江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2005年11月27日(日) 孤児院ちゃうねん、ブローカーやねん        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 人身売買を公然と行っている国が21世紀の今も存在したのである。もっとも日本だってヤクザが売春させる目的でフィリピンや中国、タイの女性を不法滞在させ、法外な借金を背負わせて働かせたり偽装結婚させたりと悪事の限りを尽くしてるのでよそのことは言えないが。

 中国内陸部の湖南省で孤児院などを運営する社会福祉施設が多くの赤ちゃんを買い取ったうえ、別の孤児院や子どものいない夫婦に売っていたとして、地元警察が施設の責任者ら27人を拘束するなど摘発に乗り出したという。オレが知ってる孤児院のイメージというのは、タイガーマスクに出てくるちびっこハウスくらいで、恵まれない事情の子供たちが助け合って暮らしてる姿を想像していたのだが、中国の孤児院というのは赤ちゃんブローカーだったのである。

 一人800〜1200元で仕入れた赤ん坊を8000〜30000元というから10〜37.5倍の価格で他の孤児院に転売していたのだからかなりボロい商売である。そうして赤ちゃんを仕入れた孤児院は、さらに高い値段で子どものいない親に転売するのである。800元といえば日本円で1万2000円くらいだ。そんな値段で人間が売買されてるのだから笑えない話である。

 さて、その赤ちゃんはどうやって仕入れるのだろうか。常識的に想像できるのは、望まれない妊娠の結果できた子供を中絶しないで産んだという例なのだが、そこは中国である。誘拐するのである。ベビーカーに載せてある赤ん坊をそのまま強奪してしまうとか、病院でお見舞を装って侵入して盗むとかいう方法で仕入れるのである。仕入れた商品、いや赤ちゃんは孤児院の間を転売されていくのである。

 この状況を見ていてオレはつくづく思うのだが、きちっとしたモラルを国民が身につける前に、先に豊かになってしまった国はろくなことがないということである。中国では国民が交通マナーの大切さを理解する前にクルマが普及し始めたものだから交通事故の発生率は日本の10倍以上だ。しかも無責任な国民性のためかひき逃げ率も日本の比ではない。中国では人をはねたら逃げるのが普通の行動なのである。科学的な捜査の導入が遅れていて犯人の検挙率もかなり低い。

 今回の赤ちゃん売買事件、確認が取れただけでもこの数年間で、生後数カ月から4歳までの少なくとも100人が売買されていたという。この背後には中国マフィアのからんだ大規模な赤ちゃんの密売組織があるに決まってるのである。今回の検挙によって中国での取り締まりが厳しくなったら、連中は赤ちゃんを仕入れるために日本にやってくるかも知れないぜ。こうなると、親は絶対にベビーカーから目を離せないことになるなあ。

←日記才人投票ボタンです。押せば続きが読めます。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン