コラム?
目次


2021年12月12日(日) わたしは「セロ弾きのゴーシュ」読んでます。

今日読んだ言葉たちから。

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一般的に言って、現地はですね、いい意味でも、悪い意味でも、この、
人間がむき出しに見えるところなんですね。まあ、そういうところが
魅力と言えば魅力なんでしょうかね。挙げるとすれば、たしかに貧しいですけれども、あれだけ飢餓はある、水はないという中で、みんながくよくよしているかというと、ちっともそうは見えないんですね。
むしろ、日本人のほうがくよくよしている。そのあかるさがどこからくるんだろうかと。
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現地では、ひと言で言えば、命ということが非常に鮮明に浮かび上がってくるんですね。それを通して、こっちも、何か、大げさに言うとですね、人間として、最後まで失っちゃいけないものは何なのか、何を失ってもいいのか、何かヒントがあるような気がするんですね。
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これは最近ますます思いますが、命を粗末にする風潮が、このごろ、世界的に広まってきている。特に先進国の中で。自殺というのも命を粗末にすることです。人が生まれてきて、生きて死ぬという実感を、みんな、なくしつつあるのではないかという気がするわけですね。
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


含蓄ある言葉たちが少しずつ副題の「中村哲が本当に伝えたかったこと」を伝え始めてくれたような気がしています。


レー子 |MAILHomePage