江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2011年10月23日(日) 武器よさらば、地には平和を        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 リビアの独裁者であったカダフィが殺されて内戦が終結した。これでリビアに平和がやってくるかというと決してそうではない。リビア国内には大量の武器が存在し、その武器で戦闘に参加した市民がいる。彼らからまずその武器を取り上げないといけない。いわゆる「刀狩り」の必要である。そうでないとそれらの武器は今度は犯罪に使われて治安を悪化させるからだ。しかし、持ってる武器を「放棄しろ」と命令してもリビア国民は容易に応じるのだろうか。

 オレはここで武器の「買い取り」ではなくて「交換」制度を提案したい。市民が武器を持参すればそれと交換に任天堂の3DSやソニーのPSPがもらえるようにすればどうか。これから市民にとって必要なのは娯楽である。物騒な武器を放棄してもらってそのかわりにゲームを与えるのだ。もちろん武器の価値に比較してゲーム機が安すぎるという批判もあるだろう。その場合はオマケにゲームソフトも付ければいいと思うのである。

 その費用は任天堂やソニーが負担するのではない。任天堂やソニーは武器を引き取った後にそれらの武器の生産国に対して買い取りを請求し、代金を回収するようにすればいいのである。

 オレが許せないのは武器を作って売った国の連中だ。イタリアなどは地雷を大量に生産している国である。それによって利益を得ていながら、カンボジアなどで必要な地雷除去作業に対してゼニを出すわけでもない。日本はそうしたクソみたいな国に対してもっと批判的でいてもよいと思うのである。世界最大の武器生産国であるアメリカにもその武器を売ったことの責任をとらせよう。武器の価格はいつもぼったくりである。そのぼったくり価格でもうけた分をはき出させ、今度はリビア復興のために使えるようにするのがオレの主張する「正義」である。

 大手新聞の一面には血まみれのカダフィの写真が出た。オレはその写真を見て違和感を感じたのである。それがいかに報道価値のあるものとはいえ、新聞の一面にそのような残虐な写真を載せていいのか。新聞だけではなくて天下のNHKはその写真をテレビで全国に放映したという。それに対してもオレは違和感を感じるのだ。

 カダフィは生きたまま捉えられて裁判にかけられるべきであった。そして彼の起こした数々の住民への弾圧や虐殺について明らかにし、彼が自己の罪状を認識した上で改めて処刑されるべきであった。これはルーマニアの大統領であったチャウシェスクが殺された時に感じたことと同じである。暴走する市民や兵士はその熱狂の果てにカダフィを殺した。戦争という状況下ではそれは仕方のないことだったのかも知れない。目の前に多くの人々のとって仇敵であるカダフィが存在したら迷わず引き金を引くというのがリビアの一般市民の正当な反応かも知れない。しかし、そこで「殺さない」という選択もあったはずだ。もしかしたらフセインやビン・ラディンを殺したことと同じく、アメリカのなんらかの意向が働いていたのかも知れない。カダフィの最後の言葉は「撃つな」だったという。独裁者は最後の最後に命乞いをした。彼の「撃つな」の後にどんな言い訳が存在したのか。オレはそれを知りたかったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン