江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2015年06月25日(木) 少年Aよ、名を名乗れ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan


 1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件の加害者である少年A(『酒鬼薔薇聖斗』が手記を出した。『絶歌』と題されたその本は書店に平積みにされている。オレはその本の出版に対して不快感はあるが。少なくとも日本では「言論の自由」は認められているわけで、アイドルグループが自民党政治を批判しても逮捕されることもないし、オレがここで安倍晋三首相の悪口を書いてもそれでブログ閉鎖に追い込まれるわけでもない。そういう意味で日本は本当にすばらしい国だと思うのである。韓国のように親日的なことを書けば国外追放されてしまう国もあれば、中国のように共産党批判をしただけで政治犯として収監される国もある。

 さて、今日はオレの個人的な見解を述べてみたい。少年Aに対して、オレは犯行時の実名を知ってるが、ここではそれは使わず、今日の日記はオレから少年Aへの私信として書いてみたい。呼びかけなので本文中では少年Aに対して「おまえ」と書いておく。

 オレの最大の不快感はその出版が匿名であることだ。なぜ顔出ししないのか。少なくともおまえ自身が過去に犯した連続殺人事件とちゃんと向き合うつもりならば、顔を出し名前を出して、その上でこの本を出版するべきではなかったか。オレはそう思うのである。パリ人肉食の佐川一政さんのように、おまえもちゃんと名前を名乗って顔を出して、批判も罵倒もすべて引き受けて、そうして生きていくことが必要なのではないか。おまえが生きているのはただ単に「少年法」という欠陥のあるシステムのおかげである。本来生きて世の中には出てくるべきではない存在なのだということを自覚し、その上でクズとしての生を全うすべきじゃないのか。

おまえのような人間が存在するだけでオレは不愉快だ。しかし日本国憲法ではすべての人の基本的人権が保障されているわけで、もちろんその中にはおまえも含まれている。そこが北朝鮮や中国と違うところだし、親日というだけで財産没収されるどっかのむちゃくちゃな国とも違うのである。それはすばらしいことであるとオレは思う。

 単なる娯楽目的で2人の児童を殺害し、一人に大けがを負わせたおまえの行為は成人なら死刑だ。オレが裁判官ならそうした判決を下すだろう。無差別殺人者の中でもおまえや宅間守や名古屋大のタリウム女子大生のようないわゆる「サイコパス」は改善の見込みがない精神異常者である。貴志祐介の小説「悪の経典」の主人公みたいな人間が現実に存在したのがまさにおまえである。

おまえのようなサイコパスは死刑にするか終身刑にするかしておかないと、一般市民の安全が守れない。きっとおまえの心の中には「また人を殺してみたい」という衝動が残ってるだろうし、それがおまえの性的快楽につながったというのはまぎれもない事実だ。ハードボイルド小説の大家であった大藪春彦氏の小説には「殺人淫楽症」(人を殺すこと自体に性的興奮を覚える外道)が登場するが、おまえはまさにそういう外道なのである。引用されてネットに紹介されている「絶歌」の一部のフレーズからはそうとしか読み取れないのだ。

 出版社は本が売れればもうかるし、テレビは視聴率が取れたらOKだ。そういうわけでこれからもおまえの本を出したいという出版社はあるだろう。佐川一政さんがかつて「作家」として生きようとしたように、正体がバレたらまっとうな就職ができない以上、おまえが本を書いてその印税で生活したいと考えたこと自体には合理性がある。ただそれが「匿名」という形であることがオレは許せないのだ。少なくともこうして本を出す以上、その書き手であるおまえもカミングアウトするべきだろう。

世の中のまっとうな大人たちから見ればおまえは外道でありクズだ。人を殺してその罪を償うこともなかったサイテーのクソ野郎だ。その事実は一生消えない。サイコパスのシリアルキラーとしてこれから生きるしかないのだ。

 もしもおまえがテレビに出て、他の出演者が露骨に不快感を示し、生放送の番組中に突然おまえに殴りかかるような事件が起きれば、少なくともテレビ屋どもは大喜びである。視聴率が稼げることは間違いない。残念ながら世の中にはそういう需要があるからだ。おまえが世に名前を出すことでいつのまにか有名人となり、国会議員に立候補することだってできる。そしておもしろがって冗談でおまえに投票する有権者もあるだろう。社会システム上それは許されていることなのだ。

 カウンセリングや投薬でおまえのサイコパスが治るとはオレは思ってない。それは不治の病であり、おまえのそばにいるすべての人間がいつ殺されてもおかしくないのである。おまえだってこれから先、絶対に自分の衝動を100%抑えきれる自信などないだろう。もしかしたらまた人を殺してしまうかも知れないという不安があるならば、自分から精神科や心療内科に入院するべきだ。そして一生出てこないことだ。どんなに間違っても「刑務所に入りたいから人を殺しました」なんてことだけはやめてくれ。

 おまえはサイコパスの自分を美化したこんなクソみたいな本を書くべきじゃなかった。しかしおまえを利用して金儲けをしたいという大人の計算とおまえの金銭欲が合致して今回の出版にこぎ着けた。オレはその事実を苦々しく感じている。ただそれだけだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン