江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2002年12月13日(金) タバコと酒が逆だろう        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 「とれそうな所からぼったくる!」これは税金もぼったくり店も同じである。タバコにかかる税金が上がったから吸うのをやめる人はほとんど無いだろうし、酒税が上がったから禁酒する人もたぶんいないだろう。確実に増収効果が狙えるわけだ。問題はその中味である。タバコは1本2円、発泡酒は1本20円・・・と聞いてオレは気分が悪くなった。おいおい、逆じゃないのか? 発泡酒は安さが魅力だろう。そこから20円も値上げしてどうするんだ? タバコは百害あって一利なしだろう。そこからたった2円しか値上げしないのか。おかしいじゃないか。
 タバコを1本あたり20円値上げしてもせいぜい一箱400円程度の値上げである。買えない金額じゃない。最近は中学生や高校生、小学生にまで喫煙者の裾野は大きく広がってるし、女性の喫煙者も増えた。1本につき20円値上げすれば2兆円くらいの増収が見込まれるわけである。それだけの金があれば高速道路も整備新幹線も造り放題、公共事業の金もばらまき放題だ。すばらしい政策じゃないか。
ところで発泡酒の魅力ってなんだ? 安さ以外にいったい何があるんだ。もしもビールと同じ値段になれば誰も買わないだろう。発泡酒はいわば税制度の盲点をついて登場した日本ならではの商品、アルコール界のガイアックスみたいなものである。(こんなたとえを使うとよけいにわからないかも知れないが) かくいうオレも安いからと夏はずいぶん発泡酒のお世話になったよ。来年の夏も飲みたいから値上げはやめてくれ。
 タバコの値段はいったいどれくらいが適正なんだ。オレは自分が全くタバコを吸わないからあえて無責任に言わせてもらうが、いっそのこと一箱1万円くらいにしてみたらどうだ。それくらい高価なものになればきっと中学生や高校生はタバコをやめるだろう。そんな無駄な金があれば携帯電話の通話料に回した方がいいと彼らは思うはずだよ。あんなに迷惑なものがはびこってるのは、一箱250円くらいという安さにも責任があるはずだ。もしも1万円のタバコが、現在の販売量と同じ数量売れたとしたら、国債なんて発行する必要はなくなるぜ。えっ、何か文句があるのか? お隣の犯罪国家がやってる覚せい剤を売って外貨を稼ぐよりはよっぽどマシじゃないか?


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン