doo-bop days
ブーツィラの音楽雑記



 ジミ・ヘンドリックスのLD『ライヴ・アット・ウッドストック』

ピッチの調整が出来るCDプレーヤーを持っている。DENONのDCD-1515ALGがそれで、買ったのは10数年前だろうか。
購入した目的は、ピッチの狂っているブートCDを聴くため。ピッチが明らかに狂っていると聴く気が失せるし、そういうブートCDを何十枚も所有かつ今後も確実に増えていく状況にあったので、私にとっての必需品として買った。
ピッチを調整して聴いたのは、個人的にはジミ・ヘンドリックスとレッド・ツェッペリンのブートCDが特に多い。

ジミ・ヘンドリックスの1969年8月18日のウッドストックにおけるライヴを約55分収録したレーザー・ディスク『ライヴ・アット・ウッドストック』(1992年12月発売の日本盤)を持っている[BVLP-86(74321-12442-6), VHSも同時発売]。この映像作品が1992年に発売されるまでは、ジミのウッドストックでのライヴ・パフォーマンスはオフィシャルでは10数分間しか見られなかったので、不完全収録ながら1時間弱も収録されているのは、ジミのファンとしてありがたかった。
しかしながら、このLD『ライヴ・アット・ウッドストック』は信じられない欠陥商品で、オフィシャルでありながら、ピッチが明らかに高い(速い)。
ジミのライヴ・パフォーマンスは繰り返し見たいのだが、ピッチが狂っていることによる違和感が大きすぎるので、LD『ライヴ・アット・ウッドストック』は、今までに恐らく10回くらいしか見ていないと思う(後年、同一内容のDVDが何度か発売されているが、それについては購入を見送っているので、ピッチは未確認)。

私がチェックした範囲では、LD『ライヴ・アット・ウッドストック』のピッチが高い(速い)事実を指摘している音楽雑誌は、1992年12月の発売当時なく、このことにも憤慨していた。唯一指摘していたのは、それから約3年後のブート専門誌『ゴールド・ワックス』1995年35号P.140における「音源のスピード調整講座」しか、寡聞にして知らない。
ちなみに、「音源のスピード調整講座」では、ジミは半音落としのギター・チューニングであるのに対し、ノーマル・チューニング・ピッチで盤に落としてしまったのが、ピッチが速い理由ではないかと推測している。

7/15、ジミ・ヘンドリックスのオフィシャル・サイトから、2DVD『LIVE AT WOODSTOCK [THE DELUXE EDITION] 』の発売告知のメールが送られて来た。日本盤は9/21に発売が予定されている。当然ピッチは正常だろう。約3週間後の発売が待ち遠しい。

ジミ・ヘンドリックス、ウッドストックのスペシャル版DVDが登場! (『CD Journal.com』7/26付)

2005年08月30日(火)
TOP Antenna MAIL About