江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2006年09月12日(火) オシッコを我慢すれば勝てるんだ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 覚せい剤を話題にした日記一覧

 覚せい剤を使っているかどうかは、オシッコを調べればわかる。ということは、オシッコを調べられない限りその証拠はつかめないと言うことであり、警察に留置されてるときにオシッコが「出ない!」と言って我慢し続けて釈放されれば逃げ切れるということになる。警察にしてみればそんな逃げ得は許されないし、それ以前に覚せい剤をやってるような頭のおかしいヤツは見ればわかるそうだから、見た感じで「やってる」と判定してもいいのだが、裁判に持ち込むためには物的証拠が必要なわけで、そのためにもオシッコは大変重要なのだ。

 さて、覚せい剤取締法違反で服役中の男が、逮捕される前にオシッコ待ちで拘束されたことに対して「違法な捜査で精神的苦痛を受けた」と慰謝料100万円を求める訴訟の判決が札幌地裁で7月11日にあった。竹田光弘という馬鹿、いや裁判長はその男が当初は提出を拒否していたオシッコを提出させるまでに掛けた約3時間半の拘束が「社会通念上許容される任意捜査の限界を超える身柄留置で、違法」として、北海道に10万円の支払いを命じたのである。

 こんな犯罪者に甘い裁判官がいるから覚せい剤は撲滅できないのである。こら竹田光弘、なんでおまえはそんなに覚せい剤を使ってる男に好意的なんだ。もしかしておまえもやってるのかと勘ぐりたくなるぜ。もしもこの馬鹿裁判官の主張通りに「3時間半の拘束は違法」ということで、この覚せい剤男を釈放していれば、一つの犯罪を見逃すだけではなく、またこの馬鹿はどこかで覚せい剤を入手するだろうし、もしかしたらその影響で無差別殺人などの事件を起こすかも知れないのだ。

 オレの考えは極端だが、覚せい剤をやってるという時点で死刑にしてもいいと思ってる。昔、「覚せい剤やめますか?人間やめますか?」というCMがあったが、覚せい剤をやったヤツは即座に生きてることをやめさせるべきだとオレは思っている。江夏豊は偉大な投手だが、覚せい剤をやったというその汚点がある以上、オレは彼の記録は一切認めたくない。阪神ファンのオレは、覚せい剤を使ったということで江夏が輝かしいタイガースの歴史を汚したことが許せないのである。

 覚せい剤を使う人間の権利など守らなくてもいいのである。こんな正義をわきまえない馬鹿裁判官がいるだけで、裁判の権威がどれほど失墜してるかわからないのだろうか。

 判決によれば、この服役中の男性は2003年4月24日未明に札幌市内の知人宅で暴れ、(おそらくそのときの目つきがいかにもシャブ中特有のイッてしまってる様子だったのだろう。)覚せい剤取締法違反の疑いで札幌西署に任意同行された。(当然だ)ところが男性は任意の採尿を拒否して(バレたくないからなあ)取調室の床で寝るなどしたうえ、昼前に起きてそのまま帰ろうとしたが、署員が行く手を阻み、取調室にとどめた。(当たり前だ)この男が寝てる間に警察が請求した「強制採尿」の令状請求は却下されていたという。これではまるで捜査妨害である。

 令状請求が却下されるとなると任意でオシッコを提出させるしかないわけで、任意ということは拒否されちゃうこともあるわけで、覚せい剤をやってる男としては当然拒否したいのである。警察がこの悪人を捕まえるためには、証拠のオシッコが出るまで拘留するしかない。このオシッコ待ちの我慢比べの状況を竹田光弘(こんな馬鹿は裁判長とは呼びたくない。呼び捨てでけっこうだ)は違法な捜査であると認定し、北海道に10万円の支払いを命じたのである。結局男は任意でのオシッコ提出に応じて、すぐに覚せい剤の反応が出て緊急逮捕された。

 この男の刑事裁判の一審判決では「強制採尿の令状請求を却下した判断は不適切」という指摘と共に、男に実刑判決を言い渡したのである。今や覚せい剤はヤクザや芸能人だけではなく、主婦や学生にも広がってるという。北朝鮮の大きな輸出産業という側面も見逃せない。それを撲滅するにはどんな卑怯な手段を用いてもおとり捜査を用いてもOKだとオレは思ってる。手段が多少卑怯であっても、覚せい剤を撲滅するという大義名分の方が優先するからだ。どうせなら覚せい剤の撲滅と一緒にこんな馬鹿裁判官も一緒に撲滅して欲しいのだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←覚せい剤を見逃さなかった警察の取り調べを評価する方はクリックをお願いします。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン