MOTOYANの日々題
DiaryINDEXpastwill


2020年09月30日(水) 前期年度末決算セール

9月の最終日で4月から始まった年度の前半が終了する。新聞広告などで車のディーラーは「決算セール」として大々的に商戦を繰り広げている。それにしても今年はコロナの影響でこの前期に売り上げを伸ばした業種は、ほんのわずかだろう。
10月から酒税が値上げされる新ジャンル(第3のビール)は家飲みの拡大でかなり売れたという。スーパーには、ケースが山済みされておまけまでもついている。直方体の箱に小さな箱入りのおまけが接着されて運びにくそうだ。5ケースにキャリーがついているのもある。350婀未10円弱の値上がりだから、1ケース200円の計算だ。
そんなビール業界も個人消費は増えただろうが、居酒屋さんやレストランでの需要はかなり落ち込んでいるので業績は落ちているに違いない。値上げしても税金分だから会社が増収するわけだはない。救いは「本物のビール」は減税で値が下がるから、需要が高くなる可能性がある。ビールと新ジャンルの味の違いが理解できてビールに移行する人は、きっと吞兵衛に違いない。
言葉は悪いが「コロナ特需」を受けた業種もあるにちがいない。初期のころのマスクや消毒液の業者や今でも店頭に出回らない体温計など作ればすぐに売り切れるものもあった。
世の中がどんな状況になっても人は食べなければならない。そうなると第一次産業といわれた農業・牧畜業・水産業などは安定していいはずだ。農作物泥棒や家畜泥棒など流行している。価値のあるものだから盗むという法則からすると生業にするのもいいだろう。
そろそろ今年の新米が出始める。1月前から金峰米の新米は食べているが、コメの年度は明日から始まる。


MOTOYAN |MAILHomePage