DiaryINDEX過去の日記未来の日記
2017年02月28日(火) 今年の6分の1が終わる

2017年2月が終わります。良い感じで1月2月を過ごせました。さて明日からは3月です。大切な1ヶ月です。頑張ります!


2017年02月27日(月) 自分のためにある

「神様は乗り越えられない試練を与えない」とても大切な言葉です。私はこの言葉を大切に頑張れた事がありましたし、この言葉に励まされ頑張れた事が何度もあります。でも最近、私はどんな受け入れがたい事も、その事に右往左往せずに受け入れる事も大切な感じがします。頑張らずに受け入れる事も大切だと思うようになりました。多分正解はその真ん中にある気がします。頑張れる時は頑張り、頑張れない時は頑張らない。それを自分で決める事が大切だと思います。都合良く聞こえる感じがしますが、そんな事はありません。全ての言葉は自分のためにあるのだと思います。


2017年02月26日(日) 私の父

私の父は本当に恐い人でした。常に緊張感があり、常に何かと戦っている感じがあり、常にイライラしている人でした。私は小さい頃、父が恐かったです。尊敬はしていましたが、父が家にいると窮屈な感じがしました。ある一時期は、父の事が大嫌いでした。でも29歳で道場を開設し、36歳で結婚し、37歳で子供が出来るにつれ、父の気持が分かるようになって来ました。ようやく父の苦労が分かる歳になって来たのだと思います。あんなに嫌いだったのに、今は常に恐く、常に緊張感があり、常にイラついていた、父を今はカッコ良くおもいます。


2017年02月25日(土) 空手バカ二代

次男の真白は、空手がやりたくてやりたくてしょうがない感じです。私と長男の琥白が空手の稽古に行く時は、いつも「真白も空手に行く!」と言って泣きます。次男を4月から入門させたいと思います。泣きないぐらいやりたかった空手だから頑張ってくれると思います。私も自分の意思で空手を始めましたし、長男も自分の意思で空手を始めました。次男も自分の意思で空手をやりたいと言っています。長男は「いつか先生を倒す」と言っています。私は長男が二十歳の時に成人式として組手を受けて立ちたいと思います。空手だけは親子も関係ありません。私は絶対に負けません。その覚悟で臨みます。もちろん次男の時も同じようにやって見せます。このままだと空手バカ二代になりそうです。


2017年02月24日(金) 長男に負けない様に

長男はなかなか面白い所があります。昨日寝る時に、長男は妻に「ママは怒ってる顔も可愛いね!でも幸せそうに笑っている顔が1番可愛いよ!」と言ったそうです。どこからそんな言葉を覚えてくるのか?思いつくのか?分かりませんが、なかなかなセリフを言います。そりゃモテる訳だと感心してしまいます!私も長男に負けない様に、たまには妻にそんなセリフを言いたいと思います。


2017年02月23日(木) 若返る

肉を食べると闘争心が湧いてくる感じがします。というか激しい稽古をすると肉が食べたくなります。試合に向けて稽古を始めてから凄く肉が食べたくなっています。自分の中で闘うスイッチが入ったからか異様に肉が食べたくて仕方がありません。本当に自分は44歳か?心も身体もどんどん若返ってる気がします。


2017年02月22日(水) 10劵薀鵐縫鵐

多摩川を10劵薀鵐縫鵐阿靴泙靴拭昨年の10月から走りこんで来たので、10劼篭譴發覆走れますが、ここに来て自分の中のエンジンの回転数が2つぐらいレベルが上がった感じがしました。感覚としては走っていてターボエンジンがかかった感じです。このペースで上げて行けば、試合中にスタミナが切れる事は絶対に無いと思います。たとえスタミナが切れたとしても、気持で体を動かす事が出来ると思います。


2017年02月21日(火) 人生悔いの残らないよう

池上本門寺まで走り、例の坂道をダッシュしました。前回走った時は披露していたせいか身体が重く足が前に進まずタイムも悪かったのですが、今日は2秒タイムを縮めることが出来ました。今日は短距離を1本増やしました。試合まであと5回このダッシュを行う予定です。今日は走る前に「ああーダッシュ辛いんだろうな。でも走らないと勝てないぞ!自分に負けてどうする!」などと自問自答しながら頑張りました。それにしても40過ぎて坂道ダッシュしてる人ってどのぐらいいるのでしょう?40過ぎてまだ戦いたいと思う自分もなかなかの変わり者だなと思います。人生一回なので悔いの残らないよう頑張らせて頂きます。


2017年02月20日(月) 長男の型競技初挑戦

長男の琥白は昨日の型競技支部内交流試合に出場しました。型競技の試合には初挑戦でした。幼稚園生での挑戦でしたのでなかなか頑張ったと思います。大きな声で返事をし試合場に入り、大きな声で挨拶をし、型の名前を言い、大きな気合で最後まで堂々と型を演じた事は本当に良かったです。私は2年半前に型競技に初挑戦した時は、型を途中で間違えての予選敗退でした。それに比べたら長男は本当に凄いと思います。父親としては、本当に良くやったと褒めてあげたいと思います。長男はそうとう緊張したと思います。道場に2人で行く時もちょっといつもと顔つきが違いましたし、道場でも試合が始まるまで一生懸命に型を稽古していました。もうそれだけで私は充分に嬉しいです。長男は本当に成長しました。


2017年02月19日(日) 第7回型競技支部内交流試合

私が運営する極真会館東京城南京浜支部の第7回目となる型競技支部内交流試合が行われました。回を重ねる毎にレベルがどんどん上がって来ています。今回の試合を見ていて、今年の国際親善大会では入賞者が出せると思いました。2014年の8月に私が先陣を切って型競技に挑戦し予選敗退してから2年半、やっとここまで来ました。今度の国際親善大会では私を含め7名の選手が型競技に出場します。私は必ず優勝します。他の6名も頑張ると思います。今後は型競技部門もどんどん選手を育成したいと思います。


2017年02月18日(土) 生きてるって感じ

試合に向けてしっかり準備をしています。少しずつ量も質も上がって来ています。ただやはり20代の頃とは同じ稽古は出来ませんし、20代の頃と同じ量をやる事も難しいです。なので、最低限必要な事をしっかり押さえて稽古しています。やはり稽古は苦しいし辛いし痛いです。でもその分楽しいです。生きてるって感じがします。


2017年02月17日(金) 強い男

長男は型競技の支部内試合に初挑戦します。国際親善大会には組手と型競技の両方に出場します。長男は型競技の試合に出ると決まってから、すごく型が上手になって来ました。自分でもいろいろ考えて稽古しているようです。それだけで私は凄く嬉しいです。あとは試合でどのぐらい自分の力が発揮できるか?です。そして出た結果をどう受け止め、どう反省し、どう努力して行くか?が大切です。試合では緊張してもいいのです。怖くてもいいのです。諦めてもいいのです。負けてもいいのです。それが現状の自分の本当の姿です。その自分の弱さや足りない所をたくさん経験する事は、のちに自分の最高の財産となります。よくない事は試合から逃げてしまう事です。嫌な場面や、苦しい場面や、自分を試される場面から逃げてしまう事は、自分が変われる自分が進化出来る最大のチャンスを自分で逃している事になります。そして本当の強さは勝ち負けにはありません。どんな戦いにも最大限の準備をし、どんな不利な戦いにも毅然として臨める事です。そしてどんなに受け入れがたい結果が出たとしても、その結果に尊敬と感謝と忍耐の心で「押忍」と受け入れる事が出来る人間が強い人間なのです。私はいつもそうありたいと思っています。


2017年02月16日(木) 大変だけど幸せ

次男は私が着替えをしたり身支度をすると「パパ、ドージョウ?」と聞いてきます。私が「道場だよ!」と言うと「パパ、ドージョウ、ダーメ!」と言って泣きます。あと私が家で柔軟を始めると次男は「パパ、ジューナン、ダーメ!」と言って泣きます。だから家では最近はなかなか柔軟が出来ません。お出かけの時は長男と次男はどちらが私の自転車の後ろに乗るかで喧嘩が始まります。休みの日は本当に大変です。息子2人に抱きつかれ、纏わり付かれ、自分の事が何も出来ません。でもそんな状況に幸せを感じています。


2017年02月15日(水) 3年間の新聞配達

私は中学生の3年間新聞配達をしていました。なかなか大変でした。朝は4時起きでした。田舎の人達の朝は早いので6時ぐらいには配達を終わらせなくてはいけませんでした。だいたい200軒ぐらいの家に配達していました。200軒と言えば楽そうに思いますが田舎にはマンションなどはないので、ほぼ一軒一軒に配って行きます。この一軒一軒の距離も田舎なので長いのです。隣の家まで500メートルぐらいあったり、たった一軒に配るだけなのに400メートルぐらいの坂を登って行ったりなんて感じでした。なので配達するのに2時間近くかかりました。あとは家を覚えるのがなかなか大変でした。しかも、毎月あの家は新聞をやめたから配達を止めて、あの家に今月から新聞を入れてなどの変化もあります。それと新聞配達にはほとんど休みがありません。土曜も日曜もなく、365日ほぼ毎日配達しなければいけません。それとその区域は自分以外には家を覚えている人はいなかったので休んだら、会社にもお客様にも多大な迷惑をかけてしまいます。でもその責任感があったから3年間休まず頑張れたと思います。1度すごく大変な思いをしました。前日から熱を出し胃腸の弱い私は吐気が止まらりませんでした。その時も新聞配達は休みませんでした。というか母に休ませてもらえませんでした。どうしたかと言うと、母が車を運転し父が助手席に乗り新聞を配達し、私は後部座席で家を母に教えました。私は後部座席でバケツを持ちずっと嘔吐していました。でも父も母も大変だったと思います。普通の親なら、親が会社に電話して休ませるだろうと思います。新聞屋の店長にも「そこまでしなくても大丈夫だから」と言われました。でもこの出来事で私は沢山の事を学びましたし、この出来事が一生の教訓、一生の思い出になりました。今でもたまにこの時のことを両親と話します。


2017年02月14日(火) バレンタインデー

今日はバレンタインデー!私は今年は3個チョコレートを貰いました。今日は妻が用事があり私が長男のお迎えに行きました。門の所で長男を待っていた子が恥ずかしそうに長男にチョコレートを渡しました。長男も照れて顔を赤くしていました。それと長男に手紙付きのチョコレートを家に届けてくれた子がいました。その他に同じ幼稚園の子に2つチョコレートを貰ったようです。長男には、一生分のモテ期を使ってしまわないように気をつけて欲しいです。それから人から受ける思いやりを当たり前に感じる人間にならないように、長男にいろいろ話をしました。次男は1つチョコレートを貰ったそうです。義理を入れてチョコレートの数は、私が3つ、長男が5つ、次男が2つ、でした。早くも長男には負けてしまいました。来年は長男に負けないように頑張ります!でも1番好きな人からチョコレートを貰えたので私は幸せです。


2017年02月13日(月) ガンプラ

昨日、お台場のダイバーシティにガンダムを観に行った時に、長男にシャア専用ザク、次男にガンダムのプラモデルを買ってあげました。まあ作るのは私なのですがね。子供の頃、私は図工は苦手で物を作るのも好きではありませんでしたが、ガンダムは大好きだったので、ガンダムのプラモデルが欲しくて、朝デパートに並んでガンダムのプラモデルを買った事がありました。1人1つしか買えないので、母と姉と妹にお願いして一緒に並んでもらいました。この事を思い出し、本当に自分は家族に大切にされていたのだと感じます。そんなこんなで今、苦手なプラモデル作りを1日1時間頑張っています。


2017年02月12日(日) お台場ガンダム

長男と次男は朝起きて1番にアンパンマンのクレーンゲームで遊んでいました。私は朝一で身体の治療に行き、昼から家族でお台場にガンダムを観に行きました。その後は大道芸を観て、アクアシティのお台場一丁目商店街で駄菓子を買って食べました。最近、次男は私に抱っこ抱っこなので大変です。行きも帰りもお台場でもずっと抱っこでした。私はそのせいで腕がパンパンになってしまいました。電車の中でもずっと抱っこしていたので足腰がキツかったです。でも長男を抱っこしなくなった今は、次男をこうやって抱っこできるのも、あと少ししかないので頑張りたいと思います。


2017年02月11日(土) 人生は良いもんだ

次男の3歳の誕生日の写真をスタジオアリスに撮りに行きました。長男と次男は羽織袴で写真を撮りました。本当はトイストーリーのウッディとバズで写真を撮らせたかったのですが、「絶対にイヤだ!」と長男に拒否されました。そして侍の格好が良いと羽織袴にしました。羽織袴選びでも、私は赤の羽織がカッコイイと勧めたのですが「赤は女の子の色だからイヤだ!」と言い、長男は黒の龍の柄の羽織を選びました。長男はこだわりがあり自己主張が強いです。少し頼もしく思いました。次男はもう一枚可愛いタキシードで写真を撮りました。夜は家族みんなで誕生日パーティーをしました。次男への誕生日プレゼントはアンパンマンのクレーンゲームでした。次男は「わーい!やったー!」言って喜んでくれました。本当に幸せな時間を過ごす事が出来ました。妻と子供達はいつも私に幸せを運んでくれます。本当に人生は良いもんだと思います。


2017年02月10日(金) 次男3歳

次男の真白が3歳になりました。真白が生まれる時は本当に大変でした。妻は1ヶ月以上入院しました。長男も妻の実家に居たので、おじいちゃん、おばあちゃんが優しいとはいえ、お母さんと離れて寂しかったと思います。でも長男は病院から帰る時も1度も泣いたりはしなかったそうです。その次男が生まれてもう3年かと思うと本当にあっと言う間だったと思います。私は今日は仕事なので、妻と長男と次男でプレ誕生日会をやるそうです。


2017年02月09日(木) 長男と

長男が小学校に入学したら朝一緒に身体を鍛えたり、勉強したりしようと思っています。今はその勉強の教材探しをしています。勉強と言っても五教科ではありません。そこは学校教育にお任せしたいと思います。私が教えたいのは、歴史的な人物の物語や、歴史的な出来事や、私が体験したお話や、フィクションも含め、いろんな物語を読み、それについて自分はどう考えるか?その時に自分ならどんな行動をするか?などを話し合う時間にしたいと思います。いろんな答えを出し合いたいと思います。そしていつか実際に同じような体験をした時に、自分がどう考え、どんな行動を起こしたか、などを反省にしたり、気付きにしたりして成長して行って欲しいと思います。


2017年02月08日(水) 腐っても鯛

私は「腐っても鯛」と言う言葉が好きです。正確な意味は、すぐれた素質や価値を持つものは、多少悪い状態になっても、それなりの価値がある。と言う事なのですが、私はこの言葉を、自分がどんな状態になろうと気高く振る舞いなさい。と言う意味に捉えていました。そして自分が失敗したり挫折をしたり敗れてしまった時にこそ自分の真価が問われるのではないか?と思います。「どんなに腐ろうと鯛でいる事はやめないぞ!」そんな気概を持って生きていきたいと思います。


2017年02月07日(火) ようやく

池上本門寺でダッシュをしました。1番長い距離のダッシュは前回より1秒速く走る事が出来ました。2番目に長い距離のダッシュを走り、3番目に長い距離のダッシュを走りました。足が前に進まなくなる感覚、息が上がる感覚、休憩時には筋力と心肺機能の回復力の感覚を確かめます。試合まで残り2ヶ月、ようやく本戦2分、延長戦1分30秒戦い切れる身体になって来ました。何回延長を戦っても気持ちが折れない強い心と身体を作って試合に臨みたいと思います。あと2ヶ月でやれる事をしっかりとやり切って、心・気・体を最高の状態まで作って行きたいと思います。


2017年02月06日(月) 私の家族は

私を含め、私の家族は、良い意味でも悪い意味でも、凄く個性的で変わっている。ここで言う私の家族とは、私の父と母と姉と妹、そして私の事です。私もなかなか個性的でキャラが濃い方だと思いますが、家族の中に入ると私のキャラが霞んでしまう程です。私の父も母も本当に波乱万丈な人生を生きて来た人です。父と母の話を聞いていると、なにかの物語を聞いているような感じになります。姉も妹もなかなか個性的な人生を歩んでいます。父の話は機会があれば何かに書いておきたいと思います。


