江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2007年02月13日(火) マックグリドルのまずさに仰天!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレはたまに朝食を朝マックで済ませることがある。休日に息子を連れて出かけたり、あるいは一人でのんびり新聞を読みながら時間をつぶすために行くのである。オレの行動範囲内にあるマクド(ここで関東の人間ならマックと呼ぶところだが、オレは関西人なのであくまでマクドだ。京都人ならマク堂かも知れない。)ならどこでも新聞が各紙置いてある。日経や毎日、朝日をゆっくりと読む以外にスポーツ新聞なども読めて、それらを実際に買うことを思えばかなりのコストパフォーマンスになる。そういうわけでオレは朝マックの時間帯にエッグマフィンなどを注文しながらゆっくりと新聞を読むという過ごし方を休日の朝にときどきしていたのである。

 そんなある日オレはレジのところでカードを渡された。それはマックグリドルという新商品の紹介のカードで、そいつを持参すると440円が350円になるとかいうカードだったのである。オレはそのマクグリドルがどんなものかよく検証もせずに、いつものようにマクドに入ってそのカードを渡してマックグリドル(ベーコン&エッグ・チーズ)というのを注文したのだ。飲み物はカフェオーレにした。席についてそのマックグリドルを一口食べてオレは仰天した。な、なんだこの甘さは!

 Mの文字の焼き印が薄く押された大判焼きの皮のような甘い、ホットケーキのできそこないのような生地の間に、ベーコンと卵とチーズがはさんであったのである。なんでこんな変なものを作ったんだ。エッグマフィンの具はそのままに、それを挟んでいるパンの部分が変わっただけなのだ!

 エッグマックマフィンの場合、マフィンには軽く塩味がついてるので中味とちょうど合っている。その味に慣れたオレにとって、そして目玉焼きやベーコンを喰うときに砂糖やグラニュー糖をかけて喰うような狂った習慣を持たない以上、このマックグリドルの味はあまりにもまずく感じたのである。どうしてこんな変なメニューを登場させたんだ。

 オレは自分に渡されたその割引カードがまるで悪魔のカードのように思えた。もしもそんなのをもらわなかったらとしたら、オレはマックグリドルなんてモノを喰うことは永久になかっただろう。もしかしたらそのカードをオレに手渡したバイトのお姉ちゃんには究極の悪意が存在し、「このオッサンにあのまずいのを喰わせていじめてやろう!」というつもりだったのではないか。オレはそんなふうに思ったのだ。

 もしかしてオレと同じような感想を持った人が居るかと思って、オレは「マックグリドル」「まずい」の二つの語をキーワードにしてヤフーで検索してみた。するとそのまずさを書いているブログがたくさんヒットしたのである。オレは事前に調べなかった己の不明を恥じた。しかし、もしも先に調べて「究極のまずさ」ということを知っていたならば、おそらくオレのようなヒネクレ者としてはそのまずさを検証するためにやっぱり注文したかも知れないのである。そう考えるとオレにとってこのマックグリドルを喰うという悲劇は必然だったのかも知れないのだ。

 世の中にはとてつもなくまずいものが存在する。食べ物を提供する商売に於いてさえ、とんでもないまずさのものが売られてることがあるのだ。そんな時にオレが思うのは「こんなまずいものを平気で売ってるヤツは味音痴に違いない」ということである。まずいラーメンを平気で売ってる店主は味音痴だからだと思うし、まずいカレーも同様だ。そしてオレは自分の舌にはかなりの自信を持っている。マクドナルドにもおそらく商品開発の部門が存在し、そこでちゃんと試食、研究してこのマックグリドルが登場したはずである。まともな人間がその部署にいればこういう変なものは生まれなかったはずである。

 そこでオレはまた別のことを考えるのである。マクドがこんなまずいものをわざと出してきた背景には、日本人の味覚を破壊していくという戦略がその背景にあるのではないかと。味覚を完全に破壊してしまえば、その上に恣意的にマクドにとって都合のいい味覚を持った人間を増やしていけるからだ。マクドが次々と提供するまずいものをまずいと感じず、マヒした味覚でおいしいと勘違いする人間がどんどん増えていった時、マクドの日本戦略は完了する。他のファーストフードのチェーン店がいくらおいしいものを出して対抗してももう無駄だ。なぜなら大衆はマクドの提供するまずさのとりこにされてしまっているからである。これはオレの取り越し苦労かも知れない。しかし、それ以外にオレはこの謎に対する明確な答えを出せないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←マックグリドルを食べたくない人はクリックをお願いします。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン