江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2009年12月10日(木) 感動をありがとう赤星憲広選手!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレは物心ついたときからのコテコテの阪神ファンなんだが、今のタイガースの選手の中で誰が一番好きかと聞かれたら迷わず赤星選手だと答えることにしている。昔は江夏だったり、掛布だったりしたが赤星が入団してからはずっと赤星である。その理由はやはり、小さな身体で必死に頑張ってる姿が伝わってきたからである。しかし、故障やケガを克服して彼が頑張り続けるその勇姿を観ることももうできなくなってしまう。33歳という若さで彼が引退してしまうからである。

 日刊スポーツの記事を引用しよう。

阪神赤星が引退、脊髄損傷の回復困難で
 阪神赤星憲広外野手(33)が9日、兵庫・西宮市内のホテルで会見を開き、現役引退を発表した。9月12日横浜戦で負傷した「中心性脊髄(せきずい)損傷」からの回復が難しく、100%のプレーができないと判断。事実上のドクターストップで、9年間のプロ野球人生に幕を閉じた。
 赤星は会見で「今度やったら不随になるかもしれないし、最悪命を落とすかもしれない。ファンの人に喜んでもらえるプレーができないなら、野球を続けるのは無理。引退する気持ちを固めました」と話した。
 01年にドラフト4位で入団した赤星は、1年目から5年連続で盗塁王に輝いた。しかし今季は故障もあって91試合の出場にとどまった。 [2009年12月9日22時17分]


 ある選手が活躍できるか否かを決めるのは本人の努力次第である。しかし、それだけではないのだ。プロ野球にはさまざまな偶然が存在し、それが実力以上に選手の運命を左右する。関西大学の4番バッターとして大学選手権でも活躍した難波昭二郎が巨人軍に入団したとき、同じ3塁手だった長嶋茂雄がもしも入団していなかったらどうなっただろうか。もしかしたら難波が巨人の4番打者になっていたかも知れない。

 赤星が入団したのと入れ替わりに阪神のセンターを守っていた新庄剛志がFA宣言してタイガースを離れた。もしも新庄がそのまま阪神に残ってれば赤星はセンターの定位置を奪うことはなく、試合出場が少なかったら当然ながら新人王と盗塁王を同時に獲得することもなかっただろう。たぐいまれなる足の速さを持ちながらも、代走や守備固めでしか出場機会を与えられずにそのまま球界を去った多くの選手がいた。その一人になっていたかも知れなかったのだ。広島からトレードされた福地、そして阪神から広島に移籍した赤松の活躍を思うと「試合に出られるかどうか」がいかに重要であるかがよくわかる。

 かつての暗黒時代の阪神タイガースと言えば、打てない走れない守れないだった。阪神部屋と呼ばれるほどベテランの肥満選手が多く、盗塁などで足を絡めて機動力野球をするなんてことは全く期待できず、外人の一発に頼るもののその外人がことごとくはずれという状況だった。だからオレは赤星の活躍を観て「これで阪神の野球は変わる!」と期待したものである。赤星が出塁しては走りまくるその姿はすべての阪神ファンを魅了した。そしてオレは、いつか福本豊の持つシーズン106盗塁の記録を破ってくれないかとひそかに期待したものである。きっとオレ以外の阪神ファンも同様の夢を持っていたはずだ。

 2003年、2005年のリーグ優勝に赤星の力は不可欠だったとオレは思っている。彼が出塁して盗塁したから主軸の打点につながったのである。主力の誰が欠けても優勝は難しかっただろう。しかしもっとも優勝に貢献したのは赤星だったとオレは今でも思っている。

 「脊髄損傷」と診断された以上、野球のような激しいスポーツは命に関わってしまうわけで、引退を決めたこと自体は最良の選択だったとオレは思うのである。そのプレイを観られないことは淋しいが、傷ついた身体で戦う痛々しい姿を見るのも忍びない。9年間でもう十分に阪神に貢献してくれた。たくさんの感動を与えてくれた。それで十分じゃないか。これ以上、一人の阪神ファンとしてオレは何を望めるだろうか。

 赤星選手の甲子園での戦いは終わったわけだが、人生はまだまだこれからである。盗塁数だけの車いすを贈るという形で社会貢献を果たしてきた彼が、これから社会とどんな関わり方をしていくのか。それを一ファンとしてオレは見守っていたいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン