サッカー観戦日記

2013年06月30日(日) プリンス関西 和北−綾羽 練習試合 U−16女子代表−C大阪U−15

この日この会場を選んだのはなんといっても和北を観るためである。全国高校総体出場校の関西勢の中で唯一最近見ておらず、春先に見た2試合は不出来だった。和歌山を制したのだからチーム状態は向上しているのだろうという期待を込めて訪ねた。それに綾羽という実力校との対戦でもあり、全国レベルで戦えるか、試金石になりそうだから。


プリンスリーグ関西2部
和歌山北高校−綾羽高校
11時 堺S2 良芝 晴れ

和北           綾羽
−−−三橋−−新居−−− −−−−−岩井◆檗檗檗
福島−−−−−−−−田畑 北川−奥村◆歟單牒奥井
−−−宮田−−玉井−−− −−−−−高野−−−−−
中山−−笹−−高出−坂本 川島?新井◆殍抂罅殃薪
−−−−−榎本−−−−− −−−−−三谷−−−−−


和歌山北 監督:中村大吾
GK  1 榎本勝仁  181/69 3年 三佐木アルマボーラ
DF  2 中山航   171/64 3年 紀之川中       
    3 笹文哉   171/60 3年 紀之川中
    5 高出天晴  165/51 3年 HLPデポルターレ
    8 坂本涼佳  175/62 3年 和歌山VIVO
MF  9 宮田廉   172/66 3年 明和中
   13 玉井大輝  171/60 3年 明和中
    4 田畑康平  182/67 3年 HLPデポルターレ
    7 新居典樹  167/60 3年 西脇中
   11 福島陸   170/57 3年 高積中
FW 16 三橋遼輔  179/70 3年 城東中


綾羽 監督:岸本幸二
GK 21 三谷盛心  158/53 3年 SAGAWA SHIGA FC U−15
DF 20 川島汰一
    5 新井風雅  174/63 2年 甲南中
    2 堀井翔太  174/62 3年 MIO BIWAKO SHIGA U−15
   13 平田聖弥   
MF  9 高野大輝  167/55 3年 MIO BIWAKO SHIGA U−15
   14 奥井良樹  167/57 3年 FC湖東
    6 池田彰太  174/58 2年 FOSTA FC
    8 奥村南斗  166/56 2年 MIO BIWAKO SHIGA U−15
   24 北川純希  175/60 3年 MIO BIWAKO SHIGA U−   15
FW  7 岩井健   170/65 2年 京都サンガFC U15

もともとサイド攻撃が特徴の綾羽だが、春先までと布陣変更。4−1−4−1にして徹底的にサイドを狙ってくる。まるで東福岡だ。7分、和北福島の左パスを飴斡競轡紂璽箸皹Δ乏阿譴襦7萃蟲 0襲はLB川島、LH北川、ボランチ奥村がレフティーでよく回る。14分、汗酖腓ら┗村へ、ワンタッチで中へ、Ш0罎蹴りこみ0−1。直後にも24北川ミドルも右に外れる。決定機。奥村は右コーナーを左足で担当。18分、高野のスルーパスに裏をとった奥井が右クロス、Ш0罎流し込む。0−2。ここまで見る限り和北は春先と変わっていない。それどころか綾羽のサイド攻撃に手も足も出ない。高野をフリーにして展開を許し、サイドの連携で崩され、攻撃面でも1対1には強いが、すぐに囲まれる。つまりチームはバラバラ。高校総体に向けて、1度チームをスクラップしている状態なのだろうか?20分、奥井が切れ込み24北川がドフリーで決定的なクロスもカット。21分、綾羽、奥井が右クロス、Ш0罎GK外しシュートもブロック。決定機。23分。綾羽┗村のスルーパスに奥井が右足シュート、決まって0−3。ここで給水タイム。わずか23分で綾羽はクロス11本の猛攻。和北は全くいいところがない。春先には高いと思った個人能力もチームとして全く活かせず。キーパーの反応とごつくて意外にテクニックのある右の田畑、左のエース格の福島の個人技は光るが、最後は止められている。33分、綾羽24北川の左クロスを奥井折り返しШ0罐轡紂璽箸癸韮縫后璽僉璽察璽屬巴討、右ポストへ。決定機。37分、和北、左CKで福島のキックが中にこぼれるがオフサイド。39分、和北飴斡兇離辧璽襪罵遒箸靴織棔璽襪鬮福島シュートもブロック。決定機。結局前半は0−3で終了。

シュート数3対8、注目のクロス数は3対17。いかに綾羽がサイド攻略していたか分かる。綾羽は滋賀大会の本命と予想していた(野洲に0−1で敗退)。しかしこれだけの強さを見せられると、冬も本命視したくなる。私が見るときの野洲などがたまたま不出来なだけかもしれないが。

ハーフタイムで綾羽Ш0罌慨箘罅そのまま1トップ。47分、和北宮田に警告。ラフ。49分、和北福島が強引に左を突破、シュートは左に外れる。決定機。やはりいい選手だ。50分、和北福島のパスを受けた飴斡兇ループシュート、決まって1−3。51分、綾羽奥井が左突破方クロス、GKキャッチ。52分、和北Э卦錣右CKを右足で入れて中にこぼれるがブロック。55分、綾羽平田→ぞ野山。RB。60分、和北、左FKでЭ卦錣入れて宮田の前にこぼれるが切り返したところをシュートブロック。62分、綾羽慨箘罎坊拗陝ラフ。この辺り和北ペース。綾羽睫擒山本。63分、綾羽カウンター、慨箘罎ら┗村へ、ドフリー、落ち着いて右シュート、決まって1−4。69分、慨箘罎離櫂好肇廛譟爾ら山本がシュート、決まって1−5。73分、和北玉井→西浦。福島→各遏76分、綾羽、右FK山本の左FKがファーへ、誰も触らずゴールイン。1−6。76分。24北川→碓羮紂77分、綾羽左クロスを碓羮紊ヘッドで落とし┗村が押し込む。1−7。78分、和北笹に警告。バックチャージ。左45度30mFKを┗村が左足で入れ、こぼれを慨箘羯ち込むがカット。意外に馬力がある。81分、綾羽山本30mミドル、左隅に決まって1−8。和北づ槌→22宮本。83分、和北飴斡侠25中尾。84分、綾羽、右FKに山本がライナー性のボールをいれ、高野スライディングシュートもわずかに届かず。決定機。87分、綾羽∨抂罌25前田。89分、綾羽、左クロスに慨箘罅決定的シュートも右に外れる。90分、各遒坊拗陝ラフ。結局1−8で終了。

後半シュート数は6対10、クロス数は3対13。和北のいいところも観れたが、総じて綾羽のほうが数段上だった。和北はキーパー榎本は上のレベルでもやれる逸材だと思う。もっとも基本的なシュートストップの才能が凄かった。声は出てなかったように思うが、今後の成長に期待。守備陣を思い通りに操るのもキーパーとして重要な能力だが、意識改革次第でなんとかなる。福島もタレント。今のところ本能でサッカーをやっているといういか、突破力など技術に偏りが見られる。パスやシュートの意識が低そう。昨年の田口のように別格の突破力があればそれでもいいのだが、そうでないなら相手の意識を散らすよう、選択肢は多い方がいいと思う。田端はDF登録だが、体格の割りにキレがあり、身体を活かした突破を見せていた。

綾羽は強いです。確実に全国レベルです。というより全国に出ていないのがおかしいレベル。守備の甘さもないし、ここまで戦えるなら冬も楽しみ。キーマンは高野ですね。守備でバランスをとって攻撃ではピルロ役。北川の突破もよかった。というかこのゲームでは全員よかった。CBの高さ不足は気になるが、そもそも押し込まれないし、サイドからクロスを上げさせなかった。今年の滋賀は新人戦から強い高校が目白押しだけど、綾羽が一枚上だと思いますよ。

公式記録




練習試合
U−16女子日本代表−セレッソ大阪U−15
15時30分 堺S4 良芝 晴れ



−−−−−六番−−−−− −−−−−−−−−−−−
四番−−−十一−−−四番 −−−−−−−−−−−−
−−−九番−−二番−−− −−−−−−−−−−−−
七番−五番−−三番−八番 −−−−−−−−−−−−
−−−−−無し−−−−− −−−−−−−−−−−−

試合は30分×3。試合展開には触れず、個々の選手評を。ビブスつけただけで、しかも同じ背番号まである。GKはスタンボー、11番はリカコと呼ばれていたので小林、3番はナナと呼ばれていたので市瀬。プレースタイルから2番は杉田と思われる。6番は小さいが動き回りトラップが柔らかい。おそらくゼロトップを意図した起用と思われる。11番は圧倒的なスピードと左足のパスがある。惜しいシュートも一本放った。バー直撃。テクニックや展開力もあり、このチームのエース。GKスタンボーは凄まじい身体能力と安定感を兼ね備えている。3番は裏がよく見えていてカバーが素晴らしい。8番はパワフルで積極的に身体をぶつけていく。守備力は計算できる。5番はインターセプト狙いが多い。フィジカルもいい。9番はしつこい守備が売り。2番はミドルパスやスルーパスがよく、自らも持ち込めるがプレーがやや軽い。両サイドの4番は自分で突破したがる選手。しかし押し込まれていることもあってSBの上がりを活かせなかった。7番も守備はしっかりしている。あと全体にコーチングが足りない。DF陣の守備力は高いが、攻撃面で小林と杉田頼みの感がありました。

2本目もスタメン同じ。途中から大幅入れ替え。3本目を示す。

−−−−−五番−−−−− −−−−−−−−−−−−
六番−−−四番−−−三番 −−−−−−−−−−−−
−−−二番−−十一−−− −−−−−−−−−−−−
十番−二番−−七番−九番 −−−−−−−−−−−−
−−−−−無し−−−−− −−−−−−−−−−−−

9番は裏を何度も取られる。7番もそう。ただ7番は強いです。CBの2番のナイスカバーは光ったが、裏に弱いバックラインだと思いました。4番は快速のシャドーストライカー。しかし小林ほどではないな。GKはこちらも身体能力が高い。10番もミスが多い。ボランチの2番はキッ気力が足りず、ミドルシュートもミドルパスもスピード不足。3番、6番、9番は長い髪を後ろで結んでいる。5番は孤立気味。3番も6番も単独突破は出来なかった。

一本目と比べて差を感じましたね。個々の能力差。一本目はアジアなら勝てるだろうし、世界でもやれると思わせたが、層が薄くては、例えば、小林が怪我すれば、たちどころにピンチになるのでは?と思いました。小林は岩淵を超える逸材だと思うが。

最終スコアは0−5でした。


【スターティングメンバー】
GK スタンボー華
DF 宮川麻都、南萌華、市瀬菜々、松原志歩
MF 西田明華、平田舞、三浦成美、杉田妃和、鴨川実歩
FW 小林里歌子

【46分からのメンバー】
GK 石野妃芽佳
DF 宮川麻都、南萌華、中條結衣、松原志歩
MF 杉田妃和、西田明華、市瀬菜々、東原彩帆
FW 入口菜之花、鴨川実歩
  
【交代】
48分 南萌華→樫原まゆ
61分 杉田妃和→立花葉
61分 松原志歩→今井裕里奈
61分 市瀬菜々→長野風花
61分 鴨川実歩→植田悠莉子



2013年06月24日(月) 近畿大会男女決勝 日ノ本−大商 洛北−金光

近畿大会女子準決勝
日ノ本学園高校−大商学園高校
11時 神戸ユニバー 良芝 曇り


日ノ本          大商
−−−−−矢沢◆檗檗檗檗 檗檗飮嚇牒 歸鎮罅檗檗
−中井−−入江−−林−− −−−−−−−−−−−−
−−−小島−−矢沢−−− 小林−藤根 鬱氾帖欒斉皚
松本−國武◆蘖座−川井 谷村∋葦梱◆歉掌供盜眦
−−−−−木付◆檗檗檗檗 檗檗檗檗欅詑辞◆檗檗檗


日ノ本 監督:田邊友恵 前登録は全員記載なし 
日ノ本は当然全員経験者なのでミスと思われる
GK  1 木付優衣  164/59 2年
DF  3 川井保菜美 159/51 3年
    2 羽座妃粋  167/55 3年・主将
   16 國武愛美  160/57 2年
    4 松本ちひろ 158/55 3年
MF  8 小島和希子 160/56 3年
    6 矢沢未稀  157/52 3年
    7 林咲希   155/50 3年
   10 入江未希  153/47 3年
    9 中井仁美  161/50 3年
FW 19 八坂芽依  156/47 2年

大商 監督:岡久奨
GK  1 安村茂慧  172/59 2年 前所属なし
DF  2 高田真帆  155/46 3年 ディアブロッサ高田FC
   10 松原有沙  167/62 3年 RFC
   11 三浦桃   164/50 2年 名古屋FCレディース
    5 谷村佳世  158/50 2年 INAC神戸U−18
MF  4 垣内愛菜  163/57 2年 三木FCドリームス
    8 吉田紫穂  162/54 3年 ディアブロッサ高田FC
   15 藤根有彩  157/50 1年 名古屋FCレディース
    7 小林瑞紀  167/58 3年 アギラスFC
FW  9 田中江梨奈 167/57 3年 ヴィスポ狭山
   14 山田仁衣奈 162/47 1年 名古屋FCレディース

立ち上がり、鋭く確実なパス回しで日ノ本が支配する。ここのとこ日ノ本は運動量豊富で根性で頑張るチームから、強いパスを多用したパスで支配するサッカーへの変化を考えて
いるイメージがある。対する大商はCB陣が安定し、確実にパスの起点にもなれて、蹴ることもない。両者持ったら確実なパス回しで、しかも中盤からの守備力も高く、潰しあいになる。しかし10分、日ノ本入江が抜け出し1対1、ミドルを左上に決めて先制。1−0。入江は特別な才能を持つ選手。トラップからドリブルへの入りが素早く、加速力もある。20分、川井のアーリークロスを中井がロングループ、外れる。決定機。21分には万屋に変わってこの日起用されたぞ硝椶クロス、拡坂の上に外れる。この拡坂は守備力もある。25分、大商Ь林→崖田千夏。藤根とドイスボランチ。┻氾弔左ハーフ。31分、中井が左突破も大商松原がカット。この時間帯、大商がずっと守備。32分、拡坂が右を抜け、シュートはサイドネット。33分、大商藤根に警告。惟武の突破を倒した。40mFKで┥島のシュートはセーブされるも、こぼれを林がシュート、決まって2−0。しかし35+1分、右80度20mFK、松原が壁を越えて左隅に決めるビューティフルFKを決めて2−1。結局前半は2−1で終了。

前半シュート数は8(5)対3(2)、圧倒的に日ノ本ペースだった。力の差も感じた。それだけに大商の1点は大きい。大商は10番がCBのことが多いが、チームで一番上手い選手をCBにして守備を固める意図でもあるのだろうか?2失点したけどCBは固かったです。

ハーフタイムで日ノ本μ霏槇吉田凪沙。後半も日ノ本が押す。しかし大商も耐えて前半と同じ潰しあい。14分、日ノ本中井→23(プログラムに記載なし)。場内放送では池尻。15分、大商こ斉癶K榲聴照。19分、、日ノ本拡坂→運校概徃。拡坂はいい選手ですね。大きくないけど自由に動いて味方を活かすことに長けている。23分、裏を取った運校海フリー、シュートもGKキャッチ。決定機。大商はアバウトな放り込みが全部日ノ本羽座にカットされる。前に強い選手。25分、日ノ本サイドチェンジ23池尻の左クロスを┥島がシュート、左ポスト直撃。決定機。29分、日ノ本林→21小松優希。30分、運校海離好襦璽僖垢鬮入江左シュート、右にこぼれドフリーを21小松外す。超決定機。33分、大商K榲帳22山田明莉。35+3分、スルーパスに前線に上がっていた松原が切り返し左隅に決める。2−2。結局2−2で終了、延長へ。

後半シュート数7対2、クロス数0対5。相変わらず日ノ本ペースもわずかなチャンスを大商が決めた。

延長は省略。互角でした。スコアレスでPK戦へ。なお日ノ本はGKをPK戦用の潅喊凪沙に交代。

大商松原、成功。右上隅。
日ノ本羽座、成功。逆を突いて左上。
大商┻氾帖∪功。左に。GK動かず。
日ノ本┥島、成功。逆を突いて右に決める。
大商三浦、成功左足でギリギリ右に。
日ノ本川井成功。右隅。
大商崖田、失敗。大きく外す。専用GK動かず。
日ノ本23池尻失敗。左足で左隅狙うもセーブされる。
大商田中失敗。左を狙うもセーブされる。
日ノ本、誰か(判別できず)大きく右に外す。

ここからサドンデス。
大商藤根成功。右上。
日ノ本、誰か(判別できず)、失敗。上に外す。

結局4−3で大商が勝利。優勝した。

力は日ノ本が上だった。今年も全国では優勝候補でしょう。しかし2試合連続PK勝ちで優勝できるほど甘くはなかった。潅喊は活躍したが。大商は2点取ったが、攻撃陣が弱いと思いました。



第2試合は30分遅れてキックオフ。洛北は高校総体出場を決めているが、真剣に今大会を戦っている。金光は予選敗退が決まっているので、無論真剣勝負だ。


近畿大会男子準決勝
洛北高校−金光大阪高校
13時30分 神戸ユニバー 良芝 曇り

洛北           金光
−−中大路−−水谷−−− −−−山田−−貴名−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
榎本−須原◆欅貌−弘田 新家⊆蘚帖檗氓淡∪吸
高野−小野◆歇穃咫欹罅檗‖膂罅殘畋次檗蘖田−出水
−−−−−山本−−−−− −−−−−岩田−−−−−

