/ 目次 /
頬紅を塗って 2002年07月31日(水)

愛してると
一度だけ言ってくれればいいわ
それだけで
私はもう満足だから

一度だけ一度だけ
手に触れて
笑って
愛してると言って

最後の最期の
お別れです




飛びましょう? 2002年07月30日(火)

一抹の不安は
私を締め付けるのよ

貴方は知らなくてもね

電話が鳴らなくてもいいのよ
メールが来なくたっていいのよ

それでも
私たちは一緒にいられるなんて
確信があればいいのよ

ないのよ

あれば私
こんなことしない

どうか祈っていて
私が空を飛べること




オヤスミ 2002年07月29日(月)

いろいろと
振り回されてばかりいたけれど
今日はもういいよ

オヤスミ
オヤスミ
オヤスミ

大丈夫
大丈夫
大丈夫

傷つけなくてもいいよ

安らかにお眠り
深い眠りにつきなさい

私が側にいてあげる

大丈夫
大丈夫
大丈夫




物欲 2002年07月28日(日)

いつからだろう
なくしたものを
取り戻そうと思わなくなったのは

もう必要ないからじゃない
今も必要としているよ
だけど欲してるわけじゃない
本当に欲しいわけじゃない

物欲にかられる
情けない自分が
今日も痛い

君だけが望みだ




最高傑作 2002年07月25日(木)

作ったもんは
みんな小さくて儚いわ

造ったもんは
大きすぎて役に立たないわ

創ったもんは
どっかへ消えてったわ
奪い去られて逝っちまったわ

もっかいつくろうなんて
そんな気力
あるわけないじゃない

最初で最後の私の傑作

貴方の命

一瞬で砕け散る
私の体




振り返りの歌 2002年07月24日(水)

いっそ鳥でも鳴いてくれればいいのに
私の左耳は
何も聞こえやしない

いっそ誰か叫んでくれればいいのに
恐怖に満ちた絶叫を
それでも何も聞こえやしないけど

歌ってくれればいいのに
幸せな歌でもいいわ
残酷な歌でもいいわ

何でもいいわ

恐ろしい言葉も
私の中で
歌に変わる




遠き記憶 2002年07月23日(火)

この樹の下に立って
あなたがいたこの場所に立って

貴方の声を思い出して
貴方の唄を思い返して

立ちすくむだけ
涙を流すだけ

悲しいほど遠い存在だと
認めるしかなくて




放課後 2002年07月20日(土)

ありがとうばいばい

伝えられるならばね

無言でみつめ合って
そして
僕ら
背中を向けた


少しだけ
少しだけ声を出して
言った

大好きだよ


振り返って
少しだけ止まって
言った

私もだよ

さようなら
笑いましょう
さようなら
唄いましょう

心を繋げる方法が
僕らには見つからなくて

さようなら
また会う日まで




ゆうやけこやけ 2002年07月18日(木)

私がやってきたことは
間違っていなかったはず
間違っていなかったよね?
絶対
きっと

澱んだ目で
答えを問うても
暗い答えしか
かえってこない

何を望みますか?
何を欲しますか?
何を愛しみますか?

明るい横顔の
反対側を見せてみて

君と
ひとつで
ありたい





自然現象 2002年07月17日(水)

もう大丈夫よ
ここにおいで
その白くて小さい手を
ここに置いて

白い光が
やさしく
白い部屋に入ってきた

僕はやさしく
君に話しかけた

理由なんてないさ
理屈なんかないさ

ここにいること
君を愛すること
僕の頬が火照ること




不確かな愛情 2002年07月16日(火)

君を幾度も捨てようと思って
でもなんだかそれは
自分を投げるような気がしてならなかったんだ

どうせ僕は臆病者さ
誰も守れやしないさ
君を助けもできないさ

卑怯者だけど
そうだけど
それでも
君を好きだとか言ったらおかしいのかな
君を愛しているとか思ったら変なのかな




生きてく意味なんて 2002年07月14日(日)

生きる意味を訴えたって
何もでてきやしないんだから

あの子は気づいてくれないんだから

頷いていただけの日々
きっと恐ろしく虚しいだけの日常
それでも生きてた自分

心臓を動かすことは
自然のままに
いつのまにかできてる

だからって
何かを成し遂げられたわけもなくて
楽しいわけもなくて

幸せはその手の中にあるのにさ




交信 2002年07月13日(土)

夢を見ていたんだ

深く
深く
深く
深く

その中で君を見たんだ
少しはにかんで
少し笑っている

白のワンピースが遠くへ流れて
空の色を変えていくんだ

そして
僕は夢だと気づくんだ




遠い想い 2002年07月05日(金)

綺麗に過ぎてった思い出とか
心に残ってる気持ちとか

それはその瞬間のみで

数年後
私は
あなたのことをまだ
好きかしら?




愛しき 2002年07月04日(木)

必死で逃げたあの熱帯夜も
もう過ぎていくわ
バイバイ
あなたの手を目指していくわ

ソファから反り返って
上下反対のあなたを見るわ
バイバイ
逆さまの涙が降ってもあなたは見えるわ

逃げても逃げても逃げても
駄目なことは駄目だわ
消えた白い頬

追っかけても追っかけても追っかけても
重ねようとしても重ね合わせられないわ
あなたの細い指




愛の象徴 2002年07月01日(月)

苦し紛れの
愛の切り捨ても
ただ涙をかぶるだけだった

殴ってもいいよ
痛くなんてないのさ
慣れてるよ
自分で自分をいたぶったって

何も感じやしないよ

愛してほしいなんて
犬みたいに鳴かない
ご主人様

犬を馬鹿になんてしない
僕の友達 ポチ

だけど
君を傷付けたくて
しょうがない日もある





↑エンピツ投票ボタン
My追加

感想等、お願いします。




熊野ポーラ
mail home