江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2007年09月12日(水) 舛添要一、おまえは便所野郎の走狗か        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 CANONの便所野郎こと御手洗が熱烈に推進していた、管理職の残業代をピンハネしてしまう悪魔の法案である「ホワイトカラー・エグゼンプション」を取りやめるのかと思ったら、どうやらそうではなかったようである。国民の生活よりも自社の金儲けが何よりも大切というのは日本の企業家の平均的な発想だが、その企業家の中でも労働者をゴミムシのようにしか考えていないあの便所野郎が、どうやら舛添要一を自分の走狗にして野望の実現を図ってるようである。舛添ももう少し骨のあるまともなオッサンかと期待していたのだが、これでは全くダメだ。名前を変えても中味はほんまそのままやんけ。

厚労相:残業代ゼロ法案を「家庭だんらん法案」に
舛添要一厚生労働相は11日、同省が法案化を見送った、一部事務職の残業代をなくす「ホワイトカラー・エグゼンプション」について、「家庭だんらん法案と書け、と(事務方に)言った」と述べ、同制度導入に向けた検討を続ける考えを示した。同相は「残業代が出なかったら早く帰宅する動機付けになる」と強調し、「横文字を使うからマスコミに残業代ゼロ法案と書かれ、一発で終わり。『パパ早く帰ろう法案』とか『バカな課長の下で仕事するのはやめよう法案』という名なら通る」などと語った。
 ネーミングの変更で国民に与えるイメージも変えてしまおう、との論法だが、野党側はさっそく反発している。舛添氏の発言について子育て問題に詳しい民主党の蓮舫参院議員は「カタカナ言葉を使う安倍首相が不評だからこんな言葉にしたのだろう。舛添さんは永田町言葉を使わないので斬新で親近感はわくが、斬新さに見合う行動をとっているのか。名前と内容が本当に見合う法案を考えるべきだ」と述べ、批判した。毎日新聞 2007年9月11日 21時28分 (最終更新時間 9月11日 23時40分)


 舛添要一よ、おまえは企業の中で仕事をしたことがあるのか。労働者がなぜ残業なんかするのかわかってるのか。ゼニが欲しいからやるんじゃないんだ。やるべき仕事の量が多くて時間内にこなせないからやむなくやってるんだ。ゼニが出なくなっても仕事は無くならないんだ。だから残業代がもらえなくてもやるしかないんだ。そんな現場の状況もわからずにお気楽なことを言うなとオレは怒ってるのだ。

しかもおまえは法案の趣旨が全くわかっていない。本当に東大を出てるのかとオレは呆れてしまう。それはこの「ホワイトカラー・エグゼンプション」というのが管理職の残業代をなくすという法案であるということだ。バカな課長から残業代を剥奪してしまう法案なのだ。平社員は今まで通りに残業代はもらえるのだ。それなのに『バカな課長の下で仕事するのはやめよう法案』なんて言い換えをしたら、法案の趣旨が全く違ったものになるじゃないか。おまえのその悪趣味な思いつきを活かすなら『バカな課長に残業代をやらない法案』と呼ぶべきだろう。

 なぜ家庭が崩壊するのか。それはほとんどの場合ゼニがないからだ。ゼニがないから共働きしないといけない。ゼニがないからローンが払えない。夫が家にゼニを入れてくれないから離婚した。妻がパチンコで生活費を使い込んだので離婚した・・・などのパターンなのだ。ゼニさえあれば離婚を回避できる夫婦はかなり多いのである。結婚してみて夫の給料の少ないことに驚き、たちまち危機に至る夫婦もある。残業をたっぷりした結果、家族が裕福に暮らせるだけの収入を得られるのなら、それは家庭の幸福につながるのである。早く帰ってくるけど給料の少ない夫と、帰りは遅いけど給料が多い夫のどっちを結婚相手に選ぶかを女性にアンケートすれば、おそらく後者が圧勝するだろう。そんなこと当たり前じゃないか。ゼニがなかったらどうしようもないのがこの世の中だろう。

 どうすれば残業しなくてもよくなるのか。人を増やしてくればいいのである。大企業が雇用を拡大してくれればそれで解決する問題だ。ところがバブル崩壊後の日本企業はどこもリストラに次ぐリストラによって経費を削減して業績を回復してきたのだ。正社員の比率を減らして契約社員ばかりにし、派遣という形を取りつつ何年も働かせて労働者を使い捨てにしたりしてきた。その結果がやっと実を結んで空前の好業績につながったのだ。そんなこともわからないのか。企業の収益力回復は労働者や下請け企業を犠牲にして達成されたということもわからずに舛添、おまえは厚生労働大臣をやるつもりなのか。ふざけるなとオレは言いたい。

 この法案の趣旨は決してパパを家に早く帰してやりたいなどではないのだ。企業にとって支払うべきコスト、つまり管理職の残業代を削減することで企業の収益を向上させたいというただそれだけのことだ。だからCANONの御手洗が必死で推進してるのである。厚生労働大臣の使命がなんであるのか、舛添要一よ、おまえはわかってるのか。どうして大企業の方ばかり向いていて国民にケツを向けてるのか。あの醜い便所野郎の走狗となっておまえは恥ずかしくないのか。おまえが自分の母親の介護をしたという経験はちっとも生きてないじゃないか。オレはおまえをもっとまともな人間だと思っていた。今回の自民党の新閣僚の中で唯一のまともなオッサンだと密かに期待していた。だが、それも的はずだったようだ。おまえはいつから志を失ってそんな愚劣な法案に協力するようになっちまったんだ。全く嘆かわしいぜ。

厚生労働大臣の使命とは、国民が健康的で豊かな社会生活を営めるように労働者の権利を保護し、病気になったときや介護を必要とするときに適切なサービスが受けられるような体制を整備することだ。残業代を一方的にピンハネされるこの悪法を導入することが、どうして国民生活を豊かにしてくれるのか。そんなこともおまえはわからずに政治家をやってるのか。恥ずかしいと思わないか。一介の教師であるオレの方が、おまえのようにただの幇間野郎に成り下がった醜いオッサンよりもはるかに大臣にふさわしいぜ。少なくとも志の高さという点でオレはおまえよりも数百倍は上だ。

 テロ対策とクソ法の会期中の成立が困難になったので、今度はなんとしても「軍艦用無料給油所」だけは維持したいと新たな法案の導入まで考えてる安倍政権だが、どうしておまえたちはそんなにアメリカの機嫌を取るのかね。日本の国益とアメリカの国益といったいどっちが大事なんだ。インド洋に設置されたあの無料給油所で給油するために、外国艦船はわざわざ燃料を片道分しか積まないそうじゃないか。そのサービスを維持するために総理の座を賭けて戦うなんて、どうしてそこまで卑屈になるんだ。オレはこんなに恥ずかしくなんの国益にもならない軍事支援はいますぐ停止して欲しいんだぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←応援ありがとうございます。 m(_ _)m 


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン