江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2011年10月28日(金) どうしても巨人に入りたいということ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 プロ野球選手になる場合、どの球団でもいいというわけにはいかない。中には「巨人でないとダメだ」という場合がある。甲子園で活躍した怪物、江川卓がそうだった。阪急に指名されて巨人の指名が得られなかったために大学に進学、そして大学4回生の時にはクラウンライターに指名されたので浪人生活、翌年のドラフトで会議前日に巨人と「空白の一日」を使って電撃契約し、巨人は翌日のドラフト会議を欠席したという事件があった。結局江川卓は巨人に入団できたが、その後も元木大介のように、どうしても巨人に入りたい選手というのがいたのである。

 「巨人以外に行きたくない」「指名されても浪人する」と選手に宣言させることで巨人は囲い込みを続けてきたのだが、なんと「原監督の甥っ子」というもうこれは巨人以外はないだろうという選手を強行指名した球団があったのだ。産経新聞の記事を引用しよう。

菅野、相思相愛ならず 「今後は両親らと相談して」入団交渉不透明2011.10.28 01:10
 “相思相愛”だった巨人との縁が成就せず、日本ハムが交渉権を獲得した東海大の菅野は、事態を飲み込めないでいた。口を真一文字に結んで会見場に現れると、時折笑ったかと思うと目もうつろに唇をかむなど、落ち着かなかった。「(明治神宮大会での)日本一を目指してがんばっているので、そちらを優先したい」。第一声に、1位指名への思いはなかった。
 「巨人の原監督のおい」という肩書きを、重圧ではなく励みに変えてきた。現役引退の試合にも足を運び、プロを目指す原動力にした。おじの後を追うように東海大相模高、東海大と進学。最速157キロ右腕に成長し、「小さいころは『一緒にできたらな』くらいだったけど、大学で実績も積んで現実になる日を思い描いていた」。今年1月には一緒に初詣をし、その日がくることを誓い合った。
 球団へのあこがれも培われた。巨人から昨年12月に早々と1位指名を公言され、今月22日の登板でもワインドアップに挑戦するなど常にプロの舞台を意識した投球を見せてきた。抽選結果が出ても、巨人を「自分の中ですごい特別な球団」といってはばからなかった。
 日本ハムが指名した瞬間の思いを聞かれても、「多くの球団に評価してもらえたのはうれしい」としかいえなかった。今後については「(東海大の横井)監督や両親と相談して決めたい」と明らかにせず、入団交渉は不透明な状況だ。
(小川寛太)


 実はこの強行指名、球団にとってはリスクが伴うのである。本人の希望を無視した指名を行ったことで、大学側が不快感を示すという。菅野の場合は東海大が今後、日ハムからの指名に対して協力しないなどという報復措置を取ることも考えられる。「余計なことをしやがって!」ということなんだろう。

 どうしても巨人に入りたい選手がいて、巨人もその獲得を目指してるのならばオレの考えでは「そっとしておいてやれよ」と思うのである。なんでじゃまするのかね。不本意な気持ちで志望とは違う球団に行っても仕方がないと思うのだ。

 すぐれた素質を持ち、高校や大学で活躍していても巨人に入団してから芽のでない選手は数多くいた。それを考えればオレはそんなにこの「巨人入りたい病」に対して妨害しなくてもいいと思うのだ。ただ、球団の事情でどうしても有望選手を取りたいというのもよくわかる。そのためにオレが提案したいのは「巨人へのトレード付き入団」という制度である。巨人への入団を強く希望する有望選手を指名した球団は、翌年のキャンプ開始前にその獲得選手を巨人に金銭トレードできることにするのだ。

 ただ、その場合のペナルティとして、最初に入団する時の契約金をゼロにしてしまうのである。どうしても巨人に入りたいという希望は叶えてあげるが、その代価として契約金を放棄しろという仕組みにするのだ。強行指名した球団は貴重なドラフト1位の枠をトレードマネーで補えるので無駄にしないで済む。巨人は3億くらいのゼニで確実に有望選手がとれる。そして希望を叶えられる代わりに選手は契約金を得られない(もちろん巨人がそれをなんらかの形で後から補償すればいいわけだが)ということにすれば丸く収まると思うのである。

 これからも「どうしても巨人に入りたい」という選手は後を絶たないだろう。それならばもっと合理的にそれを利用するような仕組みにすればいいとオレは思うのである。巨人のようにゼニの余っている球団もあれば、広島やヤクルトのようにゼニのない球団もあるし、年俸が高すぎるからと優勝監督をクビにする中日のような球団もある。トレードマネーで3〜4億が確実に入ってくる仕組みにすれば、その収入をあてにして補強計画を立てることも可能なのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン