江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2003年08月22日(金) この世で一番恐ろしい駐車場の話        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

オレは最寄り駅の駅ビルにある駐車場をよく利用する。そこは1時間以内なら無料である。駅周辺には銀行も郵便局も本屋もマクドもあるのでたいへん重宝している、唯一の欠点はその駐車場がわりと混雑することと、一台あたりのスペースに余裕がなく、場所によっては入れにくいということである。

その日もオレはいつものように左右に高級車が停まっているところを選んで自分のクルマを入れた。こすられたくなかったら、高級車の隣に置け!これは駐車場利用の鉄則である。さて、駅ビルへの連絡通路に向かおうとしたオレは、ガガッという不吉な音に立ち止まった。クルマが壁をこする音であった。通路の突き当たりの壁際に、よりによって頭から突っ込んで停めているカローラがあった。そのカローラが出ようとしているのである。左を壁に接したそのカローラを運転するそのご婦人は、ハンドルを右に切ってバックすればクルマの左側は外に膨らんでいくという初歩的なことをご存じなかったようで、大きな音をたてて壁を削り取って急停車したのである。オレは気になって遠くからしばらく見ていた。

クルマを元の位置に戻したそのご婦人は、今度は何を思ったのかハンドルを逆に切ってから出ようとしたのである。グシュ今度は右隣のクルマが接触して揺れた。ああ、最悪の事態である。もしもクルマを動かす前なら、お節介なオレはクルマを代わりに運転して安全な所まで移動させることをいとも簡単に行っただろう。だが、もう完全に手遅れだ。今更どうなるものでもない。

しかし、一度傷物になると人間というのは気が大きくなるのだろうか。そのご婦人は、左側の壁と右側のクルマの価値を心の中で比較したのか、クルマをもう一度元の位置に戻し、もう一度派手にガガガガガッと壁をこすりながら颯爽とクルマを出したのである。そして、自分がぶつけた右側のクルマには目もくれずそのまま走り去ったのである。おそらく当て逃げするだろうとオレは思っていたので、オレは逃げていくご婦人のカローラのナンバーをその場で記憶し、カバンの中からメモ用紙を出してそこに書き付け、被害に遭われたクルマのワイパーのところにそのメモを挟んだ。「当て逃げしたクルマのナンバーです」そのあとどうなったか、オレは知らない。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン