江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2013年02月06日(水) パンツをはいたダビデ像        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 勇壮なダビデ像を見て、不快に思う人やエロを感じる人はどれくらいいるのだろうか。あるいはミロのヴィーナスを見て不愉快になる人がいるのだろうか。オレはそんなことを思いつつ、この読売新聞の記事を読んだ。

公園のダビデ像「下着をはかせて」…町民が苦情
三成運動公園のダビデ像(奥出雲町で)


 島根県奥出雲町が昨年夏に公園などに設置したダビデ像とビーナス像が、思わぬ問題を引き起こしている。
 町出身者が町に寄贈した大理石製の彫刻で、町は「一流の芸術作品として教育的価値がある」と説明するが、巨大な裸像を目にした町民らは「子どもが怖がる」「教育上ふさわしくない」と町議に苦情。町議会でも取り上げられ、山あいの町で論争が続いている。
 像は、ミケランジェロのダビデ像やミロのビーナス像を模してイタリアの著名な彫刻家エンツォ・パスクイニ氏(故人)が制作。台座部分を除いた高さは約5メートル。同町出身の元建築会社社長、若槻一夫さん(広島市)が購入して、故郷への恩返しのために昨年4月、寄贈した。
 町は「本物の芸術作品を鑑賞できる。ありがたい」と感謝。美術商や若槻さんの意向に沿いながら設置場所を決定。力強いダビデ像は、スポーツ選手が集まる三成運動公園に。愛と美の女神・ビーナス像は、子どもを見守るよう三成公園みなり遊園地に置いた。昨年8月には、若槻さんを招いてお披露目式も行った。
 しかし、約5メートルの裸体。小中学生や家族連れらが訪れる場所であるため、住民らから町議に苦情が寄せられ始めた。「子どもが怖がる」「威圧感がある」「もう少しふさわしい場所に移設して」「(ダビデに)下着をはかせて」などの声があるという。
 昨年9月町議会で町議の1人が問題を指摘。12月町議会では、別の町議が「教育上、ふさわしくない」「『見たくない』『気持ち悪い』という声がある」と訴えた。しかし、町は「本物の芸術品が二つもあり、素晴らしい」「専門家の意見を聞きながら場所を決めた。周辺の景観と合っており、移設は考えていない」と議論は平行線。
 取材に対し、井上勝博町長は「幼い頃から一流の芸術作品に親しむことで、目を養うことができる。感性に訴えかけ、美術教育にも役立つ」と話す。
 約40年前、イタリアでパスクイニ氏の指導を受けた安来市の石彫作家、清水洋一さん(63)は「イタリアやフランスでは、公園に裸体の像があり、小中学生がデッサンしている。奥出雲でも教材として役立てることができるはず」としている。(佐藤祐理)
(2013年2月5日17時48分 読売新聞)


 中学生の頃、美術の教科書に掲載されたこのダビデ像の写真の股間のところに、オレは悪戯で小さな丸いシールを貼ったことがある。すると隣の席に座っていたりえちゃんという美少女が「エッチなことはやめなさい!」と怒ってそのシールをはがしたのだった。股間にある男性のシンボルをシールで隠すことがどうしてエッチなことなのか、オレには理解できなかったんだが、その時のりえちゃんの恥ずかしそうな顔は今でも覚えている。彼女はもしかしたら中学2年生にして「隠す方がエロ」ということに目覚めていた早熟な少女だったのかも知れないのだ。

 そういう意味ではこのダビデ像にパンツをはかせて股間を隠すことはものすごくエロいことかも知れないとオレは逆に危惧するのである。さて、芸術とエロ(わいせつ)の境界はどこにあるのだろうか。そもそもエロという概念と芸術という概念は対立するものなのだろうか。

 美術館で展示されている裸婦像を見て、興奮して股間を硬くする男性が居たとすればその裸婦像は彼にとっては「わいせつ」なものだったということになる。しかし他の多くの人はそれを芸術として鑑賞しているわけで、その場合の「わいせつ」という概念は一般的なものではなくて股間を硬くした男性の心の中にだけ存在するものだということになる。

 芸術作品をどのように受け止めるかはすべて見ている人の心の問題だとオレは思うのである。もしもこのダビデ像を町民の多くが「エロ」だと思って不愉快に感じるのならば、それは町民の多くが裸体画や裸体彫刻を見たときに芸術ではなくエロを感じてしまうような芸術を理解しない人たちであるということであり、町民の芸術偏差値が低いということになるような気がするのだ。

 オレは男の裸には興味がないが、女性の裸体画やヌード写真はものすごく好きである。それはものすごく美しく価値あるものだと思うし、宮沢りえのヘアヌード写真集「サンタフェ」などはすぐれた芸術作品だと思っている。それを鑑賞した時のオレの心の中に存在したのはただ美しいものを愛する心だけだったと胸を張って言いたい。(信じない人もいると思うが。)

 美しいものを美しいと認めることができず、自分たちの貧困な価値判断の基準にあてはめて排除するのは嘆かわしいことである。真に美しいものに触れて心を豊かにすることは、異性を歪んだ性欲の対象としてしか見ることのない貧困な精神の対極にあるとオレは思っている。そういう意味で、奥出雲町民の反応というのは実に残念なことだとオレは思ったのである。きっと今頃、ダビデ像にパンツをはかせた合成画像があちこちで作られてネットにはりつけられているだろう。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン