つれづれ日記。
つれづれ日記。

2007年11月28日(水) 誕生日です。

29になってしまいました。あと一年で三十路です。


もうちょっと書きたいけど夜勤中なので帰ってきてから書きます。

今年も色々がんばるぞ!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ということで、続き。

夜勤明けで温泉いって。
コーヒー牛乳とマッサージチェアして帰ってきました。「あんたはそれでいいのか」と家族にはつっこまれたけど。


29歳になりました。来年は三十路です。
EGは目標通り、28歳で完結できたのでほっとしてます。それだけが救いかな。

というわけで今年の目標は。

1.二十代最後の悪あがきを(ぇ
2.次の連載を定着させる


いえ。ほんとに。
これからもぼちぼちがんばっていこうと思うので皆様よろしくおねがいします。






過去日記
2006年11月28日(火) 28になりました。
2005年11月28日(月) 誕生日
2004年11月28日(日) にじうろくさい
2003年11月28日(金) 11月28日

2007年11月25日(日) 死んでません

生きてます。これでも。


前の日記から一か月たとうとしてます(涙)。本当にすみません。
まったく書いてないというわけではないんですが。それにほぼ等しい状況かも。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


「ししょー。めしー」
「あのな。前々から思ってたんだが。お前は自分で作ろうという気はないのか」
 彼の目前にさし出されたのはじゃが芋と玉ねぎを使った日本人なら誰もが口にするものだった。
 椀(わん)からたちのぼる香りが食欲をそそる。 
「やっぱ嫁さんもらうなら師匠みたいに気だてがよくて料理できる人が一番だよな。ほんとオレ、ししょーが師匠でよかった」
 ――が、彼は気に留めることなく中身をかきこむ。
「人の話全然聞いてないな。仮にも俺は人生の先輩だぞ」
「その人生の先輩に質問なんだけど」
 真剣なまなざし。普段の彼からは想像のつかないもので。
 ようやく――としての自覚がついたのか。それとも本当にただごとではない事態なのか。
 固唾をのむこと数分。
 だが、彼のとった行動は椀の中身をすべて平らげ緑茶をすするだけだった。
 こいつは一体何をしにここまできたんだ。
 ダメだ。ここで声をはり上げてはいつもと同じ。ここはひとつ大人の余裕をみせなければ。
 そんなことを思ったのか思わなかったのかはわからないが。彼にならい師匠も縁側にきゅうすと自分のものを運ぶ。
 男二人が茶をすする穏やかな午後。 
「女に押し倒されたとき男がとる行動って何?」
 師匠は豪快に茶を噴き出した。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


証拠までに。
あほなものしか書けてないとも言います。


書くことをやめるつもりはないのでお暇でしたらたまにのぞいてやってください。






過去日記
2005年11月25日(金) 3兄弟の法則
2004年11月25日(木) 余白うめ。剣術について。1
2003年11月25日(火) こそこそと裏話
 < 過去  INDEX  未来 >



香澄かざな 

Web拍手。お気軽にどーぞ。


My追加