MOTOYANの日々題
DiaryINDEXpastwill


2021年04月05日(月) リアル二刀流

エンゼルスの大谷選手がついにリアル二刀流を解放した。NHKBSでの中継をイチロー選手の活躍の頃から数年ぶりに待ち望んだ。
初回から驚きのドラマが待っていた。投から始まったが162劼梁球と150劼離好廛螢奪箸ミットめがけて放り込まれてさすがのメジャーリーガーもお手上げだった。二番打者で登場した初回の攻撃は、初球の高めのストレートをたたくと右中間スタンド上段に突き刺さる137m弾で打った瞬間にスタンドの観客は一斉に立ち上がり、メジャーリーグ史上初の出来事を見守った。
日本では日ハム時代にすでに実践済みで初回先頭打者ホームランをやっているのでこの衝撃は2回目だった。
5回途中でのアクシデントで降板したが、これからもリアル二刀流をやるなら、注目されることは間違いない。何といっても誰もできないことをやってのけるからマジックショー並みの見どころがリアルにライブで観られるのだから見逃せない。
160劼魃曚┐訶蟲紊里燭瓩砲蓮∀咾凌兇蠅箟鷽肝呂要求されるが、長い腕と高身長が幸いしているが、もうひとつスナップの強さが必要だ。スナップが強いと指先からボールが離れるときに指先に強い力がかかる。大谷選手は日本にいる頃からその力を受け止める指先を持っていない。これが唯一の弱点だと思う。試合の途中で指先を気にする光景を何度も見る。そのころから制球がおかしくなって四死球やワイルドピッチが多くなる。
ボールに摩擦による豆ができやすいようだ。皮膚がデリケートというよりも速球の代償に違いない。防ぐためには、投げ込みをしてマメをタコにするか、マメを作らない投球をするかだろう。力を抜いて投げる場面を作ることが必要ですべてに全力投球では、1試合どころか勝ち投手の条件である5回以上の投球もできなくなる気がする。
まだ、始まったばかりでこれから1年間けがをしないように活躍してもらいたい。


MOTOYAN |MAILHomePage