サッカー観戦日記

2014年06月30日(月) U-16日本代表 タイ遠征(7/6〜7/16) メンバー・スケジュール

U-16日本代表 タイ遠征(7/6〜7/16) メンバー・スケジュール
2014年06月30日

スタッフ
監 督:吉武 博文 ヨシタケ ヒロフミ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:木村 康彦 キムラ ヤスヒコ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
アシスタントコーチ:森山 佳郎 モリヤマ ヨシロウ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/サンフレッチェ広島)
GKコーチ:大橋 昭好 オオハシ アキヨシ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
選手
GK
鶴田 海人 ツルタ カイト(ヴィッセル神戸U-18)
原田 岳 ハラダ ガク(横浜F・マリノスユース)
大迫 敬介 オオサコ ケイスケ(FELICIDOD FOOTBALL CLUB)
DF
阿部 雅志 アベ マサシ(星稜高校)
下口 稚葉 シモグチ ワカバ(JFAアカデミー福島)
西本 卓申 ニシモト タカノブ(鹿島アントラーズユース)
堂安 律 ドウアン リツ(ガンバ大阪ユース)
森下 怜哉 モリシタ レイヤ(セレッソ大阪U-18)
森岡 陸 モリオカ リク(ジュビロ磐田U-18)
MF
佐々木 匠 ササキ タクミ(ベガルタ仙台ユース)
梶山 幹太 カジヤマ カンタ(名古屋グランパスU18)
小野 湧哉 オノ ユウヤ(東海大付属熊本星翔高)
飛鷹 啓介 ヒタカ ケイスケ(JFAアカデミー福島)
菅 大輝 スガ ダイキ(コンサドーレ札幌U-18)
田中 碧 タナカ アオ(川崎フロンターレU-18)
藤本 寛也 フジモト カンヤ(東京ヴェルディジュニアユース)
FW
崎村 祐丞 サキムラ ユウスケ(アビスパ福岡U-18)
石川 啓人 イシカワ ヒロト(サガン鳥栖U-18)
永澤 竜亮 ナガサワ リョウスケ(ヴィッセル神戸U-18)
渡邊 陽 ワタナベ ヨウ(浦和レッズユース)
安井 拓也 ヤスイ タクヤ(ヴィッセル神戸U-18)
松岡 大智 マツオカ ダイチ(セレッソ大阪U-18)
杉浦 文哉 スギウラ フミヤ(名古屋グランパスU15)
※U-16日本代表:FIFA U-17ワールドカップチリ2015を目指すチーム
U-16日本代表 タイ遠征(7/6〜16) 選手変更
飛鷹 啓介(ヒタカ ケイスケ / HITAKA Keisuke)
MF 所属:JFAアカデミー福島 理由:体調不良のため

渡辺 皓太(ワタナベ コウタ / WATANABE Kouta)
DF 所属:東京ヴェルディユース 1998年10月18日生 164cm/58kg
スケジュール
7月9日(水) PM トレーニングマッチ
7月11日(金) PM トレーニングマッチ
7月13日(日) PM トレーニングマッチ
7月15日(火) PM トレーニングマッチ
今後の予定
8/4〜8 国内トレーニングキャンプ
8/17〜23 国内トレーニングキャンプ
8/26〜9/3 直前キャンプ
9/6 AFC U-16選手権タイ2014(バンコク) グループステージ 対 香港
9/8 AFC U-16選手権タイ2014(バンコク) グループステージ 対 中国
9/10 AFC U-16選手権タイ2014(バンコク) グループステージ 対 オーストラリア
9/14 AFC U-16選手権タイ2014(バンコク) ノックアウトステージ 準々決勝
9/17 AFC U-16選手権タイ2014(バンコク) ノックアウトステージ 準決勝
9/20 AFC U-16選手権タイ2014(バンコク) ノックアウトステージ 決勝

ダウンロード
• メンバー詳細はこちら


【スタッフ】
監 督 吉武 博文 ヨシタケ ヒロフミ YOSHITAKE Hirofumi 【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
コーチ 木村 康彦 キムラ ヤスヒコ KIMURA Yasuhiko 【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
森山 佳郎 モリヤマ ヨシロウ MORIYAMA Yoshiro 【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/サンフレッチェ広島】
大橋 昭好 オオハシ アキヨシ OHASHI Akiyoshi 【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】 GKコーチ
【選 手】
Pos. 選手名 パスポート表記 生年月日 身長 体重   所 属
GK 鶴田海人 ツルタカイト TSURUTAKaito 1998.04.16 180 cm 73 kg ヴィッセル神戸U-18
原田岳 ハラダガク HARADAGaku 1998.05.22 186 cm 77 kg 横浜F・マリノスユース
大迫敬介 オオサコケイスケ OSAKOKeisuke 1999.07.28 183 cm 72 kg FELICIDODFOOTBALLCLUB
DF 阿部雅志 アベマサシ ABEMasashi 1998.03.07 164 cm 57 kg 星稜高校
下口稚葉 シモグチワカバ SHIMOGUCHIWakaba 1998.05.02 176 cm 67 kg JFAアカデミー福島
西本卓申 ニシモトタカノブ NISHIMOTOTakanobu 1998.06.12 164 cm 58 kg 鹿島アントラーズユース
堂安律 ドウアンリツ DOANRitsu 1998.06.16 171 cm 70 kg ガンバ大阪ユース
森下怜哉 モリシタレイヤ MORISHITAReiya 1998.11.01 179 cm 66 kg セレッソ大阪U-18
森岡陸 モリオカリク MORIOKARiku 1998.11.20 180 cm 63 kg ジュビロ磐田U-18
MF 佐々木匠 ササキタクミ SASAKITakumi 1998.03.30 164 cm 57 kg ベガルタ仙台ユース
梶山幹太 カジヤマカンタ KAJIYAMAKanta 1998.04.24 165 cm 54 kg 名古屋グランパスU18
小野湧哉 オノユウヤ ONOYuya 1998.08.10 157 cm 45 kg 東海大付属熊本星翔高
飛鷹啓介 ヒタカケイスケ HITAKAKeisuke 1998.08.21 173 cm 57 kg JFAアカデミー福島
菅大輝 スガダイキ SUGADaiki 1998.09.10 171 cm 69 kg コンサドーレ札幌U-18
田中碧 タナカアオ TANAKAAo 1998.09.10 174 cm 58 kg 川崎フロンターレU-18
藤本寛也 フジモトカンヤ FUJIMOTOKanya 1999.07.01 172 cm 59 kg 東京ヴェルディジュニアユース
FW 崎村祐丞 サキムラユウスケ SAKIMURAYusuke 1998.06.27 174 cm 61 kg アビスパ福岡U-18
石川啓人 イシカワヒロト ISHIKAWAHiroto 1998.07.16 169 cm 62 kg サガン鳥栖U-18
永澤竜亮 ナガサワリョウスケ NAGASAWARyosuke 1998.09.25 162 cm 55 kg ヴィッセル神戸U-18
渡邊陽 ワタナベヨウ WATANABEYo 1998.10.14 165 cm 60 kg 浦和レッズユース
安井拓也 ヤスイタクヤ YASUITakuya 1998.11.21 172 cm 61 kg ヴィッセル神戸U-18
松岡大智 マツオカダイチ MATSUOKADaichi 1999.01.23 169 cm 61 kg セレッソ大阪U-18
杉浦文哉 スギウラフミヤ SUGIURAFumiya 1999.09.23 164 cm 50 kg 名古屋グランパスU15
※U-16日本代表:FIFAU-17ワールドカップチリ2015を目指すチーム



2014年06月29日(日) チャレンジリーグ 高槻−静産大

チャレンジリーグ
スペランツァFC大阪高槻−静岡産業大学ボニータ
高槻総合スポーツセンター陸 6月29日 14時 良芝 晴れ

高槻           静産大
−−−丸山−−巴月−−− −−−駒形−−島村−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
斎藤−虎尾−−成宮−壷井 寛野−平野−−窪田−城下
吉村−秋葉−−畑中−佐藤 石田−宮崎−−西山−鈴木
−−−−−大野−−−−− −−−−−寺田−−−−−


高槻 監督:本並健治
GK 1 大野摩耶  164/61 85.08.06
DF 3 壷井綾子  157/51 89・05.15
DF 2 畑中美友香 166/53 96.06.28
DF 4 秋葉夢子  161/52 87.03.12
MF 5 吉村碧   157/50 93.06.13
MF 9 虎尾直美  158/54 86.03.19
MF 7 成宮唯   154/45 95.02.22
MF 8 佐藤楓 (Cap.)170/58 92・01.04
MF 16 齋藤 敏子
FW 14 丸山桂里奈 163/56 83.03.26
FW 28 巴月優希  164/56 95.02.22

静産大 監督:三浦哲治
GK  1 寺田郁美  162/54 93・09・13
DF  7 鈴木里菜  161/50 92・05・11
   24 宮崎薫   163/53 94・09・23
   25 西山芽衣  152/51 91・08・12
    8 石田理紗  154/46 93・07・11
MF 20 城下千夏
   19 窪田美月  153/51 94・09.03
    9 平野麻美  159/56 92・04.19
   13 寛野未恵  163/51 93・09・27
FW 15 島村公美子 163/58 95・02・14
   11 駒形奈々  154/54 93・04・20

9分、中の斎藤から吉村へ、スルーパスに巴月が左から折り返し、ファーに壷井が詰めてスライディングシュート、決まって1−0。体格データでも高槻優位だが、それ以上にパワー差があり、静産大が当たりに来ても高槻は難なくキープし、弾きかえす。キープに不安感がなく、ミスをしない限り奪われないので、落ち着いて回せる。技術でも優っているんで、要するに圧倒的優位に試合を進める。壷井のスルーパスに丸山が右深くまで切れ込みマイナスの折り返し、中正面フリーの佐藤シュート、DF当たり左CKへ。超決定機。高槻は虎尾と成宮のドイスボランチなのだろうが、成宮が攻撃的でどんどん上がる。そして以前とは違うのは積極的にボールを呼び込み、飛び出したり、足元に呼びこんだりして、ダイレクトワンツーを狙ったりと周囲と絡んだうえで積極的なことだ。もはやかつての単なるドリブル屋ではない。両サイドは運動量が買われているのかな?後方の佐藤と吉村が守備が安定しているというのもある。そして巴月と丸山のスピードを活かした突破力。静産大では平野が只者ではない。キープ力があり、ボールを失わず、中央に突っ込む突破力もある。25分、高槻Ю宮のダイレクトパスで㉘巴月裏へ走り、DF体入れられながらシュート、弱い。給水タイムが入る。直後にも吉村の左足フィードを左クロス、虎尾シュート、GKキャッチ。左CKで虎尾のショートを┷監ヘッド、上に外す。決定機。ちなみに高槻は初の枠外シュート。35分、D朧罎離好襦璽僖垢鬮Ю宮フリーで右シュート、GKに当てる。超決定機。左CKで虎尾が入れて静産大DF4が競り合ってこぼれたボールをそ葉が蹴りこむ。2−0。前半終了。

前半シュート数は10(枠内9)対1(1)、CK数4対0、オフサイド数6対0、クロス数6対3、枠内シュートの割合から言っていかに高槻が楽な体制でシュートを撃てていたかがわかる。

ハーフタイムで静産大島村→尾田緩奈。後半は自重していた虎尾や両サイドバックまで高い位置に上がる。虎尾が左クロス、ファーでD朧罎シュートブロック、さらに㉘巴月がシュートもブロック、丸山は撃てず。11分、静産大、左CK。この試合初CK。碍ε弔ら款覯屡瑤唸むが届かず。決定機。後半高槻は┷監がポジションを上げた分、畑中がクレバーなポジショニングが光る。私はこの選手はSBの方が大成するタイプだと思ってるが、┷監との兼ね合いが難しい。16分、静産大カウンターからアタッカー3人、高槻DF2人の大チャンス、しかし畑中絶妙のポジショニングで距離を詰めてパスを出した瞬間、そ葉がラインを上げてオフサイドを取る。リードしている高槻としてはあってはならないカウンターを受けた。18分、高槻虻愼カウンタで左からカットイン、真ん中から左に流れた丸山にスルーパス、GLと1対1、丁寧に右隅に回転を掛けたシュートで転がすが右ポスト直撃。超決定機。21分。静産大、ベンチの指示で尾田が右ハーフ、款覯爾FWにポジションチェンジ。25分、高槻、左CKからシュートもGKキャッチ。29分、静産大20城下→に眠千明。でかいFW。34分、FKで虎尾のボールをそ葉シュートも正面。決定機。40分、静産大駒形→㉗口木ひかる。87分、高槻虻愼、丸山→島村裕子、㉗堀内沙也香。44分、高槻㉘巴月→汗仞醉ァ45分、高槻、右クロスに㉗堀内シュートこぼれを島村蹴りこむ。3−0。46分、高槻虎尾→κ震鄙鏤辧7覿稗魁檻阿妊織ぅ爛▲奪廖

後半のシュート数は4(4)対2(1)クロス数6対1。高槻が枠外シュート1本だけという時点でいかに圧倒的に支配して崩してシュートを撃っているかがわかるだろう。静産大で先述の平野のほか島村が馬力があってよかった。とは言え、日体大と首位争いしている高槻にここまで圧倒されては、女子インカレで通用はするだろうけど、優勝までは厳しいのではないだろうか?


公式記録



2014年06月27日(金) 14年CAF 女子U−17予選 1次ラウンド 結果

14年CAF 女子U−17予選




1st round
13 June 2014
More
(Withdraw) Liberia TBD Sierra Leone
Referees: TBD | Stadium: TBD
More
(Withdraw) Kenya TBD South Sudan
Referees: TBD | Stadium: TBD
More
(Withdraw) Burundi TBD RD Congo
Referees: TBD | Stadium: TBD
More
(Withdraw) Guinea-Bissau TBD Togo
Referees: TBD | Stadium: TBD
More
Cameroon TBD Central African Republic (Withdraw)
Referees: TBD | Stadium: TBD
More
(Disqualify) Gambia TBD Guinea
Referees: TBD | Stadium: TBD
14 June 2014
More
Mozambique 1 - 1
Namibia
Referees: Dennis NGULUWE (MWI) - Clemence KANDUKU (MWI) - Festone KUSEKUSE (MWI) | Stadium: Campo da Liga Muculm , Maputo (MOZ)
More
Seychelles 1 - 2
Uganda
Referees: Andofetra Avombitana RAKOTOJAONA (MDG) - Basile Alain RAMBELOSON (MDG) - Randrianarivelo RAVONIRINA HARIZO (MDG) | Stadium: STADE LINITE , Victoria (SYC)
15 June 2014
More
Egypt 4 - 2
Sudan
Referees: Nasrallah JAOUADI (TUN) - Majed RHOUMA (TUN) - Ramzi HERCH (TUN) | Stadium: Alexandria Stadium , Alexandria (EGY)
More
Libya 19:00 Mauritania (Withdraw)
Referees: TBD | Stadium: PETRO SPORT , Cairo (EGY)
27 June 2014
More
Guinea TBD Gambia (Disqualify)
Referees: TBD | Stadium: TBD
More
Togo TBD Guinea-Bissau (Withdraw)
Referees: TBD | Stadium: TBD
More
Sierra Leone TBD Liberia (Withdraw)
Referees: TBD | Stadium: TBD
More
RD Congo TBD Burundi (Withdraw)
Referees: TBD | Stadium: TBD
More
South Sudan TBD Kenya (Withdraw)
Referees: TBD | Stadium: TBD
More
(Withdraw) Central African Republic TBD Cameroon
Referees: TBD | Stadium: TBD
More
(Withdraw) Mauritania TBD Libya
Referees: TBD | Stadium: TBD
More
Sudan 1 - 3
ET: 0 - 0
Egypt
Referees: TBD | Stadium: Khartoum Stadium , Khartoum (SDN)
28 June 2014
More
Namibia 0 - 1
Mozambique
Referees: Stanley HACHIWA (ZMB) - Romeo KASENGELE (ZMB) - Francis SHISHEKANU (ZMB) | Stadium: Sam Nujoma Stadium , Windhoek (NAM)
More
Uganda 3 - 0
Seychelles
Referees: El Fatih Wadeed KHALEEL (SDN) - Mohammed Abdallah IBRAHIM (SDN) - Mustafa Ibrahim M. MEDANY (SDN) | Stadium: Kampala , Kampala (UGA)



2014年06月24日(火) U-19日本代表候補トレーニングキャンプ(6/30〜7/2@東京) メンバー&スケジュール

U-19日本代表候補トレーニングキャンプ(6/30〜7/2@東京) メンバー&スケジュール
2014年06月24日

スタッフ
監 督:鈴木 政一 スズキ マサカズ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:内山 篤  ウチヤマ アツシ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
GKコーチ:浜野 征哉 ハマノ ユキヤ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
選手
GK
中村 航輔 ナカムラ コウスケ (柏レイソル)
吉丸 絢梓 ヨシマル ケンシン (ヴィッセル神戸)
田口 潤人 タグチ ジュント(横浜F・マリノスユース)
DF
三浦 弦太 ミウラ ゲンタ (清水エスパルス)
内田 裕斗 ウチダ ユウト (ガンバ大阪)
畠中 槙之輔 ハタナカ シンノスケ (東京ヴェルディ)
広瀬 陸斗 ヒロセ リクト (水戸ホーリーホック)
宮原 和也 ミヤハラ カズヤ (サンフレッチェ広島)
中谷 進之介 ナカタニ シンノスケ (柏レイソル)
石田 崚真 イシダ リョウマ (ジュビロ磐田U-18)
茂木 力也 モテギ リキヤ (浦和レッズユース)
MF
松本 昌也 マツモト マサヤ (大分トリニータ)
関根 貴大 セキネ タカヒロ (浦和レッズ)
大山 啓輔 オオヤマ ケイスケ (大宮アルディージャ)
安東 輝 アンドウ アキラ (福島ユナイテッドFC)
川辺 駿 カワベ ハヤオ (サンフレッチェ広島)
高木 大輔 タカギ ダイスケ (東京ヴェルディ)
青木 亮太 アオキ リョウタ (名古屋グランパス)
奥川 雅也 オクガワ マサヤ (京都サンガF.C.U-18)
FW
金子 翔太 カネコ ショウタ (清水エスパルス)
越智 大和 オチ ヤマト (産業能率大)
宮市 剛 ミヤイチ ツヨシ (湘南ベルマーレ)
※U-19日本代表:FIFA U-20ワールドカップ2015を目指すチーム
追加招集選手(6/25)
諸岡 佑輔 (モロオカ ユウスケ/MOROOKA Yusuke)
FW 所属:福岡大 1995年5月11日生 173cm/63kg
選手変更(6/30)
三浦 弦太(ミウラ ゲンタ / MIURA Genta)
DF 所属:清水エスパルス
理由:怪我のため
大山 啓輔(オオヤマ ケイスケ / OYAMA Keisuke)
MF 所属:大宮アルディージャ
理由:怪我のため
金子 翔太(カネコ ショウタ / KANEKO Shota)
FW 所属:清水エスパルス
理由:怪我のため
宮市 剛(ミヤイチ ツヨシ / MIYAICHI Tsuyoshi)
FW 所属:湘南ベルマーレ
理由:怪我のため

ハーフナー・ニッキ(ハーフナー ニッキ / HAVENAAR Nikki)
DF 所属:名古屋グランパス 1995年2月16日生 197cm/82kg
澤井 直人(サワイ ナオト / SAWAI Naoto)※6/30,7/1のみ参加
MF 所属:東京ヴェルディ 1995年4月3日生 178cm/73kg
井手口 陽介(イデグチ ヨウスケ / IDEGUCHI Yosuke)
MF 所属:ガンバ大阪 1996年8月23日生 171cm/69kg
菅嶋 弘希(スガシマ ヒロキ / SUGAJIMA Hiroki)
FW 所属:東京ヴェルディ 1995年5月11日生 176cm/67kg
北川 柊斗(キタガワ シュウト / KITAGAWA Shuto)
FW 所属:筑波大 1995年6月1日生 178cm/67kg
スケジュール
7月1日(火) 11:00 トレーニングマッチ 対 大宮アルディージャ ※非公開
7月2日(水) 15:30 トレーニングマッチ 対  FC東京(FC東京小平グラウンド)
今後の予定
8/10〜17 2014SBSカップ国際ユースサッカー
9/3〜15 AFF U19 PREPARATORY TOUNAMENT 2014(ベトナム)
9/29〜10/6 トレーニングキャンプ(国内)
10/7〜24 AFC U-19選手権ミャンマー2014
ダウンロード
• メンバー詳細はこちら


【スタッフ】
監 督 鈴木 政一 スズキ マサカズ SUZUKI Masakazu 【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
コーチ 内山 篤  ウチヤマ アツシ UCHIYAMA Atsushi
浜野 征哉 ハマノ ユキヤ HAMANO Yukiya GKコーチ 【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
【選 手】
Pos. 選手名 パスポート表記 生年月日 身長 体重   所 属
GK 中村 航輔 ナカムラ コウスケ NAKAMURA Kosuke 1995.02.27 184 cm 72 kg 柏レイソル
吉丸絢梓 ヨシマルケンシン YOSHIMARUKenshin 1996.03.27 183 cm 72 kg ヴィッセル神戸
田口潤人 タグチジュント TAGUCHIJunto 1996.09.28 181 cm 70 kg 横浜F・マリノスユース
DF 三浦弦太 ミウラゲンタ MIURAGenta 1995.03.01 182 cm 77 kg 清水エスパルス
内田裕斗 ウチダユウト UCHIDAYuto 1995.04.29 171 cm 62 kg ガンバ大阪
畠中槙之輔 ハタナカシンノスケ HATANAKAShinnosuke 1995.08.25 184 cm 78 kg 東京ヴェルディ
広瀬陸斗 ヒロセリクト HIROSERikuto 1995.09.23 172 cm 59 kg 水戸ホーリーホック
宮原和也 ミヤハラカズヤ MIYAHARAKazuya 1996.03.22 172 cm 65 kg サンフレッチェ広島
中谷進之介 ナカタニシンノスケ NAKATANIShinnosuke 1996.03.24 182 cm 75 kg 柏レイソル
石田崚真 イシダリョウマ ISHIDARyoma 1996.09.21 168 cm 65 kg ジュビロ磐田U-18
茂木力也 モテギリキヤ MOTEGIRikiya 1996.09.27 174 cm 67 kg 浦和レッズユース
MF 松本昌也 マツモトマサヤ MATSUMOTOMasaya 1995.01.25 173 cm 64 kg 大分トリニータ
関根貴大 セキネタカヒロ SEKINETakahiro 1995.04.19 167 cm 61 kg 浦和レッズ
大山啓輔 オオヤマケイスケ OYAMAKeisuke 1995.05.07 174 cm 62 kg 大宮アルディージャ
安東輝 アンドウアキラ ANDOAkira 1995.06.28 173 cm 68 kg 福島ユナイテッドFC
川辺駿 カワベハヤオ KAWABEHayao 1995.09.08 175 cm 70 kg サンフレッチェ広島
高木大輔 タカギダイスケ TAKAGIDaisuke 1995.10.14 170 cm 64 kg 東京ヴェルディ
青木亮太 アオキリョウタ AOKIRyota 1996.03.06 170 cm 58 kg 名古屋グランパス
奥川雅也 オクガワマサヤ OKUGAWAMasaya 1996.04.14 174 cm 58 kg 京都サンガF.C.U-18
FW 金子翔太 カネコショウタ KANEKOShota 1995.05.02 162 cm 58 kg 清水エスパルス
越智大和 オチヤマト OCHIYamato 1995.05.12 171 cm 58 kg 産業能率大
宮市剛 ミヤイチツヨシ MIYAICHITsuyoshi 1995.06.01 186 cm 72 kg 湘南ベルマーレ
U-19日本代表:FIFAU-20ワールドカップ2015を目指すチーム



2014年06月23日(月) 近畿大会女子決勝 精華−日ノ本

6月23日

近畿大会 女子 決勝
京都精華女子高校−日ノ本学園高校
西京極 6月23日 11時 良芝 晴れ

精華           日ノ本
−−−中松−−金塚◆檗檗 檗檗檗檗歛臙檗檗檗檗檗
−−−−−−−−−−−− −池尻−−八坂−−藤尾
藤原−園田−−田畑‐路◆檗檗殃芯有 鬱氾帖檗檗
木原〜胃掘檗歟口−前川^霤帖歟歛次檗殱武−渡部
−−−−−高野−−−−− −−−−−木付−−−−−


精華 監督:越智健一郎 前所属記載なしは京都精華女子中
GK  1 高野有希  3年 164/58
DF  6 前澤彩香  3年 156/47
   11 前川恵里佳 1年 163/53
   14 木原杏   1年 165/50
   16 小路葉都紀 2年 151/44
   24 藤原彩也香 2年 163/54
MF  7 金塚咲恵  2年 158/50
    8 中松瑞月  3年 155/46
   10 園田瑞貴  3年 164/49
   13 田畑春菜  1年 156/51
FW  9 谷口木乃実 3年 165/56

日ノ本 監督:田邊友恵 全選手前登録記載なし むろん全員経験者
GK  1 木付優衣  3年 164/58 
DF  2 竹村美咲  3年 161/54 
    3 國武愛美  3年 161/54
    4 渡部那月  3年 160/53    
    5 稲田佳奈  3年 162/54
MF  6 吉田凪沙  3年 166/54
    7 平塚万貴  1年 161/54
   18 藤尾きらら 1年 157/51   
   10 八坂芽依  3年 158/45
    9 池尻茉由  3年 164/54
FW 11 大竹麻友  3年 164/59

精華の準決勝からの最大の変化はCF谷口をCB起用したことだ。高さ・パワー・スピードという高い身体能力を兼ね備えている選手なので、引いて守るサッカーをする上では欠かせないという判断なのだろう。前川が右サイドバックにスライド。池尻潰しか?攻撃力抜群の右サイドバック小路は右ハーフに上がる。2トップは実質ゼロトップ。園田と田畑は下がり、がっちり自陣を固める策に出た。日ノ本との力の差を考えると、まあ当然の策だろう。自らの美学に殉じるサッカーもあるだろうが、サッカーは勝つためにするのだから。そしてドリブルを多用するチームの常として、相手のドリブルを止めるのが上手いものだ。囲めば奪ったあと繋いで運ぶ技術がある。

対する日ノ本は準決勝から一人変わっただけ。ただし背番号が唖欧吠僂錣辰燭世韻覆里如一瞬メモミスを疑った。パワーでは圧倒しているので、前線でキープできるが、グラウンダーの力強いパスで振り回そうにも、精華がFWも自陣に引いているので、スペースがない。

序盤から日ノ本が支配し、精華が守る。チャンスらしいチャンスがないまま時間が過ぎていく。日ノ本の選手間の距離感もいいけど、精華が密集しているし、サイドチェンジもできないからだ。CB陣も敵陣に入り、パス回しに加わる。しかし放り込みは通用しない。前線で奪われると日ノ本はすぐに奪いに行くが、細かいパスで精華もかわし、簡単に奪い返せない。そんな中9分、またも自陣深くで奪った精華がバックパス、しかしこのパターンを読んでいた八坂がカット、GKと1対1も当ててしまう。超決定機。日ノ本は両サイドバックも深く入り、特に左のグ霤弔池尻と連携して左で持ってカットインを狙う。精華鮎路は攻撃面に特徴がある選手なので、守勢には苦しい。17分、日ノ本Φ氾弔パワフルミドル、わずかに上。普通高校女子で狙える距離ではないが、吉田だけだろう、狙えるのは。20分、日ノ本グ霤帖▲ットインからシュートもバー。22分、精華、深い位置から谷口がカウンターでロングフィード、鮎路がDFの間を高速ですり抜け、GKと1対1、左に外れる。超決定機。25分、日ノ本、上がってきた平塚が切れ込み左シュート、バー。決定機。超決定機。27分、日ノ本、左を池尻が破り中にだし、八坂がいいトラップからノーステップシュート、上に外れる。決定機。八坂のシュートに持ち込む速さは抜群の得点センスを感じた。30分、精華中松が裏へのボールに身体を入れた日ノ本DFの背後から粘り強く忍び寄り、触るがGKキャッチ。日ノ本も左スルーパスに池尻が1対1もGKセーブ。超決定機。32分、日ノ本中央の池尻から左に流れた大竹がループを狙い、GKの上を抜いてサイドネットへ突き刺さる。0−1。精華も谷口のスルーパスに鮎路が反応、DFとに1対1を抜けず。34分、精華㉔→鎧害爾┐蠅ぁ複嫁 165/56)。結局前半は0−1で終了。

シュート数は1対13(6)。GK数9対1、クロス数0対7。数字上日ノ本が圧倒していることになるが、精華のシナリオ通りだろう。ただし大竹のビューティフルゴールは計算外だが、GKとの1対1を決めていればどうなったか分からないし、1失点も許容範囲内だろう。

さて、ハーフタイムで日ノ本大竹→殻楔区銃燹複隠毅/51 1年)。精華はフォーメーションを大きくいじくる。谷口をFWに上げた3−5−2。↓の通り。

精華
−−−谷口−−山下−−− 
−−−中松−−園田−−− 
金塚−−−田畑−−−小路 
−−木原−前澤−前川−− 
−−−−−高野−−−−− 

36分(後半1分)、左スペースで受けた園田から鎧害爾悒轡紂璽箸榔ΧもGKキャッチ。38分、日ノ本夏Hが切り込み、マイナスの右クロス殻楔競轡紂璽函■韮砲謀てる。超決定機。39分、日ノ本、スルーパスに殻楔供■韮砲硲餌丕院右に外す。超決定機。44分、日ノ本づ鷲瑤ら裏を取った殻楔兇悄▲轡紂璽箸魯察璽屐7萃蟲 45分、日ノ本平塚がDFと1対1、シュートはブロックされ右CKへ。47分、日ノ本八坂の左FKがファーm枠をとらえ、精華DFが苦しい体勢でクリアするもニア方向に飛び、頭に当たって跳ね返ってオウンゴール。0対2。日ノ本夏H→鈴木綾華(3年 156/53)給水タイムを挟んで、日ノ本T武→小松優希(2年 162/53)。精華々睫遐井藤菜月(1年 162/54)。当たってるGKを下げたということは勝負は決まったという判断か?それとも流れをガラッと変えたい?精華はФ眥佑藁沼を駆使したキープとドリブルをサイドで見せるが、すぐに囲まれ、守備意識も低いため、裏を狙われ続ける。57分、日ノ本、右スペースの裏を池尻が突き、切り返し2発から中へ入れるが殻楔兇料阿妊ット。59分、精華中松→ざ霖早紀(3年 158/51)。左ウイングバック。Ф眥佑ボランチへ。園田がトップへ。山下が2列目。最も攻撃力のある2トップに変更。しかし日ノ本池尻が右裏を突き、クロス、中でカット。63分、日ノ本グ霤帖↓池尻→雲だゲ螳畛辧複嫁 159/49)原優香((2年 156/49)。原がいきなり右裏のスペースを突きフリーでクロス、鈴木ヘッドはGkセーブ。超決定機。66分、日ノ本小松が右から突っ込み精華ざ霖が後方から倒しPK。これを小松自らが左上隅に決めて0−3。67分、日ノ本竹村→黒田桂子(2年 169/60)68分、精華田畑→㉒大前菜々子(2年 172/56)。日ノ本殻楔兇右裏を突き、クロスに正面20mフリーを八坂が左に外す。決定機。73分、精華園田が奪い鎧害璽椒譟爾皹Δ乏阿后7萃蟲 7覿稗亜檻海覇ノ本が快勝した。

後半のシュート数は2対9、GK数6対1、クロス数1対7、結局3バックの裏を狙われ、精華は中盤も支配できず、攻められ続けた。持ち前の細かいサッカーを披露するスペースを全く与えてもらえなかった。パワー差も大きくて、むしろ3失点で済んのだはGK高野の大活躍
によるところが大きい。前半は1対1で抜かれない守備力で凌いだが、後半はスペースを使われてしまった。とは言えФ眥諭↓谷口、園田は数少ないチャンスでセンスを見せた。3バックもよく食らいついた。全国で再びベスト4までなら狙えるでしょう。

日ノ本は全国制覇を狙える。というか常盤木と並ぶ本命でしょう。後半から出た殻楔兇魯好圈璽疋織ぅ廚裡吋肇奪廚如↓大竹と殻楔兇魯蹈鵐疋鷂淮愨緝宗文補)では大迫と永井の関係に似ている。レベルの高い1トップ争いになりそうだ。一人一人のキック力があり、視野も広いので誰かにマンマークをつけてもどうにもならない。守備力は判らなかったし、高さもないけど、精華の谷口と園田は全国トップクラスのアタッカーなので、彼女たちを封じた、ということは、一定のレベルには達していることを示す。中盤の守備力も高いし、まず間違いなく全国でも上位に入ってくるでしょう。



この後男子の決勝もあったが、モチベーションが盛り上がらないのと体調がイマイチなので帰った。京都勢同士の決勝で総体予選決勝と同じカードというのもある。加えて京都橘が一人を除いて登録選手が全員3年生で、引退前の記念試合みたいな印象もあったからだ。結局延長で京都橘4−2立宇治だった。



2014年06月22日(日) 近畿大会 女子準決勝 桐蔭ー精華 八商ー日ノ本

高校総体女子は男子と異なり、1県1代表ではないので、都道府県予選の後、地域予選が行われ、全国16代表が決まる。関西は2枠。近畿大会が予選を兼ねており、6代表によるトーナメントで準決勝の勝者2校が全国に行く。したがって準決勝が一番重要なゲームである。関西の現状は兵庫の日ノ本が全国高校総体2連覇の強豪で、これを大阪勢と京都精華女子が追う。この3校の争いだから、組み合わせは大きなカギを握る。他の高校は戦力的に極めて厳しい。前年度の成績から日ノ本と大阪代表の桐蔭がシードで準決勝から登場。そして両者と互角に戦える精華が桐蔭と同じブロック。1回戦は当然のように精華が11−1で圧勝した。


近畿大会 女子 準決勝
大阪桐蔭高校−京都精華女子高校
下鳥羽公園 6月22日 11時 良芝 曇

桐蔭           精華
−−−呉屋−−永野◆檗檗 檗檗檗檗歟口−−−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−中松−−−−−
持田−田中ち村松中山 金塚園田−−田畑〇害辞
足立‐綫勝欖篋−田中楓 木原〜胃掘檗歔粟遶‐路
−−−−−森田−−−−− −−−−−高野−−−−−


桐蔭 監督:天野泰男

GK  1 森田有加里 3年 170/62 大阪COSMO.FC
DF  5 田中楓子  3年 152/49 FC VICTORIES
    2 岩根有香里 3年 160/50 奈良育英Jr
    4 上西可奈子 3年 164/54 Belo.La日癸藤
    3 足立智佳  1年 156/49 殿馬場中
MF  6 中山さつき 3年 151/43 大阪COSMO.FC
    8 村松夏帆  2年 160/49 名古屋FCレディース
   11 田中ちひろ 2年 156/52 大宮中
    7 持田なな  3年 163/54 スフィーダ世田谷
FW  9 永野未紗樹 2年 155/54 シロキFCリベルタ
   10 呉屋絵理子 3年 164/53 宝塚エルパイレL.F.C

精華 監督:越智健一郎 前所属記載なしは京都精華女子中
GK  1 高野有希  3年 164/58  
DF 16 小路葉都紀 2年 151/44
   11 前川恵里佳 1年 163/53
    6 前澤彩香  3年 156/47
   14 木原杏   1年 165/50
MF 19 山下えりい 2年 165/56
   13 田畑春菜  1年 156/51
   10 園田瑞貴  3年 164/49
    7 金塚咲恵  2年 158/50
FW  8 中松瑞月  3年 155/46
    9 谷口木乃実 3年 165/56

立ち上がり、桐蔭はバックラインで大きく回す。そしてピッチを大きく使いスペースを連動して作って空いた選手を使う。対する精華は細かい技術を駆使して局面打開を図り、詰まれば大きく展開する。ショート、ショート、ロングの印象。2分、桐蔭γ羯海右クロス、大外でЩ田がダイレクトもGKセーブ。決定機。大きな展開でフリーになった。7分、γ羯海切れ込んで右クロスに呉屋シュートもワンタッチあり右CK。桐蔭はCKやセットプレーに様々なパターンを用意しており、最初はGKの近くに大勢固まる形。精華は谷口がサイドに流れて起点を作り、味方の上がりを待つか、スピードを活かしたドリブルでそのままサイドを破る。11分、精華園田が巧みなキープから左足スルーパス、谷口が流れて受けるが桐蔭DFカット。14分、桐蔭村松が苦し紛れのミドル、右CKになる。これはЩ田が担当。桐蔭は呉屋かЩ田がセットプレーを担当。18分、精華谷口がサイドに流れて受けて右を突破、クロスに大外で鎧害爾ファーで蹴りこむ。0−1。精華は園田が細かいプレー得意で左足のパスやキック力が素晴らしい。田畑はサッカーセンスの塊ですね。攻守に効いている。桐蔭はЩ田がボールを持てて切り返しが深く、右利きだが左足でも蹴れる危険な選手。呉屋は身体が強く起点になれる。20分、精華、園田が左スペースに突っ込み、クロスにЩ田飛び込むが届かず。これもショート、ショートとつないでいる間に園田が上がり、一気にロングだった。22分、桐蔭γ羯海潰して、左の呉屋へ、タテに仕掛けて左クロスも届かず。決定機。27分、桐蔭呉屋が受けてターン、1対1もGKブロック、こぼれに村松スライディングで突っ込むもファウル。GKに激突し、高野が肩を負傷。どうやら無事のようだ。28分、精華園田に警告。異議。35分、桐蔭Щ田がドリブルで突っかけ力強いミドルもバー。決定機。直後に左からカットインしたЩ田が弾丸ミドル、右サイドネットに決まる。1−1。スーパーゴールだった。結局前半は1−1で終了。35分ハーフ。

前半のシュート数は8(5)対1(1)CK数4対0、GK数2対7。組織力に勝る桐蔭がやや押していた。無理目なシュートも多かったので、決定機に大差はないが。あと桐蔭のGK森田は安定感や存在感があって、精華はシュート打ちにくそうだった。

後半1分、精華、左CKで園田が左足で蹴るが、GK森田が安定感あるキャッチ。キックも伸びる。4分、精華Ф眥佑左クロス、桐蔭DFが処理ミスして園田がシュートもGK森田ブロック。5分、桐蔭、右CKでЩ田のキックにニアで呉屋が走り込みヘッドもDFクリア。決定機。桐蔭のRBヅ鎮翩はタフでアップダウンを繰り返す。LBB立はクレバーで前のЩ田を活かしつつフォローし、サイドで有効にプレー。8分、桐蔭γ羯灰◆璽蝓璽ロスに精華DF処理ミス、呉屋バランスを崩しながらシュート、無人のゴールに入るかと思いきや左に逸れる。超決定機。13分、桐蔭呉屋がタメてγ羯海悄右クロスにファーでシュート、外す。17分、精華、ベンチの指示で谷口が右ハーフに、鎧害爾ワントップ、中松が左ハーフに、園田がトップ下。22分、精華Ф眥佑右へスルーパス、谷口が裏を取り出てきたGKの上を抜き決める。1−2。25分、精華鮎路に警告。足に入った。ふと見ると精華中松がトップに上がり、鎧害爾硲殴肇奪廚鯀箸鵑任い襦1狹弔ボランチ。28分、桐蔭Щ田が右CK、GKパンチも村松シュート、DFブロック。更に岩根が左クロス、シュートは右に外れる。33分、桐蔭、左CKでЩ田のキックはファーで呉屋にぴったり合い、ヘッドが突き刺さる。同点!2−2。35分には精華が右CK、園田の左足も中に合わず。結局2−2でタイムアップ。試合は引き分け。全国への切符はPK戦に委ねられた。

精華谷口、成功。左隅。
桐蔭Щ田、失敗。左ポストを叩く。
精華α胃掘∪功、左隅。GKに触られるがゴールイン。
桐蔭呉屋、失敗。左に蹴るもコースが甘くセーブされる。持田のポストが意識にあったか?
精華中松、成功。左隅。なお最初は右ポストを叩くが、桐蔭GKが先に動いたとしてやり直しだった。
桐蔭B立、成功。逆をついて右。
精華鎧害次∪功。左隅。

結局PK戦3−1で精華が全国への切符を手にした。昨年は日ノ本にPK負けで全国切符を逃したのだし、幸運の神様は公平だった、ということか。

スタメンの選手の一言コメントを

桐蔭
森田:長身で存在感があった。技術的にも安定していた、精華のCKは決まる気がしなかった。キックもよく伸びるし。ポテンシャルを感じた。失点はノーチャンス。
ヅ鎮翩:タフで忠実で攻撃力も高いいいRB。
岩根:キックが正確でビルドアップの起点になった。
ぞ綫勝力強い守備が光った。精華の谷口に対抗する頭脳も光った。
B立:クレバーでサッカーセンスが光った。ただパワー不足で谷口のパワードリブルを止められなかった。まだ1年生とは驚きだ。
中山:タメを作れてゲームメイクセンスのある選手。足元の技術は見事。
村松:思い切ったプレーはサッカー向きの性格を感じさせる。
田中ち:こちらは堅実。確実に捌いた。
Щ田:エース。深い切り返し。鋭い弾道のキック。力強いドリブル。大学行くなら即レギュラークラス。
永野:常にスペースをうかがう選手。出来ることと出来ないことがわかっている。
呉屋:力強いプレー。典型的なCF。持田との阿吽の呼吸が桐蔭の形だ。

精華
高野:PK戦では桐蔭のGKが森田なだけに不利かと思ったが自信満々だった。味方に安心感を引き出すカリスマ性みたいなものがある。必ずしもプレーは安定していなかったが。
鮎路:攻撃力が高い。起点にもなれるし機動力もある。持田には苦戦したがいい経験になっただろう。
前川:潰し屋としての才能が光った。呉屋をよく潰した。
α胃掘Дバーが早い。非常にクレバー攻撃の起点にもなった。
木原:この選手は大化けする気配がある。前澤のカバーに助けられ守備は甘かったが、攻撃センスが光った。
鎧害次Ч況發遼能選手。ボールを受けるセンスが良かった。突破力もあるが、FWぬ向いていると思った。
田畑:安定した選手。サッカーセンスが抜群。守備でも効いていた。
園田:絶対的エース。細かい足元での技術に加え、飛び出せて、守備でも頑張る。左足のキック力もある。将来が楽しみ・
金塚:視野の広い選手。ボランチの適性がある。木原もよく活かした。
中松:飛び出すセンスがある。しかしシュートを撃てず。
谷口:力強い突破が光った。スピードもある。上のレベルだとサイドハーフか。



近畿大会 女子 準決勝
八幡商業高校−日ノ本学園高校
下鳥羽公園 6月22日 13時30分 良芝 曇

八商           日ノ本
−−−竹内 殄拇帖檗檗檗 檗檗檗檗歛臙檗檗檗檗檗
−−−−−吉田−−−−− −池尻−−八坂−−中田
−澤井 蘖山−−辻◆檗 檗檗殃芯有 鬱氾帖檗檗
駒沢々眥圈檗歹善福欅貌^霤帖歟歛次檗殱武−渡部
−−−−−土居◆檗檗檗檗 檗檗檗檗殘敝奸檗檗檗檗

監督:吉田和弘
GK  1 土居美森  2年 168/50 前登録なし
DF 20 伊藤愛海  1年 165/55 水口中
    5 徳永澪   3年 165/55 前登録なし
    6 高辻美加  3年 165/50 長浜東中
   18 駒沢優香  1年 168/55 ルネスレディース
MF  8 奥山紗帆  3年 168/55 城東少年団 
   15 辻幸由季  2年 165/55 甲賀中
   16 澤井絵理沙 1年 165/55 栗東リブロFC
   11 吉田真生  2年 165/55 伊賀くノ一
FW 10 冨田千夏  3年 165/55 甲南中
   17 竹内夏美  1年 168/55 栗東リブロFC

日ノ本 監督:田邊友恵 全選手前登録記載なし むろん全員経験者
GK  1 木付優衣  3年 164/58 
DF  4 渡部那月  3年 160/53 
    3 國武愛美  3年 161/54
    2 竹村美咲  3年 161/54
    5 稲田佳奈  3年 162/54
MF  6 吉田凪沙  3年 166/54
    7 平塚万貴  1年 161/54
   16 中田有紀  2年 162/45
   10 八坂芽依  3年 158/45
    9 池尻茉由  3年 164/54
FW 11 大竹麻友  3年 164/59

八商の体格データが異常に大柄だ。過大申告ではなかろうか?部員数の少ない高校がこんなに大柄なわけがない。実際こんなに大柄にもパワフルにも見えなかった。

さて日ノ本だがピッチを大きく使い、どこからでもゲームを作る。八坂がトップ下で柔らかいパスを出しゲームを作るが、彼女一人でゲームを作るわけではなく、平塚も正確なキックでゲームを作り、吉田がパワフルな身体を活かして潰し屋として活躍するが、キック力を活かしたゲームメイクも得意。CBの前でゲームを作る。CBも高いポジションで竹村が左足ロングフィードでゲームを組み立てる。庵翕弔話罎貌ってゲームメイクに加わり、要するに八商は潰しどころがない。2分、八坂がゴール前のこぼれを拾って無人のゴールに流し込む。4分、八坂のスルーパスに池尻シュートも正面。6分、竹村の左足フィード、庵翕弔カットイン、大竹に出して決める。0−2。八商ア亜ペナ左FKで八坂、ファーサイドネットに決める。0−3。給水タイムを挟んで、八坂カットイン、庵翕張轡紂璽箸論橘未發海椶讚大竹決める。0−4。18分、Φ氾弔展開、池尻が左クロス平塚に届かず。23分、大竹スルーパス八坂がGKを外してゴール。0−5。35分、八坂から庵翕張好襦璽僖広グ霤弔1対1、左ポストを叩き庵翕跳茲瓩襦0−6。前半は0−6。

前半シュート数0対16(11)GK数8対2、クロス数0対12。

ハーフタイムで日ノ本大竹→原優香 (2年 156/49)Φ氾帳鈴木綾香(3年 156/43)
いきなり池尻が左フリーシュート、左に外れる。決定機。日ノ本は4−1−4−1に変更。

日ノ本
−−−−−大竹−−−−−
鈴木−池尻−−八坂−中田
−−−−−平塚 檗檗檗
稲田−竹村−−國武−渡部
−−−−−木付−−−−−

3分、鈴木左シュート、GK触るが左隅に決める。0−7。5分、庵翕帖右に流れクロスに池尻ヘッド、これもGKよく触るがゴールイン。0−8。7分、平塚のスルーパスに池尻ポストプレ、づ鷲凜轡紂璽函∈犬乏阿譴襦7萃蟲 10分、日ノ本づ鷲瑤留Εロスに池尻飛び込んでシュート、決まって0−9。13分、日ノ本、左FK、八坂がずらして鈴木シュート、わずかに左に外れる。18分、日ノ本グ霤帳㉑上村彩華(1年 152/49)20分、スルーパスに鈴木左シュート、右隅。0−10。28ふん、左クロスを㉑上村決める。0−11。26分、八商高辻→橋本京佳(3年 168/55 城東少年団)27分、T武のスルーパスに八坂左隅に決める。0−12。29分、日ノ本庵翕帳㉓(プログラムに記載なし)結局30分でバスの都合から会場を後にする。当然ながら日ノ本は勝ち。全国行き&決勝進出を決めた。

スタメンの選手評を
木付:声でバックラインを統率。ただし守備機会がなかったため能力は判らず。
渡部:SBを高く上げる戦術で、しかも前の中田が中に絞るため攻撃センスが出た。スタミナも見事。
T武:何気なく出すパスの弾道が見事。シンプルなパスが確実だった。
竹村:左足のフィードは超高校級。身体も強い。
稲田:素晴らしいオーバーラップからのカットイン。ケガのため?外れている万屋のポジションなので穴かと思ったが、むしろストロングポイントに。
吉田。強靭な身体を活かして潰し屋ボランチとして八商の攻撃を未然に防いだ。引いてからの強烈なミドルパスでの組み立ても見事。戦術上の要。
平塚:ゲームメイクセンスが光った。吉田とのコンビは関西最強ボランチか?
庵翕帖Ч脅蕕吠各。それもただの頑張り屋ではなく、クレバーなポジショニングが光った。中に入ってのゲームメイクも光る。
八坂:柔らかいパスを出す。取れそうで取れない。飛び出すセンスも抜群。
池尻。タテに勝負したりカットインしたり、サイドの専門家のイメージ。
大竹:体格を活かして前線で起点になった。技術的にはまだこれからだが。



2014年06月21日(土) 近畿大会1回戦 滝二ー奈良育英 初橋ー阪南大高

近畿大会の見どころは全国高校総体にでる高校のチェックがポイントだ。大阪・京都・滋賀については予選に足を運んでいるが、兵庫・奈良・和歌山には行けなかった。兵庫代表の神戸弘陵はプリンスに参加しているので、今後もチェック可能だ。奈良代表の奈良育英は県リーグで観ているが、再度みたい。そして初橋は今大会で観るしかない。幸い、奈良育英と初橋が同会場なので、迷わず洛西浄化センターを選ぶ。


近畿大会 男子 
滝川第二高校−奈良育英高校
洛西浄化センター 6月21日 11時 良芝 曇り

滝二           奈良育英
−−−千石−−佐々木−− −−−誰々−−有本−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
中村−井上−−筒井−洪− 島田−梅津−−辻◆歐綱
高尾−高原−−鎌田−藤原 木下−千田◆殍抛癲歟翅
−−−−−武政−−−−− −−−−−杉浦−−−−−


滝二 監督:栫裕保
GK 12 武政裕也  3年 172/63 フレスカ神戸 
DF 22 藤原駿太郎 3年 175/67 C大阪大阪西U−15
    7 鎌田晃企  3年 174/62 ヴィッセル神戸JY
   13 高原昴兵  3年 181/68 FC・TWINS
   11 高尾健太  3年 180/68 龍野西中
MF 23 洪泰英   3年 170/60 サルパFC
   16 筒井要   3年 174/75 イルソーレ小野FC
    5 井上大介  3年 174/60 京都紫光サッカークラブ
   18 中村風雅  3年 170/60 鳴尾中
FW  9 佐々木陽輔 3年 173/64 サルパFC
   10 千石純也  3年 169/57 イルソーレ小野FC

奈良育英 監督:上間政彦
GK  1 杉浦仁   3年 179/72 奈良育英中
DF  2 中村麻紗也 3年 180/58 ボルベニルカシハラ
    8 堀内颯人  3年 175/53 EXE90FC
    4 千田陸雄  2年 181/75 フェルボール愛知
    6 木下拓海  3年 173/58 緑ヶ丘中
MF  7 森本光樹  3年 171/55 奈良YMCAサッカークラブ
   17 辻泰志   2年 177/62 フェルボール愛知
    5 梅津祐貴  3年 168/59 アスぺガスFC
   11 島田拓海  3年 170/63 奈良YMCAサッカークラブ
FW  9 有本大誠  3年 186/69 富雄中
   24 プログラムに記載なし

滝二は大きな展開やロングボールが多く、中盤は省略気味、スピードを活かしたサッカーである。対する奈良育英は両サイドが早い。特に右のЭ綱椶魯好據璽垢なくても突破できるし、スペースがあれば快速が止まらない。左の島田も快速。そして左サイドバックのμ擴爾旅況睥呂盥發ぁE按貪にサイドを突いて長身CF有本の高さを活かしたり、逆に有本に預けてからサイドに展開したり、中から崩したりと攻撃が多彩。ただし双方CB陣が固く、ぎりぎりのところで守る。6分、奈良育英Э綱椶留Εロスに島田はヘッドもGKキャッチ。14分、滝二、㉓洪サイドチェンジ、穏犬涼翅爾悄大外フリーシュートは左に外れる。決定機。17分、滝二、右CKに高尾ボレー、上に外れる。19分、奈良育英、前線で競り勝って24番から有本にスルーパス、届かず。19分、滝二千石のシュートがブロックされ、左にこぼれたところを中村がターンからシュート、決まって1−0。給水タイムが入り、ここで奈良育英24番→B臾邊伽ぁ複映・165/62 宇治FC)。23分、奈良育英、サイドチェンジμ擴爾左クロス、営團轡紂璽箸發ろうじてブロック。決定機。大きな展開から中でも崩せる奈良育英らしい形。30分、有本のキープからЭ綱椡θ瑤喀个轡侫蝓爾妊轡紂璽函外れる。34分、島田が左突破から崩してクロスもカット。結局前半は1−0で終了。

滝二は裏に出すか大きな展開ばかり。今年のチームの特徴か?もともと春の段階では組織を固めず、細かくつなぐチームだったはずだが。奈良育英はゴールキックが8本もあるが、滝二が裏に蹴ったボールばかり。

ハーフタイムで滝二、、4番生藤弘樹(3年 172/68 C大阪西)(LB)、15番(千葉涼介 3年 173/64 宇治FC)(FW)。19番樋口奨生 3年 175/63 MFC高松(FW)。奈良育英→岸慧塚患院 複映 173/60 名古屋FC)

奈良育英はデ瀋鼎正確なキックと細かい技術で支配にかかる。滝二も㉓洪の右クロスのこぼれを合わせるがGKセーブ。決定機。15分、滝二千葉が左足で左CKを蹴る。給水タイムを挟んで滝二㉒藤原がフリーで右クロスを㉓洪ヘッド、わずかに左に外れる。超決定機。23分、滝二、スルーパス㉓洪に通るがタッチが大きい。決定機。26分、滝二千葉が左から突っ込み左足シュート、左に外れる。決定機。15分、滝二千葉がドフリーで左クロスもゴールラインを割るミスキック。決定機。奈良育英もFKにデ瀋鼎高いヘッドもセーブされる。こぼれをЭ綱楡擇衒屬掘▲ロスはブロック。28分、滝二㉓洪→五十川晃一(3年 172/64 大分豊府中)。奈良育英島田→津田慎太朗(3年 166/50 C大阪)。左サイドバックに入りμ擴爾左ハーフに。後半は奈良育英がやや押し気味も、決め切れず。1−0で終了した。

さて、この試合は前述のとおり全国高校総体に出場する奈良育英に注目してみた。攻撃面は問題なしだ。右のЭ綱椶枠慣欧離好圈璽匹函△修粒茲し方を知っている。スペースがなくてもそれなりのプレーはできていた。デ瀋鼎亘能選手ですね。有本は不器用だけど高さが脅威。左も突破力は見事。島田もμ擴爾皀好圈璽匹あって島田はいい左足クロスも飛び込むもあるから計算が立つでしょう。GK杉浦も堅実だし、CB千田はポテンシャルならチーム1の才能を感じる。普通に全国で通用するでしょう。攻撃面は間違いない。守勢でどうなるかを見たい。滝二のサッカーが大ざっぱだから防げたけど、緻密な攻撃を仕掛けられたとき、中盤の守備力は?という点が気になる。このあたり普段プレーしているのがプリンスではなく奈良県リーグという点に不安を感じる。



さて、第2試合の初橋は全国高校総体和歌山県代表である。そして今季初観戦。そのため初橋中心の観戦となる。注目は関西屈指のCBである初橋の永見が阪南・奥平を止められるか。そして初橋の攻撃が関西ナンバー1の阪南大高CB陣を破れるか?

近畿大会 男子 1回戦
初芝橋本高校−阪南大学高校
洛西浄化センター 6月21日 13時30分 良芝 曇 

初橋           阪南
−−−末吉−−柳原−−− −−−奥平−−高橋−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
山本−高橋−−渡辺−川中後藤∩暗帖檗歙邵蝓歸鎮
岡本−永見−−西岡−山岡村瀬‐松◆歸鯏帖蘖陛
−−−−−立川−−−−− −−−−−日癲檗檗檗檗

初橋
GK  1 立川小太郎 3年 186/74 冨田中
DF 13 山岡龍次郎 2年 170/60 京都J−マルカFC
    4 西岡伸   3年 179/65 川上FC
    2 永見皓平  3年 182/75 ガンバ堺
    5 岡本涼   3年 177/66 長野FC
MF 20 川中健太  2年 170/56 岩田FC
    8 渡辺淳揮  3年 174/71 ガンバ門真
    6 高橋響   2年 168/62 エルバFC
    7 山本遼人  2年 161/55 明洋中
FW  9 柳原慶斗  3年 179/68 和泉FC
   10 末吉塁   3年 165/64 川上FC

阪南 監督:濱田豪
GK  1 日盥平  179/67 3年 大阪狭山SC
DF  6 永田遼   178/70 3年 セレッソ大阪U−15
   18 湯田京志  184/75 3年 大阪東淀川FC
    2 小松拓幹  184/65 2年 AC堺
    3 村瀬悠介  184/72 1年 セレッソ大阪U−15
MF  9 田中凌   170/63 3年 信太中
    7 川崎雄一郎 176/70 3年 八尾大正FC
    4 前田一樹  169/60 3年 千里丘FC
   20 後藤大地  174/60 2年 ガンバ堺
FW 14 奥平翼   170/65 3年 ガンバ堺
   10 高橋佳   171/64 3年 千里丘FC

初橋は長身の柳原が起点になり、ドリブラー末吉がかき回す意図があったと思われるが、柳原の高さが通じず、末吉のドリブルも潰される。渡辺がタメを作れるのだが、プレーポジションが低すぎて、有効なパスは出ない。そもそも阪南大高の猛烈なプレスをかいくぐるパススピードがなく永見の左足ロングフィードに頼りすぎる。一方で守備力は十分通用している。奥平の得意のドリブルをよく封じ、決定機を作らせない。柳原はタッチが柔らかく、体格を生かしたプレーというより、上手く周囲を使いたいタイプに見えるが、中盤と距離のある状態ではどうにもならない。7分、阪南大高田中の右クロスを憾綟ヘッドも上に外れる。決定機。9分、初橋山岡が右を突破鋭い、グラウンダークロスを送るも誰もいない。9分、初橋、汗鄰罎ら末吉が落とし高橋シュートもGKキャッチ。決定機。直後にも高橋から末吉が落とし高橋左クロスもGKキャッチ。14分、奥平が加速してドリブルも永見が一発で距離を縮めて仕留める。上手い守備。17分、初橋永見が絶妙のロングフィードに柳原抜け出して1対1もオフサイド。21分、初橋柳原のスルーパスに汗鄰罎仕掛けるが阪南大高⊂松が一発で仕留める。22分、初橋渡辺の右CKにだ床ヘッドも上に外れる。初橋Ю邵蟶献僖垢皚渡辺中でトラップミス。30分、初橋末吉仕掛けるが、阪南大高嘉鯏弔仕留める。阪南大高CB陣は大柄だがステップワークも見事でドリブラーにも強い。31分、初橋Ю邵蠅坊拗陝ラフ。34分、阪南大高左クロスに大外で高橋とゲ本が競り合い、ここで謎のファウルの判定でPK。これを高橋が真ん中上で決めた。0−1。前半終了。疑問の残るPK。前半は0−1で終了。

初橋目線で観てるから初橋押し気味に見えるかもしれないが、互角で双方チャンスの少ない渋いゲームです。守備は固いが、阪南大高はフォアチェックからのショートカウンターが機能せず、初橋は後方でのパスばかり。正直得点の気配がなかった。

ハーフタイムで阪南大高は両サイドハーフのサイドを逆にする。阪南大高はファウルが増えるが、初橋がゴール前に上げて、全部高さで跳ね返されるのだった。渡辺の右FKにだ床ヘッドも左に外れる。決定機。6分、阪南大高のクロスにΡ陛長腓錣擦襪GKセーブ、コボレはGKに初橋の選手がのしかかったため、決めるがファウルで取り消し。というか警告相当のファウルだった。。阪南大高ち暗弔ら初橋汗鄰罐ットもドリブルは止められる。9分、阪南大高田中が左で1対1仕掛けるがだ床カット。13分、初橋末吉が豪快に突破するがGKキャッチ。16分、阪南大高両サイドの憾綟、田中→旭霓絞減函複映 169/64 千里丘FC)、㉔眸亮祐(2年 176/62 長野FC)。阪南GKに初橋柳原が故意にぶつかり警告。20分、奥平→影噌僕晟(1年 171/63 ガンバ大阪)運動量を戻して、ゲームを締めにかかる。結局初橋は以降チャンスらしいチャンスを作れない。阪南大高が安定した試合運びで0−1で逃げ切った。

試合内容からすればスコアレスドローが妥当な結果だと思う。初橋は永見だけでなく、GK立川もCBだ床も固かった。渡辺は安定していた。しかし攻撃面は厳しかった。渡辺が高いポジションを取れればいいのだろうが。2トップが孤立していたし、チームとして分厚い攻撃ができなければ厳しい。守備は確実に全国レベルだが。その守備も阪南大高には一歩譲る。組織力は高いが、個人で止める点で永見は傑出していたが、両サイドとか守備面では不安だと思った。全国大会で連戦に耐える体力はあるけど、得点できないと苦しいですよ。阪南大高は全国でもトップクラス。一つの目安ができたのではないだろうか?



2014年06月15日(日) クラセン関西予選(U-18)3決 ウィザーズ−高田 決勝 姫路−センアーノ

クラブユース選手権(U−18)関西大会について説明しておこう。Jクラブ4つが総当たりリーグを行い、2位以内は自動的に全国に行ける。Jクラブとは別に街クラブも予選を行う。全国大会の関西枠は5。街クラブ1位は全国行き。街クラブ2位はJクラブ4位の神戸と、街クラブ3位はJクラブの3位のG大阪と代表決定戦を行う。代表決定戦はここのところJクラブが圧勝している。とはいえ近年街クラブの力も上がってるので、Jクラブとしても油断はできない。

この日の3決はG大阪への挑戦権をかけた勝負となる。ウィザーズはここ2年全国高校選手権で準優勝・ベスト4と素晴らしい実績を残している京都橘高校のBチーム的な存在である。そのため、クラブチームにありがちなフィジカルの弱さと言った弱点はない。そして全国で結果を出す前の橘の繋ぐサッカーの伝統もあり、決して甘いチームではない。準決勝ではセンアーノに2−0で敗れた。対する高田は中学生年代の名門クラブでドリブルサッカーに特徴がある。近年は勝つことを求められて、飛ばしのパスも使うようになってきているが、基本ドリブルとショートパスのチームである。滋賀でいえばセゾンFCに近い。ただしセゾンがかつては静岡学園、今なら野洲高校といった似たスタイルの高校の人材を送り、才能を開花させてJリーグや大学へ飛躍するのに対し、高田は奈良県内にせっかくの育成スタイルを活かせる高校が存在しない。そのためか数年前からユースチームを作り、一層の成長を促している。そしてチーム力も奈良県1部リーグ所属となかなか強い。

この日は実はブラジルワールドカップの日本対コートジボワール戦が10時からあるのだが、生観戦主義者として全国を目指す高校生の試合を観に行くことにした。



クラブユース選手権(U−18)関西大会3位決定戦 
Wizards Football Club−ディアブロッサ高田FC U−18
阪南大学 高見ノ里グラウンド 6月15日 10時 人工芝 晴れ

ウィザーズ        高田
−−−小川−−駒−−−− −−−越智−−西川−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
山根−伊藤−−弘永−千葉 喜築−出原−−佐藤−平井
岡崎−清水−−東−−中蔦 −関−松岡−−福島−山田
−−−−−楠−−−−−− −−−−−川口−−−−−


ウィザーズ
GK 23 楠尚也
DF  3 清水駿
    4 中嶌海渡
    5 東泰成
   12 岡崎雅也
MF  6 弘永正樹
    7 駒侑弥
    8 山根岳斗
   10 伊藤佑記
   11 小川颯大
FW 18 千葉康平

高田
GK 21 川口真希斗
   23 福島宗志
   42 松岡弘晃
    6 関淳一朗
   28 山田隼
MF 16 佐藤拳希
   25 出原成貴
   19 喜築正寛
    8 平井魁人
FW 26 越智渉
   15 西川大晴

立ち上がりから高田の特異なサッカーを打ち出してくるバックラインから丁寧に繋ぎ、ドリブルかほぼショートパスで飛ばしのパスもなく、CBは平然とドリブルで相手FWをかわしにかかる。スペースを突く動きを見せるのは㉖越智くらいでフリーランニングで引き出しにかかる。対するウィザーズは自陣からつなぐのは同様だが、マメに動いて数的優位を引き出し、確実に前線に送り、変化をつけられるФ陲函突っ込んでくる迫力のある小川のコンビが脅威だ。っ翊佞論騎里扮Εロスがあり、左CKを右足で担当。伽虱佞皹Δ鯑庸砲靴討らのクロスが武器。伊藤は展開力があり、┿該も両足を駆使する。つまり攻撃面のタレントが揃っている。ここでふと思ったのだが、京都橘サッカー部登録にはGK谷田貝、FW岩崎という二人の1年生レギュラーがいる。この二人がもしウィザーズ登録だとしたら、相当レベルの高い個人能力のチームということになる。

4分、ウィザーズ、Ф陲カウンターから突っ込みシュートは正面。9分、Ф陲虜献ロスを小川がトラップも大きい。13分、ウィザーズ、小川、高速左突破からクロス、Ф陬肇薀奪廚らシュート、セーブ。14分、高田、ショート、ショートとつないでいきなりロングパス、㉖越智が裏を取りGKと1対1、セーブされる。超決定機。22分、高田、相手の横パスをカットして㉖越智が左足で右シュート、上に外れる。決定機。24分、高田㉖越智が左を突破、いいチャレンジだったが、ゴールラインを割る。27分、ウィザーズ、┿該が左を突破して左クロスに伽虱佞ヘッド、上に外れる。決定機。高田は㊷松岡は持ち上がることで変化をつけていたが、ウィザーズの前線が警戒し、徐々に持ち上がれなくなる。慨鄰曚郎戮いタッチを多用するなかなかのドリブラー。囲まれながらも打開する力がある。29分、ウィザーズ、高田虻監が受けて㉖越智に落とすが潰される。㉖越智はフィジカルもそこそこある。34分、高田慨鄰枡佑湛みスルーパスはカット。35分、バックパスをカットしたウィザーズ伽虱佞突っ込むが最後に止められる。37分、ウィザーズ、伽虱佞中に突っ込み一気に中へパス、スルーして、オーバーラップしたLB岡崎が左シュート。GKの脇を抜けてライン際でФ陲押し込む。判定は岡崎のゴール。38分、高田はΥ悗奪われ、Ф陲ら左の┿該へ、1対1をGK川口スーパーセーブ。超決定機。40分、ウィザーズっ翊佞留Εロスはカット。右CK小川のキックはヅ譽悒奪匹發錣困に上に外れる。42分、小川の右クロスにФ陲突っ込むが高田オウンゴール。43分、高田㉘山田→音各睛歓諭45分、右クロスに┿該シュートは正面。決定機。48分、弘永シュート、決定機も正面。結局前半は2−0で終了。

試合としてはほぼ互角だったと思う。高田はよくボールを回したが、足元足元へのパスばかりで、打開できなかった。こういうサッカーは圧倒的に支配しなければならないが、ウィザーズも支配力の高いチームなので、高い支配率というわけにはいかなかった。そしてウィザーズは帰陣が早く、中央突破を許さないので、高田としてはカウンターの形がほしかった。

ハーフタイムで虻監→福本哲也。46分(45分ハーフ)、高田、ペナ右でFK、西川が入れてクリア。そのカウンターで小川化スピードに乗ってФ陲悄何とかカット。51分、高田、右CK㉖越智ダイビングヘッド、DFライン上クリア。超決定機。53分、┿該左フリから右に持ち替えシュートは右に外れる。決定機。54分、ウィザーズ、右クロスに┿該左シュート、GKセーブして右CK。決定機。これは清水ヘッドもクリア、伽虱佞左クロスは左に外れる。56分、岡崎→⊂堀湧己。右SBに入り、っ翊佞左SBに。59分、ウィザーズ、伽虱佞離好襦璽僖垢豊┿該がオフサイドをかいくぐりフリー、1対1を決めて3−0。60分、高田慨鄰暸㊽井上柊斗。61分、ウィザーズФ陲タメて┿該に出しフリーシュート、決まって4−0。この時間帯、高田は攻撃を焦ってバランスが崩れていた。この2得点でほぼ勝負がついてしまった。直後にウィザーズヅ譬佐伯祐資。65分ウィザーズ┿該→鞍臣耄患、小川→鈎翊杜叡茵9眦㉕出原→55桑原透也。70分、ウィザーズ、⊂堀に警告。反スポーツマン的行為。72分、ウィザーズФ陟款綮蛎拈ぁ↓伊藤→岡本尚也、伽虱妁森田将平。高田平井→高田勇司。78分、高田㊽井上→坪山達郎。86分、高田、右FKに西川ヘッドも弱い。90分、高田、高田のスルーパスに坪山が決めて4−1。しかしすでに勝負は決まっていた。結局4−1で終了。

後半も高田はボールを回せていたのだがやはり大きな展開がなく、スペースで受ける動きもなかった。足元のパスでウィザーズの固い守備を崩すのは厳しいだろう。ウィザーズは選手を温存しつつガンバ戦に臨む。センアーノに3−0負けに内容は分からないが、そう簡単に点を許すチームではないので、G大阪も楽勝とはいかないだろう。特に走力をベースにした粘り強い守備は脅威だ。前半が0−0になるようだと、G大阪は相当危ないといわねばなるまい。ただウィザーズは攻撃に比べると守備は組織力こそあるが、個人で止められるわけではないので、G大阪はどんどん突破を仕掛ければペースを握れるかもしれない。睫擇篳身がキーマンだろう。

公式記録


さて第2試合は勝者が自動的に全国に行ける重要な試合である。姫路はかつてプリンスに参加してそれなりの結果を残していた。そして高校サッカーにおいて播磨地区はこれといった強豪校がない。それだけに逸材を見かけることも多い。クラブチームとして強くなる要素は備えている。対するセンアーノはかつてのライオスのコーチが不祥事を起こし、1から出直したクラブである。こちらも環境は整っており、Jユースカップでは強豪愛媛FCを破ったこともある。


クラブユース選手権(U−18)関西大会決勝 
エストレラ姫路フットボールクラブ−センアーノ神戸ユース
阪南大学 高見ノ里グラウンド 6月15日 12時 人工芝 晴れ

姫路           センアーノ
−−−名部−−岡田啓−− −−−藤本−−平谷充−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
岡田心−中山−三木−大西 奥田−吉武−関澤−平谷成
永井−塩田−梶原−尾ノ井 −揚−西本−−清水−吉永
−−−−−上村−−−−− −−−−−大汐−−−−−

姫路
GK  1 上村勇太
DF  4 梶原悠希
    5 三木晴貴  主将
   14 塩田一磨
   15 尾ノ井玲耶
   16 永井将崇
MF  7 中山紘治
    8 大西克典
   10 名部歩
   11 岡田啓矢
   17 岡田心

センアーノ
GK  1 大汐達也
DF  3 楊昌之
    2 吉永唯人
    9 清水勇輝
   15 西本昌平
MF  6 関澤一晟
    4 吉武駿平  主将
    8 奥田凌
   14 平谷充矢
   17 平谷成矢
FW 10 藤本玲央

試合開始。まず目に付くのは強烈なフィジカル差。体格が全然違う。パワーも高さも差が大きく、すべてセンアーノが当たり勝つ。そしてレフティーが多いこと。GK大汐は左投げ右蹴りだが、西本、さ班陲レフティー、┗田は両足使うが左足クロスがいい。さ班陲呂いぅ侫ード。CBコンビも高い。これに対し姫路はカウンター狙いで前線のスピードが豊かだ。こ畍兇大きい。大西は正確なキックが光る。名部はタメの作れる選手。平谷成矢と平谷充矢はどう見ても兄弟だろう。
さて試合は序盤からセンアーノの猛攻が続く。16分、平谷充がターンからカットイン、シュートはGKキャッチ。┗田もドリブルからカットイン、これはカット。センアーノがカットインできるのは姫路の選手が当たっても逆に弾き飛ばすパワー差があるからでもある。20分、姫路中山ミドルも右上に外れる。いいシュート。初シュート。センアーノ、平谷充が突っ込み。快足を飛ばした┗田へオフサイド。25分、姫路渦田左クロスに中山ターンからシュートも左隅をセーブされる。決定機。左CKはカットされる。27分、センアーノ、左FKでのキックにニアに突っ込むが誰も触れず、ゴールイン。0−1。29分、さ班陲里いぅ侫ードに藤本上手いコントロールもGK抑える。決定機。30分、姫路渦田がタメて名部が左クロスもファーに抜ける。33分、センアーノΥ憚靴離侫ードに平谷成が裏に抜けてGKと1対1、決めて0−2とする。37分、センアーノ、┗田の右足シュート、セーブしたところを永臣成が蹴りこむ。0−3。44分、姫路GKがキックミス、さ班陲カットして藤本が難なく決める。0−4。46分、センアーノ、シュートは左ポスト直撃。結局前半は0−4で終了。

姫路は攻めはまずまずなのだが、守備力の差がありすぎた。そしてパワーの差が気迫の差につながり、完全に気おされて、どうにもならない。

46分、姫路・大西→鈎啼眩垰蝓48分、姫路葦憤罎郎呼庸砲らシュート、外れる。決定機。センアーノも永臣成から平谷充がボレーもスーパーセーブ。51分、永臣成がサイドチェンジを決め、┗田がカットイン、右足でファーに流し込む。0−5。56分、永臣成がカットイン、姫路葦憤罎倒し、PKと警告。こ畍兇左足で逆をついて左上に決めて0−6。姫路尾ノ井→㉕木下哲郎。永臣成→木下昴也。62分、姫路名部に警告。オフェンスファウル。手を使った。65分。簡紳充カウンターからスピードに乗って┗田フリーシュートも左ん外れる。超決定機。69分、平谷充→監浦丈。70分、センアーノ木下が強引に右を突破、パワー差がありすぎて当てられてもダンプカーのごとく弾きかえす。右クロスに吉永ミドル、右に外れる。決定機。26分、姫路葦憤罌∋位无∧拭27分、センアーノΥ憚靴切れ込みさ班靂△悄関澤ボレーはスーパーセーブ。超決定機。29分、センアーノ、藤本のFKをさ班陬侫 爾嚢發ぅ悒奪鼻決めて0−7。74分、姫路。セ位擒大和諒士。75分センアーノ、藤本→㉕森周人。吉永→ダ邯陽良。姫路大和は技術とアイディアがあり、守備面でもセンスがある。なぜスタメンじゃないんだろう?非常に効いていた。84分┗田→藤原利家。87分Υ憚窟臆部佑大。結局0−7で終了。

力の差は歴然としていた。センアーノはさ班陲強靭な肉体で中盤で潰しつづけ、一気に展開したり前に出したり飛び出したりと脅威になっていた。┗田はタテに仕掛けてよし、中に突っ込んで右足シュートもよしと素晴らしい。平谷兄弟は息が合っていたし、藤本は変化をつけられる。引いて守っても西本の左足ロングフィードが飛んでくるし清水の高さ、寄せの激しさもよかった。どう見てもプリンスリーグレベルの力がある。

対する姫路はパワーがなく、守備面で大苦戦。人数をかけて守って高速カウンターしかないのではないか。プリンス時代の力はない。

さて、これでセンアーノは全国行き。確実に通用するだろう。姫路は神戸が相手だが、あのパス回しには粘り強く守るしかない、むしろ粘り強いウィザーズの方がG大阪相手の勝算があるのではないだろうか?


公式記録



2014年06月14日(土) クラブユース選手権(U−15)関西大会 2次リーグ最終日


クラブユース選手権(U−15)関西大会 
京都J−マルカフットボールクラブ−MIOびわこ滋賀 U−15
堺S8 6月14日 11時40分 人工芝 晴れ

Jマルカ         MIO
−−−森澤−−竹林−−− −−−輪木−−青木−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−武村−−−−−
野村−内田−−大野−土井 −−藤田−山下−横田−−
近藤−谷口−−富岡−上 玉木−向井−−東内−大林
−−−−−荒木−−−−− −−−−−堂川−−−−−


Jマルカ 監督:窪田明紘
GK 21 荒木光汰
DF  2 上寛大
    3 富岡祥太
   19 谷口俊介
    5 近藤立都
MF 14 土井翔太
    4 大野峻志
    6 内田健太
   11 野村恭平
FW 10 竹林勇矢
    9 森澤宥人

MIO 監督:
GK 21 堂川大貴
DF  2 大林卓也
    6 東内賢斗
    3 向井鋭斗
    4 玉木雄太
MF 10 山下諒
    7 横田悠吏
    8 藤田昴陽
    9 武村大夢
FW 15 青木蓮
   11 輪木豪太

Jマルカは大柄な2トップにどんどん当てるサッカー。竹林君は突っかける迫力があるし、森澤君はスペースを突くセンスがある。土井君は両足を駆使したキックとドリブルがある。それに対しMIOはバックラインから徹底的に繋ぎにかかるが、パスミスが出て奪われ、自らピンチを招く。8井君は左足フィードが良い。藤田君はいい突破から左足クロスあり。33分、Jマルカ、深い位置から一気に裏を取った森澤君がGKと1対1、これを決めて先制。1−0。前半は1−0で終了。ちなみに最終スコアは2−0。


一方S6のエベイユ対ディアブロッサ高田はエベイユが完全に勢いに乗り2−0で勝利。思い切った飛び込みの守備とヒールキックなどトリッキーなプレー連発の攻撃がはまった。頑張るチーム。しかし勢いには乗っているものの高田も弱いチームではない。むしろ中学生特有の不安定さが出てしまっただけで、力そのものは高田の方が上ではないだろうか?


クラブユース選手権(U−15)関西大会 
岩田FC−奈良YMCAサッカークラブジュニアユース
堺S7 6月14日 13時20分 人工芝 晴れ


岩田           奈良YMCA
−−−−−瀧上−−−−− −−−−−池田−−−−−
−−西山−−−−河村−− −竹島−−寺井−−稲本−
山本光山本寛−嘉島−中川 −−−−橘−−仲田−−−
−−水本−福田−栗山−− 加藤−阪田−−徳本−大塚
−−−−−山本−−−−− −−−−−池田−−−−−

岩田 監督:梶田浩信
GK  1 山本海
DF  8 中川
    2 栗山利貴
    4 福田清春
    3 水本龍之介
    5 山本光翼
MF  7 嘉島力貴
    6 山本寛太
   11 河村慶人
   10 西山流聖
FW  9 瀧上裕己

奈良YMCA 監督:上地信親
GK  1 池田丈輝  
DF  4 大塚陸
    6 徳本郁登
   20 阪田航平
    3 加藤佑真
MF 10 仲田尚悟
    8 橘功太
   15 稲本旭
    9 寺井雄紀
   13 竹島玲太
FW 11 池田祐也

岩田はペトロビッチ式の5バックというか、3−6−1だが、本家よりは守備的かな?粘り強く守ってカウンター狙い。奈良YMCAは技術を活かして支配し、両サイドの細かいテクニックを駆使したドリブル突破にかける。竹島君は特にうまいし、寺井君はトリッキーでファンタジアがある。┻矛はタメを作れて仲田君は長短のパスがある。15分、仲田君の巧みなループパスを池田君シュート、決定機。26分、岩田FC、カウンターから左の西山君が決める。1−0。結局1−0で岩田FCが勝利。

一方裏のS8はG大阪門真1−1V神戸伊丹。V神戸伊丹が攻めるもG大阪門真の守備が固い。
前にも思ったがCBコンビは関西屈指ですよ。



2014年06月13日(金) 2014年JFA・Jリーグ特別指定選手に中京大 清水貴文選手を承認

2014年JFA・Jリーグ特別指定選手

選手 清水 貴文 (しみず たかふみ)
ポジション MF
生年月日 1992年6月30日
身長/体重 170cm/65kg
所属元 中京大学体育会サッカー部
所属歴 桐生菱少年サッカークラブ⇒FC前橋ジュニアユース⇒ジュビロ磐田U-18⇒中京大体育会サッカー部
受入先 ジュビロ磐田
承認日 2014年6月10日

JFA・Jリーグ特別指定選手とは

目的:サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供することを目的とする。
概要:全日本大学連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の第2種日本クラブユース所属チーム登録のまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする。



2014年06月11日(水) 練習試合 U-21日本代表−全日本大学選抜

ます状況を説明しよう。U−21代表は2016年リオ五輪を目指す代表である。五輪代表は23歳以下。つまり2年前の今年は21歳以下となる。このチームは大学生抜きで強化してきた。対する大学選抜は2015年ユニバーシアードを目指すチーム。大会のレギュレーションはともかく、日本はこの大会に大学サッカーでプレーするアマチュア選手で4年生以下で臨む方針だ。だから1年前の今年は浪人生以外は21歳以下。つまりほぼ同年代のプロ選抜対アマ選抜となる。もちろんU−21代表に大学生を引き上げる狙いもあるだろうし、U−21代表としてはアマチュア代表してに負けられないプレッシャーもあるだろう。高校卒業時点でプロを選んだ選手たちが、その選択は間違いでなかったことを証明しなければならない。しかし現実問題として今のJ1やJ2のレベルは若い選手がなかなか出る機会を得られず、大学サッカーで1年生から出ていた選手にしばしばよく逆転されるという現実がある。日本サッカーの現状を見るうえで重要なゲームだ。大学選抜は継続的に強化しているし、U−21代表はJ1J2で出番のない選手はJ3にJ−22選抜として参加、出番のある選手は2月にU−23アジア選手権に参加しているので即席チームではない。


練習試合 
U−21日本代表−全日本大学選抜
堺S1 6月11日 11時 良芝 晴れ

U−21         大学選抜
−−−中島−−鈴木−−− −−−水谷−−呉屋−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
矢島−大島−−秋野−田鍋 澤上−松下−−木本−茂−
山中−西野−岩波−小山内 高橋−萩間−−山越−湯澤
−−−−−杉本−−−−− −−−−−福島−−−−−

30分 山中→佐藤。

1 GK 福島春樹  専修大学   3
2 DF 湯澤聖人  流通経済大学 3
4 DF 山越康平  明治大学   3
3 DF 萩間大樹  専修大学   3
6 DF 高橋諒   明治大学   3
15 MF 木本恭生 福岡大学   3
7 MF 松下佳貴  阪南大学   3
21 MF 茂平   立命館大学  3
14 MF 水谷侑暉 愛知学院大学 3
9 FW 澤上竜二 大阪体育大学  3
11 FW 呉屋大翔 関西学院大学 3

30分 GK福島→20 GK 前川黛也 関西大学 2

U−21代表は大島を中心に圧倒的にボールを回す。秋野も左足で組み立てる。右CKも担当。鈴木はポストプレーを担当。中島は自由に動くが居場所を見つけられず、低調なプレーに終始。
西野は安定した守備と潰しを見せる。岩波はフィードが安定。中盤で回せるからSBも上がれて山中は好クロスを上げる。28分、右CKで秋野の左足キックを岩波が高いヘッド、決まって1−0。


後半
U−21         大学選抜
−−−浅野−−石毛−−− −−−−−岡−−−−−−
−−−−−−−−−−−− −山根−−長谷川−八久保
豊川−喜田−−前−−松村 −−−徳永−−奥山−−−
佐藤−植田−−遠藤−伊東 鈴木−新井−−仲島−溝渕
−−−−−ポープ−−−− −−−−−前川−−−−−



20 GK 前川黛也  関西大学   2
19 DF 溝渕雄志  慶應義塾大学 2
18 DF 仲島義貴  国士舘大学  3
5 DF  新井一耀  順天堂大学  3
22 DF 鈴木潤   中京大学   3
12 MF 徳永裕大 関西学院大学  2
8 MF 奧山政幸 早稲田大学   3
13 MF 八久保颯 阪南大学    3
18 MF 長谷川竜也 順天堂大学 3
17 MF 山根視来 桐蔭横浜大学 3
23 FW 岡佳樹 桃山学院大学  2

後半15分
20前川→
16 GK 石井綾 中京大学 3
佐藤→前田

後半は一転、まるでボールが回らなくなり、中盤を支配され、特にボランチがまるで絡めなかった。大学選抜は長谷川が変化をつけ、岡がサイドに流れて2列目の飛び出しを促し、八久保がどんどん突っかける。24分、右から八久保が突破、㉓岡がポストで落とし、八久保がペナ内に進入したところを後方から倒しPK。これを八久保自ら決めて1−1。38分には㉒鈴木が左クロスを徳永が落とし八久保が右シュート、1−2。結局1−2で大学選抜が快勝した。スコアは1点差だったが、少なくとも後半は大学選抜の圧勝だった。徳永と奥山が中盤を制圧し、SBもどんどん上がり、ゲームを支配。よかったのはバックラインだけだった。

とりあえず、大学選抜からU−21に推せる選手は呉屋と八久保。他にも何人か入るのではないか?U−21代表はいい刺激を受けたし、大学勢が入れば、もっと層が厚くなる、その意味で楽しみだ。



2014年06月08日(日) 高校総体京都予選3決 山城−久御山 決勝 立宇治ー京都橘

6月8日

この日は6月にしては猛烈に暑いし、午前中の試合は日差しをまともに浴びるので、観戦取りやめも考えていたが、カードの面白さに負けて、3位決定戦から足を運ぶことにする。選手名は電光掲示板の表示を基にしている。カタカナ表示なので、それを昨年の高校選手権京都予選プログラムと照らし合わせる。



高校総体京都予選男子3決 
山城高校−久御山高校
西京極 6月8日 10時30分 ピッチ良芝 晴れ



山城           久御山
−永田−−小村−−大川− −和田◆飮擁−−−−−
−−−柴田−−三原−−− −山本◆櫺実次檗檗歸隋
−−−−−米田−−−−− −−−−−大村−−−−−
ナオ−スン−−加納−松本 澤田−八田−−横畑−坂本
−−−−−一瀬−−−−− −−−−−佐藤◆檗檗檗


山城 監督:前田尚克
GK  1 一瀬昇太  3年 174 らくほくFC
DF 18 ナオコウハ
    5 スンデンヤマト
    3 加納翔   3年 171 らくほくFC
   21 松本大暉  3年 175 朱六FC
MF  7 柴田柳馬  3年 162 西京極中
    6 三原大征  3年 173 FC長岡京
    4 米田隆太  3年 175 双ヶ丘中
    8 永田誠   3年 172 葵FC
   13 大川貫汰  3年 170 FC長岡京
FW 14 小村彰   3年 172 葵FC

久御山 監督:松本悟
GK  1 佐藤由維斗 2年 176 京都サンガFC
DF 17 澤田涼平  3年 164 ソレステレージャ奈良2002
    6 八田紘輔  3年 181 AC infini KYOTO
    4 横畑慶太  3年 180 紫光SC
   20 坂本樹宣  3年 167 レジョーネFC
MF 10 島優希   3年 162 ソルセウ
   14 大村英梨也 3年 169 京都サンガFC
    8 下村育海  3年 166 ソルセウ
   23 山本蓮   2年 170 京都サンガFC
FW  7 和田幸之佑 2年 172 木津南
   11 四方健介  3年 174 保津川イレブンFC

6分、山城の右CK、三原が左足で入れる。久御山GK佐藤パンチ、アゲイン。逸機。久御山もスルーパスに四方、DFと1対1、抜き切らずシュートは右に外れる。久御山は得意の細かいドリブルとショートパスで支配にかかる。相手が寄せてこないと急加速のドリブルで抜きにかかるし、食いつかせてワンツーでかわして打開する。これに対し、山城はシンプルにサイドを使う。新人戦準々決勝の対橘戦は右サイドで持った10番が後ろ向きの状態から反転即見えてないはずのゴール前に上げて、橘のマークの甘さを突いたFWが決めたものだが、この日は普通にサイドを攻めている。苦し紛れのクロスに頼ることがないだけの力をつけている。18分、久御山、左50度30mFKを獲得。山城の壁の前に久御山の選手が腰を落とし、キッカーをGKから隠して㉓山本が左上へ鋭いシュートが決まる。0−1。24分、久御山、細かいワンツーから四方のスルーパスを右でフリーで上がってきた敢緞椶決める。0−2。山城は失点直後で意気消沈していた時間帯だった。高校生らしい甘さが出てしまった。直後にも敢篷椶留Εロスに詰めた四方がわずかに届かず。決定機。30分、久御山島のスルーパスに和田がシュート、左に外す。決定機。結局前半は0−2で終了。

チャンスだけを書けば完全に久御山ペースということになるが、山城もチャンスの手前までは行っていた。ただ「ここを突破すれば」というところで打開できなかった。失点は1点目はビューティフルFKだから仕方がないが、2点目がもったいない。名門校らしからぬ切り換えの悪さというか、既に名門校としての伝統校意識は弱まったのだろうか……?

前半のシュート数は2(2)対4(3)ファウル数5対1というのは山城が激しい守備で要所を迎えていたことを意味する。

ハーフタイムで山城三原、Ъ禿帖↓小村→後藤幸希(2年・らくほくFC)、葛山翔平(2年・双ヶ丘中)、或系大地(2年・紫光SC)。いきなり3枚替え。↓の並び。左SBとSHもポジションを変えている。

山城           
−−−−−後藤−−−−− 
ナオ−−−葛山−−−大川
−−−米田−−新炉−−− 
永田−スン−−加納−松本 
−−−−−一瀬−−−−− 

38分(後半3分)、山城、右クロスに後藤ボレーもブロックされ右CKに。これは葛山が担当。40分、久御山、左50度35mFK、ここは再び㉓山本が狙うが上に外れる。41分、山城後藤のスルーパスにGKと1対1となった大川シュート、セーブされ右CKに。超決定機。43分、久御山、スルーパスに四方シュートは右に外れる。45分、山城後藤左クロスを大川ボレーもセーブ。超決定機。山城殴淵→兵恵巧太朗。山城の選手交代は単に運動量を上げるため、というより温存していた主力を出したように見える。特に後藤はスピードがあって技術も思いきりもある逸材。久御山はどうにもならず苦しい状況。選手交代なり、自陣でゆっくりペースを回すなりしなければ山城の勢いに飲まれるだけだ。しかしなかなか動かず耐えるのみ。そして53分、島、┣実次↓和田→築山隼(2年・181・Jマルカ)、 ㉞八田陸斗(2年・163・朱六FC) ㉙田中タイキ。山城もな禿帳黒木ジャンリュック(3年・173・葵FC)。試合は膠着状態に。山城は勢いのあるうちに得点したかった。65分、誰か→按甲川輝(2年・169・宇治FC)。69分、久御山大村ドリブルで中央突破から左にスルーパス、築山がGKと1対1も切り返しでかわすところを止められる。超決定機。久御山はいつも14番は凄いドリブラーですね。大村の突破は凄かった。70分、久御山敢篷棧㉘米倉大喜(3年・169・精華西中)。70分、久御山カウンターから築山ポストで落とし㉞八田がミドル、右ポストを叩き中にこぼれゴールイン。0−3。71分、久御山築山は反転シュート、左隅を襲うが、GKキャッチ。直後にも┣実爾離ーバーラップから左シュート、GKスーパーセーブ。結局0−3で終了。

後半は互角かやや山城ペースだった。ただ前日の野洲にもいえるが、久御山の方がゴール前のプレー精度が高かった。その意味では、互角なら久御山が得点する可能性は高い。特に山本のFKは高い技術があってこそ。とは言え山城にも勝機はあった。あんな素晴らしいFKはそうは決まらないし、気落ちした2失点目は気の持ちよう次第だ。後半ロスタイムの失点は仕方がない。そう考えると、紙一重の勝負だったといえなくもない。

久御山は近畿大会出場権獲得。今年は京都開催のため、例年の2枠に加え、地元枠が与えられる。強いチームだけに楽しみだ。


第2試合というか、決勝は一昨年は仙頭と小屋松のダブル得点王を擁して、選手権全国準優勝(PK負け)、昨年も小屋松の大活躍で選手権ベスト4まで行った京都橘の登場だ。今季はプレミアでは低迷しているが、全国経験豊富な選手がそろう。以前との違いは、以前は理想主義的で徹底的につないで崩し、圧倒的な支配率を誇っていたが、トーナメントに弱く、コロッと負けることが多かったが、今では守るべきところでは徹底的に守り倒し、より柔軟で勝負強いサッカーに変わっていることだ。やはり全国で自信をつけた成功体験は大きい。言わば伝統校ながら近年低迷し、強くても勝負弱さを露呈してしまった山城とは対照的なチームだ。対するのは立宇治。サンガユースと提携して指導者も送り込まれているが、サンガユースと違い、繋ぐサッカーにこだわりはなく、後方で回して、一気に前線に出すサッカーに特徴がある。



高校総体京都予選男子決勝 
立命館宇治高校−京都橘高校
西京極 6月8日 13時 ピッチ良芝 晴れ

立宇治          橘
−−−馬篭−−徳地−−− −−−岩崎 歟飜遏檗檗
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
奥村⊂礁遏檗歙仞遏殍民此\臚−志知−−山村−大野
大木−河原−中小路−岩澤⊂川◆殞咫檗歙郷紂歔卷
−−−−−保曽川−−−− −−−−−谷田貝 檗檗

立宇治 監督:梁相弘
GK  1 保曽川裕太  3年 172 城陽SC
DF 13 岩澤友也   2年 173 京都サンガFC
    6 河原直希   3年 175 紫光SC
    3 中小路純也  3年 172 FC長岡京
   12 大木峻平   3年 174 Jマルカ
MF 11 北浦和哉   3年 168 奈良YMCA
   14 石川恒佑   3年 165 宇治FC
    9 松野雄樹   3年 169 岩田FC    
    7 奥村陽二郎  2年 168 ガンバ堺
FW  8 徳地広大   3年 164 Jマルカ
   10 馬篭一輝   3年 180 千里丘FC

橘 監督:米澤一成
GK  1 谷田貝壮貴  1年 182/79 FC平野
DF  2 小川礼太   2年 173/64 京都サンガFC U−15
    7 林大樹    3年 173/70 京都サンガFC U−15
    4 清水遼太   3年 180/63 城陽SC
    5 倉本光太郎  3年 170/62 京都サンガFC U−15
MF  6 志知大輝   3年 160/54 FC Alma大垣U−15
    8 山村龍平   3年 169/59 京都市立神川中
    9 仙頭啓生   3年 174/62 ガンバ大阪門真ジュニアユース
   13 大野拳弥   3年 170/62 修学院中
FW 10 中野克哉   3年 168/53 YF NARATESORO U−15
   11 岩崎悠人   1年 170/64 彦根中央中

4分、橘、カットから岩崎が1対1を仕掛けマーカーを外し中野へ、シュートはブロック。超決定機。岩崎は1年生でしかも中体連出身ながらレギュラーを奪うだけはある。なかなかのスピードだ。立宇治はCBからの組み立てができないので、ボランチの片方が引いてCBの間に入りビルドアップを助ける。そして空き気味の上がっているSBに出すが、そこからは一気に前線のスペースを狙う。中央にはもう一人のボランチが残っているが、ほとんど中には出さない11分、京都橘岩崎が中から仕掛け、左の仙頭に出して右足を一閃、右隅に決まる。0−1。12分には気落ちした立宇治のバックパスをカットした中野が突っ込むがペナ内で追いつかれDFに倒される。これはノーファウル、というか中野のダイビングで警告。ちなみに有名選手なので説明不要かもしれないが、中野はレフティーで細かいステップワークのドリブルに持ち味のある1年からのレギュラーです。13分、立宇治、右CKでП村の左足をファーでΣ聾競悒奪鼻▲薀ぅ鷯絅屮蹈奪。超決定機。京都橘⊂川は無理目の飛び込みが目立つ、「一か八かディフェンス」なのだが、今のところはまっている。ロングスローも魅力だ。空いたスペースは志知が好カバーを見せる。忠実な守備が売りな選手。GK谷田貝はキャッチング技術が非常に低いが、身体能力に恵まれた好選手。まだ1年生だし、大化けすることもあるだろう。さて、このあたりから京都橘はバックラインと中盤のラインでブロックを作って、立宇治のサイドからの組み立てを許さなくなる。CBは空くのだが、前線に出すロングパスもないし、ボランチもギャップを見つけて受けるだけの技術はないので、ゲームは膠着する。つまり京都橘のシナリオ通りの展開である。23分、立宇治岩澤の左CKにGK谷田貝が非常に高い位置でキャッチ。直後に京都橘も右CKを中野が蹴りGKパンチにだ郷絅悒奪匹眈紊乏阿譴襦C田貝はゴールキックもかなり飛ぶ。立宇治北浦はなかなかのドリブラー。しかし立宇治はパスで運べないのでドリブルが増えてきて、すぐ囲まれる。34分、立宇治松野に警告。カットされるところを故意に倒す。馬篭めがけてのロングボールは京都橘CBの清水と林の厳しいマークの前に潰される。前半は0−1で終了。

前半シュート数は2(1)対2(1)。まさに膠着したゲームの一言。ただしサッカーにおいて膠着することは悪いゲーム、詰まらないゲームを意味しない。お互いにスキをうかがうシビアな駆け引きがある。立宇治は前半はサイド一辺倒だった。京都橘の右SB倉本は非常に安定した計算が立つ選手だが、左はサイドハーフの仙頭が攻撃的な選手でサイドバックの小川が危なっかしい。したがってここが狙い目だと考えたのだろう。ハーフタイムで立宇治岩澤→前田大志(168・3年・保津川EFC)と右サイドバックを変えてきた。

41分(後半6分)、松木のカットからスルーパスが馬篭に通る、ポストで落とし松野シュートも弱い。京都橘大野はプレーが大胆というか、大ざっぱというか、京都橘の攻撃にアクセントをつけている。44分、立宇治北浦→山下翔大(175・3年・城陽SC)。直後に松木が左から仕掛けて左クロスは右ポストを叩く。やはり立宇治のボランチは技術がある。橘が12分、岩崎タメて仕掛けて左クロスは合わず。49分、立宇治、ひだりFK、石川が右足で狙うが上に外れる。あるいは単に上げただけがミスキックか?51分、立宇治松野→吉田孝大(2年 AC infini KYOTO)。52分、京都橘中野が大野とワンツーで突っ込むもカットされる。直後にも大野から中野に出し、右のチ卷椶悄▲侫蝓爾離轡紂璽箸郎原へ、GKスーパーセーブ。超決定機。立宇治もセ害爾留Εロスは大外でクリアされる。ここから再び試合は膠着。完全に京都橘はウノ・ゼロを狙っている。立宇治はインサイドで崩せず、馬篭の足元に収まらず、放り込みも通用せず、非常に苦しい。66分、立宇治П村→或硬栂誕析此複嫁。160 都南FC)。33分、立宇治徳地のスルーパスに誰か?シュートもブロック。35分、馬篭のポストプレーからシュートは右に外れる。京都橘大野、仙頭→安立聖弥、患彭掴楕癲N宇治大木→藤井康平(2年・174・宇治FC)結局立宇治は膠着状態を打開できず、京都橘が逃げ切った。

京都橘のブロックを作った守備を立宇治は打開する力はなかった。サイドから簡単に放り込みを許さない守備に加え、中央でも馬篭を自由にさせず、インサイドで崩す力はなかった。つまり1点差だが、実力通りの結果だといえるだろう。京都橘は過去2年間ほどスーパーなチームじゃないが、全国制覇を狙う力はある。まず守備が固い。先制すれば簡単には追いつかれないだろうという安定感がある。林を中心に安定感があり、倉本は攻守に効いていて、志知のカバーリングの早さなど、隙がない。攻撃面でもタレントは中野を中心に打開力があり、1年生岩崎も打開力がある。先制点を奪えば、カウンターも迫力がある。過去2年間と比べられるだろうから、選手たちは苦しい面もあるだろうが、これだけ安定感のある試合運びをできるチームはそうはない。期待は大きい。



2014年06月07日(土) 高校総体滋賀予選決勝 草津東ー野洲

6月7日

高校総体の準決勝以降の会場は不便な不便な東近江の布引。JRで近江八幡まで行って(往復約2000円)、そこから近江鉄道の一日乗り放題チケット(820円)を買って八日市に出て、近江本線に乗り換えて2つ目の大学前で降りてそこから軽い上り坂を登る。近江鉄道は日本で最も運賃の高い私鉄の一つ。近江本線も「本線」と言っても1時間に一本しか走っておらず、関西本線山間部と変わらないペースで、関西では最もローカルな「本線」である。15分ほどで到着。布引は陸上競技場だが芝の状態は非常に良い。ただキックオフ30分前に到着する電車では嫌な予感がして、1時間早い電車にしたが、すでに人が詰めかけていて、屋根の下にギリギリ入れる程度。ちょっと風が吹けば濡れてしまう。会場は陸上競技場としては観やすいが、陸上競技場よりはサッカー場にしてほしいし、びわこ競艇跡をサッカー場にする、という噂、実現してほしいぞ。皇子山でもできるだけ開催してほしいし。

会場にはずっとFM802が流れていたが、選手紹介の放送はなかった。基本的なことなのだがな。野洲の選手名は固定背番号ではないプリンスのプログラムも当てにならない。ネットなどの情報と私の記憶を総合して3人だけ判った。情報をお持ちの方は教えてください。

高校総体滋賀予選男子決勝 
草津東高校−野洲高校
布引グリーンスタジアム 6月7日 11時 ピッチ良芝 晴れ時々小雨


草津東          野洲
−−−十番−−九番−−− 二十−−−二四−−−八番
−−−−−−−−−−−− −−−二一−−十番−−−
十六−八番−−五番−七番 −−−−−二五−−−−−
六番−三番−−四番−二番 十九−二二−−三番−二番
−−−−−十七−−−−− −−−−−一番−−−−−


野洲 監督:山本佳司
GK  1 小倉将司  173/76 3年・主将 千里丘FC
DF  2 江口 大誠 3 セゾンFC
    3 島崎 拓実 3 アズー滋賀FC
   22 冨田 享 2 セゾンFC 
   19 近藤 裕貴 2 セゾンFC
MF 25 村田 大介 2 FC湖東
   10 平石健祐  178/62 3年 セゾンFC
   21 林 雄飛 2 セゾンFC
FW  8 田畑 翔伍 3 セゾンFC   
   24 村上魅   164/57 2年 セゾンFC
   20 山元 壮太郎 1 セゾンFC

   

草津東については
ここをクリック

−−−太田−−山本悠−− 
−−−−−−−−−−−− 
田中悠中村健−山本翔北川 
田中孝小川−中村海−上林 
−−−−−吉川−−−−− 

GK 17 吉川翔大  2年 FC SETA2002
DF  2 上林聖矢  2年 SAGAWA SHIGA FC
    4 中村海翔  3年 FC SETA2002
    3 小川智史  3年 仰木中
    6 田中孝明  3年 ロアッソ熊本
MF  7 北川卓   2年 FC SETA2002
      山本翔太  3年 SAFAWA SHIGA FC
      中村健人  3年 仰木中
   16 田中悠介  2年 京都サンガ
FW  9 太田隆平  3年 セゾンFC
   10 山本悠樹  2年 FC湖東

ということになる。ボランチは左右逆になることがあるから断言できないが、ほぼ特定できたことになる。10番は山本悠。

立ち上がりから草津東が秩序だったプレスから一気に仕掛ける。また山本悠は変化もつけられるしサイドも強力だ。野洲はドリブルもパスも封じられ、裏に出すことしかできない。3分、草津東、左FK、中でヘッドも左に外れる。決定機。5分、草津東暗鎮耆がカットし北川へ、ミドルは辛うじて野洲がブロック、左CKへ。8分、山本悠がターンからスルーパス、暗鎮耆ミドルも正面を突く。決定機。11分、草津東⊂緡咾凌爾ぐ銘屬らのグラウンダー右クロスにニアに突っ込んだ太田が至近距離から上に外す。超決定機。12分、草津東、右FKに山本悠が入れて、こぼれを太田シュート、ブロックされるが拾った山本悠がミドル、、外れる。決定機。14分、野洲、㉔村上が細かいタッチのドリブルからスルーパスも通らず。16分、野洲、㉑林のスルーパスに左サイドバックの涯疇が上がり左シュートを決める。0−1。野洲は初シュート。一方的に押されていながらもSBが上がるという攻め気を失わなかった野洲の攻撃意欲が生んだゴール。草津東は一瞬守備意識が足りなかった。18分、草津東、北川が右を破りグラウンダー右クロスに山本悠が至近距離から合わせるが野洲GK‐倉がスーパーセーブ。超決定機。左CKを太田が合わせるも上に外れる。この試合の主審はファウルスローに厳しく、草津東のファウルスローを取った直後に、再び草津東がファウルスローを犯す。その直後野洲も2回犯す。審判の癖を見抜くのが早い野洲らしからぬミス。20分、野洲、サイドチェンジを田畑トラップミス。この時間帯から㉔村上魁がドリブラーとしての持ち味を発揮してくる。25分、野洲、平石の左クロスを㉔村上がフリーでシュートも右に外す。超決定機。28分、草津東、⊂緡咾留Εロスを8番がペナちょい外正面フリーで受けるが上に外す。超決定機。28分、野洲㉔村上に警告。ダイビング。32分、草津東、右CKを8番が左足で入れるが逸機。結局35分ハーフの前半は0−1で終了。

シュート数10(枠内6)対3(1)。誰が見ても草津東ペースだったが、野洲がワンチャンスを生かした。GKが当たっていてのはあるが、草津東が外しまくった印象。力の差があってもサッカーは番狂わせが起きるスポーツ。とにかくこのままでは何が起こるかわからない。

ハーフタイムで草津東9番→11番(高橋)、暗鎮耆→桶田。

35分ハーフの36分(後半1分)、いきなり草津東が攻め込んだカウンターで野洲が2対2となり、㉔村上が目の前のDFを抜き切らずにシュート、左上隅に決まる。0−2。42分、草津東、CBがボールを持っているところを奪われ、21番へ、難なく決めて0−3。草津東がバランスを考えたなかった2点目と、イージーミスの3点目。とても名門校とは思えぬ失点だ。その直後、今度は野洲がバランスを崩して攻めて、草津東がカウンターから3人突っ込む。野洲DFは1人だけ。しかしここで致命的なパスミスで逸機。超決定機。50分、野洲、バックパスを高橋がカットしてGKと1対1、しかし右上に外す。超決定機。野洲20番→11番。51分、野洲㉔村上が仕掛けて左の㉑林へ、シュートは右に外れる。決定機。草津東、小川→新井。長身CF。草津東が↓の布陣に。

−−−十五−−十一−−− 
−−−−−十番−−−−− 
十八−五番−−八番−七番 
−−六番−四番−二番−− 
−−−−−十七−−−−− 

山本悠の自由にプレーさせつつサイドから15番の頭めがけてクロスを放り込む意図と思われる。59分。山本のスルーパスを左の桶田が受け、左クロス、ファーで北川折り返すも野洲は右CKに逃げる。その右CKで番のキックを新井が高いヘッド、決まって1−3。62分、野洲番に警告。バックチャージ。草津東、桶田がドフリーで左クロスも痛恨のミスキック。直後にも右クロスを新井至近距離からシュート、GKセーブ。超決定機。こぼれを高橋シュートも右に外れる。超決定機。65分、野洲CBのミスパスを拾った高橋シュートも右に外れる。野洲8番→16番。67分、草津東、北川の右クロスを山本悠がボレー、決まって2−3。更にカウンターから山本悠の左クロスを北川落とすも逸機。ロスタイムは4分の表示。72分、草津東山本悠のスルーパスに高橋切り返し、カットを山本悠が右に持ち替えミドル、左隅を襲うがGKスーパーセーブ。決定機。74分、草津東山本悠の右足左クロスを新井がフリーでヘッドもわずかに上に外れる。超決定機。結局試合は2−3で終了。野洲が全国行きを決めた。

マン・オブ・ザ・マッチは明らかにGK小倉でしょう。数知れずあった決定機を止め続けた。至近距離も止めた。2失点には何の責任もない、GKとしてはノーチャンスだった。

サッカーにおける鉄則はやらなきゃ、やられる、だ。草津東は数多くのチャンスを外し続け、負けた。力そのものは草津東の方が明らかに上だったと思う。しかし野洲には決定力があった、たぶん今年の野洲は現段階では全国制覇は厳しい。村上のドリブルは凄いが、中盤は草津東のプレスをかわすほどではなかったし、斜めのパスでサイドを変えるのが例年より多少いい程度だ。バックラインも固くない。メッシ・ポジションの村上の存在はあっても支配できなければ威力は半減する。そういう意味で平石がシャビのように前後左右に振り分けられれば面白い。



2014年06月05日(木) U-21日本代表候補トレーニングキャンプ(6/9〜11 @大阪) メンバー・スケジュール

U-21日本代表候補トレーニングキャンプ(6/9〜11 @大阪) メンバー・スケジュール
2014年06月02日

スタッフ
監 督:手倉森 誠 テグラモリ マコト(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:高畠 勉 タカハタ ツトム(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
GKコーチ:川俣 則幸 カワマタ ノリユキ(日本サッカー協会ユース育成サブダイレクター)
コンディショニングコーチ:小粥 智浩 オガイ トモヒロ(日本サッカー協会フィジカルプロジェクト/流通経済大)
選手
GK
杉本 大地 スギモト ダイチ(京都サンガF.C.)
ポープ ウィリアム ポープ ウィリアム(東京ヴェルディ)
DF
遠藤 航 エンドウ ワタル(湘南ベルマーレ)
山中 亮輔 ヤマナカ リョウスケ(ジェフユナイテッド千葉)
佐藤 和樹 サトウ カズキ(名古屋グランパス)
小山内 貴哉 オサナイ タカヤ(コンサドーレ札幌)
伊東 幸敏 イトウ ユキトシ(鹿島アントラーズ)
西野 貴治 ニシノ タカハル(ガンバ大阪)
奈良 竜樹 ナラ タツキ(コンサドーレ札幌)
岩波 拓也 イワナミ タクヤ(ヴィッセル神戸)
植田 直通 ウエダ ナオミチ(鹿島アントラーズ)
MF
大島 僚太 オオシマ リョウタ(川崎フロンターレ)
田鍋 陵太 タナベ リョウタ(名古屋グランパス)
前 貴之 マエ タカユキ(コンサドーレ札幌)
矢島 慎也 ヤジマ シンヤ(浦和レッズ)
中島 翔哉 ナカジマ ショウヤ(カターレ富山)
喜田 拓也 キダ タクヤ(横浜F・マリノス)
豊川 雄太 トヨカワ ユウタ(鹿島アントラーズ)
石毛 秀樹 イシゲ ヒデキ(清水エスパルス)
秋野 央樹 アキノ ヒロキ(柏レイソル)
小林 祐介 コバヤシ ユウスケ(柏レイソル)
FW
鈴木 武蔵 スズキ ムサシ(アルビレックス新潟)
野津田 岳人 ノツダ ガクト(サンフレッチェ広島)
松村 亮 マツムラ リョウ(ヴィッセル神戸)
浅野 拓磨 アサノ タクマ(サンフレッチェ広島)
U-21日本代表候補トレーニングキャンプ(6/9〜11@大阪) 選手変更
小林 祐介(コバヤシ ユウスケ/KOBAYASHI Yusuke)
MF 所属:柏レイソル
理由:怪我のため

前田 凌佑(マエダ リョウスケ/MAEDA Ryosuke)
MF 所属:ヴィッセル神戸 1994年4月27日生 172cm/65kg
スケジュール
6月9日(月) トレーニング
6月10日(火) トレーニング
6月11日(水) 練習試合 対 大学選抜



2014年06月04日(水) 13−14年UEFA U−19選手権 2次予選ラウンド 選手リスト その2

Lithuania - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Deividas Mikelionis
0 0
Edvinas Gertmonas
6 0
Edgaras Jonaitis
0 0
Defenders
Name P G
Aivaras Meškinis
6 0
Lukas Pangonis
2 0
Martynas Zaleckis
0 0
Justas Raziūnas
5 0
Benas Spietinis
1 0
Sigitas Urbys
3 0
Julius Aleksandravičius
6 0
Aldas Korsakas
2 0
Rolandas Baravykas
6 0
Midfielders
Name P G
Domantas Šimkus
4 0
Donatas Šegžda
6 1
Daniel Romanovskij
3 0
Vykintas Slivka
5 0
Tomas Dombrauskis
2 0
Vilius Armanavičius
4 0
Gabrielius Judickas
2 0
Deimantas Petravičius
3 0
Erikas Skripkinas
1 0
Forwards
Name P G
Simonas Stankevičius
3 2
Darius Kazubovičius
2 0
Rokas Krušnauskas
5 0
Skirmantas Rakauskas
5 0
Coach: Antanas Vingilys (LTU)


Montenegro - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Marko Novović
1 0
Suad Ličina
2 0
Marko Kordić
3 0
Defenders
Name P G
Jovan Bošković
1 0
Danilo Šarkić
3 0
Miloš Milović
4 0
Andrija Vukčević
5 0
Ilija Tučević
2 0
Nemanja Cavnić
4 0
Jovan Baošić
5 1
Midfielders
Name P G
Jovan Čadjenović
3 0
Marko Janković
5 1
Žarko Grbović
6 2
Marko Ćosić
6 1
Marko Kazić
3 0
Nebojša Kosović
3 0
Milan Vusurović
3 1
Idriz Toskić
2 0
Mirenes Pepić
3 0
Stefan Milošević
3 2
Forwards
Name P G
Vladan Karadžić
3 0
Nikola Vujnović
3 0
Marko Ilinčić
6 1
Lazar Lalošević
2 0
Boris Cmiljanić
3 0
Coach: Aleksandar Miljenović (MNE)

Norway - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Alexander Pedersen
2 0
Jacob Storevik
1 0
Mathias Dyngeland
0 0
Pål Vestly Heigre
3 0
Defenders
Name P G
Kent-Are Antonsen
3 0
Bjørn Utvik
3 2
Marius Hoibraaten
3 0
Vegard Bergan
3 0
Andreas Vindheim
2 0
Alexander Jones
2 0
Stian Stray Molde
3 0
Ivan Näsberg
3 0
Ulrik Jenssen
3 0
Rasmus Martinsen
3 0
Keivan Ghaedamini
2 0
Midfielders
Name P G
Bent Sørmo
2 0
Morten Strand
3 0
Herman Stengel
5 0
Vajebah Sakor
4 1
Morten Thorsby
1 0
Iver Fossum
2 0
Kamer Qaka
3 0
Anders Trondsen
2 0
Forwards
Name P G
Alexander Sørloth
3 3
Eirik Hestad
3 1
Bård Finne
3 2
Martin Trøen
1 0
Zymer Bytyqi
2 0
Tor Andre Aasheim
5 0
Kristian Rømo Skille
3 0
Andre Sødlund
- -
Martin Lundal
2 0
Sander Svendsen
3 1
Coach: Bård Henning Flovik (NOR)

Portugal - Under-19
Playing: Final tournament - Group stage
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
André
0 0
Tiago Sá
6 0
Guilherme Oliveira
0 0
Defenders
Name P G
Nélson Monte
3 0
Mauro Riquicho
3 0
Luís Rafael
5 2
João Nunes
3 0
Rebocho
5 0
Braima Candé
1 0
Jordan Machado
3 0
Domingos Duarte
3 0
Midfielders
Name P G
João Palhinha
4 0
Jorge Intima
2 0
Francisco Ramos
5 0
Raphael Guzzo
5 2
Tomás Podstawski
5 0
Helinho
1 0
Rui Correia
2 0
Forwards
Name P G
Cristian
3 3
Ivo Rodrigues
6 3
Nuno Santos
5 3
Marcos Lopes
3 1
André Silva
6 6
Gelson Martins
5 1
Coach: Hélio Sousa (POR)


Republic of Ireland - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Eric Grimes
5 0
Liam Bossin
0 0
Shane Fagan
1 0
Defenders
Name P G
Daniel Cleary
1 0
Ryan Robinson
2 0
Kevin Toner
1 0
Noe Baba
5 0
Bobby Moseley
5 0
Kyle McFadden
6 0
Sean Long
6 0
Midfielders
Name P G
Alan Browne
6 1
Thomas Mulroney
4 0
Dylan Barnett
1 0
Ryan Goldsmith
3 0
Liam Kelly
4 1
Colm Crowe
4 1
Dean O'Halloran
3 0
Forwards
Name P G
Sam O'Connor
2 0
Adam Wixted
2 0
Steven McCarthy
4 0
Alex O'Hanlon
6 1
Alan O'Sullivan
5 1
Dylan Connolly
3 0
Sam Byrne
3 3
Coach: Paul Doolin (IRL)

Romania - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Valentin Cojocaru
4 0
Fejér Csongor Béla
1 0
Relu Stoian
0 0
Razvan Petrariu
1 0
Defenders
Name P G
Robert Hodorogea
3 0
Vlad Marin
3 0
Mihai Balasa
3 1
Andrei Rauta
1 0
Ionuț Serban
2 0
Nicolae Vasile
2 0
Denis Dumitrascu
2 0
Cosmin Achim
3 0
Cristian Manea
3 0
Robert Bajan
6 0
Midfielders
Name P G
Bogdan Vasile
6 0
Dorin Rotariu
2 0
Răzvan Marin
2 0
Ionuț Vina
6 4
Alexandru Tudorie
2 0
Alexandru Târnovan
3 0
Marian Popescu
2 0
Cristian Bărbuț
3 0
Adrian Moroşanu
1 0
Robert Boboc
1 0
Forwards
Name P G
Ionuţ Mitriță
6 1
Doru Popadiuc
6 0
Constantin Paun-Alexandru
5 1
George Puşcaş
3 0
Coach: Stefan Iovan (ROU)


Russia - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Anton Mitryushkin
0 0
Miroslav Lobantsev
6 0
Aleksandr Vasyutin
0 0
Defenders
Name P G
Denis Masyutin
1 0
Aleksandr Kalyashin
6 0
Maksim Karpov
5 0
Dzhamaldin Khodzhaniyazov
3 0
Vyacheslav Karavaev
6 0
Stepan Rebenko
3 0
Vitali Lystsov
2 0
Midfielders
Name P G
Maksim Martusevich
3 1
Aleksei Miranchuk
3 1
Arshak Koryan
6 1
Valeri Saramutin
1 0
Danila Yaschuk
6 1
Dmitri Efremov
6 2
Aleksandr Morgunov
6 2
Dmitri Barinov
3 0
Anton Miranchuk
2 0
Vladislav Masternoi
3 0
Maksim Ermakov
2 0
Forwards
Name P G
Ilya Belous
1 0
Denis Davydov
6 8
Aleksei Kurzenev
1 0
Coach: Dmitri Ulyanov (RUS)

Scotland - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Liam Kelly
4 0
Ryan Fulton
2 0
Ross Stewart
0 0
Defenders
Name P G
Cameron Burgess
1 0
Mark O'Hara
2 0
Scott McKenna
4 0
John Souttar
6 1
Ryan Sinnamon
4 0
George McLennan
2 0
Dominic Hyam
3 0
Stephen Hendrie
4 0
Midfielders
Name P G
Ryan Gauld
5 1
Liam Henderson
5 0
Darren Petrie
4 0
Jamie Lindsay
6 0
Adam King
3 0
Tom Walsh
3 0
Forwards
Name P G
Aidan Connolly
1 0
Harry Cardwell
3 0
Cameron Smith
2 0
Samuel Nicholson
5 0
Denny Johnstone
6 2
Сharles Telfer
4 0
Gary Oliver
3 0
Coach: Richard Sbragia (SCO)

Serbia - Under-19
Playing: Final tournament - Group stage
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Vanja Milinković-Savić
3 0
Boris Radunović
0 0
Marko Drobnjak
0 0
Predrag Rajković
3 0
Defenders
Name P G
Stefan Milošević
3 0
Stefan Vico
3 0
Miloš Veljković
3 0
Nikola Maraš
0 0
Radovan Pankov
2 0
Miladin Stevanović
3 0
Saša Zdjelar
4 0
Nemanja Antonov
3 0
Srdjan Babić
6 1
Midfielders
Name P G
Mijat Gačinović
5 1
Nemanja Maksimović
6 1
Andrija Živković
3 1
Veljko Simić
6 5
Danilo Pantić
3 0
Mihailo Ristić
5 0
Sergej Milinković-Savić
6 4
Miroslav Bogosavac
1 0
Milan Gajić
3 0
Forwards
Name P G
Dejan Dražić
5 0
Staniša Mandić
4 1
Stefan Ilić
3 1
Coach: Veljko Paunović (SRB)

Spain - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Rubén Blanco
3 0
Alejandro Remiro
0 0
Defenders
Name P G
José León Bernal
2 0
Alejandro Grimaldo
1 0
Héctor Bellerín
3 0
David Costas
3 0
Javier Ramírez
1 0
Jorge Meré
1 0
Midfielders
Name P G
Marcos Llorente
2 0
José Gaya
3 0
Unai Lopez
3 1
Sergi Samper
2 0
Forwards
Name P G
Ivi
3 0
Carlos Fernández
3 0
Santiago Mina
3 0
Sandro Ramírez
3 2
Munir El Haddadi
3 3
Adama Traoré
3 0
Coach: Luis de la Fuente (ESP)


Sweden - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Edvard Setterberg
4 0
Sixten Mohlin
2 0
Oscar Klasson
0 0
Defenders
Name P G
Johan Andersson
3 1
Anton Westerlund
0 0
Pontus Nordenberg
4 1
Sebastian Starke Hedlund
6 1
Gustav Jarl
2 0
Linus Wahlqvist
3 0
Jesper Manns
3 0
Midfielders
Name P G
Kristoffer Olsson
5 1
Arber Zeneli
6 1
Jesper Karlström
6 0
Niclas Eliasson
3 0
Melker Hallberg
2 0
Simon Gustafson
5 2
Valmir Berisha
2 2
Måns Ekvall
2 0
Isak Ssewankambo
3 0
Henrik Carlsson
2 0
Karl Bohm
2 0
Marcus Haglind Sangre
2 0
Forwards
Name P G
Carlos Strandberg
3 0
Muamer Tankovic
6 5
Joakim Olausson
6 1
Coach: Tomas Turesson (SWE)

Switzerland - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Kevin Martin
2 0
Pascal Albrecht
1 0
Novem Baumann
3 0
Defenders
Name P G
Nicolas Stettler
2 0
Marko Drakul
0 0
Nico Elvedi
6 1
Michael Goncalves
5 0
Miguel Rodrigues
3 0
Michael Kempter
2 0
Saidy Janko
6 0
Ahmet Ozcan
3 0
Thomas Fraga
2 0
Midfielders
Name P G
Ming Yang Yang
6 0
Robin Kamber
3 0
Gregory Karlen
2 1
Valentin Hayoz
3 0
Karim Gazzetta
1 0
Olivier Custodio
5 1
Marvin Graf
4 1
Francisco Rodriguez
2 0
Miguel Castroman
3 1
Forwards
Name P G
Omar Thali
3 0
Mirsad Hasanovic
5 0
Kevin Mbabu
1 0
Shani Tarashaj
6 4
Boris Cespedes
4 0
Coach: Gérard Castella (SUI)

Turkey - Under-19
Eliminated: Elite round
• Qualifying phase
• Goalkeepers
Name P G
İsmet Yumakoğulları
0 0
Gökhan Akkan
4 0
Murat Demir
2 0
• Defenders
Name P G
Fethi Özer
2 0
Emre Taşdemir
3 2
Ozan Tufan
3 1
Ertuğrul Ersoy
2 0
Batuhan Işçiler
3 0
Egemen Zengin
3 1
İbrahim Aydın
2 1
Melih Okutan
3 0
Idris Cengiz
0 0
Sefa İşçi
3 0
• Midfielders
Name P G
Mert Kula
0 0
Vedat Bora
3 0
Berkant Taşkıran
3 0
Hasan Ayaroğlu
3 0
Muhammed Demirci
6 2
Taylan Antalyalı
3 0
Doğan Erdoğan
5 0
Özgür Özdemir
4 0
Süheyl Çetin
2 0
Şevki Çınar
5 0
Recep Niyaz
1 0
Ibrahim Coşkun
1 0
• Forwards
Name P G
Atabey Çiçek
3 1
Mustafa Altıntaş
6 4
Altuğ Taş
3 0
Enes Ünal
3 2
Oğulcan Çağlayan
3 0
• Coach: Vedat İnceefe (TUR)

• Ukraine - Under-19
• Playing: Final tournament - Group stage

Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Roman Pidkivka
3 0
Bogdan Sarnavskiy
4 0
Vadym Soldatenko
0 0
Defenders
Name P G
Pavlo Lukyanchuk
2 0
Andriy Markovych
2 0
Eduard Sobol
5 1
Taras Kacharaba
6 0
Midfielders
Name P G
Vyacheslav Tankovskiy
5 1
Yuriy Tkachuk
6 0
Evgen Chumak
5 0
Maxym Banasevich
4 0
Pavlo Polehenko
5 0
Artem Radchenko
6 4
Viktor Kovalenko
5 2
Ihor Kharatin
6 1
Artem Gabelok
5 1
Roman Yaremchuk
4 0
Forwards
Name P G
Artur Miranyan
3 2
Dmytro Lukanov
1 0
Artem Biesiedin
3 0
Dmytro Bilonog
4 1
Coach: Oleksandr Petrakov (UKR)


Wales - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Billy O'Brien
2 0
Michael Crowe
5 0
Defenders
Name P G
Thomas James
1 0
Bradley Wickham
3 0
Joshua Yorwerth
6 0
Dominic Smith
4 0
Curtis Strong
3 0
Keston Davies
1 0
Midfielders
Name P G
Robert Evans
5 0
Gethin Jones
3 0
Declan Weeks
5 0
Thomas O'Sullivan
6 6
Bradley Reid
5 1
Joshua Sheehan
5 0
Alexander Bray
3 0
Jake Charles
3 0
Forwards
Name P G
Callum Saunders
1 1
Ryan Hedges
3 1
Declan John
3 1
Abdifatah Noor
2 1
Luke Kandi
1 1
George Williams
3 0
Jordan Evans
5 0
Owain Jones
5 1
Coach: Geraint Williams (WAL)



2014年06月03日(火) 13−14年UEFA U−19選手権 2次予選ラウンド 選手リスト その1

Elite round


Austria - Under-19
Playing: Final tournament - Group stage
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Tino Casali
1 0
Ivan Lucic
5 0
Defenders
Name P G
Alexander Joppich
4 0
Francesco Lovric
5 0
Patrick Puchegger
1 1
Daniel Rosenbichler
4 1
Lukas Gugganig
3 0
Erman Bewab
2 0
Dominik Baumgartner
3 0
Midfielders
Name P G
Sascha Horvath
3 0
Markus Blutsch
5 1
Michael Brandner
6 0
Sven Sprangler
4 0
Martin Rasner
6 1
Peter Michorl
6 1
Forwards
Name P G
Sinan Bytyqi
6 5
Bernd Gschweidl
3 1
Thomas Gösweiner
3 0
Florian Grillitsch
5 5
Valentin Grubeck
4 1
Alexander Taschner
2 0
Daniel Maderner
2 0
Coach: Andreas Heraf (AUT)

Belgium - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Bo Geens
0 0
Alexandro Craninx
1 0
Lucas Pirard
5 0
Defenders
Name P G
Ahmed El Messaoudi
2 0
Timoty Castagne
3 0
Jason Denayer
5 0
Corentin Fiore
4 1
Sébastien Locigno
5 0
Ali Yasar
3 0
Jessy Gálvez López
4 0
Midfielders
Name P G
Jinty Caenepeel
3 0
Sander Coopman
2 0
François Marquet
6 1
Charly Musonda
3 2
Leander Dendoncker
5 0
Gaetan Hendrickx
2 0
Pieter Gerkens
5 1
Divock Origi
3 2
Jari Vandeputte
3 0
Forwards
Name P G
Théo Bongonda
3 2
Siebe Schrijvers
6 4
Baptiste Guillaume
2 0
Tuur Dierckx
6 0
Célestin Djim
2 0
Coach: Gert Verheyen (BEL)


Bulgaria - Under-19
Playing: Final tournament - Group stage
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Aleksandar Lyubenov
6 0
Kristiyan Katsarev
0 0
Defenders
Name P G
Plamen Galabov
5 0
Preslav Petrov
3 0
Diyan Ivanov
0 0
Vasil Popov
4 0
Midfielders
Name P G
Petar Vitanov
3 0
Reyan Daskalov
6 2
Daniel Stamatov
1 0
Nikola Kolev
3 1
Hristofor Hubchev
6 0
Antonio Vutov
5 2
Borislav Tsonev
5 1
Radoslav Tsonev
5 0
Miki Orachev
3 0
Dimitar Velkovski
2 0
Forwards
Name P G
Aleksandar Vasilev
6 0
Stanislav Dryanov
5 1
Georgi Minchev
5 0
Stivan Petkov
3 0
Kiril Despodov
5 2
Vladislav Misyak
2 0
Coach: Aleksandar Dimitrov (BUL)


Cyprus - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Vangelis Georgiou
2 0
Kyriakos Panayiotou
5 0
Defenders
Name P G
Ioannis Kousoulos
2 0
Antonis Koumis
0 0
Antreas Karo
6 1
Thomas Ioannou
4 0
Midfielders
Name P G
Vasilios Papafotis
6 0
Panayiotis Therapontos
6 1
Christos Djamas
4 2
Takis Konstantinou
5 0
Fanos Katelaris
6 0
Andreas Fragkou
2 0
Loizos Kosmas
5 0
Pantelis Konomis
0 0
Andreas Fragkeskou
2 0
Forwards
Name P G
Leandros Lillis
3 1
Efstathios Efstathiou
2 0
Antreas Makris
6 4
Giorgos Katsiati
5 1
Antreas Panayiotou
6 1
Stavrinos Konstantinou
2 0
Panagiotis Loizides
5 0
Coach: Constantinou Ioannis (CYP)


Czech Republic - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Martin Krásný
0 0
Jindřich Staněk
6 0
Defenders
Name P G
Aleš Matějů
6 0
Jan Prosek
6 0
Lukáš Hůlka
2 0
Jaroslav Tregler
3 0
Adam Pajer
3 0
Jiří Bederka
5 0
Martin Kadavý
1 0
Tomáš Souček
3 0
Stefan Simič
2 0
Midfielders
Name P G
Martin Matoušek
2 1
Daniel Holzer
6 1
Jakub Kocourek
2 0
Lukáš Kalvach
5 0
Jan Záviška
2 0
Patrik Čavoš
6 0
František Mysliveček
1 0
Forwards
Name P G
Jakub Vichta
3 1
Patrik Schick
5 1
Jiří Sodoma
4 1
Dominik Mašek
5 4
Lukáš Kurušta
3 0
Lukáš Buchvaldek
3 2
Coach: Pavel Hoftych (CZE)

Denmark - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Thomas Hagelskjær
1 0
Jeppe Højbjerg
5 0
Defenders
Name P G
Jacob Andersen
6 0
Victor Søndergaard Nielsen
2 0
Jonas Gejel Hansen
5 0
Jakob Mathiasen
5 0
Mads Nordam
5 1
Jeppe Brinch
3 0
Emil Jørgensen
5 0
Joachim Andersen
3 0
Mads Pedersen
2 0
Nicklas Mouritzen
2 0
Midfielders
Name P G
Frederik Børsting
2 1
Mikkel Wohlgemuth
5 0
Tobias Harro Christensen
1 0
Andrew Hjulsager
3 2
Yones Felfel
2 0
Emiliano Hansen
6 2
Morten Knudsen
2 0
Forwards
Name P G
Mikkel Maigaard
3 1
Marcus Mathiasen
4 1
Mikkel Jensen
5 0
Daniel Stückler
1 0
Jannik Pohl
2 0
Johannes Ritter Plum
3 1
Coach: Bent Christensen (DEN)


England - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Christian Walton
3 0
Cameron Dawson
0 0
Luke Coddington
1 0
Mitchell Beeney
2 0
Defenders
Name P G
Harry Toffolo
2 0
Adam Webster
2 0
Matthew Targett
3 0
Lloyd Jones
3 0
Shay Facey
5 0
Temitayo Aina
3 0
Brendan Galloway
3 0
Jake Cooper
1 0
Midfielders
Name P G
Calum Chambers
6 0
Callum Robinson
3 1
Harrison Reed
2 0
Jordon Ibe
4 3
Ruben Loftus-Cheek
4 2
Lewis Baker
6 4
John Swift
5 0
Isaac Hayden
3 0
Ben Pearson
3 2
Forwards
Name P G
Mason Bennett
3 3
James Wilson
2 0
Samuel Gallagher
2 1
Chuba Akpom
6 0
Devante Cole
1 0
Joshua Murphy
4 0
Carlton Morris
2 1
Coach: Noel Blake (ENG)

Georgia - Under-19
Eliminated: Elite round
• Qualifying phase
• Goalkeepers
Name P G
Beka Kurdadze
6 0
Oto Goshadze
0 0
Nika Shermadini
0 0
• Defenders
Name P G
Giga Samkharadze
1 0
Aleksandre Gureshidze
6 1
Otar Kakabadze
6 0
Nika Tchanturia
6 0
Jemal Tabidze
0 0
• Midfielders
Name P G
Luka Kikabidze
6 3
Giorgi Papunashvili
5 3
Levan Shengelia
4 0
Giorgi Tevzadze
6 0
Mate Tsintsadze
6 2
Giorgi Aburjania
5 2
Giorgi Gorozia
5 0
Giorgi Gabadze
0 0
• Forwards
Name P G
Giorgi Beridze
2 0
Dato Dartsimelia
3 1
Ilia Kerdzevadze
6 0
Luka Zarandia
6 1
Davit Jikia
2 2
Nika Akhvlediani
2 0
• Coach: Vasil Maisuradze (GEO)

• Germany - Under-19
• Playing: Final tournament - Group stage

Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Oliver Schnitzler
3 0
Fabian Bredlow
0 0
Daniel Mesenhöler
2 0
Marvin Schwäbe
1 0
Defenders
Name P G
Marvin Sinan Büyüksakarya
0 0
Marc-Oliver Kempf
6 0
Anthony Syhre
4 0
Pascal Itter
3 0
Fabian Holthaus
6 1
Kevin Akpoguma
6 0
Midfielders
Name P G
Marc Stendera
3 1
Niklas Stark
5 0
Levin Öztunali
4 0
Hany Mukhtar
6 3
Max Meyer
3 2
Julian Weigl
1 0
Benjamin Trümner
1 0
Joshua Kimmich
3 0
Nico Brandenburger
1 0
Julian Green
3 0
Marcel Hilssner
2 0
Jeremy Dudziak
3 1
Serge Gnabry
3 2
Forwards
Name P G
Davie Selke
5 5
Felix Lohkemper
3 1
Julian Brandt
6 1
Coach: Marcus Sorg (GER)


Greece - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Giorgos Giagkiozis
1 0
Giorgos Strezos
5 0
Nestor Gkekas
0 0
Defenders
Name P G
Giannis Sotirakos
5 0
Emmanouil Fazos
1 0
Angelos Oikonomou
1 0
Kostas Vlachos
5 0
Praxitelis Vouros
4 0
Epameinondas Pantelakis
3 1
Dimitris Myrthianos
6 0
Midfielders
Name P G
Marios Tzanoulinos
3 0
Ilias Polimos
6 0
Almpertos Roussos
6 0
Panagiotis Deligiannidis
6 1
Taxiarchis Fountas
4 0
Ilias Stavropoulos
1 0
Forwards
Name P G
Anastasios Donis
6 2
Dimitris Popovic
2 1
Nikos Vergos
2 0
Nikos Milios
6 0
Tasos Kritikos
6 2
Thymios Koulouris
5 0
Coach: Theodoros Pachatouridis (GRE)


Iceland - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Runar Runarsson
3 0
Fannar Hafsteinsson
4 0
Hlynur Hlöðversson
0 0
Defenders
Name P G
Hjörtur Hermannsson
3 0
Ósvald Traustason
0 0
Davíð Kristján Ólafsson
3 0
Samúel Friðjónsson
6 0
Daniel Leo Gretarsson
6 0
Adam Örn Arnarson
6 0
Dadi Bergsson
6 0
Jón Ingason
3 0
Midfielders
Name P G
Heidar Aegisson
2 0
Sindri Björnsson
3 0
Emil Ásmundsson
5 0
Oliver Sigurjónsson
3 1
Orri Sigurdur Ómarsson
5 2
Aevar Jóhannesson
6 1
Forwards
Name P G
Kristján Flóki Finnbogason
6 2
Elías Már Ómarsson
3 1
Ásgeir Sigurgeirsson
2 0
Albert Guðmundsson
1 0
Aron Bjarnason
3 0
Stefán Thór Pálsson
3 0
Gunnlaugur Birgisson
2 0
Coach: Kristinn Jonsson (ISL)

Israel - Under-19
Playing: Final tournament - Group stage
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Stav Shoshan
0 0
Dean Gal
6 0
Mahdi Zoabi
0 0
Defenders
Name P G
Tamir Sheikh Ahmad
1 0
Sean Goldberg
5 0
Ayad Habashi
6 0
Omer Danino
6 1
Mohammed Abu El Hija
6 1
Amer Masarwa
2 0
David Keltjens
2 0
Midfielders
Name P G
Yaniv Brik
4 0
Dror Sagi
3 1
Dor Peretz
6 1
Eden Shamir
6 2
Forwards
Name P G
Nor Bisan
1 0
Sagiv Jehezkel
6 1
Shon Zalman Weissman
5 2
Michael Ohana
6 4
Ramzi Safuri
6 1
Dor Hugy
6 2
Avishay Cohen
1 2
Coach: Eli Ohana (ISR)

Italy - Under-19
Eliminated: Elite round
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Pierluigi Gollini
4 0
Simone Scuffet
2 0
Wladimiro Falcone
0 0
Defenders
Name P G
Filippo Costa
3 0
Alessio Romagnoli
2 0
Lorenzo Venuti
2 0
Michele Somma
6 0
Filippo Berra
3 0
Dario Del Fabro
2 0
Lorenzo Filippini
2 0
Pietro Ceccaroni
2 0
Luca Iotti
3 1
Marco Pinato
2 0
Davide Calabria
3 0
Midfielders
Name P G
Patrick Ciurria
6 0
Luca Crecco
6 3
Bryan Cristante
6 2
Jacopo Petriccione
1 0
Alberto Grassi
3 1
Lorenzo Pellegrini
3 0
Mario Piccinocchi
2 0
Jacopo Ferri
2 0
Eros Castelletto
2 0
Forwards
Name P G
Edoardo Ceria
2 0
Diego Frugoli
3 0
Davide Voltan
2 0
Andrea Petagna
3 1
Marco Valotti
3 0
Ettore Gliozzi
1 0
Alberto Cerri
3 0
Coach: Alessandro Pane (ITA)



2014年06月02日(月) 13−14年UEFA U−19選手権 2次予選ラウンド 結果

Elite round

Group 1(Host country: England)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 Ukraine
3 2 1 0 5 0 5 7
2 England
3 2 0 1 8 2 6 6
3 Montenegro
3 1 0 2 1 10 -9 3
4 Scotland
3 0 1 2 1 3 -2 1
Last updated: 30/05/2014 09:59 CET
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Pts: Points
Matches
24 May 2014
24 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 1)
Full time »

England
6-0
Montenegro

Referee: Markus Hameter (AUT) – Stadium: Bescot Stadium, Walsall (ENG)
05/24/2014 17:05:20
24 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 1)
Full time »

Ukraine
0-0
Scotland

Referee: Jesús Gil Manzano (ESP) – Stadium: Burton Albion FC Stadium, Burton-on-Trent (ENG)
05/24/2014 21:36:28
26 May 2014
26 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 1)
Full time »

Montenegro
0-4
Ukraine

Referee: Markus Hameter (AUT) – Stadium: Bescot Stadium, Walsall (ENG)
05/26/2014 17:07:49
26 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 1)
Full time »

England
2-1
Scotland

Referee: Artur Dias (POR) – Stadium: Burton Albion FC Stadium, Burton-on-Trent (ENG)
05/26/2014 21:29:10
29 May 2014
29 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 1)
Full time »

Ukraine
1-0
England

Referee: Jesús Gil Manzano (ESP) – Stadium: Burton Albion FC Stadium, Burton-on-Trent (ENG)
05/29/2014 17:05:56
29 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 1)
Full time »

Scotland
0-1
Montenegro

Referee: Artur Dias (POR) – Stadium: Bescot Stadium, Walsall (ENG)
05/29/2014 16:54:50
Last updated: 30/05/2014 09:59 CET

Group 2(Host country: Bulgaria)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 Bulgaria
3 2 1 0 5 2 3 7
2 Sweden
3 2 0 1 7 3 4 6
3 Czech Republic
3 1 0 2 1 5 -4 3
4 Italy
3 0 1 2 2 5 -3 1
Last updated: 30/05/2014 10:16 CET
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Pts: Points
Matches
24 May 2014
24 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 2)
Full time »

Czech Republic
1-0
Italy

Referee: Peter Kralović (SVK) – Stadium: Hadzhji Dimitar, Sliven (BUL)
05/24/2014 16:41:00
24 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 2)
Full time »

Sweden
1-2
Bulgaria

Referee: Erik Lambrechts (BEL) – Stadium: Beroe, Stara Zagora (BUL)
05/24/2014 19:08:27
26 May 2014
26 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 2)
Full time »

Czech Republic
0-2
Bulgaria

Referee: Erik Lambrechts (BEL) – Stadium: Hadzhji Dimitar, Sliven (BUL)
05/26/2014 18:17:12
26 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 2)
Full time »

Italy
1-3
Sweden

Referee: Tobias Stieler (GER) – Stadium: Beroe, Stara Zagora (BUL)
05/26/2014 18:03:47
29 May 2014
29 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 2)
Full time »

Sweden
3-0
Czech Republic

Referee: Tobias Stieler (GER) – Stadium: Hadzhji Dimitar, Sliven (BUL)
05/29/2014 18:11:07
29 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 2)
Full time »

Bulgaria
1-1
Italy

Referee: Peter Kralović (SVK) – Stadium: Beroe, Stara Zagora (BUL)
05/29/2014 18:04:29
Last updated: 30/05/2014 10:16 CET

Group 3(Host country: Switzerland)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 Israel
3 3 0 0 6 0 6 9
2 Georgia
3 2 0 1 7 2 5 6
3 Switzerland
3 1 0 2 2 3 -1 3
4 Cyprus
3 0 0 3 1 11 -10 0
Last updated: 30/05/2014 22:02 CET
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Pts: Points
Matches
25 May 2014
25 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 3)
Full time »

Israel
4-0
Cyprus

Referee: Jari Järvinen (FIN) – Stadium: Colovray, Nyon (SUI)
05/25/2014 15:04:14
25 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 3)
Full time »

Georgia
2-0
Switzerland

Referee: Danilo Grujić (SRB) – Stadium: Juan-Antonio Samaranch, Lausanne (SUI)
05/25/2014 17:10:40
27 May 2014
27 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 3)
Full time »

Georgia
5-1
Cyprus

Referee: Danilo Grujić (SRB) – Stadium: Juan-Antonio Samaranch, Lausanne (SUI)
05/27/2014 17:31:27
27 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 3)
Full time »

Switzerland
0-1
Israel

Referee: Marius Avram (ROU) – Stadium: Colovray, Nyon (SUI)
05/27/2014 18:59:11
30 May 2014
30 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 3)
Full time »

Israel
1-0
Georgia

Referee: Marius Avram (ROU) – Stadium: Colovray, Nyon (SUI)
30 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 3)
Full time »

