江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2014年11月18日(火) 選挙は個人的な復讐の場ではない        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 総選挙が行われる。そこでなんと橋下大阪市長と松井大阪府知事が出馬する意向だという。自民党が一人勝ちの状況で野党がなんとかしないといけないのはよくわかるが、その出馬の動機が「大阪都構想で裏切った公明党に対する報復」なら実にばかばかしいのである。

 確かに公明党は大阪都構想から離脱した。前回の選挙で公明党の議席回復のために維新の会は独自候補を立てずに協力した。これはまぎれもない事実である。その恩義を感じていれば公明党は維新の大阪都構想に協力すべき所だが、なぜか公明党は自民党と歩調を合わせて大阪市議会で反対派に回ったのである。

 「裏切った」と怒る気持ちはわかる。しかし、政治なんて常に権謀術数の世界である。そんなところに信義などを持ち込むのは馬鹿だ。もちろん中には信義を守る政治家、筋を通す方々もいるだろう。しかし、公明党は冷静に「いま党としてどのように動くのが得策か」と考えているわけで、ちょっと選挙で助けてもらったからとかいうことにこだわり続けて大局を見誤ることを避けただけである。そして公明党が都構想から離脱したことは正しいとオレは思っている。オレに言わせれば、大阪都構想はもはや賞味期限切れなのだ。

 大阪都構想では大阪府民に対して何か輝かしいメリットを提示できただろうか。ただ単に二重行政が解消して、税金の無駄遣いが減る以外に何のメリットがあるのか。大阪市を特別区に再編するだけなら、そのまま現行の大阪市の中でやればいい。大阪府の名称が大阪都になったところで何も変わらない。入ってくるゼニも使えるゼニも同じなら何も新しいことはできないのである。

 もしも大阪都構想ではなくて大阪国構想ならオレは両手を挙げて賛成した。中国と香港のように一国二制度を掲げて独立するのである。大阪国では関税がかからないから外国製品が安く買えるとか、大阪国では公営ギャンブル以外も解禁されているとか、大阪国では法人税がタダとか相続税が半分で済むとか・・・そんなむちゃくちゃなメリットを提示して「大阪国」として独立するなら大阪の人たちは「おもろい!」ということで賛成しただろう。大阪の人間の価値判断の基準は実に単純である。「おもろい」「おもろない」だけなのである。大阪都構想は賞味期限切れで今や「おもろない」ものとなってしまったのだ。橋下大阪市長は速やかに都構想の敗北を認め、方向転換すべきである。政治家というのは機を見るのに敏でなければならないし、泣いて馬謖を斬ることができる厳しさも必要だ。お友達ということで中原教育長を更迭しなかったが、そのパワハラ発言を見る限りではとても教育長の器ではない。残念ながら彼が利害調整型のバランス人間ではない以上、教育長という立場にはふさわしくないとオレは思うのである。大阪では私立学校と公立学校がうまく棲み分けて生徒を分け合って共存してきた。受験競争で北野高校の一人勝ちシステムを作られてしまうことは他の学校にとってとても迷惑である。

 さて、突然の選挙には大義名分が必要だ。安倍晋三首相は「消費税の10%へのUPを国民が信任するかどうか?」という選挙にしようとしている。野党が総崩れの今なら絶対に勝てる。そう踏んでの選挙である。消費税増税に明確に反対するのは共産党、社民党などの泡沫勢力しかない。民主党も維新もみんなの党も基本的に消費税UPという路線を肯定してきた側である。そうなると今回の選挙は自民党の負ける理由がないのである。負けるはずのない選挙の争点を「消費税UP」にするところがなんとも卑怯なのである。

 その卑怯な選挙に、「公明党に復讐する」という全く私的な理由で参戦する維新幹部の行動にはもうオレはあきれるしかない。茶番も茶番、そこまで政治を私物化してしまうのかとあきれてしまうのだ。

 大阪で維新が圧倒的に強くて自民が弱かったとき、公明党が強い維新の側についたことはある程度オレは納得できる。その時その時で勝ちそうな方に味方するのは小政党の行動として仕方のないことである。常に「勝ち組」の方でいたいからこそ、公明党は今国会で自民党と行動を共にしているのである。1993年に日本新党の細川護煕の首班指名に参加したことでもわかるように、公明党は常に政権政党の側でいたいのである。その行動を笑って許すのがいわゆる「政治家としてのフトコロの深さ」だとオレは思うのだ。ケツの穴が小さい人間には政治家をする資格はない。政治というのは腹芸の世界である。習近平がどんなに無礼な態度をとっても、表面ではにこやかに接しつつ裏で画策して他の諸国を味方に付けておくのが国際政治なのである。

 自民党が勝つための衆議院選挙、投票率はかなり低くなるだろう。そこで議席を伸ばすのは他でもない共産党であるとオレは予想している。「消費税UPに反対する!」と声高に叫べるのは共産党と社民党くらいである。まあそういうのもいいんじゃないか。ニートや生活保護、フリーターたちの票をある程度集めるかも知れないし。でも生活保護受給者は今の天国のような緩い仕組みを作ってくれてるのが自民党であることを知ってるから自民党に投票するかも知れないなあ。




追記:
泉北高速鉄道の売却先として維新の会が提案した「ローンスター」だが、業績不振で閉鎖されることになった。そういう危ないところに大事な府民の財産を売り飛ばそうとしていて、造反議員以外の維新の会のメンバーはみんなそのリスクのあるプランを支持していたことが問題なんだ。トップの考えが間違っていてもメンバーは逆らえない。そんな組織が自滅するのは歴史が証明している。維新の余命はあと2、3年かも知れない。 




↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン