MOTOYANの日々題
DiaryINDEXpastwill


2020年09月29日(火) 粗大ごみ廃棄

破損して交換した電磁調理器を廃棄するために清掃工場にある粗大ごみ持ち込み所に出かけた。数年前に行った以来だったのでうろ覚えながら案内板に書かれているように進んだ。
まず計量所で車ごと重さをはかる。市内居住者である証明を運転免許証で確認される。書類をわたされて道路に矢印で指示されているように進んでいく。空港の検査場のようにロープとポールで仕切られて直線では50mほどを300mほどかけて入構する。5か所ほどの投棄口があり、呼ばれたら後進で車をつける。車止めはあるが、ここでアクセルとブレーキを間違うと10m下まで落ちそうなので特別な緊張感がある。
エンジンを止めてバックドアを開けて廃棄するものを自分で取り出す。粗大ごみだから当然大きいのでもたもたしていると係員が少しだけ手伝ってくれる。その後は係員が投げてくれる。ついでと思って大き目のごみを積んでいったが通常のごみ収集で大丈夫なものは捨ててくれずに地域のごみステーションへ出せと言われる。さすがに粗大ごみに徹している。
電磁調理器と古いゴルフバッグと扇風機を捨てた。帰路も矢印で示された通りに進んで計量所へ到着した。書類を渡して精算してもらう。30圓減ったようで100圓泙任鰐砧舛箸いΔ海箸任修里泙渊个蕕譴拭E蟯口へ落ちることもなく無事に終わって何よりだった。


MOTOYAN |MAILHomePage