2017年02月05日(日) 次男のリクエスト

今日は次男のリクエストで上野動物園に行きました。次男もやっと自分の主張が出来るぐらいに成長しました。先ずはパンダを見ました。次男はパンダが歩いているのを「おいでー!」と手を振ったりして、ずっと見ていました。次男はゴリラが好きなのですが、ゴリラは檻でお休みしていたため見る事が出来ませんでした。ゾウ、ライオン、トラ、テナガザル、アザラシ、白熊、日本猿、を見て西園に行き、少し休憩しました。長男と次男は私のアドバイスを聞かずに、寒いのにアイスを食べました。やはり案の定、寒くなり長男はココアを次男はクラムチャウダーを飲んでいました。寒いも暑いも冷たいも熱いも自分で経験する事が大事だと思いあえてやらせて見ました。そのあと爬虫類両生類館に行きました。長男は何故かこの爬虫類両生類館を1番楽しんでいました。最後はシマウマ、サイ、キリンを見ました。夜は私の城西阿佐ヶ谷道場時代の先輩に私の誕生日を祝う食事のお誘いを頂き、お台場で食事をしました。とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。


2017年02月04日(土) 途切れる事なく繋がって来た

凄く当たり前の事なのですが、自分がこの世の中に生まれてきた事って凄い事なんだなと思います。何が凄いのか?もう考えても考えきれない、もう書いたら書ききれないのですが、この宇宙が始まって生物が生まれた所から考えても、その初めて生まれた生物から、ずっと生命が繋がって行って進化したりして今の人間にたどり着き、そこからさらに自分まで命がたどり着いた。どんな形にしろ、形が変わったにしろ、たぶん生命はずっとずっと繋がって来たのだと思います。言って見れば宇宙が生まれた所から自分の所まで途切れる事なく命が繋がって来た。そう思ったら自分って凄くないか?って思ったのです。自分が生まれて来た事が、運命だとしても、偶然だとしても、本当に凄い事なんだと思います。自分の命に尊敬と感謝の念を持って使い切らせて頂こうと思います。


2017年02月03日(金) こんなに美味しい物が

東京に上京したら食べてみたいと凄く思っていた物はインドカレーでした。もちろん上京した日に食べに行きました。凄く美味しいなと思ったし、こんなに美味しい物がこの世にあったんだとカルチャーショックを受けました。もう一つ初めて食べた時にこの世にこんなに美味しい物があったんだとカルチャーショックを受けた食べ物があります。それは豚骨ラーメンです。この2つは今でも大好物です。


2017年02月02日(木) 誕生日の私

誕生日の日は、山梨県甲府市にある日蓮宗蓮華山正法寺でご祈祷を受けました。毎年、このお寺で自分の星を祭るご祈祷を受けています。そして今年1年の道場の繁榮と家族の健康をお願いしたお札を頂きます。このお寺で、お上人に聴くお話しはとても心が豊になります。自分の心の持ち様を見つめ直す時間になります。今年の干支は丁酉で、本星は一白水星という事です。今まで育ててきた物が実る年に、そして水の様に留まる事無く流れ何事にも順応して行く年にしたいと思います。誕生日に傘富士を見る事が出来ました。そして誕生日の日には沢山の方から誕生日のお祝いのメッセージを頂きました。皆さんに今後とも応援していただける様に、常に自分厳しく謙虚な姿勢で日々精進して行きたいと思います。ある道場生からお祝いの電話をもらいました。ふだんあまり私に話しかけてこない生徒だったので凄くびっくりしましたし、凄く嬉しかったです。もう少しで涙が出てしまうところでした。最高のサプライズありがとう!


2017年02月01日(水) 本日44歳

本日、私は44歳になりました。44歳の誕生日を幸せに迎える事ができた事を、私の両親と、私のご先祖様と、私の姉と妹と、私の妻と、私の長男と次男と、私に関わって頂いている方々、また私に今まで関わって頂いた方々に感謝したいと思います。私は1973年2月1日の朝4寺過ぎに福島県の霊山町という小さな町の母子センターで生まれました。とても寒い日で、母子センターの暖房器具が故障してためさらに寒かったそうです。その中で母は汗をびっしょりかくほどの難産だったそうです。あと少し生まれるのが遅ければ私は生まれてくる事が出来なかったそうです。私は未熟児だったため身体が弱くなかなか大変な思いを両親にさせました。無事に成長してからはヤンチャし過ぎて両親に大変な思いをさせてしまいました。ここまでして育ててもらったのだから、しっかり自分の命を燃やし尽くすような生き方をしたいと思います。死ぬ瞬間まで生き切りたいと思います。そして人の役に立ちたいと思います。


kanno

My追加