江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2007年03月19日(月) ドラゴン桜DSで東大合格だ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレは梅田に出る用事があってJR大阪環状線に乗っていた。地下鉄でも出られるのだが、オレは地上の方が好きである。またJRの場合は乗車券をクレジットカードで購入できるが、地下鉄は現金で買わないといけない。そういうこともあって大阪市内で天王寺から梅田などの移動の必要が生じたときにオレは地下鉄よりもJRを使うことの方が多い。そういうわけでオレは大阪環状線のやたらクッションの悪い古そうな車両に乗っていたのだが、中吊り広告を見て驚いた。その一両の広告すべてが任天堂DSのゲーム、ドラゴン桜DSの宣伝だったからである。

 いくら受験生が大量に乗っていて、人々の関心が高い時期だからといってもこれはさすがにやりすぎだろう。その広告の文言も「ゲームをしながら東大に行こう」などのふざけた内容で全く真面目な受験生を馬鹿にしているとしか思えないのでオレは多少不愉快な気分になったのである。もちろんオレはモーニングでこのドラゴン桜というマンガを愛読してるし、その中で書かれてる受験テクニックの多くはそれなりに説得力のあるものだと思って好感を持っている。しかし、このゲームの宣伝はやりすぎだろうと思う。

 このドラゴン桜DSというゲームには国語・算数・理科・社会の4教科・12カリキュラムが収録されていて、問題は小学生にも解ける内容なので家族みんなで東大脳を鍛えられるという触れ込みである。また、登場するライバルキャラと学力を競い合うことで、達成感や向上心が刺激され、遊び続けると新しいゲームやアバターアイテムが追加されるので、日々のトレーニングが楽しみになるという。通信機能を使えば、最大4人の友達と同時対戦プレイが行えるということだ。うーん、説明を読んでるとなんだかものすごくすばらしいものに思えて来るではないか。

 もしもこのゲームにそれだけの効果が存在するなら、全国の小学生の子供を持つ親たちは争って買い求めるだろうし、そのゲーム内容が「学習」ということなら子どもたちもまた「これはお勉強だから」という免罪符を得て長時間遊べることになる。そして急速に普及した任天堂DSの新たな役目を果たすことになるわけだ。実際にソフマップのゲームソフトのコーナーには「お勉強系」のゲームソフトがやたら多かったのである。財団法人 日本漢字能力検定協会 公認 漢検DSとかDS陰山メソッド 電脳反復 正しい漢字かきとりくんとか、いつからみんなこんなに勉強好きになったのかと驚いてしまうほどである。

 オレはこのドラゴン桜DSというゲームソフトが売れることで世の中に勉強好きの子供が増えるとは思っていない。そのゲームの公式サイトに行ってみて、問題のデモンストレーション画面を体験したが、たとえば理科の星座の問題などはオレが昔星座オタクだったから全問正解できるだけであり、今の教養のないクソガキどもにとってはかなり難易度が高いと思われる。小学校の内容といっても決して侮れないのである。

 だからこのゲームをやったからと言って子どもの学力が向上すると安易に期待している親たちが居るとすればオレは警鐘を鳴らしたい。つまりゲームをプレイするということはその画面の指示に従っているだけであり、学習の中で大切な「自分から積極的に学ぶべき対象を選び取り、考えながら長期記憶を増やす」ということにはなかなかつながらないからである。反復学習は出来ても、それはただ単に訓練の延長線上でしかなく、高度な思考力や分析力を必要とするところに到達するツールとしての役目を持たせるのは酷だろうということだ。

勉強には攻め(攻撃)の勉強と受け(防御)の勉強がある。出された宿題をこなすだけの勉強はすなわち「受け」であり、逆に明日やる予定のことを予習段階で全部理解しておこうとがんばるのが「攻め」である。今の子どもたちの学習の中で決定的に欠けているのがこの「攻め」の部分であり、それを補うにはこんなゲームごときでは無理なのだ。興味をもった分野のことをどんどん知ろうとしてたくさんの本を読んだり、覚えた公式を試したくてどんどん自分から練習問題を解いてみるのも「攻め」の姿勢である。そして考えながら覚えることで記憶はどんどん定着していく。

 知的好奇心を育てたり、学習に対する前向きな姿勢を磨いたりするのにこのドラゴン桜DSというゲームが役立つのかどうか、手に入れて遊んでいないオレにはまだ判断できない。ただ、知識がゼロの状態で問題に立ち向かっても何の意味もないように、このゲームは小学校での学習に落ちこぼれてしまった子どもには何の効果もないだろう。ある程度の知識をやはり必要とするのである。アマゾンのレビューを読んだがやはり同様のことが書かれていた。

ゲームの値段もさほど高くないし、手に入れて試してみたい気はあるがその前にオレはまだそのゲームを遊ぶための任天堂DSをまだ買えてないのである。そんなオモチャをうっかり手に入れてしまったらますます時間がなくなるじゃないかと思って買っていないのである。もちろん息子たちにも買って与える気はないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←あと4人抜けば1位になれます!応援の投票をよろしくm(_ _)m 


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン