MOTOYANの日々題
DiaryINDEXpastwill


2020年08月13日(木) 早朝のロングドライブ

歯の治療をする夢で目覚めたのが午前3時33分。12時ごろに「3時半ごろ目が覚めれば最高だけど」と念じながら眠りについた。こんな時間に目覚めるなんて年に数回しかない。
ラッキーと思いつつ、起き上がり、着替えて玄関ドアから外に出た。車のエンジンをかけて出発した。顔も洗っていないので目やにのためか、街灯の周りが、月の傘をかぶったようにぼんやりしている。深夜徘徊をしている人がいないか注意しながら、無事に午前4時前に高速道路のゲートを通過した。トラック達も列をなして通過してきた。(深夜割引が0時から4時まで適用されるため)
高速道路の通行量はさすがに少ない。最初のパーキングで洗顔等をしてクルーズコントロールを100劼棒瀋蠅靴徳らせた。3時間半の睡眠で眠くなると思っていたが、睡魔は全く襲ってこない。5時ごろになると、やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。雲海もみられて非日常を味わうことができた。
6時半ごろになると日差しが強く暑くなり、睡魔も襲ってきたのでパーキングで一休み。水分補給と散歩でリフレッシュして再出発した。通勤ラッシュに巻き込まれるかと思ったが、お盆初日で車は少なく、スムーズに走れて無事自宅に到着した。カーナビが、「お疲れさまでした。走行時間は3時間32分でした」とのアナウンスに「惜しい、あと1分」と反応した。
眠気を我慢して夜に運転するより、少しでも眠って早朝に運転する方が快適ということがわかった。


MOTOYAN |MAILHomePage