サッカー観戦日記

2007年06月23日(土) 練習試合 U−15日本代表−ヴィッセル神戸ユースB  

この日は本格的に始動したU−15代表の練習試合を観る事にしていた。しかし疲れが溜まり、朝ゆっくりしてしまった。おそらく10時30分キックオフだろうな、と思いつつのんびりし、11時になっても名谷にいる。西神南につくとあいにくバスはなく、やむなくタクシーを探すが一台もない。歩いていくことにする。結局後半始まってから到着。時計はチェックせず、各プレーの時間は分からない。神戸はプリンスの関係もありBチーム。

練習試合   
U−15日本代表−ヴィッセル神戸ユースB
10時30分 いぶきの森 晴れ ピッチ良

U−15代表
−−−山嵜−−神田−−− 
−−−−−−−−−−−− 
堀米−岡本−柴崎−宇佐美 
菅原−竹内−高野−和久田 
−−−−−三浦−−−−−

右のハーフでプレーしていた宇佐美君はあまりボールに絡まず冴えないプレーだったらしい。昨年のJユースカップで右でプレーしたときも冴えなかった。左のハーフだとタテに突破せず、中に突破してばかりだが、右のハーフに入ってもやはり中に突破ばかり狙っている。トップ下のポジションだったら良かったかもしれない。後半半ば、GKの三浦君のフィードを受けた宇佐美君が後ろ向けで受けて、後方へノールックパス。神田君がGKと1対1となり、落ち着いて決めた。直後にロングフィードに山嵜君が抜けて1対1を決めて加点。しかし神戸もゴール前で武内君の安易な飛び込みをかわしシュート、決まって1点返す。

この試合では柴崎君がクレバーなプレーで輝いた。中学生ながら青森山田高校レギュラーでプレーしているだけはある。中盤にボールが入れば素早くチェックし、攻めにも絡み、すきあれば前線にも絡む。レギュラーの可能性大とみた。

GK三浦君は良く声を出し続け好印象。決定機を良く防いだ。次も代表に呼びたい選手。

RB和久田君は守備をしない宇佐美君のフォローに駆けずり回った。守備は甘い。やはり攻撃の選手ということか。

CB高野君は安定感十分だった。しかし前半の内田君のほうが良かったらしい。まあ現時点では内田君のほうが上だろう。好スイーパー。

コンビを組んだ武内君だが、不慣れなのか、イマイチだった。ストッパー役としては間合いの取り方が悪く、不安定。

LB菅原君は安定感十分。しかし代表レベルでのアピールを考えると、もう少しやれたかもしれない。

RH宇佐美君は守備では穴でGK三浦君が「戻れ」と叫んでも戻れないことが多々あり、相手に狙われてしまった。攻撃面ではチーム1の能力を見せた。左のハーフ候補には柴原君ら好選手がおり、左右のバランスの取れた攻撃が出来るようなチームになるかもしれない。現U−17の柿谷のような存在になりうる選手。

ボランチ柴崎君は下がり目で守備主体のプレー。現時点ではレギュラー候補1番手。

岡本君は柴崎君と対照的に存在感を示せなかった。上がり目だが攻撃面でも光らず。

LH堀米君は強い攻撃意欲を見せた。このポジションは柴原君が有力と思っていただけに思わぬ発見だった。レフティー。

FW神田君は攻守に良く動き、意欲の高さを示した。完成度は高い。後は大きくなれば。

山嵜君は光らず。チームにフィットしていなかった。

なお前半はGK1番、内田君・中島君・杉本君・土居君が出ていたらしい。
おそらくこの日出てなかった選手はクラセン予選やプリンスに出ていたと思われる。

【スタッフ】
■監督:
池内 豊
IKEUCHI Yutaka 【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

■コーチ:
山橋 貴史
YAMAHASHI Takashi 【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

