江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2006年12月30日(土) どんどん殺人罪を適用せよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 せっかく導入された危険運転致死罪は、実際の交通事故の中でわずか1%ほどしか適用されていないらしい。飲酒運転による事故でさえ適用されないケースがあるのでおどろく。つまり「飲酒していたが運転は正常に出来た」と被告側の弁護士が主張するそうである。結果として事故に至ったのだから危険だとオレは思うのだが、どうも司法関係者は馬鹿ばっかりそろっていてそんな当たり前のこともわからないらしい。

 脇見運転で幼稚園児の列をなぎ倒して4人殺しても、やっぱり「危険運転致死傷罪」にはならないのである。別に飲酒運転していたわけではないからだと。ひどいじゃないか。そんな重大な事故を起こしてもきわめて軽い罰で済むのである。これでは死んだ人が浮かばれないし、何よりやってしまった行為の責任の重さに量刑が釣り合っていないのである。危険かどうかは結果で判断すべきだろう。結果として人が死んだから危険だったのである。ところが飲酒運転で事故を起こしてもも「その後でちゃんとクルマを運転して帰宅しているから、正常に運転できないほどの酩酊とは言えない」という判断が下されるらしい。こうなるともうむちゃくちゃである。

 あの福岡の橋の上で追突ひき逃げして幼児3人を死なせた飲酒公務員の事故でさえも、最初の報道では「危険運転致死傷罪」の適用をためらうような書き方だった。せっかく法律を作っても、それを運用する側がボンクラばかりなら何の意味もない。オレは「業務上過失致死」という罪を廃止すべきだと思っている。もしもこの世に不可抗力の事故があるのならそんな罪を適用してもいいかも知れないが、およそ交通事故というのはドライバーが「やってはいけない失敗」をするから発生するのであり、その時点でまぎれもなく「危険運転」なのである。

 そしてオレに言わせれば、飲酒や覚せい剤を注射した馬鹿が運転して事故を起こした場合は「殺人罪」を速やかに適用すべきだ。そんな状況で運転するということは人を殺してしまう危険があるということであり、未必の故意による殺人だとオレは思うのである。裁判官や検察官がちゃんと「飲酒運転は殺人」という見解を持たなかったからこんなことになったのである。オレは殺人罪の適用拡大を訴える。

 たとえばヒューザーの小嶋、こいつは欠陥商品を売りつけたただの詐欺容疑にしかならないようだが、地震で崩れるようなマンションを売りつけた時点で殺人未遂であり、実際に地震が起きてしまってマンション倒壊が構造的欠陥によるものと判断されれば殺人罪に切り替わるとすべきである。三菱自動車のリコール隠しで社長や会長がみんな無罪になったがこれなど言語道断であり、そんな無責任な連中こそ死刑を適用すべきなのだ。企業のTOPというのは会社の不祥事の時には刑務所に入るという覚悟をしてこそ企業のリーダーなのである。あの硫黄島守備隊の栗林中将は最後の突撃に際して「予は常に諸子の先頭に在り」と訓辞したという。それが上に立つものの責任ある態度だ。産業廃棄物「フェロシルト」の不法投棄で報道された石原産業は、会社ぐるみのルール違反を一工場長の責任にして幹部は罪を逃れようとしている。なんと情けない連中だろうか。そんな会社はとっとと解散させるべきである。

 飲酒運転による重大事故が後を絶たないため警察庁は12月28日、酒酔い・酒気帯び運転、ひき逃げの罰則強化を柱とした道路交通法改正試案をまとめた。これによって飲酒運転の同乗者もかなり重く処罰されることになるという。来年の通常国会の期間中に改正案を提出して2007年中の施行を目指しているらしい。早ければ早いほどいい。しかしせっかく法律を作っても、それを運用する検察や司法の側がボンクラばかりだと、巧妙な弁護士にうまくやられて悪人どもの罪が軽くされてしまうぜ。

 あとオレがなんとかしてほしいのは認知症ドライバーである。高速道路の逆走や、駐車場でアクセルとブレーキを踏み間違えて屋上から転落など大事故につながることが多いのだが、現行の法律ではこの人たちの責任を問うことができない。さすがに殺人罪の適用は無理だ。認知症である時点でもう責任などは問えないわけで、だったらそんな人たちがなぜクルマを運転してるのかということになる。オレの母も来年から高齢者講習を受けるようにとの通知が来ていたが、こういう講習を形骸化させず、また認知症であることがわかればエンジンが始動しないように、運転する前に問題を解かないとエンジンがかからないようにするとかのオプションを義務づければどうだ。

 イーホームズ藤田社長の本が出版され、そこでは建築業界のウラの実態がかなり暴露されているそうだが、なぜか彼の訴えはほとんどマスコミでは取り上げられることがなかった。日興コーディアルの粉飾決算もその後ほとんど報道されない。マスコミなんてしょせんこういう腰抜けばかりなのである。政治的な圧力をかければ簡単に屈する。考えたら朝日も讀賣も戦前はかなり好戦的で、民意を戦争に向かわせるのに指導的な役割を果たしてきた翼賛機関だったのである。現在に於いて真に公正な民意を反映してるのは実はオレの日記のような個人ブログしかない。少なくともオレは政治的には中立のつもりだ。(オレが右寄りだと思ってる方も多そうだが、あくまでオレはニュートラルのつもりだ。)

 政治に関する怒りを結集するには、一人一人のブロガーがこうして正義を語ることしかない。政権交代の意欲もない腐った野党や、野党のやる気のなさのおかげで政権と利権をばっちり維持している自民党をぶっつぶすべく、ネットの世界から新たなる風が巻き起こることをオレは願っている。もしもそんな動きが生まれるなら、そのときはオレも決起したいと思っている。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
投票ありがとうございます。←今の報道は公正中立とは言えないとお感じになる方はぜひクリックをお願いします。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン