江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2012年08月05日(日) ドラクエXは果たして成功するのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 ドラゴンクエストのシリーズでオレが遊んだのは機銑犬泙任澄初代ファミコンの時代のことだ。それ以降は仕事も忙しくてそんなもので遊ぶヒマがなくなったのでやらなくなった。ただそれだけのことだが、シリーズ自体はその後もずっと続いていて、いつも安定したファンを集めてスクエア・エニックスや任天堂の収益に大いに貢献してきたのである。ところが時代は大きく変わった。一度買えばそれで長期間遊べるゲームではなくて、最初は無料に見えるけどやりこめばやりこむほどゼニが奪われるオンラインゲームの方がはるかにもうかるということにゲーム業界が気付き、グリーやDeNAという企業がコンプガチャという卑怯な方法で客からゼニをぼったくり空前の利益を上げるようになった。それを横目で見ていた任天堂も、さすがにここまで収益が落ち込んだらもうなりふり構わずに同じやり方で継続的に客のゼニを奪い取るしかないということになったのである。

 読売新聞の記事を引用しよう。

オンライン初採用、スマホ対抗の起爆剤に…ドラクエ新作
 スクウェア・エニックスが発売した「ドラゴンクエスト」の最新作 人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト(ドラクエ)」の10作目「目覚めし五つの種族 オンライン」が2日、発売された。
 インターネットを通じて他のプレーヤーと一緒に遊べるオンラインゲーム形式を初採用し、スマートフォン(高機能携帯電話)の普及で伸び悩む家庭用ゲーム市場の「起爆剤」の役割が期待される。
 新ソフトは、オンライン形式を採用し、ほかのプレーヤーと協力して敵を倒すなど楽しみ方の幅を広げた。ゲームの最後の敵(ラスト・ボス)を設定せず、ネットを通じて定期的に新たな出来事が起きるため長く遊ぶことができるのも特徴だ。
 ゲーム調査会社エンターブレインによると、家庭用ゲーム機とソフトを合わせた市場規模は2007年の6886億円から右肩下がりが続き、11年には4543億円まで減った。スマートフォンなどで遊べる「ソーシャルゲーム」に需要を奪われており、ドラクエにかかる期待は大きい。
 一方、販売元のゲームソフト大手、スクウェア・エニックスにとっては、収益の安定につながりそうだ。
 任天堂のゲーム機「Wii」向けで、ソフト本体(6980円)とは別に、1000円(30日間)〜2900円(90日間)のオンラインサービスの利用料を支払う必要がある。これまで人気作の有無に毎年の業績が大きく左右されてきたが、オンライン形式では継続的に収入が得られる。
 ただ、オンライン形式の採用で、利用者の金銭的な負担は大きくなった。「古くからのドラクエファンがオンラインに抵抗感を抱き、離れてしまう可能性がある」(業界関係者)との指摘もある。(中根靖明)
(2012年8月3日 読売新聞)


 ひどいじゃないか。前は一度買うとそれでOKだったのである。それでずっと遊べたのである。子どもがゲームをしていても親は安心だったのだ。しかし今度は永遠に毎月1000円ずつぼったくられるのである。参加者全員から月1000円ぼったくり続けるというのが今回の金儲けのための戦略なのだ。

 仮にドラクエXが100万本売れたとしよう。ゲームソフトの売り上げは6980円×100万本で約70億円ということになる。しかし100万本×1000円=10億円というゼニが毎月入ってくるのである。年間に120億円だ。合計して190億円となる。翌年もそのメンバーが遊び続けるならばまた120億円入ってくるのだ。スクエア・エニックスではこのドラクエXを「10年間遊び続けてもらえるゲームにしたい」などとむちゃくちゃことを夢見ているらしい。しかし、年間120億円ということは10年なら1200億円になるのだ。またこのゲームが1000万本売れるような超絶ヒット作となった場合はその10倍、実に1兆2000億というゼニが入ってくることになる。それだけの売り上げがあればもうスクエア・エニックスは新しいゲームなんか出さなくてもこの収益で十分にやっていけるのである。なんというひどいぼったくりシステムなんだろうか。

 この人気ゲームで毎月1000円収奪する仕組みが完成すれば、おそらくこれからのゲームのあり方の一つの基本形となっていくだろう。

 月1000円という課金システムが高いのか安いのかオレにはよくわからない。しかし、もともとRPGというのは一人でこつこつと遊ぶモノではなかったのか。一人プレイのためのゲームは引きこもりの少年でも自分が「勇者」となって楽しく遊べたのである。ゲームのフィールドを埋め尽くす大勢の参加者がすべて自分こそが勇者のつもりでいるとき、未来のドラクエXがどんな展開になってしまうのかオレには全く予想もつかないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン