サッカー観戦日記

2019年04月28日(日) 関西学生リーグ 桃山大−関福大 阪南大−関大 プレミアリーグWEST 京都−名古屋

関西学生リーグ
桃山学院大学−関西福祉大学
4月28日 11時30分 西京極補助 ピッチ並 晴


桃山大          関福大
−−−上西−−毎熊−−− −−−佐藤−−西尾−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
若山今吉−−白岩−印藤B膺辞∈原瓠檗歟本‐昌貝
宮田磯部−−小野−水津小菅0羮絖◆歙津膈C翕膈
−−−−−瀧浪◆檗檗檗檗 檗檗檗檗欹監−−−−−



桃山学院大 監督:松本直也
GK 51 瀧浪朋生  2年 履正社
DF 26 宮田健太郎 2年 ヴィッセル神戸U−18
   18 磯部希   176/65 97/09/16 4年 長崎総合科学大学附属
    4 小野尚樹  184/73 97/07/01 4年 日章学園
   37 水津颯太  3年 静岡学園
MF  8 白岩直斗  172/62 98/01/19 4年 立正大淞南
    5 今吉晃平  177/72 98/03/14 4年・主将 ルーテル学院
   11 印藤虎太郎 175/69 98/05/17 3年 セレッソ大阪U−18
   10 若山修平  172/72 98/08/21 3年 静岡学園
FW  9 毎熊晟矢  178/69 97/10/16 4年 東福岡
   17 上西健也  171/63 97/05/24 4年 立正大淞南

GK 41 松山健太  188/84 98/11/17 3年 九州国際大学付属
DF 32 今西俊晶  3年 作陽
MF 12 卞盛鉉   183/72 99/06/02 2年 釜山東莢高
   40 林実祈   3年 ガンバ大阪ユース
   38 片山誠也  3年 境
FW  7 佐藤碧   170/60 97/09/25 4年 大分
   36 山口海都  2年 立正大淞南

関西福祉大 監督:中田洋平
GK  1 佐藤由維斗 180/70 97/05/16 4年・主将 久御山
DF  5 中島大雅  178/72 99/08/01 2年 ガンバ大阪ユース
   26 青島章人  170/67 98/12/12 3年 カターレ富山U−18
    3 井上将弥  178/71 99/10/29 2年 筑紫台
    6 小菅雷樹  165/58 98/04/25 3年 新潟西
MF 14 松山匠   172/59 99/07/23 2年 ギラヴァンツ北九州U−18
   80 谷本駿介  172/65 01/03/07 1年 セレッソ大阪U−18
    8 左近祐樹  167/60 97/12/16 4年 帝京第三
    7 大深拓海  171/64 99/04/30 2年 大阪桐蔭
FW 11 西尾和真  171/65 98/12/03 3年 綾羽
    9 佐藤壮太  178/70 97/07/30 4年 金光大阪

GK 21 中島彪我  4年 関大北陽
DF  4 加賀和駿斗 177/65 97/08/10 4年 ファジアーノ岡山U−18
MF 78 西山翔大  1年 大阪桐蔭
   16 米坂柚希  161/54 99/07/14 2年 ファジアーノ岡山U−18
   13 土屋敬太  176/73 97/08/21 4年 ファジアーノ岡山U−18
   10 金枝晃平  170/60 99/02/14 3年 前橋商
FW 83 永瀬温大  171/68 00/04/27 1年 ファジアーノ岡山U−18



関西福祉大の体格データおよび前登録チームに注目してほしい。体格からも前所属からも小柄でスキルフル、個人戦術に秀でた選手を取る大学ということが想像できるだろう。実際、なかなかのテクニックで繋ぐチームだった。こういうチームは得てしてプレッシングからのショートカウンターチームである桃山大とは相性が悪い。

立ち上がりから桃山大のプレッシングがはまり、関西福祉大GK〆監のスーパーセーブが目立つ。8分、桃山大、左クロスに毎熊頭で逸らすがGK〆監セーブ。決定機。14分、桃山大印藤の右クロスに毎熊合わせるが上に外れる。決定機。24分、桃山大、右クロスに若山シュートは上に外れる。決定機。26分、桃山大、左コーナーキック若山の右足に毎熊合わせるがセーブ。決定機。33分、関西福祉大カウンター松山がタメて大深右クロス、西尾シュートはGK51瀧浪セーブ。33分、桃山大カウンターから云綫哨轡紂璽箸郎献櫂好箸鮹,。決定機。38分、右クロスを毎熊シュートはセーブ。決定機。結局前半は0−0で終了。

後半開始。関西福祉大、50分大深の左クロスを西尾決める。0−1。そしてこの時間帯、関西福祉大が案外つなげるようになり侮れない力を見せる。しかし79分、桃山大がPK獲得。これを毎熊が逆を突いて左に決め1−1。89分、右クロスこぼれを大深蹴り込み1−2。ロスタイム80谷本の右クロスを西尾ヘッドで1−3。後半は関西福祉大がシュート数でも圧倒し、勝ち切った。パーソン・オブ・ザ・マッチは好セーブを連発して流れを呼び込んだGK佐藤で決まりでしょう。

桃山大について。激しい潰しでプレッシングの肝となったズ5箸呂海僚侏茲覆薀廛蹐澄5佞砲困辰斑輒椶靴討い伸毎熊だが一定の高さとスピードのあるFWだが単独ではどうにもならないので前線中央での動き出しが良くならないとプロに入れるレベルではあっても大成は難しい。東福岡ではCF兼ウイングという能力の高さを見せたが、大学で才能が開花していない。J2上位では厳しい。J2下位でポジション争いに絡めば、濃い経験から何とかなるかもしれない。

あと会場の都合からゴールラインより外で観ていたのだが、それを引いても主審がイマイチだったように思える。勝敗には影響しなかったが。

公式記録




関西学生リーグ
阪南大学−関西大学
14時 西京極補助 ピッチ並 晴


阪南大          関大
−−−森山−−原 檗檗檗 檗檗殃仝境−矢野−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
八田9掌◆盜藤[咫檗_崎−草刈◆盜唹罅殍厂
笹原∨楡亅−今村⊃神キ9川−長井−小山坂口
−−−−−水谷◆檗檗檗檗 檗檗檗檗欷藤◆檗檗檗



阪南大学 監督:須佐徹太郎
GK 31 水谷友哉  2年 名古屋グランパスU−18
DF  2 真瀬拓海  3年 市立船橋
    4 今村直也  2年 市立船橋
   20 本石捺   3年 佐野日大
   37 笹原大   2年 大宮アルディージャU−18
MF  8 工藤蒼生  1年 ベガルタ仙台U−18
   14 江口稜馬  2年 野洲
   29 八田壮一郎 3年 作陽
    7 林雄飛   4年・ゲームキャプテン 野洲
FW 33 原耕太郎  1年 西尾
   13 森山裕大  4年 大社

GK  1 名良橋拓真 4年 川フロンターレU−18
DF 36 中里竜也  1年 浦和学院
   30 津野ジュウリオ心 2年 豊川
MF 34 常陸宙太  1年 アビスパ福岡U−18
   19 田中遥斗  1年 創成館
FW 23 郡司篤也  1年 市立船橋
   17 田中彰馬  3年 名古屋グランパスU−18

関西大学 監督:前田雅文
GK 22 光藤諒也  2年 セレッソ大阪U−18
DF  6 黒川圭介  4年 大阪桐蔭
   12 長井一真  3年 興國
    3 小山新   3年 青森山田
    2 坂口貴哉  3年 興國
MF  7 岡崎淳也  4年 関大一
    8 荒井大   4年 静岡学園
   26 草刈龍星  2年 サガン鳥栖U−18
   10 牧野寛太  4年・主将 履正社
FW 17 矢野龍斗  3年 市立船橋
   15 福原涼太  3年 静岡学園

GK  1 鴨川優斗  4年 旭川実業
DF 32 安田拡斗  4年 履正社
   34 中西渉真  1年 東福岡
MF 29 青木真生都 2年 東福岡
   20 澤嵩明   3年 草津東
   35 蘯萓仁粥 。嫁 野洲
   19 松本歩夢  3年 ガンバ大阪ユース



オシムは言った。下手だが走る選手にテクニックを身につけさせるより、テクニックのある選手を走る選手にする方が簡単そうに思えるだろう、と。でも走らない選手はとことん走らないんだ、と。阪南大といえばベースは猛烈な運動量を活かしたプレッシングからのショートカウンターだが、徐々にシンプルな高速パスワークにシフトしてきている。そしてインサイドに上手い選手を起用するようになった。しかし近年インサイドの守備力が落ちてプレッシングが利かなくなり、かつてほどの好成績を挙げられていない。今年の江口もレフティーのテクニシャンで運動量も守備力も高くない。そしてルーキー工藤と組ませたが工藤も似たタイプだ。2年後にタフなボランチになるよう鍛えるつもりかもしれないが、本当に守備力が上がるのか、このゲーム見るまで不安だった。ここまで3位の関大と勝ち点0で再会の阪南大のカードだ。

が試合が始まってみると阪南大の気合のプレッシングが復活して関大を圧倒している。1分、阪南大㉙八田の左パスを㉝原シュートは正面。決定機。右コーナーキックは┨藤が左足で担当。7分、阪南大㉙八田の左クロスはあわやオウンゴール。7分、阪南大㉙八田の左クロスを森山へっど、左隅はセーブ。決定機。右コーナーキックは今度は林が左足で担当。12分、阪南大、左コーナーキック、㉙八田の右足。この流れから30mFK、㉙八田(右足)┨藤(左足)が構えるが㊲笹原がロング弾を狙う。18分、阪南大林左突破からシュートは左隅セーブ。決定機。左コーナーキック㉙八田のキックにヘッドはキャッチ。決定機。20分、阪南大裏を取った森山がGKと1対1もセーブされる。超決定機。直後にも阪南大左シュートはキャッチ。24分、阪南大林の左クロスファーで森山正面3mも死に体で外す。超決定機。とにかく一方的な阪南大の信じがたい猛攻でノートのスペースが足りない。30分には林のミドルもキャッチ。惜しい。ノートとる余裕はなかったが、前半は阪南大の猛攻が続き、しかし決められず0−0。

前半シュート数12対1、GK数1対5、クロス数4対1、ファウル数2対11。すべての数字が圧倒的阪南大ペースを示す。プレッシングが機能し、関大は繋ぐサッカーが全くできなかったし蹴っても回収されるだけだった。ガンバ大阪内定の黒川も上がる隙が無かった。牧野のドリブルもなく洩靆遒砲蘯まらなかった。前半は手も足も出なかった、というのが大袈裟でない実態だろう。

ハーフタイムで関大福原→馨硝棔
後半は前半ほど圧倒的ではないが、それでも阪南大の流れが続く。55分、㊲笹原のフリー左クロスは高くて合わず。58分、関大牧野の左フリーキック、こぼれを┨唹罐潺疋襦⊂紊乏阿譴襦阪南大も┨藤の右コーナーキックに関大マンマークでつくもバーを叩く。64分、関大牧野からР崎シュートはセーブ。決定機。コーナーで┨唹罎虜限はパンチ。この辺りから関大にやや流れが行く。69分関大岸轡ぅ鶚Р崎アウト。76分、阪南大林、原→㉚津野、嚇鎮罅81分関大小山が故意にドリブル倒し警告。公式記録では85分になっているが違うと思う。81分、阪南大㉙八田→㉓郡司。82分、阪南大⊃神イ右ゴールライン際を突破しファーで㉓郡司がヘッドで合わせ、中森山が詰めたかに見えたが郡司のゴール。85分、関大洩靆遐㉟蘯茲鯏蠧するが、ロスタイムには長井がGKにぶつかりラフで警告を受けるなど攻勢には出れず、阪南大が今季初勝利を挙げた。

公式記録



プレミアリーグWEST
京都サンガF.C.U−18−名古屋グランパスU−18
4月28日 西京極 18時 ピッチ良 晴



京都           名古屋
−−−−−小宮−−−−− −−−村上−−榊原−−−
野浜−川崎−−山田−中野◆檗檗檗檗檗檗檗檗檗檗檗
−−−−−遠山 檗檗檗檗’椣罅殍田 歸廷機歙价
前多−木村−−井上−川島⊃袈漫櫺崎−−牛澤−石田
−−−−−北原−−−−− −−−−−三井−−−−−


京都 監督:手島和希 前所属記載なしは京都サンガF.C.U−15出身
GK  1 北原一樹  191/86 01/05/10 愛南町立御荘中
DF  3 前多駿佑  180/67 01/06/20
    5 井上航希  190/73 01/06/20 
    6 木村歩夢  177/65 01/04/25
   20 川島功奨  167/61 02/05/27 
MF  7 川崎颯太  171/65 01/07/30 ヴァンフォーレ甲府U−15
    8 野浜友哉  167/61 01/11/26 FCバイエルン・ツネイシ
   10 山田楓喜  180/71 01/07/10 
   15 中野桂太  167/64 02/08/27
   19 遠山悠希  170/63 03/11/06
FW 11 小宮健   177/72 01/08/14 西宮サッカースクールジュニアユース

GK 16 小林大志郎 178/69 02/05/15
DF  2 新谷聖都  176/74 02/07/08
    4 木邨優人  183/70 02/09/16 大阪市ジュネッスFC
MF 12 阪上天政  164/63 02/04/15
   17 上野剛   171/67 02/08/19 
    9 日野歩   170/65 02/07/08
FW 22 勝島新之助 180/74 03/06/29

名古屋 監督:古賀聡 前所属記載なしは名古屋グランパスU−15出身
GK  1 三井大輝  188/79 01/05/27
DF  2 岡崎流也  178/66 01/09/06
    3 牛澤健   177/73 01/04/11
MF  6 新玉瑛琉  173/68 01/10/12
    7 倍井謙   172/69 01/04/04
    9 石田凌太郎 174/71 01/12/13
   10 田邉光平  166/57 01/10/09
   14 石谷光基  169/58 02/08/07
FW  8 榊原杏太  166/56 01/10/20 清水エスパルスジュニアユース
   11 村上千歩  173/67 01/05/28 FC.CONQUESTA
   24 豊田晃大  169/59 03/04/11

GK 16 東ジョン  185/79 02/05/02 東海スポーツ
DF  5 雨宮陸   185/77 01/07/30 
MF 19 一丸大地  173/61 02/05/11 
   22 平井慎太郎 172/70 02/04/13
   25 斉藤洋大  172/64 03/07/30
   28 甲田英將  165/59 03/10/02
FW 17 武内翠寿  173/67 02/07/19 前橋FC



開幕戦では荒れたピッチの中、トラップに工夫がなく、足元に止めようとして次々にカットされていた名古屋だが、いいピッチで足元に納まり田邉の捌きやドリブル、そして開幕戦では単に裏に出していた㉔豊田がタメを作り、しばしばバックラインまで引いて組み立てる。しかし京都のスピード感が優り、開幕戦ではミスだらけだった咳鷸海正確な判断で捌き、タテにも鋭いパスを出し、中盤の底からゲームを作り、守備時にはЮ邵蠅皸き気味の4−2−3−1になる。そして山田が好調で左足で決定的なパスを繰り出し、カウンターのスピードを緩めず、遅攻時にはタメを作り、展開もあり、最大の脅威となった。中野は全くドリブルがなく不調か?後で交代させられたが、代わった云緻遒泙妊疋螢屮襪なかった。野浜は相変わらずタテに仕掛け裏を取れて中にも現れチームの中で自分を活かす術を持っている。Ю邵蠅老磴靴づたりと正確なキックでセットプレーでも大きな武器になっている。左コーナーはЮ邵蠅留β、右コーナーは山田の左足だ。7分、京都、右フリーキック、山田が左足で入れてファー落とし小宮シュートはブロックで右コーナーキック。山田の右足で小浜ヘッドはバー。決定機。11分、京都咳鷸灰僖好ットからロングループは上に外れる。決定機。12分、名古屋、右コーナーキック、石田ヘッドは正面。決定機。石田は身体能力が高く加速力があるタイプ。14分には名古屋村上フリーのミドルは上に外れる。18分、名古屋㉔豊田の警告。引っ張った。名古屋は小柄で京都に競り負け前線が起点になれず、サイドも潰され加速できない。これは京都が先制すれば楽な展開になる、と踏んでいた。ちなみに私の座った席の後方には福岡慎平がおり、分析を聞けた。40分、京都、右コーナーキック山田の左足に小宮中でドンピシャヘッド。1−0。更に小宮はトリッキーなヒールで落とし味方が飛び出す形を作る。小宮は1トップだがパワーはなく、スピードにあふれた加速力が武器で流れて起点を作るタイプ。結局前半は1−0で終了。

後半立ち上がり、名古屋が飛ばす。受け身になったのか、京都が引いてしまって出来たスペースを小柄な名古屋の選手がちょこまかと動き、ドリブルを仕掛ける。京都とすればゆっくり入り自分のペースに引きずりこむプランだったのだろうが、名古屋の流れを呼び込んでしまった。48分、石谷のシュートは上に外れる。56分、名古屋カウンター村上シュート。名古屋はカウンターも冴え、京都はズルズル下がるなら下がってもいいのだが、カウンターをまともに受けるのはリードしている以上あってはならない。そして57分、名古屋┷膰兇猟垢っ羆突破ドリブルを許し、村上の右シュートが決まり、1−1に。試合後に福岡慎平が語ったことだが、今年の京都は失点で気落ちしてしまう集団らしい。気落ちする必要はないのに1失点するとガクッと落ちてしまう、と。その言葉通り完全に名古屋ペースになり、コーナーで┷膰兇虜限から石田のヘッドなど180cm台すらいない名古屋のフィールドプレーヤーに空中戦で受け身になる。㉔豊田もミドルを狙い始め、京都はほとんどシュートを撃てず、名古屋は次々とシュートを放つ。なんてヤワなのか、京都のメンタルは。そして77分、㉘甲田の長いドリブルから田邉が持ち込み左隅へ。1−2。81分には名古屋、右フリーキック┷膰兇離ックに倍井ショート、┷膰矯限で右クロス、ファーで村上ヘッド1−3。結局1−3で名古屋が勝った。メンタルゲームだった。

手元集計でシュート数3対13、ファウル数8対9。ファウル数は互角だが京都は受け身のファウル、名古屋は前から行ったファウルで、シュート数の差からも勢いの差が出ていた。精神力以外の戦力でははっきり京都が上だと思うが、この精神力では不安になる。キャプテンはЮ邵蠅世、バックラインは大人しく、アタッカータイプは職人というか淡々とプレーしてしまった。


公式記録


 < 過去  INDEX  未来 >


T.K. [MAIL]