江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2015年09月19日(土) 国会で野党が見せた茶番について        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 集団的自衛権の行使を可能とする憲法解釈の変更を含めた安保関連法案が参議院で可決された。土壇場まで粘る野党が見せた数々のパフォーマンスにオレは辟易していた。国会というのは多数決の場であり、すでに数で負けている以上いくらあがいても結果はわかっている。そこで堂々とした論陣を張り、国民に主張すべきとは堂々と主張してその上で潔く負けるのが武士道であり、敗者の美学ではないのか。今回の負け方ほど醜悪だったものはない。女性議員を使って「セクハラだ」と発言させるなんて痴漢冤罪レベルの情けなさである。議場を混乱させ、意味のない不信任案を連発してただの引き延ばしをはかることも実に不毛である。そんなことでは何も変わらない。変えられるのは選挙だけだ。

今、日本の隣には日本と全く価値観を異にした大国が二つある。中国とロシアである。この二国は「戦争によって領土を広げる」「武力によって他国を威嚇する」ことを肯定している。第二次大戦によって否定され、国連の精神に反することを堂々と平気で行ってるのがこの二国であることを忘れてはならない。そうした国と対峙する中で日本が選ぶ道は二つしかない。一つは独自に強大な自衛のための武力を持って単独で戦えるようになること、もう一つは集団でそうした帝国主義国家に対抗するための互助組織に入ること。今回の自民党の動きは後者の選択である。

 ところが福島瑞穂に代表される頭の中がお花畑になってる方々の考えはこの二つのどちらでもない。そうした侵略国家に対して「話し合いで解決しましょう」「戦争にならないようにしましょう」というのだから話にならない。一方的に他の国の主権の及ぶ領土を「ここは歴史的に我が国の領土だ!」と叫んでくる国に対してどうして話し合いが可能なのか。巡視艇に武装した漁船を体当たりさせて挑発してくる国は、街で因縁を付けてくるヤクザみたいなものである。そんな連中との話し合いは絶対に成立しない。

 戦争を回避するための法案を「戦争法案」と名付けて国民を扇動することにサヨクの人々は成功したのか? 国会前を埋めたデモの人達はいったいどのような人達だったのか。そこはもっと検証されるべきだろう。まだ明らかになっていない事実があるはずだ。

借金大国であるアメリカが「世界の警察」の看板を下ろした今、世界は中国とロシアという二大帝国主義国家に振り回されている。シリアから大量の難民が欧州に移動しているが、そのシリアのアサド政権をロシアは軍事的に援助しようとしている。中東にはISISがあり、アフリカにはボコ・ハラムがある。こうした巨大化したテロ集団に対してどう国際社会は立ち向かうのか。日本はどうやって国際貢献するのか。自衛隊の海外派兵も日本が果たせる一つの義務ではないのか。ISISやボコ・ハラムを征圧するために自衛隊が戦うのは正義であり、それは世界の先進国が等しく負担しなければならない尊い犠牲だとオレは思っている。

原爆投下というアメリカの罪を告発できなかった日本は、シベリア抑留というロシアの重大な国際法違反を告発する機会も失った。なぜアメリカが主張する原爆投下の正当性を受け入れたのか。我々は大きな屈辱と引き換えに戦後の繁栄を手に入れた。あんなに残虐な殺され方をしたのに、その死がまるで必然であったかのようなアメリカの史観を受け入れ、東京裁判の結果を甘受したのだ。そうして「平和国家」として戦後の繁栄を手に入れた。それはまぎれもない事実である。朝鮮半島やベトナムで起きていた代理戦争で多くの血が流されていたのに、日本はその兵站基地であり続け、国民が戦争で血を流すこともなかった。これもまたまぎれもない事実である。

 ただオレは今回の法案を支持しているわけでもない。前から繰り返すようにオレはアメリカを信頼していない。だからその下僕になるようなこんな法案はクソだと思ってる。日本にできる国際貢献はもっと別の形で可能なはずである。しかし、今国会の論戦は憲法解釈という恣意的な部分に終始し、オレが望むような議論は全く見られなかったということもまた事実である。

 あんなくだらない茶番はもう止めて欲しい。できるなら国会議員には歴史を語って欲しい。これからの日本が国際社会で選ぶ立ち位置を明確にして、その上でどんな形で国際貢献すべきなのか。そうした将来を語って欲しいのである。まともな話し合いもできない連中が国会議員であり、国民の選良だなんてオレは認めたくないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館



My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン