Mother (介護日記)
IndexYesterdayTomorrow


2002年02月27日(水) 訪問調査

調査員が来る1時間前になって、我が家はやっと部屋の片付けと掃除を始めた。

母の体調も良いので、母にも自分の部屋(四畳半)に掃除機をかけるように言った。

そう言えば、このところ母の咳が出なくなった。
夜中の発作的な咳はとても辛そうだったし、私たちの睡眠にも影響があったが。

レフティーはキッチンのガスコンロの掃除をやってくれた。
腰の重いレフティーだが、やるとなったらプロ並みの仕上がりである。

私はリビングと廊下に掃除機をかけて洗濯物を干しておしまい。 ♪〜( ̄ε ̄;)

* * * * *

予定通り、1時半にIさんという50代くらいの女性調査員がやってきた。

母への質問のうち、母が答えられたこと・・・
   自分の名前、生年月日、現住所、同居家族の名前とその関係、自分の生んだ子供の数。

答えられなかったこと・・・
   ここに同居する前にはどこに住んでいたか。
   何の病気をしたのか。

いくつかの質問の後は、母には席をはずしてもらって私とレフティーとでの応対となった。

  ・夜中に起き出すことはないか。
  ・突然大声をあげたり泣き出すことはないか。
  ・1人で出歩いて自分の家に帰れないことはないか。
  ・食べたことを忘れてしまっているか。
  ・自発的に家事をやるか。

なんだかたくさん聞かれたような気がするけど、思い出したら参考までに付け足すつもり。

調査員は、アンケート形式のプリントに従って質問をし、特記事項を欄外にメモしていた。

事前に、家族構成や入退院の記録や問題行動など、
レポートを作っておくべきだったと後悔した。

質問に答えていると、およそこの状態では認定にはいささか無理がありそうだ。
調査では『最近の2ヶ月の様子』を見るので、
過去にあった強烈な被害妄想などは、今回の調査の対象には含まれない。

申請の動機を聞かれたのだけど、
「火の始末、悪徳商法、人と会話しないことによる語彙の減少、
 テレビに頼ることの悪影響」というところか。

『周囲の勧め』も強いかも知れない。

私は介護保険についてのパンフレットを見て
『ひとりでお風呂に入れる、ひとりでトイレに行ける』状態では
認定が下りないだろうと諦めていたので、申請を急ぐつもりもなかったが、
周囲が『身体が自立でも、知的障害のほうで認定が下りるはず』だと、
熱心に勧めてくれたので、通る通らないは別としてどんなものか申請してみることにした。

勤務先に対してこれまでは『母親が病気なので』ということで、
堂々と有休を使って必ず週に1度は休むようにしていたが、
やはりこちらとしても「できる限りの努力をする」ことも必要だ。

なんだかんだと、母の入院から来月で1年になる。
有休という権利があるとは言え、感謝の気持を忘れてはいけない。

認定の是非はわからないが『自立』であっても、
市のサービスが低額で受けられるという。

どの形にしろ、デイサービスが受けられるようになれば、
母を1人で留守番させる日を減らすことができ、私も公休のみで済むようになる。


2002年02月24日(日) 訪問調査を控えて

先日、母の部屋に電話があった。
母では話しが通じないので私に変わったところ、市の調査員からで、
介護認定の為の訪問調査が今度の水曜日の午後に決まった。

全国共通の調査票を使って、心身の状況についての質問がある。
その結果を認定審査会にかけて、通れば認定通知が来る。

その要介護状態区分によって1ヶ月の支給限度が決まっていて、
その範囲の中でサービスを受けられるらしい。

サービスの中に通所介護(デイサービス)といって
週に1、2度お風呂に連れて行ってもらえるというものがあるらしい。
私としては、当面はその程度で構わない。
安全を保ち、ひとりでいる時間が少しでも減らせると良いと思う。

母には火を使わせていないので、現在はレンジで温めることしかできない。
もし、昼間にヘルパーさんが来てもらえるのなら、
温かいものやできたてのものが食べられることになるので助かるのだが・・・


2002年02月21日(木) 新しいお薬

母はとにかく、一瞬にして忘れてしまう。

今朝から何度、同じことを言っただろうか・・・
『今日は検診の日だったっけっか?』
『今日は絹江の誕生日だったっけっか?』

あまりにも疲れるので、大きなネームプレートに今日の行事予定を書いて首にかけてあげた。
こんなふうにしてみたのは今日が初めてだが、見栄えの良いものではない。

それでも数分後には、そこに書いてあることも忘れてしまうのだから、
まったくもってやり切れない。

今日も内科はとても混んでいて、予約から1時間後にやっと名前が呼ばれたのだが、
診察室に誘導しようとしたら
「どこ行くの? え? 私が診てもらうの?」なんて言う始末。

このあいだは絹江が診てもらい、今日も私が先に診てもらったので、
本来は自分の用件で来ているという認識が薄れてしまっているのかも知れないのだけど。

診察室の中の椅子で待っていると、遠くから救急車のサイレンが聞こえてきて、
カーテンの向こうの看護婦が、電話で救急隊員とのやりとりを始めた。
患者の性別、年齢、容態、新患かどうか・・・
そして、数人の看護婦が忙しなく行き交い、急患の対応に誰が付くのかを話し合っている。
担当医も席をはずしたようで、気配が感じられない。

母は診察室の中の椅子で待っている時間が長かったので、これまた調子が狂ったようだった。
ずいぶん待たされてやっと診察の順番が回って来た時には再び、
「え? 私が? どこを診てもらうの?」と、まるでわかっていなかった。

それでも担当医の顔はちゃんと覚えていて、ご機嫌で挨拶をしていた。

血圧と血中の酸素濃度に異常はなし。
「調子はどうですか?」と聞かれた。

背中の痛みについては、薬が効いているのか、最近言わなくなった。
咳も落ちついている。
それよりも、頭の方が問題だ。

私が母の破滅的な?記憶について話すと、担当医は
「ステロイドの影響(多幸症)もあるだろうと思うけど、
 今回からステロイドの量を減らしていきますから、
 それで顔の方(ムーンフェイス)も合わせて、落ちついてくるんじゃないかと・・・
 それから今回は痴ほうの薬(アリセプト 3mg)も使ってみましょう」と言った。
「ただし、弱いからあんまり効かないとは思うけど・・・」 (-_-;)

担当医は、内容が内容だけに本人の前なので、やや控えめにそう言ったが、
果たして母には聞こえているのかいないのか・・・
とにかく、聞こえていないと思うと聞こえていたり、
わかったと思っていると、まったく理解できていなかったり・・・

担当医はそんな母のことを、最近は
「ふざけているのか、本当にボケてるのかわかんないよ^_^;」と言う。


2002年02月16日(土) 家事の手伝い

食事の支度を母に手伝ってもらうことがある。
『手伝ってもらう』と言うよりも、『手伝わせる』と言った感じだけど。

* * * * *

A 「ピーマンを半分、みじん切りにして」

M 「はいよ〜はいよ〜、半分でいいんだね〜」

数分後・・・

M 「ピーマン、これ、どうする? 全部? 多いから半分?」

A 「だからぁ、半分、って言ってんじゃん?」

M 「半分でいいのかぁ。はいよ〜」

数分後・・・

M 「できたよ〜」

A 「・・・だからねぇ、みじん切りだってば。 これは千切りでしょお?」(-_-;)


* * * * *


A 「卵を溶いて」

M 「はいよ〜」

数分後・・・

M 「ねぇ、むいてって言っても、これ、生だったよ? どうすんの?」

A 「だからさぁ、溶いて、って言ってるの。」


* * * * *


A 「お花柄のカップをとって」

M 「どれ? 白いの?」

A 「お花柄の!」

M 「どれ? これ? 白いの?」

A 「どうして、お花柄、って言ってるのに、復唱しないの?」 


* * * * *


あんまり具体的なやりとりは書きたくないんだけど、万事がこんな感じです。^_^;

洗濯物を干す時も、「裏返しを直して」と何度言っても通じないし。

何でも自分でやった方が早いし、イライラもしなくて済むんだけど、共同作業は大事だと思うし。


2002年02月14日(木) そうだ、LEGOがあった!

名案だ、実に名案だと思う。 うちには 『LEGO』 があるじゃないか。

私は最近、いくつかのオモチャ屋を巡っていた。
母の使えるオモチャはないか、と探していたところだった。

『老人が遊べるものを』 などと言うと、大抵、店員はビックリして聞き返す。
だけどこれからの時代、そういうものも考えた方がいいんじゃないかな?

母は、テレビを見ていることが多い。
1日のうち、どのくらいの時間、見ているのだろう。
でもテレビは受動的なので、どうしても眠くなってしまう。
一人で過ごす長い時間を退屈なものにしないために、何か、ないだろうか?

文字の大きな絵本を渡してみたけど、最後まで読んだ感じではないし。
( 3分前の事を覚えていないのだからストーリーはつながらないだろう^_^; )

算数の計算問題や漢字の練習ドリルも、最近ではあまりやらなくなってしまった。
( 毎日1枚だけでも渡しておけばやるのかも知れないけど )

日本地図の立体パズルは、母にはかなり難しいだろうと思っていた。
でも、時間はかかるけど根気良く続けて何度も完成させている。

そこで、ジクソーパズルを買おうかなとも思ったところ、ブロックが目に入った。

   『そうだ、LEGOがあるじゃん!』

    ☆ むずかしいルールを覚えることもない。
    ☆ 頭と手先はきちんと使う。
    ☆ 出来上がる形に決まりはない。
    ☆ 時間制限もない。自分のペースでできる。
    ☆ 自由に何度でも、いろんなものを作って楽しめる。
    ☆ しかも、うちには大量のパーツが揃っている。(絹江が遊んでいたから)
    ☆ つまり、道具やお金は要らない。

これは名案だ♪ ( ̄ー ̄)

この日記を書いている私の目の前で、母は夢中になってブロックを組み立てている。
大成功 (b^ー゜)♪


* * * * *


老人ホームの職員さん、是非、ブロックを置いてあげてください。
( LEGOのパーツは小さいので、DUPLOの方が安全です )

病院の入院患者さんにも対応できると思います。
むずかしいことができない、考えられない老人でも充分に楽しめると思います。

   いや、もう、取り入れているところがあるかも知れませんけど・・・


2002年02月13日(水) 障害者申請&介護申請手続き

今日は忙しい1日となった。


市役所出張所で障害者申請のための用紙をもらおうとしたら、ここには置いてないと言われた(-_-;)


信用金庫に行って記帳してみたけど、動きはなかった。 


市役所では、駐車場がとても混んでいたので、
私だけが車を降りて身体障害者申請書をもらって来る事にした。
そこで、以前にイヤな思いをした耳鼻科の指定医(8/16参照)について、
一言文句を言ってきた。♪〜( ̄ε ̄;)

障害者申請をするには、指定医によって書かれた意見書が必要である。
そこで問題になったのが 『指定医』 の定義だった。
前に市役所を訪れた時の説明では 「市内の指定医」 という話しだった。

だから、隣の市の耳鼻科に通っている母が、わざわざ初めての耳鼻科に行って
とてもイヤな思いをするハメになったのだけど・・・

今日わかったことは、
全国どこであっても 『指定医』 であればどこでもかまわないということだった。

そして、このことは、かかりつけの耳鼻科も知らなかったようである。
知っていれば、9月の時点で申請手続きは簡単に終了していたはずである。


銀行(勤務先ではない、市内の支店)に行くと、
ロビーアシスタントのTちゃんが、ATMの画面をお掃除していた。
そこでつい、『次にいつご飯を食べに行こうか?』 などと、立ち話をしてしまった。


障害者申請の為には、障害者手帳に貼る写真が必要なので
証明写真撮影の機械が置いてある、書店へ行った。
母は、こういう所で写真を撮るのが初めてだったので、戸惑っていた。



先週の検診時に担当医にお願いしてきた介護申請の為の 『医師の意見書』 ができていれば、
今日、身障者申請と共に提出できる。
車の中から病院に電話を掛けて確認すると、できているとのことだったので、
病院に取りに行くことにした。
医師の意見書は、保険を請求する時の診断書と違って手数料はかからなかった。

意見書はご丁寧に大きな証券袋に入っていて
『○○市役所 老人福祉課御中』 『二つ折り厳禁』 『意見書在中』と書かれて封がされていた。

11時を過ぎていた。
この後行く予定の耳鼻科は、午前の診療が11時半までなので、
ここからでは間に合いそうにない。
午後の診療は2時からなので、少し早いけどお昼を食べる事にした。



ファミレスは、ちょうど隣の幼稚園のお迎えの時間と重なった為、
若いママと子供たちが、にぎやかに集っていた。
母と私は、ちゃっかりソフト白玉あんみつも食べ切った。(^^ゞ



耳鼻科の前に農協へ行くことにした。
先日母が出した 『印鑑喪失届』 の補完と 『発見届』、
さらに 『住所変更』 と 『定期積金の満期解約』 をしなくてはいけなかった。
案の定、何枚もの書類を書く必要があったけど、1枚づつしかくれないので、
私はカウンターとソファを何度も行き来しなくてはならなかったし、
母も、記入のたびに私に呼び出されたので、立ったり座ったりが大変そうだった。
やっぱり、お年寄の為には椅子付きの記帳台も必要だと思う。
ここは、つい最近改築したのにね・・・



耳鼻科に着いたのは、午後の診察の開始間際だった。
母は、定期的な耳の掃除と空気を通すことと、
ネブライザーと呼ばれるスチームになった薬液の吸引の処置をした。

前に一度、ここで聴力検査をしていたので(9/18参照)
今回は改めて検査をすることなく、障害者申請の為の医師の意見書を作成してくれた。
こちらは、先ほどの病院とは違ってむき出しだったので、私たちも読む事ができた。
そこには 『障害者3級に相当する』 と書かれていた。

母の会計は3800円だった。 老人医療でこの金額はやけに高いな。
もしかして、ここでは診断書同様に意見書のお金を取るのかな?


私も花粉症の症状が少しづつ出ているので、来たついでに診てもらうことにした。
私は『ベコナーゼ』と言うガス状の点鼻薬さえもらえたらそれでいいんだけど。

取り敢えずは、母の隣で 『ネブライザー』 を3分。
先生は、予防の為の飲み薬 『アレロック』 と、
症状がひどい時の飲み薬 『セレスタミン』 もオマケしてくれた(謎)
さらには、目薬 『ペミラストン』 と
花粉の時期にかかわらず耳の奥がとても痒い時があるので 『リンデロン液』 も。
これだけ揃えば、花粉対策バッチリ。

それにしても、会計3000円を超えてた! 堯福陰Α院叩叩
社会保険の家族(3割負担)なのに・・・ やっぱ、点鼻薬だけでいいよぉ( ̄_ ̄ i)

毎年1回だけこの時期にしか、耳鼻科に行かない私・・・
診察券を出したら 「前にかかったのはいつですか?」 って聞かれた。(^^ゞ

終了までに1時間かかってしまった。ヽ( ′ー`)ノ
その間、レフティーは車の中で寝ていた(笑)



コンビニに立ち寄って、飲み物を買った。
ついでにチョコレート 『ラミー』 も。(^^ゞ 洋酒とラムレーズンの。
お酒の入ったチョコレート大好き♪ 
『バッカス』 という、コニャックがトロリと入っているのも、この間、2箱食べた(爆)



市役所に再び。
介護申請をする老人福祉課では、
自分たちの書いた申請書と、医師作成したの意見書を提出。
後日、訪問調査と審査会を経て、介護度が決定するまでには約2ヶ月。

障害者申請をする社会福祉課では、申請書と意見書の他に、証明写真を添えて提出。
県が障害者の認定をして 『障害者手帳』 が交付されるまでには、40日程度とのこと。



最後にスーパーに寄って食料品を買って帰宅したら既に5時直前・・・ 
はぁ、これだもんね、私の休暇って。ヽ( ′ー`)ノ


2002年02月11日(月) スパ&バイキング

めずらしく、朝から日記を書いて持って来たなと思ったら、
「今日はお父さんの命日だった。何か買って来なくっちゃ・・・」

σ(・_・)? 誰の命日だって?

お父さんの命日は12月17日ですよ?

そんなことまでわからなくなってしまったのかぁ? ヽ( ′ー`)ノ

* * * * *

母は私が家にいる時は必ず、
「ねぇ、2時ごろになったらお風呂に行こうかぁ?」と言ってくる。ヽ( ′ー`)ノ 

夕方、洗濯物を取り込んでから、絹江も連れてタクシーでスパに行き、
仕事を終えたレフティーと合流して夕飯を食べることにした。

レフティーの希望で、90分のバイキングに行った。

最初にぐるりと回って、メニューをチェックしてから
「さあて♪」と、お皿を持って物色していたところ、
すでに母のお皿には、サツマイモの天ぷらだとか、スパゲティーをてんこ盛りにしていた。

結局今回も、時間半分のところで、既にみんなのを一口づつもらう程度に・・・


2002年02月07日(木) 検診の日

先日は母の予約の日を間違えてしまった。
タイミング良く(?)絹江が熱を出したので、休暇も有効に使うことができたけど(違)

今日も11時半の予約で行って、終わったら1時だし・・・ヽ( ′ー`)ノ 
ホント、待ってるだけで具合が悪くなりそう。

忙しくかけ回る看護婦さんや、行き交う患者さんを見ていると、
座っているこちらは目が回りそう。(◎_◎;)

和室ひとつに雑魚寝でもいいから、寝て待ってるっていうのはどう?♪〜( ̄ε ̄;)
だって、長い時間じぃっと座ってるって、ホント腰が痛くなってくるもの。

待合室のソファは、背もたれを倒せばベッドになるタイプ。
つい、背もたれを倒して寝たくなる。(^^ゞ

母は前回に続いて『背中の痛み』を訴えていた。
ステロイドを使用すると、骨粗しょう症が進むことがあるからだろうとのことだった。
また顔のむくみも同じ。
プレドニンの量をこまめに調節している状況。

今回は、担当医に『介護申請の意見書』をお願いしてみた。
一人で留守番させるには不安があるので、1日のうちの2,3時間、
話し相手程度でいいから、ホームヘルパーに来てもらえると私も安心して仕事に行ける。
通所介護でもかまわない。食事やお風呂が利用できるらしい。

今のところ母は一人で歩けるし、トイレもお風呂も入れるので、
要支援になるのか自立になるのかわからないけど、
まわりのみんなが「その程度で充分に通るよ」と言ってくれるので、
ダメ元で取り敢えず、ね。
2週間後に意見書をもらって、それから市役所に申請して、訪問調査があって・・・
認定までには2ヶ月だな。ヽ( ′ー`)ノ
それまでに私が潰れそうな気もするんだけど・・・(謎)

* * * * *

ランチは、牛肉のココナッツミルク煮。 かなり辛いスープタイプ。
母にはどうかな?と思ったけど、たまには刺激を与えた方がいいかなって。(爆)

タピオカのたくさん入ったデザートも追加したら、やっぱり食べ過ぎたみたい。^_^;

* * * * *

SPAでは、今日はマッサージも頼んだ。
前は足だけのリフレクソロジーだったけど、今回は一般的なマッサージ。

担当医に聞いたら、マッサージはかまわないと言った。
「あまり意味はないかも知れないけど」とも付け加えていたけど、
何しろ、前回の検診で『神経痛』だと言われたら、すっかりその気になってしまい
「背中が痛い。背中が痛いのは神経痛だからだ。私は神経痛だから・・・」と
そればかり言うもので、取り敢えず対策として何かをすれば、
少しは気が済むのではないかと思ったから。

チェックインの1時間後にマッサージの予約をしたんだけど、
やっぱり母の動きを考えたら忙しなかった。

湯上がりに服を1枚だけ着て、マッサージルームへ。
なんと、マッサージ師は2人とも、母の知り合いだった。
20分の施術の間、ずっと懐かしい昔話しで盛り上がっていた・・・とは言っても
補聴器をはずしていた母は、ときどき通じていなかったけど、楽しそうだった。
おしゃべりがてら、またマッサージを受けさせてあげよう。

マッサージが終わり、母がベッドから降りる時とても背中を痛がったので、
車椅子を借りることにした。
私が車椅子を取りに行っている間、フロントの女性が母に付き添っていてくれたのは
とてもうれしかった。

贅沢にも私たちはもう1回お風呂に入って温まってから、
カフェで不老長寿と言われる赤い実のジュースを飲んで帰宅した。

やっぱり今日も夜になってしまった・・・ ヽ( ′ー`)ノ 


IndexYesterdayTomorrow


ALLURE  ☆ MAIL

読んだら、押してね ↓ 

My追加