江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2015年09月07日(月) 真の国際貢献とは何か?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 シリアで大量の難民が発生し、隣国のトルコに流入しているだけではなく欧州諸国にかなりの人数が流入している。難民として国外に出られることができた人たちはまだ恵まれた方であり、多くの人々が逃げることもできず満足な食糧もなく交戦地域に残留しているのだ。この内戦はなぜ起きたのか。アメリカがシリアのアサド政権に反対する反体制派を支援した結果起きたことである。イラクでもリビアでも同様のことが過去に起きた。「おまえの国の政治は民主的ではない!」といちゃもんをつけて、民主化運動や反政府運動というものを支援し、政府転覆をはかるのである。リビアでカダフィは殺され、イラクではフセインが殺された。アフガニスタンはタリバンの支配が排除された。その結果それらの国は落ち着いたか?否である。リビアは完全に無政府状態になってしまった。アフガニスタンではタリバンの勢力が盛り返してきている。そして中東にはいつのまにかISISという新たな独立勢力まで生まれてきてしまった。これはイラクの弱体化が招いた結果である。

 無政府状態よりは、ちゃんとした秩序がある方がいい。せめて警察が機能していて最低限の治安は保たれていて欲しい。独裁政権でも軍事政権でも少なくともそこには秩序が存在し、人々が安心して生活していられたのならば、その政権を打倒する必要があったのだろうか。政権の座にあった人達を追い出したのならば、社会が100%安定するまで介入した側はその国にとどまって血を流すべきではなかったのか。そもそも「民主化」っていったいなんだ。そんなに世界を民主化したいのなら、なぜ一党独裁のあの帝国主義国家である中国に対して反体制派支援を行わないのか。ようするにアメリカが世界でやってることは新たな戦争を起こして武器を売り、武器商人を儲けさせたいだけなのである。アメリカ以外にもロシアや中国という武器を製造して大もうけしているクソ国家は多い。そうして生産された武器によって過激派は大暴れし、アフリカではボコ・ハラムが略奪や虐殺を繰り返している。

 歴史を正視しない国家の代表である中国は、もちろんチベットでの大量虐殺を認めないわけだが、抗日戦争70周年記念式典にダルフール紛争で数十万人の人々を虐殺した容疑者で国際手配中の犯罪者であるスーダン大統領のオマル・アル=バシルを招待していた。国際刑事裁判所(ICC)は彼に対して「人道に対する犯罪及び戦争犯罪」の容疑で逮捕状を出している。また潘基文は国連加盟国に対し、バシル氏の逮捕状執行に向けた手続きを取るように要請した張本人である。中国はICC非加盟ながら、国連の常任理事国である。まあ虐殺仲間と言うことで習近平はバシル大統領と仲良くしたかったというのはよくわかる。また潘基文がこの式典でバシル大統領と仲良く同席していたわけで、こいつが中国の腰巾着でしかないこともよくわかる。オレが国連なんてクソだといつも思うのは、こんなクズが国連事務総長をつとめているからである。

 ちなみにチベットでの弾圧や虐殺は今も続いている。3人以上集まって相談してるだけで反政府活動と見なされて投獄されたり拷問されたりするのだ。大量の漢民族がチベットに押し寄せ、チベットの人たちの生活を経済的に追い込み、一方で信仰を妨害してその精神的なよりどころを破壊し続けている。チベットの僧侶にとって抗議する手段は焼身自殺しかないのだ。こんなことが今も起きているのになぜ国連は問題にしないのか。

 日本にできる国際貢献とは何か。それは客船を地中海に派遣して、シリア難民の受け入れを表明することである。送った船に乗れるだけの人をすべて日本で受け入れると世界にアピールすることだ。くだらない集団的自衛権云々よりもはるかにそれが世界に対して大きなアピールではないのか。国際平和に貢献するということは、戦争で国を追われた人たちを救うということではないのか。そんなわかりきったことが何一つできない日本の政治家に対してオレは絶望する。

 リトアニアの領事館に押し寄せたユダヤ人難民のために、杉原千畝氏は大量のビザを書き続けた。そのユダヤ人たちがもしも脱出できなかったら収容所に送られて殺されていたはずである。今、目の前で多くの困った人たちが居て、中には脱出に失敗して命を落とす幼い子どもが居る。このような悲劇を目の当たりにして、それでも「遠くのことだから」と何の意思表明もせずに国内のくだらない政争に明け暮れている政治家たちの見識の低さにオレは絶望するのだ。おまえらいったい政治をなんだと思ってるんだ。

 日本人がいくら反戦平和を叫んだところで、世界には平気で虐殺する政治家や国家が存在する。今我々ができることは一人でも多くの命を救うことではないのか。人道的支援ということは船を送って一人でも多くのシリア難民を助けることではないのか。このような状況に対して何のアクションも起こさない日本の政治家はクソである。オレは改めてそのことを強く感じているのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン