江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2004年10月18日(月) 世界の中心でデブの撲滅を叫ぶ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 原油価格高騰の中、日航は機体の白い塗装を省くことで軽量化し燃料を節約しようと、無塗装の貨物機を購入。10月16日、腐食防止や光沢の維持のため機体表面を磨く作業を、成田空港の整備場で始めたという。今回購入したのは米ボーイング747−400F型。胴体にペンキを塗らないと従来より約150キロ軽くなり、1年で羽田−札幌往復分にあたる約4万リットルの燃料が節約できるのだとか。

 機体をたった150キロ(デブ一人分)軽量化するだけでこんなに燃料が節約できるのである。ジャンボジェットの500人の乗客が一人あたり300グラム体重を落とせば、一年間に4万リットルのジェット燃料を節約できることになる。そんなことがわかってるのならなぜ体重別運賃制度を導入しないのか。オレと小錦や曙が同じ運賃だなんて絶対に納得できないのである。体重53キロのオレの運賃は、体重100キロのデブの半額にすべきである。もしもオレの運賃を基準にするなら、100キロのデブからはオレの倍の運賃を取るべきだ。そうでないとあまりにも不公平である。

 デブは多くの場所を占有する。通勤電車の7人がけのロングシートに一人のスーパーデブが座っていれば6人しか座れない。一人の迷惑なデブのために朝の通勤ラッシュ時に座っていけるという幸福を奪われる哀れなサラリーマンやOLが発生するのだ。だったらデブは座らずに立てばいいのか。体重100キロの巨体がつり革を持って立っていたとして、電車の急停止でよろけたとき、ぶち当たられる人には生命の危険が生じる。一人のデブの存在は周囲の人間にこのように多くのリスクを与えてるのだ。

 もしも日本人がすべてオレの体重以下になれば、石油や電力の消費量は2割くらい減少するだろう。つまり、デブを撲滅することは化石燃料の使用量を減らして地球の温暖化の防止や環境保護につながるのである。

 街を歩けば巨体を揺らせて歩く人にたくさん出会う。いったい何を喰えばそんなに巨大化するんだと思うほどのヤツもいる。でかい体を所有して狭い国土の上で多くの場所を占拠するヤツと、オレみたいにつつましく生きている市民が同じ税金というのは全く納得できない。今すぐすべての交通機関に体重別運賃制度を導入してくれ。住民税も所得じゃなくて体重に比例するようにしてくれ。服だって家だってクルマだってサイズのでかいものは高いじゃないか。どうして人間だけが平等なんだ。そんなことオレには絶対に承服できないのである。世界の中心でオレはデブの撲滅を叫びたいのである。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン