江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2009年11月16日(月) 多すぎる本は地下室に収納しよう!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 わが家には本がたくさんある。収納場所に困っている。その本の多くは「持ってるけど滅多に必要にならない」ものである。古典文学関係、国史関係の本が箱入りで多数並んでいる。自分が死んだ後におそらく古本屋に持ち込まれることと思うが、その時には書籍はみんなデジタル化されていて全く価値を失ってるだろう。だったらこんな大量の本を何のために所蔵してるのかと言われそうだが、なんとなく買ってしまって、なんとなく持っているのである。いっそ古本屋でも始めて、アマゾンのマーケットプレイスで売ってしまうというのもありかも知れない。そうしたらかなりのゼニになるだろう。新書や文庫も大量にあるのだが、一冊1円とかにすれば売れるだろう。1円なら多少汚くても、紙が茶色くても文句を言われることもないだろう。ただ、注文を受けたり梱包したりするその作業が面倒なのである。そういうわけでいっこうに本は減らないし、むしろ増えているのである。

 本の収納場所に悩むオレに、なかなか画期的な書庫のアイデアが生まれた。これだ!地下に書庫を造ってしまえばいいのである。コストも思ったよりも安い。クルマ一台分ほどの金額である。産経新聞のWEBサイトの記事を引用しよう。

低コストの地下物置はいかが? 玉田工業が建築評定書を取得2009.11.15 20:14
 ガソリンスタンド向け地下石油貯蔵タンク大手の玉田工業(金沢市)が、タンクを転用したミニ地下室・倉庫「デポエンジェル」の評定書を日本建築センターから取得した。
 評定書は、この地下室を建築物として性能を評価したもの。評定書の取得により、住宅新築時に住宅地下部分への設置が容易になることから年間100件の受注を目標に販売する。
 デポエンジェルはガソリンスタンドの地下石油貯蔵タンクと同様、工場で鉄板を溶接し、断熱材やFRP(繊維強化プラスチック)を巻く製造法で作られる。 通常の鉄筋コンクリートで作る地下室は、地下水の水位が上昇したときのために水をくみ上げるポンプを設ける必要があり、水の浸入によるひび割れの可能性がある。これに対し、デポエンジェルはガソリンの貯蔵用だけに、埋めるだけで半永久的に完全防水が保たれるという。
 価格は、3〜4畳タイプで工事費込みで200万〜300万円。コンクリートなどで地下室を作るこれまでの方法では、15畳程度で1千万円程度の費用がかかるという。キッチンの床下に倉庫スペースがほしいといった需要に低コストで応えられるため、量産を実現できれば「製造コストが引き下げられる」(同社)とみている。


 通常の地下室と違って、地下水の侵入という心配が不要である。だったら湿気を嫌う本の場合に最適ではないだろうか。広さも3、4畳くらいというふうにお手頃な広さである。かなりの本が収納可能だ。取り出しやすいように収納方法さえ工夫すればいいのである。

 量産効果が出れば今の価格はもっと安くなるだろう。また、新築住宅にこれを組み合わせて付加価値を持たせるという売り方もできるようになるだろう。昨今は郊外の戸建て住宅から都心のマンションにという住み替えが主流になってきているが、やはりマンションで悩むのは収納場所の少なさである。その点田舎の広い家は庭に蔵があったりしてモノをしまい込む場所には事欠かない。困るのはオレの家のように田舎でもなくかといって都会でもないという中途半端なところにある狭い家なのである。中途半端に庭がなく、中途半端に収納スペースが足りない。そんな家にこそこの地下室は有効である。できれば価格が100万円以下になって欲しいと思うのである。

 ただ、世間にはオレのようにまっとうなことのためにその地下室を使うのではなく、犯罪のために使う輩もきっといるだろう。拉致してきた人間を監禁するためにその地下室を必要とするヤツもいるかも知れない。安いコストで手軽に設置できるということで、秘密の空間を多くの人が手に入れられるのである。そう考えれば、どこにこの玉田工業の地下室が存在するのか、施工業者はきちっと把握しておく必要がある。

 ただ、わが家の回りには空き家になってる戸建て住宅がかなり多いのである。なんで住人がなくなった家をあんなふうにみんな放置してるのだろうか。おそらくその空き家に対して固定資産税は徴収され、しかも電気代や水道代もかかってるかも知れないのである。固定電話が敷設されたままなら電話の基本料金も発生する。なにより空き家のままならば不用心だ。誰かが勝手に侵入して居住しているという事態もおきるかも知れない。そんなふうに放置するのなら月500円くらいでオレに貸してくれよと思うのである。安く借りられるのならばわざわざ地下室なんか造る必要もないのである。日本中にあるこの大量の空き家がこのまま活用されないで見捨てられるのならば、大いなる資源の損失だとしかオレには思えないのだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン