/ 目次 /
散歩線 2006年07月16日(日)

ぼくがひとりぼっちだったなら
きみは今でもここにいてくれたのかな

辿る線路は廃線
どこまで行けば 行き止まれるだろう

ちらっ とこっちを見ないで
しっかり とこっちを見て

あ やっぱり見ないで いいよ

電車の幻聴
ぼくはきっと轢かれていく
そうしたら終わらせてくれる そうきっと

本当はわかっている
君の瞳の中に終わりが在ればいい
って 思っているんだ





↑エンピツ投票ボタン
My追加

感想等、お願いします。




熊野ポーラ
mail home