■GKコーチ:
岡中 勇人
OKANAKA Hayato 【(財)日本サッカー協会 ナショナルトレセンコーチ/大分トリニータ】


【選手】
Pos.
氏 名
NAME 生年月日 身長/体重 所 属

■GK:
嘉味田 隼
KAMITA Jun 1992.01.17 182cm/74kg ヴィッセル神戸ユース

藤嶋 栄介
FUJISHIMA Eisuke 1992.01.31 184cm/72kg 熊本県立大津高校

三浦 龍輝
MIURA Ryuki 1992.05.17 175cm/65kg 町田JFCジュニアユース

■DF:
中島 龍基
NAKAJIMA Ryuki 1992.01.12 168cm/56kg 青森山田高校

岡本 洵
OKAMOTO Makoto 1992.04.09 175cm/55kg 松山市立三津浜中学校

田代 諒
TASHIRO Ryo 1992.04.15 177cm/60kg 清水エスパルスジュニアユース

武内 大
TAKEUCHI Dai 1992.05.31 179cm/67kg 雲仙市立国見中学校

菅原 康介
SUGAWARA Kosuke 1992.09.19 171cm/65kg コンサドーレ札幌U-15

高木 善朗
TAKAGI Yoshiaki 1992.12.09 165cm/60kg ヴェルディジュニアユース

宮市 亮
MIYAICHI Ryo 1992.12.14 171cm/58kg シルフィードFCジュニアユース

高野 光司
TAKANO Koji 1992.12.23 173cm/63kg ヴェルディジュニアユース

■MF:
望月 聖矢
MOCHIZUKI Seiya 1992.04.19 170cm/55kg ガンバ大阪ジュニアユース

柴原 誠
SHIBAHARA Makoto 1992.04.23 165cm/53kg 清水エスパルスジュニアユース

大森 晃太郎
OMORI Kotaro 1992.04.28 165cm/55kg ガンバ大阪ジュニアユース

宇佐美 貴史
USAMI Takashi 1992.05.06 174cm/53kg ガンバ大阪ユース

和久田 章太
WAKUDA Shota 1992.05.17 174cm/63kg ヤマハジュビロ浜松

土居 聖真
DOI Shoma 1992.05.21 168cm/56kg 鹿島アントラーズジュニアユース

柴崎 岳
SHIBASAKI Gaku 1992.05.28 172cm/62kg 青森山田中学校

杉本 健勇
SUGIMOTO Kenyu 1992.11.18 181cm/68kg セレッソ大阪U-18

堀米 勇輝
HORIGOME Yuki 1992.12.13 166cm/57kg ヴァンフォーレ甲府ジュニアユース

■FW:
神田 圭介
KANDA Keisuke 1992.01.29 163cm/57kg 鹿島アントラーズユース

原口 拓人
HARAGUCHI Takuto 1992.05.03 172cm/56kg ガンバ大阪ジュニアユース

山嵜 駿
YAMAZAKI Shun  1992.05.23 178cm/68kg 柏レイソルU-15

宮吉 拓実
MIYAYOSHI Takumi 1992.08.07 170cm/63kg 京都サンガU-15



2007年06月03日(日) 高校総体大阪予選 決勝リーグ第1日 大阪桐蔭−北陽

高校総体大阪予選 決勝リーグ   
大阪桐蔭−北陽
11時 高槻総合スポーツセンター陸 曇り ピッチ並

大阪桐蔭         北陽
−−−森脇−−満生−−− −−−−−館村−−−−−
−−−−−−−−−−−− −−小島−−−−曽谷−−
阿部−西林−−清水−榎本 −夏狩−−石橋−−水谷−
保井−永瀬−−門−−日高 大審−橋本−−榊原−岡−
−−−−−荒木−−−−− −−−−−森田−−−−−

放送を聞いて書き写したメンバーなので漢字が正しいかどうか分からない。大審(ダイシン)、夏狩(ナツカリ)曽谷(ソヤ)館村(タテムラ)あたりが特に怪しい。

大阪桐蔭はおそらくほぼベスト。創部されて以来固定メンバーでやってきたので、コンビネーションは抜群に良い。
北陽は発表では水谷がFWで4−4−2だが、実際は4−3−2−1。水谷は阿部を徹底的に見る形。

序盤から大阪桐蔭が攻勢。北陽はシュートどころか攻め込むシーンがほとんどない。後方に人数をかけ過ぎ、奪った後のFWが孤立し、すぐに奪い返される。そして20分、左CKのこぼれを満生が右から放り込み、榎本が決めて桐蔭先制。24分には阿部の右クロスを永瀬が正面ヘッドでファーサイドネットに決めて2−0。前半はシュート数6対1、完全に桐蔭ペースで力の差を感じた。

後半立ち上がり北陽が可能性の低いシュートを2本放つ。すぐに桐蔭ペースになる。しかし得点はならず。17分、桐蔭・森脇がオフェンスファウルで警告。24分、桐蔭・保井→福原。27分、桐蔭、自陣からパスをつなぎ、満生ノーステップシュート、GKセーブ。決定機。直後に桐蔭・榎本→押。28分、桐蔭、阿部の右CKをファーで門がヘッドでつなぎ、満生ヘッドで右隅に決まる。3−0。29分には満生のミドルが決まり4−0。31分、桐蔭・森脇→稲。32分、満生→高山。33分、桐蔭、左からの崩し、阿部のシュートは右に外れる。決定機。34分、桐蔭・西林→宮崎。タイムアップで桐蔭が大勝。