洛北 監督:山岡宏志
GK  1 山本和哉  176/65 3年 京都JマルカFC
DF  2 高野直人  177/68 3年 ASラランジャ京都
    3 若林悟   181/71 3年 太秦中
    4 小野吉充  175/65 2年 京都JマルカFC
    5 堺俊樹   172/64 3年 勧修中
MF  6 須原洋生  171/59 2年 FC長岡京
    7 伊藤寛生  170/64 3年 宇治FC
    8 弘田恭一  163/56 3年 宇治FC
    9 榎本裕   178/65 3年 葵FC
FW 10 中大路健  169/62 3年 比叡蹴球団
   11 水谷勇貴  170/56 3年 醍醐FC

金光
GK  1 岩田静也  179/76 3年 セレッソ大阪
DF  2 出水洸輝  173/66 3年 千里丘FC
    3 木村龍一朗 181/76 3年 城南中
    4 羽田昇平  177/79 3年 千里丘FC
   22 大井拓己  175/68 3年 東淀川FC
MF  5 新家碧   161/59 2年 千里丘FC
    7 正條光鉱  178/70 3年 千里丘FC
   10 守田英正  176/67 3年 高槻9中
   14 眞口幸太  163/57 2年 ガンバ大阪
FW  8 貴名航世  172/68 3年 ガンバ大阪
   11 山田一喜  173/70 3年 セレッソ大阪

金光は2トップが速くて運動量があり、競り合いにも強い。負けてもいい位置にこぼれるので、2列目が拾う可能性が高くなる。特に山田は早くて納まる。貴名はレフティーでセットプレーも担当。守田は高い技術と視野の広さで左右に振り分け、こぼれ球の回収も守備センスも高い。L畋爾篭イ蟾腓い剖く左足フィードもいいCB。この選手のフィードがFWに合うと面白い。対する洛北は昨日の疲れか運動量が足りず、サイドを攻略できない。若林を中心としたバックラインも跳ね返せず、大苦戦である。中大路はスピード豊かで決定力もあり、ハートも持ち合わせる才能の持ち主で、大学でも即Aチームでやれる逸材だが、下がってプレーせざるを得ない。
9分、洛北榎本左クロスを水谷の前でDFカットもあわやオウンゴール。洛北О貌はキックが正確で巧みなトラップからパスを振り分ける。セットプレーも担当。しかし金光の守田ほど目立てない。16分、洛北О貌の右CKが中にこぼれるがオフサイド。17分、金光┻名が落としタ群蛤献ロスを山田が左寄りフリーで左足シュート、決まって0−1。直後にもタ群箸虜献ロスをЮ吸蠅身体でブロック、L畋璽轡紂璽箸盥腓錣此22分、金光┻名のスルーパスに眞口が抜け出すもオフサイド。洛北インサイドがプレッシャーをかけきれず、金光インサイドにボールを出され放題。35分金光、山田とЮ吸蠅離錺鵐帖爾猫山田が左シュート、バー直撃。決定機。結局前半は0−1で終了。

前半シュート数2(1)対4(2)、CK数1対2、GK数0対3、クロス数4(2)対1、ファウル数4対3。運動量勝負のこの両チーム。金光が上回っているので押しに押している。

後半開始。38分、洛北水谷、右から突破、シュートは上に外れる。決定機。40分、О貌が得意のサイドチェンジ、ズ罎フリーでシュートもGK触る。決定機。44分、セットプレーの攻めなおし、左クロスに若林蹴りこむ。1−1。48分、洛北、カウンター、水谷、右の中大路へ、左で打つと見せかけて切り返し右足シュート左上に外れる。決定機。ワンタッチあって左CKに。このコーナーはファーで折り返すも誰もおらず。
49分、金光、左クロスでЮ吸螢轡紂璽箸皹Ε櫂好板招癲7萃蟲 8緘廠始からずっと洛北が押していたが、このプレーで流れが変わった。そして52分、左CKでファーで⊇仗絅悒奪鼻△海椶譴鬮け田シュート、決まって1−2。給水タイムをはさみ、54分、洛北、高野の左クロスを┨暗張悒奪鼻右に外れる。決定機。失点直後に給水タイムが入ったことで、洛北が上手く切り換えている。57分、金光眞口→監眄真治。ナイセンと読む。57分、金光、右パスに中央で寄ってきたЮ吸螢瀬ぅ譽トで右上隅にシュート、決まって1−3。60分、金光22大井→荒田成貴。62分、洛北ズ罅↓須原→25粟津(プログラムに記載なし)、金井雄哉。64分、金光タ群箱石丸沸也。65分、金光若林→澗臉鄙鎔賚此68分、金光山田、⊇仗紜戒皺錬、池田礼一。70分、榎本→夏8驚(トオル)。ロスタイムには金光ヾ篥帳21池田幸多朗。結局1−3で終了。金光が優勝した。

後半シュート数6(4)対5(3)、GK数1対8、クロス数5(2)対6(4)、ファウル数5対2。洛北の時間帯もあったが、決められなかったのが痛かった。とはいえトータルで金光が上回っていたのも確か。結局この試合での運動量に優った金光が勝利した。



2013年06月23日(日) 近畿大会 女子準決勝 日ノ本−精華 男子準決勝 野洲−洛北

関西で高校女子サッカーを強化しているのは大阪の数校と日ノ本、精華女子のみ。以前京都では聖母学院が頭ひとつ抜けていた感じはあったが、トップレベルではなかった。高校総体は1府県1代表。つまり大阪勢も1校しか出られない。そして全国高校総体の関西枠は2校。したがって近畿大会準決勝が一番重要な代表決定戦になる。精華・大商・日ノ本の争いだから運が大きく左右する。今回運が微笑んだのは大商で他の2強と当たらず決勝に進出した。準決勝のスコアは20−0。そのことは予想できたし、最初から勝負が決まっているゲームよりも激戦の予想される日ノ本−精華を観る。日ノ本LB万屋はU−19代表だが、この試合のため出場。試合後キャンプに戻る。ヴィトーリア出身なので当然中学時代から観ている。左足の精度が異常に高い。中に切れ込む力もあって守備もいい。昨年も準決勝で対戦、日ノ本が圧勝した。しかし冬の高校女子選手権では両者ともベスト4以上。強化に力を入れている高校の少ない関西だが、昨年の高校総体全国制覇の日ノ本はもちろん、全国初出場の精華も全国でも屈指のレベルに達していることを証明した。日ノ本は昨年は登録上男性監督だったが、ベンチで指示していたのは女性だった。それが今年は女性監督になっている。まあ時代の流れでしょうな。世界的には女子代表は女性監督が多い。今後は女子サッカー部は女性監督という流れが加速すると思う。


近畿大会女子準決勝
日ノ本学園高校−京都精華女子高校
12時 三木防災第2陸  良芝 曇り


日ノ本          精華
−−−−−八坂◆檗檗檗檗 檗檗檗檗歟羮将◆檗檗檗
−鈴木◆歹江−−中井− −金塚 歉島−−大八木
−−−小島−−矢沢−−− −−−園田◆殀次檗檗檗
万屋國武◆蘖座−川井 加島−前澤◆歟口⊂路
−−−−−木村◆檗檗檗檗 檗檗檗檗盜睫遶◆檗檗檗


日ノ本 監督:田邊友恵 前登録は全員記載なし 
日ノ本は当然全員経験者なのでミスと思われる
GK  1 木村優衣  164/59 2年
DF  3 川井保菜美 159/51 3年
    2 羽座妃粋  167/55 3年・主将
   16 國武愛美  160/57 2年
    5 万屋美穂  159/52 2年 ヴィトーリア
MF  9 中井仁美  161/50 3年
    8 小島和希子 160/56 3年
    6 矢沢未稀  157/52 3年
   14 鈴木綾華  156/54 2年
   10 入江未希  153/47 3年
FW 19 八坂芽依  156/47 2年

精華 監督:越智健一郎 前登録記載なしは京都精華女子中
GK 12 高野有希  166/60 2年 
DF 16 小路葉都紀 150/44 1年
    9 谷口木乃実 166/57 2年
    6 前澤彩香  155/47 2年
   22 加島優女  163/48 3年・主将
MF 10 園田瑞貴  163/49 2年
   14 伴自然   156/50 3年
   20 大八木優奈 152/51 3年 瀬田北中
   15 小島奈々  156/50 3年 バニーズ京都SC
    7 金塚咲恵  158/49 1年 
FW  8 中松瑞貴  155/45 2年

立ち上がり、精華が細かくつなぐ。しかし日ノ本も猛烈なプレスで、サイドチェンジする余裕を与えない。裏も警戒して精華のサッカーがどんどん小さくなっていく。また体重差そのままにパワーに差があって、日ノ本はガッチリ身体を入れてキープし、奪われない。おそらく精華はフィジカルトレーニングをほとんどしておらず、日ノ本はかなり時間を割いている。矢沢と小島のボランチコンビのキープ力は強烈。そしてカウンターから入江のドリブルを生かす。6分、日ノ本川井の右クロスを中井シュートもバーを叩く。決定機。8分、日ノ本カウンターから中井が抜け出し、浮かせて決める。1−0。日ノ本は鈴木が左足でいいクロスを上げる。サイド攻撃が今年も強烈。また精華は繋げるものの、突破は出来ない。これは日ノ本の集散の速さにも因る。常にカバーがおり、ショートパスにきっちりついていき、大きな展開も出来ないから1対1の状況を作れない。守備のいい日ノ本が先制することで、日ノ本の守備が冴えてくる。精華は攻めあぐねている間に、20分、日ノ本中井の右クロスを入江が飛び込むが当たりそこね。決定機。入江は万屋に次ぐくらいの相当レベルの高い選手だと思う。なんか日ノ本の攻撃の全てを託されている感じがする。21分、日ノ本鈴木の落としをニ屋左クロス、ピンポイントで拡坂へ、しかしスライディングシュートは届かず。このクロスは超高校級でしたね。22分にはニ屋は左を高速突破からマイナスのクロス、中でカット。精華のRB小路も相当いい選手だが、身体を入れられたら厳しい。奪えないことを前提に、決して外されない守備で併走するしかないと思う。33分、日ノ本、拡坂へのパスを落とし、入江が左シュートもサイドネット。決定機。結局前半は1−0で終了。

シュート数7(3)対2(2)、GK数は1対5、クロス数5(2)対1(1)、ファウル数4対3。日ノ本が押していたのは事実だが、精華も想定内だろう。両者妥協点上でノプレーというか。むしろ飛ばし気味の日ノ本が前半で勝負をつけられなかったのが痛い。

後半開始。37分(後半2分)、精華、右CKゲット。これを伴から谷口ヘッドで決める。1−1。単純の高さのキック精度なら精華も勝負できる。直後に日ノ本も左CKが合ったが川井の前でカット。43分、左80度35mFK、ニ屋入れるが┥島の前でカット。46分、日ノ本鈴木→23(プログラムに記載なし)、FWに入り、拡坂が左ハーフに。48分、日ノ本ニ屋が突っ込み左シュート、正面。49分、精華、ペナ左FK園田が左足で入れるが合わず。52分、精華GKがクリアミス、日ノ本μ霏瑤狙うがGKキャッチ。日ノ本、左CKで┥島が右足で入れたがファーで惟武のシュートをクリア。日ノ本拡坂→林咲希。髪長い。いつの間にか精華山邑佳奈子が右ハーフに。24分、精華澗臠木→セ害式ξぁFWに。この時間帯、精華が体力負けしている。コンタクトプレーに加え、精華だけ2試合目で、昨日よりもはるかに運動量も多い。日ノ本のダッシュについていけなくなってきた。園田も足を攣っている。65分、日ノ本入江が右スペースへ突っ込みドフリーで右クロス、中でカット。決定的なクロスだった。ロス2分、日ノ本、GK〔畋滋潅喊凪沙。明らかにPK戦用のキーパー。結局1−1で終了。全国行きはPK戦で決めることになった。

日ノ本羽座、成功。左へ。
精華園田、失敗。バー。右足だった。
日ノ本入江、失敗。バー。
精華22加島、成功。右上。
日ノ本┥島成功。逆を突いて右上へ。
精華伴、失敗。セーブ。弱いキックだった。
日ノ本μ霏堯∪功。左上。
精華Ф眥諭∪功。右。
日ノ本中井、失敗。上に外す。
精華谷口、成功。右上。

ここからサドンデス。

日ノ本ニ屋、成功。左隅へ。かなりレベルの高いPK。
精華α胃掘∪功。右隅。
日ノ本林、成功。GK動かず。
精華セ害識Δ乏阿后

結局PK戦で5−4で日ノ本が勝って全国へ。

日ノ本の方が一枚上だったが、昨年と比べると差が大幅に縮まっていた。パワーや走力では日ノ本が上だったが、技術・戦術では精華が上だった。身体能力も標準以上にあり、1対1で簡単に抜かれない守備力もあった。日ノ本は前日に試合がなかったので、プレスを掛け続けられたが、立場が逆だったらサイドチェンジも許さないだけのプレスを掛け続けられただろうか?紙一重の違いが勝負を分けた(引き分けだけに)と思う。園田・伴・小島のインサイドは強力だったし、谷口の強さや小路の粘り強さ、金塚の技術も光った。冬が楽しみ。

日ノ本は羽座の守備力や万屋の安定感は見事。万屋は攻守にわたって左サイドを支配していましたね。入江を止められるチームは全国にそうはないでしょう。普通に優勝候補だと思いますよ。羽座は上でもやれる選手だ。入江はパスやゴールセンスがよく分からなかった。ドリブル以外の武器も欲しい。




近畿大会準決勝、一方のカードはともに全国行きを決めた高校同士の対戦となった。野洲はマイナーチェンジを続け、今大会のメンバーもかなり違うが好調である。2バック気味だった最終ラインもサイドバックが下がり目になり、ほぼ通常の4バックと自重気味になった。対する洛北はサイド攻撃に定評があり、相性がよさそうである。遅攻の野洲に速攻の洛北。洛北優位と見るが、さて……?


近畿大会男子準決勝
野洲高校−洛北高校
14時30分 三木防災陸  良芝 曇り


野洲           洛北
−二三−−田畑◆欷点遏檗 檗檗歐綯−−中大路−−
−−−−林 欅妥牒 檗檗 檗檗檗檗檗檗檗檗檗檗檗
−−−−−平石◆檗檗檗檗 ̄殍棔歐楔境◆欅貌−弘田
濱田)楸拭檗歉硝椨⊇銃鵝高野−小野◆歇穃咫欹罅
−−−−−小倉−−−−− −−−−−山本−−−−−

野洲 監督:山本佳司
GK  1 小倉将司  173/76 2年 千里丘FC
DF 12 プログラムに記載なし
   21 松本天人  179/79 2年 サザンウェイブ泉州FC
    5 本郷隆洋  169/68 3年 甲賀中
   16 濱田一希  161/50 1年 福生一中
MF  6 平石健右  178/62 2年 セゾンFC
   13 安田一輝  171/62 1年 セゾンFC
   24 林雄飛   168/52 1年 セゾンFC
FW 11 古川和也  184/73 3年 セゾンFC
   22 田畑翔伍  173/58 2年 セゾンFC
   23 プログラムに記載なし

洛北 監督:山岡宏志
GK  1 山本和哉  176/65 3年 京都JマルカFC
DF  5 堺俊樹   172/64 3年 勧修中
    3 若林悟   181/71 3年 太秦中
    4 小野吉充  175/65 2年 京都JマルカFC
    2 高野直人  177/68 3年 ASラランジャ京都
MF  8 弘田恭一  163/56 3年 宇治FC
    7 伊藤寛生  170/64 3年 宇治FC
    6 須原洋生  171/59 2年 FC長岡京
    9 榎本裕   178/65 3年 葵FC
FW 10 中大路健  169/62 3年 比叡蹴球団
   11 水谷勇貴  170/56 3年 醍醐FC

4分、野洲12番に警告。10分、正面25mFK、О貌(右足)と中大路(左足)が構え、中大路がスルーして伊藤がシュートも正面。決定機?13分、洛北高野ロングスローを中で落としDFクリア、左CKに。伊藤がキック。14分、ズ罎留Εロスを水谷ダイビングヘッド、GKセーブ。超決定機。これも高野が左ロングスローで攻め直し。15分、洛北高野の左クロスを┨暗張椒譟次当たりが甘かった。決定機。16分、洛北榎本のカットから左シュート、前が全開だったが上に外す。決定機。17分、О貌が切れ込みシュート、GK弾いてサイドネット。決定機。野洲は中盤で次々カットされ、前線に入っても、戻った洛北MF陣に後方からつつかれ、まるでいいところがない。洛北のエース中大路は引いて受けて守備にも奮闘し、昨年までの前線に張って裏に飛び出すプレーは少ない。がんばる姿勢が前面に出ている。野洲は長身古川を右サイドに置いて起点を作りたいのだろうが、洛北高野に完全に封じられている。田畑も洛北CB人の前に沈黙。つまり攻守に圧倒されている。まるで勝算が見えない25分、洛北、左CKを┨暗帖、須原?がヘッド、決まって0−1。28分、洛北О貌の左CKを若林ドンピシャヘッド、左に外す。決定機。直後にも須原のスルーパスに中大路がいい体の姿勢で受けて左足シュート、左ポスト。超決定機。前半0−1。

前半はシュート数1(1)対10(5)、CK数0対6、GK数5対2、クロス数0対8(3)、ファウル数4対5。全ての数字が洛北ペースを示しているし、多分このまま点差が広がる一方なんだろうなと確信していたが、精神の未熟な高校生なら何が起こるか分からないことと、帰りの交通の便がよくないことから後半観戦を決める。しかし結果的には外れだった。

ハーフタイムで野洲、23→∪ジ雄貴、中村真輝。はケガによる交代。瀬口はそのままRBに入る。中村はCFに。ただし0トップ採用の野洲においては、ガンガン引い手リズムを作る役回り。22田畑が左ウイングに入る。4分、野洲、中村を起点に左へ、田畑切れ込みマイナスのクロスをニアで中村合わせるがGKブロック。決定機。洛北は入り方をミスした。しかしすぐに洛北の後半のコンセプトが明らかになる。ノーリスクだ。っ前半完璧な出来だった洛北がノーリスクのサッカーをすれば、野洲はどうしようもない。前線に入れても囲まれるし、無駄に負わないから体力の消耗もない。13分、野洲、スルーパスを中村に通そうとするがカット。16分、洛北須原→八倉望人。右サイドバックへ。ズ罎右ハーフに上がり、┨暗張椒薀鵐舛悄M賈未裡達砲亮虍はゾーンで、振られない。20分、野洲安田、古川→╂沼漆了屐↓夏1才橘蕁31分、洛北中大路→夏8驚(トオル)。32分、野洲∪ジに警告。35+2分、中村に警告。結局0-1でタイムアップ。洛北の完勝でした。

後半メモは8行しか取っていない。うち選手交代に4行、野洲の警告に2行、プレー自体は2行だけ。それくらい何も起こらなかった。洛北のシナリオが100パーセントはまり、野洲は何も出来なかった。前線に入ったとたん囲まれては奪われた。力の差があまりに大きかった。これを高校総体までにどう建て直すか?




帰路のことについても触れておこう。日曜は終バスが早いので、当初神戸電鉄押部谷駅まで歩く計画を立てていた。しかし歩道もない危険なルートだという。そこで、防災公園から逆方向に2キロほど丘を下って歩けば、橋があり、渡ったところを右折すれば志染小学校前というバス停があり、三宮へ急行バスがあるという。押部谷駅までは4キロくらいだが、危険ならこちらの方がいい。三宮まで670円。通常の緑が丘まで神姫ゾーンバスで出るルートだと駅まで220円かかる上、神戸電鉄経由で690円、神姫バスの三宮行き急行バスで640円かかるから200円前後安くつく。前日も試しで使ってみてまずまずなので、志染小学校ルートを使った。ただし、バスは10分前後遅刻したし、山道を行くので車酔いする人にはオススメできない。それに高速を使わず、新神戸トンネルまで有料道路ではないので、時間はかからなくてもイライラする人もいるだろう。緑が丘駅まで出るよりも確実に早いのだが。あと土曜には車内が混んでいて、隣に人がいない席は最後尾真ん中しかなかった。日曜はすいていたし、このあたりも日や時間によって差があるのかもしれない。



2013年06月22日(土) 近畿大会第1日 阪南大高−一条 東山−奈良育英 女子 八商−精華

例年近畿大会男子は見知らぬチーム最優先で観ている。しかし今年は特にない、高校総体決勝も大阪・兵庫・滋賀・京都と見ているので。和歌山と奈良見るつもりと割り切る。できれば総体出場校の奈良育英と和歌山北を両方観たかったが、第2試合で重なっている。ならば前後半に分けてみるよりもプリンス参加の和歌山北は別の機会にしようと思った。そういうわけでならのチームということで一条を観る。


近畿大会1回戦 
阪南大学高校−一条高校
11時 三木防災 良芝 曇り


阪南大高         一条  
−−−奥平◆鬱氾牒◆檗檗 檗檗櫺話咫檗歛臙−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
奥村 ̄陛牒◆歛湿紂歟翦 −剱奥田−−堀−−山嵜
岸元‘醋據檗殄拯咫歔暗牒藤−−山中−−金田−橋口
−−−−−園−−−−−− −−−−−森岡◆檗檗檗檗


阪南大高 監督:濱田豪
GK  1  園良友樹 183/70 3年 ディアブロッサ高田
DF  2  前田一樹 168/61 2年 千里丘FC
   16  富林頌仁 175/68 3年 和泉FC
    4  南木健宏 174/66 3年 川上FC
   24  岸元海  177/63 1年 千里丘FC
MF 11  中尾孝吉 178/68 3年 大領中
    6  村上健太 169/60 3年 千里丘FC
   25  永田遼  178/64 2年 セレッソ大阪U−15
   22  奥村敦  167/66 1年 千里丘FC
FW 14  奥平翼  170/65 2年 ガンバ堺
    8  吉田恵人 170/61 2年 法隆寺FC

一条 監督:前田久
GK  1 森岡和哉  175/73 2年 奈良YMCA
DF  9 橋口雅史  164/58 3年 奈良YMCA
    4 金田知久  183/74 3年 ソレステレージャ奈良2002
    3 山中拓也  167/62 3年 富雄南中
    2 藤原正彬  173/63 3年 富雄南中
MF 14 山嵜大志  173/58 3年 法隆寺FC
    8 堀裕貴   175/67 3年 天理FC
    7 奥田貴朗  173/66 3年 法隆寺FC
   22 釼恭輔   166/56 2年 YF NARA TESORO
FW 10 大棚紀輝  167/54 3年 ソレステレージャ奈良2002
   11 河池良樹  168/61 3年 奈良YMCA

1分、阪南大高22奥村君が裏を取りDFを振り切りシュート。1−0。3分、阪南大高、カウンターからロングフィード、小柄な奥平君が勝ち後方へ流し、┻氾跳がFKと1対1、決まって2−0。阪南大高は春先まで3トップを採用していたのだが、トップ下で変化をつける奥平君を上げて両サイドが下がり、現実的な戦いになっている。しかし吉田君と両サイドハーフがポジションチェンジを多用してかく乱する戦い方は同じ。一条は中盤でバックラインを押し上げてボールをカットしてショートカウンターが得意なチームなのだが、一気にゲームプランが崩れた。奥田・堀という関西屈指のドイスボランチも気が焦り、前に早くなってしまった。14分、一条、SBへのパスをカットされ┻氾跳から22剱君、正面からシュートも左に外れる。決定機。直後にも22剱君フリーの吉田君へシュートは左に外れる。超決定機。一条はバックラインで回して回して、一気に前線に出すが跳ね返される。また金田以外空中戦に弱いのも気になる。18分、一条、右CKで堀の左足に橋口ボレー、壁。決定機。20分、一条、DFの裏をとり大棚カットインして河池GKと1対1になるがカットされる。超決定機。29分、堀、鋭い寄せで奪い山嵜マイナスの折り返しを大棚シュート、右に外れる。決定機。結局前半は2−0。

シュート数5(2)対4(2)、CK数0対4、GK数1対3、クロス数3対5、ファウル数1対2。互角でしたね。試合の入り方だけ一条がミスした。前線のプレスは利いていたが、阪南大高が飛ばしのパスを連発すれば済むだけだ。裏をつく組織力はあるから一条とすれば、おいそれとバックラインは上げられない。阪南大高はて醋擇虜限ロングフィードという飛び道具もあるから対戦相手は厳しい。

後半7分、左パスを阪南大高奥平が変化をつけて┻氾張轡紂璽函右に外れる。決定機。10分、一条堀のパスカットからスルーパス、河池シュートもブロック。13分、阪南大高25→23永田→内野雄太。一条、河池→江川航。RBに入り、橋口がボランチに回り中心選手のП田をFWに上げる。攻撃モード。18分、一条22剱→松室直希。22分阪南大高24岸元→西川竣也。。一条山嵜→伊藤善太郎。両者選手交代が機能せず。一条は前に預けるようになったが、奥田が孤立気味。放り込みから一条が奥田へ、こぼれたがGKキャッチ。更に大棚カットからミドル、GKキャッチ。決定機。24分、一条GK/慌→或抗澄GK交代ということは勝負を諦めたんでしょうな。松室もでかいけど動かず、潰せる身体を持っていながら潰せないし。29分、阪南大高奥平→田中凌、一条伊藤→山田泰暉。伊藤は交代出場選手なのによほど不満持っていたのだろう。32分、阪南大高┻氾帳15伊藤佳祐。結局2−0で終了。

後半のシュート数1対6、CK数2対5、GK数4対2、クロス数0対2、ファウル数0対3.一条が押していたのは間違いない。しかし基本的に穂手に回ると苦しいチームなので、立ち上がりの入りはもったいなかった。強いけどゲーム運びの拙さで負けるなんて新興チームみたいだと思った。阪南大高は計算できる強さ。私は全国制覇も可能だと観ているが、果たして?




第2試合の目当ては奈良育英だ。関西の高校総体予選で奈良と和歌山だけを観ていない。和歌山代表の和歌山北はプリンスで観ているが、奈良育英はプリンス不参加なので、全く観ていない。県リーグでは一条Bに引き分けているし、予選も苦戦している。強敵東山相手には苦しいと思い、和歌山北は初戦を突破して2回戦で観られることを期待して、こちらのカードを選ぶ。


近畿大会1回戦 
東山高校−奈良育英高校
13時 三木防災第2球技場  良芝 曇り



東山           奈良育英
−−−鎌田◆殘擴辞 檗檗 檗檗欹挂遶◆殕本◆檗
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
田辺中出◆欅翅辞⊂野 藤本−竹中◆歿瀋鏑⊃綱椨
木原−吉村−−茨木−福重田村−堀内−下柳田−平良
−−−−−山千代−−−− −−−−−藤原−−−−−

東山 監督:福重良一
GK  1 山千代勇人 180/66 3年 吹田JFC千里丘
DF 18 福重瑛貴  172/62 2年 日章学園中
    5 茨木伸一  178/62 3年 城陽SC
    4 吉村太希  180/62 3年 LEO FC
    6 木原豪   176/58 3年 セレッソ大阪西
MF 19 小野功暉  172/62 3年 ヴィッセル神戸伊丹
   20 井村泰誓  178/62 2年 SAGAWA SHIGA
    8 中出優気  168/62 2年 Jマルカ
   17 田辺耀士  168/60 2年 ガンバ大阪
FW 22 木下英駿  170/58 1年 京都サンガ
   14 鎌田大地  180/66 2年 ガンバ大阪

奈良育英 監督:上間政彦
GK  1 藤原健次  181/70 3年 ガンバ門真
DF  3 平良勇介  165/58 3年 ガンバ大阪
    4 下柳田雄太 182/68 3年 奈良YMCA
    5 堀内健司  181/71 3年 EXE90FC
    7 田村広大  170/57 3年 宇治FC
MF 14 森本光樹  170/58 2年 奈良YMCA
   19 梅津祐貴  165/58 2年 アスペガスFC
   20 竹中大稀  174/58 2年 フェルボール愛知
    8 藤本雄   166/62 3年 柏原FC
FW 18 有本大誠  182/69 2年 富雄南中
    9 細野仁   172/65 2年 宇治FC

立ち上がりから東山が圧倒的に支配。鎌田が前線でタメを作り、決定的なパスを出す。長身だがCKを蹴るだけの精度。奈良育英はCFタイプの架本が競り負け大苦戦。やっぱりグ駝擇逸材だな。高く強くフィードができる。さ搬爾發覆なか。データ上有本のほうが体重はあるのだが、競り方の差がありすぎる。9分、東山、広報からの浮き球パスを鎌田がペナ内で前向きでピタッとトラップ、DFをかわし前を向いて右隅に流し込む。1−0。12分、東山のμ攜兇らのフィードを鎌田が再び前向きでトラップ、こちらはタッチが伸びてGK押さえる。奈良育英は圧倒的な劣勢が止まらず、上間先生が怒鳴りっぱなし。21分、藤本→川直央。FWに入り、細野が左ハーフへ。奈良育英廓瀋鼎坊拗陝8琉佞謀櫃后30分、東山、右に開いた鎌田が突破を図り、一人かわして2人目を抜けず、戻る。そこで2人をひきつけてタメて馨野に戻し、右クロス、完翅爾ファーに飛び込み2−0。奈良育英はオフサイドのアピールだが、明らかにオフサイドではない。34分、東山、左CKから中につなぎ鎌田が直接狙い、セーブ。その左CKでショートから鎌田が左足クロスにさ搬爾ヘッド、外れる。超決定機。結局前半は2−0で終了。

前半のシュート数5(3)対1(1)、CK数3対1.GK数2対1.クロス数3(2)対2、ファウル数5対3。まあ力の差がありすぎた。奈良育英は気迫も足りない。全国高校総体出場を決めて燃え尽きたのだろうか?どうやって一条に勝てたのだろうか?

35分ハーフの後半に入る。40分、カウンターから鎌田の左クロスを馨野がドフリーを決める。3−0。10分、奈良育英細野→道満奏太。左ハーフ。直後に道満左クロス、GKキャッチ。弱い。16分、奈良育英藤本→位擴実鶻ぁ1Ε蓮璽佞貌り、森本がFWに。17分、東山・誰か→長束剛志。20分、誰か→25守屋諒。奈良育英粥
竹中→?。本部がテントの陰に隠れてよく見えなかった。27分、東山、右80度30mFK、鎌田と中出が構え、先に助走した中出が素通りして鎌田が軽く中出に出し、右クロスにさ搬璽悒奪鼻▲錺鵐織奪舛△辰同Γ達砲悄いつの間にか奈良育英J仁匹右ハーフ、島田がRB。31分、東山25守屋が左から切り返し、シュートは右のコーナー直撃。決定機。34分、東山?→種村。結局3−0でタイムアップ。

力の差がそのままスコアに現われた。後半はシュート数も少なく、おとなしいゲーム。鎌田は超高校級の選手だと思うが、どのポジションで育てるのだろう。この日のようにトップ脇?それともボランチ?ボランチの方が向いていると思うが、本来キャプテン北村がいるし、下級生の間に色々なポジションを経験するのは悪くない。その上で来年チームを引っ張って、上のカテゴリーでどこを選ぶかだ。奈良育英はCB陣とGKは高かったが、細かい崩しに弱かった。有本も起点になれず。気迫がなかったから力が出なかっただけかもしれないが、この日の出来だと高校総体は絶望的だ。3失点ともCBが脆かった。8月までにどれだけ建て直せるか。極めて厳しいといわざるを得ない。



第3試合は女子。試合は最初から精華が勝つことは分かっている。ただ全国への代表決定戦である明日の準決勝、一方の山は大商学園で決まりだから、確実に激戦となる日ノ本−精華戦を観る。したがって予習をかねてこちらを選ぶ。ご存知のとおり精華は昨年の高校女子選手権ベスト4である。キックオフ前様子がおかしい。精華のユニフォームがシルバーなのにも関わらず背番号が薄いのである。蛍光色ですらない。大抵の大会規定には背番号ははっきり判別できるように、と書いている。これはマナーというか、最低限の配慮だと思う。それを精華が守れていないのは残念だ。


近畿大会1回戦 
八幡商業高校−京都精華女子高校
15時 三木防災第2陸  良芝 曇り


八商           精華
−−−奥山◆欟極椨◆檗檗 檗檗檗檗歛臠木−−−−
−−−−−−−−−−−− −金塚 歉島−−山邑−
中谷5氾牒 歟翅辞…圻  檗檗檗殀次檗蘖狹牒◆檗
西澤|翕隋檗歐后檗殄敕牒加島−前澤◆飮害次歉路
−−−−−山名−−−−− −−−−−高野◆檗檗檗

八商 監督:吉田和弘
GK  2 山名純可  168/55 3年 前登録なし
DF 22 冨田千夏  165/50 2年 ロイヒデン
    3 森美涼   165/55 3年 八幡中
    5 中島麻里  175/55 3年 おおつヴィクトリーズ
    6 西澤咲希  155/45 1年 愛知中
MF 15 辻幸由季  165/55 1年 甲賀中
   10 中村遥香  155/50 1年 ルネスレディース
   11 吉田夏生  165/50 1年 伊賀くノ一
    4 中谷有沙  160/50 3年 前登録なし
FW  9 橋本京佳  165/50 2年 城東少年団
   23 奥山紗帆  165/50 2年 城東少年団

精華 監督:越智健一郎 前登録記載なしは京都精華女子中
GK 12 高野有希  166/60 2年 
DF 16 小路葉都紀 150/44 1年
    5 山下愛里  159/57 3年     
    6 前澤彩香  155/47 2年
   22 加島優女  163/48 3年・主将
MF 10 園田瑞貴  163/49 2年
   14 伴自然   156/50 3年
    3 山邑佳奈子 166/54 3年 志賀中
   15 小島奈々  156/50 3年 バニーズ京都SC
    7 金塚咲恵  158/49 1年 
FW 20 大八木優奈 152/51 3年 瀬田北中



力の差が大きいので詳細は書かない。精華はドリブルとショートパス主体に細かいサッカーを展開。八商も封じるべく寄せるが精華も技術が高くブレない。体格データを見ていただければ分かるが、精華は上背のある選手が多く、しかし体重は軽いからフィジカルは鍛えていないのだろうが技術には絶対の自信を持っている。だから二人に寄せられてもキープできる。そしてここが重要なのだが、狭いところを強引にドリブルとショートパスで崩す選択肢があるから、逆サイドに展開したり裏にポンと出すプレーが生きる。元来フィジカル主体だった高校女子サッカーだが技巧派チームはいくらでもあった。男子と比べて育成意識が高く、全国ではまるで勝てないのに技術に秀でたチームを作り、奮闘した地域のチームもあった。北海道文教大学明清なんかはまさにそうだ。聖和は技巧派のチームながら全国制覇もしている。しかし精華ほど細かい技巧派サッカーは前例がない。

