MOTOYANの日々題
DiaryINDEXpastwill


2021年10月25日(月) 南九州西回り自動車道

南九州西回り自動車道は、熊本の八代と鹿児島を結ぶ二本目の高速道路として整備が進められている。九州自動車道の八代で分岐して日奈久・田浦・芦北・水俣まで対面通行で制限速度70劼完成して、ほぼ無料区間となっている。
地域の農産物や水産物を運ぶための道路でもあるので一般の高速道路ではあまり見かけない軽トラックの往来が目立つ。デコポンなどの柑橘類と八代海の豊富な魚介類に関連した地元の人たちにとっては貴重な高規格幹線道路となっている。
そもそも九州自動車道が九州の中央部を通っているので東海岸・西海岸沿いは高速道と縁がなかった。九州道の終点を鹿児島にするのであれば、西回りに建設するのが効率的だったはずだ。宮崎を終点にするのであれば東回りになっただろう。その中間を通したので八代から人吉まではトンネルが多くある山間部を通さなければならなかった。
西回り道の設置で災害時でも熊本・福岡方面との通行がいずれかで可能になった。水俣から出水間、阿久根から川内間が未開通で一般道を使うために九州自動車道より1時間以上の時間が余計にかかる。しかし、無料区間が多いので長距離トラックなど経費節約のためか、多く通行している。
急ぐ旅でなければ、景色が良くて料金の安い西回り道がおすすめだ。最近は福岡方面へは毎回西回りを利用している。太田ベーカリーで菓子パンを買って、出水でミカンを買って、田浦の道の駅で太刀魚丼を食べてのパターンが続いている。その間に山・海・田園の素晴らしい景色を車中から楽しみながらの旅だ。これから秋本番でたわわに実ったミカンの木や色づいた銀杏の大木と赤色に染まる紅葉、青い海と空、天草や雲仙の普賢岳など素晴らしいルートで最高のドライブを楽しめる。夕方は海に沈む夕日がまた最高だ。帰りのルートもこの道だ。


MOTOYAN |MAILHomePage