桐蔭は後半もシュート数7対2とペースを掴み、北陽に思うようにプレーさせなかった。確かに強い。北陽は桐蔭用に策を講じたが実らなかった。



2007年06月01日(金) 今年の観戦結果(5月まで)

観戦結果

1月2日
高校選手権2回戦 野洲−真岡 
丸岡−初橋

1月3日
高校選手権3回戦 室蘭大谷−作陽 
青森山田−静学

1月7日
全日本ユース(U−15)フットサル準々決勝 大分−長岡JYFC
松戸クラッキス−大阪セントラル

1月14日
女子インカレ決勝 日体大−大体大
男子インカレ決勝 駒大−早大

1月27日
全日本フットサル 1次ラウンド 大洋薬品−ボツワナ
FIRE FOX−旭川

1月28日
 滋賀高校新人戦決勝 野洲−草津東

2月4日
 大阪高校新人戦5回戦 柏原−槻の木

2月10日
モルテン杯U−13大会 2次リーグ G大阪−川上FC

2月11日
京都高校新人戦準々決勝 立命館宇治−京都学園
洛北−平安

2月18日
亜‖膾綛盥賛型誉鏃莨 〕正社−大阪桐蔭

3月3日
院。複佳茖雲瓠ゝ都−札幌

3月10日
JFAプレミアカップ関西大会 京都S−V神戸
エストレラ姫路−甲南中
高田FC−和歌山大教育学部附属中

3月11日
21 J2第2節 京都−湘南

3月17日
22 J1第3節 G大阪−広島

3月21日
23 大垣フェス 前橋商−奈良育英

3月25日
24 J2第5節 C大阪−京都

4月4日
25 ナビスコカップ G大阪−千葉

4月7日
26 関西学生春季リーグ2部第1節 大商大−兵教大
27 関西学生春季リーグ第1節 大体大−大院大

4月8日
28 プリンスリーグ関西B第1節 野洲−姫路
29 プリンスリーグ関西A第1節 京都−G大阪

4月14日
30 関西学生春季リーグ第2節 近畿大−大院大
31 桃山大−阪南大

4月15日
32 プリンスリーグ関西B 大阪桐蔭−伏見工
33 プリンスリーグ関西A G大阪−初橋

4月21日
34 関西学生春季リーグ第4節 京産大−関学大
35 桃山大−大体大

4月22日
36 プリンスリーグ関西B 大阪桐蔭−明石南
37 プリンスリーグ関西A C大阪−神戸科技
38 G大阪−滝二

4月29日
39 プリンスリーグ関西B 伏見工−明石南
40 プリンスリーグ関西A 京都−神戸

5月3日
41 プリンスリーグ関西B 姫路−伏見工
42 プリンスリーグ関西A 京都−滝二

5月5日
43 フットサル国際親善試合 日本−アルゼンチン

5月6日
44 J2第14節 京都−東京V

5月9日
45 ナビスコカップ G大阪−広島

5月12日
46 大阪クラブユース選手権 G大阪−川上FC

5月13日
47 AFCフットサル選手権 日本−フィリピン
48 タイ−クウェート
49 ウズベキスタン−イラク
50 タジキスタン−香港

5月19日
51 AFCフットサル選手権 3決 ウズベキスタン−キルギスタン
52 決勝 日本−イラン

5月20日
53 クラセン関西大会(U−18) 姫路−枚方
54 G大阪−C大阪

5月は14試合観戦。やはり増えてきた。6月はどうなるか。現時点での予定メモはこの通り。

2日(土)
関西学生選手権 準決勝 11時 鶴見緑地
関西クラブユース(U−15) C大阪舞島G 万博人工芝G 10時30分
G大阪−FCライオス 姫路−高田 京都−柏原FC

3日(日)
高校総体大阪予選 決勝リーグ第1日 11時 高槻総合SC
大阪桐蔭−北陽 清風−大阪朝鮮 

9日(土)
高校総体大阪予選 決勝リーグ第2日 11時 高槻総合SC
大阪桐蔭−大阪朝鮮 清風−北陽

10日(日)
関西学生選手権 3決・決勝 11時 ユニバー
高校総体大阪予選 決勝リーグ第3日 11時 高槻総合SC

16日(土)
関西クラブユース(U−15)アクアパルコ洛西 11時30分

17日(日)
プリンスリーグ関西 第6節 野洲−大阪桐蔭 神戸−G大阪 11時 ビッグレイクC

23日(土)
J117節 G大阪−FC東京

24日(日)
関西学生春季リーグ 入れ替え戦第2戦 阪南大−大教大 大院大−姫獨大 11時30分 鶴見緑地


 < 過去  INDEX  未来 >


T.K. [MAIL]