Cyprus
0-2
Switzerland

Referee: Jari Järvinen (FIN) – Stadium: Juan-Antonio Samaranch, Lausanne (SUI)
Last updated: 30/05/2014 22:02 CET

Group 4(Host country: Republic of Ireland)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 Serbia
3 2 1 0 10 2 8 7
2 Turkey
3 2 1 0 7 5 2 7
3 Republic of Ireland
3 1 0 2 4 6 -2 3
4 Iceland
3 0 0 3 4 12 -8 0
Last updated: 03/06/2014 08:20 CET
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Pts: Points
Matches
28 May 2014
28 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 4)
Full time »

Serbia
1-1
Turkey

Referee: Benoit Bastien (FRA) – Stadium: Carlisle Grounds, Dublin (IRL)
05/28/2014 16:52:27
28 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 4)
Full time »

Republic of Ireland
2-1
Iceland

Referee: Andris Treimanis (LVA) – Stadium: Tallaght Stadium, Dublin (IRL)
05/28/2014 20:58:33
30 May 2014
30 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 4)
Full time »

Serbia
6-0
Iceland

Referee: Anders Poulsen (DEN) – Stadium: Carlisle Grounds, Dublin (IRL)
05/30/2014 16:59:49
30 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 4)
Full time »

Turkey
2-1
Republic of Ireland

Referee: Andris Treimanis (LVA) – Stadium: Tallaght Stadium, Dublin (IRL)
05/30/2014 21:00:19
2 June 2014
2 June 2014 - Under-19, Elite round (Group 4)
Full time »

Republic of Ireland
1-3
Serbia

Referee: Benoit Bastien (FRA) – Stadium: Tallaght Stadium, Dublin (IRL)
06/02/2014 17:09:35
2 June 2014 - Under-19, Elite round (Group 4)
Full time »

Iceland
3-4
Turkey

Referee: Anders Poulsen (DEN) – Stadium: Belfield Bowl, UCD, Dublin (IRL)
06/02/2014 17:16:40
Last updated: 03/06/2014 08:20 CET

Group 5(Host country: Spain)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 Germany
3 3 0 0 9 1 8 9
2 Spain
3 2 0 1 6 4 2 6
3 Denmark
3 1 0 2 4 8 -4 3
4 Lithuania
3 0 0 3 1 7 -6 0
Last updated: 06/06/2014 13:55 CET
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Pts: Points
Matches
31 May 2014
31 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 5)
Full time »

Germany
2-0
Lithuania

Referee: Andreas Pappas (GRE) – Stadium: Balaídos, Vigo (ESP)
05/31/2014 13:08:29
31 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 5)
Full time »

Spain
3-1
Denmark

Referee: Davide Massa (ITA) – Stadium: Balaídos, Vigo (ESP)
05/31/2014 21:33:05
2 June 2014
2 June 2014 - Under-19, Elite round (Group 5)
Full time »

Denmark
0-4
Germany

Referee: Andreas Pappas (GRE) – Stadium: Balaídos, Vigo (ESP)
06/02/2014 12:59:44
2 June 2014 - Under-19, Elite round (Group 5)
Full time »

Spain
2-0
Lithuania

Referee: Ádám Németh (HUN) – Stadium: Balaídos, Vigo (ESP)
06/02/2014 21:39:19
5 June 2014
5 June 2014 - Under-19, Elite round (Group 5)
Full time »

Germany
3-1
Spain

Referee: Davide Massa (ITA) – Stadium: Balaídos, Vigo (ESP)
06/05/2014 21:31:22
5 June 2014 - Under-19, Elite round (Group 5)
Full time »

Lithuania
1-3
Denmark

Referee: Ádám Németh (HUN) – Stadium: Pasarón, Pontevedra (ESP)
06/05/2014 21:30:06
Last updated: 06/06/2014 13:55 CET

Group 6(Host country: Romania)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 Austria
3 2 1 0 8 1 7 7
2 Russia
3 2 1 0 6 1 5 7
3 Romania
3 1 0 2 4 8 -4 3
4 Norway
3 0 0 3 1 9 -8 0
Last updated: 11/06/2014 10:13 CET
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Pts: Points
Matches
5 June 2014
5 June 2014 - Under-19, Elite round (Group 6)
Full time »

Russia
3-0
Norway

Referee: Eitan Shemeulevitch (ISR) – Stadium: Football Centre FRF, Buftea (ROU)
06/05/2014 18:28:34
5 June 2014 - Under-19, Elite round (Group 6)
Full time »

Austria
5-0
Romania

Referee: Dejan Jakimovksi (MKD) – Stadium: Football Centre FRF, Mogosoaia (ROU)
06/05/2014 21:03:41
7 June 2014
7 June 2014 - Under-19, Elite round (Group 6)
Full time »

Russia
3-1
Romania

Referee: Tomasz Musiał (POL) – Stadium: Football Centre FRF, Mogosoaia (ROU)
06/09/2014 13:11:25
7 June 2014 - Under-19, Elite round (Group 6)
Full time »

Norway
1-3
Austria

Referee: Dejan Jakimovksi (MKD) – Stadium: Football Centre FRF, Buftea (ROU)
06/09/2014 13:12:00
10 June 2014
10 June 2014 - Under-19, Elite round (Group 6)
Full time »

Austria
0-0
Russia

Referee: Eitan Shemeulevitch (ISR) – Stadium: Football Centre FRF, Buftea (ROU)
06/10/2014 19:05:00
10 June 2014 - Under-19, Elite round (Group 6)
Full time »

Romania
3-0
Norway

Referee: Tomasz Musiał (POL) – Stadium: Football Centre FRF, Mogosoaia (ROU)
06/10/2014 19:00:29
Last updated: 11/06/2014 10:14 CET

Group 7(Host country: Portugal)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 Portugal
3 3 0 0 9 4 5 9
2 Wales
3 1 1 1 6 4 2 4
3 Belgium
3 1 1 1 7 6 1 4
4 Greece
3 0 0 3 2 10 -8 0
Last updated: 03/06/2014 08:22 CET
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Pts: Points
Matches
28 May 2014
28 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 7)
Full time »

Belgium
1-1
Wales

Referee: Yaroslav Kozyk (UKR) – Stadium: Póvoa do Varzim Municipal Stadium, Povoa do Varzim (POR)
05/28/2014 17:57:09
28 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 7)
Full time »

Portugal
3-0
Greece

Referee: Alain Bieri (SUI) – Stadium: Cidade de Barcelos, Barcelos (POR)
05/28/2014 21:12:17
30 May 2014
30 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 7)
Full time »

Greece
2-4
Belgium

Referee: Yaroslav Kozyk (UKR) – Stadium: Sports Center CF Fão, Fão (POR)
05/30/2014 18:07:09
30 May 2014 - Under-19, Elite round (Group 7)
Full time »

Portugal
3-2
Wales

Referee: Tihomir Pejin (CRO) – Stadium: Estádio do Mar, Matosinhos (POR)
05/30/2014 19:13:51
2 June 2014
2 June 2014 - Under-19, Elite round (Group 7)
Full time »

Belgium
2-3
Portugal

Referee: Alain Bieri (SUI) – Stadium: Cidade de Barcelos, Barcelos (POR)
06/02/2014 20:07:17
2 June 2014 - Under-19, Elite round (Group 7)
Full time »

Wales
3-0
Greece

Referee: Tihomir Pejin (CRO) – Stadium: Póvoa do Varzim Municipal Stadium, Povoa do Varzim (POR)
06/02/2014 20:09:17
Last updated: 03/06/2014 08:22 CET



2014年06月01日(日) 高校総体大阪予選男子決勝リーグ 金光−阪南大高 桐蔭ー大塚

高校総体はベスト4による決勝リーグを迎えた。大阪の全国枠は2枠。つまりリーグ戦で上位2位以内に入ればよい。阪南大高はプリンスで全勝首位。抜群の組織力に加え必殺のセットプレーや奥平、高橋のカウンターなど武器が多く、今年も全国でも上位の力を持っている。対する金光も大阪上位常連。選手名は聞き取りにくい放送を慌ててメモしたので間違いはあると思います。金光については漢字はほぼ完全に推測。

高校総体大阪予選男子決勝リーグ 
金光大阪高校−阪南大学高校
堺S1 6月1日 11時 ピッチ良芝 晴れ(猛暑)


金光           阪南大高
−ヌキナ−吉田−−新家− −−−高橋−−奥平−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
−荒田−−山田−−眞口− 稲森−川崎−−永田−田中
宮谷−羽田−−中原−奥田 西川−小松◆歸鯏帖歔暗
−−−−−小林−−−−− −−−−−日癲檗檗檗檗


金光大阪 監督:岩松哲也
GK  1 小林隆人  2年 岩田FC
DF  2 宮谷カイト
    3 中原ケンタロウ 
    4 羽田ケント
    5 吉田雅貴  2年 高槻ジーグ
MF  6 山田フウマ
    7 眞口コウタ
    8 荒田成貴  2年 FC平野
   12 奥田カイト
FW 10 新家碧   2年 千里丘FC
   19 ヌキナカイセン

阪南大高 監督:濱田豪
GK  1 日盥平  179/67 3年 大阪狭山SC
DF 11 西川竣也  171/62 3年 セレッソ大阪U−15
    4 前田一樹  169/60 3年 千里丘FC
   18 湯田京志  184/75 3年 大阪東淀川FC
    2 小松拓幹  184/65 2年 AC堺
MF  7 川崎雄一郎 176/70 3年 八尾大正FC
    9 田中凌   170/63 3年 信太中  
    6 永田遼   178/70 3年 セレッソ大阪U−15 
   16 稲森文哉
FW 14 奥平翼   170/65 3年 ガンバ堺
   10 高橋佳   171/64 3年 千里丘FC

キックオフ時は両者3バック。基本4−4−2のチーム同士の対戦なので、策を講じてきたか?という印象。金光は右の奥田が上がった3.5バック気味で3トップ。阪南大高は3−4−3でLB西川が攻撃的な選手なので3バックに見えているだけかと思ったが、どうやら完全に3バックっぽい。田中が右ウイングでエース奥平が中央でフリーマン、高橋が左ウイングの形だ。しかし両者3トップのためか、徐々に4バックに変更。金光は4−3−3、阪南大高はいつもの4−4−2に落ち着いた。両校も私もパニックになり、状況の把握に時間がかかった。金光は新家がフリーマン的に自由に動く。ドリブルでどんどん仕掛けるタイプ。両者混乱の中でチャンスを作れず。しかし金光はけ田を中心によく守り、阪南大高は強力CBコンビの嘉鯏弔前で潰し、⊂松も空中戦に強くカバーもしっかりしていて、金光得意の地上戦を許さない。西川がロングスローと左の高速オーバーラップが武器。19分に給水タイムが入り、ここで一息つく。サッカーの流れを止める形になって給水タイムは好みじゃないけど、ここから両者形を出してくる。阪南大高がペースを握り始め、29分、高橋がゴール前30mで受けてターンして仕掛けるも止められ、攻め直しをファウルされ、左70度40mFK。これを西川が左足で入れてファーで長身CBコンビが折り返しΡ陛帖が蹴りこむ。0−1。高さにアドバンテージのある阪南大高が競り勝ち、完全に空いてた選手が決める。30分、金光新家がドリブルで仕掛けて灰魅ナにパス、切り返しはカットされる。32分、金光新家から灰魅ナ、さらに左利きの┨單弔クロスもカット。33分、阪南大高奥平から左の高橋へ、クロスはカット。34分、阪南大高Ρ陛弔左CKを右足で入れて、GKパンチを再び永田が左クロス、左CKに逃げる。2度目の左CKで別パターンを試みるも、再び左CKに逃げる。これはファーで⊂松が勝つが左に外れる。決定機。結局前半は0−1で終了。

前半のシュート数は0対5、CK数1対3、GK数3対3、オフサイド数1対1、クロス数2対3、ファウル数6対6。明らかに力では阪南大高が上だが、金光もよく抵抗している。なかなか興味深いゲーム。キックオフ時の猫だましフォーメーションは両者全国に行くためのとっておきの秘策だったっぽいが、狙いがお互いに外れ、空回りに終わった。

ハーフタイムで金光5番→9番。FW。阪南大高8番→20番。そのまま左ハーフ。35分ハーフの38分(後半3分)、阪南大高西川のロングスローを20番左クロス、奥平、狭いところをシュート、弱い。39分、阪南大高、ハーフ付近のFK、西川が左足で入れて嘉鯏弔競り勝ち、右に落ちたところを奥平がGKとDFを冷静にみてタイミングを外して流し込む。0−2。完全に崩していたとはいえ、奥平の上手いシュートだった。直後にも金光バックパスに阪南大高高橋が詰めてGKのキックをブロック、こぼれを金光何とかクリア、。42分、金光12番→18番。右サイドに入り、金光、3−5−2に布陣変更。金光は長年観ているが、ずっと4−4−2だった。昔は中盤がダイヤモンド型だったのが、今はフラットに変わっただけだ。しかしこの3バックも秘策だろう。↓の布陣。

金光           
−−ヌキナ−−−九番−−
−−−−−新家−−−−− 
荒田−山田−−眞口−十八 
−−宮谷−羽田−中原−− 
−−−−−小林−−−−− 

この時間帯、金光┨單弔留親偉未肇好圈璽匹目を引くようになっていく。更に金光はいつの間にか11番イン。たぶん灰魅ナと交代。48分、金光11番に警告。ラフ。焦りが伝わってくるファウルだ。金光┨單弔左を高速突破、クロスにファーで9番ボレーも外れる。決定機。52分にも┨單弔高速突破から9番シュートも弱い。阪南大高も奥平のパスを受けた田中が左で切り返し2発で完全にマーカーを外して左クロス、ゆるくファーでクリアされる。65分、金光┨單弔左からスピードでちぎってシュートもセーブされる。68分、金光11番、右クロスがファーに届くがトラップミス。71分、金光11番快速で右を突破するもCKに逃げられる。結局0−2で終了。

後半のシュート数は5(4)対5(3)と互角。金光は後半は守備を引き締めたけ田が素晴らしかった。┨單弔皀好據璽垢ない中、強引にスピードを活かした突破が光った。阪南大高はセットプレー2発の得点だが、総じてゲームをコントロールしていた。奥平は全国レベルのタレントで突破やそこから繰り出すパスはなかなか止められないだろう。高橋もタレント。組織的なプレスから素早く攻め切るスタイルとのマッチングもぴったりだし、組織の中で自分の個性を生かす術も持っている。そして鉄壁のCB陣。今年のチームは昨年以上の力があるように見える。


第2試合は昨年の関西プリンス優勝の大阪桐蔭の登場である。今年はやや苦戦しているがシュート数では全試合相手を上回っており、圧倒している試合も3試合ある。全国でもトップクラスの力を持っているのは間違いない。大塚は昨年の部員数が120人と大所帯でサッカー部の活動が活発なのは明らか。監督の三宅先生は大阪国体選抜監督経験者で有力な指導者。府リーグ2部ではC大阪Bに大勝している。


高校総体大阪予選男子決勝リーグ 
大阪桐蔭高校−大塚高校
堺S1 6月1日 13時 ピッチ良芝 晴れ(猛暑)


大阪桐蔭         大塚
−−−立花−−奥田−−− −−−池田−−竹原−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
神田−坂之上−久保和伊藤?石村成−藤江−川崎−海堀
小川−新上?上加−久保貴 奥野−ゴウ−石村カ−二川
−−−−−石原−−−−− −−−−−高山−−−−−


大阪桐蔭 監督:永野悦次郎
GK  1 石原亮太  168/65 3年 ヴィッセル神戸伊丹U−15
DF  2 小川仁太  170/65 3年 京都サンガFC U−15
   13 新上竜生  
    3 上加世田航也175/66 3年 セレッソ大阪U−15
    6 久保田貴大 165/61 3年 FC豊橋デューミラン
MF  7 神田瑛志郎 165/62 3年 伊賀フットボールクラブ
   17 坂之上倖輝 181/62 3年 奈良YMCA
    8 久保田和音 172/62 3年 FC豊橋デューミラン
   26 伊藤怜惟  
FW 10 奥田陽太  170/65 3年 生駒スポーツクラブ
   11 立花凌   166/60 3年 城南FC

大塚 監督:三宅誠
GK  1 高山
DF 14 二川アツヒロ
   18 奥野コースケ
   17 ゴウダタクミ
    3 石村カイ
MF 16 川崎セイヤ
    8 藤江竜也  3年 明治池中
    7 海堀良祐  3年 FC平野
    6 石村成穀  3年 富田林一中
FW 11 竹原シンヤ 
   10 池田智基  3年 両国FC

立ち上がりすぐ、あまりのパワー差に唖然とする。桐蔭が身体を入れると大塚はどうすることもできず、クサビのボールには前を向かさないことで精いっぱい。決して大柄ではない桐蔭2トップがパワーでも高さでも勝ち、大塚は人数をかけて守るしかない。桐蔭は中盤が浦簀珪紊潰し屋として圧倒し、久保田和が下がったり上がったりとフリーに動きゲームを作る。圧倒的なゲームメイクセンスで支配する。大塚は技術面でも劣勢で、左利きでスピードとこまかいパスのある竹原とシュートに持っていく形のある池田にすべてを託す。ただ決勝リーグ4校では明らかいに大塚の実績が劣るため、ほかの3校とすれば、勝たねばならないプレッシャーはあるだろう。10分、桐蔭┻彿歸掴造左からカットイン、ミドルは正面。13分、┻彿歸掴造離好襦璽僖垢豊Э静弔ら左の立花クロスはカット。決定的。その左CKを上加世田が入れてシュート、こぼれを┻彿歸掴造左クロスをカット。大阪桐蔭は徐々にシュートの雨を降らせるが、何故か枠に飛ばない。20分、奥田がクサビに入りЭ静頂献ロス立花シュートはかろうじてブロック。桐蔭⊂川にはロングスローがある。24分、奥田が裏を取り18mシュートはわずかに上。決定機。25分、Э静張ットインからミドルは左に外れる。決定機。27分、FKを放り込み、高さで勝って┻彿歸掴造右足アウトで合わせるがGK正面。超決定機。28分、奥田が切れ込み┻彿歸掴造ミドルも左に外れる。決定機。29分、右クロスに浦簀珪紊高いヘッドもわずかに上に外れる。決定機結局前半は0−0。

シュート数11(3)対1(1)、GK数1対7、クロス数9(3)対0。全てにおいて桐蔭が圧倒していた。大塚はソリッドな守備で対抗し、FWは激しく追わず、パスコースだけ限定する程度。スタミナも消耗しておらず、面白い展開。桐蔭はとにかくシュートが枠に飛ばなかった。

39分(後半4分)、桐蔭、左CKで上加世田の入れたボールはクリアされ後方に戻されるがそこから左の立花がクロス、┻彿歸掴造ゴール正面でフリーになり、至近距離でヘッド、決まって1−0。直後にも上加世田の放り込みに浦簀珪紊落とし立花シュートも右に外れる。決定機。桐蔭⊂川→瓦左ハーフに入り、Э静弔左サイドバックに下がる。42分、右CKで上加世田のキックに正面で奥田ヘッド、決まって2−0。2点ともマーク外し田時点で決まり。シュート自体は外す方が難しい。12分、大塚が初のCKも逸機。給水タイムを挟んで56分、桐蔭㉖伊藤→㉒がFWに。奥田が右ハーフへ。大塚竹原が素晴らしいターンから左足スルーパスもСに戮クロスをミス。直後に桐蔭が┻彿歸掴造裏を取り右シュートもGKスーパーセーブ。決定機。63分、大塚Α↓→ぁ↓。69分、大塚唖。70分、桐蔭、上加世田が裏へのパス、立花1対1をループで決めて勝負あり。というか、大塚が2点を返せる可能性はすでになかった。71分、桐蔭、㉔。GKの交代。しかし72分、大塚40mのロングシュートをGK弾き、詰めた池田が蹴りこむ。GK痛恨のキャッチミス。結局桐蔭が3−1で勝ち、全国への可能性を広げた。

後半のシュート数は11(5)対2(2)。大塚のシュート2本とはロスタイムの可能性がないはずのロングとそれに詰めたシュートのことで、まったくのワンサイドだった。

桐蔭はやはり全国でもトップクラスの力があると思う。しかし決定力がなかった。このあたりがプリンスで苦戦している原因かもしれない。3点とも決めて当たり前の超決定機を決めただけで、まだまだ得点できたはず。この甘さが互角の相手とのきわどい勝負でどう出るか?

大塚は人数は揃っていたのに失点シーンではマークを見失った。とにかく残り2試合、この内容を続けていくことだ。


 < 過去  INDEX  未来 >


T.K. [MAIL]