MOTOYANの日々題
DiaryINDEXpastwill


2020年08月25日(火) 空き缶とペットボトル

これまでは家の中に次の日以降に出される「ごみ類」が見かけることはなく、当日の朝にごみ箱から持っていくパターンだった。ところが今年はごみ袋に詰めて出される準備がされていることが多い。
さすがに生ごみは臭いがしたり、水漏れがあるので専用ゴミ箱からの出動だが、ペットボトルと空き缶そしてプラスチックごみは廊下や玄関に積まれていることがある。かさばってごみ箱に入らなくなるからだ。これまではなかったことが起きているのには原因があるはずだ。
ペットボトルが増えたのは、水と併用で炭酸水を飲み始めたこと。コーラなどの炭酸飲料は若いころに比べるとかなり少なくなったものの、シュワッとする感覚を求めてと○○の炭酸割りが増えたことだ。炭酸水は、開栓して日が経つと抜けてしまうので500侫撻奪肇椒肇襪砲覆襦だから空いたペットボトルが多量に出てくる。
次に空き缶問題。これまでは晩酌をする習慣がなかったのでビール類を飲むこともほとんどなく、缶ビールを買うこともなかった。しかし、今年の夏はビールを飲まないとやってられないような暑さで夕食時に缶ビール1本が楽しみになった。夜に車の運転をすることもなくなったのも助長した。
元来アルコールは多く飲めないので1本より増えることはない。その後はかなり薄めの焼酎水割りで喉をうるおす程度だ。焼酎の飲み心地も快く感じるようになった。
ビールを購入し始めて缶ビールには3種類があることを知り、飲み比べもしているが全く味の違いは判らないほど初心者だったことに気づいた。ならば値段の安い「新ジャンル」でということで今はビールではないがビール仕様でおいしく飲める「第三のビール」を楽しんでいる。
10月から酒税が改正されてワインと新ジャンルが値上げされ、ビールと日本酒が値下がりするらしい。だだし、最終的には2026年までに徐々に変更されるから小幅な値上がり、値下がりになる。
猛暑が去り、気温が下がってくると晩酌も毎日ではなくなるし、炭酸水もいらなくなるからごみ箱からごみステーションへという以前のパターンを取り戻すだろう。この夏は、暑さに加えてコロナもあるし、特別な夏になってしまったことは許せる範囲だろう。


MOTOYAN |MAILHomePage