MOTOYANの日々題
DiaryINDEXpast


2020年08月06日(木) 小銭の両替

貯金箱は、子供のころはお小遣いをせっせと貯めるために使うものだったが、大人になると500円硬貨貯金をしない限りは、細かい小銭をとりあえず入れておく箱となり、1円、5円、10円硬貨がいつの間にかたまってくる。
最近は、カード払いや電子マネー決済が多く、小銭の使い道もなくなってきている。消費税3%のころ1円が鬼のように手元に入り始めて、そのころから財布やポケットの中の1円玉が缶や瓶にたまり始めた。
4つの缶に詰まった数キロの小銭が、集められた。かなりの間、両替をした記憶がないのでおそらく十数年間にたまったと思う。昔は銀行に持参すると無料で両替してくれたが、時代が変わり両替手数料がかかる。ちなみに硬貨500枚を両替すると550円かかる。つまり全て1円玉なら500円を両替するのに550円かかるというとても不可解なルールで、いっそのこと捨てた方がよいかのような制度だ。しかも銀行によっては、両替前に数えて、金額を両替申込書に記入せよということもあると聞く。ますますゴミに出したくなる。
ところが、ゆうちょ銀行だけは別ルールだ。自分の口座に入金するという条件で無料で数えてくれる。そこでゆうちょ銀行に持ち込んだわけである。量が多いので恐縮しながらお願いすると快く引き受けて数分で終了した。渡す前の予想は1万円と見込んでいたが実際には6千円ほどで見込み違いだったが、チリも積もらば・・・、で臨時収入となって平日ゴルフ1ラウンド分になった。
1枚だけ返されたコインがあり、「ONE DIME」と書かれていた。どこで紛れ込んだのかアメリカ合衆国の10セント硬貨がみつかった。1セントや5セントよりも小さいのに10枚で1ドルになるという凄くて慣れないと厄介な硬貨だ。グリーン上のボールマークにでも使おうか。


2020年08月05日(水) さんぴん茶

このところ「沖縄」がクローズアップされている。人口当たりのコロナ患者の発生数が高い、という統計上のことをマスコミが伝えているのでとても危険なところのように思われている。
那覇空港と全国の空港は定期便で結ばれていて便も驚くほど多い。全国の移動が解除されたとたんにほとんどの便が満席となり、多くの旅人が訪れた。それほど魅力のあるリゾート地なのである。すべてにとても寛容で人なつっこい人柄の方が多く、損得なしに歓迎してくれるのだ。
それに加えて、海ぶどう、泡盛。オリオンビールなど沖縄でしか手に入れられない飲み物や食べ物が多く、リピートしたい場所でもある。「〆のステーキ」などすばらしい食文化も羨ましい。観光と米軍基地の恩恵は受けているものの独自の琉球文化が大きな魅力でもある。
そんな素晴らしい所だから、県外からの流入や移動は慎重にしてほしい。離島は感染症に弱いというのは与論島の例でもわかる。外から入れないように十分な配慮が必要だ。
沖縄の自販機には「さんぴん茶」という飲み物が選べる。珍しいのでみんな買って飲んでみる。紅茶でも緑茶でもなくハーブティーに近いが、癖はなく飲みやすい。後味の良い優雅な香りがある。聞いてみるとジャスミンティーとのことでジャスミンの花で香りをつけたお茶だそうだ。
水分補給に時折、伊藤園のジャスミン茶を飲んで沖縄を思い出しながら優雅なリラックスタイムを過ごしている。


2020年08月04日(火) ドライアイスの使い道

冷凍の宅配便は、輸送用のトラックに冷凍庫・冷蔵庫を取り付けて凍ったままや冷たいままで運んでくれる。鹿児島名産の氷菓「白熊」も全国に配送されている。
発泡スチロール容器に商品を入れてさらにドライアイスで冷やして、冷凍の状態で運ぶから簡単には融けない。
そのドライアイスは、二酸化炭素が原料で温度は、−78.9度という恐ろしいほどの低温で素手で触ると低温やけどを起こしてしまう。暖かい空気に触れて融けるのだが。氷のように水のような液体ではなく、二酸化炭素がそのまま気体の状態で空気中に出される。これを昇華という、と中学の理科で習った。
水につけるとぷくぷくと泡を出しながら、白いスモークを発生するので演劇やイベントでよく使われる。また。蚊が二酸化炭素に集まるということも言われている。
どこで入手できるのだろう?と調べてみると製造している業者があって、1kg500円程度で販売していることがわかった。また自分で作ることも可能らしく、二酸化炭素消火器を噴射させると気化熱を奪われて凝固点を下回って粉末状のドライアイスになり、それを固めるとブロック状のドライアイスにすればできる。
しかし、消火器の値段を考えると購入した方が安上がりだ。
冷蔵庫が故障して冷えなくなったときは、ドライアイスを買いに走ることが、最初の応急処置となる。


2020年08月03日(月) 金属疲労

夜中に何かが落ちるような「ドサッ」という音で目覚めた。洋服ダンスの方向だったのでタンスの扉を開いてみると、服を吊り下げているスチール製パイプが落ちていた。
横棒パイプは、両端を金属製の吊下げ金具で支えられている構造だが、片方の金具が折れてパイプが外れて掛けてあった服が落ちた状況だった。緊急性はないのでそのまま眠りについた。
ホームセンターで同様な金具を購入して修理を始めた。タンスは結婚と同時に購入したもので40年経過している。40年間ずっとハンガーにかけられた服の重さを耐えてきたためにいわゆる金属疲労を起こして折れたものだ。
古い金具を取り外すのに一苦労、ネジの頭も劣化してドライバーの方が強くてネジ穴が潰れて(なめて)外せない。力ずくで何とか折れた。新しい金具をつけ終わるころには、全身汗だくになっていた。
40年経過による金属疲労である日突然に折れる。この折れる瞬間にどんな刺激が加わったのだろう。地震とか扉を開けた瞬間とか何らかの物理的な力や刺激が加わらなくても「寿命」を迎える道理を感じた。
世の中には人知れずして修理されたものや作られたものが、かなりあると思われる。やった人だけしか知らず、その人も忘れてしまえば、謎の珍百景になってしまう。
これからやりますよ、私がやりますよ、やりましたよ。と知られているものは歴史に残るが、そうでないものは、だれも気づかない。
今回の金具交換もだれも知らないから、初めからこの金具だったと思うほうが自然でもある。
私たちが快適で便利な生活を送れるのも汗だくになって黙々と仕事をやってくれた人たちのお陰であることを忘れてはならない。


2020年08月01日(土) グリーンスクリーン

今さらながらのZOOMミーティング初参加だった。インターネットを利用したWEB会議はいろいろなアプリを使って行われ、その中でもZOOMはこの半年間使い勝手がいいという評判は聞いていた。
学校や会社が休業中にこれを使ってオンライン○○を行い、かなり普及している。インストールから参加、ホストになるなどの操作も簡単で使いやすい。
3か月前にオンライン飲み会をやった仲間との2回目の飲み会で前回はLINE利用だったが、メンバーの一人がLINEは回線的に厳しいとのことでZOOM使用の提案があった。
使い慣れた方は、途中で、背景を変えたりして楽しんでいるので、その手法を伝授してもらったりしながら約4時間の飲み会を終えた。
テレビでもテレビ電話でも背景は重要で視聴者は、背景に目が行く。おもしろビデオでも背景で起きた出来事がネタになることも多い。
ノートパソコンは背景の良い所に移動することができるが、据え置き型ではそうはいかない。始まる前に後ろを片付けてからになる。少し斜めにすると窓があり、そこを背景にすると景色がいいのだが、ガラス面への映り込みや網戸が気になる。
ミーティングが終了してから、調べてみると「グリーンスクリーン」というキーワードが見つかった。背景にグリーンや薄いブルーのスクリーンをおいてやるときれいに背景を映し出し、人物もくっきり表されるそうだ。
テレビの天気予報やニュースでも使われていて、気象予報士が指示棒で天気図を説明するがそこにモニターの天気図があるわけではなく、別の場所で写した天気図を背景画像として映しているので予報士はモニターを横目で見ながら、見当をつけて指しながら解説している。時々ずれるのは熟練されていないからだ。
いつもそれほど飲まない酒類を調子に乗って飲むので、顔が赤くなり酔っぱらっていく姿が映像で映し出されるのも面白い。普通の飲み会では自分の変化は見えない。スクリーンの工夫でベストな映像を映し出すこともできることを認識したオンライン飲み会だった。


MOTOYAN |MAILHomePage