江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2009年06月19日(金) リニア中央新幹線は必要か?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 

 リニア中央新幹線は必要だろうか?

 もしもオレがJR東海の株主なら大反対である。株主総会で反対の意見は出ないのだろうか。5兆1000億円もの事業をどうして単独で行う必要があるのか。年間の経常利益が約2000億円のJR東海にとって、25年分の利益をつぎ込んでまで作るだけの価値があるのだろうか。
 読売新聞の記事を引用しよう。

リニア直線ルート、建設費5兆1千億円…JR東海試算
 JR東海は18日、2025年に首都圏―中京圏で開業を目指しているリニア中央新幹線のルート別建設費の試算結果を公表した。
 検討対象の3ルートのうち、JR東海が主張している南アルプス直下を貫く「直線ルート」の5兆1000億円に対し、南アルプスを迂回(うかい)する2ルートでは、5000億円以上、建設費が膨らむ。
 直線ルート以外の建設費の試算額は、長野県が希望する南アルプスを北へ迂回して伊那谷を通るルートが5兆7400億円、木曽谷を通るルートは5兆6300億円だった。
 迂回ルートの建設費がかさむのは、直線ルートより路線距離が48〜60キロ長く、地上部分も延びるため、用地買収費用が増えるためだ。
 JR東海の松本正之社長は18日の自民党リニア特命委員会終了後、報道陣に対し「私たちの元々の考え方は直線ルートだ」と改めて強調した。(2009年6月18日22時26分 読売新聞)


 出費と所要時間の増える伊那谷ルートや木曽谷ルートは論外だが、直線ルートで5兆1000億円もかかるというこの巨大事業を行うことで、現在大きな利益を上げている東海道新幹線が今度は不良資産になってしまうことを忘れてはならない。こんなものを建設したからといって、人の移動が二倍になるわけではないのだ。名古屋から東京に毎日リニアで通勤する馬鹿とか、東京から名古屋大学に通う馬鹿とかは基本的に存在しないとオレは思っている。

 現在、東京名古屋間の移動人員というのは新幹線で十分に運べている。超満員で運べないということなどない。もしも飽和状態になれば在来線の東海道本線を活用すればいいのである。そっちに速度は劣るが値段の安い特急を走らせれば客はそっちにも流れるだろう。各駅停車の「こだま」なんか無くせばいいのである。もしも東京・名古屋間を3時間半で結ぶ「新快速」みたいなものを走らせれば、安いということでそっちに流れる客がかなり出るはずだ。JR東海がそういう列車を走らせないのは新幹線の客を増やしたいからであって乗客の要望がないからではない。

 一方JR西日本の管内では新快速が姫路から敦賀までをカバーしていて、京都から大阪も30分くらいで移動できるし、大阪から神戸も20分ほどだ。本数も多く便利な在来線があるからよほど遠くに行くときでない限り新幹線に乗る必要はない。しかし、JR東海というせこい会社の管内では、客をできるだけ新幹線に乗せてゼニを稼ぐために在来線を極端に不便にしている。そのために近距離でも新幹線を利用しないといけないような目に乗客は遭わされてるのである。

 たとえば静岡から浜松に行くのに、在来線なら1時間以上かかってしまうがこだまならわずか25分ほどだ。利用者にはめちゃんこ遅くて安い在来線か、倍の料金でぼったくりの新幹線こだまかの選択肢しかないのである。在来線に快速列車を走らせて40分くらいで移動できるようにするという発想はない。そんなことをすると新幹線の客が減るからである。乗客の利便性よりも金儲けが最優先というのがJR東海という会社のせこい部分である。

 そんなクソみたいな会社がリニア新幹線を建設すればどうなるか。おそらく新幹線「のぞみ」は本数が激減して、急ぐ人はぼったくり価格のリニア新幹線に乗るしかないということにされてしまうのだ。実質の値上げである。5兆円以上の建設費を回収するために運賃はかなり高値に設定されるだろう。かえって不便になってしまうことは間違いないのである。

 JR東海の2009年3月期決算によれば、一株当たりの利益は約6万2000円もある。6月18日現在の株価は61万円だからなかなかの優良会社である。しかし、その一株利益の内で配当に回されるのはわずか9000円である。配当利回りにしてたったの1.47%しかないのだ。あまりにも少なすぎるのである。オレが株主ならばそのリニア建設をやめて株主還元に回してくれよと思うだろう。そうすれば株価も上昇してキャピタルゲインもふくらむはずである。株主総会では株主は全員一致でその無謀なリニア計画に反対すべきである。

 九州新幹線が開業した結果、在来線は赤字ローカル線へと転落した。これから開通する北陸新幹線も同様の結果をもたらすだろう。田舎では在来線が不便なために鉄道離れが起きたのである。それがさらに不便になったらますます鉄道離れが加速し、3セク化された在来線も経営が成り立たなくなっていく。今十分に役立ってる鉄道資産をたちまち不良資産に変えてしまうのが新幹線建設なのである。中央リニア新幹線の開業は、日本の至宝である東海道新幹線を不良資産に変えてしまう迷惑な事業なのだ。そのことを忘れてはならない。

 どうしてもリニアをやりたいなら、東京から成田空港とか、大阪から関空という区間に走らせればいいだろう。東京駅から成田までリニアで15分になればどれほど便利になるだろうか。そうした小規模で成功させてから考えればいいのである。今新幹線の存在しない場所で考えればいいわけで、すでに新幹線が走ってる区間に建設するのは実に馬鹿げたことであるとオレは思うのだ。

 おそらくJR東海はこの事業を強引にやるつもりみたいだし、株主たちはこの建設が自分たちにとってどれほどのマイナスになるのかわかってないようである。リニア新幹線が開業した後に赤字ローカル線になって、JRのお荷物になってしまう東海道新幹線の哀れな姿をオレは想像してしまうのである。少子化はますます進行するだろうし、人口減少によって鉄道会社というビジネスモデルは将来崩壊するだろう。それを思えば今この巨額投資をする必要がどこにあるのかとオレは思ったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン