫バランスのとれたFWでパワーもある、岡への負担を減らす意図か?岡は身体を張るプレーばかり要求されていたが、フィニッシャーとしてのプレーが出来てない。83分、立命大Ч眸津コムも潰される。83分、Ч眸→テK棔2我?87分、立命大左クロスに大外で鈎耄唸腓錣擦襪右サイドネット。結局1−1でタイムアップ。

後半シュート数3対6、CK数1対1、GK数6対4、クロス数6対8、ファウル数3対10、FK数0対1。後半は立命大ペースだったが桃山大の守備の奮闘の前に攻略しきれず。面白いゲームでした。

公式記録





関西学生リーグ
阪南大学−びわこ成蹊スポーツ大学
西京極 ピッチ良 晴


阪南大          びわこ大
−−−前田−−脇坂−− −−−田路−−熊田−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
外山−重廣−藤原三田 堂安森山−松尾−田村
新井−大野◆盜暖紂歸爪次〜昇田−宮−山本L田
−−−−−黒木−−−−− −−−−−宮崎−−−−−



阪南大
GK  1 黒木優佑  178/78 94/06/25 4年 奈良育英
DF 19 田渕大貴  172/64 94/05/27 4年 大阪桐蔭
    5 甲斐健太郎 180/66 94/11/01 4年 立正大淞南
    4 大野佑哉  179/66 96/08/17 2年 山梨学院
   32 新井幹人           4年 青森山田
MF 22 藤原奏哉  169/59 95/09/09 3年 ルーテル学院
    8 重廣卓也  177/60 95/05/05 3年 広島皆実
    9 三田陽介  159/50 94/05/05 4年 帝京長岡
   11 外山凌   177/69 94/07/29 4年 前橋育英
FW 14 脇坂泰斗  172/64 95/06/11 3年 川崎U−18
   13 前田央樹  178/78 94/04/09 4年 福岡U−18
リザーブ
GK 21 渡邉健太郎 175/74 95/08/09 3年 愛媛FC・Y
DF  2 長谷川隼  178/72 97/09/14 1年 川崎U−18
   30 秋山翔            2年 ジェフユナイテッド市原・千葉U−18
MF  7 江坂巧   169/60 94/06/23 4年 神戸弘陵
   17 松尾雄斗  165/63 95/11/13 3年 札幌U−18
FW 10 山口一真  175/70 95/01/17 3年 山梨学院大附
   15 草野侑己  169/64 96/07/21 2年 JFAアカデミー

びわこ大
GK 21 宮崎正明  176/70 94/07/28 4年 社
DF 13 曽根田穣  175/68 94/08/29 4年 愛媛FC・Y
    5 宮大樹   185/78 94/04/01 3年 清明学院
    3 山本義道  185/73 95/07/25 3年 作陽
   23 柳田健太  171/70 95/12/27 3年 熊本Y
MF  9 堂安憂   170/65 95/12/14 3年 創造学園
   24 森山雄平           3年 八頭
   10 松尾和樹  173/68 94/04/22 4年 四日市中央工
   32 田村大樹           4年 四日市中央工
FW  8 熊田克斗  164/60 95/06/17 3年 立正大淞南
   14 田路大樹  168/68 94/05/05 4年 立正大淞南
リザーブ
GK  1 田中勘太  
DF 27 佐藤拓真  182/72 95/07/15 3年 立正大淞南
   22 中濱颯斗           1年 神戸弘陵
MF 12 荒木大輝  172/65 95/04/22 3年 旭川実
   16 青山景昌           1年 名古屋グランパスU18
FW 17 上村大悟           1年 立正大淞南
    6 清川流石  176/72 96/07/20 2年 愛媛FC・Y



お互いにプレスからの早い攻めを身上とするチーム同士の対決。激しいがフェアな潰し合いを立ち上がりから演じる。4分、びわこ大┠田がミドルは正面。このカード、なかなかシュート撃てないからとりあえず立ち上がりに撃っとけ、的なシュート。7分、阪南大、ス暖紊大きく左にロングボール、ペナ内左寄りで受けた前田が目の前のDFを抜き切らず強振、右サイドネットに突き刺さる。1−0。前田のキック力が生きたゴールだった。11分、阪南大、右で受けた前田が右クロスはでカット中でカット。前田いい判断。前田は身体の強さを活かした中央でのプレーが得意だが、突破できるタイプではない。しかし出来ることと出来ないことをよくわかっている。12分、阪南大レフティー㉜新井の左クロス、こぼれス暖紊狙うがブロック。決定機。14分、阪南大ス暖紂判断ミスで奪われ、びわこ大田路、左で1対1、右に外す。超決定機。17分、びわこ大、サイドチェンジをミス、阪南大脇坂へ、前田へのパスを狙うが、GK㉑宮崎が出てカット。20分、阪南大ペナ内前田が強シュートも正面。決定機。22分、びわこ大、右FK、クリア。その流れを松尾シュートもブロック。阪南大脇坂が右に展開し三田が右クロス、ファーで折り返すも合わず。三田は小柄だが小技に長けたタイプ。上松中から帝京長岡という進路からフットサル経験がありそうな気がする。びわこ大曽根田がターンから松尾、田路へ、左CK。これは堂安が担当。直後にも曽根田のカットから堂安へ、田路へのパスを狙うがカット。曽根田はびわこ大で一番プロに近いと思う。爆発的なスピードと、トップスピードでもぶれない技術がある。昨年まではサイドハーフだったが、上ではサイドバック向きだと判断してポジションを下げたのだろうか?30分、びわこ大三田から脇坂へ、左クロスは合わず。32分、阪南大のパスを田路カットも1対1を抜けず。阪南大外山、左クロスは右CKへ。㉜新井が担当。37分、阪南大脇坂が裏を取るがオフサイドゴール。39分びわこ大曽根田から阪南大脇坂カット、右シュート、右CKへ。これは逸機。41分、びわこ大┠田、ターンからシュートはブロック。右CKへ。しかし阪南大のゾーンを破れず、ヘッドは上に外れる。46分、びわこ大松尾に警告。ラフ。前半は1−0で終了。

前半シュート数4(3)対5(2)、CK数5対3、GK数5対3、オフサイド数1対0、クロス数7対3、ファウル数2対3、FK数0対1。ハイスピード対決だった。前でのカットが多かったが、双方のハイプレスが効いていたということ。ただアタッカーに関しては阪南大が上だったと思う。

後半開始。49分、嚇爪爾出して三田の右クロスに外山ファーでヘッド。2−0。52分、阪南大、右へ展開、三田シュートは上に外れる。決定機。54分、阪南大スルーパス外山がペナ内で仕掛けるが撃てず。脇坂が左ミドルは左に外れる。58分、阪南大㉜新井左CKをス暖綯羆で高いヘッド。3−0。59分、びわこ大松尾→清川。㉜田村→云綢次61分、阪南大三田から裏へ出すがオフサイド。阪南大はオフサイドにかかっているが、裏を狙える状況になってきた。65分、阪南大㉒藤原の右クロス、外山ヘッド、上に外れる。三田は加速するドリブルもあり、なかなか面白い。65分、びわこ大云綢璽ットインから中の堂安狙うが上に外れる。決定機。70分、阪南大外山→Ч昇筺びわこ大云綢爾留Εロスを┠田ボレーも正面。決定機。73分、阪南大三田→云照。74分、阪南大㉒藤原から脇坂へ、右シュートは右ポストを叩く。決定機。75分、びわこ大カットから云綢識Εロス中でこぼれるが何とかクリア。決定機。阪南大㉜新井→㉚秋山。84分、びわこ大堂安→粟鳥魁91分、阪南大云照シュート、右隅を襲うがキャチ。決定機。92分、びわこ大田路から中の清川へ、切り返しで左足シュート、決まって3−1。しかしここまで。阪南大が快勝した。

後半シュート数8(5)対6(2)、CK数1対0、GK数6対9、オフサイド数3対1、クロス数6対7、ファウル数5対4、FK数0対1。

いい勝負だったが前線のクオリティーの差が勝敗を分けた。びわこ大は戦術的に見事な統制のとれたチームだったが、最後決め切れなかった。とはいえ降格争いすることはないだけの力はあると思う。

公式記録



2016年04月29日(金) プリンスリーグ第3節 近大附−金光 野洲−関大一

プリンスリーグ関西第3節
近畿大学附属高校−金光大阪高校
11時 堺S3 ピッチ良 晴


近大附          金光大阪
−−−内田◆歛臉弌檗檗檗 檗檗飮該蝓檗歟翦?−−
−−−−−清水−−−−− −岡本−−−−−−小山?
太田?佐藤−−森川−二宮 −−−奥野−−渡邉◆檗
−−津村−堀江−白木原◆‐綫勝欖櫺◆歉綺筬藤井
−−−−−筒井−−−−− −−−−−眤次檗檗檗檗



近大附 監督:山田稔
GK 17 筒井哲司  185/78 98/06/12 3年 セレゾンFC
DF  4 白木原一輝 177/70 99/05/13 2年 RIP ACE SC
    5 津村虎太郎 177/70 98/05/02 3年 RIP ACE SC
   10 堀江亮介  175/68 98/05/14 3年 セレッソ大阪西U−15
MF  2 二宮哲   177/64 98/07/11 3年 ヴィッセル神戸U−15
    7 佐藤京佑  174/62 98/08/01 3年 ガンバ門真
    8 森川徹臣  170/64 98/04/24 3年 岩田FC
   14 内田将太  174/61 99/11/30 2年 RIP ACE SC
   16 太田峻介  プログラムに記載なし
FW  9 清水寛治  175/68 98/07/15 3年 TOM FC
   11 大石祐人  173/68 98/07/01 3年 エルマーノ大阪

金光大阪 監督:岩松哲也
GK  1 眤射ヂ析此184/72 98/10/19 3年 KONKO FC
DF  2 藤井僚那  175/65 98/07/30 3年 KONKO FC
    3 上坂新   172/61 00/03/03 2年 KONKO FC
    4 丸岡拓馬  175/59 99/08/15 2年 セレッソ大阪西
    8 上西達也  162/59 98/06/26 3年 千里丘FC
MF  5 小山涼大  プログラムに記載なし
    6 奥野圭亮  175/65 98/06/21 3年 ガンバ大阪
    7 渡邉英祐  174/65 99/11/03 2年 千里丘FC
   10 岡本玲仁  167/57 98/04/28 3年 KONKO FC
FW 14 中尾未来  プログラムに記載なし
    7 山崎陸   164/58 99/01/20 3年 KONKO FC



公式記録では金光の山は7番となっているが、明らかに9番の間違い。

会場で観たとき金光大阪3番はプログラムによれば小倉虎太郎となっていて187cmとなっているが、明らかにこの試合の3番は上背がない。しかもベンチからは「コタロー」と指示が出ていて混乱する。しかもセットプレーではターゲットになっていて高さもある。正直180cm弱はあると思っていたら、思いのほか低身長の登録である。成長途中で低めに登録しているのかもしれない。Ρ野は気が利くポジション、渡邉は粘り強い守備を見せる。中尾はしばしば引いて、近大附のマークの隙を突く。5分、金光、左CK、渡邉の右足、近大附はマンマーク、こぼれをΡ野ボレー右に外れる。近大附二宮がガンガン右サイドを上がり正確な右クロスを次々に上げる。13分、金光、上坂、正確な右足ロングフィード、DF触るが左CKになる。近大附は右CKを二宮が担当する。21分、近大附内田がキープから二宮が上がり正確な右クロス、┸浩遒合わせて1−0。29分、近大附渡邉が速い上がり、大石いい判断でカットイン、最後カット。堀江の正確なロングフィードが入るが金光も引いて人数を割いて対応し、シュートを撃たせない。近大附も同様で、引いて守ってシュートを撃たせず、お互いに守備に手数を掛け、極めて慎重な試合運びである。32分、近大附、右FKで二宮のキックがファーの安静張悒奪匹眈紊乏阿譴襦6盡大阪は右CKを┥綫召左足で担当、ファーで折り返し、詰めるが決め切れず。決定機。38分、金光大阪┥綫召留Γ達砲皸鏥 45分金光岡本が反スポーツで警告。前半1−0。

前半シュート数2対1、CK数0対4、GK数6対3、オフサイド数1対0、クロス数8対1、ファウル数4対8、FK数3対3。互角だったと思う。相変わらず近大附は両さうとサイドに負担がかかりすぎるスタイルだが、二宮は圧倒的なアップダウンと正確な右クロスで脅威になっていた。清水はキープしなければならないのだが、囲まれて奪われていた。大石は判断が速くて金光が囲む前に決断し、先手を取っていた。金光はまずはフォアチェック、かわされれば素早く引く守備で形を作らせず。悪くない前半だった。

ハーフタイムで安静帳尾山海斗。後半開始。いきなり金光攻め込み右CKゲット。入り方は抜群にいい。というか出だしに飛ばすのが金光スタイル。50分、近大附、清水から大石が捌き内田の左クロスに清水が思い切ってジャンピングハイボレーに行くがブロック。55分近大附カウンター、金光上坂故意に倒し警告。FKで大石シュートは右に外れる。決定機。59分、近大附堀江に警告。故意。渡邉の右FK、シュートは外れる。61分、金光中尾→垣野ムサシ。63分、近大附清水が落とし尾山決定機はブロック。64分、近大附尾山の左クロス大石スライディングシュートに行くが届かず。64分、近大附ツ殿爾坊拗陝67分、金光左クロスにЩ該蠧佑湛んだところを倒されPK。岡本が逆をついて右に決める。1−1。70分、近大附二宮の右FK、ファーで堀江かすっただけ。72分、近大附内田→臆和七朕諭77分、近大附清水の左パスШ監が左足ダイレクトミドル、右隅に突き刺さり、2−1。81分、金光山崎→大竹翔也。金光はめっきり運動量が落ち、自陣にスペースが生まれ、カウンターには行けないという状況。引き分け狙いでもいいかな?と思った時間帯にスーパーゴールを決められ、一層苦しくなった。82分、近大附二宮→簡神郛亜85分、大石→㉚鈴木風光。89分、清水→E鷲柊斗。結局後半は近大附のサッカーが続き見事な試合運びで接戦を制した。

後半シュート数7(4)対2(2)、CK数4対1、GK数1対9、オフサイドなし、クロス数4対2、ファウル数4対5、FK数4対1。

金光はしっかり守る現実的なサッカーも鋭いカウンターに欠け、徐々に守備に専念するようになって耐えきれなかった。近大附は各ポジションにタレントがいて、両ウイングバックを走れるところまで引っ張ってサイド攻撃からいい形を作った。とは言え、組織的にサイドをケアするチームと当ったら分からないところだ。後半は完全に近大附ペースだった。


公式記録





プリンスリーグ関西第3節
野洲高校−関西大学第一高校
13時30分 堺S2 ピッチ良 晴

野洲           関大一
−高取◆歟飜遏檗飮核棔檗 檗檗歛臺拭−松村−−−
−−−徳田−−山元−−− −−−−−−−−−−−−
−−−−−小礒−−−−− 小倉−前田?−相根−中島
石川−川瀬−アサノ−藤田?足立−畑澤−−山本−橋本
−−−−−北脇−−−−− −−−−−近藤◆檗檗檗



野洲 監督:山本佳司
GK  1 北脇侑真  176/62 99/02/17 3年 ヤスクラブ
DF  3 川瀬相   169/56 98/06/15 3年 SAGAWA
   16 アサノ竜也 171/65 98/06/09 3年 豊田FC
   21 石川涼也  172/55 98/05/22 3年 プリンカールFC
   23 藤田莉輝  プログラムに記載なし
MF  6 小礒慎二郎 166/58 98/12/17 3年 セゾンFC
   10 徳田竣希  168/55 98/07/21 3年 セゾンFC
   18 山元壮太郎 170/63 98/07/05 3年 セゾンFC
FW  4 山本陸   168/55 98/04/24 3年 セゾンFC
    7 蘯萓仁粥 162/53 99/10/11 2年 セゾンFC
   14 中野知良  176/64 98/05/22 3年 セゾンFC

関大一 監督:芝中信雄
GK  1 近藤史也  183/76 99/05/07 2年 大庄北中
DF  3 橋本広幸  175/67 98/06/27 3年 伊丹FC
    5 山本壱成  180/74 98/06/02 3年 ガンバ大阪
    2 畑澤健裕  175/75 98/06/06 3年 関大一中
    4 足立穂高  173/68 98/07/11 3年 友渕中
MF 10 中島遼馬  170/55 99/10/12 2年 伊丹FC
   23 前田篤志  プログラムに記載なし
    6 相根朝日  173/68 98/06/21 3年 梶中
    8 小倉智哉  170/60 99/03/03 3年 関大一中
FW 11 松村篤志  186/77 98/06/11 3年 吹田JFC江坂
   20 大平武人  プログラムに記載なし



野洲は4−3−3で中盤で支配にかかるが、関大一の猛烈なプレスをかわせない。そして守勢になると、野洲のインサイドは弱い。小礒はギリギリで足が出て読みもいい守備に効く選手だが、音蓋機↓徳田も守備が弱い。関大一セ核椶漏亮造閉戮靴婆扈Г料粟へ当てるパスを潰し、守備に効いている。それに対し、関大一は激しいプレスから松村に当てて突破力豊かな左の┥倉、右の中島を活かす。特に┥倉は自在に突破し左足クロスを狙う。野洲川瀬は大苦戦。また中島はタメも作れて、6極椶魏,珪紊欧襦またバックラインは強烈な潰しで野洲の3トップを封じる。4分、関大一、左CK6極椶離ックはなかなかだが合わず。10分、関大一、6極椡Εロス、こぼれを㉓前田シュートも上に外れる。19分、関大一、松村落とし6極椶留Εロスは逸機。23分、関大一、右CK6極椶離ックにα蟶飛び込むが届かず。左に流れスローイン。ぢ立が入れてこぼれをセ核楸イ蠑,曾海蟾む。0−1。野洲はインサイドの徳田、音蓋気両足を駆使してキープしてペースを握ろうとするが、すぐに囲まれる。徳田が右利き、山元は左利き?27分、野洲、右CKを音蓋気左足で入れる。29分、関大一、右CK、6極椶入れるが逸機。31分、関大一、正面30mFK、ぢ立(左足)、橋本(右足)が構え、橋本キックも上に外れる。38分、野洲中野突っ込んでミドル、上に外れる。42分、野洲のハンドにより、正面22mFK、6極棔扮β)、ぢ立(左足)が構え、6極椶狙うが上に外れる。決定機。43分、関大一澗臺拭▲侫アチェック、カットからターン、ミドルは正面。47分、関大一セ核椶留Εロス、┥倉が落とし、松村ペナ内シュート、弱い。決定機。前半は0−1で終了。かなり関大一ペースだった。

前半シュート数2対9、CK数1対4、GK数12対2、オフサイド数0対1、クロス数2対2、ファウル数7対4、FK数0対3。

関大一のサッカーはいつも終盤まで持つのかがポイントだが、野洲が守勢に回り、むしろ野洲のスタミナが削られているので、ますます後半関大一ペースになると予想される。

ハーフタイム、関大一、㉓前田→㉔百浦慎吾、右ハーフに、中島ボランチ。澗臺植才木勇斗。48分(後半3分)、㉔百浦の右クロスを松浦がファーでダイビングヘッド、右隅に叩き込む。0−2。6分、関大一、自陣で奪ってロングカウンター、左寄りの才木がペナ手前で切り返し、右に持ち替えミドル、正確に叩き込み、0−3。53分、野洲哀▲汽裏┨掌稜馬。54分、関大一┥倉の左パス、㉔百浦スライディングシュート、右に外れる。この辺りから野洲は関大一┥倉を全く止められなくなる。緩急をつけ加速するドリブルに野洲が全くついて行けない。タテに仕掛けて左足クロスという形を止められない。野洲、中野に警告。ラフ。足裏。左60度35mFK、6極椶離ックは外れる。橋本のキックはイマイチあってない。58分、野洲音蓋気ら関大一α蟶から┥倉、松村シュートは野洲GK)模謄后璽僉璽察璽屐D況萃蟲 4愨膂譟右CK、松村ヘッドは上に外れる。決定機。59分、関大一┥倉いい突破から左クロス中島トラップミス。62分、野洲音蓋帰㉒佐々木海人。山元は不調なのか何度もカットされていた。68分、野洲せ蓋帰毛利大河。69分、関大一α蟶ミドル、上に外れる。71分、関大一㉔百浦の右クロスを松村ニアでヘッドで逸らし左隅へ。0−4。73分、野洲中野が二人の間を突破、関大一畑澤に警告。故意に引っ張る。78分、関大一カウンターから㉔百浦が右シュート、GK)模涜でセーブ。超決定機。79分、野洲中野→害田直也。80分、野洲、害田の右クロスを毛利合わせる。1−4。86分、関大一中島の突破を野洲㉓藤田が引っ張って警告。関大一松村→庵翅捨人。90分、関大一、┥倉→㉑眞野暉大。91分、関大一中島→細田一希。結局1−4で関大一が完勝した。

後半シュート数2対9、CK数0対3、GK数8対3、オフサイド数1対1、クロス数1対5、ファウル数3対4、FK数1対1。野洲はほとんどシュートも形も作れず、一方的に猛攻を受け続けて敗れたインサイドの低調が響いた形だが、ピッチほぼ全面において劣勢だった。ちょっと勝算がなかった。引いて守る以外に手はなかったと思うが、そうしないのが野洲のポリシーだし仕方ない。今季の野洲の目標は残留になるのか、立て直せるのかは分からないが、個人のミスも目立っただけに、組織力を高めても限界はあるかもしれない。関大一も関西トップクラスとは思わないが、残留は濃厚なのではないだろうか?┥倉は圧倒的だった。

公式記録



2016年04月24日(日) 関西学生リーグ第3節 桃山大−大教大 関学大−近大

関西学生リーグ第3節
桃山学院大学−大阪教育大学
11時30分 長居 ピッチ良 晴


桃山大          大教大
−−−−岡−−西川−− −−−盒境◆歹高−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
松枝−石黒−−堂園E鎮罩5彑ァ歹0罩 歉硝棔殃唇
岩崎山添−石津仲− 内山◆欷境◆歟羸勝歉沼辞
−−−−−石原−−−−− −−−−−衣笠−−−−−



桃山大 監督:松本直也
GK 31 石原祐樹  181/74 94/06/28 4年 神戸U−18
DF  4 岩崎尚将  177/78 96/03/11 3年 九州国際大付属
   38 山添健太  180/73 95/04/26 3年 神戸U−18
    2 石津優介  182/74 96/11/13 2年 広島Y
   29 仲駿幸   171/64 94/08/21 4年 立正大淞南
MF 22 石黒優哉  181/70 94/06/24 4年 C大阪U−18
    7 堂園和馬  175/65 95/09/10 3年 神戸U−18
   13 田中雅人  166/56 96/03/12 3年 ルーテル学院
   16 松枝功起  175/64 95/01/30 4年 広島皆実
FW  9 岡佳樹   184/73 94/04/26 4年 東山
   23 西川智史  175/64 95/05/25 3年 富岡
リザーブ
GK 41 中村正識  186/75 94/07/16 4年 滝川第二
DF  3 小田光   178/70 94/09/29 4年 香川西
   27 香川一喜  175/70 96/03/01 3年 前橋育英
MF 55 徳永晃太郎          2年 立正大淞南
   44 山口侑晟           1年 鹿児島実業
FW 10 中井涼太  168/60 95/01/16 4年 大阪体育大学浪商   
   19 中林一樹  175/70 94/06/02 4年 香川西

大教大 総監督:入口豊 監督:井上功一
GK  1 衣笠暢将  182/75 95/01/17 4年 近畿大学附属和歌山
DF  2 中西健太  184/73 94/05/13 4年 千里
    3 原颯冴   180/78 96/12/18 2年 近畿大学附属和歌山
    5 松村航希  174/69 96/05/24 2年 ヴィッセル神戸U−18
   19 内山勝允  178/67 95/04/05 2年 大洲
MF 29 藤井陸   171/64 97/05/31 1年 広島皆実
   18 盒興罅  178/69 96/04/09 2年 ヴィッセル神戸U−18
    7 久瀬恭平  172/67 94/10/29 4年 千里
   14 平井直人  172/68 94/10/20 4年 阪南大学高校
FW 10 松本啓佑  175/74 94/08/31 4年 作陽
    9 日盻保  182/77 94/05/31 4年 作陽
リザーブ
GK 12 豊浦一輝  175/72 94/10/14 4年 葺合
DF 16 篠田裕一朗 180/73 95/06/17 3年 香川西
   15 小田垣航  170/67 95/06/16 3年 富田林
MF 28 中矢純之介 174/63 97/04/11 1年 ヴィッセル神戸U−18
   27 松江暢也  165/60 96/04/23 2年 郡山
FW  8 中尾和人  170/63 94/09/25 4年 作陽
   13 谷本優   178/71 95/11/07 3年 滝川第二



1分、桃山大、右シュート、キャッチ。大教大戒盒供∈限ミドル、右上をセーブ。惜しい。右CKも盒兇左足で担当。大教大は守備のポジショニングがよくボランチに入れさせず、深い踏み込みの守備で奪うと、松本を中心に細かくつないで空いている味方をシンプルに使い、サイドハーフが中に絞りサイドバックの上がりを促す。7分、桃山大㊳山添ロングが隅を襲うがセーブ。決定機。9分、大教大、У彑イ虜献ロスを日皀好襦爾靴騰平井へ、切り返して狙うがカット。11分、桃山大㉒石黒のスルーパスに岡右シュートは弱い。キャッチ。岡はこの日は力強いプレーで起点になる。そして㊳山添も激しい潰し。∪伉鼎盥みな寄せ方で強靭な大教大CF日發傍点を作らせない。У彑イ魯疋螢屮蕁璽織ぅ廚世、スピードがなく、桃山大をかわせない。大教大はここで抜けばチャンスという形までは行くのだが。両者CKはマンマーク。18分、大教大日皹Ε僖垢鬮松本ペナ外好位置で受けるがトラップ大きい。大教大ペースが続く。23分、桃山大のサイドチェンジをカットしたУ彑イら松本へ、シュートはブロックされるが戒盒競轡紂璽函∪橘漫25分、大教大平井から左の日發悄撃つがブロック。全くフェイクでかわせる気配がしない。28分、ロングボールに抜け出した大教大日發シュートもブロック。決定機。29分、桃山大右パスを堂園シュートもセーブ。決定機。32分、桃山大、鮎昌泙虜牽達法右足は合わず。しばらく大教大の攻勢が続くが、突破力がないため撃てなかったり、チャンスの手前で終わっていたり。42分、スルーパスに大教大У彑イ魯轡紂璽肇屮蹈奪。結局前半0−0。

前半シュート数6(4)対5(3)、CK数2対0、GK数3対5、オフサイド数2対0、クロス数7対7、ファウル数3対3。攻守に押され気味ながらも個人能力の高さで桃山大はシュートまで行っていたが、サッカーの質で劣った。

後半。大教大平井から日發謀呂辰燭箸海蹐播櫃気譟ペナ外ギリギリ45度FK。戒盒兇虜限キックは上に外れる。51分、大教大、右CK、戒盒兇らファーで中西落とし平井ペナ正面ミドル、良く抑えたがブロック。決定機。54分、桃山大スルーパスに㉓西川突っ込み倒れるがPKならず。61分、㉓西川→中井、俊敏なFW。62分、大教大ハンドでFK、ご篋蟶限FK、合わず。70分頃から両者間延びしてきた。75分、桃山大㉒石黒→55徳永。77分、大教大日癶谷本。谷本は高校時代から有名な点取り屋。79分、大教大各盪海虜献ロスに谷本ダイビングヘッドも届かず。ストライカーらしいプレー。81分、桃山大40mFK、ご篋蠅離ックにファーで㊳山添シュートはセーブ。83分桃山大田中→鈎耄咫85分、大教大平井→㉘中矢。左ハーフ。平井は変化をつけていた。У彑イ右に回る。87分、桃山大フォアチェックで鈎耄咼ットするが奪い返される。89分、桃山大セットプレー、∪伉店發ぅ悒奪鼻∈絃紊錬韮豊^甞泪后璽僉璽察璽屐6畭舅族了海辰討覆爾いいGKがよく出る。91分、桃山大中井の無理に上げた左クロスがペナ遠目で苦しい体勢の選手を大教大が倒しPK。正直余計なファウルだった。大教大はゾ沼滋小田垣と一息入れるが、桃山大岡が落ち着いて逆をつきず犬坊茲瓩拭1−0。結局桃山大が勝利。

後半シュート数4(3)対4(3)、CK数1対4、GK数1対3、オフサイド数3対0、クロス数9対7、ファウル数5対5、FK数2対1。個々の能力で劣る大教大としては間延びする前に決めたかった。連動した動きから崩せるのは強みだが、シュートブロックされるのは外せないから。とは言えここまで強いとは思わなかった。やはりサッカーは生で観ないと分からない。今季注目チームだろう。桃山大は個人能力が高かったが、連動性に欠けた。サッカーの質では大教大に劣っていた。守備陣の奮闘が収穫かな?

公式記録





開幕2連勝同士のカード。昨年の関学は関西学生リーグ、関西学生選手権、総理大臣杯、インカレを全て取る4冠を達成し、ピークに思われるかもしれないが、圧倒的な得点力の呉屋やチャンスメーカー小林が抜けただけで、むしろ今年がピークという印象すら受けるメンバーである。もっとも決められなければ、「押しながら勝てない」という状況にもなり得るのだが。


関西学生リーグ第3節
関西学院大学−近畿大学
14時 長居 ピッチ良 晴

関学大          近大
−−−−−小野−−−−− −−−前田−栗飯原◆
−武田−−出岡−−森−− −−−−−−−−−−−−
−−−宮村−−徳永−−− 國分E貎后檗歸讚−横山
小川原2山−米原−高尾村川−白岩−川浪ゝ般遶
−−−−−上田−−−− −−−−−中前−−−−−



関学大 監督:成山一郎
GK  1 上田智輝  180/76 96/03/03 3年 京都サンガF.C.U−18
DF 18 高尾瑠   181/64 96/11/09 2年 名古屋グランパスU−18(ママ)
    5 米原祐   183/74 94/08/18 4年・主将 作陽
    2 岡山宗星  172/59 94/07/30 4年 セレッソ大阪U−18
   16 小川原一輝 183/68 95/09/14 3年 関西学院高等部
MF  6 宮村哲朗  173/66 94/08/25 4年 ヴィッセル神戸U−18
   10 徳永裕大  169/62 94/04/16 4年 ガンバ大阪ユース
   11 森俊介   175/65 94/10/04 4年 東山
    7 出岡大輝  178/72 94/08/16 4年 ガンバ大阪ユース
    8 武田侑也  169/63 94/05/05 4年 野洲
FW  9 小野有矢  170/63 94/06/06 4年 洛北
リザーブ
GK 21 加藤暢人  178/75 96/10/25 2年 槻の木
DF  4 下田義起  178/68 95/04/05 3年 近畿大学附属
   15 尾崎正浩  180/65 96/03/08 3年 野洲
   25 塩谷和哉  178/65 94/06/19 4年 広島観音
MF 23 仲原潤也  166/63 96/10/12 2年 セレッソ大阪U−18
   17 魚里直哉  167/60 95/08/03 3年 セレッソ大阪U−18
   14 星野遼河  175/64 95/05/19 3年 滝川第二

近大 監督:松井清隆
GK  1 中前佑斗  182/72 94/05/13 4年 初芝橋本
DF  2 村川亮太  170/70 94/08/24 4年・主将 大阪桐蔭
    5 白岩海斗  177/69 95/07/21 3年 ガンバ大阪ユース
   19 吉野晃基  178/67 95/09/17 3年 近畿大学附属
    3 川浪龍平  176/72 97/07/20 1年 ガンバ大阪ユース
MF 14 東森翔大  165/56 94/12/07 4年 広島皆実 
    6 東宏樹   174/68 96/06/28 3年 ガンバ大阪ユース
   10 國分将   174/72 95/05/14 3年 コンサドーレ札幌U−18
    7 横山航河  175/68 96/05/29 2年 サンフレッチェ広島ユース
FW 15 前田拓海  166/62 95/06/05 3年 JFAアカデミー福島
   29 栗飯原尚平 178/70 96/05/26 2年 コンサドーレ札幌U−18
リザーブ
GK 31 池藤聖仁  185/83 96/04/13 2年 近畿大学附属
DF 22 永井大生  179/66 94/06/24 4年 金光大阪
    8 多田将希  175/65 96/08/30 2年 履正社
MF 18 大西崚太  176/62 94/04/07 4年 近畿大学附属
   11 藤本拓臣  170/64 95/06/27 3年 東福岡
FW 17 藤井慶樹  170/60 96/07/24 2年 東福岡
   27 中山天彦           1年 東福岡



4分、関学大、左CK。近大はゾーンで守る。森の左足にナ童狭發ぅ悒奪鼻決まって1−0。いいボールが中に入った。8分、森がタテに村川を抜き右足でクロス、合わず。関学大は温眸がしばしば中に絞り組み立てに加わったり中を上がったりする。その前方の森はレフティーで独特の間合いから抜くドリブラーでカットインが得意だが、警戒するとタテに抜く選択肢もある。そして彼がサイドに張るから温眸が中を上がる。岡山斗鮎川原は体格データからポジションが逆に思われるかもしれないが、岡山は激しい足元の潰しで大学サッカーでCBのレギュラーを獲得している。鮎川原は底知れない才能の持ち主で、CBも出来るが、サイドを上がって攻撃の厚みも加えられるし、高さ・パワー。スピード・技術を備えている。いわば浦和の槙野に似たタイプで来年には特別指定もあると思っている。徳永、Φ楝爾呂箸發房虍で忠実で組み立てにミスが少ないタイプ。出岡はボランチで使われたりと早くからレギュラー取った割に便利屋的な使われ方をしているが、レフティーの大型アタッカー。CFでもいいと思っている。武田は小技の利いたドリブラーで密集を崩せるタイプ。9分、近大、右FK、Р山(右足)と㉙栗飯原(左足)が構え、栗飯原が入れるが跳ね返され、Р山がフリーで右クロス、ファーに流れ國分ワンツーで抜けて左クロスはカット。12分、近大自陣クリアが高く浮くが㉙栗飯原が正確にトラップして一人かわし前を向き、ハーフ手前左サイドからロングボレーループ、左上を襲うがGK‐綸張淵ぅ好察璽屐場内どよめく。決まっていればスーパーゴールだった。18分、関学大武田の左パスを森左足で合わせるがシュート弱くGK|譱哀ャッチ。直後に鮎川原左クロスを出岡ダイビングヘッドに行くが届かず。そのカウンター近大前田鋭いターンで外し㉙栗飯原に、左突破からシュートは外れる。近大は前田と㉙栗飯原が後ろ向きに受けてターンできるので、カウンターに威力がある。22分、近大、左CK、Р山が右足で担当。関学大はゾーンで守る。大外を狙うがGK‐綸張僖鵐繊4愕愨腑ウンターで森が右足でシュート、セーブ。決定機。その右CK、徳永右足にニアでヘッドは左に外れる。34分、近大、ロングフィードに國分左クロス、㉙栗飯原が潰れ前田シュート、決まって1−1。この時間帯、近大ペースになる。しかし決定機もシュートもなく、関学大の守備網を破れない。40分、関学大武田左ミドルが右を襲うがGKキャッチ。前半は1−1で終了。

前半シュート数7(6)対3(2)、CK数3対3、GK数4たい4、オフサイド数0対3、クロス数5対6、ファウル数4対1、FK数0対1。互角に近いが、近大は前から追いかける負担が大きいので、どこかで引くことになる。そのときに関学大が決め切れるかが勝敗のポイント。

後半開始。47分(後半2分)関学大森タメてЫ于に出すが届かず。47分、森のパス、Ы于に通らず。48分、森右から左足シュートはサイドネット。49分、関学大森がタメて小野へシュートは右に外れる。決定機。50分、関学大武田タメて左に現れた森が左クロス、小野ボレーは上に外れる。決定機。55分、近大㉙栗飯原→佳臉勝もう少し引っ張りたかったが、関学大のラッシュに我慢しきれなかったか?60分、近大前田→藤本。61分、関学大、左CK森の左足はナ童競悒奪匹眈紊乏阿譴襦64分、関学大Ы于スルーパス、武田落としЫ于は右上に外す。決定機。68分、関学大小野→㉕塩谷。なぜ1トップに代えてDFを、と思ったが左ハーフに入り、出岡1トップの森シャドー、武田右ハーフに変更。↓の布陣。

−−−−−出岡−−−−− 
−塩谷−−森−−−武田− 
−−−宮村−−徳永−−− 
小川原2山−米原−高尾
−−−−−上田−−−− 

この塩谷、なかなかの左足キックを再三見せる。69分、関学大右CK、徳永のキック,」ヘッドはワンタッチあり、左CKに。71分、近大Р山の右クロスを藤本左シュートはキャッチ。決定機。近大の交代2トップはターンがなく、中盤との連動もなく守備専のFWに見える。つまりひたすら守備に走っている。ここから一気に関学大ペースに。72分、関学大武田右シュートは正面。決定機。74分、温眸が中に入りスルーパスが森へ、フリーミドルを突き差し2−1。78分、関学大、右CK徳永のキックをナ童競悒奪鼻◆┐泙燭盥發ぁ7茲泙辰藤魁檻院80分、近大Р山→影0罅4愕愨膈武田→欝里。近大國分が絶妙スルーパスを出すが佳臉哨フサイド。90分、関学大徳永から㉕塩谷へ、絶妙左クロスをЫ于ヘッドも外す。超決定機。けっきょく関学大が3−1で快勝した。

後半シュート数15(8)対2(2)、CK数6対0、GK数2対9、オフサイド数0対4、クロス数13対1、ファウル数0対1、FKなし。全ての数字が関学大の猛攻を示している。まあ力の差はありましたね。関学大は関西にJ2下位レベルの戦力のクラブがあれば、特別指定で出られそうな選手が何人もいた。今年もかなり強いです。近大は前線と中盤の間にスペースができ過ぎた。FWに負担がかかりすぎるやり方だ。これでは上位相手にはきつい。


公式記録



2016年04月23日(土) 高校総体大阪大会3回戦 三島−大産大附 槻の木−刀根山 プリンスリーグ 関大一−久御山 近大附−京都橘

高校総体大阪予選3回戦
三島−大阪産業大学附属
堺 9時30分 人工芝 晴

三島           大産大附
−−−九番−−十一−−− −−−九番−−八番−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
九番−八番−−十四−四番 十番−六番−−五番−十一
六番−二二−−五番−三番 三番−四番−−十六−二番
−−−−−一番−−−−− −−−−−一番−−−−−

大産大附は2年前プリンスリーグ2位に入り、プレミアリーグ参入戦に参加したが、昨年は一転低迷し、大阪府一部リーグに降格した。そして今季はその大阪府一部リーグでも苦戦している。何が起こったのかは分からないが、これなら全国経験校でもある高槻の強豪・三島にもチャンスがあるのでは?と思った。

大産大附は両サイドのドリブラー、それを促す9番のタメ、8番の左足FK、6番の両足展開力、16番の高さとある程度の精度がある4番の左足フィードと武器が多いことが分かる。そしてらしさが最も出るのが攻撃の主役、両サイドがどんどん仕掛けることだ。12分、10番がペナ内で仕掛け倒れるがPKならず。正しい判定。しかしタッチの細かいいいドリブルだった。14分、三島のバックラインからのフィードを大産大附6番カット、仕掛けてペナ内に突っ込みGKを外し左足シュートはカバーに入ったDFがライン上ブロック、しかしその流れからセカンド攻撃、中に残った6番決めて0−1。三島は14番の正確なキック、7番の左足クロスが主要な武器で、守備意識も高い。しかし攻撃面ではカウンター主体ながら突破力がなく、シュートに行けない。パスを繋ぐ時間帯もあるが、どんどんサッカーが細かくなり、集散の早い大産大附の前に崩しきれず、劣勢を強いられる。結局前半は0−1。ここで向かい側の別のピッチに移る。最終スコアは0−5だった。流れから言ってバランスを崩して次々カウンターかな?点差ほどの力の差は感じなかったが、大産大附が一枚上だったのは確かだ。



高校総体大阪予選3回戦
槻の木−刀根山
堺 9時30分 人工芝 晴

槻の木          刀根山
−−−十四−−十一−−− −−−十一−−十二−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
十番−四番−−八番−七番 七番−八番−−十番−六番
二番−三番−−六番−五番 五番−二番−−三番−四番
−−−−−一番−−−−− −−−−−一番−−−−−

前半0−0。槻の木は島上と高槻南が10年ほど前に合併してできた高校で、合併後は全国に出ていないが、コンスタントに強い。私が公式戦デビューを観たことがある唯一の高校である。人材も関西学生リーグに送り出している。一方の刀根山も全国経験はないが、やはりコンスタントに強く、関西学生リーグに人材を送り出している高校である。

後半開始。槻の木が押せ押せである。まず目に付くのが右ハーフ7番のスピード豊かな突破力で、タテではなく中に仕掛ける。明らかに特別なタレント。42分(後半7分)、7番がカットイン、中で次々に相手を抜き去りGKとの1対1をループで抜き1−0。場内どよめく。どこにでも素晴らしいタレントはいるものだ。後半槻の木は運動量で圧倒し、インサイドを8番を軸に制圧し、10番の小技や、2トップも細かい技術を前線で発揮し、刀根山としては苦しい。それでも10番を軸に鋭いカウンターを見せる。槻の木は48分、14番→9番と前線を入れ替え、フォアチェックをより厳しくする。50分、7番再び鋭いカットイン、右利きなのにこのカットインはどこで身につけたのだろう?左の10番に出しシュートはキャッチ。決定機。しかし直後に11番がタメてGKの上を抜くシュートが決まり2−0。7番→18番がFWに入り11番が右ハーフへ。終盤には11番が身体をガッチリ入れた力強いポストプレー、ターンから決めて3−0。槻の木の完勝に終わった。





プリンスリーグ第3節
関大大学第一高校−久御山高校
4月23日 13時30分 堺S7 人工芝 曇



関大一          久御山
−−−中村−−才木−−− −梅原−−田中−−小林−
−−−−−−−−−−−− −−−井上?−浅川−−−
小倉−相根−−中島百浦?−−−−−國塩−−−−−
橋本−畑澤−−山本−丹羽 赤谷−鵜ノ口−中村宮里
−−−−−近藤◆檗檗檗檗 檗檗檗檗歙酲棔檗檗檗檗



関大一 監督:芝中信雄
GK  1 近藤史也  183/76 99/05/07 2年 大庄北中
DF  7 丹羽啓太  170/62 98/10/30 3年 大阪セントラル
    5 山本壱成  180/74 98/06/02 3年 ガンバ大阪
    2 畑澤健裕  175/75 98/06/06 3年 関大一中
    3 橋本広幸  175/67 98/06/27 3年 伊丹FC
MF 24 百浦慎吾  プログラムに記載なし
   10 中島遼馬  170/55 99/10/12 2年 伊丹FC
    6 相根朝日  173/68 98/06/21 3年 梶中
   16 中村陸人  164/55 98/04/08 3年 大阪市ジュネッス
    8 小倉智哉  170/60 99/03/03 3年 関大一中
FW  9 才木勇斗  170/70 98/04/17 3年 千里丘FC

久御山 監督:松本悟
GK  1 川本哲平  169/59 98/10/25 3年 J−marka(ママ)
DF 18 宮里侑希  167/65 98/04/11 3年 FCソルセウ
   24 鵜ノ口尊  168/56 98/06/14 3年 久御山パイソンズFC
    3 中村禄朗  176/63 99/09/29 2年 宇治FC
   17 赤谷知紀  162/51 98/09/13 3年 レジョーネFC
MF  7 國塩宙樹  177/62 98/04/10 3年 ソレステレージャ奈良2002
   27 小林潤   175/63 98/07/17 3年 FCソルセウ
    9 梅原和輝  174/63 98/12/02 3年 宇治FC
   14 井上将孝  プログラムに記載なし
   11 浅川智伎  169/61 98/06/20 3年 アミティエSC
FW 10 田中泰生  169/61 98/04/20 3年 AS.ラランジャ京都



関大一┥倉は素晴らしいスピードを活かした突破力と守備でも踏ん張り大黒柱なところを見せる。中島も技術を活かした中を突破できるドリブル。久御山はC翅爾素晴らしい寄せでボールを刈り取り、確実に中盤につなげる。持ち上がってのプレーも素晴らしい。梅原は素晴らしい左ウイング。突破力もフィニッシャーとしてもいい。昨年出られなかったのは同じポジションに和田という素晴らしい左ウイングがいたためで、大抵のチームなら2年でレギュラー取れていただろう。立ち上がりから圧倒的に久御山がボールを回す。しかし昨年と違って中盤でドリブル突破力に欠けるしパスミスも目立つ。5分、関大一㉔百浦、ループは上に外れる。10分、関大一㉔百浦、右クロスを庵翅璽悒奪鼻▲ャッチ。決定機。11分、久御山梅原、左を素晴らしい突破、左CKへ。浅川が右足で担当。その左CK、乙槊い正面で左隅に決める。0−1。14分、久御山梅原左から切れ込みシュート、右ポスト叩く。決定機。16分、久御山梅原左突破、折り返しは中でクリア。19分、久御山、カットから井上シュート、左に外れる。28分、関大一庵翅滋㉓前田篤志。ボランチに。α蟶がFWに上がる。久御山の攻勢の前にたまらず中盤の守備を固めた印象だが、この前田はなかなかの守備力で中盤を締めて、特に久御山のエースナンバー14番をつける井上をよく封じ、一気に関大一ペースに持ち込む。久御山もFWのポジションチェンジ、特に危険人物の梅原を中央に入れたりと工夫を凝らす。32分、関大一、左FKをセ核椡βはクリア。36分、関大一㉔百浦、右からカットイン、シュートはブロック。43分、久御山梅原に警告。故意に倒す。反スポーツ。前半0−1で終了。

前半シュート数3(1)対2(1)、CK数1対1、GK数0対5、オフサイド数1対2、クロス数6対3、ファウル数5対3、FK数1対1。途中までは久御山ペースだが、通してみると関大一ペースだったと言えるだろう。久御山自慢のドリブル&ショートパスを運動量で封じ、自らはいいドリブルを仕掛けた。久御山г塩の展開力が昨年のボランチと比べるとイマイチで狭い局面で詰まって囲まれ打開できない。勝負パスも少なかった。

ハーフタイム、関大一才木→松村篤志。後半開始。47分、関大一、右CK、6極椶右足で入れるが中でクリア。51分、関大一放り込みに㉓前田、才木とつなぎ中島シュートは上に外れる。超決定機。53分、」関大一┥倉左スペース突破からクロス、α蟶ペナ内でシュート、上に外れる。超決定機。55分、右クロスにファーでα蟶ヘッドは上に外れる。決定機。56分、久御山浅川→ι擴搬膣遒世隼廚Δ、公式記録とは違っているのでご参考までに。58分、久御山ι擴汎佑湛みг塩へ、ファウルで左60度27mFK、г塩狙うが上に外れる。決定機。ι擴箸呂いぅ疋螢屮襪ある。パスはイマイチ。関大一も┥倉が高速突破から左クロス、GKクリア。この時間帯、小倉が止まらなくなってきた。かなりいい選手だ。そして流れは完全に関大一に。68分、久御山㉗小林→㉓小森優輝。これも公式記録と食い違うのでご参考までに。74分、関大一㉔百浦→㉑眞野暉大。そのまま右ハーフに。78分、関大一┥倉→ぢ立穂高が左サイドバックに。6極椶左ハーフに。小倉は大活躍でしたね。ダッシュの連続で疲れたかも。久御山ι擴箸瞭庸砲ら田中がミドルは左に外れる。決定機。関大一放り込み松村折り返し中島シュートは右に外れる。決定機。82分、関大一左CK6極椶留βは中でGKキャッチ。関大一中島→蛎膵称福92分、関大一6極椒潺疋襪榔Δ乏阿譴襦惜しい。83分、関大一、正面28mFK、6極椶離ックは壁。結局0−1で久御山が勝利した。

選手交代については私のメモも公式記録もどちらも当てにならないので、あくまで参考ということで。後半シュート数8対2、CK数6対0、GK数3対10、オフサイド数4対0、クロス数7対0、ファウル数11対3、FK数2対0。明らかに関大一のほうが出来が良かったが、久御山も勝負強さを発揮した。とは言え例年の中盤の支配力も地上戦の守備の強さ
も影を潜め、厳しいところではある。

公式記録




プリンスリーグ第3節
近畿大学附属高校−京都橘高校
11時30分 堺S7 人工芝 曇

近大附          京都橘
−−−清水−−河村◆檗檗 檗檗欖篋蝓檗殞慳抬◆檗
−−−−−大石−−−−− −−−−−−−−−−−−
尾山∈監−−森川−二宮 堤原−仲田◆歹眦牒梅津
−−津村−堀江−白木原◆_蝋膈⊃絨罅檗歙郷紂欅霙
−−−−−筒井−−−−− −−−−−矢田貝−−−−



近大附 監督:山田稔
GK 17 筒井哲司  185/78 98/06/12 3年 セレゾンFC
DF  4 白木原一輝 177/70 99/05/13 2年 RIP ACE SC
    5 津村虎太郎 177/70 98/05/02 3年 RIP ACE SC
   10 堀江亮介  175/68 98/05/14 3年 セレッソ大阪西U−15
MF  2 二宮哲   177/64 98/07/11 3年 ヴィッセル神戸U−15
    7 佐藤京佑  174/62 98/08/01 3年 ガンバ門真
    8 森川徹臣  170/64 98/04/24 3年 岩田FC
   11 大石祐人  173/68 98/07/01 3年 エルマーノ大阪
   15 尾山海斗  169/64 99/08/12 2年 ガンバ門真
FW  9 清水寛治  175/68 98/07/15 3年 TOM FC
   18 河村慶人  174/67 99/09/11 2年 岩田FC

京都橘 監督:米澤一成
GK  1 矢田貝壮貴 183/80 98/06/11 3年 FC平野
DF  2 清水駿   182/68 98/02/09(ママ) 3年 芝谷中
    4 稲津秀人  166/62 98/06/25 3年 FC醍醐
MF  6 河合航希  166/65 99/07/31 2年 京都サンガFC U−15
    5 内田健太  163/60 99/09/08 2年 京都J−マルカFC
   24 水井直人  175/64 98/12/15 3年 FC長岡京
   25 仲田尚悟  155/51 99/06/09 2年 奈良YMCA
   10 梅津凌岳  172/60 99/05/05 2年 ガンバ大阪JY
FW  9 輪木豪太  165/57 99/12/21 2年 Mio琵琶湖滋賀   
   11 堤原翼   171/67 98/04/24 3年 FCグリーンウェーブ
    7 岩崎悠人  171/67 98/06/11 3年 彦根中央中



試合開始。1分、京都橘梅津から右スペースに流れた輪木へ、リターンを梅津が中で決めて0−1。2分、京都橘、GK〔霤蝶のロングボール、Т篋蠅謀呂蝓▲潺疋襪鮹,込む。0−2。近大附は一応ストッパーはゾーンの3バックで、スイーパー堀江は力強い守備とタッチライン際までカバーするエリアの広さ、そしてロングフィードで守備を占める。しかし両ストッパーが京都橘のアタッカーのスピードと高速パスワークに苦戦し中難も制圧される。そして何より近大附の明確な戦術的意図であろう、サイドからのクロスが全くない。ボランチはШ監がなかなか健闘。忠実について行くが、中盤全体がパニック状態なので、一人では如何ともしがたい。┸浩遒魯織瓩鮑遒譴襦しかし、味方と息が合わず、守備では苦戦する。FW陣はパワフルだが、京都橘DF陣の踏み込んだ守備に苦戦し、スペースを狙ってもボールが出てこない。京都橘はТ篋蠅琉掬歸な身体能力が目立つが、細くて繊細なテクニシャンだった梅津が力強さも増し、キレも含めて全国レベルの選手になっている。7分、近大附二宮の初右クロス、清水シュートは右に外れる。8分、京都橘、梅津からТ篋蠅謀てて折り返しを梅津シュートは弱い。決定機。10分、京都橘、左サイドバックΣ蝋腓離侫ードを左ハーフ堤原落としТ篋蠅中で強シュートを左に叩き込む。0−3。13分、京都橘Σ蝋腑ットイン、梅津が優しいパスを出すがカット。京都橘前線の高速パスワークがどんどん良くなり、近大附は全くついて行けない。ファウルで止めるにもその隙も無い印象。前線から激しく追うしかないかと思うのだが、パススピード、シンキングスピードに差がありすぎて、持ち前の激しい当たりに行けない。20分、京都橘Т篋蝓∈限強烈ミドル、外れる。25分、京都橘サイドチェンジ、堤原が落としТ篋蟶献ロス合わず。この辺りで京都橘のラッシュが収まってくる。ペースダウンするものの、近大附は相変わらずボールを持たれ、走らされ続ける。大石はなかなか早い判断でシンプルに作ろうとするが、味方と合わない。右の二宮、左の尾山は何でそこまで走れるんだろう?と思うくらい走っているが、5人交代できるプリンスリーグならともかく、高校選手権の3人交代ルールでは、走力に頼りすぎるサッカーは危険だと思うのだが。結局前半は0−3で終了。

前半シュート数2対6(4)、CKなし、GK数1対4、オフサイドなし、クロス数4対12、ファウル数3対5、FK数0対1。近大附のサッカーが全くできていなかった前半だった。特にクロス数は逆なんじゃないか、というくらいサイド攻撃や放り込みを得意とする近大附が少なくて、ショートパスを繋ぐ京都橘がサイドからも中からも崩せている。

後半開始。46分、京都橘、右FKに㉔水井がファーでヘッド、セーブ、右CKへ。決定機。54分、近大附清水突っ込みペナ内で倒れるが明らかにノーファウル。46分、近大附で鯡攜兇悗離僖垢鬮Т篋蠱イぅ轡紂璽函外れる。決定機。59分、京都橘Т篋蟶献轡紂璽函右に外れる。62分、近大附、正面18mFK、Ш監のキック、グラウンダーで壁の下を狙うが京都橘の壁は飛ばずブロック。近大附は次々にクロスを入れ始める。65分、二宮右クロスが清水流し込む。1−3。66分、近大附二宮に警告。反スポーツ。69分、近大附尾山→安静捗垈陝69分、近大附、左パスを臆和璽轡紂璽箸蘯紊ぁ74分、近大附大石→㉚鈴木風光。77分、近大附安静帳┸浩逎悒奪匹榔Δ乏阿譴襦D況萃蟲 5都橘が心理的に守勢に回り、高速パスワークが影を潜める。78分、近大附、左裏を臆和失牽苅掬戰撻淵リギリで切り返し、シュートは矢田貝がいい出方から右を襲うシュートに超反応でセーブ。決定機。79分、近大附ツ殿爾坊拗陝ラフ。近大附二宮→内田将太。京都橘、梅津のFK、ファーを襲うがゴールラインを割る。82分、近大附、右クロスに㉚鈴木ヘッドが上を襲うがセーブ。決定機。矢田貝ナイスセーブ。81分、近大附Ш監の右CKを清水ヘッド、決まって2−3。82分、京都橘、テ眦帳古川隆輝、㉕仲田→瓜蓋敬史、梅津→篠永雄大。87分、近大附臆和滋簡神郛亜Ш監→㉔山崎 仁。91分、京都橘輪木→患氾捗‖析此93分、近大附、ペナ外左70度18mFK、堀江、清水、共に右足で構え、堀江のキックは上に外れる。決定機。結局2−3で京都橘が辛うじて逃げ切った。

後半シュート数9(5)対3(2)、CK数2対2、GK数1対6、オフサイド数1対0、クロス数7対3、ファウル数7対7、FK数0対2。やはり近大附はファウル覚悟の激しい守備からサイドを走らせる攻撃でリズムをつかんだ。京都橘は矢田貝の活躍がなければ負けていてもおかしくなかった。そのくらい後半のゲーム運びはまずかった。CBからロングフィードがなく、中盤も判断が遅れ、しかも心理的に守勢に入り、どんどんいわゆる「悪魔の心理サイクル」へ。しかし耐えきる力があった。近大附の出来が良かったとは思わないし、力の差もあったと思うが、出来ることをやり抜いた結果が後半の猛攻につながったと思う。ただサイドを効率的に使う術を身につけなければ、現状だと必ず交代が必要になる。サイドの負担が重すぎる。堀江に対する守備の依存度も高く、特定の選手に負担がかかりすぎて、もう少しチーム全体で負担を分け合えれば、と思った。


公式記録



2016年04月20日(水) 練習試合 G大阪U23−U-19日本代表

練習試合
ガンバ大阪U23−U−19日本代表
14時 ガンバ大阪練習場 雨 ピッチ良

U−19日本代表
−−−十番−−九番−−− −−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
二五−十七−−七番−三三 −−−−−−−−−−−−
十五−二八−−三二−二三 −−−−−−−−−−−−
−−−−−一番−−−−− −−−−−−−−−−−−



恐らく1番:小島亮、23番:小島雅、32番:冨安、28番:町田、
15番:岩田、33番:三好、7番;市丸、17番:神谷、
25番:遠藤、10番:森、9番:小川。

GK:小島亨介
DF:小島雅也、冨安健洋、町田浩樹、岩田智輝
MF:三好康児、市丸瑞希、神谷優太、遠藤渓太
FW:森晃太、小川航基



U−19代表は奪ってから遅らされ、素早い攻めが出来ない。それでも守備陣が高さで跳ね返し、インサイドも懸命に走る。インサイドはやや劣勢だったが、サイドはスピードで上回った。19分、㉕遠藤が素晴らしいスピードでカットインからミドル、弾くも小川押し込み、U−19代表が先制。38分には㉕遠藤がタテにぶっちぎり、左パスを小川がダイレクトで左隅に流し込み2−0。この時間帯にはЩ坿櫃皚運醒も流れに入り、中で繋いで外を空けてから活かすので遠藤にもスペースが与えられた。冨安の跳ね返しは見事。前半2−0で終了


U−19日本代表
−−−−−十一−−−−− −−−−−−−−−−−−
二六−−−二九−−−十四 −−−−−−−−−−−−
−−−十六−−二四−−− −−−−−−−−−−−−
十九−三五−−三二−三十 −−−−−−−−−−−−
−−−−−十八−−−−− −−−−−−−−−−−−



恐らく18番:廣末、30番:長谷川、32番:冨安、35番:森下、
19番:船木、14番:睫據■横竿屐О貌M痢В隠業屐鈴木、
26番:伊藤涼、29番と11番は分からず。

GK:廣末陸
DF:長谷川巧、冨安健洋、森下怜哉、舩木翔
MF:睫攵歓諭伊藤洋輝、鈴木徳真、伊藤涼太郎
FW:垣田裕暉、和田昌士

サブメンバー
GK:大迫敬介、波多野豪



後半も両サイドのドリブルが生きる。睫擇呂匹鵑匹鵐汽ぅ匹鯤し、㉖伊藤涼は中に切れ込む。㉟森下のフィード、柿ヌ擇虜限セットプレーも脅威。得点は入らなかったが、押し気味で終わった。



2016年04月17日(日) プリンスリーグ関西第2節 大阪桐蔭−京都橘 履正社−和北

この日の二日前に熊本で大規模な余震、そして前日に本震があり、震災の為、九州各地で死者・被災者が出てサッカーどころではなくなり、しかも発達する低気圧の為、本州で強風が吹き、九州関係以外でもリーグが2試合延期になるなど、大変な状況だった。関西各地でも試合延期が相次ぐ中、プリンスリーグは警報が出てないこともあって開催されたが、かなり厳しいコンディションだ。

いつも言っているが、大阪桐蔭はリーグ戦にはめっぽう強いのにトーナメントには弱いというチームだ。プリンスリーグではコンスタントに好成績を挙げるのに、全国大会ではイマイチ結果が出ない。パスサッカーへの拘りが裏目に出ているのでは?と思っているが。対する京都橘もかつては似たタイプのチームだったが、高校選手権で準優勝(PK負け)して以来、カウンターにシフトを移し、実戦的なサッカーになってきている。今年の新人戦ではBチームで京都を制した。その大きな要因は5バックという守備を固めてのカウンターというリアリズムに徹したサッカーである。そしてBチームが参加している京都府一部リーグでの好調ぶり。かつて京都橘Bは京都府リーグで優勝したこともあったが、当時のルール上プリンスリーグへの参入戦にも参加できなかった。Bチームでこれだけ強いならAチームはどれほど強いんだろう?京都橘と言えばここ3年間GK矢田貝とFW岩崎のチームと思われているが、昨年は1,2年生も多く、今年は集大成のシーズンとなる。今年もスポンサーが付き、胸にはANA、背中にはKIRINのロゴがある。


プリンスリーグ関西第2節
大阪桐蔭高校−京都橘高校
曇 強風 11時 ピッチ人工芝


大阪桐蔭         京都橘
−−−仲田−−神崎−−− −−−岩崎−−堤原−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
福島−西矢◆殍姪牒谷口 梅津河合◆歟臈牒⇔慳抬
前田−渡邊−−田村−神戸◆殕−水井−−清水−稲津
−−−−−稲垣−−−−− −−−−−矢田貝−−−−



大阪桐蔭 監督:永野悦次郎
GK  1 稲垣佳祐  180/70 98/10/17 3年 セレッソ大阪
DF  2 前田紘基  176/68 98/08/25 3年 豊橋デューミラン
    3 渡邊充能  172/65 98/06/12 3年 奈良YMCA
    4 田村浩都  177/67 98/06/14 3年 ヴィッセル伊丹
    5 神戸康輔      00/03/09 2年 プログラムに記載なし
MF  9 福島祐済  173/61 98/05/20 3年 エストレラ姫路
    7 西矢健人  173/59 99/11/07 2年 ヴィッセル神戸
    6 北田大亜 プログラムに記載なし2年 ガンバ大阪
   11 谷口周大  173/65 98/07/09 3年 ディアブロッサ高田
FW  8 神崎大雅  163/54 98/10/18 3年 豊橋デューミラン
   10 仲田健人  172/63 98/09/15 3年 ディアブロッサ高田

京都橘 監督:米澤一成
GK  1 矢田貝壮貴 183/80 98/06/11 3年 FC平野
DF  2 清水駿   182/68 98/02/09(ママ) 3年 芝谷中
    4 稲津秀人  166/62 98/06/25 3年 FC醍醐
   16 李明賢   169/64 98/06/04 3年 久御山パイソンズ
   24 水井直人  175/64 98/12/15 3年 FC長岡京
MF  9 輪木豪太  165/57 99/12/21 2年 Mio琵琶湖滋賀
    6 河合航希  166/65 99/07/31 2年 京都サンガFC U−15
   10 梅津凌岳  172/60 99/05/05 2年 ガンバ大阪JY
   25 仲田尚悟  155/51 99/06/09 2年 奈良YMCA
FW  7 岩崎悠人  171/67 98/06/11 3年 彦根中央中
   11 堤原翼   171/67 98/04/24 3年 FCグリーンウェーブ



前半風上を大阪桐蔭が取る。セットプレーでボールがなかなか止まらずセットできない時点で普通のサッカーのゲームにはならないには明らかだった。大阪桐蔭タ生佑呂いぜ虍とフォローを見せる、その前の谷口はまたぎフェイントが得意な快速ドリブラー。Ю礁陲漏亮造併き屋でミスせず味方を上手く活かす。ミスから飛び込む迫力もある。┸精蠅魯好襦璽僖垢蘯ら受けての仕掛けもある。フリーキックも担当。づ賃爾漏亮造兵虍力があり、出来るプレーを確実にこなす。京都橘はGK矢田貝に以前ほどのオーラを感じない。風下のせいかもしれないが自信満々に見えない。㉔水井は左足フィード、梅津はタメてパス出したりし掛ける迫力がある。Т糯については物凄いボディバランスと突っ込むスピードだが、ちーむとして「どうせ最後は岩崎が撃つんだろ」という雰囲気があり、堤原や梅津、快速輪木らが積極性を見せなければいけない。準優勝時は小屋松と仙頭のダブル得点王のように、フィニッシャーが複数いたから点が取れたのだ。6分、堤原スルーパス、Т糯シュート撃てず。いい形。直後にТ糯から梅津へ逸機。大阪桐蔭谷口、素晴らしいカットイン、シュートは右に弱い。16分、㉕仲田のスルーパスに右でТ糯流れて受けてクロス合わず。18分、京都橘Σ蝋腓離好襦璽僖后↓Т糯強引に突っ込み右に外れる。その後大阪桐蔭の時間帯が続き、中盤インサイドからいい流れのパスが出てくる。30分、京都橘Т糯が高めでターン、大阪桐蔭λ姪張轡礇弔魄っ張り警告。フリーキックに京都橘
ベンチ「狙え、風で押し戻されて落ちるから」こぼれ球に㉔水井ボレー当たり損ね。37分、大阪桐蔭λ姪張ットされる。守備で効いているけどミスもある。奪った京都橘Σ蝋腓らТ篋蠅惘Ε轡紂璽箸魯好薀ぅ妊ングブロック。40分、Т糯のスルーパスが堤原へ、これもスライディングタックルでカット。45分、大阪桐蔭Ю礁霎擇豺みシュートもGK矢田貝スーパーセーブ。超決定機。右CKは逸機。前半0−0。

前半シュート数5(3)対2(1)、CK数1対0、GK数1対5、オフサイド数1対0、クロス数0対3、ファウル数4対4。風下の京都橘がよく耐えた展開。しかし風はまともなレベルに納まってきていて、後半は京都橘はさして恩恵を受けそうもない。コイントスの妙だ。

47分、京都橘、ペナ右でFK。Т篋蠅左足で蹴る。逸機。その後激しい潰し合いが続き、京都橘㉕仲田からТ糯へ、シュートはキャッチ。決定機。京都橘ベンチ「2トップの関係」この時間帯どちらかが下がりすぎるきらいがあった。60分、大阪桐蔭、λ姪帳圧動罅〕介。右ハーフに入り、仲田がボランチ、谷口がFWに。支配しているので組み立てられる仲田を中盤に下げ、突破からのシュートがある谷口を上げる策だろう。62分、大阪桐蔭、∩暗弔上がりペナ左の谷口へ、すぐに中に出し仲田が左足ダイレクトで合わせ、大阪桐蔭先制!交代の狙い通りか。サイドバックが高い位置まで上がって厚みを加えた。68分、大阪桐蔭∩暗弔虜献ロスを谷口ヘッドは弱い。決定機。京都橘も裏へ後ろに落とし、輪木シュート、キャッチ。決定機。京都橘㉔水井はいいフィードを持っているけど判断が遅れる。Σ蝋腓亮虍力はなかなか。68分、大阪桐蔭谷口→鶴内翔之助。69分、京都橘㉕仲田→テ眦跳鯊澄時間がたつにつれてますます京都橘の岩頼り感が強くなってくる。もちろん明確なフィニッシャーがいるのは大切だし、パスを供給できる選手もそろっている。しかしそれでも岩以外の選手が撃たないと岩崎も光らない。78分、大阪桐蔭福島→今岡陽太。84分、京都橘依→篠永雄大。87分、堤原→患氾捗‖析此88分、大阪桐蔭タ生輸影K槊Ъ。∩暗帳垣篤尚久。結局1-0で大阪桐蔭が勝利した。

後半シュート数2対6、CK数0対0、GK数8対2、クロス数0対1、ファウス数1対3、FK数0対1。公式記録では京都橘の全シュート数11に対し岩崎8だから、大阪桐蔭も守りやすかっただろう。とはいえ強風で普通のゲームじゃないので、京都橘も落ち込む必要はないと思う。おそらく優勝候補同士の熱戦だった。


公式記録




プリンスリーグ関西第2節
履正社高校−和歌山北高校
S5 曇 強風 13時30分 ピッチ良


履正社          和北
−−−弓場◆歿覽彿檗檗檗 檗檗檗檗歟臑次檗檗檗檗
安羅◆檗檗檗檗檗檗毯慧隋 殘畋次檗殕籖掘檗殀−−
−−−大塩−−坂本◆檗檗 檗檗歟歛次檗殀崎◆檗
難波−−清−−柏原−清水 前畑−大岡−−中兀−森元
−−−−−瀧浪−−−−− −−−−−小西−−−−−



履正社 監督:平野直樹
GK 12 瀧浪朋生  プログラムに記載なし
DF  2 清水遥生  177/67 98/04/14 3年 ガンバ大阪Jr.Y
    3 柏原大地  180/72 98/06/19 3年 FC B2
    4 難波智博  171/62 98/07/26 3年 FC江坂
    5 清翼空   177/67 98/05/29 3年 川上FC
MF  6 大塩真生  174/66 98/10/03 3年 千里丘FC
   13 坂本樹   174/65 99/12/17 2年 千里丘FC
   16 弓場大輝  168/50 99/09/21 2年 千里丘FC
FW  9 荻久保康太 180/67 98/09/06 3年 東淀川FC
   11 澤島輝   180/68 98/04/24 3年 ガンバ大阪Jr.Y
   17 安羅修雅  172/63 99/10/07 2年 ガンバ大阪Jr.Y

和北 監督:中村大吾
GK  1 小西総一朗 171/64 98/11/04 3年 那智中
DF  2 前畑篤志  167/50 98/07/18 3年 カナリーニョ
    3 中兀成生  170/63 99/01/24 3年 岩出FC AZUL
    4 大岡俊貴  174/64 98/06/20 3年 河西中
    7 竹村淳   170/63 98/07/01 3年 ペローラ日高
MF 25 尾僚   173/61 99/11/01 2年 セレッソ大阪和歌山
   13 森元歩希  163/52 98/10/23 3年 明和中
   11 木村波生  174/64 99/03/23 3年 岩出FC AZUL
   18 畑雅行   171/52 98/05/12 3年 有功中
FW  8 淀澤賢治  174/63 98/11/03 3年 セレッソ大阪和歌山
    9 仲村慧一  178/64 98/04/24 3年 緑丘中



立ち上がりから履正社がじっくり自陣でボールを繋ぐ。G雜兇鉢ダ兇篭中戦に強く、ミスも少ない。そしてボランチが効いている。β膠は引いて左足で強いキックで前にロングフィードしたり大きく展開したりと攻撃の起点になり、坂本は繊細な右足で正確なスルーパスややはり引いてロングフィード、これに対し、和歌山北は自陣に押し込まれる。本来のエース快速レフティ和田広矢を欠きカウンターに行けず、1トップ仲村も潰され、かと言って完全に引いて守るか、ハーフライン付近からプレスに行くか意思徹底もされておらず、大塩のフィードを受ける選手を作ってしまっている。この状況でリーダーシップを発揮すべきはぢ膕だろうがあまり声も出ておらず、やるべき仕事はやっているが、チーム全体に波及していない。㉕尾崎は忠実に潰しつつ飛び出す意欲も見せ、なかなかの存在感だ。昨年和田も25番をつけていたし、和北にとって25番は出世番号?淀澤は必死に身体を張ってカウンターの起点になろうとする。履正社碓騨紊魯ットインを狙う。澤島は快速を活かした突破狙い。和北としては履正社のボランチを潰さなければならないが、両CB、両ボランチが引いた位置から組み立てるのでどうにもならない印象である。6分、履正社、左CK、ファーでヘッド、右に外れる。決定機。8分、履正社坂本の丁寧なスルーパス、澤島右シュートはセーブ。決定機。11分、履正社澤島が落とし荻久保トラップは後方に落ちて撃てず。13分、履正社碓騨紊虜献ロスを荻久保シュート、こぼれを自ら押し込む。1−0。17分、履正社荻久保突っ込みペナ内で倒れるがノーPK。正しい判定。更に履正社碓騨紊ら坂本、リターンが碓騨紊暴个襪、和北GK‐西、いい飛び出しでカット。和北もカウンターから木村がCB間に身体を入れ抜けかけるがトラップ大きい。惜しい。25分、履正社碓騨絅好襦璽僖后∈賢圧歉譴ゴールライン際を切れ込みパスに荻久保詰めるが和北DF苦しい体勢でオウンゴール。2−0。ここで一旦履正社のペースが落ち着き、和北も落ち着く。38分履正社、左CKに澤島ボレー、右に外れる。決定機。43分、履正社澤島右クロスに安羅ファーに詰めるがかすっただけ。決定機。前半は2−0で終了。

前半シュート数7(3)対0、CK数5対0、GK数1対7、オフサイドなし、クロス数6対0、ファウル数3対3、いい位置でのFKなし。和北は押し込まれていい位置でドリブル仕掛けられたという面はあるが、クリーン過ぎた。どんな手を使っても、例えファウルをしてでも止めてやるという執念に欠けた。引いて守る戦術は分かるが、個人が守備面で責任を果てしてこそ戦術は成り立つ。声の掛け合いも少なかった。

後半開始。48分、履正社荻久保の強靭なポストから左へ展開し碓騨紊離ロスを大外に現れた荻久保に合わせるがオフサイド。50分、和北GK‐西、目の前のぢ膕の繋ごうとしてミスキック、坂本にパスしてしまい、難なく丁寧に右隅に流し込まれ3−0。アンフォースドエラーというやつだ。このプレーに限らず、小西はシュートストップに特化したGKで足元は怪しかった。54分、履正社碓騨綟佑湛み左CKゲット。坂本の右足はファーに流れる。57分、和北カウンター、仲村突っ込むも抜ける気配なし、パスを出してDFカット。決定機。59分履正社澤島が突っかけ、ペナ右でFK獲得。坂本(右足)とβ膠(左足)が構え大塩狙うが上に外れる。63分、和北カウンター仲村突っ込むが、GK抑える。66分、和北仲村から家が右シュートもセーブ。決定機。初シュート。ここで和北淀澤→吉川泰生、家→山口大樹。ポジションそのまま。和北はこの時間帯左サイドバック∩鞍が闘志をむき出しにして、履正社のドリブルを封じ、守備からリズムを作っている。仲村のポストから木村突っ込みいいシュートも決まらず。69分、履正社碓騨紜㉞茨木諒佑。左ハーフ。73分、履正社圧歉譬環野修斗。トップ下。4−2−3−1に変更。79分、和北∩鞍の左クロスを仲村トラップからシュートは弱い。80分、履正社山口右シュートは左に外れる。81分履正社木村のツッコミを∩鞍ナイスタックルで止める。83分、坂本→㉙塩谷周造。88分、履正社∪郷紜左居隼人。和北GK‐西→欝元貴。91分、履正社右70度27mFK、大塩の左足が壁の脇を抜き決まる。4−0。結局履正社が4−0と完勝した。

後半シュート数7対3、CK数3対0、GK数2対8、オフサイド数3対1、クロス数3対1、ファウル数4対8、FK数2対1。後半も履正社ペースだったことには変わりないが、和北も守備が良くなったし、カウンターも繰り出していた。悪くなかったのでは。履正社はやはりドイスボランチのチーム。両サイドも強力だが、昨年ほど圧倒的な印象はない。しかしここも有力な優勝候補だと思った。和北はとにかく全員の守備意識を高めることだろう。


公式記録



2016年04月16日(土) 関西学生リーグ第2節 大体大−関大 桃山大−京産大

関西学生リーグは最も長期間にわたってコンスタントに観ている大会である。日本リーグはJリーグとJFLになり、今期すでにJ1、J2、J3、JFLと1回ずつ足を運んだが、2回以上足を運ぶかと言うと何とも言えないし、そもそも年に数試合しか観ないのではコンスタントに足を運んでいるとは言えない。高校生はかつてはトーナメントだったので、年間数多く足を運びようがなかった。プリンスリーグの歴史はまだ浅い。そういうわけで関西学生リーグ開幕は確かに特別な日ではあるのだが、日常への回帰という感覚が強い。今季も全12校を観るべく緻密な観戦計画を立て、全て観た後は、その時点で面白そうなゲームに足を運ぶことにする。堺S1は関西学生リーグの会場の中でもキンチョウと並んでお気に入りのスタジアムである。堺S1はちんまりとしていて屋根がない以外は過不足がない。


関西学生リーグ第2節
大阪体育大学−関西大学
11時30分 堺S1 晴 ピッチ良

大体大          関大
−−−池上−−太田◆檗檗 檗櫺嘆貉貝◆歟櫺辞−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
浅野江郷下⊃考き⊃肱足∪郷紂歐梗膈◆歟羂罩布施
小川羽田−秋山−平田塩谷荒木◆欷饐足C喘
−−−−−野坂−−−−− −−−−−前川−−−−−



大体大 総監督:坂本康博
GK  1 野坂浩亮  185/78 94/11/17 4年 青森山田
DF 20 小川明   172/63 96/05/25 2年 履正社
    3 羽田昇平  178/78 95/11/30 3年 金光大阪
    5 秋山拓也  184/72 94/08/26 4年 愛知産業大三河
MF  6 平田健人  178/70 96/04/22 2年 星稜
   23 江郷下奨  166/60 96/06/10 2年 東海大付属仰星
    7 森永佑   172/60 97/02/20 2年 帝京大学可児
   19 森永和樹  174/63 95/02/23 4年 初芝橋本
   10 池上丈二  165/60 94/11/06 4年 青森山田
FW  9 浅野雄也  169/62 97/02/17 2年 四郷
   24 太田賢生  177/65 96/04/30 2年 星稜
リザーブ
GK 31 立川小太郎 186/74 97/01/04 2年 初芝橋本
DF  4 菊池流帆  186/76 96/12/09 2年 青森山田
    2 太田賢吾  180/70 95/11/16 3年 川崎U−18
MF 28 田中駿汰  182/65 97/05/26 1年 履正社
   11 末吉塁   165/64 96/07/26 2年 初芝橋本
FW 32 林大地            1年 履正社
   26 古城優   180/73 96/10/17 2年 堺西

関大 監督:前田雅文
GK  1 前川薫也  190/83 94/09/08 4年 広島皆実
DF 12 池端翼太  174/71 94/11/30 4年 三重
    3 鯉沼晃   184/74 95/10/03 3年 大宮ユース
    4 荒木隼人  185/75 96/08/07 2年 広島ユース
   24 塩谷仁   168/62 96/04/24 2年 磐田U−18
MF 14 森主麗司  170/63 96/09/25 2年 清水ユース
   18 中井英人  166/66 96/05/09 2年 神戸U−18
    8 布施周士  168/61 94/10/19 4年 東京V・Y
   10 清永丈瑠  175/71 94/10/24 4年 鹿島Y
FW 11 加賀山泰穀 167/62 96/05/14 2年 JFAアカデミー福島
   17 竹下玲王  176/70 95/10/04 3年 磐田U−18
リザーブ
GK 16 松山瑞生  188/78 95/01/09 4年 中京大中京
DF 15 河野貴志  184/76 96/06/17 2年 鵬翔
   25 永保堯   173/68 95/10/23 3年 G大阪Y
MF  6 鈴木拳士郎          3年 磐田U−18
   23 平尾柊人  166/55 94/11/28 4年 福知山
FW 27 俵脩造   172/65 96/12/30 2年 広島皆実
   20 吉井佑将  178/69 95/06/22 3年 大社



立ち上がり、関大が加羂罎鮗瓦縫僖垢魴劼亜C羂罎録生融代、エイトという名前からだろうが、背番号8だったが、下級生の現時点ではレギュラーとは言え18番である。物凄いポテンシャルがあるタイプではないが、クレバーで基本技術に長けて、ショートパスを受けては、確実に味方につなげることのできる潤滑油のような選手だ。パスサッカーには不可欠なタイプ。しかし5分、大体大㉔太田が左からカットイン、倒され、左80度18mの絶好の位置でFK。池上(右足)と浅野(左足)が構え、池上が強振、正確に右隅に叩き込み大体大先制!FKの名手池上が近距離で隅に撃つだけでも防ぎようがないのに、強いボールではどうしようもない。大体大は㉓江郷下が引き気味から左足で組み立て、Э恒瞥い飛び出す。13分、江郷下が後方からドリブル攻め上がり、中央で3人ほど抜き去るが、最後止められる。18分、関大清永が左から切れ込みミドルレンジで左足を強振、キーパー反応できず、バーを叩く。凄まじいシュートだった。20分、大体大蛙恒箆臓関大GK前川が前に出ているのを見てロング、左に外れる。大体大は左右のCKとも池上担当。関大は叡櫺爾快速で加賀山がタイミングよく顔を出し、パスサッカーに変化をつけている。竹下が快速が右突破、右CKゲット。加羂罎右足で蹴る。関大森主から加賀山、叡櫺爾箸弔覆左快速突破から㉔塩谷左クロスはワンタッチあって左CKに。布施はなかなかの名手だが、以前と比べ、あまり仕掛けがない。大体大、江郷下が裏に出し㉔太田飛び出すもオフサイド。41分、大体大㉓江郷下の左クロスを㉔太田右に外れる。決定機。44分、関大セットプレーの流れからスルーパス、ソ山に届かず。前半は1−0で終了。

前半シュート数5(枠内2)対2、CK数3対6、GK数3対5、オフサイド数1対2、クロス数0対3、ファウル数5対1、FK数0対1。

後半開始。いきなり大体大1田から叡櫺爾奪いシュートは弱い。47分、関大加羂罎いいキックもチャンスにつながらず。51分、大体大浅野左突破からシュートは上に外れる。いい形。関大森主は攻守に効いている。ポジション的にマッチアップする大体大Э恒瞥い執拗について行き自由にさせない。56分、関大池端の右クロスに加賀山中でDFの間に入りヘッド、決まって1−1。60分、関大㉔塩谷突っ込むが大体大㉓江郷下に止められる。62分、大体大、右CK、池上のキックに1田大外ヘッドが右上に外れる。DFが甘かった。64分、関大、右クロスを叡櫺爾合わせるが右に外れる。大体大浅野→㉖古城。FWに入り、池上が左ハーフに。69分、関大清永→㉓平尾。72分、大体大㉓江郷下、唐突に左足ミドル、GK前川の胸の高さで正面。難なくキャッチかと思いきやキャッチミス。後逸しゴールイン。大チョンボである。イージーなボールだったので前川はキャッチした後のプレーを考えてしまったのだろうか?2−1。74分、大体大κ薪帳さ特咫関大加賀山→㉗俵。76分、関大池端、右シュートは大体大GK〔邵筌淵ぅ好察璽屐決定機。その右CK。ファーで折り返しす嗅畋で合わせるが上に外れる。決定機。大体大フォアチェックを頑張る太田が奪い1対1を外す。超決定機。81分、関大加羂罌患醗罅85分、関大、右FK叡櫺柴庸砲らクロスは合わず。88分、大体大池上→末吉。90分、末吉から㉔太田シュートブロック。左CKに。超決定機。結局タイムアップ。2−1で大体大が勝利した。

後半シュート数7(3)対5(4)、CK数1対4、GK数6対7、オフサイド数0対2、クロス数3対8、ファウル数5対4、FK数0対2。

互角の内容だったと思う。大体大は人一倍走る㉔太田の頑張りで前への駆動力が高まり、全員がよく走ったし、関大は強力ボランチ陣が良くつないだ。関大はCB陣が空中戦で圧勝、地上戦もなかなかだった。特に鯉沼はプロを狙えるんじゃないかなあ。前回ユニバー代表GK前川は痛恨のミスだが、本来関西ナンバー1GKだと思っている。布施はもっと大胆さがほしかった。


公式記録




関西学生リーグ第2節
桃山大−京産大
14時 堺S1 ピッチ良 晴

桃山大          京産大
−−−−−中井−−−−− −−−和田◆歇蕾悪 檗
−松枝−−西川−岩井 −−−−−−−−−−−−
−−−堂園−石黒−−− 松田A暗帖歟歿群辞1猊
岩崎山添−石津仲− 木原6極椨◆歸鯏牒⊆薜足
−−−−−石原−−−−− −−−−−射庭−−−−



桃山大 監督:松本直也
GK 31 石原祐樹  181/74 94/06/28 4年 神戸U−18
DF  4 岩崎尚将  177/78 96/03/11 3年 九州国際大付属
   38 山添健太  180/73 95/04/26 3年 神戸U−18
    2 石津優介  182/74 96/11/13 2年 広島Y
   29 仲駿幸   171/64 94/08/21 4年 立正大淞南
MF  7 堂園和馬  175/65 95/09/10 3年 神戸U−18
   22 石黒優哉  181/70 94/06/24 4年 C大阪U−18
   16 松枝功起  175/64 95/01/30 4年 広島皆実
   11 岩井健人  167/62 96/03/18 3年 滝川第二
FW 23 西川智史  175/64 95/05/25 3年 富岡
   10 中井涼太  168/60 95/01/16 4年 大阪体育大学浪商
リザーブ
GK 41 中村正識  186/75 94/07/16 4年 滝川第二
DF  3 小田光   178/70 94/09/29 4年 香川西
   27 香川一喜  175/70 96/03/01 3年 前橋育英
MF  8 平山翔            2年 立正大淞南
   24 小松光樹           2年 立正大淞南
FW 19 中林一樹  175/70 94/06/02 4年 香川西
    9 岡佳樹   184/73 94/04/26 4年 東山

京都産業大 監督:古井裕之
GK  1 射庭康太朗 184/74 95/12/07 3年 C大阪U−18
DF  7 守安陸   170/62 95/06/21 3年 神戸U−18
   22 湯田京志  185/76 96/05/20 2年 阪南大学高
    4 橋本侑紀  180/68 96/05/05 2年 C大阪U−18
   40 木原豪   178/62 95/12/09 3年 東山
MF 10 前田悠斗  175/74 94/11/22 4年 東山
    6 竹之下修弥 175/67 95/05/29 3年 C大阪U−18
   15 園部凌平  166/63 96/08/16 2年 G大阪Y
   13 松田岳   173/62 95/12/04 3年 日章学園
FW 26 守屋諒   174/68 97/04/15 1年 東山
   23 和田健太郎 193/86 96/06/28 2年 G大阪Y
リザーブ
GK 17 寺地一貴  180/64 96/02/20 3年 神戸国際大附属
DF 42 美馬和也           1年 神戸U−18
    5 坂手優雅  175/65 94/04/12 4年 C大阪U−18
MF 25 立石和真  174/72 98/01/09 1年 C大阪U−18
FW 16 盒恐臓  172/70 96/08/29 2年 阪南大学高
    9 松井慎太朗 180/69 95/09/22 3年 神戸U−18
   12 久保吏久斗 165/56 97/01/23 2年 C大阪U−18



立ち上がり、両者丁寧にパスを繋ぐ。特に京産大には驚いた。長身和田がいるが、ハイボールはほとんどなく、和田の足元に繋ぐ。対する桃山大も以前のショートカウンター狙いではなく、丁寧に繋ぐ。繋いで裏狙いの中井を走らせる。そして㉒石黒が激しい当たりで潰し、堂園が正確なパスで起点になる。17分、桃山大、クロスに大外で㉓西川ヘッド、外れる。19分、桃山大、裏へ出るもオフサイド。22分、鮎昌泙離好襦璽僖垢豊中井に通りGK飛び出すも先に触り1−0。24分、桃山大左クロスに㉒石黒ニアに走り込み右足アウトで狙うがDFもしっかり体を寄せ左に外れる。決定機。DFもミスを㉓西川カットし力強いドリブルもタックルで止められる。25分、桃山大ご糯に警告。28分、京産大松田が素晴らしい突破倒され、左FK。惜しくも外れる。39分、京産大ハイボールを㉓和田胸トラップから反転シュート弱い。40分、京産大㉖守屋に警告。レイトタックル。必死の守備をした結果。前半1−0

前半シュート数6(3)対2(1)、CK数2対0、GK数3対6、オフサイド数1対1、クロス数3対3、ファウル数7対4、FK数0対1。力の差から桃山大がやや支配しているが京産大もいざとなったら繋ぐサッカーを捨ててハイクロス攻撃もあり得るので悪くない。

後半開始。京産大松田の突破からЪ薜促轡紂璽箸魯屮蹈奪、右CKへ。50分、桃山大㉓西川突破から堂園へ、スライディングタックルで左CKへ。これをショートで繋ぎご篋蠅虜献ロスを㊳山添が中で競り勝ちヘッド。2−0。51分、京産大松田→松井。55分、京産大ざ極椶坊拗陝ラフ。55分、京産大㉓和田→淫盒供58分、京産大、左CK、前田の右足に㊵木原ヘッド炸裂!と思ったら公式記録は㉓和田になっている。ちなみに公式記録でも55分に和田が交代しているのに56分に決めていることになっていて、明らかに矛盾がある。2−1。62分、桃山大岩井の右クロスに㉒石黒ボレーは上に外れる。決定機。62分、桃山大㉓西川→岡。2トップに変更。67分桃山大園部→ズ篌蝓76分、桃山大中井→鈎耄咫79分、桃山大ズ篌蠅坊拗陝キーパーへのラフ。81分、㉖守屋がフォアチェックでラフ。2枚目の警告で退場。懸命に守備した結果とはいえ……。82分、桃山大、∪伉鼎坊拗陝H織好檗璽帖84分、桃山大㉒石黒→平山。90分、京産大ロングボールに淫盒業瑤喀个垢シュートはGK石原ナイスセーブ。超決定機。91分、京産大前田に警告。異議。93分、桃山大、岩井に警告。遅延。結局桃山大が2‐1で逃げ切った。

後半シュート数2対5、CK数1対6、GK数3対3、クロス数4対0、ファウル数5対7.京産大は必死の守備でリズムを奪い返したが。決定機にはなかなか至らなかった。まあ順当でしょう。


公式記録



2016年04月13日(水) プレミアリーグ第1節 神戸弘陵−名古屋(4月10日)

新人戦を観たとき神戸弘陵の個人能力の高さには驚いた。すば抜けた選手こそいないが、おそらく今年度の高体連トップクラスだろうと。一方で組織力が壊滅的にないことにも驚いた。新人戦は優勝したけどまさに個人能力だけだった。チームを仕上げる時間がなかったのは分かる。だがプレミアリーグ開幕まで2か月、間に合うのか、と。ましてや相手はいくら神戸弘陵が高体連では個人能力がトップクラスとは言え、その個人能力で上回るクラブ勢なのだから。前日のゲーム観た限りでは神戸弘陵は個人技で有名な大津すら上回る。一方名古屋は昨年に奇跡の残留したが、チームとしてバラバラだった。どう立て直しているか。4



プレミアリーグWEST
神戸弘陵学園高校−名古屋グランパスU18
13時30分 万博陸 ピッチ良 晴


神戸弘陵         名古屋
−−−村山−−住田◆檗檗 檗檗歐舎戞檗欒畛魁檗檗
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
安達−木野−−谷後−竹村⊃浦⊃原 歐田田中
野中−木村−−中垣−渡辺 横山−青山◆飮葦此鬱榲膈
−−−−−鈴木−−−−− −−−−−田渕−−−−−



神戸弘陵 監督:谷純一
GK  1 鈴木悠太  182/72 98/06/02 3年 太田F.C
DF  3 木村俊文  172/63 99/01/10 3年 伊丹FCジュニアユース
    4 渡辺玲斗  177/69 98/05/27 3年 神戸FCジュニアユース
    5 野中歩真  167/55 98/11/06 3年 イルソーレ小野
   18 中垣智博  174/71 99/10/16 2年 FCフレスカ神戸
MF  7 木野剛基  166/56 98/08/28 3年 西宮市立上ヶ原中
    8 谷後滉人  176/60 98/07/10 3年 COSPA FC
   10 安達敬祐  171/63 98/12/15 3年 CALDIO FC
   17 竹村史明  171/60 99/07/23 2年 FCフレスカ神戸
FW 11 村山健   174/65 98/07/18 3年 ヴィッセル神戸U−15
   22 住田翔   170/61 99/08/22 2年 但馬SCリベルテ
リザーブ
GK 12 岡田峻汰  179/64 98/12/01 3年 相生市立双葉中
DF 20 権勝星   178/68 99/10/25 2年 ヴィッセル神戸U−15
   24 今井涼太  164/58 00/01/04 2年 エベイユFC神戸
MF 14 上月翔聖  169/59 00/02/01 2年 イルソーレ小野
   23 山岡柊威  166/56 00/03/31 2年 横浜ポラリスFC
FW  9 本庄啓太  175/66 98/08/24 3年 相生市立双葉中
   16 立岩玄輝  172/60 99/05/29 2年 センアーノ神戸ジュニアユース

名古屋 監督:山崎真
GK  1 田渕佑   191/84 98/05/11 3年
DF  2 宮島裕   165/60 99/05/14 2年
    3 青山夕祐  176/72 99/05/08 2年
    4 三浦康希  176/64 98/07/06 3年
MF 10 梶山幹太  167/60 98/04/24 3年 FC五十嵐ジュニアユース
   11 田中彰馬  173/66 98/06/13 3年
   26 菅原由勢  176/64 00/06/28 1年
FW  7 横山聡大  164/66 98/11/13 3年
    9 深堀隼平  176/69 98/06/29 3年
   14 杉浦文哉  172/63 99/09/23 2年
   18 杉田将宏  164/62 99/11/24 2年 Nagoya S.S.
リザーブ
GK 21 久島隆維  182/64 00/04/18 1年 FCフェルボール愛知
DF  5 菊地貫太  180/66 98/08/14 3年
MF  6 杉本崇太朗 173/64 99/02/12 3年
    8 原田拓季  171/64 98/05/23 3年 
   13 北邑拓也  166/57 99/04/05 2年
   15 吉田雄汰朗 164/53 99/04/19 2年
FW 12 金亮哉   175/50 99/04/25 2年



立ち上がり、名古屋の個人能力の高さが見て取れた。しかし神戸弘陵は素早くタテに入れ、FWは名古屋ボランチへのパスコースを遮断し、ボールを奪えばスペースに流れて起点になる。攻撃は立ち上がり中盤を省略し、素早い攻めでペースをつかむ。入りは圧倒的に神戸弘陵がいい。3分、神戸弘陵右FK、木野(右足)と安達(左足)が構え、木野蹴るがゴールライン割る。5分、名古屋田中が右突破、杉浦へ、シュートはセーブ。決定機。7分、名古屋梶山カットインシュート、上に外れる。10分、神戸弘陵村山初シュート、右上に外れる。名古屋は深堀が快速で力強さもあり、強烈な存在感。田中も物凄いスピード。梶山はタメを作れて、味方の上がりを促す。何田の展開や㉖菅原の潰しも強烈で、ボランチは守備面で貢献度が高いが攻撃面ではあまりパスが来ない。DF陣も圧倒的な守備力で、攻守にわたり1対1は圧倒的な勝率を誇る。対する神戸弘陵は谷後が守備力で中盤を締めつつ、飛び出す状況判断もいい。木野はビルドアップの起点になる。そしての呉屋がボランチを空け過ぎなので、神戸弘陵のボランチの良さが出てしまう。安達はレフティで正確なクロスあり。L畋次↓加羈世裡達促灰鵐咾蝋發気坊腓院■餌丕韻任睥勢ながら、ギリギリのところで粘れる執念がある。DFとしてもっとも重要な責任感を感じる。15分、名古屋梶山、右でドリブルから㉖菅原、田中、宮島とつなぎ、右ミドル、上に外れる。直後にも右パスを深堀が裏を取り何田へ、しかし神戸弘陵DF良く戻りカット。18分、神戸弘陵、せ葦困留Ε轡紂璽函↓安達触り、こぼれを木野シュート、セーブを叡歛鴫,傾む。1−0。まさにラッシュパンチだった。20分、神戸弘陵村山タメてヌ鄰羣献ロス、GK‥爪璽ャッチ。この安定感と言い、田渕も並のGKではない。素晴らしい逸材だ。23分、名古屋、正面27mFK、深堀(右足)と田中(右足)が構え田中が右隅を襲うがセーブ。決定機。その右CK、田中のキックは逸機。27分、神戸弘陵左クロスに村山落としづ亙娜Εロスは合わず。29分、神戸弘陵、右CK、安達の左足に叡歛次右アウトにかけたシュート外れる。ワンタッチあり。竹村が意外にシュートテクニックもあり、思い切りの良さと言い、なかなかの好選手。その右CK、安達の左足からショートで叡歛爾坊劼右クロス、谷後中でフリーで飛び込みヘッドで逸らす。決まって2−0。33分、名古屋何田強烈なミドル、左隅、セーブで左CKへ。38分、神戸弘陵谷後から村山から㉒住田へ、ヘッドはライン上ブロック、ノーゴール。神戸弘陵加羈世名古屋梶山に奪われ左クロス、L畋爾茲カットし左CKに逃げる。40分、神戸弘陵深堀から裏へ、名古屋宮島故意に倒し警告。41分、神戸弘陵、右FK、木野、安達、安達のキックがファーに飛ぶがクリア。結局前半は2−0で終了。

前半シュート数5(5)対6(3)、CK数3対4、GK数5対2、オフサイド数0対4、クロス数5対9、ファウル数2対11、FK数3対1。何というか、個々の能力で優る名古屋のバラバラ感があった。個々の能力では劣るとはいっても神戸弘陵のそれも高体連トップクラスなわけで、組織力で明らかに劣っては戦えない。1対1で勝ってもサッカー11対11の勝負。神戸弘陵が割り切ったサッカーをしていることもあって、名古屋はなかなか勝機を見出せなかった。

ハーフタイム、名古屋㉖菅原→杉本。FWに入り梶山がボランチに。ビルドアップ重視の起用かと思われる。ハーフタイムで一旦集中を切ると、後半は入りが駄目でペースを握られるチームも多いが、神戸弘陵はそのあたりもしっかりしていて、再びシンプルにボールを蹴る。そして名古屋のボランチに入れさせない。51分(後半6分)、神戸弘陵ヌ鄰罎裏へ叡歛柴佑湛むが名古屋DF辛うじてクリア。52分、神戸弘陵、左CK、木野のキックは名古屋GK田渕ナイスパンチ。右CKへ。安達のきっくに加羈瀬轡紂璽箸癸庁謄屮蹈奪。53分、名古屋、右CK、杉本、左足、クリア。54分、神戸弘陵村山、木野とワンツー、村山アウトにかけるシュート、上に外れる。この辺りから神戸弘陵が中盤を使い始め、木野の攻撃センスが発揮される。谷後が守備のボランチ、木野が攻撃のボランチである。56分、神戸弘陵村山ターンから㉒住田オフサイド破り、突っ込むが名古屋DF止める。苦しい状況でも止めてしまう名古屋DF陣の能力の高さがさすがだ。58分、神戸弘陵安達→上月がFWへ。村山が左ハーフに下がる。村山は素晴らしい加速力があるからサイドハーフでも活きるタイプだと思う。60分、名古屋宮島右クロスも神戸弘陵DFカット。61分、その右CK、ショートで梶山クロスに飛び込むがシュートブロック。田中右CKはファーに抜ける。62分、神戸弘陵㉒住田→本庄。公式記録では66分の交代となっているが、明らかに違う。65分、神戸弘陵左クロスこぼれを木野に納まるがクリア、左CK。これもショートで繋ぎファーでづ亙婉イ蟾腓けΓ達砲悄これは木野担当。加羈世砲海椶譴襪クリア。69分、名古屋深堀にクサビ、ターンシュートはブロック。70分、名古屋杉浦→吉田。左ハーフ。71分、名古屋、バックラインから何田、田中、深堀とつなぎシュートは左隅、外れる。決定機。その直後神戸弘陵、中央右寄りで受けた叡歛爾加速して振り切り左隅に弾丸シュート、決まって3−0。74分、神戸弘陵上月スルーパスに村山左シュート、右に外れる。超決定機。77分、神戸弘陵上月左クロス、村山落として本庄シュートもブロック。78分、神戸弘陵、村山が左でGK外してパスに上月届かず。78分、神戸弘陵木野→山岡。81分、名古屋裏を取り深堀1対1を上に外す。超決定機。82分、名古屋杉本→金。ターンの鋭い選手。深堀タメて田中右クロスにР山シュート、上に外れる。思い切った上がりだった。85分、神戸弘陵村山→偉岩。86分、神戸弘陵スルーパスに上月シュートはブロックで右CK。中垣欧鉾織好檗璽弔之拗陝87分、[詭擇肪抉笋之拗陝90分、神戸弘陵づ亙妁憾◆90分。権に遅延で警告。91分、名古屋田中→北邑。92分、神戸弘陵、上月に警告。反スポーツ。結局3−0で神戸弘陵が勝利した。

シュート数7対8、CK数4対4、GK数7対5、オフサイド数0対2、クロス数2対7、ファウル数4対6、FK数1対1。

結局神戸弘陵のゲームプラン通りだったのだろう。終盤の警告ラッシュも無駄な警告だとは思わなかった。この相手には一瞬のすきも見せられない、という気迫を感じた。竹村も凄かったが、マン・オブ・ザ・マッチには谷後を推したい。中盤をよく締め、名古屋のインサイドを良く封じた。これほど強いなら高体連の大会では全国制覇を狙うしかないでしょう。

名古屋はこんなに個人能力が高いのに、どうしてこうも連携がうまくいかないのだろう?トップ昇格の可能性を感じる選手は何人かいたし、J2下位になら入れそうな選手もそれなりにいたのに噛み合っていない。当分は苦戦しそうだ。

公式記録



2016年04月12日(火) プレミアリーグ第1節 G大阪−大津(4月9日)

長居での第2試合が15時前に終わって、万博16時30分キックオフの試合に移動するのはなかなかタフである。C大阪のG大阪のホームスタジアムはそれくらい離れている。地下鉄御堂筋線・北大阪急行線で千里中央まで行き、モノレールで万博記念公園駅から支線に乗って一駅、公園東口からスタジアムへ向かうとキックオフ1時間前だった。

大津(おおづ)高校は高体連屈指の技巧派集団である。育成では抜群の実績を誇り、個性あふれる選手たちを育ててきた。ただ、トーナメントで勝てないチームとしても有名で、全国制覇がいまだないのは高校サッカーの謎の一つになっている。今季からプレミアリーグに再昇格した。以前の「上手いけど勝負弱いチーム」からだんだん力強さや勝利への執念が感じられるチームになってきた。技術では高体連屈指とは言え、Jクラブほどではないし、このリーグは勝利への執念が求められる。それを観たい。粘り強い守備なしに高体連が残留するのは至難の業なのだから。なお名将平岡先生は教頭就任を機に総監督となっている。

対するG大阪はユース出身で各カテゴリーで代表の中心選手だった宮本さんが今年からユースの監督になっている。きっちりジャケットを着て、好感の持てるいで立ちである。G大阪は昨年がピークだったので今年は落ちるとみなされている。とは言えG大阪はG大阪。今年も強いだろう。


プレミアリーグWEST
ガンバ大阪ユース−大津高校
16時30分 万博陸 ピッチ良 晴

G大阪          大津
−−−−−佐藤−−−−− −−−山田−−藤山−−−
−食野−−西田−−松本− −−−−−−−−−−−−
−−−梅津◆歇破椨◆檗檗‥鎮罅殃‥膈 歙从筺歉掌境
山下−上岡−−足立⊃山 江原−吉本−−大嶋−佐藤
−−−−−渡辺−−−−− −−−−−前田−−−−−



G大阪 監督:宮本恒靖 前所属記載なしはガンバ大阪ジュニアユース、
堺はガンバ大阪堺ジュニアユース、門真はガンバ大阪門真ジュニアユース出身
GK  1 渡辺健太  188/77 98/04/28 3年
DF  2 杉山天真  174/68 98/06/26 3年
    3 足立丈英  184/71 99/04/17 2年 イルソーレ小野
    5 上岡朋樹  179/73 98/05/30 3年
    6 山下令雄  171/62 98/05/19 3年
MF  8 西田一翔  166/60 98/04/28 3年
   14 梅津克貴  174/57 99/04/03 2年 アスぺガスFC
   20 芝本蓮   172/59 99/07/22 2年
FW  7 松本歩夢  177/67 98/04/28 3年
    9 佐藤倭   171/66 98/08/08 3年 知多SC
   10 食野亮太郎 171/68 98/06/18 3年
リザーブ
GK 16 谷井宏気  185/85 98/10/28 3年
DF 18 臼井貫太  173/61 99/10/09 2年
MF  4 小林和矢  173/67 98/04/03 3年
   15 林実祈   169/62 98/06/03 3年 堺
   17 山下諒   170/60 99/08/23 2年 MIOびわこ滋賀U−15
FW 13 久本侑弥  173/65 98/04/15 3年 門真
   19 白井陽斗  170/60 99/10/23 2年 門真
大津 総監督:平岡和徳 監督:古閑健士
GK  1 前田勇矢  183/68 99/01/01 3年 ルーテル学院中
DF  2 江原萌   170/59 99/02/08 3年 ロアッソ熊本ジュニアユース
    3 佐藤和高  172/68 98/12/20 3年 ソレッソ熊本
    4 大嶋凌成  180/65 98/08/24 3年 大分トリニータU−15
    5 吉本康英  177/67 98/07/06 3年 熊本YMCA FC U−15
    6 福島隼斗  180/70 00/04/26 1年 宇城市立松橋中
MF  8 石坂竜哉  174/64 98/10/21 3年 ブレイズ熊本
   10 田中匠   164/59 98/05/30 3年 鎮西中
   14 山田康太  173/62 98/04/02 3年 エスペランサ熊本
   17 松原亘紀  170/61 00/09/20 1年 ソレッソ熊本
FW  9 藤山雄生  181/67 99/01/11 3年 島原市立第一中
リザーブ
GK 16 豊川佳祐  173/63 98/12/15 3年 FC MARRY GOLD KUMAMOTO
DF 13 瀬戸大貴  176/64 98/10/31 3年 ルーテル学院中
MF 19 渡口光彦  165/58 99/12/04 2年 FC CRECER
   22 福富慎太郎 174/64 98/12/26 3年 ロアッソ熊本ジュニアユース
FW 11 水野雄太  170/59 00/11/21 1年 ソレッソ熊本
   30 大竹悠聖  175/65 00/07/13 1年 ブレイズ熊本



試合開始。大津は十分上手いのだが、G大阪との技術瑳がありすぎて、ただ頑張るチームにすら見える。しかし頑張る・執念というのは大津が全国制覇に向けて欠かせないキーワードなので、プレミアリーグで執念を見せれば、高体連のトーナメントで生きてくるだろう。4分、G大阪は大津にカウンターを受けるところを高い位置で奪って逆カウンター、右のЬ硝椶フリーでクロス、中で佐藤が難なく決めて1−0。大津は江原がいい左足キックがあり、上がれないながらもビルドアップで貢献する。CB陣はG大阪のアタッカーに空中戦で圧勝。田中は中体連出身ながらもなかなかのテクニシャンで仕掛けられる。山田は引いて守備も懸命に頑張る。藤山がCFタイプだが、ロングボールはG大阪CB陣にことごとく競り負ける。ガンバはB立が素晴らしい高さと正確なロングフィードがあり、なかなかのポテンシャルを感じる。⊃山は素早いアップダウンを見せるが、味方が判断の早さについて行けない。超攻撃的サイドバック。左の山下はレフティーでこちらも上がりが早い。梅津はしばしば下がり後方でのビルドアップに加わる。Ь硝椶浪速を活かした突破、鋭いターンと高さもあり、右から脅威になる。食野は細かいタッチのドリブルが武器で一見スピードなどの身体能力はないが、ボディバランスが抜群で、少しタッチをミスしても次のプレーにつなげられる修正も早い。桓破棔↓╂湘弔離疋螢屮襪眩農欧蕕靴ぁ佐藤は動き出しが早い。CBゾ絏はフィードミスも散見されるがパワフルで潰しが強烈。G大阪は繋ぎ倒すが、タッチが乱れた後の修正の早さが圧倒的で、浮いてもファウルにならない範囲で足を上げて味方に繋ぐ。大津も必死に追うが振り回されっぱなしである。7分、G大阪、右スローインからЬ硝椶ターン、裏へ、佐藤右シュートはGKキャッチ。決定機。9分、G大阪B立の素晴らしいロングフィード、佐藤抜けかけるが大津CBサ繁椒僖錙爾濃澆瓩襦16分G大阪、山下から食野とのワンツーで山下左クロス、大津サ繁椶ニアでカット。右CKへ。食野が右足で入れるがクリア。19分、G大阪、左スローインからサイドチェンジ、Ь硝椶右クロスもカット。23分、大津山田→水野。意図は解らず。山田は徹底的に走らせ疲れたところで交代というゲームプランに見えたが。怪我でもないと思う。28分、G大阪╂湘弔ら山下へ、左パスに食野シュートはワンタッチで左CKへ。34分、G大阪桓破椶らЬ硝椶悄右クロスは大津江原がカット。38分、大津、右クロスに大外で水野が受けるが撃てず。39分、大津田中の左クロスを大外で云掌兇落すもクリア。松原はレフティーの右ハーフで、タメを作れるタイプ。大津は高さでは勝てないからクロスは大外で折り返すプレーを狙っているようにも見える。G大阪⊃山が右深くへ素晴らしいフィード、佐藤がシュートは右隅を襲うも弾く。決定機。42分、G大阪桓破椒好襦璽僖垢豊佐藤右裏を取りクロスはクリア。43分、G大阪、食野からЬ硝棔↓⊃山とつなぎクロスは中に合わず。決定的クロスだった。46分、G大阪╂湘弔離好襦璽僖広佐藤がスルーして食野トラップからシュートはブロック。決定機。更に佐藤シュート、右に外れる。決定機。結局前半は1−0で終了。

前半シュート数5(4)対0、CK数2対0、GK数5対1、オフサイド数2対0、クロス数8対4、ファウル数3対5、FK特になし。G大阪の猛攻が続いたが、大津もよく耐え、」後半勝負に持ち込んだ。とは言え走らされているので早いうちに追いつかないと厳しい。

後半開始。47分、大津ミドルは正面。初シュート。気迫を見せておこうと言った印象。5分、G大阪、食野から⊃山右クロスに佐藤飛び込むが左に外れる。決定機。大津云掌兇離┘襯棔次↓山下の胸に当たるがノーファウル。大津、左CK,中でヘッドも弱くキャッチ。大津は後半気迫を前面に出し、入りは抜群で、自分の時間帯を作ろうとしている。53分、G大阪山下からЬ硝椶悄⇒遒箸靴騰⊃山の右クロスは佐藤に届かず。直後に食野のスルーパスに╂湘頂献ロス、合わず。54分、大津云掌兇離好襦璽僖垢豊藤山が右スペース、右クロスに水野飛び込むが当たり損ね。決定機。58分、G大阪、ワンツーでЬ硝椶裏に飛び出すが、GKキャッチ。59分、G大阪⊃山から裏へ、佐藤飛び出すが大津DFカット。61分、大津右サイドバック佐藤の右クロスがファーに流れ、田中、左クロスはカット。流れから田中の左クロス藤山シュート、G大阪⊃山ブロック。64分、G大阪佐藤→廓魄罅G大阪食野、カットインシュートは上に外れる。71分、G大阪廓魄罎離ットから╂湘鎮罎僕遒箸鍬食野が切れ込みペナギリギリシュート、決まって2−0。73分、大津云掌侠渡口、G大阪╂湘帳瓜害捨福76分、G大阪食野スルーパス瓜害捨丙献ロスはミス。79分、大津水野→㉚大竹。交代選手の交代。一番負担の重いポジションとは言え、意図がイマイチ分からないと思ったらなかなか強い選手だった。とは言え、後半半ばまで粘っていた大津が限界に達した感じが見て取れる。82分、G大阪ゾ絏が右に素晴らしい展開、Ь硝椶右突破は最後止められる。上岡もいいフィードを持っていたが、この展開は素晴らしかった。83分、大津、右CK、嚇聾が左足で入れる。85分、G大阪⊃山→ぞ林。杉山はよく走った。無駄走りも多かったが、クリエイティブな無駄走りというやつだ。味方がもう少し使いたかった。大津、裏に出し㉚大竹が全く角度のないところから思い切ってシュート、セーブ。右CKに。これは中でκ‥腑悒奪鼻⊂紊乏阿譴襦7萃蟲 89分、大津、κ‥腆㉒福富がボランチに。福島は痛んでいた。90分、大津ぢ臈茲坊拗陝ラフ。G大阪食野痛む。93分、大津右CK、嚇聾の左足はG大阪のGKパンチで防ぐ。タイムアップ。

後半シュート数3(2)対5(3)、CK数0対5、GK数5対2、オフサイド数1対0、クロス数4対9、ファウル数5対7、FK数0対1。大津が懸命に頑張り、数字上と言うか、一見大津ペースだったようにも見えるが、チャンス数から言ってやはりG大阪ペースだったと言えるだろう。大津はドリブルもパスも上手くいかないが、守備からリズムを作ろうとして、内容の割にロースコアゲームに抑えたことは称賛に値する。負けたが、大津がまた一段上の段階に進んだと思った。CB陣は高さやパワーはあるが、素早いFW相手にどう守るか?G大阪佐藤に大苦戦だったし、とにかく中盤がパスコースを寸断するしかないだろう。κ‥腓鰐滅鬚い隼廚い泙靴拭C鰐だけど忠実にコースを潰し、サッカーをよくわかっている感じ。なかなかの逸材で、今後どう化けるか?

G大阪は中盤が強力だけど、昨年が強烈すぎて、爆発力の無さを感じた。つまり昨年のアタッカー陣ならもっと点が取れたと思った。ただバックラインが固いので、着実に勝ち点を積み上げることのできるチーム。期待できると思いますよ。


公式記録



2016年04月11日(月) プレミアリーグ第1節 神戸−東福岡(4月9日)

東福岡は言うまでもなく並外れた高校チームである。高体連サイドが広島ユースを部活みたいなクラブなどといささか失礼な褒め言葉を口にしているらしいが、逆に東福岡はクラブみたいな部活とも言えるだろう。通常Jクラブのジュニアユースから高校部活に入る選手というのはユース昇格出来なかった選手であり、高校部活はトップレベルのJユースよりも落ちるものである。たとえばプレミアリーグは東西ともクラブ7チーム、高校部活3チームである。しかし東福岡はむしろJクラブの中心選手がユース昇格を断り入る。少し前までアビスパ福岡からも入っていた。九州のJユースが福岡と大分以外は後発で、トップクラスのクラブが少なかったという事情はある。今もプリンスリーグに参加しているクラブは福岡と熊本だけだ。だからトップクラスの力がある東福岡の求心力に引き寄せられる。そして部員250人という日本一の部員数を誇る高校になった。昨年はプレミア西で2位。まさに最強の高校である。

この試合の注目ポイントは本来神戸が1ボランチの4−3−3、東福岡が4−1−4−1でそのままだと双方1ボランチの位置に攻撃的MF2枚が入ることになり、マークしきれずオープンな撃ち合いになるので、どう工夫するかだった。しかしふたを開けてみれば神戸がフォーメーションを変更し4−4−2としている。これは東福岡対策なのか、それとも3月にも4−4−2を見せており、最初から今期の基本フォーメーションなのかは分からない。なおエース向井章人はなぜかベンチにも入っていない。彼の高速ドリブルは例年屈強な東福岡DF陣には効くと思うのだが。

東福岡は背中にANAがスポンサーに付いており、胸にも何かスポンサーロゴがある。昨年の京都橘に続いて高校部活では珍しいスポンサーである。東福岡レベルなら宣伝効果はかなりあるかもしれない。

プレミアリーグWEST
ヴィッセル神戸U−18−東福岡高校
13時 長居 ピッチ良 晴


神戸           東福岡
−−佐々木◆欅属罅檗檗檗 檗檗檗檗歹0罅檗檗檗檗
−−−−−−−−−−−− 青木−盥勝檗歹川−福田
永澤−野田−−谷川∈監◆檗檗檗檗欸先−−−−−
白石−小林 歉綸帖歔粟遶⊂田−児玉−−阿部中村
−−−−−鶴田−−−−− −−−−−前島−−−−−



神戸 監督:野田知 前所属記載なしは神戸U−15、伊丹は神戸伊丹U−15出身
GK  1 鶴田海人  180/72 98/04/16 3年 伊丹U−15
DF  2 前川智敬  169/63 99/04/07 2年
    4 白石健   170/64 98/08/01 3年 スマイス・セレソン
    5 上田駿斗  181/68 98/04/14 3年
   32 小林友希  181/67 00/07/18 1年
MF  7 佐藤昴   164/63 99/06/11 2年 長岡ジュニアユースFC
    8 野田樹   181/71 98/04/02 3年 神戸FCジュニアユース
   10 安井拓也  172/65 98/11/21 3年
   23 谷川勇磨  168/63 99/07/26 2年 
FW 11 永澤竜亮  161/58 98/09/25 3年 ガンバ大阪門真ジュニアユース
   22 佐々木大樹 180/73 99/09/17 2年 レスポール浜田FCジュニアユース
リザーブ
GK 21 大原悠太朗 185/77 99/05/06 2年 伊丹
DF 19 山川廉   183/75 98/07/07 3年 アスぺガスFC
   25 本山遥   171/71 99/06/05 2年 
MF 18 船越大夢  173/60 00/05/09 1年
FW  9 野原健太  175/70 98/08/25 3年 那覇市立石田中
   14 原尊    170/66 00/06/17 1年 上州FC高崎
   15 升岡栄喜  166/67 98/04/08 3年

東福岡 監督:森重 潤也
GK  1 前島正弥  184/79 98/08/18 3年 長崎レインボーSC
DF  3 小田逸稀  173/68 98/08/23 3年 サガン鳥栖U−15唐津
    4 児玉慎太郎 178/65 98/06/25 3年 レオーネ山口U−15
   15 中村駿   178/73 99/05/05 2年 大分トリニータU−15
   22 阿部海大  182/71 99/09/18 2年 スマイス・セレソン
MF  6 鍬先祐弥  176/68 98/05/15 3年 長崎南山中
    7 青木駿   170/60 98/04/14 3年 長崎南山中
   10 藤川虎太朗 173/60 98/07/24 3年 サガン鳥栖U−15
   11 盥称鎹  173/62 98/06/27 3年 ロアッソ熊本ジュニアユース
   18 福田湧矢  176/70 99/04/04 2年 小倉南FCジュニアユース
FW  9 藤井一輝  178/75 98/07/17 3年 ルーヴェン福岡FC
リザーブ
GK 14 中村駿介  183/75 98/04/24 3年 CAグランロッサ
DF 12 西村匠汰  177/68 98/06/29 3年 UKI−C.FC
   13 田中輝   160/55 98/04/14 3年 福岡BUDDY FC U−15
MF 16 青木真生都 165/60 99/04/30 2年 サガン鳥栖U−15唐津
   17 濱田照平  178/68 98/06/12 3年 サガン鳥栖U−15唐津
   21 姫野天輝  169/65 98/06/16 3年 West Kids Duel FC
FW 20 佐藤凌我  179/69 99/02/20 3年 福岡市立次郎丸中



試合開始。立ち上がり、両者慎重である。神戸は㉒佐々木が東福岡の屈強なCB陣に潰され、起点になれない。両サイドのШ監と永澤は仕掛ける力があるが、すぐに東福岡が対応し、複数で囲む。野田はシンプルに捌き、パワフルな持ち出しもあり、東福岡はシャツを引っ張ったりして止めにかかる。東福岡も藤井が神戸CB陣に潰され、藤川らが飛び出せない。Ψ先は簡単に捌き、守備でも奮闘。鍬先と藤川の出来次第のチームだという印象を受けた。神戸㉜小林は1年生ながら、パワフルで空中戦に強く、左足の正確なロングフィードが武器で、神戸では野田とともに目立っている。東福岡は左サイドが攻守によく頑張っている。Ю通擇牢萃イ襪海箸鯒磴錣譴篤った感じ。小田のしゅびりょくもなかなか。8分、東福岡盥召右CKを右足で蹴るが流れる。12分、東福岡せ玉のバックパスが神戸㉒佐々木へ、ドリブルで㉒阿部に仕掛けるが抜ける気がせず、止められる。13分、東福岡盥召離蹈鵐哀轡紂璽函∩瓦可能性がないが初シュートをとりあえず撃っとけ、という感じ。16分、神戸㉜小林が得意の左足ロングフィードに裏に抜け出した安井が飛び出したGKの鼻先でループシュート、決まって1−0。双方ポゼッション重視だが前のほうで繋げるのが神戸で、後方で回すのが東福岡。ビルドアップ能力は神戸に分がある。24分、神戸で鮴弌∩農欧蕕靴ぅーバーラップから左クロスは流れる。26分、東福岡、右CK、盥召留βはアゲインも共に逸機。28分、神戸、右クロスにで鮴丱悒奪匹盧犬乏阿譴襦惜しい。30分、神戸、サイドチェンジから永澤突っ込むも、東福岡㉒阿部が止めた。阿部は案外ドリブルにもしっかりついて行ける選手だ。32分、神戸Ш監から裏狙いの㉒佐々木に通るがオフサイド。33分、東福岡盥召らЮ通擇悒僖后右上隅に絶妙シュート、決まって1−1。ワンチャンスをものにした。東福岡はパス回しでは劣るが、思い切って仕掛けたり、シンプルにクロスを入れたりと「決断」している。神戸は勝負が少ないので、支配しつつも撃てない。36分、神戸野田の突進、シャツを引っ張られるが重戦車のような力強さであるが、東福岡も何とか止める。38分、神戸㉜小林の左足フィードにШ監F佑湛み、東福岡小田が倒し、ペナ右FKゲット。大外に出し折り返すがクリア。39分、神戸、永澤左クロス、Ш監が左隅を襲うシュート、東福岡GK〜暗隋▲后璽僉璽察璽屐7萃蟲 40分、神戸、安井のシュートにШ監H娠し、スライディングシュートに行くもクリア。前半終了。1−1。

前半シュート数3(3)対3(1)、CK数1対3、GK数4対5、オフサイド数1対1、クロス数1対7、ファウル数3対3、FK数1対0。クロスの差に決断力の差を感じる。もちろん神戸もポリシーとして繋いで崩すサッカーを狙っているのだが。形は神戸のほうが作っていたが、東福岡も許容範囲内だろう。

後半開始。いきなり神戸㉓谷川に警告。後ろからのタックル。東福岡Ψ先は力強いキープ。守備もいいし、ミスも少ない。あとは大きな展開があればもっといい選手になれる。神戸Ш監から野田から裏へ、GK出て防ぐ。後半開始から神戸が一方的に支配する。東福岡もよく耐え、一度はいきなり小田がオーバーラップから左クロス、藤井と藤川は飛び込むも合わず。60分、神戸、Ш監→原。FWに入り、安井が右ハーフへ。Ш監は良くかき回した。ただ疲れていたし、東福岡小田が攻守にタフなので、予定通りの交代かも知れない。64分、東福岡盥勝∋迭櫃韻謄轡紂璽箸魯屮蹈奪。東福岡藤井→敢監。藤井は孤立気味で神戸CBにプレッシャーを掛け続けて消耗していたが、素晴らしいファイトだった。佐藤はそのままCFに。68分、神戸で鮴个ら㉓谷川を東福岡敢監L瓩辰謄ット。70分、東福岡Ю通擒円静帖神戸の右の攻撃に消耗していた。青木は素晴らしい奮闘だった。と言うか、東福岡は全体的に試合で120パーセントの力を発揮する習慣が身についているというか。神戸原は速くて、東福岡CB陣が手こずる。73分、神戸㉒佐々木のポストから左の永澤へ、斜めに突っ込むが、東福岡DF良く戻り逸機。その左CK、安井のキックにファー㉜小林が左足ボレー、左に外れる。決定機。75分、東福岡の左クロスこぼれるがクリア。78分、東福岡のFK、盥召離轡紂璽箸亙鼻35分、神戸㉒佐々木が足を攣る。しかしプレーを止めず、東福岡が回す時間になる。36分、神戸㉒佐々木→野原。レギュラークラスの選手。80分、東福岡右クロスに藤川ボレー、上に外れる。決定機。81分、東福岡円静弔留Εロスに中で藤川合わせて左サイドネットへ決まる。1−2。佐々木が足を攣った時間帯で一瞬東福岡の流れになったのを全員が共有した。神戸は逆に速やかに交代させたり、強烈なリーダーがいればこうはならなかっただろう。84分、神戸、左CK、安井のキックにファーで㉜小林競り勝つもヘッドは右に外れる。決定機。86分、神戸、右FK、ゾ綸張悒奪匹罵遒箸垢GK抑える。90分、神戸原が左クロス、大外で∩粟遒フリーでヘッド、右サイドネットに外す。超決定機。前川はジャンプしたとき足を攣った。92分、東福岡、裏を取った敢監がGKを上をループで抜き1−3。結局東福岡が勝利した。

後半シュート数4(0)対5(3)、CK数1対2、GK数5対6、オフサイド数1対0、クロス数3対11、ファウル数5対7、FK数2対1。やはりクロス数に特徴が出ていたと言っていい。神戸は支配していたが、最後まで繋ぎ倒すサッカーをしていた。力量は互角だったと思うが、このゲームでは神戸は決定力を欠き、ゲーム運びでも劣った。どっちに転んでもおかしくなかった。

小林について。左足ロングフィードと空中戦の強さが目立った。東福岡のCF人をほぼ完封、2列目の飛び出しにも良く対応した。ピッチ内で一番プロに近い選手だろう。大型でありながら足運びが小まめだから、小柄なドリブラーにも対応できる。レフティというのも稀少価値。順調に成長してほしいものだ。1年生の間はU−18で揉まれて、成長如何でサテライトリーグに起用してほしい逸材だ。


公式記録



2016年04月10日(日) プレミアリーグ第1節 京都−広島

プレミアリーグWEST
京都サンガF.C.U−18−サンフレッチェ広島ユース
11時 万博陸 ピッチ良 晴

京都           広島
−三田尻−赤間−−島村− −−−−−明比◆檗檗檗
−−−−−田中−−−−− −−−山根−−満田◆檗
−−日根野−−比嘉−−− 村山∪鄲辞◆殞楼臓歙邂罩
中田∨稘帖檗欖瀚棔蘖麁◆檗殞げ∪臟鉢東野−−
−−−−−遠近−−−−− −−−−−大迫◆檗檗檗



京都 監督:森岡隆三 前所属記載なしは京都サンガF.C.U−15出身
GK  1 遠近眞明  180/76 98/12/03 3年 FCフレスカ神戸
DF  2 岸本大地  173/67 98/06/08 3年
    3 麻田将吾  186/77 98/07/06 3年 アルフット安曇野ジュニアユース
    5 日根野達海 173/67 98/07/23 3年 
   17 中田諒   171/65 99/05/12 2年
MF  6 比嘉みちよし180/72 98/09/08 3年 アスルクラロ沼津U15
    8 島村拓弥  170/58 99/03/06 3年 サウーディFC
   10 田中康介  170/64 99/02/01 3年
FW  9 三田尻和哉 170/72 98/08/12 3年
   11 赤間勇斗  168/64 98/08/10 3年 長崎ドリームFC
   14 遠藤直弥  171/62 99/04/30 2年 天理FC
リザーブ
GK 16 若原智哉  185/80 99/12/28 2年
DF  4 渡邉優樹  186/75 98/04/22 3年 スマイス・セレソン
   22 大西航暉  184/76 99/10/01 2年
MF 15 山田大敬  172/70 99/08/10 2年 神戸FCジュニアユース
   23 福岡慎平  170/62 00/06/27 1年
FW 12 俣野亜以己 175/67 99/06/21 2年
   18 菊川裕大  184/73 99/05/02 2年 南あわじ市立西淡中

広島 監督:沢田謙太郎 前所属記載なしはサンフレッチェ広島F.Cジュニアユース出身
GK 21 大迫敬介  185/82 99/07/28 2年 FELICIDOD FC
DF  2 東野広太郎 184/73 98/06/10 3年 エスポワール白山FCジュニアユース
    4 里岡龍斗  180/64 99/06/04 2年
   15 川井歩   176/63 99/08/12 2年
MF  7 力安祥伍  172/67 98/08/22 3年
    9 満田誠   168/60 99/07/20 2年 ソレッソ熊本
   17 川村拓夢  180/65 99/08/28 2年
   19 仙波大志  164/62 99/08/19 2年
FW 10 山根永遠  167/67 99/02/05 3年
   18 村山勘治  167/56 99/04/07 2年
   20 明比友宏  172/65 99/08/27 2年
リザーブ
GK 31 伊藤隆介  186/78 98/08/11 3年 松山市立小野中
DF  6 入江将太  182/73 99/03/02 3年 FCリフォルマ
MF  8 藤原慶人  177/68 99/03/15 3年
   11 宮本一貴  177/71 98/04/11 3年 FCリフォルマ
   13 岡野周太  177/66 99/05/18 2年 
   25 根角裕基  164/65 99/06/15 2年
FW 26 三原大幸  170/61 99/09/14 2年



京都は4−3−3。田中をトップ下に置く、最近ではあまり見られない布陣である。後方から繋ごうとするが、広島1トップ缶脆罎猛烈なプレスを掛け続けるので、左足ロングフィードが得意なK稘弔皀轡鵐廛襪坊劼阿靴ない。前線も詰まりサイドバックが上がれず、クロスも入らない。とは言え、中盤はθ羃鼎鉢テ根野が確実に回し、若干京都が支配する。 ̄鷆瓩離ックも正確。対する広島は伝統の3−4−2−1。守備時は5バックになりガチガチに守る。攻撃時はボランチの1枚が下がって4バックになる。広島トップと違いのは、2ボランチの力安と雲鄲爾下がる割り合いが五分五分だということ。垣臟箸肋柄ながらスピードを活かしたカバーと、意外に強い空中戦でバックラインを締める。両ストッパーはまったく上がらない。垣臟箸魯蹈鵐哀侫ードも素晴らしい。雲鄲爾郎限ロングフィード、川井もロングパス得意。ただ前線が薄いので、ロングフィードが通っても詰まってしまう。序盤は両者攻撃を守備が上回り、詰まってしまう。13分、広島川井の右クロスは中でクリア。15分、京都田中から遠藤右クロスも㉑大迫ナイスキャッチ。空中戦での安定感は素晴らしい。18分、京都赤間ヒールで落とし島村ボレー、上に外れる。決定機。大迫が素早く始めて速攻、満田がシュートは上に外れる。㉑大迫は気を緩めない危険なGKだ。21分、京都K稘張蹈鵐哀侫ード、一気に右へ、遠藤から島村切れ込みシュートはDF防ぐ。27分、左FK、田中のシュートは壁。京都岸本は広島缶脆罎剖貔錙5都は田中が時折素晴らしい加速力で中央突破を狙う。また狙われる辺り、広島力安と雲鄲爾甘い守備になっている感じ。京都三田尻も素晴らしいドリブルがあり、突っ込んでシュートは正面。33分、三田尻の左クロス、赤間に届かず、GK㉑大迫キャッチ。38分、京都、右クロスに三田尻ボレーも当たり損ね。43分、京都島村切れ込んで赤間に当て三田尻シュートも正面。決定機。前半は0−0で終了。

前半シュート数5(3)対2、CKなし、GK数5対5、オフサイドなし、クロス数3対2、ファウル数5対3、FK数1対0。若干京都ペースだが、それほど決定機はなく、渋い内容と言えるだろう。京都は前からのプレスを徹底していたが、最後まで持つのか疑問に思った。

後半開始。48分(後半3分)、広島、右CK、雲鄲爾虜限に缶脆羚腓錣擦襪ライン上ブロック。決定機。53分、京都、タテ一本。三田尻1対1になりかけるが、DFを抜けず、逸機。55分、広島、右CK、雲鄲爾離ックを東野がポストに入り満田シュートは外れる。56分、京都叡翕帳俣野。左ウイングに入り田中が左サイドバック、三田尻がCF、島村がトップ下、赤間が右ウイングに。布陣は↓の通り。」

−俣野−−三田尻−赤間− 
−−−−−島村−−−−− 
−−日根野−−比嘉−−−
田中−麻田−−岸本−遠藤
−−−−−遠近−−−−− 

私は田中はスペースあっての加速力と守備面での粘り強さからいって、サイドバックの選手だと思っている。右利きだし左クロスは観たことないので、右サイドバックだと思うが、左の練習も積んでいたのか?59分、広島川井の右クロス、山根届かず、左クロスはミス。広島は後半垣臟箸鉢力安、雲鄲爾圧倒的なロングフィードの精度で自在にボールを回し始める。京都はフォアチェックが機能しなくなり、またもともと広島のやり方がフォアチェック破りということもあり、ギアチェンジした広島について行けなくなる。61分、広島、スルーパスに川井右クロス、缶脆罐悒奪匹錬韮縫僖鵐繊62分、広島右アーリークロス、川井のキックは缶脆罐悒奪鼻⊂紊乏阿譴襦7萃蟲 63分、京都三田尻の左突破を広島東野倒し、左45度35mFK、京都は田中と島村(左足)が構え、田中が大外に出すがゴールライン割る。島村はレフティじゃなかったとおもうが、両足蹴れるのか。京都θ羃鄭㉓福岡。注目のルーキー。まあジュニアユース上がりをルーキーというのも変な話だが。広島佳嫉晦藤原。広島雲鄲爾左へ、藤原、山根とつなぎ、川井へ、クロスは京都K稘弔競り勝つ。69分、広島雲鄲爾右に展開、川井が丁寧に右クロス、山根が中でヘッド、逸らして左隅に決まり0−1。広島の猛攻に前についに耐え切れず決壊した感じ。あと川井はクロスの名手というより、ロングキックが全般にうまい。抜群の走力というよりいて欲しい場所に上がっているクレバーな選手。広島の攻撃は右に偏っているが、川井の存在が大きい。京都、右FK、田中のキックはGK触り、こぼれはクリア。74分、京都田中がカットから上がり左クロスを赤間が落とし俣野競り勝つも撃てず。76分、広島雲鄲爾離蹈鵐哀侫ードに裏を取った缶脆罎世、京都DF良く戻りカット。逸機。77分、広島川井タメて満田の右クロスに山根ドンピシャヘッドは正面。超決定機。78分、広島は缶脆罎右パス、満田足元に入りすぎて撃てず。決定機。79分、京都三田尻→音嚇帖↓島村→菊川。山田がCFで菊川がトップ下というかシャドー。↓の布陣。

−−−−−山田−−−−− 
−俣野−−菊川−−赤間− 
−−日根野−−比嘉−−−
田中−麻田−−岸本−遠藤
−−−−−遠近−−−−− 

山田と菊川はタテにポジションを入れ替えたりする。長身菊川に当てる形が基本。83分、京都遠藤の右クロスに赤間ヘッドもGKの正面。決定機。84分、広島フォアチェック、山根から缶脆罎謀てて満田右クロス、山根ジャンピングボレーはオフサイド。更に広島カウンターから満田、缶脆罅↓満田とつなぎ右フリーシュート、外れる。超決定機。92分、広島満田右クロスが大外で藤原とび出すが力安流し込むだけと思ったらDFナイスブロック。決定機。93分、広島缶脆罌㉖三原。タイムアップ。結局0−1で広島が勝った。0−1とは言え広島の完勝だったと思う。後半勝負と睨み、後半はロングパスが自在に回った。マン・オブ・ザ・マッチを上げるなら川井だろうが、垣臟箸肋柄ながら見事なスイーパーだったし、力安と雲鄲爾聾事な森崎和幸的な役割を完遂した。シャドーも効いていたし、缶脆罎蝋脅蕕吠各。光った選手が多かった。京都はGK遠近、CB麻田、トップ下田中、FW三田尻と縦のラインが強力だったが、基礎の徹底に差があったと思う、麻田以外にも大きな展開があれば、広島のフォアチェックをかわせたはず。インサイドもパワ回しがイマイチで、組織力にも差があった。まあこれからだ。

後半シュート数1対8、CK数0対3、GK数5対5、オフサイド数0対2、クロス数3対7、ファウル数4対5、FK数2対0。数字上も完全に広島ペースだった。下級生の多さから言って来年がピークなのだろうが、強烈なタレント集団だ。


公式記録



2016年04月09日(土) プレミアリーグ第1節 C大阪−大分

改めて確認を。高校生はクラブ・高校部活の区別なくリーグ戦を行う。都道府県リーグから9地域リーグであるプリンスリーグ、そして頂点は全国でも20チームしか参加できないプレミアリーグである。プレミアリーグを観れば日本の育成の最高峰が観られる。第1試合は育成の名門同士のカードである。共に単にトップチームに人材を送り出すだけでなく、戦力にして、A代表や海外組を多数送り出している。大分は全国大会ではイマイチ勝てないが、地方であるにもかかわらず、抜群の育成実績を残している。


プレミアリーグWEST
セレッソ大阪U−18−大分トリニータU−18
10時30分 長居 ピッチ良 晴


C大阪          大分
−−−中島◆殘−−−− −−−−−小野原◆檗檗
−−−−−−−−−−−− −−−−−酒井◆檗檗檗
印藤−上畑−−坪井−鈴木〔郛紂歉觚有◆盜木津守
船木−瀬古 盜木梅木村井−藤野−−横田戸高
−−−−−井上−−−−− −−−−−真木−−−−−



C大阪 監督:村田一弘 前所属なしはセレッソ大阪U−15、西U−15,和歌山U−15も同様
GK  1 井上聖也  182/74 98/06/25 3年 黒潮町立大方中
DF  6 舩木翔   176/61 98/04/13 3年
   19 梅木絢都  178/66 99/11/20 2年 西U−15
   20 黒木蓮   177/72 99/07/06 2年 和歌山U−15
   39 瀬古歩夢  183/72 00/06/07 1年
MF  5 上畑佑平士 176/61 98/07/25 3年 西U−15
    7 印藤虎太郎 173/62 98/05/15 3年
   13 坪井一真  168/62 98/12/09 3年 西U−15
   17 中島元彦  169/63 99/04/18 2年 西U−15
   38 鈴木冬一  162/58 00/05/30 1年
FW 14 湊翔龍   176/74 98/06/10 3年 京都サンガF.C.U−15
リザーブ
GK 22 光藤諒也  182/73 99/05/28 2年
DF 28 小林洵   187/73 99/05/07 2年
MF 10 松岡大智  171/60 99/01/23 3年 カターレ富山U−15
   12 荒木秀太  170/64 99/09/11 2年 ガンバ大阪ジュニアユース
   24 有水亮   171/68 99/08/10 2年
FW  9 林部晃己  170/66 98/07/20 3年
   11 今宿清元  174/59 98/09/05 3年 SCエルマーノSC

大分 監督:中村有 前登録なしは大分トリニータU−15出身
GK  1 真木晃平  184/81 98/07/01 3年 ハジャスFC
DF  2 藤野誉也  181/70 98/07/09 3年
    3 戸盥丗繊 174/67 98/07/06 3年
    9 村井義己  167/58 98/10/13 3年
   35 横田白心  182/71 99/10/23 2年 キックスFC U−15
MF  8 野上拓哉  175/61 98/11/29 3年
   28 城戸杜   173/61 99/06/12 2年 FCグローバル
   39 酒井将輝  178/68 99/07/24 2年 FCK MARRY GOLD AMAKUSA U−15 
   43 黒木樹生  175/68 99/08/20 2年 フォルトゥナ延岡FC
FW 11 津守翔太  175/68 98/05/30 3年
   18 小野原洸  176/69 99/11/28 2年 鹿児島スポーツクラブU−15
リザーブ
GK 21 谷井悠也  181/69 98/04/09 3年 FCリフォルマ
DF 26 三浦篤史  183/76 99/05/01 2年 
MF 14 森田駿   170/63 99/08/02 2年
   19 白石祐晟  166/60 99/11/07 2年 横浜ポラリスFC
   25 高畑奎汰  173/59 00/09/16 1年
   50 三木慎博  173/65 00/06/21 1年
FW 13 彎梓陝  180/66 99/06/06 2年



試合開始。7分、C大阪湊、キープから鋭いターン、О藤からαヌ攤献ロスも合わず。9分、C大阪αヌ擇らО藤に当ててリターンを中に入った船木ミドルも正面。10分、大分、左CKを㊸黒木が右足で担当、C大阪はマンマーク。15分、C大阪㊳鈴木がカットインから右スペースに走り込んだ叡翕腓ヒールで落とし、鈴木突っ込むも、大分村井きっちり戻ってカット。22分、C大阪、左CK、叡翕腓離ックにαヌ撻悒奪匹肋紊乏阿譴襦7萃蟲 25分、C大阪湊のスルーパスの右フリーの㊳鈴木が出てきたGKの股抜きシュート。1−0。中学時代は圧倒的な突破力を誇った鈴木もユースでは爆発的なスピードとは言えず、簡単に抜けないが、技術は確かだ。右からカットインばかりだったので、中を警戒してフリーになれた。ゾ緘はいい展開力がある。スルーパスや攻守の切り換えの早さもあり、リーダーシップも取れるいいキャプテン。坪井は深いタックルや守備センスが光る。ただC大阪のドイスボランチはともに守備中心で、攻めに厚みは加わらない。αヌ擇郎道袷農欧蕕靴ず限を見せる。㊴瀬古は安定した守備と高さが光る。叡翕腓論騎里淵ックがあり、湊が自在に動いて裏も取れるし引いて起点にもなれる。大分はGK/震擇狼緡イ譴早くキックも鋭く、キャッチしたら素早く出すことを考えている。またその判断が正確で、キックが正確に味方に飛ぶ。野上は攻守の切り換えが早く守備で奮闘。と言うか、攻守の切り換えの早さが大分の特徴だ。藤野は前に強いCBで左足フィードもある。村井はよく走り、中のカバーから一気に前線まで走る。仮野原がいいボールコントロ−ルと仕掛けがある。㊴酒井もいいキープから一発のパスを狙っている。27分、C大阪αヌ擇虜献ロス、ファーでクリア、右CK。叡翕腓留Γ達砲蝋腓錣此28分αヌ擇叡翕腓謀てたところを倒され、左70度27mFK。叡翕隋↓αヌ擇構え、中島のシュートは壁。34分、C大阪、坪田落とし湊ターンからシュート、左隅も弱い。GKキャッチ。決定機。36分、大分、自陣藤野のクリアを㊴酒井が落して仮野原がペナ内シュート、右隅に決まって1−1。電光石火のカウンターだった。43分、大分村井のミドル、ワンタッチあり仮野原詰めるがGKキャッチ。直後にC大阪、自陣でのパスを大分㊴酒井カットから左クロス、仮野原中フリーもトラップが難しかった。決定機。大分は徐々に前からの守備が機能し始め、繋ぐC大阪の攻勢を食い止めている。結局前半は1−1で終了。

前半、シュート数6(3)対3(2)、CK数2対2、GK数4対8、オフサイドなし、クロス数5対3、ファウル数5対3、危険なフリーキック1対0。前半は前半分が若干C大阪ペース、後ろ半分が若干大分ペースだった。間延びしてフォアチェックが機能していなかったのが、コンパクトになり、C大阪のパスを封じた。それでもC大阪はサイドから、特に左の船木を使って攻撃を仕掛けていたが。

後半開始。1分、C大阪ゾ緘いいターンから湊左パスを㊳鈴木シュートも弱い。決定機。2分、C大阪αヌ擇虜献ロスのこぼれをゾ緘上がって左クロスはカット。大分㉟横田は対人強い。8郵發倭農欧蕕靴ぅ好圈璽匹販篭い上がりで切り替わったときの上がりが鋭い。9分、C大阪㊳鈴木のスルーパス、湊裏へ、トラップミスだがいいもらい方だった。
右に持ち出したかったがタッチが大きくなった。12分、C大阪、右40度フリーキック。αヌ擇シュートを狙うも上に外れる。13分、大分津守が深い位置から落とし8郵皹Εロスに野上フリーヘッドは右に外れる。決定機。野上もいい左足を持っていて、C大阪廓潴擇効果的に上がれない要因となっている。つまり攻守に効いた好選手。この時間帯、C大阪湊がスペースに走っても大分がきっちり付き潰されている。61分、大分裏へ、仮野原左足ボレー、左に外れる。決定機。61分、C大阪坪井→㉔有水。正確なキックが武器で攻撃に持ち味のある選手。つまり攻撃の圧を高めようという采配。そのままボランチに。そして少し経つと↓の形に。

−中島◆殘−−−鈴木− 
−−−−−有水−−−−− 
−−−上畑−−印藤−−−
船木−瀬古 盜木梅木
−−−−−井上−−−−− 

66分、C大阪㊳鈴木が左に現れクロスにО藤トラップミス。67分、大分津守→廖つゆと読むらしい。津守はよく走った。船木に必死に抵抗した。69分、C大阪、㊴瀬古のロングフィード、㊳鈴木がいいトラップで左シュートは弱く、右に飛ぶがキャッチ。C大阪О藤→今宿、湊→林部。70分、C大阪、フォアチェックで奪うも大分GK/震撻好薀ぅ妊ングタックルでカット。本当に真木はいいGKだ。C大阪の布陣は↓の感じ。

−−−林部−−鈴木−−− 
−−−−−−−−−−−−
中島−有水−−上畑−今宿
船木−瀬古 盜木梅木
−−−−−井上−−−−− 

75分、C大阪叡翕腆松岡。松岡は中学生時代は凄かったが、C大阪という進路は厳しかったか?他のクラブなら2年生にはレギュラーで出られたのに。77分、C大阪林部キープから倒され、左50度35mFK。㉔有水のキックはキャッチ。69分、大分、右CK,㊸黒木のキックから㊴酒井ミドルは左上に外れる。82分、大分㊸黒木から村井がC大阪換木の裏に、廚左シュートを決めて1−2。C大阪のバックラインの裏は危なっかしかったが、ついにやられたか、という感じ。しかし84分、C大阪、一気に攻め込み㊳鈴木の左足ミドルが決まり2−2。更に㉔有水のシュート、ブロックしたこぼれを今宿シュートは上に外れる。決定機。90分、大分野上→㉕眸。94分、C大阪αヌ擇虜献ロスを林部シュートも大分GK真木スーパーセーブ。超決定機。しかし直後C大阪、左スペースに林部を走らせ仕掛けて中のαヌ擇決める。3−2.ここでタイムアップ。劇的な結末で終わった。

後半シュート数7(5)対6(1)、CK数3対1、GK数6対6、オフサイド数2対0、クロス数3対4、ファウル数1対7、FK数3対0。

大分は激しい守備からカウンターを狙ったが、終盤間延びしてしまった。チームとしての完成度でC大阪が上回った。とは言え、DF陣が攻撃面は良かったが、守備で不安定だったし、2得点の鈴木も得意のドリブルがプレミアレベルでは通用しなかった。CB陣のロングフィードは素晴らしかったし、船木はマン・オブ・ザ・マッチだろう。しかしインサイドが二人とも守備的で、有水投入までは消極的だったし、湊もスペースがあって生きるタイプ。大分の引いた守備陣がばてるまでは攻撃が上手くいかなかった。大分はとにかくコンパクトに保つことだ。個々の能力は高いのだから。真木はトップ昇格濃厚じゃないかなあ?CB陣は大柄だがドリブルにも強かったし、潰しは迫力があった。小野原も危険な動きを見せていた、下級生が多いし、来年がピークのチームではないだろうか?こちらも強かったが、実戦経験がイマイチだった気がする。


公式記録



2016年04月05日(火) 15−16年UEFA女子U−19選手権 2次予選ラウンド 選手リスト

Elite round


Austria - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Isabella Kresche
- -
Carolin Grössinger
6 0
Defenders
Name P G
Adina Hamidovic
4 0
Sabrina Horvat
- -
Anna Zimmerebner
1 0
Katharina Naschenweng
6 1
Anna Egretzberger
6 1
Marina Georgieva
3 0
Midfielders
Name P G
Ivana Feric
6 0
Sandrine Sobotka
6 0
Nina Wasserbauer
6 3
Duygu Karkac
4 0
Teresa Knauseder
3 0
Julia Kofler
6 1
Ece Yilmaz
1 0
Barbara Dunst
3 2
Selina Mandl
2 0
Katharina Aufhauser
6 0
Forwards
Name P G
Sarah Lackner
6 3
Viktoria Pinther
5 2
Melissa Schmid
- -
Coach:
Irene Fuhrmann (AUT)


Azerbaijan - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Gunay İsmayilova
- -
Aytaj Sharifova
6 0
Defenders
Name P G
Zhale Mammadova
- -
Gulanbar Gasimova
1 0
Vesela Borukova
6 0
Diana Mammadova
6 0
Alina Michaelis
3 0
Lucia Sanchez
6 0
Midfielders
Name P G
Firangiz Teymurova
3 0
Malena Ortiz
6 0
Male Mollayeva
4 0
Natalia Loa
6 0
Aysun Aliyeva
6 2
Roza Guliyeva
- -
Forwards
Name P G
Kristina Bakarandze
5 1
Susan Mansimova
5 0
Samara Ortiz
6 0
Merve Ozdemir
2 0
Yaiza Relea
6 5
Nigar Jalilli
6 2
Gizem Tenekeci
- -
Coach:
Patricia Gonzalez (ESP)


Belarus - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Svetlana Korbut
- -
Tatyana Chistik
6 0
Defenders
Name P G
Karina Kuzminova
3 0
Veronika Adamovich
3 0
Zarina Kapustina
3 0
Iryna Siutsova
2 0
Anastasiya Novikova
3 0
Lyubov Myslivtseva
3 0
Darya Lukyantseva
6 0
Olesya Lynko
6 0
Midfielders
Name P G
Ekaterina Goncharova
6 0
Yuliya Karplyuk
6 0
Natalia Kachan
- -
Valeriya Belaya
5 0
Margarita Yushko
6 0
Natalya Vasilyeva
6 1
Anastasia Shuppo
6 4
Forwards
Name P G
Elizaveta Sergeychik
3 2
Oksana Dranovskaya
6 3
Viktoriya Kazakevich
5 2
Coach:
Gennadi Pashkevich (BLR)


Belgium - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Ines Fernandez
6 0
Elke Geeraert
- -
Defenders
Name P G
Kirsten Raemdonck
2 0
Isabelle Iliano
3 1
Chloe Van Mingeroet
5 0
Hannelore Van Poppel
3 0
Bieke Vandenbussche
3 0
Jody Vangheluwe
6 0
Maelis Henneuse
3 0
Midfielders
Name P G
Kassandra Missipo
6 0
Charlotte Tison
5 0
Celien Guns
3 1
Yuna Appermont
6 0
Petra Baldewijns
6 2
Amber De Priester
2 0
Morgane Wijns
1 0
Forwards
Name P G
Henriëtte Awete
2 2
Ulrike De Frère
2 0
Elena Dhont
2 0
Debbie Decoene
2 0
Chloe Velde
5 2
Amber Maximus
6 2
Sheryl Merchiers
2 0
Laura Gorniak
3 1
Coach:
Kristiaan Van Der Haegen (BEL)


Czech Republic - Women's Under-19
Playing: Elite round

Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Barbora Růžičková
3 0
Alexandra Vaníčková
3 0
Defenders
Name P G
Petra Smetková
2 0
Alžběta Chlumová
6 1
Tereza Krištofová
3 0
Kateřina Kukučová
2 0
Andrea Majerová
6 0
Nela Čížková
6 0
Midfielders
Name P G
Sára Barnetová
3 0
Tereza Kubicová
4 0
Lucie Houzarová
4 1
Eliška Janíková
6 0
Eliška Kovaříková
4 0
Antonie Stárová
6 2
Forwards
Name P G
Denisa Skálová
5 2
Denisa Veselá
6 1
Klára Waltrová
2 1
Veronika Mášová
4 0
Hana Ducháčková
3 3
Karolína Křivská
3 2
Tereza Szewieczková
3 2
Coach:
Petr Vlachovský (CZE)


Denmark - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Katrine Svane
6 0
Maja Bay Østergaard
- -
Vibeke Jensen
- -
Defenders
Name P G
Line Kudsk
1 0
Laura Frank
5 2
Anna Graversen
- -
Sofie Obel
6 0
Maria Møller Thomsen
6 0
Midfielders
Name P G
Signe Schioldan
5 0
Sofie Karsberg-Petersen
6 0
Emma Andersen
6 0
Caroline Møller
6 3
Freja Abildå
4 2
Siv Jørup
2 1
Sille Struck
1 0
Forwards
Name P G
Rikke Madsen
5 0
Josefine Krum
2 1
Nicoline Sørensen
6 4
Büsra Barut
6 1
Emilie Henriksen
6 3
Tanja Hymøller
3 1
Coach:
Søren Randa-Boldt (DEN)


England - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Sian Rogers
- -
Sandy MacIver
3 0
Defenders
Name P G
Mayumi Pacheco
3 0
Eloise Wilson
3 0
Megan Finnigan
3 0
Gabrielle George
3 1
Paula Howells
2 0
Midfielders
Name P G
Zoe Cross
1 0
Grace Fisk
3 0
Atlanta Primus
1 0
Chloe Peplow
3 0
Sophie Stamp
2 0
Jenna Legg
2 0
Forwards
Name P G
Lucy Loomes
3 0
Mollie Green
2 0
Rinsola Babajide
3 0
Emma Rose Kelly
3 0
Evie Clarke
1 0
Coach:
Mo Marley (ENG)

Finland - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Tanja Kotoaro
- -
Henriikka Mäkelä
5 0
Veera Virkkala
1 0
Defenders
Name P G
Frida Lähteenmäki
2 0
Selina Mustajoki
3 0
Roosa Toivanen
3 0
Jasmin Miettinen
- -
Maaria Roth
6 1
Rebecca Kindstedt
3 0
Midfielders
Name P G
Emma Santamäki
6 0
Olga Ahtinen
5 0
Nea Lehtola
2 0
Eveliina Summanen
4 0
Iida Laakkonen
3 1
Roosa Bröijer
6 1
Ella Alakomi
3 0
Pinja Spets
2 0
Tiia Savolainen
6 1
Anni Miettunen
2 1
Katriina Kuoksa
3 3
Forwards
Name P G
Kaisa Collin
6 4
Heidi Kollanen
6 8
Juuli Ketola
3 0
Aino Kröger
3 0
Coach:
Marianne Miettinen (FIN)


France - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Jade Lebastard
- -
Mylène Chavas
3 0
Floriane Azem
- -
Manon Heil
3 0
Defenders
Name P G
Théa Greboval
5 1
Elisa De Almeida
1 0
Pauline Dechilly
1 0
Ophelie Wasner
2 0
Elodie Dinglor
1 0
Héloïse Mansuy
6 0
Hawa Cissoko
6 0
Estelle Cascarino
5 0
Perle Morroni
2 0
Midfielders
Name P G
Delphine Cascarino
6 2
Grace Geyoro
5 2
Salomé Elisor
2 2
Elise Legrout
5 2
Clara Mateo
6 4
Laura Condon
5 1
Cathy Couturier
3 0
Anissa Lahmari
2 2
Manon Uffren
1 2
Forwards
Name P G
Anaïs Pugnetti
3 3
Anna Clerac
6 3
Louise Fleury
2 0
Marie-Antoinette Katoto
3 2
Coach:
Gilles Eyquem (FRA)


Germany - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Lena Pauels
2 0
Vivien Brandt
2 0
Vanessa Fischer
2 0
Defenders
Name P G
Victoria Krug
1 0
Jana Löber
2 0
Michaela Specht
4 0
Anna Gasper
6 2
Anna Gerhardt
5 0
Franziska Gieseke
2 3
Isabella Hartig
3 1
Lisa Karl
5 0
Frederike Kempe
4 0
Andrea Viehl
2 0
Melissa Friedrich
5 0
Midfielders
Name P G
Ricarda Walkling
5 4
Lina Hausicke
3 0
Isabella Möller
1 0
Nina Ehegötz
3 2
Jana Feldkamp
6 0
Saskia Meier
2 0
Melanie Ott
3 3
Valeria Perri
1 0
Forwards
Name P G
Julia Matuschewski
2 0
Stefanie Sanders
5 5
Viktoria Schwalm
6 3
Coach:
Maren Meinert (GER)


Greece - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Chrysoula Tsilika
3 0
Christina Margariti
1 0
Marina Striligka
2 0
Defenders
Name P G
Chrysi Laskou
2 0
Antonia Trochoutsou
6 0
Despoina Gavra
3 0
Maria Kaltsidi
3 0
Anastasia Gkatsou
6 0
Anna Gagara
4 0
Eytyxia Kontou
3 0
Stela Kotsaki
6 0
Alexandra Chyma
2 0
Midfielders
Name P G
Maria Michaela Tomai
1 0
Maria Thomadaki
1 0
Thenia Zerva
6 2
Danai Kaldaridou
6 1
Athanasia Moraitou
6 1
Konstantina Giannou
3 0
Forwards
Name P G
Veatriki Sarri
3 4
Fani Doiranli
3 0
Evangelia Panagiotidi
4 0
Alexandra Karpouza
1 0
Ioanna Georgiadou
3 0
Vasiliki Koupetsidou
1 0
Anastasia Spyridonidou
5 0
Coach:
Antonios Prionas (GRE)
Legend:


Hungary - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Eniko Szabo
- -
Fruzsina Schildkraut
6 0
Krisztina Mészár
- -
Defenders
Name P G
Adrienn Bokor
1 0
Katalin Vicai
3 0
Fatima Nagypál
2 0
Dorottya Szabó
5 0
Hanna Németh
5 0
Lilla Turányi
6 1
Barbara Kun
3 0
Gabriella Rozmis
2 0
Gabriella Kiss
1 0
Midfielders
Name P G
Csilla Krascsenics
2 0
Petra Kocsán
6 0
Mónika Gelb
6 1
Edina Farádi-Szabó
5 1
Zoé Magyarics
2 0
Forwards
Name P G
Emese Szakonyi
5 1
Brigitta Gruber
6 0
Petra Krascsenics
6 0
Diána Csányi
5 0
Zsanett Kaján
6 3
Coach:
Sándor Turtóczki (HUN)


Italy - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Francesca Durante
4 0
Alessia Piazza
1 0
Ilaria Toniolo
1 0
Defenders
Name P G
Nicole Peressotti
2 0
Lisa Boattin
4 1
Elena Pisani
3 1
Sara Mella
3 2
Marta Vergani
6 0
Alice Tortelli
5 0
Federica Rizza
3 0
Midfielders
Name P G
Marta Mascarello
5 2
Federica Cavicchia
6 0
Valery Vigilucci
4 1
Annamaria Serturini
5 3
Manuela Giugliano
3 0
Martina Lenzini
2 0
Beatrice Abati
1 0
Flaminia Simonetti
4 3
Forwards
Name P G
Valentina Bergamaschi
3 4
Francesca Mellano
3 1
Martina Piemonte
6 2
Gloria Marinelli
6 4
Costanza Razzolini
3 0
Coach:
Enrico Sbardella (ITA)


Netherlands - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Lize Kop
2 0
Jacintha Weimar
2 0
Paulina Quaye
2 0
Defenders
Name P G
Eline Koster
1 2
Vita Van Der Linden
5 1
Lysanne Van Der Wal
3 1
Maureen Sanders
5 1
Vera ten Westeneind
6 0
Kay-Lee de Sanders
3 0
Midfielders
Name P G
Sippie Folkertsma
5 9
Michelle Hendriks
6 2
Cheyenne Van Den Goorbergh
3 1
Pleun Raaijmakers
5 4
Jill Roord
3 1
Soraya Verhoeve
5 3
Nurija van Schoonhoven
2 0
Kim van Velzen
2 2
Forwards
Name P G
Maartje Looijen
2 0
Suzanne Admiraal
6 2
Yvonne Van Schijndel
5 0
Esmee De Graaf
1 0
Dina Noordam
6 3
Coach:
Torny Janna (NED)

Northern Ireland - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Shannon Turner
3 0
Jessica Poots
- -
Jacqueline Burns
3 0
Defenders
Name P G
Emma Harpur
1 0
Hannah Doherty
6 0
Clara Forbes
3 0
Sarah Haddock
6 0
Courtney Moore
6 0
Shannon Holloway
6 1
Emma McFarland
1 0
Amy McGivern
6 1
Taylor Wright
2 0
Midfielders
Name P G
Chelsea Myles
3 0
Annie Timoney
2 0
Alison McMaster
6 0
Victoria Carleton
6 0
Hayley Anderson
1 0
Samantha Kelly
5 1
Chloe McCarron
6 0
Chelsea Sheerin
1 0
Sarah McKillen
- -
Forwards
Name P G
Teresa Burns
3 1
Chloe McGlade
3 1
Eimhear O'Prey
1 0
Sarah Connolly
2 0
Coach:
Noel Mitchell (NIR)


Norway - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Benedicte Håland
- -
Ida Norstrøm
6 0
Hildegunn Sævik
- -
Defenders
Name P G
Ingrid Elvebakken
4 0
Marit B. Lund
5 1
Sarah Suphellen
6 0
Mariken Kleppe
2 0
Siw Døvle
6 3
Midfielders
Name P G
Nora Eide Lie
5 2
Ingrid Syrstad Engen
6 0
Katrine W. Jørgensen
- -
Karoline Haugland
6 0
Andrea Wilmann
2 0
Heidi Ellingsen
4 0
Tuva Hansen
6 2
Cecilie Dekkerhus
2 0
Gabrielle Lie
- -
Forwards
Name P G
Marie Markussen
3 0
Vilde Hasund
1 2
Ingrid Kvernvolden
3 4
Marthe Enlid
1 0
Vilde Fjelldal
5 4
Maria Hiim
6 1
Coach:
Nils Lexerød (NOR)


Poland - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Magda Kołacz
- -
Kinga Szemik
6 0
Defenders
Name P G
Julia Wycisk
6 0
Monika Kędzierska
- -
Patrycja Michalczyk
3 1
Katarzyna Michalska
6 0
Karolina Ostrowska
5 2
Kamila Szafrańska
5 0
Midfielders
Name P G
Patrycja Matla
6 0
Małgorzata Mesjasz
6 1
Ewa Cieśla
6 1
Patrycja Falborska
6 0
Dominika Grabowska
2 2
Klaudia Kamińska
1 1
Marta Ossowska
2 0
Paulina Dudek
2 0
Aleksandra Nieciąg
1 0
Patrycja Jerzak
2 2
Forwards
Name P G
Karolina Wierzbicka
2 1
Agnieszka Jędrzejewicz
6 1
Michalina Kowalska
5 0
Klaudia Lefeld
6 1
Coach:
Marcin Kasprowicz (POL)

Portugal - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Tatiana Beleza
5 0
Ana Oliveira
1 0
Defenders
Name P G
Sarah Da Cunha
6 0
Sara Monteiro
6 0
Inês Silva
6 1
Bruna Costa
2 0
Diana Gomes
6 0
Sofia Silva
1 0
Beatriz Vieira
1 0
Midfielders
Name P G
Bárbara Marques
1 0
Carolina Ferreira
3 0
Ana Rodrigues
6 0
Ana Capeta
3 1
Andreia Faria
3 1
Nadine Cordeiro
6 1
Joanna Seca
5 1
Forwards
Name P G
Ana Dias
1 0
Alexa Ferreira
1 0
Leandra Pereira
5 0
Maria Constança Silva
3 0
Catarina Amado
6 2
Francisca Cardoso
3 1
Carlota Cristo
3 3
Tânia Mateus
1 0
Coach:
José Paisana (POR)


Republic of Ireland - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Amanda McQuillan
2 0
Brooke Dunne
4 0
Defenders
Name P G
Savannah McCarthy
6 1
Chloe Moloney
3 0
Jessica Nolan
6 2
Niamh Nelson
3 0
Keeva Keenan
6 0
Jamie Finn
5 0
Niamh Prior
3 1
Fiona Donnolly
2 0
Emma Byrne
1 0
Midfielders
Name P G
Megan Connolly
3 5
Rachel Kearns
3 0
Sophie Watters
2 0
Evelyn Daly
4 0
Hayley Nolan
6 2
Roma McLaughlin
6 1
Lucy McCartan
5 0
Forwards
Name P G
Dearbhaile Beirne
4 1
Megan Lynch
2 0
Jessica Gargan
2 0
Sarah McKevitt
1 0
Eleanor Ryan-Doyle
2 0
Coach:
David Connell (IRL)


Russia - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Elizaveta Scherbakova
6 0
Diana Ponomareva
- -
Defenders
Name P G
Ksenia Dzhinikashvili
6 0
Natalya Mashina
3 2
Yuliya Cherepneva
3 0
Midfielders
Name P G
Tatiana Stepanova
2 0
Valeriya Bespalikova
6 0
Arina Kolesnikova
3 0
Olga Chernova
3 0
Daria Chugay
4 0
Ksenia Shakhova
4 0
Anastasiya Tsarenkova
1 0
Olga Voloshina
5 0
Anastasiya Shvedova
6 0
Vera Simanovskaya
5 0
Elina Lipatova
3 0
Forwards
Name P G
Yana Khotyreva
5 1
Marina Fedorova
6 7
Alena Andreeva
6 4
Valeriia Bizenkova
6 0
Coach:
Aleksandr Shagov (RUS)


Scotland - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Rebecca Flaherty
6 0
Laura Hamilton
- -
Defenders
Name P G
Rachel McLauchlan
5 0
Georgie Rafferty
6 0
Donna Paterson
3 0
Courtney Whyte
3 0
Cassie Cowper
3 0
Cailin Michie
1 0
Midfielders
Name P G
Claire Mullen
5 0
Chantelle Brown
1 1
Sarah Clelland
6 0
Chelsea Cornet
6 0
Erin Cuthbert
6 2
Hayley Sinclair
1 0
Abigail Harrison
5 1
Forwards
Name P G
Kirsty Howat
5 1
Kirsty Hanson
4 1
Lia Tweedie
4 3
Carla Boyce
6 1
Amy Gallacher
5 1
Coach:
Gareth Evans (SCO)


Spain - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Yolanda Aguirre
1 0
Amaia Peña
2 0
Defenders
Name P G
Marta Cazalla
2 0
Paula Herrero
3 0
Ariadna Rovirola
1 0
Nuria Garrote
2 1
Beatriz Beltrán
3 0
Midfielders
Name P G
Pilar Garrote
3 2
Patricia Guijarro
3 0
Aitana Bonmati
2 0
Maite Oroz
3 3
Forwards
Name P G
Nahikari García
3 3
Laura Domínguez
1 0
Carmen Menayo
3 0
Sandra Hernández
3 3
Macarena Portales
3 0
Andrea Sánchez
3 1
Sara Rubio
1 0
Coach:
Pedro López (ESP)


Sweden - Women's Under-19
Playing: Elite round
Goalkeepers
Name P G
Emma Holmgren
5 0
Moa Öhman
1 0
Moa Olsson
- -
Defenders
Name P G
Ronja Aronsson
3 0
Nathalie Björn
3 1
Josefine Rybrink
4 0
Lotta Ökvist
4 0
Emma Pennsäter
6 0
Midfielders
Name P G
Johanna Rytting Kaneryd
2 0
Elin Åkerman
2 0
Evelina Finndell
1 0
Ebba Wieder
5 0
Christine Tjärnlund
1 0
Ellen Löfqvist
3 2
Ida Strömblad
2 0
Filippa Angeldal
6 1
Anna Anvegård
6 3
Maja Göthberg
6 1
Selina Henriksson
2 0
Amanda Persson
5 0
Forwards
Name P G
Loreta Kullashi
2 0
Nathalie Persson
4 2
Julia Zigiotti Olme
6 1
Patricia Üre
2 0
Rebecka Blomqvist
3 1
Coaches:
Calle Barrling (SWE)
Anneli Andersén (SWE)


Switzerland - Women's Under-19
Playing: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Natascha Honegger
4 0
Nadja Furrer
2 0
Defenders
Name P G
Thais Hurni
3 1
Luisa Felder
2 0
Marilena Widmer
6 5
Julia Stierli
6 2
Michelle Stierli
3 0
Naomi Mégroz
3 2
Carola Fasel
6 0
Jana Brunner
3 0
Lorena Baumann
4 1
Midfielders
Name P G
Lara Jenzer
3 0
Yara Hofmann
5 1
Sina Spieser
3 0
Lesley Ramseier
6 5
Cinzia Zehnder
3 4
Vanessa Peromingo
1 4
Céline Imhof
3 5
Charlotte Mayland
2 0
Vanessa Hoti
3 2
Forwards
Name P G
Julia Glaser
3 7
Emanuela Schürch
- -
Elena Van Niekerk
2 0
Nathalie Lienhard
2 0
Kim Dubs
5 0
Coach:
Nora Häuptle (SUI)



2016年04月04日(月) 15−16年 UEFA女子U−19選手権 2次予選ラウンド 結果

Elite round

Group 1(Host country: Republic of Ireland)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 Germany
3 3 0 0 9 2 7 9
2 Republic of Ireland
3 2 0 1 5 1 4 6
3 Poland
3 0 1 2 1 5 -4 1
4 Azerbaijan
3 0 1 2 1 8 -7 1
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Last updated: 11/04/2016 11:18 CET
Matches
5 April 2016
5 April 2016 05 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 1)
Full time »

Azerbaijan
0-0
Poland

Referee: Ana Minić (SRB) – Stadium: Carlisle Grounds, Dublin (IRL)
04/06/2016 09:13:50
5 April 2016 05 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 1)
Full time »

Germany
1-0
Republic of Ireland

Referee: Lois Otte (BEL) – Stadium: Tallaght Stadium, Dublin (IRL)
04/06/2016 10:22:06
7 April 2016
7 April 2016 07 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 1)
Full time »

Germany
3-1
Poland

Referee: Eleni Antoniou (GRE) – Stadium: Belfield Bowl, UCD, Dublin (IRL)
04/08/2016 09:29:50
7 April 2016 07 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 1)
Full time »

Republic of Ireland
3-0
Azerbaijan

Referee: Ana Minić (SRB) – Stadium: Tallaght Stadium, Dublin (IRL)
04/08/2016 09:32:30
10 April 2016
10 April 2016 10 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 1)
Full time »

Azerbaijan
1-5
Germany

Referee: Lois Otte (BEL) – Stadium: Tolka Park, Dublin (IRL)
04/11/2016 09:38:47
10 April 2016 10 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 1)
Full time »

Poland
0-2
Republic of Ireland

Referee: Eleni Antoniou (GRE) – Stadium: Tallaght Stadium, Dublin (IRL)
04/11/2016 10:20:25
Last updated: 11/04/2016 11:18 CET

Group 2(Host country: Sweden)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 Austria
3 2 0 1 3 1 2 6
2 Sweden
3 1 1 1 2 2 0 4
3 England
3 1 1 1 1 1 0 4
4 Belgium
3 1 0 2 2 4 -2 3
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Last updated: 11/04/2016 12:12 CET
Matches
5 April 2016
5 April 2016 05 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 2)
Full time »

England
1-0
Austria

Referee: Ivana Martinčić (CRO) – Stadium: Linköping Arena, Linkoping (SWE)
04/06/2016 09:17:18
5 April 2016 05 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 2)
Full time »

Sweden
2-1
Belgium

Referee: Marta Frias Acedo (ESP) – Stadium: Linköping Arena, Linkoping (SWE)
04/06/2016 10:22:03
7 April 2016
7 April 2016 07 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 2)
Full time »

England
0-1
Belgium

Referee: Vera Opeykina (RUS) – Stadium: Linköping Arena, Linkoping (SWE)
04/08/2016 10:25:11
7 April 2016 07 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 2)
Full time »

Austria
1-0
Sweden

Referee: Marta Frias Acedo (ESP) – Stadium: Linköping Arena, Linkoping (SWE)
04/08/2016 11:23:24
10 April 2016
10 April 2016 10 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 2)
Full time »

Sweden
0-0
England

Referee: Ivana Martinčić (CRO) – Stadium: Linköping Arena, Linkoping (SWE)
04/11/2016 11:14:19
10 April 2016 10 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 2)
Full time »

Belgium
0-2
Austria

Referee: Vera Opeykina (RUS) – Stadium: Norrköpings Idrottsparken, Norrkoping (SWE)
04/11/2016 11:11:49
Last updated: 11/04/2016 12:12 CET

Group 3(Host country: Netherlands)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 Netherlands
3 2 1 0 11 3 8 7
2 Czech Republic
3 2 0 1 6 8 -2 6
3 Finland
3 1 1 1 4 4 0 4
4 Belarus
3 0 0 3 1 7 -6 0
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Last updated: 11/04/2016 12:19 CET
Matches
5 April 2016
5 April 2016 05 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 3)
Full time »

Finland
2-1
Belarus

Referee: Julia-Stefanie Baier (AUT) – Stadium: Sportpark De Bijenkamp, Eibergen (NED)
04/06/2016 09:18:20
5 April 2016 05 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 3)
Full time »

Netherlands
7-2
Czech Republic

Referee: Sarah Garratt (ENG) – Stadium: Sportpark De Bijenkorf, Hengelo (NED)
04/06/2016 10:28:10
7 April 2016
7 April 2016 07 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 3)
Full time »

Finland
1-2
Czech Republic

Referee: Ana Aguiar (POR) – Stadium: Sportpark De Bijenkamp, Eibergen (NED)
04/08/2016 11:29:28
7 April 2016 07 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 3)
Full time »

Belarus
0-3
Netherlands

Referee: Sarah Garratt (ENG) – Stadium: Sportpark De Bijenkorf, Hengelo (NED)
04/09/2016 10:17:02
10 April 2016
10 April 2016 10 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 3)
Full time »

Netherlands
1-1
Finland

Referee: Julia-Stefanie Baier (AUT) – Stadium: Sportpark De Bijenkamp, Eibergen (NED)
04/11/2016 11:19:08
10 April 2016 10 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 3)
Full time »

Czech Republic
2-0
Belarus

Referee: Ana Aguiar (POR) – Stadium: Sportpark De Bijenkorf, Hengelo (NED)
04/11/2016 09:47:57
Last updated: 11/04/2016 12:19 CET

Group 4(Host country: Denmark)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 Spain
3 3 0 0 13 2 11 9
2 Denmark
3 1 1 1 7 4 3 4
3 Italy
3 1 1 1 4 4 0 4
4 Northern Ireland
3 0 0 3 1 15 -14 0
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Last updated: 11/04/2016 12:14 CET
Matches
5 April 2016
5 April 2016 05 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 4)
Full time »

Spain
3-0
Italy

Referee: Vivian Peeters (NED) – Stadium: Hobro Stadium, Hobro (DEN)
04/06/2016 09:34:47
5 April 2016 05 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 4)
Full time »

Denmark
5-0
Northern Ireland

Referee: Viola Raudziņa (LVA) – Stadium: Viborg Stadion, Viborg (DEN)
04/06/2016 09:34:05
7 April 2016
7 April 2016 07 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 4)
Full time »

Spain
7-1
Northern Ireland

Referee: Cathrine Eide (NOR) – Stadium: Skive Stadium, Skive (DEN)
04/08/2016 13:09:55
7 April 2016 07 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 4)
Full time »

Italy
1-1
Denmark

Referee: Viola Raudziņa (LVA) – Stadium: Hobro Stadium, Hobro (DEN)
04/08/2016 11:26:04
10 April 2016
10 April 2016 10 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 4)
Full time »

Denmark
1-3
Spain

Referee: Vivian Peeters (NED) – Stadium: Skive Stadium, Skive (DEN)
04/11/2016 11:14:38
10 April 2016 10 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 4)
Full time »

Northern Ireland
0-3
Italy

Referee: Cathrine Eide (NOR) – Stadium: Viborg Stadion, Viborg (DEN)
04/11/2016 09:48:43
Last updated: 11/04/2016 12:14 CET

Group 5(Host country: Portugal)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 France
3 3 0 0 11 0 11 9
2 Portugal
3 1 1 1 3 4 -1 4
3 Scotland
3 1 1 1 2 3 -1 4
4 Greece
3 0 0 3 0 9 -9 0
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Last updated: 11/04/2016 12:17 CET
Matches
5 April 2016
5 April 2016 05 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 5)
Full time »

Scotland
1-0
Greece

Referee: Désirée Grundbacher (SUI) – Stadium: Estádio Fernando Cabrita, Lagos (POR)
04/06/2016 09:36:53
5 April 2016 05 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 5)
Full time »

France
3-0
Portugal

Referee: Ivana Projkovska (MKD) – Stadium: Estádio da Nora, Ferreiras (POR)
04/06/2016 09:28:08
7 April 2016
7 April 2016 07 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 5)
Full time »

France
6-0
Greece

Referee: Valentina Garoffolo (ITA) – Stadium: Estádio da Nora, Ferreiras (POR)
04/08/2016 09:35:17
7 April 2016 07 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 5)
Full time »

Portugal
1-1
Scotland

Referee: Désirée Grundbacher (SUI) – Stadium: Municipal Stadium Bela Vista, Parchal (POR)
04/08/2016 11:26:29
10 April 2016
10 April 2016 10 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 5)
Full time »

Scotland
0-2
France

Referee: Ivana Projkovska (MKD) – Stadium: Municipal Stadium Bela Vista, Parchal (POR)
04/11/2016 09:49:45
10 April 2016 10 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 5)
Full time »

Greece
0-2
Portugal

Referee: Valentina Garoffolo (ITA) – Stadium: Estádio Algarve, Faro-Loule (POR)
04/11/2016 11:16:08
Last updated: 11/04/2016 12:17 CET

Group 6(Host country: Hungary)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 Switzerland
3 2 1 0 7 2 5 7
2 Norway
3 2 1 0 4 2 2 7
3 Russia
3 0 1 2 1 3 -2 1
4 Hungary
3 0 1 2 1 6 -5 1
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Last updated: 11/04/2016 12:15 CET
Matches
5 April 2016
5 April 2016 05 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 6)
Full time »

Switzerland
2-2
Norway

Referee: Barbara Poxhofer (AUT) – Stadium: Bük, Buk (HUN)
04/06/2016 09:24:59
5 April 2016 05 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 6)
Full time »

Russia
1-1
Hungary

Referee: Zuzana Valentová (SVK) – Stadium: Király Sportcentre, Szombathely (HUN)
04/06/2016 09:30:50
7 April 2016
7 April 2016 07 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 6)
Full time »

Switzerland
4-0
Hungary

Referee: Galiya Echeva (BUL) – Stadium: Király Sportcentre, Szombathely (HUN)
04/08/2016 09:23:49
7 April 2016 07 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 6)
Full time »

Norway
1-0
Russia

Referee: Zuzana Valentová (SVK) – Stadium: Bük, Buk (HUN)
04/09/2016 10:18:29
10 April 2016
10 April 2016 10 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 6)
Full time »

Russia
0-1
Switzerland

Referee: Barbara Poxhofer (AUT) – Stadium: Bük, Buk (HUN)
04/11/2016 10:20:42
10 April 2016 10 Apr - Women's Under-19, Elite round (Group 6)
Full time »

Hungary
0-1
Norway

Referee: Galiya Echeva (BUL) – Stadium: Király Sportcentre, Szombathely (HUN)
04/11/2016 11:15:49
Last updated: 11/04/2016 12:15 CET



2016年04月03日(日) 京都府1部リーグ第1節 東山−久御山B 立宇治−山城 京都橘B-両洋 成美−廣学館 洛北−福知山

京都府1部リーグ第1節
東山高校−久御山高校B
8時30分 宝ヶ池球 曇時々小雨 人工芝


東山           久御山B
−−−十一−−六五−−− −九番−−八八−−六十−
−−−−−−−−−−−− −−−−−五九−−−−−
八番−十四−−二四−四六 −−−四十−−七二−−−
十九−三番−−六番−二番 二二−二四−−三番−二六
−−−−−二一−−−−− −−−−−二一−−−−−

開始すぐ、東山のほうが明らかに強いことが分かる。守備力とスピードに優り、久御山Bは技術は高いが、本来Aチームには備わっている対人守備の強さやイージーミスの少なさがまるっきりない。それでも88番は抜群の技術を見せ、なぜBチームにいるのか分からないほどである。細かいタッチのドリブルは圧巻で、下がって受けてボールも捌ける。72番は組み立ての際には下がって受けて起点になるが、ミスも散見され、勝負パスも出せず、迷いながらプレーしているように見える。9番の突破力もなかなか。4分、東山。30mFKを繋ぐ。よほど自信があるのだろう。6分、東山、タテ一本、65番が抜け出しGKと1対1を決める。1−0。久御山GK21番は前に出るべきだったが、判断を誤った。8分、東山8番に警告。遅れたタックル。9分、東山3番からタテ一本、65番に渡るが、久御山BのGK21番は出ない。結局チャンスは逃したが、久御山BのGK21番は明らかに出る判断がおかしい。久御山のサッカーをしていて前に出る判断が磨かれないなんて変だが、開幕戦ゆえの緊張?11分、東山65番が右スペースからクロス、中で11番?ボレー、惜しい。12分、東山、2番の右クロス、11番届かず。決定的クロスが二本続いた。65番は左CKも担当。24分、久御山B88番のスルーパスに9番が裏を取り、シュートは弱い。超決定機だが、結局前半の久御山Bのシュートはこの一本だけだった。27分、東山、8番左突破からシュートは外れる。28分、久御山B40番に警告。足裏タックル。28分、東山46番の右クロス、こぼれを65番シュートも右に外れる。決定機。ワンタッチあり、右CK、これは2番が右足で蹴る。32分、東山8番タメて3番オーバーラップから左クロスを65番合わせて2−0。33分、東山タテ一本、当然久御山BのGK21番は前に出るかと思いきや、逆に下がって65番に通り、決まる。3−0。65番はハットトリック。35分、久御山B72番ミスで奪われ東山21番シュートは左に外れる。その後も東山の猛攻が続くが追加点はなし。前半終了。

前半シュート数7(枠内5)対1、CK数3対1、GK数2対5、オフサイド数3対1、クロス数10対2、ファウル数8対3、オフサイド数1対0。東山のほうが明らかに強いが、久御山Bは2失点はGKのミス。このGK21番はシュートへの反応はいいので、チームによってはかなり活躍できるのだろうが、この日は久御山Bのサッカーと噛み合っていない。

ハーフタイム、東山11番→68番。11番は起点にはなっていた。46番→98番。久御山B26番→30番、60番→99番。左ウイングに入り、9番が右ウイングに回る。49分(後半4分)、東山6番のタテパスに65番快足を飛ばして受けシュートも久御山BのDFカバー。52分、東山、裏を取り8番シュートはサイドネット。超決定機。54分、久御山B、カウンターで72番か99番へ、左シュートは右へ外れる。決定機。55分、久御山B、右70度30mFKを30番蹴るも上に外れる。58分、久御山B88番裏を取りシュートはGK足でセーブ。決定機。東山98番シュートはGK弾くも68番蹴り込み4−0。61分、久御山B、40番→51番。62分、東山68番ループを狙うも右上に外れる。決定機。久御山BのGK21番、前に出ることを意識したか?65分、東山、8番、2番→63番、15番。63番が左ハーフ、15番が右サイドバック。73分、東山、タテ一本にまたも久御山BのGK21番が前に出ず、65番が追いつきループ、決まって5−0。73分、久御山B、24番→11番ボランチに入り、72番がCBに下がる。75分、東山98番右クロスに68番上に外す。超決定機。ワンタッチあり、右CKを63番が左足で蹴る。77分、久御山B72番が東山68番に奪われるも何とかカバー。東山65番→20番。65番が快速を活かし大活躍。マン・オブ・ザ・マッチでしょう。80分、東山24番から68番に当ててリターンを24番シュート、久御山BのDFナイスカバー。81分、東山、右FKを63番、左足で入れる。85分、東山98番シュートは久御山BのGK21番ナイスセーブ。88分、久御山B、88番から9番、99番とつなぎシュートは上に外れる。超決定機。89分、東山20番のポストから63番が左足一閃!6−0。90分、東山、右裏を取った15番が決める。7−0。結局東山が圧勝した。

後半シュート数12(6)対3、CK数3対1、GK数3対4、オフサイド数2対0、クロス数5対2、ファウル数2対3、FK数1対0。

実力差通りのスコアだが、久御山Bはもう少し粘れたのではないだろうか?GKが当たっていなかったのと、イージーミス。試合勘がないかのような負け方だった。東山は65番が圧巻だったが、インサイドがミスせず、サイドハーフが好調で、CBからはバシバシロングフィードが出た。有力な優勝候補だろう。





京都府1部リーグ
立命館宇治高校−山城高校
10時20分 宝ヶ池球 曇時々小雨 人工芝

立宇治          山城
−−−−−四四−−−−− −−−十一−七三−−−−
−−−−−七番−−−−− −−−−−−−−−−−−
十一−五九−−八番−八七 九番−二四−−八四−十七
二八−八八−−四一−五五 九三−七六−−五七−四四
−−−−−三九−−−−− −−−−−二十−−−−−

開始すぐ、立宇治41番に警告。山城93番を止める。立宇治は激しく守り蹴るサッカーの印象が強かったが、キャプテン8番と7番が技術的にしっかりしていてミスが少ないので繋ぐサッカーになっている。大きな展開もないが、確実に狭い局面でも回せる。44番が強靭で、山城76番との激しいバトルは面白い。ただし、山城のもう一人のCB57番は立宇治44番に苦戦する。立宇治41番は長身。11番は突破力がある。山城93番は攻守に安定しているいい左サイドバック。繋ごうとする立宇治に対し、ベンチは不満そうである。16分、山城11番カットインシュートはブロック。そのカウンター、立宇治44番繋ぎ87番決める。1−0。18分、山城44番アーリー右クロス、9番合わせるが右ポスト。決定機。山城11番は左で半身で受け、展開するプレーが得意。また足腰がしっかりしていて、安定した姿勢で強いキックを蹴られる。サイドチェンジも意識していてなかなかのトップ脇。キャプテン。とは言え基本的に守備力に差があり、立宇治ペースが続く。38分、立宇治44番裏を取るが、DF戻りシュートブロック。39分、立宇治87番右からカットイン、山城93番を振り切り、右足アウトで決める。2−0。44分、立宇治右クロスをGK弾くも7番シュート、キャッチ。決定機。前半終了。

前半シュート数5(2)対1、CK数1対0、GK数7対3、オフサイド数0対2、クロス数3対0、ファウル数6対4、FK数0対2。GK数に差があるのは山城が押していたのではなく、蹴ることが多かったため。

ハーフタイム、山城24番と44番がポジションを変える。9番→71番。53分(後半8分)、立宇治87番ドリブルからスルーパスが44番に通り、GKを外してシュートもDF戻りライン上ブロック。超決定機。その左CKで立宇治の選手と山城GKが競り合いこぼれがラグビーみたいな密集になり、押し込む。得点者は分からず。まさにラグビーのようなゴールだった。山城GK20番のファウルアピールは余計だった。すぐに体勢を立て直し、ゴールを守る意識があれば防げたかもしれない。66分、立宇治8番→86番。中心選手でキャプテンを下げるということは勝ちを確信したか?3点差くらい高校生は分からないが、力の差に加え、戦う姿勢でも立宇治が上回っている。72分、立宇治11番→72番。74分、88番入れて44番ポストからシュートはブロック。75分、立宇治59番から55番右クロス、72番ヘッドは上に外れる。少しクロスが高かった。76分、立宇治39番(GK)→16番、77分、55番→63番。80分、立宇治87番突っ込みクロス、跳ね返りを自ら押し込む。4−0。87番はハットトリック。81分、立宇治41番→5番。87分には浮き球を決定的ボレーも決まらず。結局4−0でタイムアップ。立宇治が圧勝した。

後半シュート数5(2)対1(1)、CK数1対0、GK数3対4、オフサイド数1対0、クロス数2対2、ファウル数5対3。

終始立宇治ペースだった。ベンチの意図とは違ったサッカーかも知れないが、前線からの激しい守備と奪ってからはコンパクトな局面でも繋ぐサッカーが両立しており、ただ頑張るだけのチームではない。今年も間違いなく京都代表を争う力がある。山城は76番と11番が攻守の柱だろうが、チームが未完成で、今のところ何とも言えない。ただし個々の能力はあるので、伸びしろは感じた。とは言え、もっと守備を頑張る意識がほしい。





京都橘Bは以前京都府一部リーグで優勝したこともある最強のBチームである。ただしその年は京都橘Aがプリンスリーグ所属でこの年の12月にプレミアリーグに昇格したにもかかわらず、当時のレギュレーションでは京都橘Bはプリンス参入戦に参加できなかった。しかし今のレギュレーションなら、先に行われるプリンス参入戦に参加でき、その後Aチームの昇格次第でBチームもプリンスに昇格できる。京都橘は実質的なBチームで今年の京都新人戦で優勝したので、少なからず可能性があるところだ。対する京都両洋は近年コンスタントに上位につけている注目校だ。

京都府一部リーグ
京都橘高校B−京都両洋高校
12時10分 宝ヶ池球 曇 人工芝

京都橘B         京都両洋
−−−−−−九番−−−− −−−九番−−十六−−−
−−−−二三−−−−−− 十一−−−−−−−−七番
十一−十九−−二六−八番 −−−六番−−十番−−−
五番−七番−−三番−六番 十三−十二−−四番−二番
−−−−−一番−−−−− −−−−−一番−−−−−

しばらくして、京都橘Bは布陣変更。↓の通り。

京都橘B
−−−−九番−−八番−− 
−−−−−二三−−−−− 
十一−十九−−二六−六番 
−−五番−七番−三番−− 
−−−−−一番−−−−− 

京都両洋CF16番が大柄でボールが納まる。12番も長身CF。GK1番はよく声が出る。7分、両洋9番落とし11番スペースを突きシュートもDFに当たりサイドネット。その左CK、10番が右足で蹴るも逸機。レフェリーが流し気味の笛を吹いていて、これに先に対応したのは経験豊富な京都橘Bだった。京都両洋が繋ぐサッカーを見せる中、厳しい守備で対応。守備からペースをつかむ。14分、右突破からペナ右FKを獲得。6番の右足の中でヘッド、上に外れる。16分、京都橘B、23番のミドル正面。いい形。京都橘BはGK1番が長身で反応も良くクロスの対応がしっかりしていて、声もよく出るというなかなかの好選手で、もし3年生だったとしたら、Aチームに矢田貝という超高校級GKがいるために高体連の試合に出られない、勿体無い逸材ということになる。5番は左足ロングフィードが光る。7番は堅実なカバーと統率力、19番と26番は安定した攻守でミスがなく、23番はAチームでいえば梅津のようなタイプの技巧派の超危険人物。トラップと視野の確保が素晴らしい。8番は快速アタッカー。京都橘Bは徐々に良くつなぐようになり、圧倒的なポゼッションになって行く。京都橘といえば、かつては徹底的に繋ぐチームだったが、勝ちきれないチームと言う印象があった。それが高校選手権準優勝(PK負け)の経験で激しい守備からのカウンターという現実的なサッカーにシフトしていったが、このBチームはかつての理想追求型になっていて、新人戦のときの5バックは理想と現実の妥協点だと理解した。22分、京都橘B、26番から8番へ通りシュートは左に外れる。京都両洋は左ハーフのドリブラー11番とタフにアップダウンを繰り返す左サイドバック13番がともにスペース察知能力が高く、鉄則通り京都橘右ウイングバック6番の裏のスペースを巧みに突く。27分、京都橘B11番、左シュート、右に流れる。京都両洋のプレスに対し、京都橘B1番から「後ろ下げ過ぎ」と声がかかる。京都橘Bの左クロスを8番ヘッドも左上に外れる。決定機。30分、京都橘B、9番の左クロスが正面を横切る。33分、京都両洋左スペースを突いた11番シュートも右に外れる。決定機。36分、京都橘B6番が右突破倒され。ペナ右カド付近でFK。8番蹴るも合わず。42分、京都橘Bの11番左クロスを8番左足で合わせ、1−0。結局前半は1−0で終了。

前半シュート数5(3)対4(1)、CK数0対1、GK数3対4、オフサイド数1対1、クロス数2対6、ファウル数3対3、FK数2対1。数字上京都両洋が劣っているとは言えないが、京都橘Bが一枚上でと感じさせた。

後半開始、立ち上がりから京都橘が支配にかかる。50分(後半5分)、京都橘スルーパスに京都両洋DFが先に触るが、GKへバックパスも脇を抜くミスで、そのままオウンゴール。2−0。GKから声はかかっていたが。56分、京都橘B、8番の右クロスを9番落とし23番が左シュート、しかしGKナイスセーブ。超決定機。しかしその左CKのこぼれを9番強烈ミドル。3−0。直後に京都両洋も9番が強烈ミドル。3−1。59分、京都両洋、右80度20mFK、11番の左足は上に外れる。キック精度が良くなかった。63分、京都両洋、7番、9番、10番→24番、17番、15番。16番をCFに17番右ウイング、11番左ウイング、15番と24番がインサイドハーフで6番が中盤の底。68分、京都橘B23番キープから右へ、8番フリーのシュートは上に外れる。決定機。70分、京都橘B、7番が高めでカットしそのままオーバーラップ、ミドルはキャッチ。京都橘B19番→22番がそのままボランチへ。72分、京都橘B、右から8番が突っ込み9番へ、シュートはブロック。75分、京都両洋11番→19番。京都両洋最大の武器を下げざるを得なくなった時点で攻め手はなくなった。32分、京都橘、右FK8番のキックにニアで誰か?とGKが激突。痛む。76分、京都両洋、15番カットから16番シュートは弱い。決定機。83分、京都両洋16番→20番、京都橘Bも23番→13番。85分、京都両洋15番が右足で左CKを蹴る。90分、京都橘B8番が右角度のないところから決めて4−1。京都橘が凄まじい強さを見せて圧勝した。

後半シュート数5(4)対6(3)、CK数1対1、GK数3対3、クロス数3対0、ファウル数2対1。数字上はやはり京都両洋も悪くなく、試合運びに問題がなかったことが分かる。とは言え力の差はどうしようもなかった。京都橘は状況次第で両サイドを下げた5バックにも出来るだろうし、両洋がギアを上げても対応できただろう。京都両洋はとにかく守備力向上にかかっている。GKは良くて声も出ていたが、DFが12番が高かった以外は9番や8番に負けていた。高校総体予選では全国を狙いために、引いて守る、という現実的な選択肢を取るのではないか?



京都府一部リーグ
福知山成美−京都廣学館
14時 宝ヶ池球 小雨 人工芝


福知山成美        廣学館
−−−十番−−九番−−− −−−十一−−十番−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
十一−六番−−八番−七番 十九−六番−−七番−八番
五番−四番−−三番−二番 三番−二番−−四番−五番
−−−−−一番−−−−− −−−−−一番−−−−−

福知山成美は個々の能力、特にスピードで上回り、7番のスピードは手が付けられなかった。廣学館はフィジカルが鍛え抜かれ、技術も一定のレベルにあるが、少しずつ成美に及ばない。6番ががっちりしていて技術的にしっかりしていて守備も頑張るハートがあるが、孤軍奮闘と言ったところである。開始早々、成美7番の右クロスに9番合わせて1−0。7分には廣学館6番に警告。遅延。成美は3番が高く、9番も強く、6番はいいターンを持っていてキャプテン4番は高くて前に強い選手。しかし3番のほうが声は出ているかな?10番は左足FK担当。14分、成美、2番の素晴らしい上がりから9番オーバーヘッド、当たり損ね。廣学館2番はキックミスなど技術的なミスが目立ち、何度か奪われる。27分、成美、10番の左クロスに7番合わせて2−0。33分、廣学館は8番の右クロスを落とし、9番蹴り込む2−1。前半は2−1。

シュート数8(7)対2(1)、CK数2対0、GK数2対2、オフサイド数0対1、クロス数6対3、ファウル数2対2。明らかに力の差を感じた。

ハーフタイムで廣学館は3番を右ハーフ、8番を右サイドバック、5番を左サイドバックに変更。更に52分9番→15番がそのまま左ハーフに。55分、成美9番→16番。9番はエースだと思うんだが。16番は左ハーフに入り、11番がFWに。60分、廣学館4番位警告。成美の7番→15番。64分、廣学館3番→13番。69分、成美、右FKをファーで折り返し4番ボレー、決まって3−1。73分、廣学館11番→14番。75分、成美11番→14番。80分、成美カウンター、16番のパスを13番が右隅に決めて4−1。成美10番→12番がCBに入り4番が左サイドバックへ、5番ボランチに。13番、16番FWで14番左ハーフ。84分、成美、左CKを13番ヘッド、決まって5−1。結局成美が圧勝した。

後半シュート数9対0。この数字だけで十分だろう。力の差は歴然としていた。廣学館が明らかにチーム作りの過程で試行錯誤していて伸びしろがあるのは確かだが、それは成美にも言えること。細かい部分では少しの差だが、積み重なると大きな差になる典型例だった。廣学館も悪くはなかったが、局面でタフに守らなければ、本当に強いチーム相手には厳しいと思う。





京都府一部リーグ
洛北−福知山
15時50分 宝ヶ池球 小雨 人工芝

洛北           福知山
−−−三二−−四番−−− −−−−−十一−−−−−
−−−−−−−−−−−− −九番−−十番−−七番−
十二−六六−−十六−三七 −−−六番−−八番−−−
八九−七七−−十番−二番 二番−三番−−四番−五番
−−−−−一番−−−−− −−−−−十二−−−−−

福知山は福知山成美と違ってサッカー留学はいないので等身大の地元のレベルを図る目安になる。洛北は中で繋いで4番に当ててサイドに展開するサッカーだが、福知山の集散が早くて繋げない。そして福知山のショートカウンターという形。20分過ぎまで互角だった。そこで帰る。最終スコアは2−1だったが、福知山の強さは感じた。


 < 過去  INDEX  未来 >


T.K. [MAIL]