V字経営研究所・酒井英之の4行日記
DiaryINDEXpastwill


2018年11月16日(金) KURATA PEPPERの感動話ゥーガニック栽培へのこだわり

倉田さんが胡椒に辿り着いたのは、60-65年にカンボジアに赴任していた大叔父から「カンボジアは最高級の胡椒がとれる」と教えられたから。良い胡椒が獲れる土地に行ってみると、そこに3本だけ苗だけが残っていた。現地の人に胡椒ビジネスを提案すると、彼らは「日本人がやりたいなら一緒にやろう。新しい技術があれば日本から持ってきて欲しい」と応えた。しかし倉田さんは、「せっかく自然栽培で育っている胡椒が、農薬漬けになってしまってはもったいない。このままオーガニック療法でやってください」と、日本の技術の導入は断る。KURATA PEPPERはその味の良さで高く評価されているが、「奇跡のリンゴ」の木村さんのような昔ながらの自然農法を強い意志で守っているからだ。


酒井英之 |MAILHomePage

My追加