/ 目次 /
完治しない心 2002年08月30日(金)

足りないものが
沢山あったから
私は強くなろうと思った

強さで埋められるものがあるのか
弱さで私は埋まっていたのか
果てしない終わりのない問い

答えられる人はいるの?
答えてくれる人はいるの?

「治らない傷はないよ」
って笑顔の君の答えを
私は怖くて
どうしても受け取れなかった




プライド 2002年08月29日(木)

愛した年月は
愛した深さに関係ないわ

何日だとしても
何ヶ月だとしても
何年だとしても

先に好きになった
後に好きになった
関係ないわ

私はあの人が大好きなの
私はあの人を愛してるの

それは
私の信念を曲げたけど




全速力 2002年08月28日(水)

僕の影が
いつのまにかできていた

君の背中も
もう見えなくて
僕は足音だけを
必死に追った

砂利を踏む音
流れる水音
駆けて行く君

僕が嫌いかい?
僕が大嫌いかい?

君の息切れした声は
程遠い




膝枕して、君を抱いて 2002年08月26日(月)

君の冷たく映える頬を
優しく撫でた

街に映る君の影を
じっと見つめた

暗い路地裏
褪せた煉瓦屋敷

襲うのは
白い月

モノクロの夢を見た

桜が散る夢を見た

今はもう秋だというのに




遺言状 2002年08月24日(土)

足についた
傷も
血も
毒も

僕はもう気にしない

このまま
冷えて
朦朧として
意識が遠くなっても

もう僕は泣かない

遠くに聞こえる
君の歌が
僕を支えてきた
そこに近づくために
僕は今まで生きた

だから
僕は叫んであげる

その歌を
その名を

君が死ぬまで
伝えたかった想いを




泥道 2002年08月20日(火)

大丈夫だよ

と言って

僕は振り向いて
笑ってやった




大切の山 2002年08月16日(金)

くだらないことは
山ほどあるって知ってます

だけどその中にも
大切なものが埋まってるって
そう信じてます

拾い上げる人も
捨ててしまう人も
どんな人でもいるって
わかっています

だから
拾われた人も
捨てられた人も
そうやって生きてきた人も
いるんだって
わかってほしいのです




ひとりぽっちで投げ捨てられて 2002年08月15日(木)

あたしを愛してるだとか
嘘をつかないで

あたしのこと嫌いじゃないとか
嘘をつかないで

もういい加減うんざりだよ
がっかりだよ
あんたには幻滅だよ

そんな目であたしを見ないでよ

色褪せたこの世界
復活させてだなんて
馬鹿みたく毎日叫んでたのは
このあたし




あなた 2002年08月14日(水)

好きな言葉を
白い紙に並べてみた


友達

家族
ネット
携帯






そしてそして






愛している。 2002年08月12日(月)

いつから好きかだなんて
忘れてしまいました。
何が好きかだなんて
もう言い尽くせないほどです。

私を愛してほしいと
貴方を見つめて。
私に目を向けてほしいと
貴方を掴み。

何年ぐらい経ったのか
私にはもうわかりません。
こうやって二人いるのも
いつからなのかわかりません。

それでも私は今でも
貴方を愛していて。
貴方は私がやっと
目に入ったようで。

少し寂しそうな眼差し。
少し俯いた笑顔。

私を好きですか?
私を愛していますか?

こんな宙ぶらりんな気持ち
抱えきれません。
こんな独りぼっち
耐えきれません。

そっと私に近寄ってください。
そっと私の耳元で囁いてください。

好きと言ってください。

好きと。

ただ好きだと。

そして二年後
貴方は私の耳元で言ったのです。

愛していると。




孤独な二人は 2002年08月09日(金)

孤独は強さだって
いつ履き違えちまったんだろう

孤独は自由だって
いつ履き違えちまったんだろう

独りで強くなんてなれなかった
独りで自由になんて飛べなかった

どんどん弱くなってったよ
だんだん閉じこもってったよ

強がりはもうやめようか?
ねえ?

君と二人で生きてみようとしよう
君と二人で
君と二人で
いつまでもさ




祈らせてください。願わせてください。 2002年08月07日(水)

幸せを探してください

私はいつでも祈っております
いつまでも祈っております

どこにいても
私は待っております

さあさあ
飛んでみせましょう

さあさあ
この空の下

さあさあ
あなたの詩を口ずさみましょう

涙は一生
あなたには見せませんよ?

あなたの詩を歌うときしか
私は泣かないから




車窓 2002年08月06日(火)

世界が終われば
私たちも幸せになれるのかなぁ

幸せなんて
形はよくわからないけど

それでも
今よりは
幸せなのかなぁ

灰色の怪獣ビルは
僕らをずっと襲い続けて

僕らは風を切って
始発列車に乗って
野を駆けていて

菜の花が見えてた
紋白蝶が泳いでいた
雲がわたあめを作ってた

君の肩越しに見た空は
いつまでも青かった




臆病者め 2002年08月04日(日)

私にあの人に口答えする力をください
私にあの人を殴る力をください
私にあの人を殺す力をください

この遠慮がちな私に
この臆病な私に

結局
何もできないんだけど




緑の風 2002年08月02日(金)

「今日は今年一番の猛暑となるでしょう」

機械的な御声
素敵ですね

ああ お天道様
なんて光り輝くのかしら
苦しいよ

大好きな音楽を聴いて
チャリをこいで
アスファルトの照り返しに
目を細めて

木陰にすっと入るの
ひっそり身を縮めて

隙間から見える光
髪の毛が
後ろへ引っ張られる
少し揺れる

久しぶりに
この地球の上には
風が走っていることに気づいたんだ




彼女 2002年08月01日(木)

彼女をほしがってはいけないわ
彼女を見つめてはいけないわ
彼女を私のものにしてはいけないわ

彼女は彼女だから
彼女は彼女で笑うから
彼女は彼女をもっているから

彼女の存在感
彼女の姿

彼女がそこにいるだけで
私の心は奪われるのです





↑エンピツ投票ボタン
My追加

感想等、お願いします。




熊野ポーラ
mail home