ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ



島根県Web竹島問題研究所





プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2006年01月19日(木) 落書きは心行くまで自分の家の塀にでも書いとけ。

建物への落書きは「建造物損壊」、最高裁初判断

公園のトイレにペンキで「戦争反対」などと落書きしたとして、
建造物損壊の罪に問われた東京都杉並区の
書店員木下正樹被告(27)に対し、
最高裁第3小法廷(浜田邦夫裁判長)は、
上告を棄却する決定をした。

 決定は17日付。懲役1年2月、
執行猶予3年とした1、2審判決が確定する。
建物への落書きに建造物損壊罪が成立するとした最高裁の初判断で、
同小法廷は「建物の外観や美観を著しく汚損し、
原状回復に困難を生じさせたのは、損壊に当たる」と述べた。

 壁を壊すなど建物の機能を損なった場合は明らかに同罪が成立するが、
落書きについては明確な司法判断がなく、拘留(30日未満)と科料(1万円未満)の
罰則しかない軽犯罪法違反を適用することが多かった。
今後は、5年以下の懲役が科される同罪を適用しやすくなり、
商店街のシャッターなどへの落書きが社会問題化する中で、
抑止効果が期待できそうだ。

 1、2審判決によると、木下被告は2003年4月、杉並区の区立公園内にある
公衆トイレの外壁に、赤や黒のスプレー式のペンキを使って、
「戦争反対」「反戦」などと大きな文字で落書きした。

 弁護側は、「落書きがあったからトイレを使用できないと思う人はおらず、
建物の機能を損なっていないから、建造物損壊罪は成立しない」と無罪を主張していた。

(読売新聞 1月19日3時8分更新)

------------------------(引用終了)------------------------------

判決は当然のことなのに、こんなバカらしい話を最高裁まで争っていたんですね。

弁護士も木下被告のスポンサー(支持者)も無駄な努力をしてたのね(笑)

>弁護側は、「落書きがあったからトイレを使用できないと思う人はおらず、
>建物の機能を損なっていないから、建造物損壊罪は成立しない」


この弁護士の主張は言い換えれば、

自分の自宅や弁護士事務所にスプレーで落書きされても、

「落書きがあったから事務所を使用できないと思う人はおらず
 建物の機能を損なっていないから、落書きしてもいいよ」って事と同じですよね。

過去にこの件について書きましたが、

2004年02月12日(木) これぞまさしく、便所の落書き
2004年09月04日(土) 思想に関係なく落書きは犯罪です。

この被告は2年前の法廷で暴れてるほどのお馬鹿さんで、

<落書き>公園トイレに「反戦」 外観損ね有罪判決 東京地裁

 昨年4月、公園の便所に「反戦」と落書きし、
建造物損壊罪に問われた木下正樹被告(25)の判決が12日、東京地裁であった。
木口信之裁判長は「外観を著しく損ね、再塗装には約7万円の費用が必要。
被害は軽視できない」と述べ、懲役1年2月、
執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)を言い渡した。

木下被告は判決理由の朗読が始まると、
証言台のマイクの一部を裁判官に向かって投げ付け、退廷を命じられた。
職員に取り押さえられるとスプレーをまいた。(毎日新聞)

リンク切れなので、こちら参照

---------------------------------------------------------

「反戦」と言いつつ、自分の意見が通らないと暴力行為に及んでます。

こんな奴を身銭切って支援している連中もはっきり言ってお馬鹿さんです。

被告の支援者のサイト落書有利反戦無罪

被告の主張も支援者の主張もデンパ全開です。

被告の書いた控訴趣意書より一部引用

 公園に落書きが在って、不快に感じる人がいる。だが、それがなんだというのだ。
 快感に感じる人もいる。間接的ではあってもコミニケーションを享受する人もい
る。
 不快に感じて落書きを消したい奴は消せばいい。
快感に感じて享受したい奴はすればいい。書きたい奴は書けばいい。書きまくればいい。
もちろん、公共物も私有物も商業広告も関係なく。
 そして、いつしか都市空間は、落書きだらけの見るに有意義な空間となる。

最後に裁判官へ

 これ以上、私たちを怒らせないでくれ。

反戦落書き裁判・控訴審で無罪を!(一部引用)

落書きは「持たざる者」の抵抗手段だ。「落書き」を
否定する者の秩序を、私達の秩序で破壊してやろう。

落書きは「持たざる者」の抵抗手段だ。「落書き」を否定する者の秩序を、
私達の秩序で破壊してやろう。
 
「落書きはいけない-犯罪だ」という者の物言いなど、聞くに値なし。
落書きを罰する法律なぞ、守る価値なし。 
街路をとりもどせ!
        【K(被告人)】


★K君へ石埼学(亜細亜大学助教授・憲法学)(一部引用)

 今、世界=生活は、無法な権力者と「力なき者」との
解決のない闘いの様相をますますあらわにしている。
「力なき者」の混沌たる不満が、権力者の「コスモス」=秩序に納まりきらなくなっている。
その不満を、公衆トイレに書きなぐる!何が悪い!「公共」=「みんなの」施設に、
「みんな」の一人であるK君が、たかが落書きをしただけじゃないか!
 (中略)
 K君のやったことといえば、みんなの施設にたかが落書きしただけだ。
杉並区などは、何を大げさに「告訴」などしているのだ?
 はっきり言おう。K君の反戦落書きを非難する諸君!落書きを非難する諸君!
君たちは、少しだけ自由に生きようと思っているK君に嫉妬しているだけじゃあないのか?

---------------------(引用終了)---------------------------

(時間がある人は、被告を支援するHPに掲載された彼等の主張を
隅々まで読んでみてはいかがでしょうか。かなり楽しめますから。)

この被告は、2003年4月17日の夕方、東京都杉並区の児童公園で、

ラッカースプレーで自宅付近の公衆トイレの外壁に落書きをしていたところを通報され、

落書き中に現行犯逮捕されたのに、

落書きした文字が、「反戦」だから逮捕されたと思い込み、

支援者も、他の落書きは野放しなのに、

何故、この青年だけを逮捕するのかとほざいているのです。

この手のサヨクは、自分達は絶対善だから何しても良いと思い込み、

「戦争に反対」するという素晴らしい行為をしているのだから、

ルール違反や周囲の迷惑になるような非常識的な行為をしても

許されると思って何でもやる。

ビラ配りための不法進入とか公共物への落書きは十分犯罪なのに、

それで逮捕されたら、「戦争に反対したから逮捕された」とか

わけのわからない主張をする。

ビラや落書きの内容なんて関係ないのに。

ビラまきもそうだけど、主義主張(ワガママ)をわめく前に、

最低限のルールを守れと言いたい。

正しいことを主張するためであっても、正しい手段を選ばないと、

その主張がいくら正しくても賛同する人はほとんどいません。

最近の左翼(市民)団体は、この当たり前のことすら分からないようになってるから、

ギャーギャー五月蝿いだけの右翼同様にどんどんを信用なくしているんですよ。

ただでさえどちらも胡散臭いと思われているのに。

この被告と支援者は自分で自分の首を絞めて、

さらには他のマジメな市民団体にも迷惑をかけていることに、

いい加減気付くべきでしょう。

それに、最低限のルールすら守れない奴等が、

反戦と言っても何の説得力もありゃしません。



←と思う方はクリックをお願いします。
↑エンピツ投票ボタンです。読んだら押してくださると嬉しいです。
エンピツ時事/社会ランキング エンピツ総合投票ランキング
Myエンピツ追加



 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








名塚元哉 |←ホームページ