江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2006年09月06日(水) オレはプレーオフに反対だ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 プレーオフを話題にした日記一覧

 2007年度のプロ野球は交流戦が減らされ、さらに両リーグでPSG(ポストシーズンゲーム)が導入されるという。1〜3位までの3チームによって日本シリーズの出場権をかけて争うわけだが、その結果としてリーグ優勝ではないチームが日本シリーズに出てくることになる。パリーグは昨年も一昨年も2位のチームが日本シリーズに出てきたのである。

 せっかくペナントレースで1位になっても、たった数試合で裏切られてすべてが無になってしまう理不尽な仕組みにオレは最初から反対だった。なんとその馬鹿馬鹿しい仕組みを来季からセリーグもやるらしい。なんということだ。オレは断じてそんなことを承服できない。中日が独走し、ほぼ優勝を手中にした今、阪神ファンの中には「プレーオフがあったらいいのに」などとほざいてる情けないヤツもいるという。なんて恥ずかしいんだ。優勝できなかったらあっさりあきらめて来季をがんばればいいだろう。どうして2位以下のチームに敗者復活のチャンスを与えるんだ。そんなことをするとリーグ優勝するということの価値が下がってしまうじゃないか。

 もしも日本シリーズが両リーグの3位同士の対戦になったらどうするんだ。もしもそんなことになれば、ペナントレース1位同士のオープン戦を同じ頃に別に開催して、そちらは真・日本シリーズと銘打ったらどうだ。絶対に観客動員では勝つぞ。

 昔パリーグが前期後期制になっていて、それぞれの優勝チームでプレーオフをやったとき、前期優勝した野村監督率いる南海ホークスは、後期に阪急ブレーブスに13連敗したのである。エースの西岡は一度も登板せず、どう観てもわざと負けてるとしか思えなかった。ところがプレーオフでは南海が勝って日本シリーズに出たのである。ひどい話である。前期後期を通算すればダントツで阪急が1位だったが、それでも阪急は日本シリーズには出られなかったのである。

 オレは子供心に「これでは阪急がかわいそうすぎる」と思っていた。こんな制度を導入すれば「プレーオフに出場する資格さえ取れれば、後は試合に手抜きする」ことが常態化してしまい、卑怯な行為が平気になってしまうような気がする。ただでさえ野球の世界には「記録のためにする八百長プレー」が多いのである。王貞治のホームラン記録を抜かせないようにするためにわざと敬遠の四球を与えたりするのはその最たるものだ。

 もっともこのPSGを強く推進する人たちの中には、「3位までにチャンスが与えられるので消化試合が減る」というメリットを主張する方もいる。ほとんどすべての試合が、3位までに入れるかどうかということに関わるからだという。本当にそうだろうか。オレは逆に「絶対にリーグ優勝しなければならない」という呪縛からの解放は、ペナントレースすべての試合の重みを消化試合並に軽くしてしまうような気がしてならないのだ。

 オレのような真のプロ野球ファンの夢を奪い、野球そのものをつまらなくするこの制度、来季からの導入が正式決定だという。もう食い止めることはできないのである。交流戦のために観客動員が減ったことで危機感を抱いたセリーグのチームが、その分の収入を取り戻すためにこのPSGを活用するのだという。プロ野球をダメにするこの新しい仕組みに、我こそは真のプロ野球ファンと自認する者達は立ち上がって反対しようじゃないか!


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←3位同士の対戦なんて意味がないと思う方はぜひ投票をお願いします。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン