doo-bop days
ブーツィラの音楽雑記



 「だから、私は歌い継ぐ−アイヌのウポポと八重山の唄−」CSで再放送

OKIの1stアルバム『KAMUY KOR NUPURPE』と安東ウメ子の遺作『ウポポ サンケ』
昨年7/23にフジテレビの『NONFIX』で放映されたドキュメンタリー番組「だから、私は歌い継ぐ−アイヌのウポポと八重山の唄−」が、5/30(月)からCSで再放送される(『CHIKAR STUDIO』の「NEWS」と『フジテレビ721+739』より)。
地上波での再放送は、現時点では未定の模様。

=CSで再放送決定=(本放送:フジテレビ2004年7月23日)
・『NONFIX だから、私は歌い継ぐ −アイヌのウポポ、八重山の島唄−』
(CSフジテレビ739 <スカパー!、ケーブルテレビ等で視聴可能>)
[出演:OKI、床絵美、新城幸人]
 再放送 5月30日(月) 20:03〜21:00
 再放送◆6月1日 (水) 14:00〜14:50
 再放送 6月6日 (月) 20:03〜21:00 ※プロ野球ヤクルト戦中継の可能性あり
 再放送ぁ6月8日 (水) 14:00〜14:50
 再放送ァ8月5日 (金) 00:00〜


弟子シギ子、床みどり他による『Mukkuri Hawehe ムックリの響き: アイヌ民族の口琴と歌』(2001年, 日本口琴協会)と、安里 勇の『海人(ウミンチュー) 〜八重山情唄〜』
「だから、私は歌い継ぐ−アイヌのウポポと八重山の唄−」は、音楽ドキュメンタリーとして秀逸な作品に仕上がっており、アイヌや八重山の音楽についての理解と造詣が深い制作者・スタッフによって作られたのかもしれない。
アイヌ民族の極めて重要な儀式であるイオマンテ(熊送り, 熊の霊を神の国に送り返す儀式)を始めとした昔の記録映像や、安東ウメ子さん生前最後のライヴ(OKIのライヴに特別出演)などの貴重な映像も見られる。

出演: 安東ウメ子(「イウタ ウポポ」と「ウタリ オブンパレワ」を歌うライヴ映像などが、僅かながら見られる)、OKI(昭和30年代にフチ[アイヌの女性の古老]が樺太アイヌの弦楽器トンコリを演奏した際の貴重な音源を聴かせてくれる)、弟子(てし)シギ子(アイヌ民族の口琴・ムックリの名手。ウポポ[アイヌ語で歌]を数曲披露)、床 絵美(アイヌ民族の女性ウポポ・グループ、マレウレウのメンバー。安東ウメ子さんの『ウポポ サンケ』やOKIのアルバムにウポポで参加。母みどりも番組に出演)、安里 勇、新城幸人(石垣島出身の若手NO.1民謡歌手)など。

2005年05月26日(木)
TOP Antenna MAIL About