サッカー観戦日記

2019年05月11日(土) チャレンジリーグ 高槻−名古屋

チャレンジリーグ
スペランツァ大阪高槻−NGUラブリッジ名古屋
5月11日 13時 萩谷 ピッチ良 晴


高槻           名古屋
−−−−−−−森迫−−− −−−−−竹林−−−−−
−−−渡邊−−−−−−− −−−−−長谷川−−−−
保坂−北浦−−高橋−浅野 三宅−三浦−−安部−永島
倉員−橋本−−宮地−上西 熊崎−道倉−−清水−北川
−−−−−長谷−−−−− −−−−−都倉−−−−−



スペランツァ大阪高槻 監督:種田佳織
GK  1 長谷好美  93/06/06 169/63 スフィーダ世田谷
DF  3 上西可奈子 97/02/06 164/52 姫路姫獨大
    4 橋本祥子  96/06/11 160/57 伊賀FCくノ一
    6 宮地明日翔 96/07/02 169/64 吉備国際大学Charme
   24 高橋悠   87/06/02 155/48 伊賀FCくノ一
MF  7 浅野未希  88/09/08 157/47 岡山湯郷Belle
   10 保坂のどか 86/12/07 147/48 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
   11 倉員史帆  94/02/16 149/46 吉備国際大学Charme
   14 渡邊佳奈美 96/11/28 158/53 姫路姫獨大
FW 19 北浦美帆  91/05/27 156/49 岡山湯郷Belle
   22 森迫あやめ 96/06/01 153/50 岡山湯郷Belle

GK 21 中川良美  90/09/24 159/59 つくばFCレディース
DF  2 竹内希   93/06/12 162/57 バニーズ京都SC
MF  8 阪中濡   96/08/21 166/61 Atletico FeminA
   18 朝井出祐子 96/11/03 159/53 東京国際大
FW 20 園山萌子  93/06/11 162/53 熊本ルネサンスFC

名古屋 監督:熊田喜則
GK  1 都倉瑠里  94/08/17 162/52 東海大学女子サッカー部
DF  2 北川和香菜 93/04/29 159/53 コノミヤスペランツァ大阪高槻
   17 清水あかね 93/03/07 161/54 ASハリマアルビオン
    3 道倉宏子  86/08/16 162/57 伊賀FCくノ一
   15 能崎美音  94/05/31 162/53 尚美学園大学女子サッカー部
MF 33 安部由希子
   34 三浦桃
   10 長谷川葵  93/07/07 154/50 スフィーダ世田谷FC
FW 21 永島自然  98/06/18 154/50 ちふれASエルフェン埼玉
   16 竹林佑真  95/06/22 161/53 愛知東邦大
    5 三宅あゆみ 92/10/05 159/49 アンジュヴィオレ広島

GK 24 霤追寛據 96/09/13 157/52 福岡Jアンクラス
DF 29 瀬倉春陽  96/04/05 166/66 新潟医療福祉大学女子サッカー部
MF 14 伊藤遥   93/05/30 160/54 ASハリマアルビオン
FW  6 高島瑠里子 90/05/08 162/54 AC長野パルセイロレディース
   19 福井しほり 91/07/05 149/49 福岡Jアンクラス



かなり力の差がある。双方の監督がS級持ちだが、高槻のほうが指導が行き届いているように見える。名古屋㉞三浦桃ってあの三浦桃か?プログラムに記載なし。大柄で左利きだから間違いないと思うが。名古屋はボランチだけがいい。庵殞咾錬吋肇奪廚覆里縫櫂好箸歪戮気貘海院◆△修量魍笋鰐詰なのでは?と思った。高槻はセットプレーを渡邊が担当。Φ榁呂鬟拭璽殴奪箸砲垢襦これに対し名古屋はコーナーを最初ゾーンで守っていたが、すぐにゾーンとマンマークの併用に切り替え、そして完全マンマークにした。宮地のマークはF餐辧身長は7センチ低いが体重があるし、キャプテンとしての責任感もあるだろうし。しかし高さからは㉞三浦を当てそうなものだが。8分、高槻保坂が左でキープ、倉員がコーナー付近で切り返し右足左クロスを渡邊ヘッド。1−0。保坂は上手いが右しか使えず必ずカットインかキープでタテがなく、スピードもないので中に突破する迫力もない。ざ極椶魯蹈鵐哀侫ードあり。上西は正確なキックが武器。Φ榁呂賄儀薪なストッパー。前に出て潰す。後ろはざ極槐い察ややプレースタイルが古い。㉔高橋はボール回収力が素晴らしくいい読みでボールが来る場所にいる。攻撃面でもタメを作り加速させるチームの心臓。Ю野は素晴らしいテクニックで右から仕掛け、渡邊はトップ脇として味方を自在に操る。㉒森迫は素晴らしいスピード。そして名古屋のバックラインがスピード不足で裏を取られがち。㉒森迫が右で持ち裏街道で名古屋能崎を抜くが能崎が故意に引っ張り警告。右フリーキックは実らず。更にコーナークリアを拾った上西が正確に入れてΦ榁篭イ蠑,船丱奪ヘッド、㉒森迫外す。決定機。29分、高槻右コーナーキック、渡邊のキックにファードフリーざ極椶真下にヘッドで叩きつけ決められず。超決定機。しかし名古屋も高槻がセルフジャッジでプレーを止めた隙にセ安陲左ドフリークロス。実らず。高槻はこの教訓を活かせず、後半にも愚かにもセルフジャッジからコーナーキックを奪われてしまう。良くない習慣だ。高槻はЮ野がFW、㉒森迫を右ハーフに替え、39分、浅野が裏を取るもコントロールに手間取り名古屋戻る。決定機。前半1−0。1点ではダメな前半だった。名古屋は一本もシュートがない。

ハーフタイムで名古屋長谷川→高島。FWを代えるのだったら、トップを代えて㉞三浦を上げるのかと思っていた。とにかく名古屋は耐えるプラン。高槻はЮ野が再び右へ。50分、その浅野の右クロスを核民坤好襦次↓保坂フリーも当たりそこない。決定機。57分、Ю野の右クロスに核民坤悒奪匹呂錣困に左に外れる。決定機。双方選手交代を織り交ぜ、72分、名古屋庵殞唳故△鮗茲蝓▲僖垢鬮高島が難なく決める。1−1。リードしている高槻が裏を取られてはいけないし、高槻Φ榁呂前で潰しに行って裏を取られた。このプレーはほかにも散見された。つまり宮地は潰し屋としてのプレーはいいが、現代的なセンターバックじゃない。結局名古屋はたった一本のシュートで引き分け、高槻としては力量差から、してはならない引き分けにしてしまった。

何というか種田監督は名将だと思うが、粘り強く指導していかねばならない。長く監督職にいてほしいと思う。

公式記録


 < 過去  INDEX  未来 >


T.K. [MAIL]