1分、山邑が右突破から流し込む0−1。3分、22加島が右足で左クロス、園田が左隅へ。0−2。4分、園田が左クロス、ファーでGKがファンブルしたのをセ害爾蹴りこむ。0−3。8分、園田が切れ込み、左足ループ。0−4。ちなみにレフティー。ループシュートやループパス多用は精華の特徴のひとつ。13分、伴の左足ミドルが右隅に決まり0−5。19分、いつの間にか入った谷口木乃実が40mロング、決まって0−6。23分、園田切れ込み左シュートは左ポストを叩く。決定機。30分、園田ループで谷口が裏をとりGKと1対1を決める。0−7。谷口はCBに入ったのだが、凄い上がりだ。

結局前半は0−7。シュート数0対11(8)。CK数0対2、クロス数1対3、ファウル数6対0。精華のレフティーボランチコンビが圧倒的な技術とポジショニングで圧倒していた。金塚もレフティー。こうなると明日に向けて体力温存を考えるだろう。もともと自分のペースでサッカーしているので精華の消耗は少ないが。

38分、精華伴、裏を取り1対1を右足ループ、右に外れる。決定機。39分、22加藤の左クロスを小島狙うが左に外れる。決定機。42分、スルーパスに園田抜け出しGKをかわし流し込む。0−8。ここで22加藤、小島→佐竹未凪、あと誰か。背番号が見にくくて判別困難。左クロスを澗臠木シュートもバー。落ちたボールをGKキャッチ。58分、アーリー右クロスをФ眥佑右隅に流し込む。0−9。八商森→Т濱超。54分、鮎路から佐竹へ、シュートは右上に外れる。決定機。22分、澗臠木→池田真菜。58分、Ф眥諭∈献潺疋襦決まって0−10。ここで鮎路→鎧害爾┐蠅ぁそのままRB。しかしすぐにケガで鎧害滋佳膕七値佳。65分、八商ッ翕腓距離不足で警告。結局0−10でタイムアップ。

後半シュート数1対11。GK数5対1。

昨年の総体では日ノ本と力の差を感じたが、今年は戦える。何が違うかというと守備力が圧倒的に違う。全国経験か、激しく守って奪い続けなければ、いくら技術があっても攻撃できない。その点が大違いだと思った。おそらくこの日はベストメンバーではない。真の精華の力を見せるのは高校総体関西代表決定戦である準決勝だ。



2013年06月17日(月) 11−13年UEFA U−21選手権決勝大会 結果・選手リスト


• Final tournament - Group stage
Final tournament - Group stage
• Group detail:
• A
• B
Group A(Host country: Israel)
Home Away Total
Teams P W D L W D L W D L F A +/- Pts
1 Italy
3 1 0 0 1 1 0 2 1 0 6 1 5 7
2 Norway
3 0 1 0 1 1 0 1 2 0 6 4 2 5
3 Israel
3 1 1 0 0 0 1 1 1 1 3 6 -3 4
4 England
3 0 0 2 0 0 1 0 0 3 1 5 -4 0
Last updated: 31/07/2013 19:26 CET
Legend:
P: Played
W: Won
D: Draw
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Pts: Points
Matches
5 June 2013 - Final tournament - Group stage (Group A)
Full time »

Israel

2-2

Norway

Referee: Pawel Gil (POL) – Stadium: Netanya Municipal Stadium, Netanya (ISR)
5 June 2013 - Final tournament - Group stage (Group A)
Full time »

England

0-1

Italy

Referee: Antony Gautier (FRA) – Stadium: Bloomfield, Tel Aviv (ISR)
8 June 2013 - Final tournament - Group stage (Group A)
Full time »

England

1-3

Norway

Referee: Serhiy Boiko (UKR) – Stadium: Ha Moshava, Petah Tikva (ISR)
8 June 2013 - Final tournament - Group stage (Group A)
Full time »

Italy

4-0

Israel

Referee: Ovidiu Haţegan (ROU) – Stadium: Bloomfield, Tel Aviv (ISR)
11 June 2013 - Final tournament - Group stage (Group A)
Full time »

Israel

1-0

England

Referee: Serhiy Boiko (UKR) – Stadium: Teddy Stadium, Jerusalem (ISR)
11 June 2013 - Final tournament - Group stage (Group A)
Full time »

Norway

1-1

Italy

Referee: Ivan Bebek (CRO) – Stadium: Bloomfield, Tel Aviv (ISR)
Last updated: 31/07/2013 19:26 CET

Group B(Host country: Israel)
Home Away Total
Teams P W D L W D L W D L F A +/- Pts
1 Spain
3 2 0 0 1 0 0 3 0 0 5 0 5 9
2 Netherlands
3 2 0 0 0 0 1 2 0 1 8 6 2 6
3 Germany
3 0 0 1 1 0 1 1 0 2 4 5 -1 3
4 Russia
3 0 0 1 0 0 2 0 0 3 2 8 -6 0
Last updated: 31/07/2013 19:26 CET
Legend:
P: Played
W: Won
D: Draw
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Pts: Points
Matches
6 June 2013 - Final tournament - Group stage (Group B)
Full time »

Spain

1-0

Russia

Referee: Matej Jug (SVN) – Stadium: Teddy Stadium, Jerusalem (ISR)
6 June 2013 - Final tournament - Group stage (Group B)
Full time »

Netherlands

3-2

Germany

Referee: Ivan Bebek (CRO) – Stadium: Ha Moshava, Petah Tikva (ISR)
9 June 2013 - Final tournament - Group stage (Group B)
Full time »

Netherlands

5-1

Russia

Referee: Antony Gautier (FRA) – Stadium: Teddy Stadium, Jerusalem (ISR)
9 June 2013 - Final tournament - Group stage (Group B)
Full time »

Germany

0-1

Spain

Referee: Pawel Gil (POL) – Stadium: Netanya Municipal Stadium, Netanya (ISR)
12 June 2013 - Final tournament - Group stage (Group B)
Full time »

Spain

3-0

Netherlands

Referee: Ovidiu Haţegan (ROU) – Stadium: Ha Moshava, Petah Tikva (ISR)
12 June 2013 - Final tournament - Group stage (Group B)
Full time »

Russia

1-2

Germany

Referee: Matej Jug (SVN) – Stadium: Netanya Municipal Stadium, Netanya (ISR)
Last updated: 31/07/2013 19:26 CET

Semi-finals : 15 June 2013
15 June 2013
15 June 2013 - Semi-finals
Full time »

Spain

3-0

Norway

Referee: Serhiy Boiko (UKR) – Stadium: Netanya Municipal Stadium, Netanya (ISR)
15 June 2013 - Semi-finals
Full time »

Italy

1-0

Netherlands

Referee: Ovidiu Haţegan (ROU) – Stadium: Ha Moshava, Petah Tikva (ISR)
Last updated: 01/08/2013 03:39 CET


Final : 18 June 2013
18 June 2013
18 June 2013 - Final
Full time »

Italy

2-4

Spain

Referee: Matej Jug (SVN) – Stadium: Teddy Stadium, Jerusalem (ISR)
Last updated: 01/08/2013 03:39 CET



Italy - Under-21
Best finish: Final
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Simone Colombi 0 0
Francesco Bardi 6 0
Mattia Perin 1 0
Carlo Pinsoglio 3 0
Defenders
Name P G
Paolo Frascatore 3 0
Daniele Mori 0 0
Alessandro Crescenzi 7 0
Simone Sini - -
Michele Camporese - -
Giulio Donati 4 0
Matteo Bianchetti - -
Mattia De Sciglio 3 0
Marco Capuano 7 0
Luca Caldirola 9 1
Davide Santon 4 0
Marco Faraoni 2 0
Simone Romagnoli 2 0
Karim Laribi 1 0
Luca Antei 2 0
Alberto Masi 1 0
Midfielders
Name P G
Marco Crimi 3 0
Luca Marrone 10 0
Jacopo Sala 2 1
Fausto Rossi 8 1
Federico Viviani 3 1
Roberto Soriano 0 0
Alessandro Florenzi 9 2
Mario Sampirisi 0 0
Marco Verratti 1 0
Andrea Bertolacci 3 0
Marco D'Alessandro - -
Forwards
Name P G
Stephan El Shaarawy 4 3
Antonino Ragusa 2 0
Samuele Longo 1 0
Diego Fabbrini 0 0
Alberto Paloschi 6 1
Mattia Destro 5 3
Riccardo Saponara 5 1
Giuseppe De Luca 4 2
Ciro Immobile 5 4
Manolo Gabbiadini 7 6
Fabio Borini 2 1
Lorenzo Insigne 5 3
Coach: Devis Mangia (ITA)

• Tournament phase
Goalkeepers
Name P G
Simone Colombi 0 0
Francesco Bardi 6 0
Mattia Perin 1 0
Carlo Pinsoglio 3 0
Defenders
Name P G
Paolo Frascatore 3 0
Daniele Mori 0 0
Alessandro Crescenzi 7 0
Simone Sini - -
Michele Camporese - -
Giulio Donati 4 0
Matteo Bianchetti - -
Mattia De Sciglio 3 0
Marco Capuano 7 0
Luca Caldirola 9 1
Davide Santon 4 0
Marco Faraoni 2 0
Simone Romagnoli 2 0
Karim Laribi 1 0
Luca Antei 2 0
Alberto Masi 1 0
Midfielders
Name P G
Marco Crimi 3 0
Luca Marrone 10 0
Jacopo Sala 2 1
Fausto Rossi 8 1
Federico Viviani 3 1
Roberto Soriano 0 0
Alessandro Florenzi 9 2
Mario Sampirisi 0 0
Marco Verratti 1 0
Andrea Bertolacci 3 0
Marco D'Alessandro - -
Forwards
Name P G
Stephan El Shaarawy 4 3
Antonino Ragusa 2 0
Samuele Longo 1 0
Diego Fabbrini 0 0
Alberto Paloschi 6 1
Mattia Destro 5 3
Riccardo Saponara 5 1
Giuseppe De Luca 4 2
Ciro Immobile 5 4
Manolo Gabbiadini 7 6
Fabio Borini 2 1
Lorenzo Insigne 5 3
Coach: Devis Mangia (ITA)
Goalkeepers
No. Name P G
1 Francesco Bardi 5 0
12 Simone Colombi 0 0
22 Nicola Leali 0 0
Defenders
No. Name P G
2 Giulio Donati 5 0
3 Cristiano Biraghi 2 0
5 Marco Capuano 1 0
6 Luca Caldirola 5 0
13 Matteo Bianchetti 4 0
19 Vasco Regini 3 0
Midfielders
No. Name P G
4 Marco Verratti 4 0
7 Alessandro Florenzi 5 1
8 Luca Marrone 1 0
16 Andrea Bertolacci 1 1
21 Fausto Rossi 5 0
23 Marco Crimi 3 0
Forwards
No. Name P G
9 Ciro Immobile 4 1
10 Lorenzo Insigne 4 1
11 Manolo Gabbiadini 5 2
14 Mattia Destro 3 0
15 Nicola Sansone 3 0
17 Alberto Paloschi 1 0
18 Riccardo Saponara 3 1
20 Fabio Borini 3 2
Coach: Devis Mangia (ITA)


Spain - Under-21
Stage: Winner
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Diego Mariño 1 0
David de Gea 9 0
Fernando Pacheco - -
Joel 0 0
Defenders
Name P G
Carles Planas 10 0
Álvaro 0 0
Nacho 1 0
Iñigo Martínez 7 0
Jordi Amat 4 0
Martín Montoya 8 1
Marc Bartra 8 2
Mallo 2 0
Marc Muniesa 2 0
Jon Aurtenetxe - -
Midfielders
Name P G
Rubén Pardo 0 0
Recio 0 0
Thiago Alcántara 2 1
Koke 5 1
Sergi Roberto 4 0
Ignacio Camacho 1 0
Asier Illarramendi 7 0
Oriol Romeu 9 0
Pablo Sarabia 7 2
Isco 10 6
Sergio Canales 3 3
Oliver Torres - -
Forwards
Name P G
Daniel Pacheco 1 0
Álvaro Vázquez 9 5
Jesé Rodríguez - -
Iker Muniain 7 2
Gerard Deulofeu 3 1
Rodrigo 9 11
Cristian Tello 5 0
Juan Carlos 4 0
Álvaro Morata 0 0
Isaac Cuenca 2 0
Joselu - -
Coach: Julen Lopetegui (ESP)

• Tournament phase
Goalkeepers
Name P G
Diego Mariño 1 0
David de Gea 9 0
Fernando Pacheco - -
Joel 0 0
Defenders
Name P G
Carles Planas 10 0
Álvaro 0 0
Nacho 1 0
Iñigo Martínez 7 0
Jordi Amat 4 0
Martín Montoya 8 1
Marc Bartra 8 2
Mallo 2 0
Marc Muniesa 2 0
Jon Aurtenetxe - -
Midfielders
Name P G
Rubén Pardo 0 0
Recio 0 0
Thiago Alcántara 2 1
Koke 5 1
Sergi Roberto 4 0
Ignacio Camacho 1 0
Asier Illarramendi 7 0
Oriol Romeu 9 0
Pablo Sarabia 7 2
Isco 10 6
Sergio Canales 3 3
Oliver Torres - -
Forwards
Name P G
Daniel Pacheco 1 0
Álvaro Vázquez 9 5
Jesé Rodríguez - -
Iker Muniain 7 2
Gerard Deulofeu 3 1
Rodrigo 9 11
Cristian Tello 5 0
Juan Carlos 4 0
Álvaro Morata 0 0
Isaac Cuenca 2 0
Joselu - -
Coach: Julen Lopetegui (ESP)
Goalkeepers
No. Name P G
1 David de Gea 5 0
13 Diego Mariño 0 0
23 Joel 0 0
Defenders
No. Name P G
2 Martín Montoya 4 0
4 Nacho 1 0
5 Marc Bartra 4 0
6 Iñigo Martínez 5 0
15 Marc Muniesa 1 0
16 Álvaro 1 0
18 Alberto Moreno 4 0
20 Daniel Carvajal 1 0
Midfielders
No. Name P G
3 Asier Illarramendi 5 0
7 Sergio Canales 1 0
8 Koke 4 0
10 Thiago Alcántara 5 3
14 Ignacio Camacho 3 0
17 Pablo Sarabia 2 0
22 Isco 5 3
Forwards
No. Name P G
9 Rodrigo 4 1
11 Cristian Tello 4 0
12 Álvaro Morata 5 4
19 Iker Muniain 5 0
21 Álvaro Vázquez 1 1
Coach: Julen Lopetegui (ESP)




Semi-finals

Netherlands - Under-21
Best finish: Semi-finals
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Jeroen Zoet 9 0
Sergio Padt 0 0
Nick Marsman - -
Marco Bizot 2 0
Defenders
Name P G
Bruno Martins Indi 3 0
Johan Kappelhof 1 0
Bram Nuytinck 9 1
Daley Blind 7 0
Miguel Nelom - -
Kelvin Leerdam 10 0
Kaj Ramsteijn 0 0
Stefan de Vrij 6 0
Jeffrey Bruma 3 0
Ties Evers 0 0
Virgil van Dijk 1 0
Mitchell Dijks 1 0
Patrick van Aanholt 3 0
Lorenzo Burnet 1 0
Ricardo van Rhijn 2 0
Jeffrey Gouweleeuw 1 0
Midfielders
Name P G
Navarone Foor - -
Leandro Bacuna 6 1
Maikel Kieftenbeld 0 0
Marco van Ginkel 9 3
Rick van Haaren 3 1
Jordy Clasie 6 1
Ben Rienstra 0 0
Leroy Fer 7 3
Adam Maher 5 0
Davy Pröpper 0 0
Lerin Duarte 2 0
Steven Berghuis 0 0
Forwards
Name P G
Charlton Vicento - -
Alex Schalk 2 0
Luc Castaignos 2 0
Ola John 4 0
Rick ten Voorde 1 1
Yanic Wildschut 5 0
Luciano Narsingh 4 0
Jody Lukoki - -
Georginio Wijnaldum 5 3
Genero Zeefuik 7 8
Luuk de Jong 2 1
Jerson Cabral 6 0
Nacer Barazite 3 1
Rajiv van la Parra 0 0
Coach: Cor Pot (NED)

• Tournament phase
Goalkeepers
Name P G
Jeroen Zoet 9 0
Sergio Padt 0 0
Nick Marsman - -
Marco Bizot 2 0
Defenders
Name P G
Bruno Martins Indi 3 0
Johan Kappelhof 1 0
Bram Nuytinck 9 1
Daley Blind 7 0
Miguel Nelom - -
Kelvin Leerdam 10 0
Kaj Ramsteijn 0 0
Stefan de Vrij 6 0
Jeffrey Bruma 3 0
Ties Evers 0 0
Virgil van Dijk 1 0
Mitchell Dijks 1 0
Patrick van Aanholt 3 0
Lorenzo Burnet 1 0
Ricardo van Rhijn 2 0
Jeffrey Gouweleeuw 1 0
Midfielders
Name P G
Navarone Foor - -
Leandro Bacuna 6 1
Maikel Kieftenbeld 0 0
Marco van Ginkel 9 3
Rick van Haaren 3 1
Jordy Clasie 6 1
Ben Rienstra 0 0
Leroy Fer 7 3
Adam Maher 5 0
Davy Pröpper 0 0
Lerin Duarte 2 0
Steven Berghuis 0 0
Forwards
Name P G
Charlton Vicento - -
Alex Schalk 2 0
Luc Castaignos 2 0
Ola John 4 0
Rick ten Voorde 1 1
Yanic Wildschut 5 0
Luciano Narsingh 4 0
Jody Lukoki - -
Georginio Wijnaldum 5 3
Genero Zeefuik 7 8
Luuk de Jong 2 1
Jerson Cabral 6 0
Nacer Barazite 3 1
Rajiv van la Parra 0 0
Coach: Cor Pot (NED)
Goalkeepers
No. Name P G
1 Jeroen Zoet 3 0
16 Marco Bizot 1 0
23 Nick Marsman 0 0
Defenders
No. Name P G
2 Ricardo van Rhijn 3 0
3 Stefan de Vrij 3 0
4 Bruno Martins Indi 3 0
5 Daley Blind 3 0
12 Kelvin Leerdam 1 0
13 Mike van der Hoorn 2 0
14 Bram Nuytinck 1 0
20 Patrick van Aanholt 1 0
Midfielders
No. Name P G
6 Jordy Clasie 2 0
8 Kevin Strootman 3 0
10 Adam Maher 4 1
17 Leroy Fer 4 2
18 Marco van Ginkel 3 0
19 Tonny Trindade de Vilhena 1 0
Forwards
No. Name P G
7 Florian Jozefzoon 2 0
9 Luuk de Jong 3 1
11 Ola John 3 1
15 Georginio Wijnaldum 3 2
21 Danny Hoesen 2 1
22 Memphis Depay 3 0
Coach: Cor Pot (NED)


Norway - Under-21
Best finish: Semi-finals
Qualifying phase
Goalkeepers
Name P G
Orjan Haskjold 1 0
Arild Østbø 7 0
Anders Kristiansen 0 0
Eirik Holmen Johansen 2 0
Gudmund Kongshavn - -
Lars Cramer - -
Defenders
Name P G
Amin Nouri 0 0
Joakim Våge Nielsen 5 1
Simen Wangberg 1 0
Omar Elabdellaoui 5 0
Martin Linnes 0 0
Fredrik Semb Berge 3 0
Thomas Rogne 7 2
Vegar Hedenstad 10 0
Jonatan Tollås 0 0
Stefan Strandberg 10 0
Magnar Ødegård 0 0
Emil Jonassen - -
Jørgen Hammer 0 0
Brede Moe - -
Midfielders
Name P G
Martin Bjørnbak 1 0
Anders Konradssen 9 1
Remi Johansen 0 0
Fredrik Ulvestad 3 0
Jonas Svensson 1 0
Harmeet Singh 10 2
Jørgen Skjelvik 1 0
Håvard Nordtveit 4 0
Stefan Johansen 2 0
Etzaz Hussain 0 0
Valon Berisha 6 1
Markus Henriksen 4 1
Thomas Drage 1 0
Magnus Eikrem 3 1
Yann-Erik de Lanlay 6 1
Mathis Bolly 0 0
Forwards
Name P G
Fredrik Gulbrandsen - -
Joshua King 4 1
Mohammed Keita 1 0
Thomas Lehne Olsen - -
Flamur Kastrati 3 0
Jo Inge Berget 7 2
Mushaga Bakenga 3 1
Marcus Pedersen 7 2
Håvard Nielsen 4 1
Torgeir Borven 3 1
Coach: Tor Ole Skullerud (NOR)

• Tournament phase



Qualifying phase

Final tournament - Group stage


England - Under-21
Best finish: Final tournament - Group stage
• Tournament phase
Goalkeepers
No. Name P G
1 Jack Butland 2 0
13 Jason Steele 1 0
23 Declan Rudd 0 0
Defenders
No. Name P G
2 Nathaniel Clyne 2 0
3 Adam Smith 1 0
4 Steven Caulker 2 0
5 Andre Wisdom 2 0
6 Craig Dawson 2 1
7 Tom Lees 1 0
9 Jack Robinson 1 0
10 Jason Lowe 2 0
12 Nathaniel Chalobah 3 0
Midfielders
No. Name P G
8 Jordan Henderson 3 0
11 Danny Rose 2 0
14 Josh McEachran 2 0
15 Wilfried Zaha 2 0
16 Thomas Ince 2 0
17 Henri Lansbury 0 0
18 Jonjo Shelvey 3 0
19 Nathan Redmond 3 0
Forwards
No. Name P G
20 Nathan Delfouneso 1 0
21 Marvin Sordell 2 0
22 Connor Wickham 3 0
Coach: Stuart Pearce (ENG)


Germany - Under-21
Best finish: Final tournament - Group stage
• Tournament phase
Goalkeepers
No. Name P G
1 Bernd Leno 2 0
12 Oliver Baumann 1 0
23 Timo Horn 0 0
Defenders
No. Name P G
2 Tony Jantschke 3 0
3 Stefan Thesker 3 0
4 Lasse Sobiech 1 0
5 Shkodran Mustafi 1 0
13 Matthias Ginter 3 0
15 Sead Kolasinac 0 0
16 Oliver Sorg 2 0
17 Antonio Rüdiger 1 0
Midfielders
No. Name P G
6 Sebastian Rudy 3 2
7 Patrick Funk 1 0
8 Sebastian Rode 3 0
10 Lewis Holtby 3 1
18 Patrick Herrmann 3 1
19 Christian Clemens 3 0
20 Christoph Moritz 0 0
22 Emre Can 1 0
Forwards
No. Name P G
9 Kevin Volland 3 0
11 Peniel Mlapa 1 0
14 Sebastian Polter 2 0
21 Pierre-Michelle Lasogga 2 0
Coach: Rainer Adrion (GER)


Israel - Under-21
Best finish: Final tournament - Group stage


Russia - Under-21
Best finish: Final tournament - Group stage
• Qualifying phase
• Tournament phase
Goalkeepers
Name P G
Aleksandr Filtsov 0 0
Nikolai Zabolotni 10 0
Stanislav Kritsuk - -
Andrei Zaytsev 0 0
Defenders
Name P G
Aslan Dudiev - -
Zaurbek Pliev 1 0
Maksim Belyaev 5 0
Ivan Knyazev 0 0
Nikita Chicherin 8 0
Taras Burlak 7 0
Arseni Logashov 6 0
Georgi Schennikov 2 0
Evgeni Gapon 2 0
Maksim Zhestokov 1 0
Sergei Bryzgalov 0 0
Midfielders
Name P G
Roman Emelyanov 0 0
Aleksandr Zotov 2 0
Sergei Petrov 9 0
Yuri Kirillov 5 1
Shota Bibilov 6 1
Anton Sosnin 3 1
Oleg Shatov 10 2
Magomed Ozdoev 3 0
Alan Gatagov 2 0
Ibragim Tsallagov 9 0
Vitali Ustinov - -
Dmitri Kayumov 1 0
Arsen Khubulov 1 0
Maksim Grigoryev 5 1
Viktor Svezhov - -
Forwards
Name P G
Denis Voynov - -
Anton Zabolotni 1 0
Maksim Kanunnikov 9 0
Artem Delkin 1 0
Fedor Smolov 9 7
Pavel Yakovlev 8 0
Denis Cheryshev 8 3
Aleksandr Kokorin 3 5
Coach: Nikolai Pisarev (RUS)



2013年06月16日(日) 関西学生リーグ第9節 関大−大院大 阪南大−関学大

関西学生リーグ 
関西大学−大阪学院大学
11時30分 萩谷サッカー場 良芝 晴れ

関大           大院大
−篠原◆鬱彿檗檗欹絽 −−−堀野−枡屋◆檗
−−−布施 殤妥牒−− −−−−−−−−−−−−
−−−−−前田−−−−− 河合柿木−−桑島K招遶
都並−小椋−−新谷内田E鎮罩岡元−福田”雄雖
−−−−−崔−−−−−− −−−−−鈴木−−−−−


関西大学 監督:島岡健太
GK  1 崔創喜   185/80 4年 FC東京U−18
DF  6 都並優太  173/65 4年・主将 東京ヴェルディユース
   27 新谷佳紀  178/73 2年 前橋育英
    5 前田晃一  180/73 4年 金光大阪    
    4 小椋剛   181/75 4年 川フロンターレU−18
    2 内田恭平  171/63 3年 ジュビロ磐田ユース
MF 14 篠原宏仁  172/67 2年 柏レイソルU−18
   28 布施周土  168/61 1年 東京ヴェルディY
   10 和田篤紀  178/66 3年 ヴィッセル神戸Y
   24 阪口貴之      3年 京都橘      
FW  9 久保綾祐  171/74 4年 関西大学第一高 

大院大 監督:藤原義三
GK 21 鈴木成彰  182/76 4年 鹿島アントラーズY
DF 74 田中康己  170/58 2年 東海大学付属第五高
   43 岡元俊樹  174/70 3年 久御山
    4 福田浩規      1年 ガンバ大阪Y
    2 浜崎拓磨  173/68 3年 大阪学院大学高
MF  6 柿木亮介  168/64 4年・主将 成立学園
    7 望月聖矢  172/64 3年 ガンバ大阪Y
   29 桑島良汰  175/65 3年 帝京
FW 76 堀野淳   178/68 3年 寒川
   48 枡屋竜治  169/66 2年 ウィザス高

関大はCB寺岡がユニバー代表でチームを離れている。アンダーエイジの代表経験のある実力派CB4年生4人のうち藤原はなぜか外れ、前田はボランチに入っている。起用法から言って五番手のCB小谷もベンチ。おそらく将来を見据えてか2年生新谷が起用された。

7分、関大、じっくり自陣でボールを回し、内田がスルスルっと上がり、ロングパスを受けて裏を取りマイナスの右クロスを24阪口シュートもキャッチ。決定機。10分、和田が相手GK前出ているのをみてループ、外れる。13分、左CKからシュートのこぼれを久保が落としぞ椋、ターンからシュート、決まって1−0。ところで関西学生リーグのファンで高槻の会場に足を運ぶ方ならご存知だと思うが、長年のファンで、高槻の会場に現われて常に負けているほうを大声で応援(コーチング?)する人がいる。その人がいきなり大院大に絶叫応援を始める。27分、大院大の右FKを誰かがニアで触るも右に外れる。決定機。28分。関大久保に警告。オフサイドでプレー続行。28分、関大スルーパスに久保もフリーで抜け出るが上に外れる。超決定機。33分、大院大48枡屋右を抜いてクロスに133河合ボレーで左隅に決める。1−1。38分、大院大Τ遡擇離僖垢48枡屋フリーシュート、右に外れる。決定機。結局前半は1−1だった。

前半シュート数は4対5、GK数6対2、クロス数4対6。

大院大は柿木が攻守に大車輪の活躍。守備で粘り強く食らい付き、確実なキープ力でボールロスとかもなく、上がっては決定的な仕事をする。関大は前田のボランチが窮屈そう。ロングパスを狙うスペースがなくて細かいパスワークも得意ではない。和田と布施との距離感もよくなくて、やはり前田はCBの選手なんだな、と思ってしまう。内田は周囲と連動して上がるのが得意なクレバーな選手だが、関大のパスワークが封じられていくに連れて上がれなくなっていった。左の都並も同じ。

後半に入る。48分、関大、右クロスがファーに流れε塋造折り返しを久保シュート、決定機。51分、大院大望月が右でスルーパス29桑島が右シュート、決まって1−2。大院大74田中、関大27新谷かわして左足シュート、ブロックされ右CKへ。関大和田スルーパスに24阪口へ、GK触るが、こぼれを内田シュート、DFクリア。決定機。56分、望月スルーパスに74田中右クロス29桑島トラップが長い。決定機。58分、j関大27新谷→深尾。前田がCBに下がり、布施と和田のドイスボランチ、33深尾がトップ下の4−2−3−1に布陣変更。直後にスルーパスに24阪口が抜け出しフリーシュートもGKに当てる。69分、関大33深尾から篠原折り返しを浜崎カット。70分関大久保→嘉埣檗左ハーフで篠原が1トップだが0トップ気味。大院大も望月→44久川。77分、大院大48枡屋→64當瀬。43岡元→15藤代。81分、大院大、ペナ内に攻め込み関大チ暗弔足裏タックルでPK。柿木が逆を突いて左に決めて1−3。90+3分、64當瀬トップスピードで中に切れ込み上に外れる。決定機。結局1−3でタイムアップ。

後半シュート数は1対6、CK数1対2、GK数1対6、クロス数8対0

関大はどんどん放り込むがシュートは大院大だった。大院大は望月や柿木からどんどんスルーパスが出て、関大の裏を取りまくった。関大は布陣変更も機能せず。どうして圧倒的に個人能力が高いのに、関西で頭ひとつ抜け出せないのか。行くたびに機能しない関大を見ている気がする。寺岡の不在も関係ないくらい選手層は厚いのに、現時点で何番手のCBか分からない新谷ですら関西学生リーグで通用するレベルにあるのに、せっかくの才能集団を活かせていない。先週の関関戦ではテレビ中継があって、Jリーグは若手を育てられていない、ずっと試合に出られないなら大学で試合経験を積んだほうが成長できる、という主旨のことを関大関係者が話していたが、それはまさに関大に言えることではないだろうか?同じ学年、同じポジションのアンダーエイジ代表クラスを何人も採って当然控えに回る選手も増えて伸び悩む。4年間CBカルテットの藤原・寺岡・前田・小椋を見ていたが、他の大学に分散して進学すれば4人合計で倍は試合経験を積めて、相当凄い選手になれたのになあ、と思ってしまう。大院大で柿木辺りがいい選手になったのを見ると、大学生にとって試合経験は大きいと思いました。

なお判官びいきの年配の方は最後まで大院大を熱狂的に応援していました(笑)。遅攻のときも「カウンターアタック、カウンターアタック」などと全然当たらない声を上げていましたが、常に前向きのメッセージしか言わないことが観客に嫌われない理由ですね。西が丘の野次親父とは違います。1試合あたりの体力消耗度は相当なものだと思うが(笑)。

公式記録




第2試合もユニバー代表抜き。この場合、阪南大の二見・窪田・泉澤である。圧倒的に不利だが、地力のある阪南大なら戦えるだろう。それに対し、関学大は布陣を考えてきた。関と小林の攻撃型ドイスボランチをやめ、守備に持ち味のある徳永を起用。関が展開役で後方からのドリブルが得意な小林は上がり目でカウンター要員となる。したがってポゼッションが前提で狭い局面を打開できる卯田はベンチへ。阪南大は両SBの守備力に難があるので、そこにドリブラーを置いた関学大としては1対1の状況を作りたい。

関西学生リーグ第9節 
阪南大学−関西学院大学
14時 萩谷サッカー場 良芝 晴れ


阪南大          関学大
−−−河田−工藤−−− −−−−−呉屋◆檗檗檗
−−−−−−−−−−−− −小幡−小林◆檗歙
外山々昇筬 櫺鳥−山 檗檗檗欖悄檗歹善吻 檗
成田−香川−−永井−田渕^翕∧/広−沓掛−原口
−−−−−原田−−−−− −−−−−村下◆檗檗檗

阪南大学 監督:須佐徹太郎
GK  1 原田直樹  182/78 4年 広島観音
DF 27 田渕大貴  173/65 1年 大阪桐蔭    
    4 永井鷹也  180/82 4年 ジュビロ磐田Y
    6 香川勇気  176/65 3年 滝川第二
   22 成田恭輔  174/67 3年 清水エスパルスY
MF 14 可児壮隆  172/63 4年 川フロンターレU−18
   18 江坂巧   169/60 1年 神戸弘陵
   24 山康太  172/65 1年 東福岡  
   23 外山凌   177/69 1年 前橋育英
FW  9 工藤光輝  170/66 4年 コンサドーレ札幌U−18
   13 河田篤秀  175/70 3年 阪南大学高
リザーブ
GK 21 大西将   174/68 2年 阪南大学高
DF  5 甲斐健太郎 180/66 1年 立正大淞南  
MF 19 北條貴紀  165/63 4年 阪南大学高
   38 河野勇太      1年 大阪桐蔭   
   15 高田祥生  175/65 4年 神戸科学技術
    7 阿部勇治  165/61 4年 鹿島アントラーズユース
FW 37 阿久澤慎       1年 ジュビロ磐田ユース


関学大 監督:成山一郎
GK 22 村下将梧  186/78 2年 東海大仰星
DF 23 原口祐次郎 173/64 3年 藤枝明誠
    6 沓掛勇太  180/78 4年 ジェフ千葉U−18
    2 福森直也  182/72 3年 金光大阪
   30 井筒陸也  178/71 2年 初芝橋本
MF 33 徳永裕大  169/62 1年 ガンバ大阪Y
   18 小林成豪  175/64 2年 ヴィッセル神戸Y
    7 関皓平   176/66 4年・主将 ガンバ大阪Y
   12 泉宗太郎  168/65 3年 桐蔭学園
   20 小幡元輝  163/58 3年 名古屋グランパスU−18
   18 小林成豪  175/64 2年 ヴィッセル神戸Y
FW 13 呉屋大翔  176/66 2年 流通経済大柏
リザーブ
GK 21 一森純   181/72 4年 セレッソ大阪U−18
DF 25 堀尾侑司  172/62 3年 セレッソ大阪U−18
   28 海野貴裕  181/74 4年 藤枝東
MF  5 平川直人  180/68 4年 ガンバ大阪Y
   19 浅香健太郎 172/68 3年 サンフレッチェ広島
   10 卯田堅悟  175/60 4年 野洲
FW 35 永澤圭祐      4年 大阪桐蔭

立ち上がりから阪南大が猛烈なプレスでペースをつかむ。関学大は気圧されてしまった。そして6分、23外山がペナ左を突破しクロスを工藤冷静に決める。1−0。工藤は古巣札幌入りが発表されたばかりのストライカーで、個人で打開する力はないが、周囲との連携で点を取るのが上手い選手。阪南大は河田が左コーナーを右利きで蹴る。まら両者ともにコーナーの守り方はゾーンである。13分には左サイドで河田が受けてトップスピードで切れ込みフリーでシュート、2−0。関学もТ悗思い切ったミドルもセーブ。決定機。22分、阪南大、ペナ右からFK、22成田の左足をファーで4永井がフリーでヘッド、左ポスト直撃。決定機。26分、阪南大可児がバックチャージで警告。30分、関学大款幡カットから呉屋へ、左フリー、中に入り切り返して左足シュート、GKはじきDFクリア、決定機。35分、関学大サイドチェンジ、右で泉が1対1になり阪南大22成田をかわして右クロス、33徳永ミドルも外れる。決定機。37分、阪南大温昇笋縫魯鵐鼻△靴し故意でないため警告は出ず。終盤にも関学大款幡の左クロスに呉屋ヘッド、左上隅に飛ぶもセーブされる。決定機。結局前半は2−0で終了。

ずっと阪南大ペースだった割りに関学大も呉屋の能力でシュートまで行っていて悪くない。いや押されている中でかすかな希望もあった、という程度だが。シュート数5(3)対5(2)、CK数1対3、GK数4対3、クロス数2対5、ファウル数5対9。

後半に入る。3分、阪南大9工藤がターンシュート、よく防ぎ左CKに逃げる。決定機。後半も阪南大ペース、11分、関学大仮林のカットからスルーパスに呉屋がGK原田の手に倒されPK。原田も必死に飛び出して手を伸ばしたがわずかに間に合わず反則となった。ちょっと可哀想なPK。これを呉屋自ら蹴り左隅を狙うが、タイミングが合い、原田好セーブ。こぼれの攻めなおしで関学大・小幡?がペナ内に切れ込みタテに仕掛けたところを阪南大可児がスライディングタックル、足に入り、ファウル。得点機阻止に近いプレーで当然警告で。前半にも警告を受けていたので退場。2点リードしているチームのすることじゃない。大学生なのだから状況判断をしっかりして欲しい。なかなか出なかったが、ゆっくり退場。このPKをΨ3櫃右上に決める。完璧なPK。2−1。阪南大の2トップはMFも出来るタイプじゃないので、どうするかと思っていたら24山→38河野。ボランチに入り、河田が右ハーフで工藤1トップ。しかし機能不全に陥っていく。阪南大右サイドは2人とも守備ができない。そして21分、そのサイドから関学大左クロスを呉屋がヘッドで決めて2−2とする。直後にも仮林の左クロスを呉屋に入るが撃てず。更にТ悗裏のスペースへ、呉屋が抜け出し、GK外してループも上に外れる。呉屋はこの日外しまくっている印象。超決定機。28分、関学大33徳永のポストプレーを款幡首都も決まらず。決定機。29分、関学大款幡の放り込みをΨ3櫃競り勝ち呉屋が蹴りこむ。2−3。ここで関学大泉→垣香。泉はよく走り、成田を圧倒していましたね。34分、関学大、款幡が左から切れ込みシュートも右に外れる。決定機。39分、関学大仮林→卯田、阪南大工藤→37阿久澤。45+2分、卯田のスルーパスを呉屋が決めてハットトリック。関学大33徳永→ナ神遏7覿稗押檻瓦能了。

結局阪南大は修正が効きませんでしたね。不用意な退場でサイドの守備が崩れ、バランスを失った。強かったのは阪南大だが可児の退場は自滅でしたね。プロに行くのだから、状況判断というか、情勢判断はしっかりしないと。呉屋は外しまくったのに帳尻を合わせたのが凄いです。徳永が頑張っていたけど、攻撃力がないので現状だと苦しい。基本フォーメーションは小林と関のドイスボランチではないでしょうか?

公式記録



2013年06月15日(土) クラセン15関西予選 C大阪和歌山−滋賀

クラブユース選手権(U−15)関西予選 
セレッソ大阪 和歌山U−15−MIOびわこ滋賀U-15
10時 堺S10 人工芝 曇り

和歌山          滋賀
−−−西口−−尾崎−−− −−−本田−−山下−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
竹本−睫據檗櫺疾遏殍婿魁‖臘諭歉泉−−増岡−中井
小畑−黒木−−濱−矢野 藤田−三村−井ノ尾−永池
−−−−−藤本−−−−− −−−−−武田−−−−−


C大阪和歌山
GK  1 藤本諒哉
DF  3 小畑甚
    5 矢野晃平
    6 濱廉
MF  7 睫變楷
FW  9 北山雄大
   23 尾崎僚
MF 14 下川大輝
DF 16 黒木蓮
MF 17 西口智大
FW 19 竹本仁

滋賀
GK  1 武田翼
MF  4 山下諒
DF  6 井ノ尾尊
MF  7 三村司
MF  8 増岡大地
MF 14 大塚朝光
FW 17 本田周作
MF 20 中井準人
DF 22 藤田廉人
   23 永池航也
MF 27 小泉拓也

さてこの試合はグループリーグの最終戦でG大阪、G大阪門真の三つ巴の争いをC大阪和歌山が展開中である。隣のピッチのG大阪とG大阪門真が大人のサッカーで引き分けたらC大阪には勝ち目はない。単に勝つだけでなく点差をつけて勝つことが求められる。

立ち上がり、C大阪和歌山は全部裏狙い。滋賀は猛烈に飛ばしてプレスを仕掛ける。睫攘の展開力を中心に大きくプレーし。北山君が突破を狙う。そしてすぐ北山君がFWに移り、23尾崎君が右ハーフへ。北山君は前線から激しく奪いに行き、チームに活気を与える。23尾崎君はなかなかいいミドルあり。23分、北山君へのクサビから鈎殍楫が左を突破してシュート、GKはじくもゴールイン。1−0。直後に23尾崎君から橋爪君。FWに入り北山君が右のハーフへ。C大阪和歌山が左サイドバックの小畑君が止めて蹴る基本がしっかりしていてクロスの狙いもいい。下川君は上がるタイミングがよく。睫攘とバランスもしっかり取れている。このインサイドが強力なので、安定感十分。前半1−0。

後半、竹本君→久原光生がRBに入り、小畑君がボランチ、睫攘が左のハーフ。ヌ靆邨がLB。27小泉君→木村君。43分(公式では39分)、滋賀、こぼれを泳榲弔蹴り込む。47分雲掌君のスルーパスを小畑君のスルーパスを通し、決める。2−1。両者フォーメーションをいじった59分、潅羸邨が左から3人抜き去りGKと1対1を決める。3−1。70分、滋賀潅羂羞がこぼれ球に反応しGKの上を抜いてゴール。3−2。試合終了。

結局となりのピッチは引き分けでC大阪和歌山の敗退が決まった。潅羸邨は関西トレセンで長身で突破力があってなかなか凄い選手なのだが、まだ1年生らしい。

公式記録



2013年06月09日(日) 高校総体兵庫大会決勝 市西−滝二

高校総体兵庫大会決勝 
市立西宮高校−滝川第二高校
13時 三木防災陸 並芝 晴れ


市西           滝二
−−−難波−−細井−−− −−−谷本−−星野−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−李−−−−−−
曽我部−豊原−辻本大西◆歔田−−山崎−−岩井−
藤原岡室−−柳−−池淵∧‥帖殍浪−−佐名−生藤
−−−−−秋元−−−−− −−−−−杉本−−−−−


市西 監督:大路照彦
GK  1 秋元優介  3年 ヴィッセル神戸伊丹FC
DF  2 岡室弘毅  3年 西宮SS
    3 池淵健人  2年 オージースポーツ
    5 柳圭佑   3年 東淀川FC
   13 藤原樹   2年 大社中
MF  6 辻本三輝  2年 ヴィッセル神戸伊丹FC
    7 豊原大智  3年 東淀川FC
    8 大西悠太  2年 上ヶ原中
    9 曽我部大地 3年 甲陵中
FW 10 細井優希  3年 西宮SS
   11 難波圭輔  3年 甲陵中

滝二
GK  1 杉本守   176/78 3年 セレッソ大阪西U−15
DF  3 福田風太  172/64 3年 イルソーレ小野フットボールクラブ
   15 佐名雅也      3年 センアーノ神戸
    4 万浪義史  177/65 3年 桐蔭学園中
   25 生藤弘樹      2年 セレッソ大阪西U−15
MF  9 増田大樹      3年 センアーノ神戸
   24 山崎舜一郎     3年 神戸FC
    7 李光        3年 神戸朝鮮
   13 岩井健人  167/59 3年 センアーノ神戸ジュニアユース
FW 10 谷本優   177/67 3年 シーガルフットボールクラブジュニアユース
   11 星野遼河  176/64 3年 西宮サッカースクールジュニアユース

立ち上がりから滝二ペース。バックパスに星野つめてシュートもDFに当てる。決定機。7分、滝二、裏へのロングボールに谷本がワンバウンドでシュート、大きく上に外れる。谷本は圧倒的に安定感のあるポストプレーが光る。LB福田、LH増田、トップ下李がレフティー。25生藤は上半身が強く、なかなかしっかりした守備。J‥弔肋紊るタイミングでクロスがいい。11分、滝二J‥弔離◆璽蝓璽ロスに星野スライディングシュート、右に外れる。決定機。12分、滝二増田の左クロスに星野裏を取りボレーも当たり弱い。滝二が中盤を支配しているのは、市西が全部当たり負けするひ弱さと、ファウルをしても止めるという気迫が足りない。サッカーは必死の守備をすればファウルになってしまうスポーツ。ファウルが多すぎるチームは単に汚いだけだが、ファウルを全くしないチームがクリーンなわけではなく、懸命に守っていないだけ。市西は当たり負けするなら、ワザとでいいからファウルで止めるべきだった。しかし一方的な滝二ペースが続く。17分、滝二李一人かわしてスルーパス、星野フリーで1対1を決める。0−1。ここで市西、輪になって話し合い。20分、滝二、ゴールキックからつないで岩井右クロスに谷本ヘッドも正面。決定機。22分、李の左クロスをファーに詰める岩井の前でDFカット。26分、市西DFのフィードに詰めた星野がブロック、GKと1対1になり、決めて0−2。滝二李に警告。市西豊原から曽我部の左クロスをカットしたところをシュート。初シュート。30分、滝二増田と李のワンツーから増田がシュート、右に外れる。決定機。結局前半は0−2。

シュート数1対11、CK数1対2、GK数11対1、クロス数1対9、決定機数0対7。市西にとってはあまりにも厳しいスタッツが並ぶ。ハーフタイムで建て直さないとどうにもならない内容だ。

後半開始直後、市西、ハーフ付近のFKを放り込み、こぼれを細井シュートもバー。決定機。9分、滝二、谷本に当てて競り勝ち、李に落として正面フリー、決めて0−3。12分、市西大西→服部。滝二岩井→梓篷棔∋埓将C嘲滋ぁ13分、滝二、右45度フリーシュート、梓篷椶左隅に決める。0−4。15分、滝二谷本→23服部、星野→嬰鎚奸17分、市西細井右を突破しミドルも上に外れる。19分、滝二スルーパスに23服部オフサイドをかいくぐりGKと1対1、上に外す。超決定機。21分滝二25生藤に警告。ラフ。22分、滝二25生藤がドフリーで右クロス、23服部ワントラップシュート決まって0−5。24分、滝二李→∋垓供B貽鵑牢袷瓦望,舛魍凌している。滝二増田の右CKに23服部シュートも上に外れる。決定機。27分、タテ一本に25生藤が抜け出し1対1も上に外れる。超決定機。結局盛り上がらないまま、0−5で滝二が大勝。

後半のシュート数は4対6、GK数2対6、クロス数3対8、決定機数1対6.かなり差があった。市西の星はキープ力があってなかなかのタレントだと思うが、孤立していた。大阪桐蔭が予選で敗退した今、関西勢で滝二がもっとも全国制覇に近いと思うが、予選でさして苦労していないのが不安だ。プリンス2部で力をつけるしかない。

5月はじめに全国高校総体の出場校を予想した。当たったのは全7校中阪南大高のみ。生で観ていない人ならもう少し当たったと思う。例えば、過去5年間の総体と選手権の最多出場校を予想するだけでもいい。しかしそれでは予想の醍醐味がない。まあこんなものでしょう。関西は年々混戦になってきているし、代表校のレベルも上がっている。代表校中今期唯一全く観ていない奈良育英は近畿大会で観るつもりです。



2013年06月08日(土) 高校総体滋賀決勝 野洲−比叡山 京都決勝 東山−洛北

多分大抵の人が思っているより関西の高校サッカーは混戦である。レベルが低くて同じ高校ばかり出る時代は終わった。冬の選手権予選は準決勝の段階ではなるべく滋賀を最優先していて、それは滋賀が層が薄いながらもレベルが高いからである。守りの堅い守山北の高校選手権ベスト4で自信をつけ、組織力の高い草津東の準優勝、そして技巧的で旋風を巻き起こし、全国制覇した野洲……。いまや滋賀のトップ校は間違いなく全国制覇を狙えるだろう。現在滋賀の第一集団は野洲・草津東・綾羽・守山北・守山・滋賀学園といったところで、それを水口・水口東・膳所・比叡山・北大津辺りが追っている。今年の高校総体予選は県リーグ1位の滋賀学園が初戦敗退するなど混戦で。勝ち上がったのは春先不調でプリンスでは負けが込んでいる野洲と、早崎監督の息子さんで、監督代行を務める早崎義晃監督代行率いる比叡山である。

会場の布引グリーンスタジアムは初来訪である。高槻から近江八幡まで通常運賃1,110円のところ、金券ショップで820円。そして近江八幡駅から最寄の大学前駅まで片道460円の往復920円だが、近江鉄道は金・土・日・祝に1デイスマイルチケットというのを出していて。800円で乗り放題なので、そちらを使う。近江八幡から八日市に出て、そこで近江本線に乗り換え、2駅目が大学前である。そこから東に一本道で20分歩くと布引グリーンスタジアムである。屋根付きの立派な陸上競技場。新しくて椅子もいい。ただ場内表示がなく。場内放送も最初にスイッチを入れたとき、ピーとか言う変な音が流れただけで、以降は一切なかった。機器の故障か?ということでスタメンは分からない。観客の入りは上々なのだから、もう少し観客フレンドリーでもいいと思うぞ。

高校総体滋賀大会決勝 
野洲高校−比叡山高校
11時 布引グリーンスタジアム 良芝 晴れ


野洲           比叡山
−藤浦−−中村−−田畑◆ 檗檗檗檗欷淅屐檗檗檗檗
−−−平石?−西村−− 二一−−−十番−−−二十
菅野−−−三−−−平田 −−−八番−−七番−−−
−−−尾崎−−松本?−− 九番−三番−−四番−十七
−−−−−小倉◆檗檗檗檗 檗檗檗檗欅貳屐檗檗檗檗


野洲高校 監督:山本佳司
GK  1 小倉将司  173/76 2年 千里丘FC
DF 21 松本 
    3 尾崎正浩  179/64 3年 セゾンFC
   15 平田佳太郎 180/68 3年 ヤスクラブ
    4 三クリストファー定 171/59 3年 聖泉JFC  
MF  9 菅野純   169/62 3年 国分寺中
    8 西村仁志  173/60 3年 ヤスクラブ
    6 平石
FW 18 藤浦裕也  167/52 3年 セゾンFC
   10 中村真輝  165/54 3年 セゾンFC
   22 田畑翔伍  173/58 2年 セゾンFC

比叡山観てまず思ったのは、ポジショニングが整理されていること。楽な体勢で受けることを意識していてポジショニングと姿勢がいい。守備も連動している。しかし同時にフリーの状態でパスミスしたり、数が揃っているのに中央突破されるシーンが目に付く。つまり高校でいくら指導されていても、それ以前の個人能力が足りない。2分、野洲、ワンツーで╂沼爾右を突破しグラウンダークロスに22田畑がニアで逸らして先制1−0。6分、比叡山20番の右パスを10番ターンし左足シュート、決まって1−1。野洲は人数揃っていたのにマークが甘かった。比叡山20番はスピードがあって突破力抜群。野洲中村は引いてきては細かいプレーで起点となる。16分、野洲がドリブルで中央突破を止めきれず、比叡山7番が倒し警告&PK。これを╂沼爾落ち着いて逆を突いて2−1。比叡山守備陣は細かい突破についていけない。カバーはしっかりしているけど、カバーごとかわされてしまう。23分、比叡山、ハーフ付近のFK、4番が前に出ていたGKの上を抜き決まって2−2。27分、野洲夏1此右を突破し左足ループ、比叡山GKワンタッチあって左ポストへ。28分、野洲菅野がオーバーラップ中に入れて誰かがシュートも比叡山キーパー、スーパーセーブ・超決定機。その左CKをκ神个い譴騰菅野が折り返し22田畑ヘッドも左に外れる。野洲のバックパスを比叡山10番が詰めてクリアをブロックも外れる。決定機。33分、比叡山10番スルーパスに8番届かず。更に横パスをカットし21番左クロスも中でカット。35+3分、野洲、左80度18mFKをκ神仭世Δ盂阿譴襦35分ハーフの前半終了。

前半シュート数5(3)対2(2)CK数1対0、GK数0対2。やや野洲ペース。

ハーフタイムで比叡山7番・21番→6番・23番。6番ボランチ、21番左ハーフ。3分、野洲中村タメて菅野へ、左クロスはスライディングタックルで防ぐ。6分、比叡山5番が身体を使って強引に中央突破、野洲H崎身体を入れてブロックし、GKキャッチ。8分、野洲中央の中村から╂沼爾悄∈犬22田畑とのワンツーで╂沼爾GKと1対1になり右隅に決める。3−2。9分、野洲╂沼爾坊拗陝1Γ沓暗截苅娃蹌藤法比叡山9番左足で狙うが外れる。野洲22番→25番。18分、比叡山ミドルパスが裏に、しかし5番で前でGKキャッチ。19分、野洲菅野に警告。野洲のSBは高い位置を取るから、サイドを疲れると苦しい。これを比叡山9番が左足で狙い、上のネットへ。距離はあったが、先ほどのゴールがあったので場内沸き立つ。直後にも比叡山5番のスルーパスに23番フリーで左クロスもカット。この辺りから比叡山は10番のロングスローを多用する。25分、9番の右CKを野洲キーパーパンチミス、こぼれを比叡山23番シュートミスで逸機。決定機。比叡山20番→11番、野洲6番→24番。28分、中のこぼれを18番藤浦ループも上に外れる。決定機。比叡山も早い攻めから左クロスに野洲GKと比叡山10番が激突。10番に警告。30分、比叡山10番のクロスに23番ヘッド、上に外れる。決定機。35分、野洲18番→11番。結局3−2でタイムアップ。

後半の決定機数は2対2。シュート数4対3。勝負はどちらに転んでもおかしくなかったが若干野洲が上だった。比叡山がいい体勢でボールを受けてもミスするのとは対照的に、野洲は無理な体勢でもコントロールできた。比叡山はしっかり教え込まれていた。技術の高い選手が入るようになれば、今後面白い。

この日は観客の入りも抜群に良かったし、見やすいスタジアム。しかし掲示板もないし、放送もしてくれないなら、別会場の方がありがたかった。


観客の多くは自家用車での来場だったようで帰りの近江鉄道にはあっさり乗れた。ただせっかくの乗り放題チケットなので観光にも行く。この日は旧豊郷小学校跡だ。まあ某アニメの舞台なんですけどね。聖地巡礼です。街には謎の萌えキャラのノボリが多数あり、ようこそ聖地へ、と書かれていた。コスプレやら女子高生バンドの生演奏などに圧倒された。いい小学校ですね。

再び近江八幡駅へ。「青少年に悪影響を与える図書ポスト」があり、現代の焚書の大嫌いな私は、こんな町に金を落とさないべく、食事を買うのはやめて京都で食べることにする。この日は京都でも決勝がナイトマッチで行なわれるのだ。京都駅付近で用事を済ませて地下鉄・阪急と乗り継いで西京極へ。最初は空いていたがたちどころに混み合うようになる。高校総体予選も決勝ともなれば混む様になりましたね。涼しくていいコンディション。決勝のカードは東山−洛北。プリンスでの対戦を観ている。その時は1−1の引き分けだった。

高校総体京都大会決勝 
東山高校−洛北高校
18時30分 西京極陸 良芝 晴れ


東山           洛北
−−−長束−−坂本−−− −−−水谷−−中大路−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
田辺鎌田◆歟羹亅⊂野 榎本−伊藤−−須原弘田
木原−茨木−−吉村−福重9睫遏歉野◆歇穃咫金井
−−−−−山千代−−−− −−−−−山本−−−−−

東山 監督:福重良一
GK  1 山千代勇斗 179/65 3年 吹田JFC千里丘
DF 18 福重瑛貴  170/58 2年 日章学園中
    4 吉村太希  180/62 3年 LEO FC
    5 茨木伸一  176/62 3年 城陽SC
    6 木原豪   176/56 3年 セレッソ大阪西
MF 19 小野功暉  170/62 3年 ヴィッセル神戸伊丹
    8 中出優気  166/60 2年 Jマルカ
   14 鎌田大地  180/66 2年 ガンバ大阪
   17 田辺耀士  168/59 2年 ガンバ大阪
FW  7 坂本泰輝  プログラムに記載なし
   13 長束剛治  170/65 3年 京都サンガU−15

洛北 監督:山岡宏志
GK  1 山本和哉  176/65 3年 京都JマルカFC
DF  2 高野直人  177/68 3年 ASラランジャ京都
    3 若林サトル
    4 小野吉充  175/65 2年 京都JマルカFC
   13 金井雄哉  170/62 3年 宇治FC
MF  6 須原洋生  171/59 2年 FC長岡京
    7 伊藤寛生  170/64 3年 宇治FC
    8 榎本裕   178/65 3年 葵FC
    9 弘田恭一  163/56 3年 宇治FC
FW 10 中大路健  169/62 3年 比叡蹴球団
   11 水谷勇貴  170/56 3年 醍醐FC

試合は35分ハーフ。立ち上がり、両者のチームカラーの違いが前面に出る展開となる。東山はCBが高さに強く、特にグ駝擇錬隠沓僑磽蹐覆ら競り方の上手さと空間把握能力で空中戦で勝ちまくる。鎌田はスペース察知能力が高く、攻撃時はタメを作って、スペースに的確なミドルパス、守備時もいいカバーを見せる。長束は常にバックラインと駆け引きし、裏を狙い続ける。基本的に中央からの攻めが多いチーム。対する洛北はサイド攻撃主体。両サイドアタッカーは快速でそれを活かすО貌の巧みな捌きや引いてた目を作る中大路のキープ力と、そこから裏を狙うスピード。6分、東山、右CK、鎌田のキックををグ駝撻悒奪鼻■韮砲呂犬、こぼれボレーはブロック。決定機。東山嬰鎚佞呂茲頑張り、攻守に奮闘。14分洛北ぞ野がミス、東山嬰鎚嫺佑湛むもGKはじく。決定機。15分、洛北┗殍椒ープから水谷左を突破するが左CKに逃げられる。CKはО貌が担当。18分、洛北スルーパスに中大路が快速を飛ばし追いつき左シュートもブロック。左CKへ。20分、東山、鎌田がキープしてタメを作り裏へのパス、長束がオフサイドをかいくぐりGKと1対1、ループで上を抜くが上に外れる。超決定機。洛北は弘田も快速。24分、東山グ駝擇見事なフィード、嬰鎚佞虜献ロスをШ篷椒悒奪匹眈紊乏阿譴襦7萃蟲 28分、東山左45度35mFK、グ駝擇鰺賈稔ぞ野がマークする。鎌田、直接狙うがDFブロック、こぼれを右クロス、ボレーは左に外れる。決定機。30分、洛北カウンター、┗殍椶虜献ロスにファー後方から走りこんだ中大路がフリーでダイビングヘッド、GK山千代が超反応でスーパーセーブ。いいGKだ。練習から思っていたが。結局前半は0−0。

決定機数4対1だし、東山ペースといえなくもないが、洛北のカウンターが冴えていたし、走力勝負になれば、洛北が得意とするところだし、中大路がゴール前で勝負できれば分からない。シュート数7(3)対4(2)、GK数4対6、クロス数7対4。東山とすれば前半で勝負つけたかっただろうが、洛北のシナリオどおりのように見える。

後半の入りは洛北がいい。そして8分、左スペースを突き、中大路が左ペナ内から戻し、ニアで水谷スルーО貌が決める。0−1。東山長束→黒木シュンジ。15分、嬰鎚妁25モリヤリョウ。16分、東山25モリヤのスルーパスに黒木抜けるがオフサイド。ギリギリの判定で東山ベンチが文句言ってレフェリーの注意を受ける。18分、東山、右CK跳ね返しを鎌田が入れて馨野ヘッド、右に外す。決定機。20分、洛北、右80度30mFK、中大路狙うが大きく上に外れる。東山は失点のショックから精神的に立ち直っていない。後半はずっと洛北ペース。22分、洛北の攻め、金井に通り右シュートも右ポスト、決定機。このあたり、中大路が攻守に奮闘。守備では前線から追い掛け回し、カウンターでは引いて受けて捌き、すぐにゴール前に顔を出す。25分、東山Ш篷椶フリーで切り返し左クロス、誰にも合わず。28分、洛北О貌の左CK、ファーの高野の前でDFカット、攻めなおしをО貌ロングも上に外れる。29分、東山、左40度30mFK、鎌田のキックがファーに飛び、誰も触れず枠に飛ぶがGKセーブ。。決定機33分、洛北金井→各8競肇ル。ロスタイムにも洛北カウンターから中大路引いて受けて左の┗殍椶悄▲撻米發播櫃譴襪PKならず。結局0−1でタイムアップ。洛北が全国へ。

後半のシュート数3(1)対5(2)クロス数2対4。完全に洛北ペースで終わってしまった。東山は本来のキャプテン北村が故障し、グ駝擇キャプテンマークをつけていたが、精神的に建て直せず。洛北が押している時間帯か、そうでなければこう着状態という展開で、東山の時間帯が全くなかった。これでは勝てない。勝敗の帰結は妥当だった。洛北は中大路が全国でも看板選手となれるが、ゴール前の仕事が増えれば更に強いチームになる。運動量や攻守の切り替えの早さ、伊藤が両サイドを活かすなど、スピード豊かな攻撃は脅威。中央からの攻めも欲しいが、洛北はじっくり回すスタイルじゃないので。現状のスタイルを伸ばせばいいんじゃないでしょうか。



2013年06月02日(日) クラセン関西予選 京都−神戸 C大阪−G大阪

クラセン関西予選J組も最終日。関西Jクラブ4クラブでリーグ戦を行い、上位2クラブが予選突破。下位2クラブは街クラブと代表決定戦を行なう仕組みである。最近は代表決定戦では大量得点差がつき、街クラブの勝算は薄そうだが、それでもJとしては1試合養分に戦わなければならない。姫路やフジタはかつてプリンスリーグで揉まれたクラブだし、センアーノもいい選手を送り出している。油断はできない。そういうわけでなんとか2位以内に入りたい。ここまでの経過は神戸が2勝で予選突破。G大阪が1勝1敗、C大阪と京都は勝ち点1だがC大阪が得失点差で1リードしている。第1試合の神戸対京都は京都が勝つことが最低条件で、しかも最低2点差をつけなければならない。

クラブユース選手権(U−18)関西予選 J組第3日
京都サンガU−18−ヴィッセル神戸U−18
13時 南津守 人工芝 曇り

京都           神戸
−−−奥川◆歛臉将◆檗檗 檗檗殃鈍鍬◆鬱搬次檗檗
−−−−−永島◆檗檗檗檗 檗檗檗檗歟羣筬 檗檗檗
−太田◆歙郷紂檗殃浸貝◆ 殄集供檗歸鏥廰◆歟羂罩
石岡⊂樟遏檗歛立−西村∋蓋◆歸讚 櫺淡鏑藤谷
−−−−−上田−−−−− −−−−−吉川◆檗檗檗


京都 監督:川勝博康
GK  1 上田智輝  178/80 96/03/03
DF  3 足立丈卓  184/76 95/07/17 イルソーレ小野
    5 松川宏二  176/69 96/03/05
   13 西村勇哉  175/67 96/04/26
   19 太田京輔  180/68 96/04/03
   20 石岡巧丞  172/68 96/04/22
MF  6 清水航輔  175/68 95/04/18
   14 永島悠史  169/58 96/07/12
   15 平山悠大  175/72 96/04/23
FW  9 奥川雅也  175/61 96/04/14
   11 大西勇輝  175/66 96/07/30 

神戸 監督:野田知 前所属記載なしはU−15出身
GK 21 吉川健太  175/72 96/06/25
DF  4 山口真司  170/56 96/04/26
   18 加古晴也  180/77 96/05/08 センアーノ神戸
   36 東隼也   175/65 97/11/13 伊丹
   34 藤谷壮   174/57 97/10/28
MF 25 棟久佳弘  181/76 96/04/25 クレフィオ山口FC
    8 中井英人  165/64 96/05/09
   33 中坂勇哉  171/62 97/08/05 
FW 10 表原玄太  165/66 96/02/28 阿南FCジュニアユース
   13 吉村祐輝  164/50 95/05/12
   14 米澤令衣  175/63 96/07/20 RIP ACE FC

両者第1戦と布陣が違う。神戸は最初4−3−3だと思ったが中央が明らかに引いている。戦術変更というより個性に合わせた布陣なのかもしれない。

たちあがり、支配率は五分である。神戸が圧倒的なポゼッションを見せるかと思ったが、意外と回せていない。25棟久は守備力が抜群だが、攻撃面でたまにミスをする。33中坂も決定的な仕事ができていない。消化試合と見てメンバーを落としたか?一方の京都はCBと清水の組み立てが抜群だが前線に入ると停滞する。つまり双方後方でのパスが多い。8分、神戸34藤谷が右を突破しパス、米澤がシュートもバー。決定機。藤谷という選手はものすごいスピードがあるわけでもないし、身体もできてないけど頭がいい。技術も安定していて、外にも中にもいける選手。18分、京都汗于左シュートも上に外れる。20分、神戸もワンツーから米澤がペナ内シュート、決まって0−1。米沢という選手はプレーの決断が早く、思い切りもある。24分、京都、正面27mFK、奥川が狙うも左に外れる。この辺りから神戸25棟久のボール奪取力が目立つようになる。33分、神戸34藤谷が右でもって左に出す、表原右足シュートも正面。39分、39分、京都永島の右クロスを清水が正面からシュートも上に外れる。決定機。神戸も米澤から中井が落とし表原ミドルが左隅をわずかに外れる。決定機。結局前半は0−1で終了。

シュート数6対5。GK数4対6.クロス数6対3、ファウル数3対5.支配率も決定機も互角だった。後半は分からないと思わせる展開なんだが、京都は前線が機能していない。奥川が窮屈そうにプレーしている。サイドでしかプレーできない選手にしたくないから、FWとして使っているのだろうが、こなせていない。

ハーフタイムで京都西村→29松下英右。神戸33中坂→28石井慧。京都は3−5−2二布陣変更↓

−−−奥川−−松下−−− 
−−−−−永島−−−−− 
石岡−平山−−清水−大西 
−−太田−松川−足立−− 
−−−−−上田−−−−− 

神戸の後方でのパス回しを封じ、またこの日は3トップじゃないから3バックでも大丈夫との考えか?50分、神戸吉村→各酖臂歓諭7分、神戸米澤に警告。ラフ。55分、京都、プレスから前線で奪い、奥川が切れ込み、右に切り返してシュート、決まって1−1。56分、京都奥川、中の崩しからシュート、左に外れる。60分、京都、右クロスを奥川逸らす、左に外れる。完全に京都ペースになった。直後にも京都29松下にスルーパス、GKブロック。決定機。63分、京都、裏に抜けた29松下にスルーパス、ペナ内でGKをかわしたところを倒され、神戸GK21吉川が一発退場。表原を下げてゝ抜欅式瓦GKに入る。そのPKで京都奥川が正面にコロコロと緩いボールを蹴る。当然キャッチ。謎のPKだ。過緊張か?リラックスしすぎて、相手を馬鹿にしたようなPKを蹴ったのか?いずれにせよ、まさかの失態で大チャンスを逃す。70分、藤谷→27山川哲史。71分、神戸、怒涛のオーバーラップから36東の右クロスを各酖膩茲瓩襦1−2。74分、京都大西に警告。74分京都、奥川が右CKを左足で入れて中にこぼれ永島が蹴り込む。2−2。80分、神戸中井→29金田拓海。京都永島のシュートが右隅を襲うがセーブ。決定機。83分、京都奥川の右から切れ込んだシュート、これもセーブ。決定機。神戸キーパーが当たってきた。85分、京都左70度30mFK、奥川狙うも正面。決定機。平山→28門司康成。91分、京都永島左シュートはバー。決定機。90分、京都蛎静帖↓汗于→牡筝拒ゥリビエ、∪ジ邑大智。神戸米澤→松井慎太朗。結局2−2で終了。

後半のシュート数は10(6)対2(2)。GK数1対7.クロス数4対1。間違いなく京都ペースだったし、勝つだけでなく、点差をつけて勝つチャンスだった。しかし自滅と神戸キーパーのセーブでどうにもならなかった。あの奥川のPKは理解し難い。ともに下級生主体のチームだが、迷いながらプレーしている感じ。神戸は強いけど、無理目な戦術にトライしているのがどう出るか。京都は両CBといい清水といい、永島の飛び出しといい、いい物は持っているのだが。

公式記録



第2試合は大阪ダービー。第1試合の結果、京都の入れ替え戦行きが決まり、G大阪が勝ち点3、C大阪が勝ち点1、つまり勝ったほうが予選突破、引き分けならG大阪が予選突破という状況である。つまりC大阪が勝つしかなく、相当な気合が入っていたことは想像に難くない。


クラブユース選手権(U−18)関西予選 J組第3日
セレッソ大阪U−18−ガンバ大阪ユース
15時20分 南津守 人工芝 曇り

C大阪          G大阪
−−−大津−−前川◆檗檗 檗檗殍緘◆歉川−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
阪本丸岡−−仲原高田∋坿櫚^羲蠍東−−山崎
温井橋本◆歛湿絖∨拗将‘眦帖殤妥帖檗殃\遏欅ど
−−−−−齋藤−−−−− −−−−−棟方−−−−−

セレッソ大阪U−18 監督:大熊裕司 前所属記載なしはU−15,西は西U−15出身
GK 22 齋藤和希  180/62 96/07/26
DF  2 橋本侑紀  178/65 96/05/05
   23 村上稜   182/70 96/09/19 小倉南FCジュニアユース
   16 温井駿斗  175/60 96/11/14 高槻市立第九中
   38 堀江大騎  164/57 97/04/10 西
MF  5 仲原潤也  164/56 96/10/12 西
    8 丸岡 満  170/65 96/01/06
   13 阪本将基  168/58 96/06/24 西
   24 前川大河  172/62 96/06/13 高槻myd FC
FW 12 高田和弥  162/52 96/05/07 スマイス・セレソン
    9 大津耀誠  182/62 95/08/07 


G大阪 監督:梅津博徳 前所属記載なしはジュニアユース出身
GK 16 棟方博文  180/75 95/04/18
DF 15 阿部勇輝  173/65 96/09/20
    3 和田一真  178/70 95/11/27
    4 福川和希  180/68 95/07/04
    5 内田裕斗  171/62 95/04/29
MF  6 東宏樹   175/68 95/06/28 門真  
   10 井手口陽介 170/71 96/08/23
    8 小川直毅  168/62 95/07/03 
   17 市丸瑞希  172/60 97/05/08
   28 妹尾直哉  172/59 96/08/15 津ラピドFC
FW 18 山崎拓海  167/60 96/05/04 

G大阪は得意の4−1−4−1の布陣でもなければ、フォアチェックのいい睫擇簔翅爾盖用していない。後半勝負の奇策か。市丸もインサイドではなくアウトサイドだし、小川はアウトサイドではなく、トップだし、色々試しているようだ。

立ち上がり、C大阪が猛烈なプレスを掛ける。しかしG大阪は6分、山の右パスを中でフリーの小川が決めて先制。0−1。セレッソとすれば出鼻をくじかれた。しかし8分、24前川が右深くを突破し、中にグラウンダーでマイナスのクロス、丸岡が難なく蹴りこみ1−1の同点に。9分、G大阪、右サイドのDFにC大阪大津がプレス、GKに戻すが、大津が全力ダッシュでプレスを掛け続け、棟方が蹴ったボールをブロックし、そのままゴールイン。2−1。G大阪のミスだが、大津の異常な執念が生んだゴールだろう。この大津は激しいフォアチェックを繰り返し、攻めでは空中戦にほとんど勝ち、足元のキープ力でも起点になり。と大車輪の活躍。直後にも┫櫺がつめて1対1のチャンス、セーブされる。決定機。20分にはG大阪┥川が突っ込むが芦弘罎ナイスカバー。暑いので給水タイム挟んで、C大阪芦弘罎虜舷爾からのクロスを大津浮かせてシュート、正面。決定機。33分、C大阪大津から阪本スルーパスに右の38堀江クロスが大外に流れ、ファウルゲット・ペナ左から┫櫺狙うも上に外れる。40分、G大阪音鎌から阿部とつなぎ┥川シュート、右に外れる。44分、C大阪ッ臉遒ら芦弘罎離螢拭璽鵑鬮ッ臉邵献ロスも合わず。前半2−1で終了


スタッツはシュート数4対6、GK数4対2、クロス数7対6、ファウル数7対6.前半の数字からは互角に見えるが、実際は全くのC大阪ペースだった全開でプレスを掛け、G大阪に何もさせなかった。大津の奮闘は別格だったし、丸岡や仲川の守備も光った。最終ラインはほとんど守備面での負担がなかったのではないだろうか。G大阪は前半のC大阪の前に無力だった。ただ、C大阪は明らかにオーバーペース気味なので、後半のペースダウンが気になるところだ。G大阪はどんな事情で睫擇簔翅爾魏溝犬靴燭里も分からないし。

ハーフタイムで28妹尾→高木彰人、音該蝣平尾壮。

46分、G大阪、井手口の右CK、O妥弔ヘッド、上に外れる。決定機。49分、G大阪、睫擇好トラップもナイスカバー。52分、瓜坿櫃キープから井手口へ、シュートはブロック。56分、裏を取った睫擇飛び出し1対1になりかけるがGKカバー、こぼれを睫攸世Δ盂阿譴襦D況萃蟲 C大阪橋本は両足でいいフィードを見せる。芦弘罎狼蚕僂呂△襪里世、SB的なスピードがなく、本来のぽいションじゃないことが分かる。64分、G大阪瓜坿櫃ら井手口へ、左クロスを┥川ファーでフリーヘッドも上に外れる。超決定機。67分、C大阪ッ羸遒坊拗陝さらに村上にも遅延で警告。FKで井手口からO妥張悒奪鼻■韮砲両絅察璽屐7萃蟲 72分、G大阪、┥川→中村文哉、C大阪阪本→Ф皹舗。中村と睫擇裡殴肇奪廚濃坿櫃右、平尾が左。C大阪カウンター高田、右スペースから切り返し左足シュート、正面。決定機。試合は完全にG大阪ペースへ。しかしC大阪も身体を張った魂のサッカー。シュートには身体を投げ出してブロック、走り負けもせず、井手口にも激しく当たって起点を作らせない。そして相変わらずの前線からの追い込み。前川は積極的に仕掛けて脅威になり続け、誰一人手を抜かないサッカー。瓜坿蘗廓魎箜づ諭37分、24前川→幹瀚槁靂。42分、C大阪、右スローイン、38堀江が裏に入れると、誰もマークしていなかった大津が右から抜け出し1対1となり、決める。3−1。44分、C大阪高田→平田翔。結局3−1で終了。G大阪O妥弔縫▲妊ショナルタイムで警告。ラフ。

まあC大阪の魂の勝利でしたね。前半からいけるところまで飛ばして、絶対終盤まで持たないと思っていたが、持たせてしまった。マン・オブ・ザ・マッチは大津でしょう。攻守に効いていた。あれほど全力でフォアチェックしていたのに、攻撃時でも起点になり、潰されることもなく、囲まれても味方につないだ。丸岡も怪我をして攻守に奮闘。仲川とのボランチが効いていたから下級生DF陣に負担がかからなかった。G大阪の気さくは何だったんだろう?睫擇中村を1トップに、市丸と井手口をインサイド、東が1ボランチの方が今期は機能していたのに。ケガでも抱えていたのだろうか。この日は高校総体大阪予選の最終日と重なっていたが、熱いゲームを観られて満足です。大津はこの日のハートがあれば、トップ昇格もあるのではないか?すぐに出場は無理でも、鍛えて身体作りをして、体重を5kg増やせば、トップでも戦えるのではないだろうか。本文では触れなかったが、G大阪の内田もタテを切られたら中に切れ込んだりと工夫を見せていた。堀江も必死に抵抗していたが、ややレベルが違った。両クラブ下級生に逸材が多いのもいいですね。G大阪の井手口や市丸、睫擇肋来のA代表の可能性も感じさせた。

公式記録



2013年06月01日(土) 高校総体大阪予選決勝リーグ第2日 履正社−阪南大高 近大附−金光

高校総体の大阪の出場枠は2校である。今年の全国大会は男子は福岡、女子は佐賀だ。出場校はベスト4によるリーグ戦で決定する。毎年対戦順などによる様々なドラマがある。第1日は金光大阪5−2履正社、阪南大高2−2(PK勝ち)近大附である。PK戦は勝ち点や得失点差、総得点で並んだ場合の順位決定法である。試合は35分ハーフ。

第1試合は履正社−阪南大高。これまで観た限りはともに3トップだが方向性はまるで違う。履正社は徹底的にパスをつなぎ簡単にクロスを上げず崩してからシュートする。阪南大高は3トップがポジションチェンジを多用し、裏を狙い、トップ下の中心選手奥平が自在に前線を操る。組織的なプレスによる守備も見所だ。

高校総体大阪予選 決勝リーグ第2日
履正社高校−阪南大学高校
11時 堺S1 天然良芝 曇り


履正社          阪南大高
−−−−−福田−−−−− −−−奥平◆歉湘帖檗檗
岡田−−−石川−−−宮原 −−−−−−−−−−−−
−−−多田◆歸銚◆檗檗ゝ氾牒村上−−永田高橋
小川∩袿掘檗欟盪辧歉床 西川南木−−富林−前田
−−−−−安川◆檗檗檗檗 檗檗檗檗蘖燹檗檗檗檗檗檗


履正社 監督:平野直樹
GK  1 安川魁   2年
DF  2 小川明   2年
    3 相澤拓実  3年
    5 金子恭輔  3年
    8 松岡拓郁  3年
MF  6 多田将希  2年
    4 田口宏仁  2年
   13 岡田裕希  3年
   10 石川玲   3年
    7 宮原直也  3年
FW  9 福田啓二  3年
 
阪南大高 監督:濱田豪
GK  1 園良友樹  3年
DF 16 富林頌仁  3年
    4 南木健宏  3年
    3 西川峻也  2年
    2 前田一樹  2年
MF  6 村上健太  3年
   14 奥平翼   2年
   25 永田遼   2年
    8 吉田恵人  2年
FW  7 松田吏王  3年
   10 高橋佳   2年

阪南大高は立ち上がりからボールを奪って素早くタテに攻めきるサッカーを見せる。2分、正面25mFK、南木(左足)、富林(右足)が構え、富林狙うも上に外れる。β湿紊砲魯蹈鵐哀好蹇爾△蝓て醋擇鉢西川はレフティーで、特にて醋擇倭農欧蕕靴ぅ侫ードあり。阪南大高は4−4−2に布陣変更。奥平もトップ下でもシャドーでもな、トップ脇でもなく、最前線である。5分、ロングボールに阪南大高┻氾弔裏を取り1対1mボレー外す。超決定機。Gkが出る判断を躊躇した。12分、阪南大高Ь湘弔裏を取り、右で1対1、タテに仕掛けマイナスのグラウンダークロスも誰もいない。16分、阪南大高、左FKにて醋擇離ックが高橋のヘッドに合うが上に外れる。履正社β薪弔魯譽侫謄ーで落ち着いている。┥床は状況判断がよくて技術もしっかりしていていいSB。守備力もある。17分、履正社岡田の左クロスを福田ボレーも上に外れる。決定機。18分、そのゴールキック。阪南大高は履正社のチェックの甘さを突き、ハーフラインを超えた吉田がトラップして後方に戻し西川が前方へフィード、すると今度は履正社の裏ががら空きで奥平が全くのフリーで抜け出しGKと1対1を決める。0−1。履正社の弱点である守備の甘さが出てしまった。27分、履正社づ銚に警告。阪南大高Ь湘弔梁を蹴って倒した。このFKを杏拯喀海襪眈紊乏阿譴襦28分、阪南大高奥平のカットから高橋、∩暗弔箸弔覆、クロスはカット。SBのクロスは初じゃないだろうか。履正社はウイングがクロスを上げている。結局前半は0−1で終了。

シュート数1対7(2)、CK数1対3、GK数3対2、クロス数6対3、ファウル数10対3。履正社は自陣ファウルが多い。つまり攻撃から守備の切り替えが遅く、いったん引かざるを得ないということだ。バルサを意識しているのだろうが、ここが決定的に違う。阪南大高がタテに早いサッカーとはいえ、なんとかならないのか。

ハーフタイムで履正社У楔侠緩厂邊佳澄複映)。38分、履正社福田に警告。フォアチェック。39分、履正社づ銚が警告2枚で退場。ロングボールの競り合い。右80度30mFKで阪南大高25永田とて醋擇構え、南木狙うも左に外れる。惜しい。42分、阪南大高奥平カットからЬ湘弔悄▲潺疋襪右隅に決まる。0−2。これで履正社があきらめると一気に点差がつくパターン。45分、て醋擇離侫ードをЬ湘弔膨未襪、履正社DF戻り必死にカバー。履正社⊂川→瀧本高志(2年)左ウイング。岡田がLB。4−2−3の布陣。しかし直後に岡田が足を攣り、24田中駿太(1年に交代)。履正社は2バック気味に攻めるが、次々に足を攣る選手が出てきて苦しい。67分、阪南大高高橋→田中凌(2年)。71分、履正社が前線に上がっていたザ盪劼DFが被ったのを見て抜け出し決める。1−2。72分、履正社福田が警告2枚で退場。結局1−2で終了。

履正社は最後まであきらめていなかった。しかしこの瞬間履正社の全国行きは消えた、ということは最終戦の近大附戦は消化試合になるということだ。無気力試合になるのが心配だ。
阪南大高はもう少し点差をつけて勝ちたかっただろう。しかし中盤省略のサッカーは相手が一人退場になっても変わらず、攻め急ぎすぎた。奥平以外目立った選手はいない。支配できる中盤を活かしきれなかった。




さて第1試合の結果を受けて、第2試合は金光は必勝となった。近大附は最終戦の相手が全国行きの可能性の消えた履正社。最悪無気力の可能性がある。金光は阪南大高戦相手だから、死に物狂いのカードである。したがって、この日のうちに楽になっておきたい。


高校総体大阪予選 決勝リーグ第2日
近畿大学附属高校−金光大阪高校
13時 堺S1 天然良芝 曇り

近大附          金光
−−−川上−−江本−−− −−−山田−−大久保−−
−−−−−辰巳−−−−− −−−−−−−−−−−−
下田−黒岡−−京井−田上 海老名−盛田−ショ−島津
−−柴田−吉野−鈴木−− シン−木村−羽田−イズミ
−−−−−川路−−−−− −−−−−イワタ−−−−

近大附 監督:山田稔
GK  1 川路雄太
DF  3 柴田はじめ
    4 吉野晃基
   12 鈴木直也
    5 黒岡篤史
MF  6 京井
    7 下田義起
    8 田上怜
   16 辰巳輝弥
FW 13 川上青空
   15 江本遼

金光 監督:岩松哲也
GK  1 イワタ
    2 イズミ
    3 木村
    4 羽田
   15 シンカ
MF  6 島津
    7 ショウドウ
    8 海老名
   10 盛田
FW 11 山田
    9 大久保
 
金光の選手名は放送のみがソースなので漢字も怪しいし、無論聞き取れているかも分からない。本部に交渉したが、今年から一般ファンはメンバー表もらえないので。

立ち上がり、金光は早い攻めでペースをつかむ。盛田は抜群のキープ力で起点になり、裏やサイドのスペースを突く。こぼれ球の回収率が高いので、2次、3次攻撃に続く。非常に単調だが、バランスに難がある近大附には効果的な攻撃となる。しかしシュートまではいけない。5分、2番の左CKを10番打ち切れず。10分、金光10番盛田キープから8番海老名左クロスもGKキャッチ。12分、近大附、ス岡ロング、上を襲うがセーブ。左CKへ。7番下田が入れて川上ファーで折り返し鈴木ヘッド。決まって1−0。パターンどおりのサインプレー。ここで一気に膠着へ。25分、金光Д轡腑Ε疋Δ虜牽達砲鯊膤阿猫┳は渓哨椒譟爾皹Δ乏阿譴襦7萃蟲 30分、金光Д轡腑Ε疋Δ蹴ってL畋爾料阿韮韮縫僖鵐繊△海椶譴鮑献ロスもGK防ぐ。結局前半は1−0。

シュート数2(2)対2(1)クロス数7対5。金光のサッカーは個人能力で上回ることが前提のサッカーなのでサイドが突破できないと薄い攻めになってしまう。守備も高くて能力の高い3番の個人能力などに頼っている。4番もいいCB。しかし組織力がきっちり整備されていないし、だからといって個人能力を育てるサッカーでもないし、運動力に頼ったサッカーでは鍛えられている近大附相手には厳しい。主将の10番は引き球を多用してキープし、巧みなターンでマーカーを外すが、相手も徹底マークしていて機能不全。11分、金光け田のフィードに盛田ペナ内に突っ込んで倒れるがPKならず。まあ明らかにPKではなかろう。シンカは右利きで左クロスが上げられず、右足キックも精度を欠いた。近大附川上、庵ぬΒ(FW)、粥淵肇奪弉次法15分、浮き球を近大附
京井がハーフボレー、右上。決定機。金光け田は上半身が強くロングスローを放り込む。また自陣FKはシンカが全部ゴール前に入れてくる。しかし近大附も甘くなく、全部跳ね返す。18分、近大附、右80度30mFK、Р偲弔右FKも足攣っているっぽくミス。更に突破倒しР偲弔坊拗陝6畭臧蹲│24。19分、金光シンカのロングスローのこぼれを盛田ボレーも正面。決定機。24分、金光Г裡藤砲鬮盛田落とし山田へ、しかしGKキャッチ。近大附も右放り込みに落としの前へ、クリア。決定機。残り時間は金光は左ならシンカ、右ならけ田が全部ロングスローや放り込み。しかし実らず。31分、近大附→◆金光Β押併坿檗烹械簡、金光Д轡腑Ε疋Δ坊拗陝カウンターを故意に止める。結局1−0でタイムアップ。双方創造性に欠けた試合だったが、パワーに優る近大附が中でこらえた。金光は個々の能力は高いのに。どうしてこうも一本調子になるのか。盛田が封じられるとどうにもならなかった。

近大附は勝ち点4で最終戦が既に全国行きの消えた履正社だから、勝つ公算が高い。結果は引き分けだったが、案の定突破。金光は阪南大高相手に引き分けでもダメで、結局引き分けてしまい、近大附と阪南大高が予選を突破した。

近大附は全国では吉野竜などの中心選手が怪我から復帰してくる。体力を消耗するサッカーだから夏場の連戦は厳しいと思うが、どこまで戦えるか。阪南大高は奥平以外目立つ選手はいないが、組織力は現段階でずば抜けているので期待度大。どこが相手でも戦えるでしょう。


 < 過去  INDEX  未来 >


T.K. [MAIL]