江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2004年10月08日(金) 社長令嬢をはねた信号無視男の末路        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 家電量販大手のヤマダ電機(本社前橋市)の山田昇社長と妻は10月6日までに、2002年12月に当時26歳だった長女が信号無視の乗用車にはねられ死亡した事故をめぐり、車を運転していた当時会社員の23歳の男性(業務上過失致死罪で禁固2年が確定・収監中)に対して、総額約7億2600万円の損害賠償支払いを求める訴えを前橋地裁に起こした。

 訴えによればこの男は、赤信号を無視して交差点に進入し、横断歩道を渡っていた被害者をはねた上、ブレーキをかけずにそのまま40メートル引きずって死亡させたという。7億2600万円の算定基準だが、長女が50歳で社長になると仮定し、生涯所得を少なくとも17億5000万円と試算した結果だという。娘がこのような無惨な殺され方をして、それなのにこの男は「業務上過失致死」という罪名で禁固2年という軽い罰で済んでいることを思えば、両親がその無念さを晴らしたいという気持ちはよくわかる。

 オレが不思議なのは、「引きずって死亡させた」という残虐行為をも「業務上過失致死」の範囲内で処理している検察官や裁判官どもの杓子定規な思考である。なぜそれが「殺人罪」を適用されないのか。「業務上過失致死」などという罪名は、オレのような超優良ドライバーが安全にクルマを運転していて、それでも子どもが突然飛び出してきたり、へたくそなドライバーが真正面から突っ込んできてしまったりして不可抗力の事故の結果死者が出てしまった場合に救済措置として存在するものである。信号無視や飲酒、暴走行為の果てに起きた結果は「過失」ではない。それは「殺人」である。

 この23歳馬鹿の起こした事故は、クルマを用いた歩行者へのテロ行為であって断じて過失などではない。だからちゃんとそれにふさわしい罰を与えるべきだったのだ。

 もしもオレの身内がこんなヤツにひき殺されて禁固2年だったらオレはだまっていない。オレもそいつをひき殺して2年間刑務所でお務めしたいと思うだろう。だって交通事故は「業務上過失致死」であって「殺人」ではないのだから。もしも「殺人」で訴えられたとしても、オレはあくまで「偶然」なのだと主張するぜ。

 今回のケース、請求金額をこの男が払えるわけないので、実際の所はどうなるんだろうな。弁護士の中には高額の賠償を逃れるために破産を勧めるヤツもいる。そんな取れそうもない賠償金よりも、死ぬまでヤマダ電機の倉庫で無給の奴隷でこき使ってやれよ。おっと、そんな外道の顔も見たくないか。そりゃそうだろうな。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン