江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2003年08月13日(水) 税金でこんなもの造りやがって、馬鹿        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 北海道の日高地方を流れる沙流川の流域はアイヌ民族の聖地である。アイヌ民族の血を引く多くの人々が暮らしている。伝統行事であるチプサンケ(舟おろしの儀式)を行っていた渡船場もあった。そこに建設されることになった二風谷ダムのために土地を奪われることとなった二人のアイヌの地権者、貝沢正さんと萱野茂さんは自分たちの土地を売ることを拒んだが、その土地は強制収用されてしまう。二人は札幌地裁に収用の裁決取り消しを求める訴訟を起こした。

 1997年札幌地裁はアイヌ民族の先住民としての権利を認め、ダム建設の強行は違憲であるという判決を下す。しかし、その判決はすでに完成していたダムを撤去すると言う強制力を持たず、アイヌの聖地は水没してしまったのである。

 このダムの建設の主目的は苫小牧東部大規模工業基地(苫東)への工業用水の供給とされていたが、開発計画の頓挫で工業用水は不要になった。ところがダムは目的を変更し、治水・潅漑・発電などの不要不急の目的に変えられて、広大な空き地と化した苫東を横目に無意味なダムエ事だけが進められたのである。要するに「ダムを造ること」がダムを造る目的だったのである。まさに利権にたかる土建行政の象徴みたいなものである。

 また、水没地の多くが実は「北海道旧土人保護法」に基づくアイヌ給与地だった。いったんアイヌに提供した土地を、開発の名のもとに日本政府は一方的に取り上げたのである。

 この夏、台風10号がもたらした豪雨はこの二風谷ダムも襲った。ダムの水位はどんどん上昇した。北海道開発局はダムの決壊を防ぐために緊急放水を行い、下流の住民6500人は緊急避難した。ダムの放水と豪雨による増水で堤防は決壊寸前だった。もしもダムがなければ、流域の住民はわざわざ避難する必要もなかったはずである。そもそも1000億近い税金を浪費してこのダムを建設しなければならなかった理由はいったい何なのかと理解に苦しむのである。土地収用前に水没地の一部を某商社が買い占めてるあたり、官僚や土建屋共とつるんだせこい連中のいかにもやりそうなことである。もっとでかい台風が来たら二風谷ダムは間違いなく決壊し、殺人装置として機能していたはずである。なんとも恐ろしい施設である。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン