江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2012年03月27日(火) 刑務所から出してはならない男        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 罪を犯して刑務所に入った人であっても、刑期を満たせば反省の有無に関わらず自由の身になる。しかしまたまた刑務所に舞い戻る者も多い、たとえばこんなケースである。

出所祝いで母殴り、自宅に帰って父刺す
 福岡県警朝倉署は26日、同県朝倉市一木、無職早野真吾容疑者(28)を殺人未遂容疑で逮捕した。
 発表によると、早野容疑者は25日午後11時頃、自宅の居間で父親(58)の背中や腹を包丁(刃渡り15センチ)で刺した疑い。父親は重傷を負ったが、命に別条はないという。
 早野容疑者は昨年9月に刑務所を仮出所、3月23日に満期を迎え、25日は両親と居酒屋で出所祝いをしていた。しかし、母親から「この前科者が」などと言われ口論となり、母親を殴った。自宅に帰った後、父親とも口論となり、刺したという。早野容疑者は酒を飲んでおり「覚えていない」と供述しているという。
(2012年3月26日12時38分 読売新聞)


 自分の息子に対して「この前科者!」という母親にも問題はあるかも知れないが、それはまぎれもない事実であるし、自分が前科者になったということは限りない親不孝である。それを思えば多少の親からの罵倒は甘受すべきであり、そこでカッとなって母親を殴るのはどうかと思うのである。

 また親子げんか自体は別に珍しいことではないと思うが、背中や腹を包丁で刺すのはそれは喧嘩というよりは犯罪である。包丁で刺したということは殺意があったということであり、この男は刑務所に入っていた期間に何も反省などしていなかったということである。だからこのような事件を起こせるのだ。

 刑務所の存在、罪を犯せば罰を受けるという事実がこの男の場合は何の抑止力にもならないのである。それでも果たして有期の懲役を科す必要があるのか。このような外道にこそ死刑という刑罰は必要ではないのか。

 今回の事件を起こしたことでまた早野容疑者は刑務所に戻ることになる。そして裁判官は機械的に量刑を与えるのでまた10年もすれば出てくるだろう。元受刑者に対して世間は冷たい。その事実が知られたらまた「この前科者」と罵倒する人がいるかも知れない。そこで相手をぶん殴って・・・ということがこれからエンドレスで繰り返されるのだろうか。

 もちろん受刑者の社会復帰を支援する活動は大事である。大阪のお好み焼きチエーンの「千房」の社長は、積極的に刑務所で面接を行い、出所後に採用するという活動を行っているらしい。安定した職業と生活があれば人は再犯しない可能性が高いのだ。犯罪性向の高い人を社会はどう受容すべきなのか・・・なかなか困難な問題である。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン